電脳ワールドワイ動ショー[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

電脳ワールドワイ動ショー[字]

ネットが発達しても、世の中知らないことだらけ。日本の常識でものを見ていませんか?
世界の動画から何かを気づき、今を自分で考える、今までにない「ワイ動ショー」です

◇番組内容
■バイきんぐ小峠がキャスターに挑戦!ニュースではわからない「世界の今」を個性あふれるコメンテーターと世界の動画を見ながら本気で考える《ワイ動ショー》★今回はサプライズSP!夫婦喧嘩やプロポーズ、世界の様々な愛のカタチがわかる動画を見て多彩なコメンテーターと忖度もしがらみも一切ないバーチャルコメンテーターが思い思いの意見を述べます★今回の「今知っておきたいこと」とは!?★「世界の今」を一緒に考えましょう
◇出演者
【メインキャスター】小峠英二(バイきんぐ)
【進行】下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】いとうせいこう / 堤伸輔 / 丹生明里(日向坂46)
【バーチャルコメンテーター】カメレオン坊や / ロボフェッサー
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/dennou_wws/
☆番組Twitter
 https://twitter.com/dennou_wws

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 丹生
  2. ロボフェッサー
  3. 女性
  4. 歓声
  5. 外国語
  6. 英語
  7. アメリカ
  8. オーマイゴッド
  9. ホント
  10. 中国
  11. 養子
  12. 映像
  13. 家族
  14. お父さん
  15. セバスチャン
  16. 結構
  17. 最後
  18. 自分
  19. 世界
  20. 素敵

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(外国語)

(男性の外国語)

(女性の外国語)

(女性の外国語)

♬~

〈今夜 世界から届いたのは

人のぬくもりを感じる
数々の映像〉

〈国と国は争っていても

人は ぬくもりにあふれていた〉

(英語)

(女性の外国語)

(女性の外国語)

(外国語)

(男性の外国語)

〈まずは コロナ禍で垣間見えた

世界の人となりを
見てみましょう〉

〈中国の上海では
ロックダウンが始まって

およそ1カ月〉

〈厳しい外出制限が続く中

人々は どのような生活を
送っているのか?〉

〈休校中の
学生寮の仲間同士では…〉

♬~(歌)

(小峠)へえ~。
(丹生)向かいの方々と一緒に。

楽しそう。
はあ~!

(ロボフェッサー)みんな
ベランダに出て 大合唱。

歌で心が一つになります。

♬~(歌)

♬~(バイオリン)

(丹生)素敵。

うわっ いい。
へえ~。

(丹生)えっ 素敵。

(いとう)誰かが歌うの
かっこいいじゃん。

♬~(歌とバイオリン)

〈続いても
ロックダウン中の上海〉

〈隔離状態の夫婦は…〉

(ロボフェッサー)髪を切りたかった
旦那さんは

奥さんにカットをお願いする事に。

そういう事ね。
(丹生)へえ~。

(丹生)初めてバリカンを。
へえ~。

(丹生)アハハ… でも バリカン
なかなか使った事ないから。

一発で すごい事に
なりますからね バリカンはね。

(丹生)あっ でも すごい。 お~!
いっちゃうね。

結構…。
(丹生)結構 思いきり。

結構 いったよ これ。

(丹生)でも すごい。 ハサミまで。

でも いいじゃん。
いや いや…。

(丹生)あっ 結局 丸刈りに。
まあまあまあ。

〈2019年12月に 中国で
最初の症例が確認されて以来

新型コロナウイルスの感染者は

世界全体で5億人を超えるとも
いわれています〉

〈続いては オーストラリア〉

〈娘がコロナ陽性で隔離生活〉

〈その時 父は…〉

(ロボフェッサー)
実家の敷地の 別の建物で

隔離生活を送る事になった娘に

毎日 食事を届ける
お父さんの姿に ご注目。

(女性の笑い声)

でも ユニークに。

(女性)サンクス。

うん 粗いよね。

そうそう
仮装とは言わないよね これ。

(女性の笑い声)

(女性の笑い声)

(丹生)えっ なんだろう?

ハハハ…。

これは まだ手が込んでる。

(女性の笑い声)

いいですね こんだけ。
いいお父さんじゃない。

入ってる側の娘にしてみたら
出られないから

コロナになっちゃうと。

それは ものすごい寂しいし
なんか つまんないし

だから ホント
よく頑張ってくれてますよね。

うん 毎日毎日。
そうですね。

いや いいお父さんですよ この人。
(丹生)ホントに。

〈コロナ禍で
必需品となったマスク〉

〈学校生活でも 多くの国で
マスク着用が当たり前に〉

〈続いては スペイン〉

〈マスクから解放された

子どもたちは…〉

(ロボフェッサー)仲良く3人で通学する
子どもたちに

お父さんから発表します。

(歓声)

かわいい。

そっか。 こんな嬉しいか…。
そうだね。

わあ~ かわいい!
えっ… かわいい。

(ロボフェッサー)さらに

(歓声)

(歓声)

(ロボフェッサー)
喜びが爆発した瞬間でした。

これ やっぱ ここまで…。
喜ぶとは。

ねっ。 喜ぶんですね。

やっぱ

プレッシャーですよ こんなの
着けてなきゃいけないって。

これ スペインじゃないですか。

そうなんですね。
(堤)ある調査 見たら

95パーセントの人が
マスク着けてる。

イギリスとか
60パーセントぐらいです。

例えば…
同じヨーロッパでも。

〈アメリカでは

国内線の機内でも

着用義務が終わり…〉

へえ~。

(丹生)アメリカって感じがします。

(拍手と歓声)

〈続いては中国〉

〈25日ぶりの

ロックダウン解除では…〉

(ロボフェッサー)昨年12月の中国 大連。

男性がいる場所は
ロックダウン中

出入りが
禁止されていた扉なんですが…。

確かに甲高いですよね。

〈コロナ禍で教育現場に浸透した

パソコンやタブレットを使った
オンライン授業〉

〈画面越しに 相手の顔を見ながら
授業を進めていきます〉

〈続いてはアメリカ〉

〈大学の

オンライン授業では…〉

(ロボフェッサー)ブラウン教授の
最後のオンライン授業。

今日に限って
学生たちが顔を出しません。

へえ~。
嬉しいよね。

(堤)泣いてる。

(ロボフェッサー)学生たちの
突然のサプライズに

先生は泣いてしまいました。

〈最後はアメリカ〉

〈長年連れ添った

夫婦では…〉

(ロボフェッサー)コロナ禍で

介護施設にいる
妻のマーガレットさんと

面会する事ができず

1年ぶりに再会した時の映像です。

うわあ…。

オーマイゴッド。
オーマイゴッド。

ああ… よかった。

オーマイゴッド。

オーマイゴッド…。

(マーガレットさん)オーマイゴッド。

オーマイゴッド。

オー ゴッド…。

サンキュー ガールズ。
(介護士)オフコース。

オーマイゴッド。

オーマイゴッド…。

うーん…。

最後のやつ ちょっと
グッときましたね。

いや もう ちょっと…
泣けますよね。

僕も 今

たまたま
父親に会いに行って

2週間後ぐらいに
父が その施設の中で亡くなって。

もう いっぱい 今…

全国で そういう 離ればなれで
ずーっといる人たちが

たくさんいらっしゃるわけじゃ
ないですか。

だから…。

ひとごとじゃないですよね。
そうですよね。

丹生さん どうでしたか? 今のは。

私も 最後の映像で なんか

ホントに 会えてよかったねって
感情移入しちゃって。

ねえ。 なんか…。

〈世界では こんなサプライズが
流行っているのを

ご存じですか?〉

(歓声)

〈その名も

〈赤ちゃんの性別を
お披露目するのが目的で

風船の中の紙吹雪や…〉

ああ~ なるほど…。

〈ケーキの中身など
スタイルは様々〉

(丹生)うわ~ ドキドキだ…。

〈そんな 心温まる

世界の性別発表サプライズ〉

〈まずは…〉

(歓声)

(丹生)なんか
ハッピーな気持ちになる…。

一応 見てるんだね ジーッと。

(下平)あっ 紙吹雪の色が青。
(丹生)男の子…。

ああ~ 嬉しいな 嬉しいんだ…。

(丹生)アハハ…
倒れちゃう 倒れちゃう。

(堤)危ない。
危ない…。

(丹生)倒れちゃう。
(堤)危ないよ。

(丹生)ええ~! なんか すごい。
幸せになる。

はあ~!

この人の この上が
もう 見えないですもんね。

あれがもうマックスじゃないか…。
(丹生)マックスですよね 喜びの。

天井いったね!
天井いきましたね。 素晴らしい。

〈続いては…〉

(ロボフェッサー)念願のお兄ちゃんになる
ルーカス君。

妹を熱望していますが 結果は?
(丹生)どっちだろう!

(歓声)

あいつ…。
(丹生)そんな…!

ハハハハハ…!
いいじゃないか そんな。

こんな なるんだ…。
いいじゃないかよ~。

(丹生)泣くまで? かわいい。
受け入れてやれよ。

おお~!

へえ~。

〈続いては…〉

はあ~!
なるほど…。

(ロボフェッサー)今度は

ああ これ カップのやつ?
(丹生)なるほど。 中身で。

(ロボフェッサー)弟を熱望する長男に
ご注目。

ハッ… また そういうヤツが
いるわけなんだ。

青だったらいいって事ね。

(女性)イッツ ガール!

ああ~。
(丹生)あっ もう泣いちゃった!

泣くほどの事なのかい?
ねえ これ。

お前が決める事じゃないだろ!

(丹生)そんな…!
(堤)こんな泣くほどの事?

ああ そう…。

(堤)それは撮られちゃうよね。
(丹生)撮りたくなる…。

もう この子供

確かに。 味 もう もう…。

味よりも もう 色で…。
二度とケーキを食べたくない…。

〈続いても…〉

そこまで?
やばそうだね これ。

(ロボフェッサー)今度は
クラッカーの色で性別発表。

(歓声)

(小峠・丹生)ええーっ!
ウソでしょ?

ええーっ!
(堤)よかったね あそこで。

危ないよね。
マジで。

(堤)ホントに失神したの?
これ。

ええーっ!
倒れてますもん。

狂言ではないんじゃないですか?
(堤)狂言ではない?

アハハハハ…!
かあ~!

〈続いても…〉

(堤)カブスだ。
カブスですね。

(ロボフェッサー)なんと
現役のメジャーリーガーが

性別発表を
バッティングでお手伝い。

ああ なるほど! はあ~!

なるほどね。

〈続いては フィリピン〉

〈バイクを使った

ド派手な性別発表〉

(エンジンをふかす音)

ハハハハ…!

(丹生)すごい すごい すごい!
そこで膨らますんだ。

男の子ね。 ああ…。
(丹生)ド派手だ。

(丹生)どういう事!?

これは もう

どうやるんだろう?

(拍手と歓声)

(丹生)「女の子ボクサー」
なるほど。

手が込んでるわ。

(歓声)

ああ… なるほどね。
そういう事ね。

勝った方が… っていう事よね。

(丹生)ああ なるほど。
じゃあ 一応 決まってる…。

(司会)レディー…
ラウンド ワン! ゴー!

(歓声)

ああ…。

(丹生)おおっ…。

おお~!
ハハハハ…! へえ~。

面白いね。

丹生さん どうですか?
気になったやつ ありますか?

(丹生)「妹 来い来い 来い来い」
って思ったら

「弟かい」で
泣いちゃうのが…。

(丹生)そこまでして
泣いちゃうぐらいなのが

かわいくて…。
なんか でも

「そっか」って思いましたね。
そうね。

ごきょうだいは?

ああ お兄さん お二人?
はい。

でも お父さんが
お母さんから聞いたところに

私… 男の子が 最後
生まれてきてほしかったらしくて。

でも 女の子が生まれて

やっぱり どっちが生まれても
かわいいってなっちゃうよ

って事を聞いて
嬉しくなったんですけど…。

特に 今の
やっぱり 考え方の流れは

生物学的に…。

だから パーティーみたいなのを
控えたり 違う形にしたり

与える服とか… プレゼントが
多様になってきてますよね 今。

女の子だから 赤を 必ず あげる
とかいう事じゃなくて

そうじゃないものを…
自分が好きなものをあげる

みたいな事になってるので…。

自由になったんだな
っていう感じがします。

(堤)今 エコーで… 超音波で
わかるから 性別が。

でも その前って…。

(堤)もっと ある意味
ワクワク感も…。

ワクワク感だけかどうか
わかんないけど。

でも そうですよね。
(堤)ですよね。

〈フィリピンのバスの
車内の映像〉

〈次のテーマは
「世界の愛のお仕置き」〉

〈不倫や浮気

男女問題のトラブルは世界共通〉

〈そんな 愛の裏切りを懲らしめる
映像を見ていきましょう〉

〈まずは…〉

ああ…。
(丹生)えっ?

もう これ 儀式なのかどうかも
わからない…。

(堤)これ 儀式じゃないですよね。
儀式じゃないですか?

(堤)かなり 本気が入ってる。
(丹生)愛なのかな?

結構な時間かかりますね
雪だるま。

夫もね あそこまで…。

〈続いても…〉

うわっ…。
ハハハハ…!

奥さんの方が
強いのかな? 中国。

そうだね。 女性 強いよ。
(丹生)あららら…。

「親しげに話した罰」…。

(ロボフェッサー)皆さん…。

(外国語)

うわあ!

(ロボフェッサー)空き缶の上に
正座しています。

拷問だもん。

アハハハ…! 確かに。

これやろうって考えたの
すごい。

プロだよね。
プロっすよね。

プロの拷問。 うん。

〈続いては タイ〉

〈結婚式に乱入〉

〈怒りの一撃〉

(ロボフェッサー)
夫が他の女性とも結婚する

という情報をつかみ

怒り心頭の奥さんと お母さん。

あっ… えっ!?

えっ? うわっ…。

(ロボフェッサー)お母さんが単独で突入。

乗り込んでんじゃん。
うわ すげえ…。

(ロボフェッサー)
お坊さんがお経を上げる目の前で

娘の夫を厳しく問いただします。

はあ~…。

(ロボフェッサー)ですが 娘の夫は
義理のお母さんを無視し続けます。

(お経)

うわっ…。
(丹生)あらららら…。

お坊さんがね いい顔。

丹生さん どうですか?

スリッパは衝撃受けましたね。

これ 罰 重すぎるよな。

アハハハ…!
プレイ。

ああ… まあまあ プレイとしたら
いいですね これね。

この男の人は

嬉しくて
仕方がないんじゃないかな。

あの またね
たたくだけじゃなくて

なんか これ 逆効果かなと
思っちゃうんですけど

ねえ。
より ちょっと嫌になるでしょ。

ちょっとね…。
奥さんの事をね。

これで… これで

どう考えても。

缶の上!? ってなるよね。
アハハハ…!

いくんだ。

(丹生)えっ すごい!
ああ~!

〈世界の動画を見て

みんなで語り合う…〉

えーっ!

これですね 例えば

(堤)そうすると

ひえーっ!
はいはい はいはいはい…。

これ
キスカムっていうんですけど…。

〈こちらが
実際のキスカムの映像〉

(観客の笑い声)

(観客の笑い声)

色んな人が そこで こう…

ドギマギしながらだったり
もう 即座にだったり。

それで
球場 ワーッと盛り上がるんです。

これは 例えば

今日 誰か 映画俳優来てるな
とか。

えーっ!?
(堤)そういうのがあったら

当然 こう
カメラが狙っていくわけです。

例えば こういう映像があるんで
ちょっと見てください。

(堤)さあ 誰でしょう?
うおっ… へえ~。

(堤)元大統領と現大統領が
ここに。

すごいですね これ。
ホントだ。

(丹生)すごい!

(堤)これ こうやって…
これ 抜かれるでしょ。

そしたら キスしなきゃ…

ほら 「Kiss Cam」って
書いてあるじゃないですか。

いくんだ。
(丹生)えっ すごい!

あら。 すげえ。

へえ~。
(丹生)えーっ!

あら~!
(丹生)アハハハ…。

はあ~!
(堤)これ 自分 抜かれたら

どうしようと思いますよね。
そうっすね。

でも 大体 やっぱ

でも
一番いいシーンっていうのは

さっきの前のVTRで
90代の老夫婦が

久しぶりに会うって
あったじゃないですか。

球場でも ホント

その2人が抜かれて

なるほどね。
それは たまらないですね。

(堤)あれは とてもいいシーン。

だなと思いますよね。

あれ

ええ ええ。
確かに。

あの… まあまあ 芸能人とか
有名人とかだったら

まだね あれですけども

あの やっぱ

オバマさんも やっぱり
それで ちゃんと やるっていう…。

さあ 坊や どうですか?

ハハハハハ…!
えっ?

割って ガシャンってなって
そしたら…。

ってわかる?

逆に トラウマ…。

「Why?」のポーズと
とびっきりの笑顔ね。

それ 強がったのかね?
(カメレオン坊や)多分

(カメレオン坊や)
妹もちっちゃいから。

よくやったね。
死ぬほど痛いのにね。

(カメレオン坊や)痛かったと思う。
よく これでいったね。

(一同 笑い)

〈家族を思い浮かべる時

どんなカタチを
イメージしますか?〉

〈時代や社会が変われば

〈これから 家族のカタチの一つ

養子縁組についての動画を
見ていきましょう〉

〈そもそも…〉

〈再婚相手の子どもと

法律上でも親子関係になるために
行う場合や…〉

〈外国から養子を迎える
国際養子縁組など

様々なケースが〉

(ロボフェッサー)こちらは
海兵隊員のドリューさんと

再婚相手の子どもの
アリアンちゃん 12歳。

(ロボフェッサー)ドリューさんは
アリアンちゃんが2歳の時から

10年間
実の娘のように育ててきたんです。

そっか…。
うん。

泣けるなあ。

(ロボフェッサー)そして
12歳になったアリアンちゃんに

お父さんから
サプライズプレゼントが。

♬~

えっ…? えっ…?

(母の英語)

(母の英語)

おお~。

(母の英語)

(ロボフェッサー)子どもの意見を尊重する
アメリカ。

ドリューさんは アリアンちゃんが
12歳になる この日を

ずっと待っていたんです。

なるほど。
ああ そうなんだ。

(丹生)うわあ~!
へえ~。

はあ~。

ほう…。

(母の英語)

イエーイ!

〈続いては…〉

(英語)

(ロボフェッサー)この日は 母の日。

お母さんに

サプライズプレゼントを
用意しました。

(英語)

(ロボフェッサー)こちらの女性は
お父さんの再婚相手。

この母の日が

一生 忘れられない日に
なるんです。

(英語)
ハハハ…。

(ロボフェッサー)箱を開けると 中には
たくさんの手書きのメッセージ。

1つずつ 読んでいきます。

(2人の笑い声)

(ロボフェッサー)そして いよいよ
最後のメッセージ。

(英語)

アイ ラブ ユー。

なんか ちょっと
きましたね これは。

ねえ…。

(ロボフェッサー)
養子縁組のサプライズ動画

皆さん
感動していましたけれども

実は 養子縁組は
書類一枚の話ではなくてですね

厳しい条件や色々な審査を

クリアしなければ
いけないものなんです。

(ロボフェッサー)動画で
書類を出すシーンがありましたが

書類は
それらの大変な審査を

全てクリアしないと
用意できないので

だから みんな
書類を見た瞬間に

驚いていたところも
あるんですね。

より泣けるね うん。

〈続いては

外国から養子を迎える

国際養子縁組〉

〈コロンビアの孤児が

アメリカで家族になる〉

〈この物語は

養子の受け入れ先を探す
プログラムで

コロンビアの少年が

アメリカへやって来るところから
始まります〉

〈コロンビアの孤児院から
やって来たのは

セバスチャン 11歳〉

〈4人の兄妹がいる
バーキーさんの家で

1カ月間のホームステイ〉

〈実は このホームステイ

セバスチャンが
養子にふさわしいかを

判断するための
プログラムなんです〉

〈しかし セバスチャン本人には

養子縁組の事を伝えてはいけない
というルールがあり…〉

〈そのため 子どもたちにも
養子の話はせず

一緒に過ごさせる事に〉

〈そして 楽しかった1カ月は
あっという間に過ぎ…〉

〈セバスチャンが

再びコロンビアの孤児院に
戻る日が訪れました〉

アディオス。

〈セバスチャンを見送ったのち

子どもたちに
真実が告げられます〉

〈バーキーさんは
この時 初めて 子どもたちに

セバスチャンが
孤児である事を説明し

自分の思いを伝えました〉

(英語)

(女性の笑い声)

(女性の外国語)

(歓声)

「(歓声)」

〈今度は バーキー一家が
コロンビアへお迎えに〉

♬~

〈養子縁組届にサインし

セバスチャンは
バーキー家の一員に〉

♬~

♬~

素晴らしいですね。
いやあ 素晴らしいです…。

4人お子さん いらっしゃるのにね
なんか…。

ああ そうなんですね。
(堤)私の知ってる例でも

自分のお子さんが
2人 3人いるのに

あと2人 3人もらって ホントに
5~6人 子どもがいるとか。

しかも その3人
もらった養子がいるとすれば

1人はベトナムから
1人は中国から

1人は どこかヨーロッパの国から
みたいに…。

っていう おうち あります。

素晴らしいですよね。
そうなんですね。

その家族…。

っていうのが
すごいなと思って…。

うらやましいというかね。

お子さん4人とも
同じテンションで喜んでるし。

それが
すごいなと思いましたね。

丹生さん どうでしたか?

それこそ みんな 年がバラバラで
もしかしたら だって… ねえ

理解が難しい状況だと
思うんですけど

みんなが抱き合ってるシーンが
すごく 心にきました。

(ロボフェッサー)
ちなみに 3つ目の動画で

アメリカ人の家族の
仲間入りをしたセバスチャン君。

ええ~!
(ロボフェッサー)こちら!

大人になってる。

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

(ロボフェッサー)アメリカ人の家族の
仲間入りをしたセバスチャン君。

ええ~!
(ロボフェッサー)こちら!

育った!

大人になってる。
大人に。

仲良さそう みんな。
(丹生)みんなで ご飯。

一番お兄ちゃんに
なるんですかね?

そうですね。
(丹生)うん…。

はあ~ 仲いいんだね。
よかったね。

(ロボフェッサー)
楽しそうに暮らしてますね。

今さっきの 缶の上に
正座させられてる中国人も

愛 感じたけどね。

あれはあれで
まあまあ 愛だよ。

同じ家でも
ああだっていうね。

色んな家があるなっていうね。
(丹生)確かに。

いい勉強になりましたね

愛のカタチの。
ああ。

養子というとですね…。

記憶ないですか?

ちょっと 残念ながら 練習中に
こう ケガしたりして

結局 10位に
終わったんですけれども。

アメリカで育って
17歳で中国に戻って

オリンピック出たっていう事で
結構 話題になりました。

これ 実は

(堤)どんどん 才能を発揮して

オリンピック選手にまでなった
という事なんですよね。

だから すごく
中国でも歓迎された例ですよね。

あと アメリカは さっき
養子の話がありましたけど…。

そういう… そうか。
そういうところもありますよね。

なるほど。 その機能も
果たしているんですね。

さっきの
カイ・オーウェンス選手みたいに

なんらかの理由で

同時に まあ 様々な理由で…。

制度なんだろうなと思ってます。

♬~

(丹生)ええっ!?

う~ん…。

〈終わりが見えない
ロシアによるウクライナ侵攻〉

〈その最前線では

多くの兵士たちが戦っています〉

〈そんなウクライナ人兵士の

〈ウクライナ兵から
銃を突きつけられ

検問を受ける4人組〉

〈これは
サプライズプロポーズ作戦〉

〈恋人以外は みんな協力者〉

どういくんだろう?

〈この隙に 恋人の背後に回って
スタンバイ〉

♬~

(丹生)ええっ!?

ああ~。

へえ~。

♬~

(拍手と歓声)

♬~

♬~

う~ん…。 ねえ…。

さあ 堤さん
ウクライナの動画 どうでした?

あれ 見るとね。

ちょっとね
このあとの事を考えると

あのシーンは
ホント 感動的で

じわっときましたけど…。

あの女性が
外に逃げる途中だったのか

っていう事もあるし…。

〈続いても ウクライナ〉

〈2人は どちらも軍隊に所属〉

〈この戦争が始まってから
出会いました〉

(外国語)

(拍手)

♬~

なんか 今日は 家族の事を
色々考えるような動画が

多かったような気がしますね。
確かに そうですね。

よく見た感じありますね。

なんか こう

色んなケースが
あっていいっていうのを

もっと 何か 身近なところから
変えていけるといいですね。

制度だけじゃなくてね。

実は

その時に…。

どうしてもね…。

それは ちょっと…。

でも その前に やっぱり
自分たち2人が幸せになる事を

最優先に考えてねっていう挨拶を
私はしたんですけど…。

今っぽい挨拶ですね。
家のために結婚すると…。

うんうん うなずいてましたよ。

いいお父さんの挨拶じゃ
ないですか? 嬉しいよね。

(丹生)素敵だなって思いますね。

すごい素敵な…。
素敵なメッセージだよね。

〈皆さん 今日は
どんな気づきがありましたか?〉

6人家族で なんか 全員が
同じ方向に向いてるっていうのが

すごいなと思って…。

同じテンションで喜んでるし。

(堤)80 90になっても

ああやって自分の奥さんと
愛のカタチを示せるって

素敵だなと思いますよね。

あの兵士が 今
生きてるかどうかも

わからないわけだし。

結構 重いものが
あの指輪にはありますよね。

♬~「せいぜい胸を張ってやるさ。」

♬~