踊る!さんま御殿!![字]パパママが大集合!カリスマ保育士てぃ先生にお悩み相談!…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

踊る!さんま御殿!![字]パパママが大集合!カリスマ保育士てぃ先生にお悩み相談!

先輩からの誘いを断れず子供の面倒をみない水谷隼に竹内由恵が説教!?オードリー春日はパパになって涙腺弱々!習い事はどうすべき?子育てのお悩みにてぃ先生がズバリ回答!

出演者
【司会】明石家さんま
【ゲスト】相田翔子、梅沢富美男、江上敬子(ニッチェ)、春日俊彰(オードリー)、聖菜、竹内由恵、辻岡義堂(日本テレビアナウンサー)、てぃ先生、松嶋尚美、水谷 隼、ヨンア、和田聰宏(以上五十音順・敬称略)
番組内容
娘のモノを捨てられずゴミを漁る!?オードリー春日が超親バカぶりを告白!松嶋尚美がやたら多い子供の予防接種で大混乱&ヨンアは育児書を読みすぎて暴走!?梅沢富美男は授業参観で○○して出入り禁止!?辻岡義堂アナが中トロを子供に食べさせるかで家庭内論争!名優・和田聰宏が娘の空手指導で虐待疑惑!?女子高生で母になったギャルママ聖菜は出産2週間で学校復帰もまさかのトラブル発生!文句の多いパパママにてぃ先生もブチ切れ!?

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 子供
  2. 先生
  3. 江上
  4. 結構
  5. 竹内
  6. 梅沢
  7. 春日
  8. 聖菜
  9. 松嶋
  10. ホント
  11. 水谷
  12. 相田
  13. バネ
  14. レディース
  15. 和田
  16. ヨンア
  17. 納得
  18. 感動
  19. 自分
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<今夜は…>

<一体 何が!?>

♬~

(さんま) これはこれは。

え~
お母さんと そして お父さんと

1人は独身ということやけど。

今日 初めての方が
すごいんですけど。

和田さん どうも はじめましてで
よろしいんでしょうか?

はい 僕 さんまさんの舞台を
拝見したことあったんですけど。

あっ 見に来ていただいて。

だから 初めてですよね?
(和田) は… はい。

俺も テレビ見てますって
言いたいけどもやな…。

すいません あの
生でお会いするのは初めて。

あっ 違う うん? 違うな。

舞台 見に来てくれたよね。
見てますね はい。

その時に 楽屋で
ちょっと しゃべりましたよね。

話してないです。
話してなかった?

(松嶋) 適当!

あんた 楽屋に来ずに帰ったん?
あんた 楽屋に来ずに?

だって 何だろう あの
さんまさんが 何か ちょっと

不思議だったんですよ。
何が?

存在してるんだなって
僕 思った… 分かります?

見てて ホンマに さんまが
いるんだっていう?

舞台の話 そっちのけで もう
「この人 いるんだ」って。

「こんな人 いるんだ」って。

そして 聖菜ちゃん。
(聖菜) はい。

二十歳で
3歳の子供を育ててるんだ。

お願いします。
お願いしますやなしに。

(笑い)

(江上) 丁寧に言ったじゃない…。
(春日) 全然いいでしょ。

こうしたからな あの首を。

「お願いします」は われわれ世代は
「お願いします」やからな。

「お願いします」っていう。

いや ほんで
結婚したんでしょ? いったんは。

いったん結婚しました けど…。

それ 同級生とか?
地元の2コ上の先輩です。

2コ上の先輩で 何で結婚したの?

えっ キュンっていうことで
好きって。

好き キュンって。
いやいや。

今日は大事に扱ってあげよう
思うたけど 何やねん その態度は。

(笑い)
何でですか 何で?

(春日) 早いですって。
訳の分からんことばっかり言って。

男の子? 女の子?
レディースです。

レディース。
レディースって言うんだ。

言わないですか?
男の子は何て言うの?

メンズ。
メンズ。

「私 子供 レディース」って
言うの?

(江上) 服屋さんみたいだね。

1人で これから育てて行くんだ。

そうですね。
大変やな 仕事しながら。

そして もう1人 ヨンアさん。
(ヨンア) はい。

いくつのお子さん?
5歳です 5歳の男の子です。

旦那さんは
いらっしゃるんですよね?

いらっしゃいます。

え~ この中 全員
旦那さん いらっしゃいますよね。

さぁ 今日は にぎやかなメンバーで
このテーマからです どうぞ。

(子供たち) は~い。

ねぇ 母さん。

(子供) はぁ?

(子供) そんなん食えねえよ!

(子供) 辛過ぎるっつってんだろ!

(母親) 何回 言ったら 分かるの!

(子供の泣き声)

えっ!?

これは 皆 あるある。

子供が これ買いたいって
駄々こねるのは 邪魔くさいよな。

相田さんもある? やっぱり。
(相田) 大変でしたね。

特に 2歳のイヤイヤ期は。
イヤイヤ期があんのか。

はい うわ~!って
床で 床掃除しちゃってました。

あ~ 寝転んで。

「これ買ってくれなきゃイヤだ!」
とかいう。

男は買ってしまうのよな。

お母さんから チョコレートはダメ
って言われてんのんけども

チョコレート渡したら
すごい尊敬してくれるから。

(一同) ずるい。

えっ? ずるいねん。

春日 これ分かるやろ?
(春日) 何か こう…。

ちょうど だから 私も
2歳の女の子。

あっ レディースがいるんですけど
すいません 間違えました。

レディース。

2歳のレディースが
いるんですけど。

ちょうど ホント イヤイヤ期で
何でもかんでも イヤだと。

食事の時に もう
食べたくないとか。

で 結構 物 投げるんですよ。
ハハハハ!

スプーン投げたりとか。

でも 見てると めちゃめちゃ
コントロールいいんですよ。

おもちゃとか投げたら カゴに
バン!入って 褒めるんですけど

褒めると家内から怒られるんです。
褒めるからよ!って言われるよな。

「ナイスコントロール」とか言うと
「そんなんじゃないから」みたいな。

え~ 相田さん お願いします。

はい 子育てで最初の頃
まだ初心者の頃に

幼稚園の先生に とにかく具体的に
褒めてあげてくださいっていう

アドバイスを頂いたんです。
はっはぁ 子供は。

はい 「すごいね」だけじゃ…。
アカンのか。

伸びないし 何が すごいのか
どこが すごいのか

ちゃんとポイントで
褒めてあげてねって。

それが 専門家が言ってるんだ。
(相田) そうなんです 言われて

ある日 娘が
大っきな丸を 2つ描いたんで

「あっ すごいね~
お便器?」って言ったら

「お顔だよ」って言われて

「あっ ご… ごめんね」って言って
すごいヘコんじゃって 娘が。

「顔?」って言えよ 最初に!
何で最初に「便器?」って言うの。

「これ な~に?」で
ええのちゃうか?

「便器?」って言うたんだ。
この間も 女の子を描いて

こう 頭に何か かぶせてたんで

「洗面器 のっけてんの?」って
言ったら

「お帽子よ」って言って
「今 流行ってるんだから

失礼ね」って言われて。
「失礼ね」。

ホント つい昨日は
美術の授業で

立方体みたいなのを描く
練習を始めて。

昨日 その絵を描いてたら
「すごいね この小屋」って言って。

「立体感あって すごいじゃん
いいね この小屋」って言ったら

「お家だよ」って言って。

小屋って言ったことが
すごいショックだったみたいで。

あんた さっきから おかしいって。

丸 描いたら 便器
家のようなもの描いたら小屋って。

具体的に言おうと思ったら
空回りしちゃうんです。

便器も 褒め言葉なんだ
相田さんにとっては。

奇麗な丸で
すごい奇麗な便器 描いたねって。

便器 なかなか描かないよ。

(江上) 思い入れが すごくないと。

そういう時も 具体的に
褒めてあげたほうがいいの?

具体的に いろんな方向から
褒めてあげるようにしてるんです。

ていさん 出番ですけど
そうなんだ。

そうですね
いろんな褒め方ある中で

お子さんが褒めてほしいものを
褒めてほしいタイミングで…。

これは難しいな。
(てぃ先生) 大事なんですよね。

褒めてほしいタイミング
分からへんもん。

これは 水谷さん 分かるでしょ
タイミング難しいっていうのは。

難しいですよね しかも 機嫌って
結構 すぐ変わるじゃないですか。

そうそうそう!

(水谷) 僕とか 神経衰弱を
結構 子供とやるんですよね。

やっぱり 真面目にやったら
勝つじゃないですか。

あれ難しいのよな
どこで負けるかっていう。

残り4枚で こっちが めくる…。

あ~ これ 絶対 ここ もう
当たるわ。

分かってるんですけどね。
当たると思って 違うの行くやん。

そうすると ばかにされる
「何で分かんないの!」。

こっちもオーバーに
「あっちゃ~!」とか。

もう しんどいのよ あれ。

しんどいですよね あれ
演技しなきゃいけないの。

あれ疲れる
ここで勝ってしまえばええのか。

これ ていさん どうなの?

これ 6対4がいいって
いわれてるんです。

6が子供が勝つ。

6対4 子供が勝ち。

それが一番 お子さんのモチベーションが
上がりやすいっていわれてます。

算数のドリルとかも

最初のほうは すごい簡単な問題が
続いてるじゃないですか。

で 徐々に難しくなる
っていうのは あれは

解けた 解けた 解けた… でも
難しいのがあるっていうのが

いい状態なんです
それが比率として6対4。

試験用紙も そう作ってあるんだ。
(てぃ先生) そうです そうです。

全部簡単だと もっと頑張ろうって
ならなくなっちゃうんですよね。

はぁ~
いろいろあるもんやな これは。

(てぃ先生)
あと さっきの相田さんの
褒めるっていうやつでいうと

目の前で起きた事象を
口にするだけでいいんです。

えっ ウンコ漏らした
「ウンコした」って。

極論 それ! 言ったら 褒めたとか
認めることになります。

なので
例えば さっきのお話だと

「奇麗な丸 2つ描いたんだね」って
それだけで十分なんです 本来は。

「奇麗な丸 2つ描いたんだね」で
ええんだ。

(てぃ先生) あんまり イメージを
押し付けちゃうと そうやって

お子さんが プライド的に
傷ついてしまったりとかあるんで。

ここの子供 手遅れやな もう。
手遅れってことはないですけど。

便器だ 小屋だ めちゃくちゃ…。

春日 お願いします。
(春日) いや あの~ やっぱり

子の1つの行動とか
すごく 何か こう 気にする。

私も気にするんですけど。

あの~ 何かあったら
すぐ感動しちゃうんですよね。

春日が?
(春日) そうなんです もともと

感動のVTRとか見てても

何が感動するんだ?って思う
タイプだったんですけど

自分の子が動くたびに
もう 一つ一つで…。

≪分かる~≫

涙のラインが
だいぶ下がったというか。

何だったら 泣いちゃうんですよ。
分かる。

初めて
手押し車 押してるとこ見たら

もう
「くっ…」みたいになっちゃうし。

初めて バ~っ 滑り台 滑ったら
「くぅ…」って

泣いちゃうんですよ。

で ひどかったのが

うちの子も 保育園に
去年から通ってるんですけど

保育園の入園式に
行ったんですよ 私が。

で 入園式も 絶対 泣くなとは
思ってたんですけど 最中に。

覚悟はして だいぶ気合入れて
行ったんですけど

保育園に着いたら
玄関のところに 「入園式」って

看板あるじゃないですか。
大きなやつね。

あれ見て もう泣いちゃって
入る前に。

そっから終わるまで ずっと…
一番前の列だったんですけど

ずっと泣いちゃって
恥ずかしいんですよ。

子供できたら 涙腺 弱くなるか。
(竹内) 弱くなりますね。

これ 皆 うなずいてた… 分かる?

(水谷) 子供から絵とかもらったら
ずっと泣くんじゃないですか?

泣くでしょうね。
もらいますよね 絵って やっぱり。

もらう あと 工作した
父の日に作ったもんとか。

まだ? 初めての絵とか。

僕のレディーも…。
「レディース」。

レディーは ヤバい。
(水谷) すいません 「レディース」。

娘1人なんで 「レディー」にしました。
そうか!

レディー1人いるんですけど
もうすぐ8歳なんですよ。

ほな もう 経験してるやんか 絵。
そうなんですよ。

俺も 鉛筆立て 子供が3歳の時に
作ってくれた IMALUが。

それ いまだに飾ってあるからね。
(一同) え~!

(水谷) やっぱり それ見て
感動するんですか? 常に。

いや それね
鉛筆 立たないんですよ。

これは みんな あるでしょ?

そういうもの
ずっと置いてるとか。

たまり過ぎちゃって。

それが 3人いるから。
そうか そうか。

(和田) たまり過ぎちゃって
置き場がないんですよね 場所。

あ~ そうか!

逆に 3人もいて 何回も描くと
「どうしよう これ」になるんだ。

それで うちの妻が 隠れて
それを処分してるんですよ。

見つからないように。

でも 子供は 結構 覚えてて
自分があげたっていうのを。

聞いて来るんですよ。
「あれ どうした?」って?

「僕 描いたやつ どうした?」とか
「私 描いたの どうした?」って

聞いて来て
何か ごまかしてます うまく。

春日 どうしてんの? お前。

うちは… 女性のほうが 結構
ぽんぽん処分したりしません?

奥さん側はな。
(春日) しますよね。

私は 全部 取っときたいんですよ。

初めて履いた靴とか
初めて着た肌着みたいな。

爪とかな。
(春日) はい 爪と髪の毛とか。

で たまるって言うんですよね
うちの家内は 切りがないと。

だから それで ケンカになるんです。
分かる。

これ取っとこう 取っとかないって
ケンカになるのもイヤなので

毎晩 ゴミ出しの前の日は

ゴミ袋 チェックして
捨ててないか。

あったら それを救出して

袋に入れて 私の部屋の隅のほうに
バレないように

隠して持ってるんです。
(江上) すごい!

捨てたくないんですよ。

でも 代表作1つで
ええのんちゃうか? 子供の。

いや もうホントに
自分の一軒家 建てたら

子供のものミュージアムみたいの
つくりたい 部屋を丸々。

梅沢さん どうしてはりました?
(梅沢) 私はね ホントに

この話すると
みんな 信じてもらえないけど

うちは レディース2人なのよ。

それで
ババースが3人もいたのね。

ババース? ババースが3人。

うちのババース 花柳界出身で
芸者さんだったから

3人が交代交代で
子供 面倒見てくれてたのよ。

だんだん だんだん 地味になって
かわいいとこがひとつもないのよ。

ほんで 後で分かったんだけど
うちのババースが

お父さんに手紙書きなさいよって
教えたんじゃない?

だから 書いてあんのよ。

「いつも パパ ありがとう
今度の誕生日には お軽いもので」。

お軽いものって
皆さん 知らないと思うけど

現金なんだよ。

花柳界では
お軽いものは 現金なのよ。

そんなガキ いる!?

ばばあが教えたんだ。
(梅沢) ばばあが教えた。

あの強敵ババース。

松嶋 お願いします。
(松嶋) 子供2人いるんですけど

1人目 大丈夫やったんですけど
2人目が入って来た瞬間

予防接種のスケジュールが
分からなくなって来て。

そうか そういうもんなのか。
(松嶋)そう 上の子は初めやから

任意っていうものも
受けさせてたんやけど

下の子は ややこしくなって
任意 いいかって やめとこう。

いや やっぱり やろうって
思った記憶で どっちやったか

分からんくなって来て。
打ったか打たないか。

そう だから いまだに
コンプリートしてるかどうかが…。

≪え~!≫
不安。

はぁ~。
(松嶋) で 今 長男が10歳で

打とうと思ってる 何か 1個
予防接種があるんですけど

それが 日本脳炎…
ちゃうな 何やったっけな?

高いやつなんだ。
(竹内) おたふく?

大事な… おたふくじゃないの。
おたふく?

(竹内) おたふく風邪の。
(松嶋) 絶対 打たなアカンやつ。

はしか!
はしかじゃ ない。

(ヨンア) 日本脳炎?
日本脳炎かな?

(ヨンア) 日本脳炎が 確か この前
ちょうど打ったばっかりで

10歳まで打ってっていうの
もう1個あった。

(松嶋) もう1個あったよね?

ちょっと 先生!
(笑い)

予防接種は
いっぱい あるやないかい。

(江上) めちゃくちゃあるんです。
そう めちゃくちゃあるの!

一日4回ぐらい打ったりとかも…。
(松嶋)そう 3本 打ったりすんの。

生後3か月の子が 3種類 打って
帰って来たんです。

何が? 一日3本も 注射 打つの?
(江上) そうです そうです。

(松嶋) 打ったり飲んだり もうね。

何が? 何 打つの? そんなに
3本も4本も5本も。

腕 腕 足 足みたいな感じで。
ウソ! 一日1本じゃないのか。

今 働く方々が多いので
できるだけ 一日で

お父さん お母さんの負担が
ないようにする… 多いです。

お子さん いらっしゃるんですか?
(てぃ先生) いないです。

打たせに行ったことないです。
語るのよね~。

和田さん どう? この話 今
全然 ついて行けてないねんけど。

すいません 全く…。
(てぃ先生) その時代によって

変わるんですよ
打つものとか 年齢によって。

今 和田さんに聞いてるんです。
すいません。

人それぞれ
ポジションがあるから。

気を付けてね。

(春日) バラエティーのダメ出し。

和田さん 今日 初めてやから
こういうバラエティーに。

すいません。
ええポイントで パス出したら

ていが奪い取ってやな。

「てい!」とか言いながら
ていの奪い取りやねん。

辻岡君 どう? これ 今の話。

うちも レディースが1人と
メンズが2人なので。

ほんで 「レディース」って
昔 不良に使ってた言葉やから。

(聖菜) そうなんですか。
レディース あんまり…。

(聖菜) よくないですか? 不評?
よくないと思う。

使ってこうよ。
使ってこうよ。

使って行っちゃおうかな。

春日 2歳やけど どうや?

初めて注射を打つ時
3本 打つって やっぱ言われて

で 初めての注射だからと思って
私 ビデオで撮ったんです。

うんうん。
もう 病院の前から

普通に ロケみたいな感じで
奥さんに

「そっから入って来て」みたいな
「スタート!」みたいな。

でも 赤ちゃん 一日3本って
きついな。

3本 打つって
撮ってたんですけど

2本目
やっぱ泣くんですよね もちろん。

2本目ぐらいから 撮ってる私が
つらくなって来ちゃって

お医者さんに
「やめてください!」って言って。

「3本目 もういいです!」って
言って

モメましたもん そこで。
ホンマやな。

私のおっぱいを
1回 カプってするんですけど

ペッ!てやるんですよ。

(江上) で もう しょうがないんで
「おっぱいだよ~」って言って。

それがアカンのちゃう? お前。

子供 こんなんイヤやんか。

江上 お願いします。
はい 私は 母親としても

女としても だいぶショックだった
っていう話なんですけど。

出産するまでは 赤ちゃんって
おっぱい大好きっていう

イメージがあったんですね。
ホンマに そやろ?

お母さんのおっぱい大好きって
イメージがあったんですけど。

うちの1歳7か月の
メンズなんですけど

生後3日目から もう

おっぱいが大嫌いになっちゃって。
ウソや!

(江上) で 助産師さんと一緒に
吸わそうとしたんです 一生懸命。

おっぱいだよ おっぱいだよって
言って吸わそうとしたんですけど。

私のおっぱいを
1回 カプってするんですけど

ペッ!てやるんですよ。

それは
乳頭に欠陥があるんちゃう?

違う 違う 違う
そういうんじゃないです!

(竹内) 出てますか? ちゃんと。
出てる 出てる。

ちゃんと 母乳マッサージもして
おっぱいも出てるんですけど

無理やり… 無理やりっていうか
くわえさせて やるんですけど

ペッ!てやる 唾 吐くみたいに。

まずいねんて。

そんな 味みたいのあるんですかね
ペッ!てやるんで。

で もう しょうがないんで
おっぱいですよみたいな感じで

楽しげに
「おっぱいだよ~」って言って。

それがアカンのちゃう? お前。

子供 こんなんイヤやんか。

楽しいほうがいいかなと思って

「おっぱいだよ おっぱいだよ」って
言って パラってしたら

ものすごい顔面蒼白で
「ギャ~!」って言うんですよ。

違う 江上 絶対 お前
乳首が 子供が見たら怖い…。

怖い乳首ってあります?

いや あると思う。

(江上) すごい ギャ~!って。
十人十色やから。

今日 お前 楽屋で見させてもらえ。

見てもらっていいですか?
私 でも 形は普通だと思うんです。

離れては いるけども
形は普通だと思うんですよ。

その子は
他のおっぱい 知らないのに

そのおっぱい イヤやねんもんな。
そうです。

お前 グルグル回ってない?

いやいやいや
動いてはないですね。

だから 謎なんですけど
お風呂 入る時とかも

あんま見ないようにするんですよ
私のおっぱいを。

えっ!? 不思議やな!
普通 乳離れさすために

ここに われわれの時は
ショウガ塗ったりとか。

唐辛子ね 塗って。
唐辛子 塗ったりとかして

乳離れさすぐらいやねんけどな
子供は。

そういう子供いるんだ ていさん。
(てぃ先生) います います。

全然 変じゃないです。
気にすることはない。

気にしなくて大丈夫です 全然
ホントに変じゃないです。

先ほど さんまさんも ちらっと
おっしゃっていただいてた…。

乳首が合う 合わないも
やっぱり あるじゃないですか。

(梅沢) それはあるよな。
「それはあるよな」じゃないのよ。

それはある。

ジジーズ 何 言うてんの ジジーズ
「それはあるよな」。

おっぱいは みんな 好きだもの
赤ちゃんは 全部。

そうですよね。

あとの人は大丈夫?
赤ちゃん おっぱいは。

(竹内)
うち でも 逆に 母乳が好きで

母乳以外は飲まない
粉ミルクは飲まないっていう

タイプだったので
離れられなくて

3時間に1回ぐらいは やっぱり
母乳あげないといけない

授乳の時間が来るので
離れられなくて。

3時間に1回か 大体。
(竹内) お仕事してる時とかも…。

だから 1つ 謝らないといけない
ことがあって さんまさんに。

大変 恐縮なんですけど
さんまさんが普段 使ってる

楽屋を使わせていただいたことが
あって 結構 広めの。

はいはい。

そこで 息子がウンチをしちゃって
あの…。

はよ言えよ!

ホントに申し訳ないです。

その後 さんまさんが入られる
っていうことを聞いてたので

さんまさん ウンチのにおい
臭くなかったかなって。

俺が したと思うた。

ちゃんと拭いたやろな?
座布団の上やろ?

ちゃんと拭きましたけど あの…。

ウンチの入ったオムツを
捨てたんですね。

楽屋に?
はい なので ちょっと…。

持って帰れ!

たぶん奇麗にしていただいたと
思うんですけど… すいません。

今さら言うな それを!

ヨンアさん お願いします。

私は 妊娠 分かった時から…。

何か すごい 昔から
調べる癖があるんですね。

そういう子いる。
なので 何か 子供の本とか

いろんな教育番組を見過ぎて…。

妊娠したってなったら もう
教育の本とかビデオとか見るんだ。

(ヨンア) そうなんですよ
で 産んでみたら

書いてある情報と違うことが
結構 多くて。

何歳に歯が出て来ますみたいな。
「歯が出て来ます」。

「歯が生えます」やろ。

「出て来ます」いうたら ちょっと
司会者 心が痛いから。

「歯が生えて来ます」。
歯が生えてます。

みんな 俺やったら イヤやろ?

歯が生えますって
書いてあったら

それを
すごい意識しちゃうんですね。

で ちょっと 子供が遅いと
すぐ 病院に連れて行って。

あっ 心配し過ぎて。

「まだ うちの子
歯が生えてないの」って。

そう 「歯が生えてません」。

そしたら 先生とかも

「お母さん 世の中 歯 ない人
見たことあります?」とか

そうやって答えられたら
安心して。

あ~ 心配性なんだ。
そうなんですよ。

でも初めてのお子さんなんでしょ。
そうなんですよ。

2回目から大丈夫やろけどな

初めては やっぱり
皆 気 使うから。

でも 次男は 焼きもち焼くぞ
上に 気 使い過ぎて。

俺が 自分が ほったらかしやから。

梅沢さん 分かるでしょ?
(梅沢) うち 8人だからね。

(一同) え~!
俺 7番目だから

ほぼ捨てられた状態だったね。

(笑い)
≪そんなことない≫

いや そんなことあるある。

俺 3人やけど 分かるもん
その気持ち。

ほったらかしなんですよね。
(梅沢) ほったらかし。

だから 分かる その 1人の時にね
大騒ぎするってのは

きっと そうなんだと思う。
(ヨンア) そうなんですよ。

だから みんなから 2人目いると
大丈夫よって言われるんですけど。

でも 韓国の育て方と
日本の育て方は

ちょっと違うんでしょ いろいろ。

韓国は 教育番組が
すごく多いんですよ。

あぁ そう 日本より。

ああいう てぃ先生みたいな
先生が出て

こういう時は こうやって
しゃべったほうがいいよとか

そういうのを
すごく教えるのが多くて。

そういうのを結構 見てますね 夜。
あ~ そうか そうか。

江上なんかも見てるんでしょ?

見てます てぃ先生のやつも
すごい見てます。

てぃ 何で そんな
人気あんのやろ?

ちょっと待ってくださいよ。
ホンマに みんな 奥様方

てぃさん てぃさん てぃさん
言うからやな。

でも イケメン
めっちゃイケメンです。

(松嶋) あっ 結婚しろ。

(笑いと拍手)

てぃ 面倒見ろ!

面倒見ろ!
ありがとうございます。

結婚してほしいよな。
(ヨンア) うん してほしい。

(笑い)
いや あの…。

(江上) 2人にね。
(ヨンア) 心配だから。

(聖菜) いや でも 一応 私
彼氏いるんですよ。

(ヨンア) いや 先生がいいよ。

そう なっ そうそう なっ。

子供のこと こんなに分かってる。
(聖菜) 確かに。

(松嶋) ちょうどええか?
二十歳やな?

「彼氏いるんです」って もう
ふられてんねんもんな。

(てぃ先生) 勝手に ふられてる。
訳の分からんスピードふられ方や。

すっごいショック受けてね。

逆に?
逆に。

なぁ アホやなぁ。

(菅田)花王が ついに突き止めた。

(賀来)
諸悪の根源は 「菌の隠れ家」だったんだ。

(間宮)除菌洗剤 漂白剤
天日干し 全部ダメだった。

(研究員)完成しました。
(杉野)でも 人類は諦めなかった。

(松坂)生まれ変わった 「アタックZERO」なら…。
(一同)いざ!

バイオクラッシュ洗浄!

本当に…。
(一同)ニオわな~い!

(一同)ニオわない! ニオわな~い!

<「菌の隠れ家」までゼロへ>

<新「アタックZERO」>

竹内だ お願いします。
(竹内) はい 私 先日

母になって 初めて 健康診断に
行ったんですけれども。

その時に 看護師さんに まず

血圧を
測ってもらうじゃないですか。

血圧のベルト回してもらって

「あぁ 何て 優しく
回してくれるんだろう」って

まず そこで癒やされて。

その後 血圧を見てくれて 「あっ
何か 血圧 こうですね」って

「あっ 私の血圧
気にしてくれてる」っていうので

すごく 何か 涙が
出そうになるくらい うれしくて。

それ ウソ話でしょ?
(竹内) 違う 違う。

ホントに! えっ 何で?
どういうことですか?

好感度 上げようとして。
(竹内) 違う 違う! 違いますよ。

そんな ウソ… 「何て 優しい
巻き方なんだろう」。

「何て 私のこと心配して…」
そんなんウソに決まってるやんか。

ホント… ホントに。
ホントに?

母親になると もう 自分のことに
興味がなくなるんですね。

だから 自分を すごい
ほったらかしにしているので

とにかく
自分の体を見ることがなくて

他の人にも あんまり
気を使ってもらうことがないので。

そうか そうか うん。

こんなに優しくしてもらえる
こんなに人に触ってもらえる

っていうのが うれしくて

何か 健康診断で めちゃくちゃ
感動したんですけど

えっ そういうこと ないですか?

あっ いや
相田さん うなずいてる。

私は その あまりにも
家を出られなかったので。

あっ そうか そうか。
(相田) 初めて 義理の母が

「ちょっと見てるから
スーパーでも何でも

行ってらっしゃい」って
言われた時に

近所の15mぐらい先の
雑貨屋さん行った時に

「うお~」って言いましたよね
何か。

分かります 分かります。

あぁ 「久々~」。
(相田) 「うお~」ってなりました。

「ボンド 久々~」。
(竹内) そう 思わず あの…。

「うっせぇ うっせぇ うっせぇわ」
っていう

Adoさんの曲が流行ってて。

なかなか それね 何か
子供の前で聴くのは

ちょっと ねっ 何か
ちょっと激しいかなと思って

聴いてなかったのを
思いっ切り かけて

♪~ うっせぇ うっせぇ
うっせぇわ

大きな声で歌ったんだ 一緒に。
(竹内) 歌ったりして。

あぁ これ 皆
気持ち分からんではないの…。

あっ そう。
(ヨンア) やっぱり 自分のことね

全然できなくなって 私も
やっぱり 子供 生まれる前は

何か 下着とかも
すごい こう 手洗いできる

かわいいもの
着たりしてたんですけど

やっぱり 赤ちゃんいると
もう 大きいもの もう 綿。

セクシーな下着も
着けようとは思わないわな もう。

そうなんです それで こうやって
畳んでたら 旦那さんに

「それ 俺の?」って言われて。
アハハハハ!

それは すごいショックでした。
旦那も旦那やな。

「そのパンツ 俺の?」。

夫婦ゲンカのきっかけに
十分 なるな これは。

どうですか?
(水谷) そうですね。

でも やっぱり 家 帰って
たまに 休みある時は 奥さんに

「外出していいよ」とは
よく言いますけどね。

そういうとこ 卓球で学んだのか。
(笑い)

卓球じゃないですよ それは。
(江上) 関係ありますか?

いや 卓球で学んだんやて
こつこつ 一生懸命 練習して…。

(水谷) まぁ 確かにね
最強のパートナーいましたけどね。

ミックスダブルスで 気の強い
パートナーいましたけども。

どうなんですかね?

僕は 結構 家 帰る時に

「この日 休みだから出掛けて来て」
って言うんですけど

あんまり
出掛けないんですよね そんなに。

あっ でも 偉いな。
(竹内) そう うれしいけど

その日は 別に友達と会わないから
予定も合わないから

その あの 何か それだけ言って

こう 納得するみたいなのは
ちょっと違うんじゃないかなって。

そっか…。
うわ 怖っ!

よかった 嫁じゃなくてよかった。

あんなの お前
説き伏せようとしとるで こいつ。

はぁ~ これは えっ どう?

ていさんなんか どう思うの?
今の話は。

もう これは
日本の子育ての環境として

しょうがない部分は
あるんですけど。

男性の どうしても
スケジュールが優先で

女性が それに
付き合わされるっていう形に

なりがちじゃないですか
なので 女性に

「いつがいい?」って聞いて「じゃあ
私 この日に お友達と会うね」。

「じゃあ 僕 この日に休むね」
とかいうことが

本来は 一番いい形ですよね。
(拍手)

なるほど。
言いたいことを言ってくれました。

分かってないから
あいつ 独身やねん。

子育てもしたら 子育ての
こっちの苦労も考え なぁ。

家庭は もっと複雑ですからね
家庭 持つと。

明日も ゴルフ行きたいねん
明日も ゴルフに行きたいの。

それが 2日 続くと怒られんの!

じゃあ 行かなきゃいいじゃん
っていう話でしょ?

そうそうそう。
分かってますよ それは。

(水谷) 付き合い ありますよね。
そのとおり。

飲み会とか ゴルフとかも
何か 付き合いで

先輩とかに呼ばれたら
行かざるを得ないから。

そうそう。
(竹内) いや でも こちらも

それは お仕事してたりね
皆さん すると

付き合いもあるんですよ
だけど それを

もう 断って
もう 涙をのんで 断って

子供のもとに行くんですよ!

分かった?
(水谷) 分かりました もう はい。

すいません!
(笑い)

(水谷) あんまり これ以上 言うと
後で 妻に怒られるんで

ちょっと これよりは言いません。

梅沢さん お願いします。

これもね まぁ みんなも
理解できないと思うけど

俺はね 学校に
あんまり行かないんですよ。

なぜかっていうと
こういう性格だから

小学校の時に 失敗してね。

父兄参観の時に みんなが
先生が こう 勉強やってる時に

わいわい騒ぐのね。

だから あんまり 先生も ほら
何も言わないから。

だから 俺 しょうがないから
「静かにしろ!」って言ったのよ。

参観日で。
(梅沢) そう いや だって

先生が 一生懸命 教えてるのに
しゃべってるのに

聞いてねえんだ このガキたちは。

だから 怒ったのよ
「静かにしろ!」って。

そしたら
PTAの会長みたいのがいて

「二度と来ないでください」って。
(笑い)

(梅沢) だから
行かないようにしてたのよ。

うちの子たちも 梅沢富美男の
子供って言ってなかったらしい。

それで うちの子は 全部
学校も 自分で決めたからね。

へぇ~。

長女のほうは
聖心のほうに行って

次女は 農大に行ったんです。
はいはい 東京農大 うん。

ずっと 俺が 農大に 顔も
出さないでいたら 理事長が

一度 来てくださいよ
っていう話があって。

梅沢さんに会いたいし うん。
(梅沢) 俺が行ったのよ。

そしたら うちの娘ね
自分で言うのも何だけど

結構ね 美人で
この番組にも出たのよ 次女が。

そうでもないんですよ。
(笑い)

あぁ… あっ 美人で 美人で
美人です。

結構ね 男に好かれるタイプなの
いっぱい 男が寄って来たのよ。

俺が ほら あの
学園祭か何かで行ったから

梅沢富美男の娘だって
分かった瞬間に

男が 全員 いなくなったって話よ。

あぁ~。

家へ帰って来て大変だった。

「お父さんのせいでさ!」とか。
(梅沢) そう。

「お父さん来るからさ
男 全部 逃げてったよ」。

いや~。
(江上) 強いなぁ。

強いっていうか
梅沢富美男の娘にっていう。

≪怖いな≫
(江上) 男の人は怖い うん。

うちの娘も
お笑い芸人に口説かれない。

そうだよね。
≪それは できない≫

恋愛は自由やからね。

その本人に任すねんけども。

たぶん
お笑い芸人が もし 口説いたら

まぁ 頭 殴りに行くよな。

1回はな コンって。

(水谷)絶対 来ないじゃないですか
この放送 見たら。

そういう
プレッシャーがあるみたいで。

「娘さん ください」とか。
(梅沢) でも 娘もね

次女も 俺に よく似て…
この話もしたと思うんだけど。

ずっと このコロナ中 俺
どこにも行けなかったじゃん。

舞台もできなかったから 初めて
愚痴ったんです 酒 飲みながら。

「もう お父さん ダメだな
もう お父さんは もう二度と

舞台に立てないかもしれないな」
って。

俺 愚痴ったことないから。
はいはい。

(梅沢) そしたら
前で 食事しながら 娘が

「うるせぇな このクソじじい
ホントに。

女遊びでもして来いや!」。

はぁ~。

(梅沢)
すっごいショック受けてね。

逆に?
逆に。

「あんたに女遊びって言われた」
って。

(笑い)

でも 梅沢さん 何か あの
知らん女の人と

沖縄とか行ってるでしょ?

いやいや それは 別の話ですよ。

(笑い)

沖縄で 空港のカウンターで
チケット買うてる時

ニュースに入り込みよったんや。

うん 違うお姉ちゃん連れて。
(松嶋) 違うお姉ちゃんね。

お姉ちゃん連れて
台風情報でニュースにならはった。

なぁ アホやなぁ。

このブロックの最後
聖菜ちゃん お願いします。

はい まぁ 聖菜は…。
聖菜は。

はい 出産したのが
高2だったんですけど。

まぁ その 育児最中も
ゴリゴリのJKだったんで。

ゴリゴリのJKだったんで。
(聖菜) はい。

子育てしながら
学校も通ってたんで 普通に。

そうか。
…で モデルのお仕事も。

モデルの仕事しながら
学校 通って 育児してたん。

(聖菜) してたんですよ。
そやわな。

やっぱ 友達は プリクラ撮ったり。
当たり前や。

まぁ JKっぽいことを
めちゃめちゃ するんですけど

聖菜は 蘭愛がいるから
早く帰んなきゃいけないし

おっぱいも
あげなきゃいけないし

家で 蘭愛に対して
1人で 夢中になって

いろいろ やったりするのは…。
うん。

ちょっと きつかった。

最後 小っちゃい声で。

(笑い)

そこを張ってくれ
きっかけゼリフやろ 今の。

「きつかった」っていう…
あっ それは分かる。

分かるけど これは
君の人生やからね 梅沢さん。

お前さんが
子供つくったんだからさ

それは当然のことだよ。
(聖菜) でも いろいろあるんです。

他にも いろいろ あって
語っちゃっていいっすか?

えっ?
語っちゃっていいですか?

おもしろい? それ。
(江上) 厳しい!

喫茶店やったら 聞くよ まだ…
本番やからね。

はい。
うん どうぞ。

何か
めっちゃカオスな話があって。

カオスな話があって。

(聖菜) 聖菜 出産して 2週間で
学校 復帰したんですよ。

(松嶋) えぇ~。
腰ガクガクやのに行ってたんだ。

いや でも たぶん 若くて
当時17歳だから

全然 もう プリクラとか
撮り行ってた。

(江上) だから 若かったから。

(聖菜) 制服とか着て ゴリゴリ
イエイ!みたいなメークして…。

メークして プリクラ撮りに
行ってたんやんか そしたら。

(笑い)
でも たまには。

(江上)全力ではなかったですよね。
全力ではなかった どういうこと?

それで?
(聖菜) で まぁ 母乳も…。

学校 これから めちゃくちゃ
もっと通わなきゃいけないし

母乳も止めなきゃいけないって
なった時に

こう 止めてたんですよ。
えっ 母乳を止められんの?

パッドみたいのもありますよね
何か 着けてみたいな。

無理やり締めるんですけど 胸を。

はぁ~ 出ないように。
してました 聖菜は。

それで 2週間後
学校 普通に復帰して

授業 受けてたんですよ
そしたら

何か ぬれてるなと思って
抜けて トイレ行ったんですよ。

そしたら もう びちょびちょ。

ウソ。
母乳が出ちゃって。

友達に バレないように1人で
搾乳器で シュッシュッシュ…。

(江上) 学校で。

チャイムとか鳴っちゃってんのよ。
「鳴っちゃってんのよ」。

(江上) 鳴っちゃってんの
チャイム鳴っちゃってんの。

「行っちゃってんのよ
行っちゃってる」。

「鳴っちゃってる」
いいですか? これで 話。

(聖菜) あっ ていうか
もう1個あった。

いや ない ない。
(聖菜) これ ヤバい。

もう1個 ないよ ないのよ。
すいません。

子供って 結構 一部分だけ
残ってると納得してくれるんです。

えっ?

<一体 何が?>

(竹内) 絵は でも
この部分とかじゃなくて

やっぱり
全体で物語ってるものだから。

「納得しない場合は」
って言ってるでしょ。

さぁ テーマ 変えます どうぞ。

ママですよ。

そんなの…。

えっ?

えっ?

だから…。

ねぇ。
うん?

はぁ?

水谷さんから お願いします。

はい
やはり 子育てでモメるのって

教育が多いのかなと
思うんですよね やっぱり。

何か こう 僕は ホントに
優しいタイプだと思うんですよ。

ホントに怒ることもないし。

でも やっぱり 妻は
結構 厳しく行くんですよね。

ダンスとかやってるんですけど
子供がやりたくて

ダンスを始めたんですよね。
あぁ 子供が やりたい言うたんだ。

僕は 「自由に やればいいんじゃ
ないかな」って言うんですけど

妻は 結構 「そこが違う 動きが
練習しろ!」みたいな感じで

すごい怒るんですよ。

あっ 奥さん 厳しい人なのか
そういうことに。

(水谷) そうなんですよ。
はぁ~。

やっぱり あまりにも
ちょっと厳し過ぎると

「そこまで 言わなくて
いいんじゃない?」って

言うんですけど 言うと
妻の機嫌が すごい悪くなって

部屋に引きこもっちゃうみたいな。
あぁ そうか そうか。

「お前 ちょっと厳し過ぎるぞ」って
言うたら 奥さん 怒らはるのか。

そこは会話にならないんですよね。
いや 分かるな これ。

これ てい先生
どうしたらええの?

例えば
ご本人のモチベーションが

ダンスに対して もう
そこまで高くないのであれば…。

途中で投げ出しちゃうのは
やっぱり よくないので

例えば 何月の何日までは
頑張ろうって決めて

そこまで お約束するとか。
そういうふうにしたほうがええの。

ほいで 君 「てい」なの?
「てぃ」なの? どっちなの?

(春日) 今ですか?
ずっと言ってましたよ。

今ですか?
「てぃ」 「てぃ」。

俺が 「てい」言うてるのに
ず~っと返事してるからやな。

ほんで 他の人が
「てぃ」言うてるからやな。

えぇ?
(てぃ先生) そう 言いにくかった。

(竹内) わざとかなって。
あっ わざと 「てい」言うてると。

受け入れてるから
何か そういう関係なのかなと。

(江上)めちゃめちゃ仲いいのかと。
あいつが受け入れてるからな。

「てい どうや?」 「それはですね」
とか しゃべってるから。

あいつ 「てい」なんだとか思うて。

みんなが 「てぃ」言うてるから
おかしいなと思うたんやけど。

これは 習い事とか 春日
やらしてんの? お前んとこも。

いや まぁ 2歳なんで やらせたい
私のほうが すごい やらせたくて。

そうか お前は スポーツ
いろいろ やって来たし。

そうなんです やっぱり
小っちゃい頃から

いろんなこと やっとけば
よかったなって思いますし。

それこそ 英会話だとか。

まぁまぁ 運動系も
体幹トレーニングとかをやらしとけば

どの競技にも
対応できそうじゃないですか。

何なら ボディービル
やらしたいぐらいですけど。

かわいいやん 3歳ぐらいで…。
(春日) こうやって やってたらね。

かわいい かわいい。
絶対 ウケるでしょ。

ピンクのタンクトップ着て こうやって
絶対 ウケるじゃないですか。

私の娘だったら。
はぁ~ そうか そうか。

(てぃ先生) でも 何か…。
えっ?

ごめんなさい。
何や? てい。

てぃです てぃです。

ちょっと考えていただきたいのが
習い事って

特に 親御さんって
習わせ始めると

やっぱり 極めてほしいって
考えちゃうじゃないですか。

あぁ そうか。

お子さんの 何ていうんですかね
人生のレールって

別に 1本じゃないので

別に 他のものに それたって
本来は いいわけですよね。

なので 何か あんまり
それに こだわり過ぎずに

いろんな体験しとくっていうのが
一番 脳にも いいので。

特に ピアノは ええとかいうよね
脳に。

さすがです もう。

唯一 習い事させるんだったら
ピアノオンリー。

えぇ~。
そうやねんて。

≪ピアノかぁ≫
ピアノやねん。

私 ピアノ めっちゃ やってて。

こうなったん アカンやないかい。

(笑い)

頭 働かないな 全然。
アカンことない。

(水谷) 僕も やってたんですけど
言えなくなっちゃいました 今。

言うの やめようと思って。

役に立ったやん 金メダリストや。
なりましたね はい。

続いて 和田さん お願いします。
(和田) はい えっと

長女が 今
中学2年生なんですけど

空手やってまして。
あっ やっぱ 空手やらした うん。

小学校の時に 僕も 一緒に
やってたんですよね

空手を 同じ道場に通ってて。

それで その小学生の時に
黒帯の昇進試験で…。

うん 黒帯昇進試験で。
審査会 あるんですよ。

それで まぁ 1人1分間の組手を
10人とやる 10人組手が…。

そんなんやるんだ うん。
(和田) 最終審査で あるんです。

それで その道場は… 結構
本来なら その10人目って

先生がやるんですよ。

でも 親子でやってる方が
多かったので

その10人目を そのお父さん
お母さんがやるっていう。

あっ 10人目を 最後に
お父さんにするんだ 一応。

それで 結構 感動的なんです
最後 くたくたになって来た子を

最後 お父さんと お母さんが
泣きながら受けてみたいな。

そうか 感動や 分かる
10人組手やもんな。

それを見てて 僕も 感動して
泣いたりしてたんですけど。

それで いざ 娘の時になって
僕が その10人目を。

うん 涙の10人目 うん。

(和田) それで 僕は
何か 決めてたことがあって。

やるんであれば
獅子の子落とし的な感じで

ちょっと厳しくやってやれと…。

ちょっと あの 優しく受け止める
愛もあるんですけど

ちょっと厳しめに こう 行く愛も
あるじゃないですか。

俺たちが悩むとこやな うん。
そっちで行こうって決めてた。

獅子の気持ちだと
崖から突き落とす気持ちで うん。

それで こう くたくたになった
娘を 僕 結構 本気で こう。

何してんの?
(松嶋) 何してんの~。

娘は それでも 向かって来ると
思ったんですけど

全然 立ち上がらないんですよ。

それで それを だから 僕は もう
引きずり起こして

こう 蹴ったりしてて。

しかも 子供たちとか親御さんとか
たくさん見てらっしゃったけど

全員 どん引きですよね。
(笑い)

(和田) ヤバいな こいつみたいな
顔をしてるんですよ みんな。

黒帯 落ちた?
黒帯は 大丈夫でした。

黒帯は 大丈夫でした。
それは親が勝っても大丈夫なのか。

(和田) それは 親が勝っても
大丈夫なんですけど ただ もう

あの人 ヤバいっていう うわさが
何か もう 広まっちゃって。

家 帰ってからも 妻に
「もう 信じられない。

あれは ない」って言われて。

それは もう 家 帰って
怒られるはずやわ それ。

辻岡君 お願いします。
(辻岡) はい モメたというか

一流に いつ触れさせるか
という話なんですけど。

一流に?
はい 先日 妻と

マグロについて モメまして。
アハハ!

妻は 本物志向というか
グルメなので

子供たちに どんどん
中トロ 食べさせなさいよ。

どんどん
中トロ 薦めるんですけど

私としては 成長するにつれて
感動してほしいので

最初は スーパーのお得な赤身で
いいだろうっていう。

だから 赤身か中トロかで
大変 モメました。

アハハハハ。

これも
どっちが正しいか分かれへんな。

教えていただきたい どっちが
スタンダードかも分かりませんし。

お友達ん家 行って 中トロ食べて
感動してほしいし

大人になって 大トロ食べて
もっと感動してほしいし。

それは分かる
男親としては分かる。

でも 中トロも安いんだよ 最近
っていうことやな 奥さんは。

(辻岡) まぁ そうですね だから
いつ こう 一流にというか

おいしいものだったり
触れさせるかの

基準が難しいなと思いまして。
あっ これ 難しいわ。

逆に 義堂さんご自身は

何歳ぐらいに そういう
一流と触れ合ったんですか?

社会人に… アナウンサーになってから
先輩に連れてってもらって

「うわ こんな
おいしいものがあるんだ」って。

俺ら 時代もあるけども。
(竹内) えっ でも 結構

育ちは よさそうですけどね。
(辻岡) いやいや 普通だったら…。

何なの? その上から目線は
何がやねん。

ええような顔 ちゃうやろ 育ち。

顔だけなんです。

いやいや これは
梅沢さん どうしてました?

うちは ババース が 全部 食わしてた
もう 寿司だろうと何だろうと。

最初から 別に 順番 考えずに。
(梅沢) 関係なく。

もう 本当に ばばあたちが
食いに行きたいから。

だから 全部 そこへ連れてくのよ。

だから
生意気でしょうがないのよ。

やっぱ 生意気になったんですか。
(梅沢) なるなるなる。

おいしいものと まずいもの
はっきりするね。

あぁ そうか そうか…
江上 どうしてんの?

逆に 私 離乳食とかだと
子供が 初めて食べるものは

なるべく おいしいもののほうが

その食材を好きになるんじゃ
ないかなと思って いいものを…。

いろんな考えがあんねな これ。
(竹内) 無農薬とかを…。

そう… だから 大人のやつなんか
ホントに超安いやつでいいんで

子供のやつは
ちょっと高いやつとか

そういうふうに。
これは聞いたほうがいいな。

(辻岡) 教えてもらいたいです。
てぃ先生。

ありがとうございます
結論としては

毎回じゃなくて
いいと思うんですけど

やっぱり
本物に触れるほうがいいので

結論だけ言うと
間違ってると思います。

いいものに触れて 初めて育つ
センスってあるじゃないですか。

美的センスでも そうだし。
あぁ やっぱり それは あんの。

触れて来た環境によって。
(てぃ先生) そうです だから

やっぱり いいものとか
おいしいものとかを食べて

初めて いろんなものを比較できる
知識も得ることができるし。

そうか あっ 正解やねん。

(江上) じゃあ
おいしいもの あげていい…。

(てぃ先生) もちろん
毎回じゃなくていいと思うので。

松嶋 どうしてた?
(松嶋) うち 初め

小っちゃい時は ちゃんとした
お寿司屋さん行ってて

ある時 途中で 年長ぐらいで
回転寿司 連れて行ったら

「回ってる~ ここのお寿司!」って
テンション上がるから 何か

カッコつけてる芸能人みたいで
恥ずかしかったの。

それが 回転寿司に
初めて 子供を連れて来た。

小っちゃいのに。
(松嶋) 小っちゃい時 ほんで

次 ちゃんとした お寿司屋さん
連れて行ったら 入るなり

「回ってねえのかよ ここは」って。

ダメだ~! 何か… だから 両方
うちは だから 両方。

そうか そうか 固めて行かずに

今日は 普通の寿司屋
明日は 回転寿司屋とか

交ぜて行ったらいいんだ。

(てぃ先生) 普通も知らないと
やっぱり よさが分からないので。

そやな。

最後か 相田さん お願いします。
(相田) はい あの…。

どうぞ。
主人は 工具箱とか

そういう おもちゃを作ったりとか
組み立てたりするのが大好きで。

好きや 言うてたね
だから 段ボールとか

全部 置いてあんねんもんな。
段ボールで制作したりとか。

それで 掃除が すごい大変で。

そこで 結構 モメて。

じゃあ これ 1個 買ったら
こっちは 1つ 思い出として

写真 撮って 処分しようねとか
言ってるんですけど

やっぱり どうしても 主人が
春日さんみたいに

私が ゴミ箱で 捨てた物を
翌朝 引っ張り出して。

同じだ 全く同じ。
(相田) さっき もう ホント

鳥肌 立っちゃって。
あっ そうだったんですね。

この旦那
うちの旦那と一緒だ あいつ。

そうそう。
トゥース! 一緒だ あれ。

思い出を捨てられないって…
それで ある日

おもちゃを買って来て
ボクシングのおもちゃがあって。

組み立てって
全部 ネジで プラスチック。

青チーム 赤チームって

2体が こう 殴り合うんですけど
下のボタンで。

それを イチから組み立てて
甥っ子ちゃんが遊びに来る

お正月までに組み立てよう!って
言って すごい盛り上がってて。

ある日 私 すごい
わ~って掃除してたら

見たこともない あり得ないぐらい
小っちゃいネジが

落ちてたんですね
クルクルクルっていうネジが。

ちょっと待って
ネジやから クルクルクル…。

あっ バネ バネ バネ。
あっ バネ バネ。

ごめんなさい バネ
それで どこに当てはめても

わが家に 当てはまるものは…。
このバネを使うところはないぞと。

(相田) 捨てちゃったんです
そしたら 「あれ? バネがない」。

「それがないと戦えない」って
言うんですね。

グローブのとこのバネだ うん。
(相田)最後 ピュンって押したら

ボンってやるバネで

一番大事な心臓部分みたいな
バネだったんです。

なぁ うん。
それで 「どうしよう どうしよう

これがないと動かない」って言って
翌日 甥っ子 来た時に

バネがないために
クシュ クシュ…。

ボンボンボン戦うのに
こうならないで

クシュ クシュ… なってて。

すごい もう それを やっぱり
キッチンの陰から

あのバネが… と思って。

すごい いまだに… いまだに
言えてないんです 主人に。

でも これぐらいのバネやから

何か使うんだろうなと
思わなかったんだ。

とにかく 片付けたいんですよ
女性は。

これは もう お母さん もう

家 帰って
すぐ謝ったほうがいいですよ。

何で うん
台所の隅から こうして。

こんなゲームでしょ。

肩ぶつかったりとか 不良ゲーム。

(てぃ先生) でも 相田さんのも
春日さんのも そうなんですけど

子供って 結構 一部分だけ
残ってると納得してくれるんです。

えっ?
一部分。

このグローブの 一部分 例えば
カッターとかで切っておくと

その触り心地とか あと
においとかは感じられますよね。

なので あの時のグローブ
っていって その写真と

その一部分の生地だけ残して
何か 一緒に 例えば

ジップロックとか入れておいて
取っておくと

結構 納得してくれるので。
えっ?

古いグローブ とか ハサミで切って
ジップロックに入れとくんだ。

そうです ホント 1cm四方とか。

それで 子供 納得すんの?
納得してくれます。

捨てるよりは 納得してくれます。

それやったら 捨てたほうが
ええよな もう 一部分やったら。

(春日) 他の部分 ないんじゃ
際立ちません?

グローブ親指だけって
いやいやいや

どうすんの? これっつって
野球する時。

(てぃ先生)
違う… 今 新しいものが。

(春日)
だったら ゼロのほうが まだ。

それだったら 子供の気持ちは
ゼロのほうがええと思うわ それ。

新しいものが手に入るんだったら
昔のものは もう使わない…。

なので
一部分だけ取っておけばいいし。

絵とかでも じゃあ ママ パパ
ここが 一番すてき。

じゃあ この絵は ママは
ここが一番好きだと思うから

ここ取っとこうっていう。

(竹内) 絵は でも
この部分とかじゃなくて

やっぱり
全体で物語ってるものだから。

(てぃ先生) 「納得しない場合は」
って言ってるでしょ。

(笑い)

納得しない場合はって。

納得しない場合。
そうか。

明日もゴルフに行きたいの。

<今回は…>

(水谷)
飲み会とか 何か 付き合いで

先輩とかに呼ばれたら
行かざるを得ないから。

(竹内) それを もう 断って…。

分かった?
(水谷) 分かりました。

<竹内さんには
金メダリスト顔負けのものを

送っておきます>

<採用された方には…>