KinKi Kidsのブンブブーン【(秘)事件簿&未公開トークSP】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【(秘)事件簿&未公開トークSP】[字]

ぺこぱと連続〇〇で事件発生!西野七瀬とバランス対決!王林の理想の結婚とは?NEWS増田メンバーとの喧嘩を告白?橋本環奈に光一と上白石萌音が(秘)アドバイス

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 西野
  2. 黒瀬
  3. 上白石
  4. 事件
  5. シュウペイ
  6. 中村
  7. 王林
  8. 松陰寺
  9. コバヤシ
  10. 光一
  11. 増田
  12. 挑戦
  13. 未公開
  14. お願い
  15. ボール
  16. チャレンジ
  17. トイレ
  18. ハワイ
  19. 結構
  20. 場面

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(剛)さあ 始まりました
『KinKi Kidsのブンブブーン!』です。

本日は 特別編ということで
オンエアに 入りきらなかった場面を

まとめました…。

はい。

事件…。
(光一)何でしょう?

分からへんし…。
まず そこが 分からん!

皆さんが 何をもって 事件と
言ってるか 分かんないですから。

言うてみれば…。

起きてる気しますけれどもね。

ちょっと われわれも さっぱり
分からないんですけれども…。

未公開なんでね!
それでは 見ていただきましょう。

秘密のトーク&映像 大公開!

(2人)ブンブブーン事件簿SP!

[ということで
今回の 『ブンブブーン!』は

過去の放送の中で
事件が起きた場面を

一挙 大放出]

[早速 参りましょう!]

[最初は ぺこぱさんの冠番組に

キンキが お邪魔したら
という設定で

様々な挑戦をした
番組 乗っ取り企画から]

[その中で行った
ぺこぱと連続○○チャレンジ]

[こちらは
ある競技に 4人が順番に挑戦]

[一発勝負で 連続成功すれば
クリアという

企画だったのですが…]

[最初に行った
けん玉チャレンジでは…]

(黒瀬)ここは うまく 決めました。
さあ 続いて 光一さん。

おい! おい!

[2人目で
失敗してしまったり…]

[さらに 卓球チャレンジでは…]

いきます!
(黒瀬)いきましょう。 よーい…。

(シュウペイ)ちょっと待ってください!
(黒瀬)まさかの サーブミス!

[まさかの サーブミス!]

[泣きのもう1回に
挑戦したのですが…]

(黒瀬)それでは お願いします!

あ~ 難しい!

(黒瀬)さあ 残り 半分!

ちょっと…。

ちょっと待って! 今…。

もうね 球しか 追えてないから。

[クラッシュしたりと
散々な結果に]

[その後も 一発勝負を無視して
続けたのですが…]

いきます!

(黒瀬)これは オーバー!

すぐ すぐ! すぐ いく!
いきます。

いきます。

(松陰寺)もう やめ!

(松陰寺)もう 駄目!
駄目 駄目 駄目!

[最後には 空振りと なかなか
見せ場がなかった 光一]

[実は 放送されなかった競技が
あったんです]

[それが こちら]

[連続…]

[こちらの競技は 2人1組で行い
ワンバウンドさせた スーパーボールを

グラスで キャッチできたら
クリアという シンプルなルール]

[もちろん この競技も
ローテーションで 回っていき

4人連続で成功しなければ 失敗]

[まずは ぺこぱさんが
挑戦することに]

(黒瀬)それでは スーパーボールキャッチチャレンジ
ぺこぱのお二人のチャレンジです。

(黒瀬)お願いします!
(松陰寺)いきます。

(シュウペイ)どこ どこ どこ?

(シュウペイ)ちょっと待ってください。
(松陰寺)ちょっと待ってください。

[まさかの 1発目でミス!]

[本来なら
チャレンジ失敗なのですが…]

[泣きのもう1回で
キンキが挑戦することに]

(黒瀬)それでは
キンキのお二人のチャレンジです。

(黒瀬)お願いします。

(黒瀬)うまく バウンドさせて…
お~! これは 見事 キャッチ!

[お見事!
コンビ差を見せつける 一発成功]

やっぱ…。

(シュウペイ)うわ~! いいな~!
これ 逆 いって… 逆。

[逆でも 挑戦することに]

(黒瀬)
続いては 剛さんが 投げる番です。

(黒瀬)お願いします!

ちょっと待って。 見えん。

(黒瀬)今 ボールを見失ったか!?
光一さん。

そんな 俺 魔球 投げてないから。

今 良かったと思うねんけど 高さ。
(松陰寺)今 居酒屋で…。

[光一が 2人目で 失敗!
投げる側に回り

泣きの泣きのもう1回
チャレンジすることに]

(シュウペイ)いけるかな?

いきますよ。
(シュウペイ)お願いします。

(黒瀬)はじいてしまった!

(黒瀬)愛を受け止めず!

[シュウペイさん
光一の愛を 受け止められず

ついに チャレンジ失敗]

[と思いきや
まだまだ やりたりない 4人が

続行を希望し…]

(シュウペイ)お願いします。
(黒瀬)気持ちを込めて。

(シュウペイ)いきます!

(黒瀬)
これは うまい! 剛さん うまい!

[いまだ ミスがなく
安定感抜群の剛

難なく 成功]

[このまま いい…]

(黒瀬)1人 つながりました。
ポーンで いきますからね。

いきます。 せーの… ポーン。

(一同)お~!

(松陰寺)こうやって見ると 距離感
見えないんで ちょっと 斜めに…。

(シュウペイ)ちょっと 斜め?
(松陰寺)そう! 野球選手…。

(松陰寺)ちょっと 斜めに見ると
距離感 つかめるんで。

(松陰寺)こうです ポジションは。

[松陰寺さん 見事 成功で
2人連続に]

[4人連続成功が
見えてきたところで 事件が!]

いきますよ。 せーの…。

(黒瀬)跳ね返った
スーパーボールが 顔に当たった!

(シュウペイ)大事なお顔に…
大事なお顔に 今 スーパーボールが…。

何でやねん!
(黒瀬)まさかのハプニング!

何で? 何で?

漫画?

(シュウペイ)ここ 編集で 繰り返して…
ボヨーン ボヨーンっていう。

[それでは 光一の悲劇を
もう一度 どうぞ]

[光一が
顔面で ボールをキャッチした…]

[続いては 上白石 萌音さんと

日々の疲れを癒やしたいを
テーマに

コツメカワウソの赤ちゃんと
触れ合い

絶品焼き肉を堪能した この回]

[ここからが 未公開。
実は 放送されなかった

もう1つの癒やしが
あったんです]

[それが こちら]

(上白石)ジャン!

(上白石)ご存じですか?
知らないです。

(上白石)お子さんを
育ててらっしゃる様子とか

お子さんとの接し方みたいなのを
動画に撮って

上げてらっしゃる方なんですけど。

(上白石)その接し方が
めちゃくちゃ すてきで。

(上白石)私も…。

(上白石)とにかく 癒やされる
動画なので お二人に

紹介したいなと思って。
ちょっと 見てください。

(木下)うわ~!

びっくりした~!

[ユーモアあふれる
子育ての様子を 発信し

SNSで 一躍 話題に]

ごめんなさい。 ちょっと…。

(木下)ごめんね。

[中でも 特に バズったのが
こちらの おむつ替え動画シリーズで

職務質問をする 警察官や…]

木下選手 よろしくお願いします。

[ヒーローインタビューなど
様々なキャラクターに 成り切り

子供に話し掛けながら
おむつ替えする様子が

面白過ぎると 話題に]

[今回は その
おむつ替え動画シリーズから…]

[ご覧いただきます]

これ 癒やされるね。
(上白石)そうなんですよ。

ありがとうございます。

ていう感じですので。

はい。 ありがとうございます。

はいてんのかい!

これ でも…。

(上白石)そうそう。
こんなふうにしてくれてたんだ。

[さらに…]

萌音さん…。

渋谷とか 歩いてても…。

あっ そうです そうです。

萌音さん…。

(上白石)うわ~!

(上白石)え~!
どうでした?

(上白石)私 もう…。

(上白石)うれしい!

意外やった。 あの~…。

結構 すごい
バズってるわけでしょ?

(上白石)そうですね。
だから…。

そうじゃないんだね。
(上白石)そういう動画も ある。

(上白石)でも 人気になる
きっかけになったのが この…。

(上白石)なります なります。

(上白石)おむつ替えは
しなかったですけど

全然 子供扱いしないところとか
子供を。

確かに そうだね。
(上白石)対等に話したりとか

何か どんどん 面白いこと
教えてあげたりするのが

すてきだなと思って。
いいですね。

[この後も
秘密のトーク&映像 大公開!]

[ブンブブーン事件簿SP!
まだまだ 事件の連続!]

[続いては ケンドーコバヤシさん
渋谷 凪咲さんと行った

街かど質問大賞の
トーク場面から]

[ここからが 未公開]

[事件は 新幹線や 飛行機で

座る位置の話をしているときに
起きた]

例えば…。

(コバヤシ)俺は…。

あ~! 確かに。 俺も そうかも。

(渋谷)私…。

そうやんな。
なるほどね。

人を こう… 寝てはったら
またがなあかんしとか。

(コバヤシ)でも やっぱり…。

さん!

そうそう そうそう。

あそこね。 確かにね。
(コバヤシ)あれは でかいよ!

(コバヤシ)あれは でかい!
あれ 夢 あるから。

(コバヤシ)あんときの…。

駄目よ。
(コバヤシ)絶対 触んないよ! ただ…。

(コバヤシ)ほんのちょっと。

(コバヤシ)何かね。

ちょっと 無防備さを感じる?
(コバヤシ)無防備さを感じる。

なるほどね。

[CAさんに
2cmだけ 寄っちゃうという

ケンコバさんらしい事件でした]

[続いては
青森出身の 王林さんと

絶景や 絶品スイーツなど

青森が誇る 数々の魅力に迫った
この回]

[まずは 放送された
方言トークから どうぞ]

例えば 沖縄とかも そうだけど
まったく…。

青森もね。
(王林)全然 違うの 多いから…。

しゃべってる。
今?

(王林)だって 分かんない言葉
出てないじゃないですか。

まあ 確かに!
分からん言葉は 出てない。

(王林)でも 何か なるべく
言わないようにはしてるんですよ。

言葉で つまずいて
話 入らなくなっちゃうから。

でも…。

それ もう ハワイになっちゃう。
ハワイよ。 ハワイ。

ハワイになっちゃうもん。 急に
「わいは!」って 言うてるから。

(王林)違うんですよ。

いや もう 何か…。

その感じでいくと 何か ちょっと。

あっ わいは! みたいな?
(王林)そう。 ぶつかったときも…。

ドン! って ぶつかってきても
お~ わいは!

(王林)アロハじゃない!

言ってった方が いいですかね?

わいは! ってTシャツ 着て
出て 毎回。

わいは! って。
推すか~。

[ここからが 未公開]

[事件は 王林さんの
恋愛事情トークで起きた]

じゃあさ それだけ
ホントに 青森を愛してたらさ…。

でも これぐらい 青森愛が
強いんやったら やっぱ…。

何で?

何で?
何でよ!?

じゃあ もう ハワイの人にしぃ。
ほんだら ハワイの人。

何か チューとか ギューとかを
ナチュラルにしてくれる人が

いいんですよ。
ハグとかをね。 ハーイ。

感じじゃないですか。

そんな感じがする。
この無言の間は 何でしょう?

(王林)そうそうそう!
もっと ナチュラルに…。

そしたらさ 例えば
アメリカ人だったら アメリカに

自分が 行かなあかんとか。
(王林)行きます 行きます。

青森じゃないよ? いいの?
愛する人ができたら…。

青森よりも 愛する人が
できてしまうならば…。

それはね。 分かんないですよね。
それはね。

まあ 結婚となれば
それは またね…。

[続いては
大のコーラ好きだという

声優の 木村 昴さんと

今や 国内だけでも
500種類以上にもなるという

クラフトコーラの中から
専門家お薦めの

絶品クラフトコーラを
堪能したのですが

1品目の前に 剛が言っていたこと
覚えていますか?]

どっかのタイミングで…。

(木村)宣言されましたね。
この冷え具合と コーラは

やっぱりね…。
結構 きてるんですけれども

やっぱり こう…。

[と 始まって すぐ
言っていた 剛]

[1品目ということで
我慢していたのですが…]

ていう印象が 何か あるかな。
おい!

(木村)おしっこ 我慢しながら
ちゃんと リポートするんすね。

やっぱ…。

[ここからが 未公開。 見るからに
トイレに行きたそうな

剛が起こした事件が…]

剛さん トイレへ ゴーって…。
いってらっしゃいませ。

[剛の帰りを待ちながら
話をしていると…]

(空水)ちょっと バーの方に…。

さくっと 帰ってくるんすね。

もう… もうね… あのね…。

すごい 我慢してたもんだから

便器 壊れんのかってぐらいの…。

震えた? 震えた?
いや 何ていうの?

あかん! 便器 いってまうかも!

大丈夫やった。

もう あの…。

また 行きたくなってます?
これは 許して。

[ということで 先に トイレに
行った 光一の帰りを待って…]

(黒瀬)ぜひ 剛さん
トイレに行ってください。

[再び 剛が トイレに立ち上がり
帰りを待っている間…]

おかえりなさいませ。

[さっそうと帰ってきた 剛から
事件の真相が…]

トラップがあったわ。
えっ! どうしました?

誰か おった?

だって 出しながら行こうかなと
思ってたぐらいやから

出して行ってたら
もう 掛けちゃってたから。

危ねえ。

[トイレの我慢は 良くないと
再認識させられる…]

[続いては キンキの後輩で
NEWSの 増田 貴久さんと

絶品ハンバーガーと お酒のペアリングを
楽しんだ場面から]

(増田)うまっ!

[まずは グループについての
話題から どうぞ]

もうさ だからさ…。

嵐?
嵐 だって 休止…。

(増田)嵐が 休止なんで…。

お前ら。

今 現在 音楽活動してる
っていう意味で言ったら。

そう考えると。

そういうことだね。 グループ…
音楽活動してるという意味ではね。

(増田)でも 僕らは
ここまで たどりつくまでに…。

素晴らしいっすよ ホント。
2人やからな 僕らはな。

[ここからが 未公開]

[事件は グループでのケンカ話を
しているときに起きた]

今は なくなりましたよ。
でも してた?

昔は 結構 してましたね。
どういうことで ケンカするの?

いや あの~…。

ごめんなさい。

あの… 俺らでいうと
例えば 合宿所があった時代に

冷蔵庫に入れてた プッチンプリン
食べたの 誰だ!? っていう。

めちゃめちゃ カワイイし
温かいエピソード。

誰だ!? 俺のプッチンプリン 食べたの~!
っていうのが始まる。

何それ!?
そんな事件 あったんですね。

そんな事件も ありましたよ。
知らんかった それは。

1個 ケンカしたの ありましたわ。
何?

お~! 仲いいね!
かわいらしいこと してんな。

僕は 加藤に 空気清浄機とか

小山に
お掃除ロボット もらったりして。

(増田)僕も
あげたりとかするんですけど。

加藤は 結構…。

分かる 分かる 分かる。
そういう人 いるよ。 俺も そう。

(増田)みたいなことを シゲ 1回
責めたことがあったんです 昔に。

その次の…。

加藤が…。

(増田)重い物だから マネジャーさんの
車に積んでて お互いの家に

もう 届けてくれた。
シゲは 僕に渡ったのかも

分かってないぐらいの
状態のときに 3人で 仕事で。

シゲが 何か おもむろに
「そういえば…」

(増田)そうそう そうだった
みたいなことを 言ったら

加藤が…。

(増田)「おい! ありがとうは!?」
っていうのを 言いたくて

「オリゴ糖‼」って
おっきい声で 叫んだんです。

[以上…]

[続いては
スイーツ熱 急上昇中だという

元「乃木坂46」で
女優の 西野 七瀬さんと

人に あげたくなること
間違いなしの 絶品差し入れスイーツ

シュークリームキットを
作っている場面]

[まずは 放送部分から
ご覧ください]

もうさ あの食べ方さ
この部分 いらないじゃん。

(中村)いかがですか? 味は。

これね 割った方が

クリームを 大量に載せれるという
状況があるわけ。

危なっ!

(中村)西野さん いかがでしょう?

(西野)あっ… ちょっと…。

[ここからが 未公開]

[事件は 乃木坂46を卒業して
およそ3年がたち

グループと ソロでの
差し入れに関する違いを

西野さんが語った場面で 起きた]

全然 そういう…。

へぇ~。
差し入れも お弁当も。

どっちも 早い者勝ちでした。
お弁当 大変だよね 人 多いと。

種類がね。
(西野)何種類か あると やっぱ…。

グループから出て 1人になったときに
一番 実感したのは…。

全然! と思って。 それは 結構
あっ 1人になったんだなって。

なるほどね。
そういうとこで 感じるのか。

(西野)あ~ うーん… 私とか。

段ボールで 運んできてくださる
じゃないですか。

来たら まず 見て…。
目 付けとくのね。

何となく マネジャーさんが
並べてくれてるときに…。

(西野)一緒に やりながら
何の種類があるかを 確認して。

何か…。

良き頃合いでね。

(中村)結構 がっつき系…。
(西野)静かに。

「静かに」が付いてた。
静かに。

[大人数グループの中でも

狙いを定めた お弁当を逃さない
テクニックを持っていた…]

[続いても 西野さんとの回から]

[事件は 西野さんの ある特技に
挑戦したときに起きた]

これ 特技って言えるんじゃないか
みたいなのを

最近 見つけたので
それを 一緒に やってみたいです。

[西野さんが
MCとして 出演していた

『ライオンのグータッチ』にて
西野さんの意外な特技が 発覚]

[それが…]

(西野)「できた」

「きた!」

[そして…]

[さらに テニスのラケットなど
様々な物を 積み上げること]

「できた!」

[番組スタッフが考えた
無理難題の積み上げを

見事な集中力で やり遂げ
番組で付いた名は…]

[今回は キンキの2人に
初歩中の初歩である

テニスボール積み上げに
チャレンジしてもらいまーす]

えっ!? どうやって…。

時間 どれぐらい かかった?
(西野)すぐでした。

(西野)運も ちょっと
あるといいますか…。

(西野)たまたま できちゃったので
スタッフさんが いろんな物を…。

やってみればっていったら
どんどん 開いちゃったか 能力が。

(中村)テニスボール積み上げ…。

え~ ちょっと…。

(中村)
誰が まず 2個目 積み上げるか。

ボールの 一個一個のね 癖をね…。

(西野)そうなんですよね。
コツとかじゃない…。

(中村)
西野さん ボール 換えましたね。

そうなん?
僕 今ね このボールの いいとこ

見つけかけてんねんけどね…。
(中村)ボールの いいとことか

あるんですか?
すごいね はまるとこが あるわ。

(西野)でも そういう…
そういう感じなんですよ。

[ボールが フィットする瞬間を
求めて

集中して挑むこと およそ5分]

[すると この男に 奇跡が]

(西野)え~…。

何でや? 重ねるクイーンなのに。

(中村)お~! すごい!
すごいね!

(中村)完璧 剛さん。

(中村)達成感 どうですか?

ちょっと 西野さんが
もう 諦め… 諦めかけた…。

(中村)では 終了です!

めっちゃ 悔しいな。
(西野)悔しい…。

すごいわ。

(西野)
いや~ ちょっと ふがいない…。

[企画を持ち込んだ 西野さんより
剛が 先に できちゃった…]

[この後
初舞台が 帝国劇場となる…]

帝劇のアドバイスとしては…。

[続いては 初共演した

上白石 萌音さん
橋本 環奈さんと

こたつから出ずに
卓上で 簡単にできる

専用調理グッズで
盛り上がった場面から]

[まずは 放送部分から
ご覧ください]

おいしい!
(橋本)おいしい!

ホントに こたつで 1人で
こんなん やってたら

絶対 そのまんま ばーんって寝て
大後悔するやつだよね。

(佐野)そうですね。

(佐野)言うと思いました!

あげるっつったら もらって帰る?
はい。 もちろん。

やる? 1人で 家で。
はい。

何だったら 昨日も おとといも
日本酒 飲んでるんです おうちで。

家で。
(佐野)橋本さん…。

頂きまーす。

(佐野)萌音さんも
持って帰ってください。

いやいや!
めちゃくちゃ 臭いでしょ。

[ここからが 未公開]

[事件は
エンディングトークで起きた]

何と 私ですね…。

そうですね。

(橋本)分かりました。
駐車場から 楽屋に入る。

その方が 楽です。
裏ルートで。

たまに いるよね。
はい。

(上白石)気を付けてください。
(橋本)気を付けます。

[舞台でのアドバイスだと思ったのに
別のアドバイスだった事件でした]

皆さん 見ていただきまして
ありがとうございます。

え~!?

何年!?
これ ホントに だって…。

そうですよ。

7年半 やってるんですね。

1年 乗ってへんぐらい…。
1年 乗ってない気するけどね。

いや だから
何か やっぱり 初回とか…。

最初の方って 記憶が強いかな。

あ~ はいはい。 ありましたね。

ホントに 紹興酒 飲み過ぎて…。

そのまま ラジオでしたっけ。
そのまま ラジオ行って…。

本日の 『ブンブブーン!』も
ここまででございますけれどもね。

まあ…。

これからも ちょっと…
新たな挑戦も したいですね。

世の中の
いろんな状況にもよってね

やれる企画っていうのも こう…。

増えたりも 少しずつ
してくるかもしれませんしね。

色々な企画ね 今後も チャレンジ
していけたらと思ってますんで

皆さん ぜひ 今後も 応援の方
よろしくお願い申し上げます。

本日は ここまでです。
来週も よろしくお願いしまーす!