有吉クイズ 【出川の愛車ドライブ密着Q】[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉クイズ 【出川の愛車ドライブ密着Q】[字]

有吉弘行も解答者&謎の私生活密着で禁断クイズも!

◇番組内容
解答者がプライベートを切り売りしたり、体を張ってクイズを出題

【クイズラインナップ】
出川版『ドライブ・マイ・カー』
愛車のポルシェでドライブに…
まさかの事態が続出…目的地まで着けるのか!?
◇出演者
有吉弘行

出川哲朗
野田クリスタル(マヂカルラブリー)
せいや(霜降り明星)
みちょぱ

野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組Twitter
 https://twitter.com/ariyoshiquiz

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/ariyoshiquiz/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 出川
  2. スタッフ
  3. 野田
  4. 金井
  5. 目的地
  6. 時間
  7. 有吉
  8. 間違
  9. 町田街道
  10. ETC
  11. カー
  12. クイズ
  13. ドライブ
  14. ナビ
  15. ホント
  16. マイ
  17. 似合
  18. 渋滞
  19. 勝手
  20. 正解

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





これ 何回見るんですか?
『ロンハー』で。

〈そして TVerでは
限定作品が毎週リリース〉

『有吉クイズ』!

(拍手)

本日も
ご覧のメンバーでお送りします。

せいやさん
ここまで いかがでしょうか?

いや 出川さんが 前回 ちょっと
ひどくて 間違い探しで…。

なんか ラスト
ホンマに 4秒ぐらいで

もっと
粘ってほしかったんですけど

4秒で 「ごめんなさ~い!」って
言ってたんで…。

あれ 「ごめんなさい」の4秒で
いけてましたよ。

(せいや)だって
「ここまで」って言われたんで。

さあ 本日のクイズなんですが
出川さんからの出題となります。

(みちょぱ)出川さん…?
出川さんのプライベートに

密着させて頂きまして
そちらから出題させて頂きます。

題しまして
出川のドライブ・マイ・カー!

(野田)なんだ? それ。
(せいや)今 話題の…。

かっこいい!
今回は 目的地に

出川さんご自身のお車で
向かわれたんですよね?

はい。 スタッフに リアルに

一番行きたいとこ どこですか?
っていって

「今 ここ行きたいんです」
って言ったのをやりました。

(出川)いや 違う 違う 違う…。
(野田)すごいな。

俺 題名も

ドライブ・マイ・カー。
(出川)ドライブ・マイ・カーとか…。

自分で考えてないんですか?
もう…。

「出川さんとの待ち合わせは
ある日の番組収録終わり」

(スタッフ)出川さん このあと…。
はい。

そうです。

わからないんですけれども…。

「では ここで問題です」

「この日の出川さんの目的とは
なんでしょう?」

早押しでお答えください。

はい 有吉さん。
簡単すぎます。

有吉!
もう いいんだっちゅうの!

もう いいんだっちゅうの!

はい せいやさん。

違うなら あれですね

あのね せいや
俺 ピンサロは行かないの。

(せいや)そうなんですか?
目立つからね。

はい 野田さん。

いや 違う 違う…。 違う。
それも行かない それも行かない。

(野田)行かないんですか?
58歳で?

「かっこいいんだよ!」

これが 私の…。

もう かれこれ23年ぐらい。

もう ずーっと
この車に乗り続けております。

私の愛車でございます。

はい。

「はい。 さらに ここで問題です」

「このあと
何が起きたでしょうか?」

「この画面の状況が
ヒントになっています」

はい 有吉さん。

燃えるか!
(せいや)怖っ!

はい せいやさん。

最低。
違います。

(スタッフ)出川さん
今日 運転でいいんですよね?

はい。

「ハハッ!」
(出川)「いや 違うのよ」

(野田)「えっ?」

だから…。

(出川)こうして 一回転して
こうやって…。

(スタッフ)右側のドア
開けてからじゃないと

そっち行けないんですか?

(出川)これが
開かなくなっちゃったんですよ。

でもね それも
愛おしいんですよ。

(出川)どうぞ どうぞ。
(スタッフ)ちょっと 失礼します。

「という事で
ご自慢の愛車に乗り込み

この日の目的地へ出発」

あっ そう?
うん。

似合うようになってきたんだ
じゃあ…。

「出川さんが
初めて行くという

この日の目的地は

町田市にあるのだそう」

「車で およそ1時間の
道のりですが…」

(出川)はい。

(出川)ナビ ないですね。

僕 ナビ 大っ嫌いだから
付けないです。

はい 有吉さん…。

クイズじゃねえよ!
(みちょぱ)どんなクイズ?

クイズ出てねえだろ 一問もよ!

間違い探し…。
(せいや)嫌な解答。

間違い探しじゃないんですか?
間違い探しじゃないよ!

クイズ出てないんだから。

問題出てないんですね?
すみません。

勝手に答えないように。
みんな 勝手に答えないように。

「車を走らせ15分」

「横浜町田インターを目指し
首都高の渋谷料金所へ」

そこから乗るの
混むよ そこ 三茶まで。

そうなんだよ。

「うわっ ETC付いてないの!?」

「そう 値上がりしたから」

(スタッフ)あっ 4月1日から。
(出川)やっぱりな。

うわあ すげえ上がりましたね!

いや おかしいと思ったよ。

だって 1340円ぐらいでしたよね?
(スタッフ)ですね。

ちょっと 僕 現金で
あんまり乗らないので…。

(出川)ああ なるほど。

E.T.もやらないんですよ。

(せいや)トモダチ?
(みちょぱ)E.T.は やらないよ。

いやあ…。

なんでよ。 …あれ?

スタッフさんは

カーナビもETCも付けろやって
ただただ思ってる。

(不正解のブザー)

問題になってねえだろ なんにも!
勝手に答えんな!

有吉さん。

(一同 笑い)

おい ふざけんな。
いや 違う 違う 違う…。

「誰が運転してますか?」なんて
問題出てないからな。

(せいや)えっ 動物ロケですか?
(出川)動物ロケじゃないから。

なんて言うんですか?
ストッキングって…。

なんて言うんですか?
ナントカキングとかなんとかいって。

スキミング?
スキミングとかいって…。

(出川)だから 現金主義なんです。

「ここ めっちゃ混むのよ」

(出川)ええ~!

(スタッフ)はい。

「しかし

だって…。

(出川)ただ 真っすぐな道で
信号もなんにもないんですよ。

(みちょぱ)「おっ?」
(せいや)「あっ 解説入った」

「そんな出川さんのために
わかりやすく解説します」

「渋滞は

「気づきづらい
上り勾配などで

無意識に
速度が低下する事で

車間距離の詰まった
後続車は

ブレーキを
踏まざるを得ず

その連鎖が
やがて大きくなっていき

渋滞が発生するのです」

監修 国? これ。
ホントだな。

「首都高 三軒茶屋出口手前は
ご覧のとおり 坂になっていて…」

(せいや)「出川さんのロケ…」
「めっちゃ勉強になる」

「さらに その手前が
合流地帯という二重苦で

渋滞が発生してしまうのです」

(みちょぱ)「出川さんが
あんなに言ったからですよ」

あっ ここで?
はい 野田さん。

(出川)おい! いや 違うんだよ。

正解でしょ?
(出川)違う 違う!

絶対 正解だよ。
(野田)正解ですか?

俺は言ったから。
大丈夫ですか? って言ったのよ。

尺ね 尺。
(せいや)正解や。

「そして 渋滞も解消し
用賀で東名高速に乗ると…」

(みちょぱ)「まだ言ってる」
「まだ言ってるよ」

「そうよ」

(スタッフ)ETCの場合は
距離でカウントしてくれるんで

多分 全然安いと思います。

出た 出た。
知らないよ そんなの。

例えば 渋谷から用賀だと

さっき 出川さん 1950円
払ったじゃないですか 現金で。

だけど ETCだと 430円です。

え~っ! 首都高ですよ。

で 上限が1950円…。
ウソでしょ!?

なんて無駄な人生
送ってたんですか 今まで じゃあ。

(出川)あっ 横浜。 あれ?
横浜青葉の… 横浜町田ですね。

「さらに

(せいや)「どこ行くんやろ?」

(スタッフ)町田市金井2丁目。

(出川)金井ね。

金井っていうのは
金へんに井戸の井?

(スタッフ)はい。 金に井戸の井です。

あっ いらないですか。

それで行くの?

「しかし 横浜町田インターから

目的地のある金井への道のりは
かなり複雑」

「カーナビのない出川さんは

ここから どのように
目的地に向かうのでしょうか?」

(せいや)「どこ行くんすかね」
「ドライブ・マイ・カー」

(せいや)「とにかく 天気悪いな」

ご利用ありがとうございます。

(出川)すいません。

(出川)金井。 町田の金井ってとこ。

(出川)右ですね はい どうも。
お気をつけて。

「こんな人 今 いないだろうな」

(せいや)「時間
めっちゃかかりますね」

(スタッフ)こういう…
いいですね でも なんか。

(出川)町田方面 来たから。

おじさん おばさんが。

(せいや)「名言でも なんでもない」

すごいやり方やん。

(出川)あっ 町田市街
また曲がるんだ。

じゃあ このままだ。
(スタッフ)そうですね。

(スタッフ)町田市の金井だから
出川さん とりあえず 今

町田市街って出てますからね
看板が。

「こうして 青い案内標識を頼りに

カーナビなしで
目的地へ向かう出川さん」

(出川)まさか こんなとこが…。

(せいや)「ああ ナビつけてない…」
「すると…」

「聞くんだ…」

(せいや)「ええ~? ロケですやん」

(出川)まだ ずっと向こう?
全然向こう…。

(出川)あっ 全然?
そんな遠いんですか?

(出川)えっ…!?

(出川)はい
ありがとうございます。

(出川)すいません。
ありがとうございます。

それに許可も取って。
(みちょぱ)慣れてる。

(スタッフ)やっぱり すぐ
出川さんって認識されますね。

って わかるんですよ。

そうだね。
(せいや)やり方ですね。

愛されてるから。

(野田)「着くのか? これ」
「出ない」

(出川)町田駅じゃなくて

「ずーっと真っすぐ」っつったから
町田街道ですね。

「街の方の声と案内標識を頼りに

町田街道を
どんどん進んでいきます」

(せいや)「めっちゃ
時間かかってるんちゃいます?」

ニシムラ 寄ったのに…。

だって 『有吉クイズ』は みんな
寄らなきゃいけないんでしょ?

床屋さんに。

もう 最高じゃないですか
BARBER ニシムラ もう…。

(出川)「有吉がヒゲそってたのも
気持ち良さそうだった…」

(スタッフ)「高尾 相原」か「玉川学園」。

(出川)こっちは玉川学園だから
違うでしょうね 多分。

「いや 怖すぎるわ…」
(せいや)「大雑把…」

「そのまま ひたすら

町田街道を直進し続ける
出川さんでしたが…」

全然違うじゃん!
やばくない? 行きすぎてない?

「目的地の金井へ向け
ナビなしで

町田街道を直進し続ける
出川さんでしたが…」

(せいや)
「街道 行きすぎですって」

(みちょぱ)「曲がらないと…」

そろそろ
もう30分ぐらい経つから。

「野生の勘では」

「この辺で 再び
道を尋ねたいところですが

あいにくの天気のため…」
(せいや)「景色も見えにくいし」

「全然 着かないじゃん…」

「アハハハッ! やばい…」

(野田)「やばい やばい」
(みちょぱ)「リアルに やばいよ」

…言ってたからね 「まだまだ先よ」
って言ってたから。

「そのまま 人は見つからず
さらに直進」

「さすがに 辺りも
暗くなってきましたが…」

でしか見た事ない これ。

「“なんだよ"って…」

(野田)「走りすぎですって」
「どんどん行く…」

(みちょぱ)「植木と間違える…」

おい もう末期やないか…。
植木 人やと思った。

「すると 困った出川さんは…」

(野田)「ああ 入ってね」

「入っちゃう?」
(野田)「入ってみてね」

(出川)金井でしたっけ?
(スタッフ)はい。

(出川)ガソリン
満タンなんですけど あの…。

(出川)はい こんにちは。
ああ… ホント ごめんなさいね。

金井は…。

町田駅の方から。

ってとこなんですけど。

(出川)あっ 名前 わかります。

えっ?
これは 普段は あれですよね。

いや 普段は こんな…。

わからなかったら
「ああ~」って言いますね。

普段はね リアルは。

じゃあ お姉様 ホント ごめんね。

(従業員)わかりました。

(出川)なんか ありましたね。
はいはい… はい。

(従業員)で そちらを右に見たら

この交差点を
左に曲がってください。

そしたら もう ひたすら真っすぐ
道なりに行きますと

金井に行きます。
(出川)キソ・ガーデン…。

(出川)わかりました。 すいません
ありがとうございます。

(スタッフ)すいません。 あとで
ちゃんと連絡させて頂きます。

はい ありがとうございます。

(スタッフ)すいません
ガソリン満タンで

お付き合い頂いて
ありがとうございました。

ありがとうございました。
失礼します。

(スタッフ)この
町田街道っていうのは

出川さん 合ってましたけど

そこから ちょっと やっぱ
入っていかないといけないですね。

出川さん 前に…。

(出川)ああ 出た 出た。

来ました 来ました。
はい ステーキ宮。

(出川)あれがチャペルだから。

「教えてもらったとおり
チャペルの交差点を左折し…」

「さらに 車を走らせ 10分」

「すでに辺りは真っ暗ですが…」

めっちゃ時間かかってるやん。
(野田)もう暗いって。

あっ 出ました?

(出川)金井 入った。
あっ 1丁目だ!

2丁目でしたっけ?
(スタッフ)2丁目です。

(出川)よし 来た 来た。

(みちょぱ)「こんな住宅街?」

(出川)30… えっ? 36? 今。

(野田)「見えなくなっちゃう もう」
(せいや)「雨で暗いから もう」

「そして 目的地の
フリーランドを探し

うろうろする事 さらに10分」

(スタッフ)いや じゃないです。

ワークマンは あの…。

あれ あれ あれ… あの緑の。

(スタッフ)はあはあはあ…。 あれは…。

(出川)最近の塾…。

なんだよ これ!

(出川)
これ 曲がってみましょうか。

(出川)あっ 「FREE LAND」。
ありました ありました!

(せいや)「やっと 来た」

「なんとか この日の目的地に到着」

(出川)4時に出たんですよ?

おっかしいな…。

「出川さんが通った道が こちら」

「時間にして およそ2時間15分」

(出川)すいません。
ご苦労さまです。

予想以上に
かかってしまいまして…。

それを付けてくれる
車屋さんを探して

今日 こちらに来たんですよ。
(スタッフ)そういう事ですね。

「ETC付けろ ホントに」

「早速 壊れたカーステレオを
チェックすると…」

ですよね。
ちょっと拝見していいですか?

これがね また…。

もう 僕らの時代は…

これ これ これ。 これに…。

「懐かしいな これ」

初めて見た!
えっ 初めて?

この中 入ってるんですか?
10枚ぐらい。

(出川)「知らないの?」
(みちょぱ)「そこに入れるんだ」

これに CD。 こうやって…。

(せいや)「出た サザン」

CDチェンジャー
っていうもの自体が もう 今…。

聴かせてもらいたいんです。

そうですか。
もう 私は…。

「という事で 早速

(従業員)半分ぐらい
入れてください。 軽く。

そうすると
勝手に入っていきます。

(出川)おお~!
(拍手)

やった~!

やった~!

やっと聴ける!

超嬉しい!
マジで嬉しい!

♬~「ラ~ララ」

ありがとうございます!

(せいや)今のとこ
「ラ」しか言っていない。

「そして カーステレオ本体と
取り付け代の支払いを済ませて…」

(出川)ありがとうございました!

「午後8時 無事帰宅」

♬~(出川)「四六時中も
好きと言って」

「幸せそう」

♬~(出川)「連れて行って」

(せいや)「ああ いいっすね」

「こうして ご機嫌で家路に就く
出川さんでした」

(みちょぱ)ああ~。
奇跡的…。

(みちょぱ)なんかね。
いい映像だった。

えっ 何が? 何が?
最後 めっちゃ…。

最後 よかった?
最後 グッと…。

(野田)どうなる事かと
思いましたけどね。

でも なんか 昔は

出川さんがポルシェ乗ってる
っていう画だけで

笑ってしまうっていうか。

ダサいよ 出川さんとかね。

似合わねえよとか。
(みちょぱ)怖っ。

だけど 今 見たら

結構 年齢 重ねて
結構 似合ってて

すごい お似合いの感じに
なってたのが 素敵だなと思った。

ああ~ これが?
うん。

でも CDよりも直すところ
いっぱいあるんじゃないですか?

いや 全然いいんだけど

ETCって 家に なんかね

どこどこの高速行った
とかいうのが なんか…。

なんかが来るんだって。
なんか そう…。

それ 嫌なんですか?
いや 全然嫌じゃないけど…。

いやいやいや… 別にね。

そこまでは出ないよ。

車で… メンズエステ前。

(出川)いや 奥さんも
そんなの見ないだろうけど…。

ってなったら…。

(せいや)やったな 五反田で。
(出川)そうそう。

『有吉クイズ』 続いては

野田クリスタルさんからの問題に
参りたいと思います。

重そうなもののある とある場所へ
行ってきたそうです。

「えっ?」

ああーっ!!

(せいや)わからん わからん。
わからん わからん。

なんでよ?

〈次回 野田さんが 母校で
持ち上げクイズ 第2弾〉

ああーっ!!

(一同 笑い)

〈さらに 後半は
新メンバー参戦〉

トーンダウンしましたね
やっぱ…。

ちょっと待ってくださいよ。
「ちょっと待って」… 覚えたね。

〈シソンヌ 長谷川さんが訪ねた
アートな友人とは?〉