沸騰ワード[字]広瀬すず大興奮!日本一のハンコ屋vs名字研究家~大波乱の名字頂上決戦…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]広瀬すず大興奮!日本一のハンコ屋vs名字研究家~大波乱の名字頂上決戦

超激レア珍名「流踊さん」「善知鳥さん」「斗南さん」なんて読む?名字頂上決戦で15連敗中の名字研究家に最強助っ人岩田アナも加わり大逆襲!さらに朝日奈央が名解説者に

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】朝日奈央、 オダウエダ、カズレーザー(メイプル超合金)、滝沢カレン、出川哲朗、広瀬すず
【VTR出演者】玉井詩織(ももいろクローバーZ)
番組内容
広瀬すずも見守り続けた名勝負!ハンコが日本一揃う店vs名字研究家
ここまで15連敗で今だ勝ち星なし…名字研究家 髙信さんが盟友 朝日奈央に替わり最強助っ人岩田アナをパートナーに迎え今夜リベンジに挑む!超難読名字「善知鳥さん」「斗南さん」「流踊さん」「缶さん」は何と読む?最強珍名で勝負をかける…11万種類のハンコが揃う日本一のハンコ屋にあるのか?それとも降参の判を押すのか?ももクロ玉井も大声援!
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秀島
  2. 高信
  3. スタジオ
  4. 名字
  5. ハハハ
  6. ホント
  7. 一同
  8. 設楽
  9. 名字研究家
  10. 朝日
  11. 日村
  12. 漢字
  13. 勝負
  14. 珍名
  15. 文字
  16. 王手
  17. 過去
  18. 今回
  19. 今日
  20. 自分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>

<今夜も我々の…>

<今回は…>

<ついに…>

(一同) お~!

あれ? これ…。

(高信さん)
このはんこ ありますか?

<当番組で
これまで密着して来た…>

<この道49年…>

<2人の知識が勝つか
品ぞろえが勝つかの

10番勝負は
大反響を呼んで来た>

<そして前回…>

<…が参戦>

<ところが…>

(岩田) ほら~!

(広瀬) ずっと…。

あっ ホントに?
ありがとうございます。

(日村) しかも…。

<あれから2か月 再び…>

うわ~ すごい。

すっごい縁起良さそうですね。

え~ こんな感じなんだ。

あれ…。

え? あれ そうですよね?

(朝日) 連れてかれちゃった。

…受けてますよ。

お久しぶりです。
久しぶり。

今…。

そうなんだ。

これは…。

ゲ~!

(笑い)
(朝日) ちょっと待って 私…?

変わりましたか?

<いまだ…>

<…で御祈祷を
済ませたところで>

今回は…。

…してみようかなと。

(出川) いや…。

<ここぞというところで…>

<…視聴者投稿の珍名さん>

<が 今回は…>

<…というが>

前の職場のお客さんに

「聲さん」っていう人がいました。

これは?

この前 歩いてた時に…
「香迷」って読むんだ。

皆さん…。

うわ~…。

え~ 蟻通さん。

この糸をほら貝…。

…っていうんだよ。

(高信さん) 上からやっても…。

そこで蟻に糸を結ぶんですね。

で 甘い物を塗っておくと
自動的に そこに向かって

歩くじゃないですか。

それで一緒に糸も
引っ張って行くでしょ。

<その後も…>

<…したところで>

ちゃんと…。

えっ!

今回 『プロ野球名鑑』から…。
(高信さん)ありがとうございます。

<そして その中にも…>

鴨打。

多分ね…。

<銃ではなく…>

<さらに…>

(高信さん) そう 屋敷とか何敷
ってのが ありますけど…。

<その昔…>

<…者が
「切敷」という名字を賜り

いつしか「桐」の字を当て

「桐敷」になったと考えられる>

<こうして トータル15個の
珍名さんを

一応ピックアップ>

ホントだよね。

ただね 同じように…。

(日村) 情報がね。

(カズレーザー) 多分 どうやら…。

(笑い)

(笑い)

<果たして…>

<一方…>

どうも 沸騰リポーターの
玉井詩織です!

もう この何か…。

<早速…>

(秀島さん) は~い どうも
ようこそいらっしゃいました。

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

<こちらが伝説の…>

<幾度となく…>

<およそ…>

皆さん やっぱ
自分の珍しい名字を持って。

(秀島さん) 2・4・6・8…。

(一同) え~!

ますます…。

…になって来るということですね。

また…。

<と そこへ…>

(秀島さん) はい こんにちは。

ちょっと また今日も…。

(高信さん) 東京…。

神田明神!?

(高信さん) 実は ここは…。

(高信さん) これを見てください。

そう 先ほどね…。

…ですよね?

<すると…>

奈央ちゃん…。

聞いてましたけど…。

それは… それはない
それはない それはない。

(朝日) ホントに。

そこにいるんなら…。

行きたいんですけど…。

(笑い)

<朝日も…>

いや もう今日はね。

<…の判を押す>

(高信さん) これまでの…。

ようやく…。

今日こそ…。

<対するは…>

見事に…。

♬~

<いざ…>

…に使いますから。
(秀島さん) ほう。

ハハハ…。
そうですね 今 自分ので戦うって。

はずなんですよ 絶対 だからね…。

…で行くと思うんですよね。

よし。

これ どうだろうな~?

秀島さん。
(秀島さん) はい。

このはんこは ありますか?

読み方 分からない。

確かに見たことない漢字だ。

そっちの? ラブ。

あ~!

読めてしまいました。

ハハハ… 読み方は分かる。

(朝日) これは…。

<こちらは 「恋」の旧字体>

<普段 目にすることのない
難読文字で攻められるも…>

<だが…>

(秀島さん) いや~…。

これ 今…。

(高信さん)
あんまり使わないよね。

赤い糸と白い糸。

自分の心を言葉で

言うんでしょ。
うわ!

(高信さん)
赤い糸が結ばれると恋になる。

いや~…。

…んじゃないですか。

ねっ。

(秀島さん) はい。

お~ 来た!

うわ~ 来た来た…!

ハハハ…。

聞いてくださいね
2か月ぶりのトントンです。

(朱肉につける音)

(朱肉につける音)

大丈夫 大丈夫。

<名字頂上決戦 第16弾…>

さぁ 1問目…。

<果たして!?>

(スタジオ:設楽) どうだ!? あるかな?

(スタジオの笑い)

(スタジオ:設楽) どうだ!?

(スタジオ:一同) お~!

(一同) お~!

やった~!

おっ!

残念!

ない~!

ちょっと~!
ほら!

めっちゃいい!

<…と考えられる>

いや~…。

<過去に2度しかない…>

漢字の…。

…ってなりました。

<続いて…>

高信先生。
第2問も…。

ハハハ…。

(朝日) これは もう…。

1問目は難読で
ビビらせましたので

2問目からは…。

…と思います。

(笑い)

どうでしょう?

それでは
このはんこは ありますか?

どちらも見たことある漢字だけど
何て読むんだろう?

はい。

(高信さん) そう。

そこまでがヒントです。

<実は日本神話に
関係するという>

<一体 何と読む?>

ある場所 知ってるかのような
探し方ですよね。

こんなしゃべり方してたの? 私。

(秀島さん) はい。

さぁ どうでしょう?

あってほしいな。

<名字研究家に…>

<それとも…>

<果たして!?>

(スタジオ:設楽) どうだ?

(スタジオ:一同) お~!

(一同) お~!

ウッソ~!

まさかの。

まさかの。

しかも これ私…。

十握さん。

これを…。

<…に よく登場する>

<…と考えられる>

(笑い)

いや しかし この…。

全く…。

これは…。

すごいね 今日ね。
ねっ やっぱり その…。

<なんと…>

<2対0で迎える…>

ほら!

絶対そうなると思ったよ。

でもね…。

そうですね!

(秀島さん) 多いです。

<実は…>

<…といわれ 過去にも>

<…など 幾度となく
降参を勝ち取って来た>

それでは秀島さん
このはんこは ありますか?

簡単な字ですよ。

どうだっけ…。

どうですか?

いや これは ちょっと…。

(笑い)

<そう 四季の国 日本>

<春夏秋冬と書いて
「ひととせ」と読む名字など…>

ここが「夏」の…。

あっ 夏秋さんも
いらっしゃるんだ。

え~ そんなに違うんだ。
違うんです。

そうですね
次は取りたいですよね。

はい。

<それとも 攻めの珍名で…>

それでは
押させていただきます。

<果たして!?>

(笑い)

<2対0と…>

(スタジオ:一同) あ~!

(一同) あ~!

あぁ~。

イェ~イ!

ハハハ…。
よかったですね ありましたね。

ホッとしましたね。

高信先生…。

恥ずかしくて…。

…みたいになっちゃった。

<その昔 茨城には…>

春夏秋冬。
(朝日) そういう…。

(笑い)

<ついに…>

<まだリードしている…>

(スタジオ:植田) 勝ち越したいですよ。
(スタジオ:日村) 追い付かれたらダメ。

(高信さん) 第4問も…。

そう言われるとね…。
もう それすら…。

では 秀島さん
このはんこは ありますか?

(秀島さん)
火の見櫓ですね まさに。

(高信さん) やっぱり…。

そう。

<単語としては 耳にするものの

名字としては…>

これは どんなものか
分かります?

あっ!

戻られました。

<ここまで2対1と…>

さぁ 押しますよ。

うわ~…。

<果たして!?>

(スタジオ:設楽) どうだ?

ここは リード…。

(スタジオ:日村)
ここリードしといて 先生!

(出川) ほらね ほらね。

(スタジオ:設楽)
並ばれた ハハハ…!

やった~! すごい!

見直し やってます。

ということは…。

<こちらの…>

<実は 元々の名字は…>

<役所に名字の…>

<…と考えられる>

<あっという間に
振り出しに戻した

最強のはんこ屋>

<…の予感>

最初…。

もう今…。

応援したいから
心配になっちゃいますね。

何で まだ 「あ~」って…。

(笑い)

(日村) でも…。

ホントそうなのよ これ。

日テレの番組 いろいろ
出させてもらうっていうことで。

ごまかし ごまかし…。

ありがたいなと思ってます。

なかなか…。

じゃあ また…。

<自分で用意した名字で
2連敗し 同点に!>

<そこで 名字研究家…>

<選んだ珍名は…>

(高信さん) 終わりです。

これ ちょっと…。

それでは 秀島さん

このはんこは ありますか?

(高信さん)
1文字 簡単な字ですよ。

ハハハ…!
どっちの笑いだろう?

(高信さん)
「カン」ではないんです。

ちなみに…。

3文字 え~! 何だろう?

だって…。

ハハハ…!

いいよ。

<この大事な局面で選んだのは

超簡単な1文字ながら

実は…>

<この珍名>

(秀島さん) ホントに ハハハ。
参った!

(秀島さん) はい すいません。

<…で攻めた名字研究家か?>

<日本一のはんこ屋か?>

<抜け出すのは…>

あ~ ダメか!

ウソ~。

もう紛れもなく 「缶」。

古いですか?

<…と考えられる>

はい 言いました。

<…するも まだ接戦>

だって 次 使ったら
ほとんど半分ですよ。

<ということで…>

(高信さん) それでは 秀島さん

このはんこは ありますか?

どうですか?

あっ そうですね 秀島さん
チェックしてくださってますね。

ありがとうございます。

え~!

<全国に3軒という この名字>

<実は…>

<一体 何と読む?>

(秀島さん) え~っと…。

は~い お待たせしました。

<流れに乗り…>

<それとも…>

<勝負の行方は!?>

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

(香川)赤コーナー 安定 いつものビール!
(堺)青コーナー 糖質ゼロ「パーフェクトサントリービール」!

(2人)レディ… カン!
はいはいはい うんうん

うー!!! まー!!!

<新「パーフェクトサントリービール」誕生>
はっはっは!
これは予想外!

<白熱の…>

<勝負の行方は!?>

(スタジオ:設楽) どっちだ?

あるか~。
あるんだ。

え~!

すごい! ありました
ちょっとビックリした。

正直…。

(秀島さん)
流れという字なんです。

…つけて来るとは。

読み方は?

え~!

<ある とても急な坂があり

そこを下る人は
みんな 自然と走って下りた>

<そこの近所の者が
走って下りるから

「はしおどり」という屋号を付け

名字に
する際に…>

<…の字を
当てたそう>

へぇ~。

<日本一のはんこ屋>

ホントだよね。

あった!

<2対4と…>

<初勝利へ しがみつけるか>

全く行ったことのないとこに…。

(高信さん) それでは 秀島さん

このはんこは ありますか?

え~!

ちょっと待って。

そうそう!

高信先生。

(秀島さん) これ…。

漢字も初めて見ますか?

1軒!

<ここで 本日初の…>

<一見すると

ありそうな文字にも思えるが…>

<…されていたほど>

<とはいえ…>

<これまで
あり得ない品ぞろえで

その企みを凌駕して来た!>

これは…。

思い出そうとしてる…。

(秀島さん) う~ん…。

(秀島さん) はい。

うわ~。

<…できるか!?>

<それとも 名字研究家を…>

これ あったら ちょっとね…。

(秀島さん) 押します!
(高信さん) はい。

<勝負の行方は!?>

うわ~!
お~!

やった~!

これは ちょっと… 手ごわい!
(秀島さん) 参りました。

イェ~イ!

初めて。

すご~い!

あっ!

いや これは…。

<一般的には

山偏に
「谷」と書き…>

<そして その中でも
「曽」と呼ばれる

一段高い所に
住んでいた人が

「谷」を「曽」に換え
こちらの文字を

使ったと
考えられる>

すご~い!

<再び 同点に並ぶか?>

<それとも はんこ屋が
王手をかけるのか!?>

え~!

(高信さん) それでは 秀島さん!

このはんこは ありますか?

また何だ? 初めて見る。

え~?

(秀島さん) ハッハッハッハッ!

お手上げです。
ないです ないです。

でも 一応 探しに行ったね。

…場合ありますから。

<そう…>

(秀島さん) えぇ~…。

…んですもんね? 秀島さんでも。

<すると!>

<大ピンチに取り出したのは

店にある
11万種類の名字の中から

超難読名字だけを選りすぐった
精鋭リスト!>

ちょっと…。

あ~ ちょっと…。

(秀島さん) なかなかどころか…。

<…で繰り出された

名字研究家 渾身の一撃!>

(高信さん) 戻って来た! さぁ!

<両者共に譲れない 一番!>

あ~! 降参だ。

やった~! イェ~イ!

とにかく…。

お~!

4勝4敗。

探しようがないんだわ!
そうだよね。

「ふるはし」と読みます。

「ふるはし」さん?

…探したんですか?

え~。

<元々は「古橋」の漢字の「古」を

「旧」の字に換え

さらに それを旧字体にし

「臼」を「旧」と換えることで…>

<を作り上げ…>

<…したのではないかと
考えられる>

全く…。

及びません。

言わせましたよ~。

<ついに 勝負は…>

(日村) あるぞ これ。

(笑い)

なるほどね!

<名字研究家
初勝利への王手となるか?>

これ!

…ですけど。

それ系 強いんじゃない? 最近。

何だ それ。

ホントに。

このはんこは ありますか?

ヤバい!

何か 見たことが
あるような気はする。

(秀島さん) もしかしたら…。

残ってる可能性もあるんです。

…しか
見つからなかったですね。

<王手がかかる大事な場面で
選んだのは

本日…>

<字のごとく
ある鳥の名前なのだが

この選択は
吉と出るか 凶と出るか?>

そういうことですね~。

「かもめ」ねぇ~。

はい お待たせをいたしました。

早い!
どっちだ?

<苦手な…>

<勢いに乗り…>

<王手をかけるのは!>

どうだろう?

(中村) 顔の印象はね 変わるのよ

歯で

顔の印象はね 変わるの

歯 で

<ライオンが本気で作った美白ハミガキ>

<「ライティー」>
《試して「ライティー」》

うわ~。

え?

うれしいですね!

すごい。

<青森県には

ウトウが多く生息していた所に
建てられた 善知鳥神社があり

その神社に関係する人が
名乗ったとされる>

いつの間にか。

あと1問か。

次 勝てば
もう1回 勝負できるんですか?

(スタッフ) そうそう そうそう。
よかった よかった。

<ついに…>

<…をかけた 日本一のはんこ屋>

<一方…>

<名字研究家>

<運命の…>

実は…。

すごい!

ぜひ…。

…言われたんだから
絶対 使います!

<…さんに出会っていた
名字研究家>

昨日 私が 一生懸命
集めて来た名字ですから。

それでは 秀島さん

このはんこは ありますか?

ホントですね。

ロマンチックな お名前ですね。

「となみ」さんか。

違うんだ~。

どこに行くんだ? 裏に行く?
初めてだ。

(秀島さん) フフフ…!

(秀島さん) いや…。

なるほど。

「と」なんですね 読み方は。

(秀島さん) 「ます」と読む読み方も
あるんです。

ということは…。

え?

「ます」で探すんじゃないですか?

(秀島さん) そうです。

<まさに…>

来た! ここで…。

お願いします 勝たせてください。

もう やめてください。

(秀島さん)
神様仏様ですよ ホントに。

(秀島さん)
はい! お待たせしました~。

(高信さん) 勝てる! 勝てる!

それでは押します!

<運命の…>

(滝沢) 私も大会サポーターとして
出演する…。

ぜひ ご覧ください!

それでは押します!

<運命の…>

あった~!

あった~!

(スタジオ:設楽) あるか!

くぅ~…。
お見事です!

(スタジオ:日村) 負けた!
(スタジオ:設楽) やっぱ負けるのか~。

(スタジオの笑い)

やっぱり北斗七星の。
カッコいい名前ですね。

悔しいですね。
これだけは勝てると思ったな~。

広瀬さんから沸騰ワードが。
映画 『流浪の月』です。

松坂桃李さんとW主演を
務めました。

私は10歳の時に
大学生に誘拐されて

被害者としてのレッテルを貼られて
生きて来た女性を

演じております。

15年後に再会した2人は

どのような選択を
するのでしょうか。

愛よりも切ない物語
『流浪の月』 本日公開です。

<番組の最新話を…>

<見逃しを防ぐ
お気に入り登録も忘れずに>

<そして Huluでは 本日の放送も
過去の放送も配信中>