それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり物件を調査】【チーズはどこまで伸びる?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【ワケあり物件を調査】【チーズはどこまで伸びる?】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!
【狩野英孝&大島てる ワケあり物件の見抜き方】
【どのくらいチーズは伸びるのか!?】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【ワケあり物件って実際どうなの?】
立地も間取りも良いのに、何故か激安…。
そんな“ワケあり物件”を、狩野英孝とともに巡るこの企画。
果たして、狩野は物件に隠れた「ワケ」を見抜けるのか?
今回もあの「大島てる」と共に推理する!
番組内容2
②【どのくらいチーズは伸びるのか?】
濃厚な味ととろけるビジュアルで人々を魅了する「チーズ」。
多くの飲食店は、チーズが伸びることをアピールしているが、
実際チーズはどれほど伸びるのか?測った人はいないはず・・・
そこで、ずん飯尾が判定員となり「チーズの伸び記録」を計測していく。
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 狩野
  2. 飯尾
  3. 大島
  4. 森川
  5. チーズ
  6. 大熊
  7. 物件
  8. ハハハ
  9. 店長
  10. 池上
  11. 推理
  12. 本当
  13. ポーポポーポポ
  14. ベランダ
  15. ワケ
  16. 最初
  17. 事故物件
  18. 川野
  19. 早速
  20. 法的瑕疵

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<「いわくつき」や
「事故物件」とも呼ばれ

恐れられつつも
安い家賃ということも あり

一部には 絶大な支持を得ている>

<しかし 一方で…>

<ということで
今回は

皆さんも実践できる…>

<…を調査!>

(狩野)どうも!

(狩野)狩野英孝です よろしく!

<そして ワケあり物件といえば
この2人>

(狩野)…大熊さん お願いします。

お久しぶりで ございます。

(狩野)えっ?怖いな。

<既に…>

(大熊さん)…なんですけれども。
(狩野)はい。

(大熊さん)…と。
(狩野)えっ?

<今まで 事故物件は
告知する・しないの

基準が曖昧だったが>

<昨年の10月

国は その曖昧な部分に
ガイドラインを制定>

<…と 取り決めた>

(大熊さん)それも…

(狩野)入れなくて いい?
(大熊さん)はい。

(狩野)より ねぇ…

<ということで>

<今夜は
不思議な造りの物件や>

<一室だけ新しい
謎に包まれた物件で>

<…と 見抜き方を…>

<果たして…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(華丸)お願いします。
(大吉)お願いします。

賃貸のみ。

(森川)はい 何なんですかね?
まぁ いつまでも。

…ことですかね?
(森川)何か…

(森川)…て ことですよね?
で 目安が…

…じゃないですか 今までは。
(森川)あ~ そうですね そうか。

でも それが
普通の お値段だったら…

「あっ そういうことですか」って
いうの 分かったのに。

もう…

(森川)え~っ!

<しかし 今回…>

あ~っ。

(狩野)大熊さん
ちょっと待ってください。

ちょっと待ってください。

<ということで
ワケあり物件を見抜く力が

今後 一層 必要なので>

<狩野と
大島てるの推理を通して

見抜く力を 鍛えていこう!>

<ちなみに ワケあり物件は
以下の4つに分類されている>

<瑕疵とは 傷や欠点という意味>

<例えば…>

<そして 心理的瑕疵が
いわゆる 事故物件を指す>

<これらの瑕疵を踏まえて

皆さんも一緒に お考えください>

<本日 最初の物件は
神奈川県 川崎市から>

<ワケが あることで
相場価格の およそ半額

680万円の物件>

<最初の物件は
奥の トタンの見える家>

(狩野)…てことは…

<そう 狭い路地にある物件は

災害時の避難経路や

消火する場所が
確保できないので

法的瑕疵の可能性が高い>

<この物件は どうなのか?>

(狩野)結構もう 本当に…

(狩野)玄関はね。

<早速…>

(狩野)おぉ~っ!

なかなかの。

<ドアを開けると
2部屋 見渡せる

広い間取りの 家だが>

(狩野)ここの床 一部分だけ
張り直してるんですよね。

<最初に
目に飛び込んできたのは

大きく修繕された 床>

(狩野)恐らく…

(狩野)もしくは…

死体じゃない。

<確かに
不自然に直されている場合は

そこで 人が亡くなっている
可能性が

大いに ある>

<過去には…>

<…事故物件も
あったという>

(狩野)…じゃないかな?

<そして…>

(狩野)う~わっ。

<さらに 奥のキッチンへ移動
すると>

(狩野)う~わっ!

(狩野)おどろ おどろしいな。

いや これ キッチンすげぇ。

(狩野)…な感じですね。

<そして…>

(狩野)何?この。

<不自然に たたずむ…>

<…を発見>

<これは 一体?>

<早速…>

(狩野)うわっ 怖い!

[ガタン!]
(狩野)あぁ!ガコッと いった!

抜けそう 抜けそう 大熊さん。

<床が もろく…>

(狩野)相当 無理よ。

激セマ。

(狩野)…どう考えても。

(狩野)…もともと。
いや そんなこと あるかな?

あっ!そうか。

(狩野)だから もともとは…

<狩野 ズバリ…>

<実は これ
「バスオール」という…>

<この家が建てられた…>

<安く 多くの家を造る必要が
あったので…>

<つまり…>

<しかし…>

(狩野)やっぱ…

<そう このキッチンも
床が修繕されている>

<ちなみに 水回りの修繕の場合

物理的瑕疵に当たる

シロアリによる腐敗の可能性も
考えられる>

<1階は
入ってすぐの リビングと>

<キッチンの床が
修繕されていた>

<そして
2階へ 上がろうとしたとき>

(狩野)これ なんだ?

<狩野が ある違和感に気付く>

(狩野)何か…

呪術瑕疵。

<まずは 2階 最初の部屋へ>

(狩野)うわっ ちょっと怖いな。

何か 底 抜けそうで 怖いな。

(狩野)…です これは。

<対する 大島てるは>

(大島さん)何か ちょっと…

(大島さん)…と思います が。

(大島さん)いや ここに…

(大島さん)…とか。

<…大島てる>

(狩野)あっ!

(狩野)いや 僕…

何を言ってるの?

<このとき
狩野は気付いていないが

のちに この光景に
違和感を感じることとなる>

<そして この物件…>

<すると>

(狩野)あっ!

(狩野)ちょっと待って!

<天井に…>

(大島)怖いよ。

<しかし ここで…>

(狩野)何?これ えっ?

窓 開けて
このベランダの パターン?

あれ?

(狩野)そう考えると…

<そう ベランダに出るための…>

(狩野)あれ?棚の上に
上がって行くしか ないか。

<下が棚に なっているため…>

(狩野)謎いな。

ベランダを急きょ 造ったのかな?

(狩野)何か バーベキューとか
できるぐらい。

結構 長い 奥が。

<そう…>

<と ここで…>

<果たして…>

<先攻は 狩野>

(狩野)まずはですね…

(狩野)なので…

<大きな雨漏りを
物理的瑕疵と推理>

<この家の立地と

ベランダを
増築したことから

法的瑕疵を
選択>

<後攻 大島てる>

(大島さん)ほぼほぼ…

<大島てるも 狩野 同様に
2つの瑕疵を選択するが>

<…と 結論づけた>

(狩野)じゃあ…

(大島さん)ハハハ…[笑]

<果たして…>

(狩野)イェ~イ!

よっしゃ!

<そう こちらは
雨漏りによる 物理的瑕疵>

<ちなみに こちらの屋根は
スレート屋根という

セメントで
造られているもので…>

<そして…>

(狩野)イェ~イ!

<なんと…>

<しかし>

(大熊さん)狩野さんが
言ったように…

(大熊さん)ただ…

(大熊さん)…と させていただきたい
(狩野)ちょっと待ってください!

俺が…

(大熊さん)いやいや…。

<こちらの ベランダが…>

<建ぺい率というのは

土地に対して 家の面積を

どれだけ広くして いいのかを

取り決めているものだが>

<建築面積に影響しないことで

セーフという結果となった>

<続いての物件は…>

<ワケありということで

およそ700万円の
値引きがある物件>

(スタッフ)はい。(狩野)黄緑色の?
(スタッフ)そうです。

(狩野)はぁ~。

<こちらも 先ほど同様…>

(狩野)このね…

(狩野)…なんじゃないかな?
とかっていうことも 想像できます

<長い間 空き家ということは…>

(狩野)うわっ!

だいぶ ちょっと…

<早速…>

(狩野)うわっ 怖い!

(狩野)おぉ~っ。

(狩野)うわっ!

うわ~っ 昭和だな。

(狩野)…恐らく。

<まずは 玄関から
ダイニングキッチンへ>

(狩野)お邪魔します。

うわっ すごい。

(狩野)荒れてますね。

<台所は ボロボロな状態>

<これは…>

<しかし お風呂場を のぞくと>

<湯沸かし器を見たことで

そこまで古くないと推理する
狩野>

<では 一体…>

(狩野)結構。

(大島さん)ハハハ…[笑]

まぁ でも なんか…

<…らしい>

<しかし
1階にある和室に…>

(狩野)ちょっと待って これ
畳ですね。

(狩野)はぁ~。

ちょっと待ってね。

<これは まさか?>

(狩野)やっぱりね
こういう汚れじゃすまない。

もっと…

なるほどね。

<いつになく…>

(森川)ハハハ…[笑]
(大島)すごいね。

<ならば 狩野 このシミを
どう推理するのか?>

(狩野)階段下りて
こっちから行ける。

やっぱり…

(狩野)…なんじゃない?

(森川)それで?そんな?
(大島)ハハハ…[笑]

それで あんなに
色が変わっちゃうの?

(大島)そういうこと?

(森川)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(大島)「踏み込むでしょ」[笑]

もう なんだ…。

<対する…>

てるさん どう見る?
どう見る?

(大島さん)…かなと思うんです。

あっ カビ。

<ミスターも…>

<…と推理>

<そして 狩野は…>

<すると そこには…>

(狩野)あら あら…。

あれ?キレイ。

(大島)あら。

(森川)なんで こんなに
キレイなの?

急に。

(狩野)
…なんですよ。

<1階が あれほど
ボロボロだったのに対し

2階は 同じ家とは
思えないほどの差がある>

これ 怪しいね。

<しかし 残念ながら…>

えぇ~。
(森川)えっ されてないの?

(狩野)これ あるのか。

(狩野)…1回だけ。

<そう 住宅街にあるような
果樹園は

環境的瑕疵に
該当することがある>

<ほかにも 電車が通ることによる
振動問題や

学校のチャイムなども
該当することがある>

<そして この物件…>

(狩野)うわっ!

おい マジかよ!

<狩野…>

(狩野)うわっ!

本来の姿じゃん これが。

本当は おそらく こんな感じ
なんだよ 隣の部屋も。

<そして ここにも また>

(狩野)何?これ。

<謎の黒いシミが>

(狩野)何?このシミ。

(狩野)でも 何で
ここが汚れてないで

ここが汚れてるの?

<そして
この部屋に入ったとき…>

(大島さん)えっ これ。

<事故物件には…>

<…があり
ミスターは…>

<…というが>

<現場にいる…>

えぇ~。
(大島)えっ?

(大島さん)ちょっと マスク越しで
よく分からないんですけど。

あんまり…

(大島さん)これは…

…じゃないですかね?

隅っことかだったら

冷蔵庫で 焼けたとか
ありますけど。

こんな真ん中で

この なんか
脂っぽい感じが

孤独死ですよね。

<一方の狩野は…>

(狩野)これ マジで…

(狩野)人とは
限らないですもんね。

(狩野)可能性は あるよね。

<以上で…>

(狩野)ちょっと
こっちになるかな?

<果たして…>

<大島てるの…>

(狩野)はい。

「ありました」

(大島さん)もう ちょっと…

…本当に。

<孤独死による 心理的瑕疵>

当たってたら すごいな。

<さらに>

うん。

あぁ~。
はい。

<ミスターは…>

(狩野)ほぉ~ なるほど。

<狩野の結論は?>

法的瑕疵 あり。

<1軒目同様
取り壊せない物件ということで

法的瑕疵と推理>

(狩野)同じく…

(狩野)…だろうと。

<大島てると同様に
シロアリによる

物理的瑕疵と推理>

(狩野)で もうひとつ…

(狩野)ただ 大島さん。
(大島さん)はい。

(狩野)僕と全然違うのは…

(森川)ハハハ…[笑]
あれ?

(狩野)はい。

<大島てると 場所は違えど

孤独死による 心理的瑕疵と推理>

<果たして…>

さぁ どっちが?

<まずは 共に選んでいる…>

<…あるのか?>

(大島さん)ハハハ…[笑]
(狩野)えぇ!

シロアリとか ないんですか?
(大熊さん)はい。

<では あの1階のボロボロは
一体 何なのか?>

<スタジオの森川さん
分かりますか?>

(森川)えぇ~。

<1階が異常に…>

(狩野)なるほど。

<そう この家 全体の
ボロボロ感は…>

ゴミ屋敷だったか
確かに。

(大島さん)ここ とか…

(大島さん)あっ そうなんですか?
(大熊さん)はい。

(森川)へぇ~。

(狩野)まぁ まぁ…これ まだ…

(大島さん)はい。

<残る3つの中で
当てはまるのは?>

(狩野)よっしゃ~!

<狩野 大正解>

<ここには 法的瑕疵がある>

(狩野)よし!よし!よし!
これ でかい。

(大島さん)よし。
(狩野)よし そこだ そこだ。

問題は そこだ。

(大熊さん)…になります。

<そう ここは 孤独死による
心理的瑕疵物件>

<ということで…>

(狩野)大熊さん…

(狩野)はい。

(森川)えぇ。
えぇ。

(狩野)ウソだ。

<そう 心理的瑕疵に関しては

ミスターに軍配が あがった>

(大熊さん)ただ…

(狩野)はい そうですよね。

<ちなみに
このような物件を購入し

賃貸として貸し出せば

告知義務が なくなるという>

(狩野)…それに従う…

(大熊さん)そうですね。

<その…>

<…で人々を魅了する

みんな大好き…>

(森川)大好き。

<その伸びる姿は
こぞって…>

<世の…>

<一方 多くの飲食店も…>

<もはや チーズ料理の
ステータスの1つとなっている>

<実際…>

<…はず>

<ならば 我々「どうなの課」が

実際に計測し…>

<判定員は この男>

(飯尾)たぶん…

ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]

独創的。

東京オリンピックみたいな 格好してるな
(大島)ハハハ…[笑]

(飯尾)だって関根 勤さんが…

(飯尾)…らしいですよ。

…て 言ってました。

<今回はチーズの伸びに…>

<…がエントリー>

<しかし 一度もチーズの距離を
測ったことは ないという>

<まず最初は渋谷区原宿の
話題の お店>

(飯尾)「スポンティーニのPIZZAが
食べ放題 飲み放題!!!」

イメージガールが
手に取ってるピザ あれ…

<しかし やはり どこにも
チーズが どれだけ伸びるか

書いていない>

<エントリーNo.1…>

<一体…>

(飯尾)あら こんにちは。
(池上さん)こんにちは。

(飯尾)すいません 朝っぱらから
本当にね。(池上さん)いいえ。

(飯尾)どうですか?

(池上さん)普段から 業務中に…

(池上さん)…ぐらいなので。

(飯尾)…素晴らしい。
(池上さん)はい[笑]

<…という>

(飯尾)イタリア?

(池上さん)はい。

<そう!こちらはイタリア・ミラノ
で20店舗以上 展開し

60年の歴史を持つ
本格ミラノ・ピザの専門店>

(飯尾)…これね。

<…を 視察>

こんにちは。
(飯尾)こんにちは。

(飯尾)ネパールか[笑]

(池上さん)そうですね。

<それでは…>

(飯尾)あっ そこに。

出ました
イタリアの太陽の下で育った…

(飯尾)トマトソースが また
おいしそうですね。

<分厚めの生地に
たっぷりトマトソースを のせ>

(飯尾)あ~っ オレガノね。

<そしてオリーブオイルを
これまた たっぷりと注ぎ

揚げ焼きに>

(飯尾)あっ まだチーズは
のせないんですね?

≪まだ のせない。

(飯尾)あっ トマトソースも
騒いできましたよ。

<そして 生地が焼き上がると>

(飯尾)わ~っ!あっ 膨れた!

これで もういいって感じ
しますけどね。

(飯尾)…ということで。

こんなの初めてだな。

来た!

(飯尾)モッツァレラ!

<本日の主役…>

(飯尾)また並べ…。

あ~っ でかい!

(飯尾)ディーラーみたいに
きれいに。

<これでもか!と いわんばかりの
量を盛り付け

火を通して トロけさせれば>

(飯尾)本当に。

うわ~っ!
ぐつぐつ いってきました。

モッツァレラが反応しました
画力あります!

いやいや…!

お~っ!

迫力。
(森川)うわ~っ すごい!

(飯尾)伸ばす前に
チャンピオン決定です。

うまそう!最高ですね!

香りも!うわ~っ これは
おいしいわ。

<こちらが看板メニュー…>

すごい。

<そして お味の方は?>

(飯尾)いただきます。

そうなるよな。

(飯尾)おいしい!

生地がまた うまいですね
カリふわで。

トマトソースが うまい!

あとチーズ うまい 絶妙ですね。

<実際 この伸びっぷりが
話題を呼び

流行に敏感な原宿女子たちは

ここで
日夜チーズを伸ばしている>

(飯尾)…という競技に
入りたいんですけども。

<そう 重要なのは
このチーズが

何m 何cm伸びるのか?>

(飯尾)あら この装置で?

<今回 番組特製
チーズ伸ばしメーターを作成>

<スタート地点から横に
どれだけの距離が伸びるかを

測定していく>

<最もチーズが伸びる方法で
挑戦>

(池上さん)はい[笑]

<それでは…>

<「スポンティーニ」の
ダブルモッツァレラチーズピザ>

いやいや これ…。

そうやってカットするんだ?
何?今の。

<そのチーズの実力が

こよい 初めて試される>

(飯尾)わ~っ 焼き上がり!

(飯尾)うわっ もう
これが おいしそうですね。

<もちろん…>

<チーズ…>

(飯尾)スタートです お願いします

(飯尾)さぁ 今…。

うわっ これは いい状態ですね。

さぁ…。

(森川)大丈夫?

(飯尾)いきました 軽々と…。

あっ まだ いいですよ 全然。

<ゆっくりと伸びていくチーズ>

<しかし2本のうち
1本が切れてしまう>

(飯尾)軽々と。

あ~っ すごいな。

(森川)すご~い。

<チーズは…>

<しかし
まだ切れる気配はない>

(飯尾)すごい!

<どこまで いけるか?>

(飯尾)素晴らしい…あっ!

ここですかね?

<ここで…>

飯尾審判!

(飯尾)さぁ そのまま
ス~ッと置いてください。

ス~ッと置いてください。

おっ 出ましたね。

(飯尾)いや~ 見事!

(森川)すごい。

こんなに伸びると
思わなかった。

すごいな。

(飯尾)公式記録ですね。

(森川)練習したんですかね?

そりゃ もう何日も前から。

(飯尾)ずん 飯尾和樹です
どうも ありがとうございました

(池上さん)ありがとうございます。

(飯尾)いや おめでとうございます

<ぜひ…>

<続いては…>

<インド人シェフによる

本格インドカレーが
楽しめる お店>

<こちらにも
伸びるチーズ料理があるという>

(飯尾)本当ですか?

分かりました じゃあ早速。

わ~っ。(店長)ハハハ…[笑]

<それが こちらのチーズナン>

<SNSで やたらと伸びると
話題になり

今や カレーを抑えて
店の看板メニューに>

(店長)そうです。

はい。(飯尾)あら~!

<発酵させた ナン生地の中に

250gもの
大量のミックスチーズを投入>

<ニンニクとバターで
香り付けし>

<香ばしく 焼き上げれば>

<看板メニューの
ガーリックチーズナンが完成>

<そして お味は?>

(飯尾)あ~っ おいしい!
(店長)本当ですか?

(飯尾)ナンも すごく!これは…。

あとニンニク
もう合うもん ばっかですね。

で このナンの こう…。

最高に おいしい 香ばしくて。

(店長)カリカリの端っこが
また おいしいんです。

(飯尾)おいしい!このカレー。

ちゃんと ほうれん草の風味もね。
(店長)はい ありがとうございます

(飯尾)スパイスの調合ね これ
マネできない このスパイシー。

問題は きょう…

(店長)そうなんですよ[笑]
(飯尾)競技なんですよ えぇ。

<果たして チーズナンは…>

(飯尾)そうなんですよね。
(店長)ブチッと切れちゃう。

<そう 熱すぎても チーズが
やわらかすぎて切れてしまう>

<…する絶妙なタイミングで
引っ張らないと

記録は伸びないのだ>

(飯尾)…て ことですかね。

<さぁ…>

(飯尾)選手入場です。
(店長)選手入場[笑]

(飯尾)熱々の。ありがとう
ございます ラッチマンさん。

さぁ!あと タイミングは
お任せしますので。

じゃあ お願いします!

(店長)トライ?トライ?

<まずは
ナンのコンディションを確認>

(店長)伸びてますね。

(飯尾)まだ待ちます?

じゃあ 置いて待ってもらって
いいですよ。

<まだチーズが やわらかすぎる>

<今は 時を待つ>

(飯尾)…ていうね。

<すると ここで
シェフのラッチマンが動く>

(飯尾)あ~っ!

<ナンの状況を判断>

<そして ついに GOサイン>

(飯尾)あっ いきますか?
さぁ いきました!

スタートしました!

ゆっくり いった方が
いいのか。

(飯尾)「ソウルフード
インディア」チーム!

<じっくりと
丁寧に伸ばしていく>

(飯尾)あっ慎重に いってますね。

あ~っ!

(飯尾)大丈夫ですよ
ちょっとずつ 進んでいっても。

おっ いいですよ。

<しかし>

(飯尾)あ~っ!(店長)あ~っ[笑]

(飯尾)は~い!

(飯尾)お見事!
(店長)頑張りました。

<続いては>

(森川)あっ 出た。

韓国料理だ。

<エントリーNo.3>

<チーズタッカルビ
チーズハットグなど

ここ数年 チーズ業界に
旋風を巻き起こした

韓国料理>

うまいんだよな。

<そして こちらの お店で
伸びると…>

(飯尾)ありがとうございます。

<こちらのチーズキンパ>

<チーズの入った
韓国風のり巻き>

(飯尾)いただきます。

チーズ食ってる。
いや キンパ。

(飯尾)おいしい。
(しおりさん)ありがとうございます。

(飯尾)キムチもチーズも
発酵ですから 合いますね。

<チーズの伸びには
かなり期待が持てる>

<果たして…>

(しおりさん)お願いします。

(飯尾)さぁ いい出だしですね。

(大島)わっ すごい。

<出だしは 好調!>

<このまま記録を伸ばせるか?>

これ
いい感じじゃない?

<果たして…>

(飯尾)来ました!

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ
ポーポポーポポ

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ
ポーポポーポポ

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ ポーポポーポポ

♬~ 他にもあります
♬~ はい ペペロン

♬~ 新発売です
♬~ タッカルビ

<「世界のカップヌードル」 お試しください!>

<チーズキンパは
どこまで伸びるのか?>

(飯尾)あ~っ!
ちょっと お待ちください。

(森川)意外と
いかないんだ?

<チーズが…>

<ひと言にチーズと いっても
実は…>

<脂質の量とタンパク質の
結びつき方によって差があり>

<特にモッツァレラチーズが
伸びやすく>

<発酵の進んでいない フレッシュ
チーズが伸びる傾向が強い>

<逆にブルーチーズなど
発酵が進んだものは

伸びにくい傾向が強いのだ>

<そして
最後のエントリーは>

<歌舞伎町にある…>

<肉とチーズの専門店で

ボリューム満点のメニューが
自慢の お店>

<果たして
どれだけ伸びるのか?>

(飯尾)「流れるように」なんて表現
初めてですね。(川野さん)はい。

<…が あるようだ>

<早速…>

<使用するのは…>

(森川)え~っ スゴい。

<ベシャメルソースとミートソースを
敷いた生地の上に

チーズを流し込めば完成>

(飯尾)のりました!あら~!

(森川)ピザ?

(飯尾)収まりました トロンと。

<圧巻のボリュームの…>

(大島)何?これ。

<持ち上げれば
滝のように流れ出て

伸びるチーズ>

<その お味は?>

(川野さん)あっ おいしいですか?
よかったです。

(飯尾)口の中でも伸びてる。
(川野さん)伸びますか?やっぱり。

(飯尾)クリーミーですね
ミートソースも すごくおいしくて

<果たしてシカゴピザは…>

(生瀬)ちょっと
やわすぎるかな?

<チーズ…>

<実力を見せられるか?>

(飯尾)うわっ!

(飯尾)あっ!これは…。

切れてません!

<切れたように見えたが
まだチーズは つながっている>

(飯尾)これは…切れてません。

(飯尾)切れてません。

<チーズが落ちても
切れてはいない>

<何か…>

(飯尾)残ってる 残ってる…。

(森川)えっ?

<そして そのまま…>

(大吉)えっ?

<しかし…>

<この決断をくだすのは…>

(華丸)どうします?

(飯尾)ゴールね これ
続いてますね。

あれ?

(飯尾)こちらの方に…

(飯尾)いや~
続いてます 続いてます。

(飯尾)続いて 続いて…。

(森川)ほぉ。

(飯尾)おめでとうございます!

<飯尾の判定は 認定>

(川野さん)あっ そうですね[笑]

(川野さん)ハハハ…[笑]

(生瀬)あれ衝撃的じゃ
なかったですか?あの作り方。

(華丸)オリーブオイル…[笑]
オリーブオイル!

はいはい…。

そうそう!
俺…

ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)