ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【八王子】ファン熱狂!1キロこぶし唐揚げ…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【八王子】ファン熱狂!1キロこぶし唐揚げ

新企画『1,000回以上通う店は絶対ウマい』ご飯4合!激こぼれマーボー丼・五目焼ソバほかやみつき中華!食べさせたい気持ち規格外(秘)豪快店主/夢の盛りネギトロまみれ丼

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】錦鯉、竹内由恵
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 竹内
  2. 渡辺
  3. ハハハ
  4. スタッフ
  5. 長谷川
  6. 本当
  7. 店主
  8. 面白
  9. オレ
  10. 大丈夫
  11. ヒロ
  12. 利枝
  13. 気持
  14. 豪快
  15. 一緒
  16. 同級生
  17. ヒロミ
  18. 自分
  19. 大変
  20. 八王子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<テレビの前の皆さん>

<日本のとある町で
見つけました>

(小峠)あぁ~。
(長谷川)大盛況。

(竹内)うわぁ~ 座敷。
ねぇ いいね。

(竹内)なんか
子どもたちも結構いるんだ。

(ヒロミ)まぁ よくあるね。

(渡辺)うわぁ うわぁ うわぁ。
(竹内)へぇ~。

(渡辺)大盛況じゃん。
(竹内)年齢層 幅広い。

何かね?
(竹内)老若男女。

(竹内)から揚げ?
うわっ でかい。

(竹内)あっ 大きい!
めちゃくちゃ大きい!

(長谷川)コブシぐらい。
(渡辺)でかい。

でかいね これ。
(竹内)えぇ~!

もう 鶏の半身ぐらい
あるんじゃないの?

(渡辺)ハハハ…[笑]
(竹内)大丈夫?これ。

ねぇ。
大丈夫かな?

えっ でかいな これ。
(渡辺)すごい。

(竹内)めちゃ いい色してる。
えぇ~![笑]

どこに のせてるんだよ あれ。
(渡辺)どこに のせてるんだっての

なんで そこに のせるんだよ。
もう そうか のせるとこ ないから

(渡辺)ハハハ…[笑]
(長谷川)えぇ!

(渡辺)うわぁ~。
うわぁ これ 面白いね。

もう から揚げじゃ ないよな。

(竹内)この大きさに
こだわりを感じるな。

これ 面白いね。

(長谷川)4倍。1個ですよね。
(竹内)えぇ~!

すげぇな。

(渡辺)食べそう 食べそうだな。
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]楽しそう。

(竹内)めちゃ笑ってる。
ハハハ…[笑]

(竹内)「コブシのやつ」
(渡辺)ハハハ…[笑]

いいね いいね。

この人 楽しいな。

(渡辺)ハハハ…[笑]

持ち上げて もう 笑っちゃった。

そうなるよね。
いいですね。

(竹内)ごはんと
同じぐらいのサイズ感。

ハハハ…[笑]
おいしそうだね。

ハハハ…[笑]
(渡辺)ハハハ…[笑]どうした?

(竹内)へぇ~ すごい。
(渡辺)あぁ これ すごいことだ。

ねぇ。

(長谷川)おととい 来たばっかり。

はい。
(渡辺)すげぇ。

大繁盛。(竹内)へぇ~。

(スタッフ)おととい?
(渡辺)すげぇ みんな

とりこに なっちゃってる。

へぇ~。
(竹内)えぇ!すごい 飽きないんだ

(スタッフ)20何年以上?
好きなんだね。

(長谷川)うわぁ。(竹内)長い。
長いな。

結構 長いね。
(竹内)わぁ から揚げ 人気。

(渡辺)でかいね 本当 毎回 毎回。

うまそう!
(渡辺)うまそう。

うまそうだな。

(竹内)あぁ~ おいしそう。

うまそう これ。

これ 面白いね。

いいね いいね。

マヨネーズっぽいですよね?

(渡辺)食べそう 食べそうだな。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(渡辺)笑う。

(竹内)すごいな 豪快な食べ方。

ねぇ 気持ちいいね。
いや~。

すごい…

(竹内)ハハハ…[笑]
ボロボロですね から揚げ。

なんかね
気持ちいいや 見てて。

いや すごいわ。

(渡辺)ニコニコしながら。

いいな。

ハハハ…[笑]
(竹内)楽しそう[笑]

いいね。
(竹内)めちゃ楽しそう。

幸せそうだね。
いいよ。

みんな いいやつに見えるね。
ねぇ[笑]

(竹内)「うす!」
(スタッフ)すいません あの…。

ハハハ…[笑]

(竹内)えっ?
ハハハ…[笑]

素手でテイクアウト。
(竹内)手?手?

ハハハ…[笑]
手づかみ。

手づかみで持って帰るの?
(竹内)豪快 やっぱり。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)ありがとうございます。

(長谷川)えぇ~!
(竹内)えぇ~!なんかね 普通

ちょっとパッケージに入れて。
ハハハ…[笑]

(長谷川)えぇ~!
(竹内)あぁ 食べた 食べた。

(渡辺)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(長谷川)忙しいんですよね。
(竹内)そうか。

<さらに>

おぉ!
(竹内)ハハハ…[笑]

みんな 結構いくね チャーハン。

(竹内)どういうこと?

(竹内)うわぁ~!(渡辺)いった!
あぁ~。

(竹内)入るの?
(渡辺)無理するな 無理するな。

(長谷川)熱いよ 熱いよ。

何やってるんだよ。

ハハハ…[笑]
(長谷川)無理しないで。

(竹内)えぇ~!
ハハハ…[笑]

(竹内)熱い 熱い。
そこまで しなくていいよ。

なぁ。
(長谷川)やり過ぎですよね?

(竹内)ちょっと…。
(渡辺)熱いし 熱いし。

(竹内)口開けて冷ましてよ。
(長谷川)ほら。

(渡辺)熱いんだって。
ハハハ…[笑]

ねぇ。
(長谷川)ハハハ…[笑]

自分から 言いましたからね。

(竹内)味わえないしな。

(渡辺)やらなきゃよかったって
顔してる。

(竹内)ハハハ…[笑]
でも よく入ったな。

ハハハ…[笑]

(長谷川)なんで そんなに
こだわる ジュース。

(渡辺)勝手に言っただけで。
なんだよ それ。

うん 面白いね この方も。
すごいね。

その飲み方 ヘビだよ ヘビ。
(長谷川)ハハハ…[笑]

(渡辺)ハハハ…[笑]
(竹内)ハハハ…[笑]

(長谷川)まだ。
ハハハ…[笑]大丈夫?

おごってあげて
おごってあげて。

ねぇ そりゃあ おごるよ
さすがに。

なぁ。
(竹内)ハハハ…[笑]頑張った。

(渡辺)そうですね。
(長谷川)まだ 飲み込めてない。

<さらに さらに>

いくね。
(渡辺)いくよ これ。

(長谷川)わぁ~。
いくね。

(渡辺)大丈夫?大丈夫かな?
おぉ!

お父さん いくな。
うん。

意外とオレよりも
年下だったりとか するんだよね。

ハハハ…[笑]
(長谷川)えぇ~。

可能性ありますね。
(渡辺)ありえますね。

(竹内)そうですね。

(竹内)あぁ~。

(渡辺)ハハハ…[笑]
いいよ。

いいですね。
(竹内)かぶりついて。

おぉ~!
(竹内)あっ すごい。

全部食べた 10分で。
(長谷川)えぇ!

いくね。
いきましたね すごいね。

(竹内)すごい いけるんだ。
お父さん いくな。

うん。
まさか?

まさか?
(渡辺)ウソでしょ?

すげぇ見てるな。
えっ レモン?

レモンでしょ?あれ。
(竹内)レモン あとから派?

レモン あとから?
そんなパターンある?

かけないで?まさかの?
うん。

いく派ね!
(竹内)えぇ~!

こんなパターン ある?
(渡辺)ウソでしょ?

(竹内)初めて見た。
(渡辺)えっ!いった いった。

(竹内)かけるか かけないか
だけだと思ったら。

いく派ね
あとから いく派。

(渡辺)かける派 かけない派。
(長谷川)見たことないですね

こんなパターン。
あとから派っていうのがね。

あとから いく派っていうのが
あるんじゃないの?

(竹内)時間差で まぜるとか。
(渡辺)ねぇ ちょっと。

ハハハ…[笑]
(渡辺)種をね 種を。

種 出す派ね[笑]
(渡辺)ハハハ…[笑]

(長谷川)種は出す派[笑]
種は出す派ね。

(長谷川)飲み込む派
いますからね。

いや いや…。
(渡辺)うわっ すげぇ。

いや いや いや…。
ハハハ…[笑]

(渡辺)あんかけの量じゃない。
(竹内)えぇ~!

うわぁ!
(長谷川)えぇ~!えっ?

すごいね。
(竹内)うわぁ~ すごいな。

初めて見たな この…。
(渡辺)ハハハ…[笑]

<このお店 出あいは?>

はぁ~。
おぉ!

どこなんだろうね?
(スタッフ)すいません こんにちは。

名古屋の…

(スタッフ)あなたの…

はぁ~。
(竹内)あぁ。

(渡辺)何?この質問。

(スタッフ)本当ですか?
(竹内)普通そうだよな。

(竹内)ないな。

(渡辺)1000回は ないだろう。

1000回ってな。

毎日 行って3年か。

(スタッフ)あなたが…

…どう考えても。
まぁ ないよね まだ。

(長谷川)ハハハ…[笑]

ある。
(スタッフ)ある?

「くら寿司」[笑]

(スタッフ)はい。

あぶりチーズサーモン。

(スタッフ)へぇ~。
ハハハ…[笑]

(竹内)ねぇ おいしいよね。
いいよ いいよ。

面白いな。
これは 面白いな。

おぉ~!
(スタッフ)いいです!ありますか?

(竹内)あるんだ。

八王子?

(竹内)へぇ~。
(スタッフ)「大進亭」

はぁ~。
おいしいよね。

(長谷川)なんで ごまかす。

じゃあ 八王子だ。

(スタッフ)1000回も 行かれてる…

から揚げが すごい でっかい
こんな げんこつみたいなのが…

そうだね。
えぇ?

(渡辺)ちょっと
行ってみたいな。

(竹内)ほぉ~。
濃いめだね。

(渡辺)あぁ いいね。
ハハハ…[笑]

(スタッフ)あっ おいしいんですか?
おいしかったです。

(スタッフ)ありがとうございます。
ありがとうございます どうも。

(スタッフ)ありがとうございます。

(渡辺)なるほどね。

出た 我が町 八王子。
(竹内)すごい。

ですよね。
えぇ おい おい おい!

(竹内)そうですね。
お前!

我が町。
我が町 八王子じゃないかよ!

ついに 行きましたね。
何 黙って行ってるんだよ!

ハハハ…[笑]
(渡辺)ハハハ…[笑]

あららら。

わぁ すごい。
ほら 我が町 八王子のサクラ?これ

(長谷川)ハハハ…[笑]
どこ?

(長谷川)きれい。

(竹内)のどかですね。

(スタッフ)本当だ すごいですね。

結構 離れてるんですかね?
駅からね。

あっ!16の時…

(一同)えぇ~!

えっ!?
オレ ここ「出光」

オレ 出光派だったから。
マジですか?

(竹内)えぇ~!すごい!
えぇ!

(渡辺)えぇ!
すぐ近くじゃないですか。

(竹内)えっ じゃあ 行ったこと…。
(渡辺)ねぇ。

あっ「大進亭」
(渡辺)「大進亭」

(竹内)えっ あります?
えっ 知ってる?

えっ 何?

(スタッフ)ありがとうございます。

えっ?オレ あの「出光」で
バイトしてたんだよね。

はぁ~。
(竹内)へぇ~。

オレ 言っておくけど ここ
本当のオレの地元だよ。

(渡辺)えぇ~!すげぇ。
(竹内)へぇ すごい。

(長谷川)家から
すぐってことですよね?

あのガソリンスタンドも。
そうなんだ。

いや そうよ。

だって みんな中学校とか
一緒のところだから。

あぁ はい はい…。
(竹内)そうなんだ。

(渡辺)地区が一緒…。
へぇ。

地元。
(渡辺)すげぇな。

はい。
(スタッフ)名古屋の中京テレビの…。

えっ?
(渡辺)えぇ?

(竹内)ウソ 知ってる人?
えっ?

(スタッフ)いろんな おいしい
ごはん屋さんを 今 回ってまして

食べながら 小さいカメラで…。
えっ 知り合いですか?

(スタッフ)いいですか?
ありがとうございます。

(一同)えぇ~!

えっ 同級生?
(竹内)すごい。

(渡辺)すごくないですか?同級生?
(竹内)たまたま そういう所に

行き着いたんだ。
はぁ~。

えぇ~!
(スタッフ)マスター お名前は?

(長谷川)ハハハ…[笑]

しかもね 自分のやってる番組で。
失礼しました。

(竹内)本当だ。
(スタッフ)いただきます。

すごいね。
(竹内)すごいな。

あっ 内田さん。
内田。

(竹内)あっ 内田さんだ。
(渡辺)本当だ 内田さんだ。

(スタッフ)はい。

あぁ~!
(スタッフ)ヒロミさんがですか?

(店主)うん。

やりづらいよ。
(渡辺)ハハハ…[笑]

やりづらいよ!
へぇ~。

(渡辺)本当だ。
やりづらいよ。

もう お前の後ろで
何回バイクで こけたことか!

(渡辺)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(竹内)仲良しなんだ。

(スタッフ)ガソリンスタンド?

そうなのよ。
(渡辺)内田さんも

やってたんですか?
うわぁ~。

(スタッフ)そうだったんですか?
むちゃくちゃ仲いいんだ。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
はぁ~。

(スタッフ)えぇ~ そうなんですか?

ヒロっつぁんね。
(店主)と 思うよ。

いや~。
いや すごいね お友達のお店。

ヒロっつぁんと遊んだな。

(竹内)えぇ~。

うわぁ でかいよ。

でもね…

あぁ~ こんなに でかくなかった。
(竹内)そうなんだ。

昔は こんなんじゃ なかったよ。

あぁ~。
(竹内)すごい のってる から揚げ。

あぁ~。
アップデートされてるよ。

ハハハ…[笑]
(渡辺)でかいもん でも。

(店主)どうして?って
言ったって…

(スタッフ)そうなんですか?

(長谷川)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(長谷川)不思議 なんか不思議。
(竹内)そういう目線に

なっちゃいますよね。
えっ?

友達なんですもんね?
でも でもね

本当は豪快なやつなの
もっと豪快なの。

もう やっぱりね
テレビだと 緊張してるね。

(渡辺)ハハハ…[笑]
あぁ~。

(竹内)わぁ。(渡辺)24kg。

24kgも。

(竹内)すごいな。
すごいね。

(竹内)これを さばいていくんだ。

うわっ!えっ?
うわぁ~。

(渡辺)そのまま いくんだ。
すごいね。

何?
初めて見たな この。

(竹内)えぇ~!(渡辺)すごい。
この調理法。

(長谷川)普通 分けますよね。
普通ね。

これ「誰か風呂 入ってるの?」って
感じだもんね。

(長谷川)ハハハ…[笑]

(竹内)えっ こんなに
いっぺんにやるんだ。

(長谷川)一気にやるの?
おけで味付けてるの 初めてよ。

(竹内)まず 切らないんだ。

ねぇ 豪快だね。

いや もうね ヒロっつぁん
いつから やってるんだろうな?

でも もう 早くから
やってたんだよな。

へぇ~。
(竹内)へぇ~。

(長谷川)でも 豪快なのが なんか
ちょっと 分かりますよね[笑]

そうね 出てるね 調理法に。
(竹内)やり方が。

(渡辺)うわっ すげぇ。
(竹内)あっ コショウ多め。

いや 豪快なんだよ 本当に。
(長谷川)ハハハ…[笑]

豪快ですよ これ。(渡辺)確かに。

(長谷川)見たことないもん。
(竹内)あっ ニンニク ショウガ。

こんな 分かりやすい
目分量 ないよな。

(長谷川)本当だ。
ハハハ…[笑]

(渡辺)すごい。

気持ちいいね なんか 見てて。

もう すごいな。
(竹内)わぁ すごい。

でも これ 大変 力仕事だ。

すごいよ なんか。

ハハハ…[笑]
(渡辺)大変な作業ですね 本当。

最終的には
入りだしそうだもんな[笑]

(長谷川)ハハハ…[笑]
ねぇ。

(店主)そうかい?
うん そうね。

(長谷川)いや そんなこと
ありますって!

(竹内)片鱗が…。
もっと。

もっと味 出してほしいな
ヒロっつぁんの。

(竹内)あぁ そうなんだ
もっと こういう感じなんだ。

ハハハ…[笑]

(竹内)うわぁ~。
(渡辺)何個 のってるんだろう。

いいね いいね。
(竹内)あぁ いい色。

いいね いいね。

(長谷川・竹内)へぇ~。

ちょっと 驚いちゃったな。
うん。

オレ 行ったときとか
まぁ確かに でかかったけど

ここまでじゃ なかったもんな。
あっ へぇ~。

でも もう
もう だいぶ前だもんな。

オレ…

(スタッフ)そうなんですか。
その前に…

(スタッフ)へぇ~。
で きょう めっちゃ久しぶりに。

本当に。
超久しぶり。

(スタッフ)あっ そうだったんですね。
へぇ~ すごい。

(竹内)こういうところ あるよね。
ハハハ…[笑]

(竹内)また 来たかったんだ。

(スタッフ)から揚げ定食
だったんですか?

マジで。

…自分で。
(竹内)そんなに?そこまでして。

へぇ~。
(渡辺)大ファンなんだ。

(スタッフ)かなわなかったんですか?

…と思って やったけど…

(スタッフ)無理だったんですか?
きょう それをね。

(竹内)食べたくなる味なんだ。
うん。

はい から揚げ どうぞ。

ハハハ…[笑]

(渡辺)笑っちゃうよね。
あぁ うれしいね。

(渡辺)
「ヤバくね?」

ハハハ…[笑]
これヤバいっすよ。

いや~。

(渡辺)ハハハ…[笑]

大ファンなんだな。
(竹内)そうなんだ。

(渡辺)すごいな 本当に。
ちょっと きてるね。

(竹内)本当だ ちょっと感動してる
えぇ~!

(渡辺)ウソでしょ。
(竹内)本当に ちょっと感動してる

いいね。
ハハハ…[笑]

(渡辺)ハハハ…[笑]
本当のファンだね。

(竹内)うれしい。

すごいよね この 食べる前に
泣きそうになるって

すごくない?ねぇ。
(渡辺)ハハハ…[笑]

(竹内)おふくろの味
みたいな存在。

(渡辺)味わったこと ないですわ
この感じ。

もう さすがだね。

我が町 八王子。
うん。

ハハハ…[笑]

イェ~イ!イェ~イ!
ハハハ…[笑]

(渡辺)あんな なっちゃう
から揚げ ないですよ。

(竹内)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(竹内)ノリが。(長谷川)マジで?
(渡辺)ハハハ…[笑]

あぁ おかしいな。
面白いね。

(竹内)でも なかなか
食べないですね この方。

感動してる割に。
自分のが来るの 待ってるのかな?

(竹内)あぁ そうか そうか
それぞれ 頼んでるのか。

(竹内)「見て」[笑]
「見て」[笑]

ほぉ~。
(竹内)うん。

(渡辺)ハハハ…[笑]
(竹内)あぁ そうか そうか。

(渡辺)優しいね。
(竹内)時間差で来るのか。

(竹内)あっ 焼肉!?
焼肉!?

えっ?
(渡辺)えっ?おい!

えっ!?
から揚げじゃないんだ。

(竹内)なんで?
あの涙は なんだったの?

えっ?
えっ なんで?

(竹内)よく分かんない
よく分かんない。

いいね!
(長谷川)イェ~イ じゃない。

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

(長谷川)何を言ってるんですか?
彼は。

まさかの 焼肉定食だったっていう
なんだろうね?これ。

(小峠)ハハハ…[笑]

(渡辺)ハハハ…[笑]

大ファンなんだな。
(竹内)そうなんだ。

(竹内)あっ 焼肉!?
焼肉!?

えっ?
(渡辺)えっ?おい!

えっ?
(竹内)なんで?なんで?

あの涙は なんだったの?
から揚げじゃないんだ。

(竹内)えっ?
(ヒロミ)えっ なんで?

(渡辺)どうしたんだ?
(長谷川)どういうふう?

(竹内)よく分かんない。
いいね!

(長谷川)イェ~イじゃない!

(渡辺)ちょっと!
(長谷川)えっ 意味 分かんない。

(渡辺)どうしたの?
いや 焼肉もさ

うまそうだけどさ。
(渡辺)うん。

なぜ これになったんだろうね?
ねぇ。

なんだろうね?これ。

あんな ギラついてね。

(竹内)なんで それで
から揚げにしないの?

(渡辺)だって4~5年ぶりでしょ?
(竹内)再現しようとまでして

頑張ったんですよね?
そうなのね。

泣きそうだったんだけど。
あぁ。

ハハハ…[笑]
(竹内)よく分かんない…[笑]

よく考えても 分かんない。
ハハハ…[笑]

面白いね。

面白い!
(渡辺)どうしたんだよ。

(竹内)不思議だな。
うん。

面白いな。
(竹内)おいしいね。

なんだよ それ。

おっ!きた!
あっ から揚げね。

あぁ あぁ。
(竹内)おぉ~!

(渡辺)きた きた きた。

(渡辺)肉も あげて。
(竹内)あぁ 交換ね。

やっぱり それは
シェアしてね。

(渡辺)きたよ
きたよ。

(スタッフ)はい。
(竹内)あぁ。

(竹内)あぁ なるほど。

(渡辺)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(渡辺)大丈夫だよ 気にしないで。

ハハハ…[笑]
アドレナリンでいく。

(長谷川)聞いたことないです。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(渡辺)アドレナリンで 飯食う人
初めて見ましたね。

そう。いや まぁ まぁ

オレら八王子は
みんなアドレナリンで。

アドレナリンで食ってる。

(長谷川)ハハハ…[笑]
面白いな。

(渡辺)気をつけて 気をつけて…。
(竹内)あぁ そうか。

親知らずね 抜いたばっかり
痛いよね。

あっ 痛いんだ[笑]

…から揚げ 親知らずに。
(長谷川)ハハハ…[笑]

(竹内)味わえてる?

おいしいな
うまいなって[笑]

本当は いきたかったんだけど
やっぱり

歯のこと考えて
焼肉にしたのかな?

まぁ そういうこと なんですかね。
(竹内)そういうことですね。

でも これ 相当な量ですもんね。

ねぇ すごいよ これ。
相当だよ これ。

(渡辺)そうです。
1人分じゃない 1kgですからね。

(店主)から揚げの単品は…

おぉ!
(竹内)これ 相当な量ですもんね。

(渡辺)安いよ 1100円。
いいね。

(竹内)おぉ~ あぁ~!

(渡辺)安い!
すごいね。

(店主)「こーやん」ってさ…

へぇ~。
(スタッフ)そうなんですか?

こーやん。
そう。

(店主)昔から
こーやん こーやんって。

(店主)…ていう感じだよな。

ハハハ…[笑]

いやいや 一緒ですよ。
いやいや…そうですよね。

<さらに>

≪あんかけ大盛りですね。

(渡辺)え~っ[笑]
いやいや…もう。

いやいや…[笑]
う~わ!

絶対!
(渡辺)あんかけの量じゃない。

絶対 昔よりも増してるよ?

(竹内)え~っ すごい量!

いや すごいね。
(長谷川)え~っ?

(渡辺)すごいな。

うまそうだね うわ~っ。

(竹内)お~っ!
(渡辺)うわ~っ うまそう。

豪快なんだよね。
うん。

(竹内)料理にも出てますね。

(長谷川)すげぇ。(竹内)とろとろ。

これ 食い切れないよね。
(渡辺)この量[笑]

あ~っ あった あった…。
(竹内)あ~っ いいですね。

(渡辺)おいしそう。麺4玉?
(竹内)えっ 4玉か!

こんな量じゃ なかったような
気がするんだけど。

(竹内)うわ~っ すごいな。

(長谷川)いや~ すげぇ。

いや~。
(竹内)わ~っ おなかすいてきた。

すごい量ね これ。

ハハハ…[笑]
(渡辺)すごい量。

(竹内)確かに。
ハハハ…[笑]

うわ~っ。

あっ うまいんだろうね これ。
すごいな。

<さぁ いくら?>

(竹内)えっ これは でも
1000円は するだろうな。

えっ 4玉でしょ?これ。
うん。

もう4人でも食えるもんね これ。
そうですね。

(渡辺)え~っ。
安いな でも。

(渡辺)安い!
4人でシェアできるもん これ。

(竹内)いや~ すごいな。

「はみ出てる」[笑]
ハハハ…[笑]

(渡辺)言い方 言い方よ。

(竹内)びっくりするよね
何かくるぞ。

何だ?これ。
(竹内)はみ出てる!本当だ。

(渡辺)何だよ?もう。

わっ すごいな。
(竹内)すご~い!

オレ この番組で
こういうの見てたけど

まさか家の近所に
あったとは思わなかったな。

(竹内)すごい マーボー丼?
(渡辺)すごい。

(小峠)すごい 何?これ。

(竹内)こんなに かける必要ある?
(渡辺)ハハハ…[笑]

(竹内)すごい。
器に納める気 ないもんな。

(ヒロミ)そうだよな。
(渡辺)すごいな これ。

いいですね。

まぁ 本当に…。
(渡辺)えっ これは何?

うわっ もう…えっ 何?あれ。
(渡辺)えっ?

(竹内)お~っ 何だ?これ。
(渡辺)何?あれ 追加?

(竹内)ごはんの量 多いな。
(渡辺)どうしたの?あれ。

(渡辺)えっ?

はい。
え~っ!

≪ごはん 半分しか入っとらんのだ
入りきらなかった分なんだ。

(渡辺)器の量
分からないんですかね?

こぼれたら違うんですよ
それは もう。

何かね…

(スタッフ)こぼれた分?
≪入りきっとらん。

入りきれなくて。
(スタッフ)はい。

(スタッフ)そういうこと
だったんですか。

こうなっちゃうんだ。
ハハハ…[笑]

(長谷川)すごい!(渡辺)すごい!
(竹内)すごいな。

なだれ落ちたよ 今。

(店主)ニンニクとショウガの
みじん切りを…。

(渡辺)うまそう でも。

(店主)そして これが
豚肉の炒めておいたやつ…。

(スタッフ)多いですね。

これ400入れるんだもんね。
(渡辺)すごい[笑]

これで腹いっぱいになっちゃうよ。
(竹内)いや 本当だ。

(長谷川)う~わ~。
いや~。

(竹内)400
1人じゃ食べないな。

(店主)そしてネギですね。

(渡辺)ネギも半端じゃないな。
ハハハ…[笑]

何だよ これ すげぇな。

(竹内)わ~っ。

ヒロっつぁん すげぇな。
ヒロっつぁん[笑]

(竹内)基本的には
1人で作ってるんですかね?

ねぇ。
(渡辺)きた きた。

2丁 入るんだ。
2丁[笑]

2丁って。

1丁で いいでしょ。
(竹内)ハハハ…[笑]

とにかく量が多い。
はぁ~。

(渡辺)もう まだ いく?
(竹内)え~っ?

いや そりゃ入らないわ。
(長谷川)いや 無理無理。

(竹内)あ~っ ラー油かけて。

うわ~っ。
(竹内)これは あふれ出るわ。

すごいね。

(竹内)すごい。
(渡辺)ハハハ…[笑]うまそう。

あっ もう はなっから
入らないって思ってるんだ。

(渡辺)もう置いてありますもんね。
入れる気がないですよね。

(長谷川)分かってるんですね。
いや~。

いや すごいね お友達のお店。

(竹内)うわ~っ!
かぁ~!

(渡辺)あっ うまそう!
(竹内)すごい!

すごいね。
(渡辺)これは うまそう。

(竹内)すごい もう。
いやいや…すげぇ。

大盛りだと こんなんに
なっちゃうの?

すごいね。
これ いくらするの?

大盛りだもんね。
(渡辺)大盛り。

安いよ。(長谷川)安い。
(竹内)いや すごい。

これ3人で食えるな。
うん。

すごいな。

(店主)ありがとうございます!

すげぇな 同級生だもんな。

ないよね。
(竹内)確かに。

ちょい映りとかだったら
ありますけどね。

いやいや…本当に。

「こーやんさんに」[笑]

(スタッフ)いや 大丈夫だと思います。

大丈夫ですよね?

(店主)へぇ~っ。
ハハハ…[笑]

(竹内)えっ つい最近。

1週間前で?
お前1週間前で見つけたの?

お前 すげぇヤツだな!
(渡辺)すごいな。

(スタッフ)なので もう本当に…。

(竹内)ホヤホヤだね。

(スタッフ)すいません こんな…。

よく 行ったね。

(渡辺)ハハハ…[笑]

(利枝さん)じゃあ やろうか。

(スタッフ)あっ はい…えっ?

(利枝さん)弁当を作って…。
(スタッフ)えっ!

いや ありがとうございます。
(竹内)え~っ 優しい。

(スタッフ)すいません
ありがとうございます。

(竹内)「食べなきゃダメよ」

(渡辺)優しい お母さん。
ありがたいね。

(渡辺)お母さん いいな。
(長谷川)うわ~っ。

(竹内)すごい何か
距離が近くなるな。

もう こんなに
常識的になってるとは。

ヒロっつぁん。
(渡辺)ハハハ…[笑]

もうオレ 何回も
バイクで一緒に走ってて。

へぇ~っ。
本当に転がってもさ

ずっと笑ってるんだから。
ハハハ…[笑]

(渡辺)危ないですね[笑]
(竹内)どういうことですか?

転がってる。
へぇ~っ。

(渡辺)あ~っ うまそう。
うん うまそう。

(竹内)いいですね。
いや うまいんだな。

(竹内)お母さん お父さんの
優しさを感じながら。

(長谷川)わ~っ きれいに。
(竹内)完食。

(渡辺)いや~いい。
あ~っ。

(スタッフ)あっ いやいや…。

いいね。

レバニラ すげぇな。
(渡辺)これ すごい…。

オレ レバニラも食ったな。

ハハハ…[笑]
(竹内)お母さん[笑]

いいね。
(竹内)ニラレバって 普通

何か こう 平たい お皿に
のってるイメージなんですけど。

(渡辺)高さ出すって。
(竹内)どんぶりで。

これ いけないよな。
ねぇ!これ ちょっと無理だな。

(渡辺)あの量は。
食べきれないよね。

(スタッフ)…今。(店主)うん?

(スタッフ)いいですか?(店主)あと?

ハハハ…[笑]

純粋な「なんで?」が。

「なんで?」
(長谷川)いやいや。

(渡辺)ちょっと怖いな。

(竹内)ハハハ…[笑]
面白いね。

(スタッフ)ありがとうございます。
(竹内)お~っ。

お前さ。
いや~っ これ すごいね。

(竹内)えっ?卵3個?
(スタッフ)ニラ すごいですね。

(竹内)大丈夫か?
ニラソバだもん。

(竹内)すごいな。
(スタッフ)ありがとうございます[笑]

(店主)ニラソバ 半チャーハンと生大。
(スタッフ)ありがとうございます[笑]

本当 言うこと聞かないんだよな。
(スタッフ)いただきます。

ちょっとで いいって言っても
出てくるから。

本当に。

(スタッフ)ありがとうございます
いただきます。

(利枝さん)は~い。
(店主)はい どうぞ。

(スタッフ)…いろいろ
食べさせてもらったり。

ハハハ…[笑]

(渡辺)怒りだしちゃったじゃん。

(竹内)…なってきてる 気がする。

いいね いいね。

(スタッフ)すみません
ありがとうございます。

うわっ[笑]
すごいな この。

(スタッフ)スープ
こんなに大きいんですか?

(渡辺)ハハハ…[笑]
すげぇな。

(利枝さん)は~い。

(竹内)いっぱいに なるだろ。
(渡辺)なったよ なりましたよ。

もう毎回 これ言うよな
みんな なぁ?あれだけ食べても。

(店主)オレ 今…

…休みに。
えっ!?

(竹内)お~っ かっこいい。

やめたほうが いいよ!
ヒロっつぁんと一緒に飛ぶのは

やめたほうが いい!
(長谷川)ハハハ…[笑]

絶対 危ないよ!

えっ モーターパラグライダー
やってるんだ。

へぇ~。
へぇ~。

オレも やってたよ。

(竹内)あっ 行ったの?

え~っ。
(渡辺)いや~っ すごい。

へぇ~。
(竹内)へぇ~ どこだろう?

富士山が見える所。
すごいね 来たね。

へぇ~。

(渡辺)えっ。
へぇ~ すごい。

これ 自分で走っていくのよ
走っていって

アクセル全開で飛ぶのよ。
(竹内)「店主」[笑]

オレも よく やったよ これ。
へぇ~。

(竹内)すごい…
えっ こんなふうに できるんだ。

ヒロっつぁん これ やってるのか。

(渡辺)え~っ。

背中に エンジン エンジン。

それで。
(渡辺)バイクとか。

そう!それで ビャ~ッていったら
走るの 走るの!

お~っ!へぇ~。
(竹内)うわ~っ!

(渡辺)うわ すごい!
すげぇ。

(竹内)すご~い!飛んだ!

(長谷川)すげぇ!(竹内)飛んだ。

(渡辺)えっ?
すごい すごい。

(渡辺)本当?すごい。
これ 気持ちいいですね。

これ 気持ちいいよ
あとは もう パラシュートと一緒。

まぁ みんな分からないか 操縦は。

(竹内)へぇ~!
はぁ~。

えっ 何か けがしないかな?
大丈夫なんですか?

大丈夫 パラシュートも大きいし。

こっちへ 引っ張って 引っ張って
ていうと 回っていくから。

(竹内)へぇ~。

(渡辺)めちゃくちゃ
気持ちよさそう。

(竹内)うわ~。
これ 面白そうだな。

で アクセルがあって エンジンで。
(渡辺)へぇ。

(長谷川)へぇ~!あっ 降りてきた
(竹内)自分で こうやって

コントロールできるんだ。
そう。

(渡辺)へぇ~。
おいおい…。

(竹内)お~っ 着地した。

お~っ。
落とさないと。

はぁ~。
(竹内)畳んで 自分で こう。

いい趣味だね。
(竹内)すごい!かっこいい。

すげぇな。お前 いったの?

(渡辺)いく?
へぇ~。

えっ ヒロっつぁんと
一緒じゃねぇよな?

インストラクターだよな?
それは そうだ。

いける!

ハハハ…[笑]
バタバタするなよ[笑]

漫画じゃねぇかよ!
ハハハ…[笑]

(長谷川)あ~っ なかなか。
(渡辺)あっ 飛んだ 飛んだ…。

あっ いった いった!
(竹内)バタバタしてる…。

(渡辺)いった いった。
おいおい!落ちるぞ おい!

(長谷川)大丈夫?
これ大丈夫?これ。

あ~っ いった いった。
(渡辺)飛んだ 飛んだ。

いや ギリだな ギリだな!

低いですよね 低いですよね?これ

危ない 危ない!上がっていけ!
(渡辺)頑張れ!

(長谷川)お~ 上がった 上がった。
(竹内)あ~っ。

(竹内)うわ~っ!
うわ~っ すげぇ。

(竹内)怖い[笑]
(長谷川)こんな高いんですね。

すごいね これ。

(竹内)うわ~っ これは
お尻が ス~ッとしそう。

へぇ~。
いいね いいね。

すごいね
こんなの やってるんだ。

へぇ~。
(竹内)うわ~っ。

(綾田D)うわ~っ あ~っ!
いい経験だ。

ハハハ…[笑]

(渡辺)すごいな。

本当だよ。
(綾田D)はい。

ハハハ…[笑]
(竹内)食べてる[笑]

めちゃくちゃ仲良くなってますね
同級生と。

何か お前
親子みたいに なってきたな。

(竹内)一緒に 同じアイス食べて。
いいよ。

(渡辺)顔も似てきたな。

うん 似てきたよ。
(渡辺)似てきましたね。

お前…

(渡辺)ハハハ…[笑]

何ですか?これ。
(渡辺)親子ですよ。

(竹内)何か 面白い。
何だよ お前 もう。

(渡辺)親子ですよね?
(長谷川)無言で アイス食って。

お前 つながっちゃったな もう。
ねぇ。

かっこいいな。

ハハハ…[笑]
面白いな。

ハハハ…[笑]

(渡辺)…ですもんね 完全に。

やっぱ もう無駄な会話は
もう いらないんだよね。

親子だよな。

(長谷川)ハハハ…[笑]
何か 面白いよね。

(渡辺)ハハハ…[笑]
何か 面白いですね。

何だろうね?これ。

本当 いつも普通に見てるけど
やっぱ これ…

いや そうですよね。
(渡辺)そうだった[笑]

それ すごいですよ。
すごいよね。

同級生と スタッフさんだもんな。

すごいよな。

(スタッフ)おはようございます。
(店主)おはようございます。

(スタッフ)よろしくお願いします。
(店主)起きれた?

(スタッフ)起きれました。
(店主)よかった よかった。

面白いね もう。
(竹内)すごい。

面白いな このキャベツの量。
(竹内)うわ~っ 大変。

もう なんだ?これ もう
農家じゃねぇか!

ハハハ…[笑]

(竹内)うわ~っ!(渡辺)うわっ!

見たことない機械だな あれ。
いや~っ すごいね。

(竹内)何?これ。
すごいね。

(竹内)キャベツを刻むやつ?
キャベツクラッシャーみたいな。

(竹内)ギョーザ うわっ 大変だ。

はぁ~!すごいね。

ああいう機械が あるんだ。

あれ本当 調理器具かい?あれ。

(竹内)すごい。
あるの?ああいう調理器具。

あるんだね。
(竹内)うん。

(竹内)業務用。
あっ。

(竹内)あ~っ。
(渡辺)いや~っ。

(竹内)すごいな
これ作るんだもんな。

すごいね[笑]
これ しぼるんだよ 水を。

あ~っ!
キャベツを しぼるのね 水を。

(竹内)あ~っ そうか そうか。

そうか 意外と みんな
知らねぇんだな。

(竹内)ていうか ギョーザ
めちゃくちゃ大変そう 作るの。

結構 水が出るのよ。
(竹内)本当ですね こんな出るんだ

はぁ~。

余分な水分をね。

(スタッフ)うわ。(竹内)ハハハ…[笑]
すごいよ これ。

(竹内)すごい!何?これ。
使う?これ 料理に。

(竹内)これ えっ?

≪あと これで 今から
しぼっていきます。

(スタッフ)これで しぼるんですね。
はい。

そうね。
(竹内)これ…[笑]

ハハハ…[笑]
始めは軽いんですけど。

≪下に なっていくに つれて
めちゃくちゃ。

すごいな この。
≪あっ 足 気をつけてください。

腰を こう 遠心力で…。
すごい。

お~っ いいね いいよ。

一緒に こう動く感じで
やらないと。

(竹内)確かに腰に負担が かかる。
回らないんですよ。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)回ってる!

(竹内)わぁ すご~い!
めちゃくちゃ 力 入れてる。

(スタッフ)本当だ 回ってますね。
(竹内)えっ すごい!

もうダメですわ。
すごい 力仕事だね。

(竹内)あっ 頑張ってる
めちゃくちゃ大変だ これ。

これ[笑]
ハハハ…[笑]

こんな絵 ある?こんな絵。
ハハハ…[笑]

いい絵だね いい絵。
ねぇ。

(スタッフ)外で混ぜるんですか?

はい。
はぁ~。

(竹内)わぁ 頑張った!すごい!

(スタッフ)わぁ サラサラ すごい。
すごい サラサラだ。

(スタッフ)これ キャベツですか?
≪そう。

(スタッフ)サラサラですね。
(竹内)こんなに苦労してるんだ。

うわ これ すごいね。

(竹内)これは 力 いる。

(竹内)えっ で これ
イチから包むのが また大変だ。

わぁ でかいね。
でかいんだよ。

でかいの。
でかい。

本当に でかいの。
はぁ~。

2個で いいよ。
そうですね。

(竹内)2個で いいぐらい[笑]
ねぇ。

(竹内)わぁ でも おいしそう。
うまそう。

そうか いや これ
うまいんだろうね このギョーザ。

あれだけ 手が込んでたら。

(利枝さん)はい お皿 のせます。
(竹内)わぁ いい色だ。

丸々としてる。

(利枝さん)これが うちのギョーザ
6個です。

いや でかいんだよな。
ねぇ。

うん。
これ いくらだ?

(竹内)えぇ~?1100円。

あっ 安い。
あぁ いいね。

(渡辺)あぁ~。
いいね。

もう 何だよ。

(竹内)えぇ~!
同級生?

(竹内)あっ。
えっ?

マジっすか?

ヒロっつぁんと 親戚なんだよ。

へぇ~。
電気屋ね。

河口湖で…

えっ?
(スタッフ)そうなんですか?

(竹内)今でも会ってる仲。
はぁ~!

(スタッフ)そうなんですか。

(スタッフ)シゲさん。
へぇ~ シゲさん。

シゲ このあいだ 会ったから。
(竹内)えぇ~ すごい いいですね。

河口湖で。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(竹内)友達だ。

いいですね。
(シゲさん)ハハハ…[笑]

(竹内)楽しい人だ。

ハハハ…[笑]
きてるな[笑]

なんか きてますね。
きてるな。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

同級生って世の中では
こうなんだな。

いや[笑]そうね
こういうもんでしょ やっぱ。

(渡辺)ねぇ。
面白いね。

(渡辺)すごかったな。

ハハハ…[笑]同級生。

いや まさかね。

(長谷川)ハハハ…[笑]
豪快ですよ これ。

うわ でかいね うわぁ~。

(長谷川)うわ まだ いく うわぁ!
でかい。

いや 絶対 でかくなってるよ。
(竹内)あっ そうなんだ。

(店主)どうかな?

(店主)最初から ちょっとは
多かっただろうけど…

(スタッフ)徐々に?
多かった。

(店主)駅から遠いじゃない。
(渡辺)うん。

(スタッフ)確かに離れて。

(店主)…しかないのよ。

(竹内)あぁ~。
なるほどね。

(竹内)そういう気持ちが あるんだ
はぁ はぁ。

都会なのよ?ちゃんと うちの所も
いやいや まぁまぁ山でしたよ。

(竹内)30分ぐらい
かかってましたから 駅から。

(長谷川)サクラも めっちゃ
きれいでしたね。

そうだな 多分そうだろうな。
そういう考えがあるんですか。

(スタッフ)あっ そうだったんですか?
そうだな。

(竹内)わざわざ来てくれて
ありがとうっていう

気持ちなんですね。

面白い でも巡り合わせですよね。
面白い巡り合わせ。

ずっと 大盛りで やられてて。

で ヒロミさん この番組やって
1年ぐらいやって

ここで こうやって
がっちり合うって。

合う。
面白いなと思ってね。

出てくるっていうね。
うん。

シゲまで登場する。
(渡辺)ハハハ…[笑]

(長谷川)最後
寝ちゃってましたけどね。

シゲも出てきて寝てるっていうね。

(スタッフ)えぇ~
ありがとうございます。

(竹内)おぉ~!
うまそう これ。

(竹内)担々麺と 酢豚。
いいですね。

でかいな 酢豚も。
でかい!

(渡辺)これ 酢豚 すごいな。

≪はい すみません。
うわ さらに来た!

いやぁ~ なかなかだな。
(竹内)食べられる?

いや すげぇな お前も すごい。
すごい すごい。

(竹内)すごいな。
気合で いきましたね。

(店主)でも…

(利枝さん)気持ちがいいよね。

いつも思うんですけど。
(スタッフ)ありがとうございます。

(利枝さん)本当に 気持ちいい。

ハハハ…[笑]
(竹内)やっぱ うれしいんだね。

(スタッフ)いや もう本当に
マスターには負けますよ。

(竹内)めっちゃ気に入られてる。

(店主)サンキューだよな。
仲いいね 奥さんと。

ハハハ…[笑]

(渡辺)ハハハ…[笑]
(店主)ハハハ…[笑]

(店主)見て。
ハハハ…[笑]

(渡辺)いいですね この
いちいち奥さん…。

(店主)…みたいな。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

(缶を開ける音)プシュッ
(店員)カツカレー大!

(ビールを注ぐ音)

(おじさん)おばちゃん カツカレー

<「金麦ザ・ラガー」の新!>

(角田)≪メンチに「翠ジンソーダ」 推せる…≫
(桜井)推せる…!!

いたの?
勝手に飲んでんじゃねぇ!

えっ何それ
ん~! んーじゃなくてさぁ

(店員)≪「翠ジンソーダ」の缶です!
それもしかして もう流行ってんの?

まだ

<缶だよ。サントリー>

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

(中村) 顔の印象はね 変わるのよ

歯で

顔の印象はね 変わるの

歯 で

<ライオンが本気で作った美白ハミガキ>

<「ライティー」>
《試して「ライティー」》

(小峠)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(ヒロミ)とにかく
利枝ちゃんに知らせたいんだね。

「利枝」
「利枝」

(利枝さん)ありがとう
お疲れさまです。

(スタッフ)はい。
ヒロっつぁん すげぇな。

(スタッフ)ありがとうございました!
(店主)はい どうも。

(スタッフ)ありがとうございます!

すげぇな。
すごい 面白いね。

<話は変わり>

(スタッフ)すみません。

≪あぁ~ はいはい。

(スタッフ)お兄さんの…

行ってそうだな。
僕ですか?

(スタッフ)…行ってるとこ ないかなと
思ったんですけど。

めっちゃ うまいですよ。
(スタッフ)「バンバン番長」

ネギトロを。

(竹内)ネギトロ へぇ~。
へぇ~。

(竹内)めちゃくちゃ うれしそう。
(渡辺)すごい笑顔。

(スタッフ)本当ですか?
はい。

(竹内)「バンバン番長」

あっ 並んでる?
あっ 並んでるんだ。

おっ すごい すごい。
1000回 行ったことあるシリーズね

100回じゃないとこが
いいですよね。

(竹内)私 竹内由恵が出演する

「見取り図の間取り図ミステリー」

あさって 木曜よる9時から
放送されます。

日本全国に存在する不思議な
おうちの間取り図を手がかりに

建物や そこに住む方々の
謎に迫る番組です。

なんと海外からの
中継もありますよ。

ぜひ ご覧ください!

(ヒロミ)1000回 行ったことある
シリーズね。

(小峠)100回じゃないとこが
いいですよね。

(竹内)1000回か。
(長谷川)ほぉ~。

まぁ 満杯だね。

えぇ~!
(渡辺)おぉ~!

(竹内)これか!
すげぇ!

いや ネギトロって
こうやってやると。

えっ?
あぁ~ ここで終わり。

いやぁ~ 1000回めしシリーズ
始まったのね。