ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【横浜】安くしすぎてウーバーイーツ店主…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【横浜】安くしすぎてウーバーイーツ店主

焼き鳥キッチンカー始動!いつでもアハハ大笑いヒーローびっくり結末【滋賀】肉・肉・肉!何でも鉄板食堂!少年大歓喜 名物ガラパゴス定食!!肉汁の滝うるおいハンバーグほか

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】中山優馬、丸山桂里奈、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 丸山
  2. 水卜
  3. ハハハ
  4. スタッフ
  5. 店主
  6. 中山
  7. 本当
  8. ウーバー
  9. 最高
  10. 大変
  11. 面白
  12. 肉汁
  13. ウソ
  14. 仮面ライダー
  15. 観月
  16. 結構
  17. ナマズ
  18. ナマズ定食
  19. ウーバーイーツ
  20. お店

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<テレビの前の皆さん>

<日本の
とある町で 見つけました>

(水卜)いっぱいですね。
(小峠)うわっ すごい!満席ね。

(水卜)お子さんも 若い人も。

うわっ おいしそうに食べる。
いいね。

(水卜)ハハハ…[笑]
(中山)ハハハ…[笑]

(ヒロミ)かわいいね。

(丸山)かわいい。

かわいい[笑]

かわいい かわいい うん。

(水卜)ずっと「おいしー」言ってる
かわいい。

(丸山)本当だ ずっと言ってる。
まぁ ご飯しか食べてないけど。

そうね。

(水卜)何か もう おいしそうだ。
(丸山)量 多い。

(中山)うわっ すげぇ量。
(丸山)ご飯。

(水卜)ハハハ…[笑]
(丸山)え~っ[笑]

これ わんぱく盛りだな。
(丸山)夢の ごはん。

うわ めっちゃ おいしそう。
すごいよね。

やっぱり世の中って すごいな。
(水卜)すごい。

「ガラパゴス定食」
(水卜)何で ガラパゴスなんだろう

(丸山)どういう意味なんだろう?

いやいや
子どもには 多いんじゃない?

ねぇ いけるかね?
(丸山)ちょっと引いてません?

(中山)ハハハ…[笑]
食べきれるか?それ。

ハハハ…[笑]

(水卜)お~っ!
これ いいよ。

あ~っ うまそうね。
これ最高だね。

(丸山)いくらなんだろう?

ガラパゴス。
ガラパゴス定食。

(水卜)どういう意味なの?
肉汁 すごい。

確かにね 肉汁が
すごいね したたって。

(水卜)からあげに 染みる。
(丸山)うわ~っ 絶対おいしい。

「肉汁が えぐい」

(水卜)かわいい[笑]

(水卜・丸山)うわ~っ!
(中山)うわっ すごい。

(丸山)えっ すごい。
あっ やっぱ すごいんだ。

(水卜)すごい!
へぇ~。

「お母ちゃん 肉汁が やばい」って
初めて聞いたね。

あんまり あの年で肉汁って
言わないですよね。

(丸山)なかなか言わないですよ。

(丸山)すごい。
(中山)うわ~っ 豪快。

お~ お~っ。

(水卜)うわ~っ!
(丸山)うわ~っ 最高!

(水卜)おいしそう!
(丸山)ハハハ…[笑]

うわっ いいね
あの スパゲティの上にね。

スパゲティも あるわけね 下に。
(丸山)確かに スパゲティ おいしい…。

(水卜)おいしそうに揚がってる。
何か サクサクっぽいな。

(水卜)ねぇ!いい感じですね。
チキンカツ。

(丸山)うわ~っ 最高。
(水卜)10個 のってるんだ。

(丸山)うわ~っ おいしそう。
(水卜)11だった。

(中山)すごい。

いいですね。

(水卜)手ぐらい ある。

(丸山)あっ びっくりした
手 焼くのかと思った。

ねぇ 手 ねぇ。

いや いかないだろ!

フライパンに 手 直で。
(丸山)びっくりした 今。

何のためにだよ。
(丸山)あ~っ びっくりした。

(水卜)うわ~っ!
(丸山)おいしそう。

うまいよ 間違いないね。

(水卜)染みたとこも おいしそう。

お~っ。
うわっ これ すごいね。

(丸山)これ いくらなんだろう?

(水卜)全部 からあげに染みる…。

うまいんだろうね これ。
(水卜)うわ~っ。

(丸山)確かに 肉汁すごい。
最高だね。

これは うまいよ。
(丸山)うわっ 絶対おいしいよね。

(水卜)「どうしよう」って言ってる。
「どうしよう」って なるよね。

(丸山)確かに 写真 撮りたい。
お母さんに送るっていうのが いい

(水卜)お母さん送ったほうが いい
そうだな。

そうね。

ハハハ…[笑]
わりと…。

(水卜)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

出た 出た!
(水卜)本当だ[笑]

(丸山)めっちゃ ぎゅうぎゅう。
何ていうインサートだよ これ。

この断面 いらねぇだろ。
(水卜)どうやって作ったんだろう?

(中山)すごいな 断面図。
何だよ この断面。

(丸山)これ おいしいんだよね。
これは うまいね。

(丸山)これが おいしい。
これね いいね。

でも 俺…

ハハハ…[笑]
(水卜)分かる!分かります。

あ~っ[笑]
最後だとさ

もう おなか いっぱいに
なっちゃうじゃん。

(丸山)これ先に いきたいですね。
あ~っ そうですね。

(丸山)うわ~っ おいしそうだな。
(水卜)うわ~っ。

(丸山)もう ずっと笑ってる。

(水卜)ハハハ…[笑]罪な味
どんな?

(丸山)食べたい。(水卜)いろいろ
染みてるのかな?肉汁の。

おいしい…。

(丸山)ハハハ…[笑]
(水卜)えっ めっちゃ気になる。

すごいな 小説家かな?
(水卜)ハハハ…[笑]

(丸山)えっ「ガラパゴス定食」?
え~っ。

11個は すごいね。

<さぁ いくら?>

(水卜)え~っ?1000円は
超えてくれないと 絶対。

(丸山)高いんじゃない?

(スタッフ)ガラパゴス定食の…

うん。
(水卜)え~っ。

これ だって2人で いけるもん。
2人で いけますね。

1人じゃ 結構よ これ。

「ピラ定」?

(水卜)ピラ定も あるんだ
ピラフ?

(水卜)ウソ!意外[笑]
ないよ!きんぴら定食なんて。

(丸山)分からないですけど…[笑]
どれで 飯いくんだよ それ。

(丸山)きんぴらで
いけるかなと思って[笑]

何?これ。

(水卜)なんだ?

(中山)うわっ すごい。
(水卜)いい!

(水卜)えっ!豚肉だ。

あっ ヤバイ!何?しょうが焼き?
これも いいね。

あ~っ これも うまそう。
豚バラ?豚バラ?

豚バラですよ これ すごいですね。
(水卜)めっちゃ おいしそう!

ピラニア!ハハハ…[笑]
ピラニア。

(丸山)えっ 何?
ピラニア定食。

あ~っ これ いいよ。
(丸山)うわっ これ最高。

これ 最高だね。
(丸山)塩焼き いいですね これ。

(水卜)うわっ!
(中山)ガッツリだな 肉食。

あ~っ[笑]

(水卜)幸せそう。
ハハハ…[笑]

(丸山)うわっ
おいしそうに食べるなぁ。

「おいひ~」「おいひ~」出ました。

(店主)なんで付けたかって
言ったら…

(中山)ハハハ…[笑]

(水卜)ハハハ…[笑]

<さぁ いくら?>

これも やっぱ
1200~1300円じゃない?

もっとかな?
1300~1400円ぐらい。

お~っ やっぱりね
いい値段じゃない。

(丸山)うわっ おいしそう。

いけるね。
(水卜)すごい進んでるな。

やっぱ きついんだ
それは そうだよな。

なかなかでしょう。
(丸山)確かに これは。

ハハハ…[笑]
(丸山)腰 押さえてる。

仕事に ならねぇな。
足取りが重いね。

ハハハ…[笑]
(丸山)ハハハ…[笑]

(水卜)大丈夫か?
何だよ それ。

よく追ってるな。

腹いっぱいだね。

(丸山)あっ 落としてる
ジャンプしてる。

落としてますね 下にね。

≪すみません 失礼します。

(丸山)ナマズ?
ナマズ定食。

おい そっちが気になるよ!
ねぇ!

(水卜)ハハハ…[笑]

いや。

ナマズ定食 見せてくれ。
(水卜)気になったまま。

(丸山)ナマズ定食 見たい。
ナマズ定食 気になりますよね。

(丸山)え~っ!何?この人。

なんだ?今の。
(丸山)えっ?めっちゃ気になる。

何?今の。
チェックしろ…。

おっ なんだ?何人もいる!
えっ!?

え~っ!
(中山)うわっ すげぇ!

なんだ?この集団。

えっ 何?これ西だな。

ねぇ何か 関西っぽかったですよね
うん 西っぽい。

(丸山)えっ どこだろう?
ねぇ どこだ?

あっ!そうなんだ。
(水卜)へぇ~!

出た!ガーシー。
ガーシー[笑]

(丸山)「コウゲ」さん。
(水卜)「コウゲ」さん。

(丸山)小峠さん 惜しいですね。
まぁまぁ 近いね。

いいんだよ いちいち。
(丸山)思いました?

(水卜)ハハハ…[笑]
欲しくなっちゃう。

ハハハ…[笑]いいね。
(水卜)かわいい!

「ちょっとだけ よだれが出てきた」
て かわいいな。

(丸山)ハハハ…[笑]

≪だから熱いんやって。

(中山)きのうぶり[笑]
あ~っ 連チャンで来たんだ。

好きなんだね。

(スタッフ)きょうも
いらっしゃってるんですね。

(水卜)え~っ!リピーターが
いるのは 間違いない。

(丸山)そんなに?
(スタッフ)年100?

3日に 1ぺんは来てるんだ。

はぁ~ もう たまらないんだね
ここはね。

ねぇ。

(水卜)結構かかる。
結構あるなぁ。

お~っ 400ちょい。
(水卜)すごい!

(スタッフ)そうなんですね。

(丸山)からあげだ。
あ~っ いいね うん。

(水卜)2 3 4 5。
(店主)ありがとうございました。

(水卜)6 7 8。

(中山)うわっ すごい。

もう あれだよな
数とかじゃないんだろうな。

見た目の雰囲気だろうね。
そうでしょうね。

「これぐらい」って
いうことでしょうね。

(水卜)山盛りに なるように。

止まらないもんね。
そうですよね。

(丸山)もう いいんじゃないかな?
もう いいと思うよ。

(水卜)もう結構 山になってる。
うわ いくね!20個。

(丸山)いや
めっちゃ のっかってる[笑]

これ すごいね[笑]
(丸山)これは。

(水卜)すごいな。
(中山)うわ~っ すげぇ。

あ~っ これは なかなかでしょ。
(水卜)おいしそう。

うわ~っ。
(丸山)米も。

あっ「大」なんだ。
これ 1300~1400円。

1300円。

(丸山)え~っ!(水卜)安い。

1050円なんだ。
あっ これ安いね。

安いけど 食べきれないからな。
そうですよね。

失礼します。

(水卜)ハハハ…[笑]

あ~っ やっぱ うれしいよね。
(丸山)いっぱいあるって うれしい

「普通」で10個なんだ。
(中山)これでも 食べきれるかな?

(丸山)確かに「普通」なんだ。

えっ これでも 多くない?

(水卜)あ~っ 熱い。
ハハハ…[笑]

いいよ いいよ。
いいですね。

いいよ。

(水卜)何か 私も今 親近感が
すごい あったんで[笑]

「あれ?いい所に いる」って[笑]
(丸山)かわいい。

かわいいよ。
(丸山)かわいい。

かわいい かわいい。

ハハハ…[笑]
(水卜)ハハハ…[笑]

めっちゃ めっちゃ かわいい!
かわいいよね。

(水卜)一緒に ごはん食べたい。
ねぇ!

こういう人と食べたいよね。
いいですね 気持ちいいですね。

(丸山)最高。

いいね「うまー♥」

ハハハ…[笑]
最高だね。

(水卜)めっちゃ いい。
いいよ。

(水卜)かわいいな。

(丸山)うわ~っ いいね!
いいね。

いいですね。
一緒に食べたい。

(水卜)すごい いい食べっぷり。
いいよ。

いい。

ハハハ…[笑]

(中山)ハハハ…[笑]
いい角度で食べるなぁ。

あ~っ いいね。

(水卜)ハハハ…[笑]
いいね。

いいね。

かわいいよ[笑]
(水卜)かわいい[笑]

かわいい かわいい。
(丸山)うわ~ おいしそうに…。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

かわいいよね。
あ~っ いいね。

(水卜)お~っ!
(丸山)うわ~っ すごい。

へぇ~!2人とも。

<さぁ いくら?>

(水卜)えっ?そうか
1050円より安いってことか。

(丸山)うわ~っ 安い!
安い!

安い 安い。
(中山)大丈夫?

ねぇ。

あ~っ。
(水卜)おいしそうに見える。

(丸山)あ~っ最高だな チキン南蛮
チキン南蛮。

(丸山)うわっ チキン南蛮も いい。
いいね。

(水卜)20個?
(丸山)えっ 20個?

20個。
20個か。

(店主)全部ほとんど
これじゃないですか。

スパゲティ除いたら。
(丸山)そうですよね。

(店主)けっこう重いです
だから 普通の…

なるほど。
(スタッフ)へぇ~。

洗うのも大変だよ。
いや これね。

鉄鍋だもん。
(水卜)そうですね。

重いし。
(丸山)うわっ これも大変だな。

(水卜)すごいな。
(中山)すげぇ 手際いいな。

ハハハ…[笑]

すげぇな。
[カン]

(丸山)ハハハ…[笑]
(水卜)「ガシャン」

ハハハ…[笑]

いや~っ 食いてぇ。

でも さっきの仮面ライダーが
気になって しょうがない。

気になりますね。
あっ 来た!

まんま 来ましたよ。
よかった!

まんま 来たね!
(丸山)このまんま?

(水卜)本当だ まんまだ。
(丸山)やっぱ取らないのかな?

いや 聞きたいわ この人たち!
何?これ。

何 頼むんだろう?ハハハ…[笑]

りりしいね。
(中山)ハハハ…[笑]

(丸山)え~っ すごい。

豚キムチ。
(水卜)豚キムチ食べるんだ。

あっ やっぱ大盛りだ。
あら。

(丸山)常連さんかもしれない。
えっ 何?この人たち。

どのタイミングで脱ぐんだろう?
(丸山)確かに。

(水卜)あっ。(丸山)脱ぎますよ。
ここで?ここで いっちゃう?

(丸山)脱ぐ?
脱ぐ?

(水卜)確かに 見ていいのかな?
大丈夫なのかな?

(丸山)見たい 見たい。

いいですね。

(丸山)ロン毛?

(水卜)かっこいい!
やっぱ バイク乗りは やっぱり。

≪…ていう 中華の。
(スタッフ)あ~っ はい!

「騒ぐんじゃねぇ!」っていう。

えっ
仮面ライダーが見てくれてるの?

ねぇ!うれしいですね。
ありがとうございます。

(水卜)あっ すごい すごい!

え~っ おいしそう!900円だ。

(スタッフ)こっちは?
≪こっちは ピラニア定食。

≪「おかず大」
(丸山)これ おいしいよね 絶対。

(スタッフ)へぇ~ そうなんですね。

えっ なんで?なんで?
この仮面ライダー。

ねぇ!面白いな。
(丸山)かっこいいな。

(水卜)たくさん食べてる。
(丸山)うわ~っ すごいな。

やっぱ 仮面ライダー すごいな
食えちゃうんだな。

ねぇ すごいですね。
(丸山)素晴らしいよ。

(丸山)あ~っ 確かにね。
(水卜)ハハハ…[笑]

あっ!
ライダーベルトが はまらない。

(水卜)食べたら!それは まずい。

ハハハ…[笑]
(丸山)ぎゅうぎゅうに 締めてる。

ハハハ…[笑]

(水卜)めっちゃ 面白い。

(丸山)これ すごいね。
(水卜)きつくなってる。

(丸山)ハハハ…[笑]
(水卜)ハハハ…[笑]

(スタッフ)ありがとうございました
気をつけて。

ねぇ 礼儀正しい。
(水卜)きちんとして。

えっ 何?どういうアレで
仮面ライダー やってるの?

ねぇ 気になりますね。
教えてよ!

(水卜)見せて!(丸山)気になる。

行っちゃったか。

また?
また来た?

また来たよ。
(水卜)ハハハ…[笑]

(丸山)めっちゃ いるじゃん[笑]
最高だね[笑]

(水卜)すごい!
あっ V3!

(丸山)えっ かっこいい!
いいね。

(水卜)ハハハ…[笑]
≪いらっしゃいませ。

(丸山)ハハハ…[笑]
すごい もう。

(水卜)すごい。
(中山)ハハハ…[笑]

V3!
(丸山)えっ かっこいい。

すげぇ。
(水卜)すごい!

(丸山)うわ もう おなか すいた。
ハハハ…[笑]

面白い 何か…

…みたいな。
(丸山)確かに そうですよね。

実際 多分 こんなもんよ。

…してるときだからね。
いや ねぇ?そうですよね。

それは そう そう。
こんなもんですよ仮面ライダー 普段は

(丸山)なかなか見れないですよね。
(水卜)見て いいのかな?っていう

(水卜)あっ!朝 抜いてくるんだ。

やっぱ 仮面ライダーも…

そうよね
ちゃんと抜いてくるんですね。

あっ やっぱ後輩だから
やっぱ持ってくるのかな?

(水卜)何か やっぱ あるんですね
上下関係が。

1号にね。
ハハハ…[笑]

(水卜)そうか。
(丸山)ハハハ…[笑]

そうか そうか[笑]
そうね なるほど へぇ~。

(丸山)かっこいいね。
素晴らしい。

すごいな。
(水卜)あっ 何か 本当だ。

本当 あ~っ本当。
(水卜)すごい。

ハハハ…[笑]
(丸山)めっちゃ老眼の話してる。

(中山)そんな話
聞きたくなかったな。

(丸山)めっちゃ言うじゃん[笑]

(水卜)すごい リアルな話してる。
ハハハ…[笑]

仮面ライダー 老眼なんだ。
ねぇ。

やっぱ まぁ それはね
年には やっぱ逆らえないですよね

ハハハ…[笑]

あ~っ。
おぉ!

(丸山)うわ~っ かっこいい!
あれ すごいですよね。

(丸山)1号ですよね。

サイクロン号に なってるじゃん。
ねぇ。

はぁ~!これは すごいわ。
(丸山)へぇ~ すごい。

(水卜)さようなら。

へぇ~。
(丸山)かっこいい。(水卜)へぇ。

面白い。
世界平和のために 行っちゃった。

(♪~)

(♪~)
(丸山)えっ?
うん?

(♪~)
(丸山)歌?なんだ?

(♪~)
ウソでしょ?

(♪~)
ウソでしょ?
(丸山)バイトの人たちも?

(中山)何?これ。
ハハハ…[笑]

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

俺がね 毎回ニュースで言いたい。

腹いっぱいだったら 戦争なんか
起きないんだっていうのをね。

あいつ まんま
「オモウマ」のこと言ってる…。

失礼します。

(丸山)あっ ナマズ定食 来た。

(水卜)疑問が解決されていく。
(丸山)ナマズ定食?

(ヒロミ)ナマズ定食 なんだろう?

(水卜)わぁ 何?
(小峠)なんでしょうね?

(水卜)なんだ?

(丸山)ナマズじゃないんですかね?
なんだろうね?ナマズ。

(丸山)ナマズ?
肉と?

(水卜)うわぁ~ おいしそう。

しょうが焼きと。

(水卜)メンチカツ?うん?
(中山)うわぁ おいしそう。

メンチカツ?
(丸山)わぁ これ最高。

(水卜)なんで ナマズなんだ?
なんでだろう?

(丸山)これは!
これね いいね。

(丸山)すごいボリューム。
うまいよ 間違いないね。

(丸山)うわぁ おいしそう。

(水卜)うわぁ この組み合わせ
いいかも。

ナマズ。
なんで ナマズなんだろう?

(丸山)うわぁ おいしそうだな。
いや うまそうね。

理由は ないわけね。

(中山)そんな 理由なんだ。
すごいな。

(丸山)素晴らしいよ。

ねぇ すごいですね。

(店主)炒める前は
多分 6キロぐらいだと思う。

(店主)で 卵 入れます
(丸山)大変だ。

(水卜)えぇ。
あっ このまま入れるんだ。

へぇ~。
(水卜)この量 こねて 大変だ。

(水卜)すごい。
(丸山)うわぁ 手ごねだ。

これは 大変だ すごいね。
大変だね。

(スタッフ)あっ そうなんですか?

(丸山)あぁ それがいいな。
俺 その方が好き。

いや これ すごいよね。
(中山)これは すげぇ。

この肉汁。
(丸山)これ すごいですよね。

うわぁ~。

すごいね。
これは なかなかでしょ。

(水卜)こだわりだ。
(丸山)ねぇ 素晴らしい。

これで 何個分ぐらい
あるんだろうな?

(水卜)うわぁ おいしくなりそう。

(店主)これが 冷えてきちゃうと
これが 何も付かないんで こう。

(スタッフ)へぇ~。
(水卜)あぁ そうなんだ。

(丸山)へぇ~。
(店主)脂 ここに付かないです。

(水卜)うん。で あの肉汁なんだ。
めちゃくちゃ いいじゃん。

(丸山)これ すごいですよね。
(水卜)うわぁ~!

うまそうですね。
(丸山)うわっ これ食べてみたいよ

あぁ これ うまそうだな。

(水卜)手間が かかってるな。
(店主)僕が作ったやつ これ。

(水卜)えっ これも作ってるんだ。
(丸山)えぇ!自分で作れるんだ。

(丸山)全部 自家製なんだ。
へぇ~。

(スタッフ)あぁ そうなんですね。
(店主)はい。

(水卜)全部 作ってるんだ。

(スタッフ)はい。(丸山)確かにね。

すごいな。
やっぱり。

(スタッフ)あぁ そうなんですね。
さすが職人さん いいね。

(水卜)尊敬しかない。
ねぇ すごいですね。

(丸山)バイトの人たち。

≪ハハハ…[笑]
(店主)落ち着いて。

(♪~)

(♪~)
(水卜)えっ?
うん?

(♪~)
(丸山)歌?なんだ?

(♪~)

(♪~)
(丸山)ちょっと[笑]
ウソでしょ?

(♪~)
ウソでしょ?
(丸山)これバイトの人たちね。

(♪~)
(中山)何?これ。
ハハハ…[笑]

(♪~)
(丸山)反動なのかな?やっぱり。
なんだ?これ。

(丸山)あぁ。(水卜)何?
(丸山)めっちゃ いい!

えっ?
えっ 何?これ。

何?今の。
(水卜)何?

あっ TikTok。
(水卜)TikTok?

(♪~)
あぁ~!
(水卜)えぇ~!(丸山)本当だ。

(♪~)
(水卜)こういうのも
やってるんだ。

(♪~)
へぇ~。
(水卜)めっちゃ かわいい。

(♪~)
(丸山)わぁ すごい いいお店。

(♪~)
あぁ~ 面白いね。

(♪~)
(丸山)うわぁ チームワークいいな
へぇ~。

(♪~)
(水卜)めっちゃ いい[笑]
(丸山)ハハハ…[笑]

(丸山)へぇ すごい すてき。
へぇ~。

はぁ~。
楽しんでるな。

へぇ~。
(水卜)楽しそう。

もう一回やろうって言ってる[笑]
(中山)ストイックやな。

(♪~)
ちょっと 大将のリズム感が[笑]

(♪~)
ハハハ…[笑]
(水卜)ハハハ…[笑]

(♪~)
(丸山)ちょっと リズム感[笑]
はぁ~。

1回目のが
よかったんじゃないかな。

(水卜)あぁ おかしい。

お母さんが撮ってるんだ。

(♪~)
(丸山)ハハハ…[笑]
いくね。

(♪~)
ハハハ…[笑]
(水卜)ウソ!?

(♪~)
結構 やるんだな。
ねぇ。

(♪~)
昼休憩なくなっちゃうな。
(水卜)確かに。

(♪~)

(♪~)
ハハハ…[笑]
あぁ そうそう!2番目 そう!

(♪~)
これぐらい いかないと!2番目は
(丸山)いいよ いいよ!

(♪~)
そうそう…!
(水卜)ハハハ…[笑]

がんばるぞー!
がんばるぞー!

(水卜)めっちゃ いい!

(水卜)いいお店。
いいね もう疲れちゃってるけど。

(丸山)確かに結構 疲れちゃって。
(水卜)いいお店。

えっ 何?

(水卜)フフフ…[笑]
「37人」

(丸山)なんで?
いいよ いいよ。

(水卜)へぇ~。
(丸山)うわぁ すごいな。

(水卜)うわぁ 大変。
(中山)そんなに。

(店主)そう。

(店主)「やらないんですか?」って
言うから。

そうですね。
(丸山)増えてほしい フォロワー。

増えるんじゃないですか?
これ オンエア後。

(丸山)増えそうですよね。
面白い人だね。

(♪~)
(水卜)バイトするのも
楽しそうだ。

(♪~)
まだいく。
(丸山)えっ まだやる?

(♪~)
(水卜)ウソ!もう一回やってる。

(♪~)
あぁ!
(丸山)頑張れ。

(♪~)
大将に 後ろで動き
見せてあげればいいのにね。

(♪~)
ハハハ…[笑]そうですよね。

(水卜)確かに ちょっと 違う感じ。
そう!あれぐらい やっぱり

いったほうが いいんだよな。
がんばるぞー。

SNSっていいね
こうやって 楽しんでやってたらね

(水卜)うん。

ハハハ…[笑]
(水卜)めっちゃ 楽しそう。

あぁ 楽しそう。

ハハハ…[笑]
(丸山)ハハハ…[笑]

いいよ。
あぁ いいね。

(丸山)ずっと笑ってる。
(水卜)なんて幸せな 映像なんだ。

(丸山)確かに すごいな。

いや だから これを見て
喜んでくれる人がいるっていって

店長さん
忙しいのにさ

昼休みに ああやって
やってるわけじゃない。

もうちょい
フォロワー増やそうね。

ねぇ 本当に。
(丸山)ハハハ…[笑]

(水卜)37でしたっけ?
37だったよね。

まぁ 本当にね
もし この番組 見てね

「コウゲ」さんの
TikTokもね

昼休み 一生懸命やってますんで。

(水卜)ハハハ…[笑]

(水卜)確かに[笑]

(丸山)確かに。
あの ほんわかした感じじゃなくて

<話は変わり>

あぁ あぁ ウーバー ウーバー!
(水卜)きた!

あぁ あそこだ。

ウーバー ウーバー。
(水卜)えぇ!

うわぁ~。

お久しぶりですね。
どうしたんだろう?

(中村) 顔の印象はね 変わるのよ

歯で

顔の印象はね 変わるの

歯 で

<ライオンが本気で作った美白ハミガキ>

<「ライティー」>
《試して「ライティー」》

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

<覚えていますか?このお店>

(ヒロミ)あぁ あぁ…。
(水卜)来た!

(小峠)あぁ あそこだ。
ウーバー。

ウーバー ウーバー。
あぁ どうしたんだろう?

うわぁ~。
いや~。

お久しぶりですね。

(水卜)この笑顔。

そうそうそう。

(中山)えぇ 安い。
(丸山)安いんだよな。

ちょっと よくなったんだよな。
ねぇ うん。

(中山)大丈夫なの?
(水卜)久しぶりに会えたよ。

もう感動したもんな。
これは感動しましたね。

(水卜)私 前 お邪魔したときも…。
ミトちゃん 来たよね?

(水卜)はい はい。
あぁ~。

あぁ うまそう これ。
(丸山)あぁ おいしそう。

いいね いいね。
(水卜)よかった よかった。

ハハハ…[笑]
(丸山)ちょっと。

安いよね。
(丸山)安すぎません?

そう 安すぎるのよ。
(丸山)なんで こんなに安いの?

ねぇ。
(丸山)安すぎる。

最高 おいしそう。
あぁ うまそうですね。

(丸山)いや ちょっと
怖いな なんか。

(丸山)なんで?[笑]
(中山)やっぱり[笑]

(丸山)安すぎません?[笑]
安すぎるのよ。

安いんだよ。もう上げたって
いいと思うんだよ。

(水卜)確かに。
すげぇ うまいんだから。

(丸山)もっと取って
いいですよね。

そう この人 いいんだよな。

(丸山)うわぁ~。

優しい人だな。

うん。

(丸山)うわぁ~。

(ひさこさん)大変になってるよ。

そう。
(水卜)ハハハ…[笑]

お店を赤字を あれするために

店長さんはウーバーイーツで
バイトをしてるの。

(中山)えぇ~!
(丸山)すごいですね。

で お店はパートさんがやってるの
(丸山)そんなことある?

そうそう よく わからない状況に
なってるのよ。

(丸山)確かに そうですよね
よく わからない状況に。

そうそう。

(水卜)あぁ~ でも うれしそう。

いやいや 本当[笑]本当にですよ。

まぁまぁ それは
本当の話なんだけどね。

ハハハ…[笑]
(丸山)確かに そうなんだよな。

いいよね。

前 なんか ほら ちょっと

移動販売みたいなの やる
みたいな雰囲気 あったじゃん。

ありましたね。
(水卜)パートさんも すごい。

パートさん
すげぇ うまくなっちゃって。

店 任せてる。
(水卜)「店主」

横浜よ?これ。

そうだね。
(丸山)何で?

(丸山)確かに
100円でも安いけどね。

えぇ~?

(丸山)いやいや
ためられないじゃん お金。

(店主)みんな だから
こんな時期だから そんなね。

(ひさこさん)ウチも大変だけど
周りも大変だから。

(店主)まぁまぁ みんなで こう
やっていこうかな みたいな。

(スタッフ)そうなんですね。

いや いいよ これはね やっぱ。
(中山)明るいな。

明るいんだよな。

<放送後 お店には>

(水卜)そうそう!
そうだ そうだ。

(水卜)そうそう。
(丸山)めちゃくちゃ いい人だな。

そうそう。
(丸山)へぇ~ すごい。

みんな ウーバーイーツの人が
集まる お店になっちゃって。

(丸山)へぇ~ そう!すごいですね
すごい もう ちょっとね。

感動だったんだよ。

(丸山)みんな集まって。

仲間だって言ってね。
感動したね。

(丸山)本当だ 仲間だ。

(中山)うわ すげぇ!
すげぇな。

これは ちょっと きましたね。

出たの12時半ぐらいで…

(店主)本当ですか?
ありがとうございます。

すみません なんか。
(水卜)何か すごい。

いい きょうだいだよ。

「背負えますよ」[笑]
(水卜)そうだった。

なぜか ウーバーイーツの
バッグなのよ。

ねぇ。
(水卜)記念撮影。

みんな写真 撮りたがるの。
(中山)どんな はやり方なの。

(水卜)本当に素晴らしい。
面白いよね。

みんな これを背負いたがる。
(中山)すごいな。

不思議な現象よ。
(スタッフ)はい チ~ズ。

(スタッフ)何か起きたりしましたか?
(店主)何か起きた?

そうね。
(水卜)すごい…。

(スタッフ)キッチンカーに
使っちゃっていいんですか?

(スタッフ)あっ そうなんですか?

(丸山)えぇ~?

(スタッフ)あっ そういう方を
引き入れたんですか?

(店主)そうそう。

(スタッフ)あっ 近くで?
(店主)そうです。

(スタッフ)へぇ~。

(スタッフ)いえいえ。
(店主)また そのとき考えます。

あぁ~。

これが最新だね。

どうしてるんだろう?

まだ はやっててくれてほしい。
ねぇ。

(水卜)でも たくさん
いっぱいいるかも。

あぁ~ いっぱい いっぱい。

(水卜)「おかえり」だって。
いいね。

よかったじゃん 人いてな。

よかった よかった 本当に。

(水卜)うわ~!(中山)おいしそう。

いいですね。
(丸山)うわ おいしそう。

いくらだっけ?
(水卜)高くあってほしい。

何か 安かったよな。

(水卜)ごはんも たっぷりだし。
(丸山)量 すごい。

(水卜)カキフライ おいしそう!
(丸山)おいしそう!

(丸山)お刺し身も ついてるんだ。

(水卜)ぶりだ ぶり。
ぶり。

(中山)わぁ おいしそう。
(水卜)これも おいしそうだな。

(丸山)えぇ~?
すごいね。

安い。
(丸山)安い。

あぁ~ これ うまいな。

(水卜)いた いた…。
あぁ~ 来た。

(スタッフ)いいですか?
(店主)あっ すみません。

(スタッフ)じゃあ 写真 撮ります。
(店主)はい!

(スタッフ)いきます。

(水卜)あぁ~ もう人気者だ。
(丸山)あぁ いいね いいね。

(スタッフ)もう1枚 いきます。

ねぇ やっぱ。
ねぇ よかった よかった。

いまだに あれ。
(丸山)憧れだ。

やっぱ すごいな テレビって。
(丸山)いや すごいですね 本当に。

すごいよ。

(水卜)あぁ~!ハハハ…[笑]

笑ってんじゃない[笑]
笑ってるんじゃないよ。

(スタッフ)ありがたいんですね。

(店主)送ってくれて あれも。
(スタッフ)どこですか?(店主)そこ。

大根と。(スタッフ)えっ 大根?

(店主)ジャガイモとか。
(スタッフ)ジャガイモ?

すごいね こうやって
送ってくれるんだ。

(中山)わぁ~ すげぇ。
(水卜)連鎖が。

確かに すごいな。

(スタッフ)結構な量じゃないですか。

(水卜)優しい人って
たくさんいるんだな。

(スタッフ)すごいですね。
(店主)そうそう。

これは もう本当
ありがたいことに 本当に

持ってきてくれて。

(水卜)えぇ~!
えぇ~。

(スタッフ)「ご自由に どうぞ」って
書いてますね。(店主)そうそう。

(水卜)これも人に あげるんだ。
(スタッフ)これ お店の前に

置かれてたんですか?
(店主)そうそう お店の前に。

(スタッフ)そうだったんですか。
(店主)そうそう。

あぁ~。
よかった。

よかった よかった。
だけど本当 よかった よかった。

(店主)あそこは ウーバー
やってた お店だよ みたいな。

だんだん 輪が広がっていって。
(丸山)すてき。

(店主)こんな 何か…。

(スタッフ)なんですか?それ。
(店主)小さいバッグ。

(水卜)ウーバーだ。
(丸山)かわいい!何?これ。

(店主)ウーバーイーツ つながりで。
(丸山)めっちゃ かわいい このバッグ

えっ ほしい 何?これ。

(店主)そういう輪が広がって。
すごいね。

すごいね!

(丸山)広がるんだろうな。

えっ 何?これ。

あっ これ!
(水卜)あっ すごい!

(丸山)「旨い 安い ココだけ
やきとりいも」?

やきとり やってるんだ。

あぁ お母さん。

あら。
(ひさこさん)よく わかったね。

今 スマホだから
それで分かるの?(スタッフ)はい。

営業許可証も あるんだ。
(水卜)「Uber配達員の会」

えぇ~!
(水卜)すごい!これ すごい。

すげぇ!
すげぇ!

えぇ~!いや すごいね。
(丸山)これ すごいんですけど。

すごい すごい。
(水卜)めっちゃ感動する。

お父さんなの?

お父さんなんだ。

(丸山)あっ お父さんなんだ。

(たかおさん)本日…お得です!

はい いらっしゃい!

はい いらっしゃい。

いや そうですよね
急に ある感じですもんね。

(水卜)どうなんだろう?
なかなか ない絵だよね。

面白いよね。
うん。

(丸山)面白いですよね。
人通りもあるのかな?

(水卜)ここなんだ。

(ひさこさん)はい こんにちは。

おっ。
(水卜)来た。

おっ!
(丸山)おっ しっかり覚えてる。

いいね「塩1つ タレ3つ」

渋いね。
渋いね。

おっ 自分で!
(丸山)自分で食べるんだ。

自分で そのまま いくのか。

(中山)自分が食べるのかい。
いいね!

(丸山)自分で買うんだ。
(水卜)かわいい。

この年で よく塩 いったな。
(丸山)めっちゃ 渋いですよね。

この年って タレですよね。
なかなかだね。

(水卜)塩は選ばなかった。
塩 いかないよ あれぐらいじゃ。

すごいね 面白いね。

(ひさこさん)子どもたちが食べるから。

(ひさこさん)あっ そうなの 通なの?
あぁ いいですね。

いいね いい。

(ひさこさん)おいしいもんね 皮ね。

(丸山)おいしそう あっ!皮。

うわ 皮 とり皮 うまい。
(丸山)おいしい 皮 ヤバイですよ。

(水卜)大きいな。
ねぇ。

いいね。

焼き鳥って これが大変なんだよな
下処理が。

あぁ~。

(丸山)手作業じゃないと
無理ですもん。

(スタッフ)これ 何ですか?
(たかおさん)あれ ぼんじり。

(スタッフ)ぼんじり?
(たかおさん)ぼんじり。

(スタッフ)大きい。

(ひさこさん)大きいでしょ?
(スタッフ)大きいですね。

安い!
(丸山)ぼんじり おいしそう。

ぼんじり 150円なんだ。

(ひさこさん)私も食べて
おいしいなと思うもん。

(丸山)おいしそう。
(スタッフ)すごいですね。

(丸山)ここ 行ってみたいな。

(たかおさん)はい いらっしゃい!
あれ?

店長ですね。
(店主)焼き鳥やってますよ。

(水卜)来た 店長。
この声は。

えぇ~?
もう 大丈夫?

「安くなっちゃう」って…。
(スタッフ)前 おいくらだったんですか

(ひさこさん)前はさ
180円だったんだよ ねぎま。

150円で いいって言うから。

(丸山)えぇ~!(水卜)いい!
いいね。

ハハハ…[笑]

すげぇな。

あぁ~ 安いね。
(丸山)わぁ~ 安い!

安い 安い。
(丸山)安い!(水卜)100円だ。

(丸山)えぇ~?安い。

(店主)ありがとうございます。
(ひさこさん)塩とタレ どうする?

タレで。
(たかおさん)ありがとうございます。

(ひさこさん)ありがとうございます。

≪はい 大丈夫です。
(店主)いいのかい?

(水卜)優しいね。

はいはい 食べな 食べな。

(丸山)無料で?
(店主)無料だよ 1個 どうぞ。

いいよね お菓子 もらえるの。
(店主)1個どうぞ 1個いいんだよ

(丸山)めっちゃ いいですよね。

(水卜)すごいな いろいろ。

≪ありがとうございます。

すみません ごちそうさまでした。

(丸山)すごい いいな。

(店主)どうも
ありがとうございます!

いいね。

いいよ。
わぁ~ いいね。

(水卜)えぇ~ すてき!

(たかおさん)まぁ なんにしろ あれだよ

(水卜)スゴイよ。(たかおさん)それで…

ハハハ…[笑]スゴイね。

(スタッフ)えっ どれですか?
(ひさこさん)これ。

えっ!?これ孝司さんですか?
(ひさこさん)そうだよ。

かわいいね。
(丸山)かっこいい!

(スタッフ)いくつぐらいのときですか?

(ひさこさん)まだ20代だよね。
(スタッフ)えぇ~。

へぇ~!
(スタッフ)そうだったんですか。

(丸山)そうなんだ。

(丸山)えぇ~ そうか。

(ひさこさん)弱いものいじめ しないし。
(丸山)偉いな。

(ひさこさん)だから…

(中山)すごいな。

まぁ 確かに あの人が
向かってきたら 怖いもんな[笑]

確かにね。
(中山)風格 ありますもんね。

あの人は ケラケラ
笑ってなかったら

怖い人だもんな。
ハハハ…[笑]

(水卜)「ハハハハ!」って
言ってなかったら。

(丸山)あっ ウーバーの方?
何?これ。

(水卜)配達の途中に食べるのかな。

(中山)配達の方。
(丸山)配達の途中に。

(中山)途中で寄ってくれてたんだ。

(店主)あぁ~!

(水卜)わぁ~!すごい。

(店主)ありがとうございます。
あぁ~ いいね。

≪車で来ました。

(店主)すみません。

(スタッフ)配達員の方なんですか?
(店主)配達員。

何か いつも 配達のときとかに
お世話になってるんで。

(ひさこさん)ここから。

へぇ~。
(スタッフ)かわいいですね。

ウーバーイーツの袋からね。

(ひさこさん)好きなの選んで。
≪いいんだって。

(ひさこさん)ウーバーの お菓子 はい。
ウーバーの お菓子[笑]

(ひさこさん)ウーバーの お菓子。
≪いいって。

(ひさこさん)よかったら。

(店主)選んで いろんな…。
(丸山)確かにね。

(店主)いやいや。

(店主)毎日ね…

(スタッフ)ハハハ…[笑]
(丸山)確かに。

はい どーぞ どーぞ。

(ひさこさん)見えないね。

(水卜)いや 本当に素晴らしい。

(丸山)いや これ うれしいよ。

(ひさこさん)どれがいいかな?
食べな 食べな。

(ひさこさん)あと もうひとつ。

ねぇ。
ハハハ…[笑]

これ!
≪ありがとう した?

(ひさこさん)どういたしまして。
≪バイバイって。

(ひさこさん)バイバイ。

はい ありがとうございます。

(たかおさん)俺から言わせりゃ
何だありゃ 385円。

本当 そうだ。

(丸山)いいお父さんだな。
(たかおさん)それでな…

いいこと言うな!
いい言葉ですね。

(水卜)確かに。(たかおさん)助け合って
くれるんだからな。

(スタッフ)こうやって…

(スタッフ)そうなんですか?
ハハハ…[笑]

まぁまぁ そうだね。

(スタッフ)一人前の男。
(たかおさん)そうだよ。

でも本当に この回をね。

その前の回を放送して。

一番 まず最初に応援に来たのが

ウーバーイーツで 本当に同じように
アルバイトをしてる人たちが

そこに食べに行くっていうので。
いや すごいよね。

すごいよ。それが今でも
つながってるっていうのが。

(水卜)本当 ねぇ。

本当ですね。

家族 いいですね。
いや そうよね。

いいよ。

(スタッフ)それこそ 最初…

(スタッフ)そうですよね?
(ひさこさん)本当は そうなの。

ところが ほら…

(丸山・水卜)えぇ~!
(スタッフ)あっ そうだったんですか?

(ひさこさん)うん ことで。
ウソでしょ?

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

(スタッフ)キッチンカー買う前に…

(スタッフ)買ってから
わかったんですか?

(小峠)へぇ~。

(ヒロミ)さすがだね。
(スタッフ)最後の最後?

(ひさこさん)…で わかったんじゃない?
ハハハ…[笑]

いいね!面白いね。

(ひさこさん)さぁっていうときに
持ってないってこと あれ?

親子だな 同じだな。
(ひさこさん)でも それはね。

ハハハ…[笑]うまいこと言うね。

結構 落ちるよね。
ハハハ…[笑]

(スタッフ)ハハハ…[笑]

「さぁ始めようか」「じゃあ
どうやって運ぶんですか?」

「免許 持ってないです」っていう。
(丸山)なかなか ないですよね。

(中山)凡ミスすぎません?それ。
(水卜)ハハハ…[笑]

すごいよな。
(水卜)かわいい[笑]

すごいよね。
すごいよな それ。

<話は変わり>

パンチ あるな[笑]

うわっ これ すごいね。
(観月)うわぁ~!

これは あれでしょ?
まだ材料というか。

あっ 違うんだ。
(観月)えっ?

すごいんだ。
ハハハ…[笑]

これ今までで最強だろ この。

(水卜)あす よる7時から
優勝賞金1000万円の

ダンス日本一を決める大会

「THE DANCE DAY」が
始まります。

3時間の生放送で
お届けするんですが。

予選から拝見してるんですけど

もう信じられないぐらい
レベルの高い

超一流のダンサーたちが
集まっている

大会になっているので

ぜひ見ていただきたいと思います。

1秒も目が離せないです。

(ヒロミ)普通 これでも多いよ
今のでも多いよ。

(小峠)もう もう。
(観月)いや 食べれる?こんなに。

(武尊)すごいごはんの
量も なみなみですよ。

すげぇの来たな これ。
(観月)ハハハ…[笑]

これはさ
これ今までで最強だろ この。

これ ちょっと すごいですね。

(観月)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(武尊)怖い!(観月)ハハハ…[笑]

怖い!
うわぁ~[笑]

(観月)いかついな!
とがってますね。

ハハハ…[笑]怖い!