沸騰ワード[字]回転寿司に取り憑かれた溝端淳平が週4で通う人気チェーン(秘)無料メニュー…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

沸騰ワード[字]回転寿司に取り憑かれた溝端淳平が週4で通う人気チェーン(秘)無料メニュー

回転寿司に取り憑かれた溝端淳平が週4で通いまくり見つけた人気チェーンの激ウマ無料グルメ&(秘)裏メニューを大公開▼北海道の回転寿司店で人気の謎ネタ「バキバキ」とは?

出演者
【司会】設楽統(バナナマン)
【沸騰リーダー】日村勇紀(バナナマン)
【進行】岩田絵里奈(日テレアナウンサー)
【パネラー】井之脇海、カズレーザー(メイプル超合金)、高橋茂雄(サバンナ)、滝沢カレン、出川哲朗、前田敦子

【VTR出演者】溝端淳平、瀧野由美子(STU48)
番組内容
①回転寿司に取り憑かれた溝端淳平
ガチで週4通い!プライベートで入り浸る回転寿司チェーン巡りに密着…ホタテ!トロ!春ニシン!人気ネタから旬ネタまで激ウマ寿司最高の食べ方&裏メニューの頼み方大公開…さらに北海道民しか知らない!?幻の寿司ネタ「バキバキ」求め北の海へ!前田敦子も大興奮

②街の変わり者 沖永良部島マサル
今話題!南国の離島に移住し素潜り漁師になった男の生態をSTU瀧野由美子が体験リポート
監督・演出
【企画・演出】水嶋陽
【プロデューサー】笹木哲
【統轄プロデューサー】新井秀和
【チーフプロデューサー】秋山健一郎

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ディレクター
  2. マサル
  3. 店員
  4. バキバキ
  5. 素潜
  6. 溝端
  7. ホント
  8. 男性
  9. 銚子丸
  10. 回転寿司
  11. 鮮度
  12. 瀧野
  13. タコ
  14. ハハハ
  15. ハリセンボン
  16. ホッケ
  17. 今日
  18. 二階建
  19. 日村
  20. 北海道

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<今夜も 我々の…>

<今回は 取り憑かれた…>

え~ おいしそう!

<さらに…>

<…を直撃>

うわうわうわ うわ! すげぇ!
<まずは!>

<これまで番組では
さまざまなものに…>

<…たちを調査>

<…を カメラに収めて来た>

もう あっちゃんっつったら…。

(日村) それしかないよ。
今もかけてます?

魚イコールお酢ではあります。
魚イコールお酢。

俳優で。

<そして
今回 とある…>

(溝端)
お疲れさまです ビックリした。

<…といえば>

(ディレクター) 箱!

<奈良の…>

僕 10月に…。

その時に 結構…。

温めてました。

そうめんなんで…。

…ぐらい行ってましたね。

…ぐらいで。

お願いします。

ヒント いいですか…。

最近は もう こういう感じ。

食べる前ですね。

(日村) 何だ? 今の。
(岩田) 難しい。

<などと話しながら…>

もう そりゃ…。

今日も行くの。

(ディレクター) 銚子丸さん。
はい 有名ですね。

(ディレクター) ということは これ…。

僕が…。

<実は 溝端…>

<あれから…>

<中でも ここ…>

<…する 回転寿司チェーン
銚子丸 大井店は

ある…>

…この店
むちゃくちゃ人気で。

大好きですか? 回転寿司。

(井之脇)
親が祝ってくれる時とかは…。

あ~ 小っちゃい頃から?
小さい頃から よく行ったり。

ここに何か
取ったりしてたのは…。

(ディレクター) 別のお店で?
別のお店で。

<溝端が…>

…とか あるんですよ。

う~ん。

(ディレクター) え~!
<と…>

ちゃんと ほら 今…。

回転寿司。

<旬に狙いを定め
世界中の漁港から買い付ける

銚子丸こだわりのマグロ>

う~ん うん!

(ディレクター) ホントですか?
はい 全然。

お店の方に…。

…ので 行ってないだけで。

日本海のほたるいか
いただきます。

<漁獲量日本一…>

う~ん!

<熊本…>

<…などをいただき
いよいよ ここで

銚子丸に取り憑かれた
きっかけともいえる…>

2時まで。

ここの あら汁が。

<銚子丸ほとんどの店舗で

鯛やハマチなどのあらを
惜しげもなく使った あら汁が

いくら のんでも まさかの無料>

…って思われんの ヤバいでしょ。

この大きさ。
(ディレクター) すげぇ!

う~ん!

ホントに 具だくさんの…。

(ディレクター) ちなみに…。

はい。

(ディレクター) そうか そうか。

例えば…。

全国シェア1番だけあって…。

<昆布やカツオ節などから取った
厳選くら出汁は

魚を しゃぶしゃぶで食べたり

お茶漬けの出汁としても人気>

すごいね…。

すご~い!

<いろんな…>

<そこで…>

(ディレクター) 本当に取り憑かれてるか
ということで

ちょっと…。

逆に言うと…。

これ もう…。

溝端君って やっぱ…。

何か好きになると もう。

単体で言ったら 一律 安いのは。

(ディレクター) ホントですか?
はい。

はま寿司さん 幾らですか?

(ディレクター) …なんですけど。

そうだ そうだ。

高くしてます。

<などと…>

では ちょっと…。

いつも食べてる。

(店員) 手巻きです。
ありがとうございます。

中落ち手巻き。

…って聞いてから。

<香り豊かな…>

<マグロの中落ちを
たっぷりと巻いた

中落ち手巻き>

う~ん。

この海苔が うまいんですね。

<他にも銚子丸には
西京味噌や紀州梅など

裏メニュー用の食材があり

メニューにはない寿司も
できる限り 客の希望に沿って

握ってくれるサービスが>

はい…。

(店員) お預かりします。

持ってた 持ってたんだけどな。

こちらこそ…。

とっても おいしいです。

よく見ます はい。

ハハハ…!

…って いいね。

<何でも ある回転寿司店で…>

<…があるという>

やっぱり 健康に…。

自分も…。

一番…。

…でもあるので。

<などと…>

<車は…>

(ディレクター) また回転寿司?
また 回転寿司です。

(ディレクター) ここも よく来る?

ゴルフも
僕 ちょっとやるので…。

他の寿司屋さんと
違うところは…。

(店員) はい そうです。
(ディレクター) なるほど。

それが しかも…。

<溝端が千葉に行くと
必ず立ち寄るという…>

<実は 貝類専門の卸業者という
強みを生かし

一年中 全国のカキの
食べ比べができたり

上質な脂がのり
希少性の高い 旬の…>

<カツオ1匹から
わずか2切れしか取れない

腹の部分 砂ズリなど>

<他では味わえない寿司ネタが
バンバン味わえる>

確かにね。

すげぇいいね。

<早速 仲卸直営ならではの
ウワサの…>

<と…>

(店員)
その 2皿しかないんですけど。

<溝端の…>

<さらに…>

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

すいません お待たせしました。
来た! うわ すごいなぁ。

本来…。

すごく…。

(ディレクター) そうなんですね。

<天然本マグロのトロの切れ端を
ふんだんに使った

贅沢なひと品>

<これで
なんと 寿司7~8貫分>

<およそ…>

<ひと皿…>

う~ん!

(ディレクター) うわ~ デカい!

う~ん!

(店員) ちなみに…。

え~! そうなんだ。

朝? 昼ですか?

開店と同時に。
なくなった。

本マグロでしょ? 天然の。

いや 安過ぎない?
(出川) 安い 安い。

(高橋) もはや…。

<さらに…>

(店員)
こういうのもあるんですけど。

(店員) …っていう名前で。
岩ガキMAX。

いや そういう…。

あんまり ちょっと…。

ハハハ!

怒ってないですけど…。

(ディレクター) これ ちょっと待って。
デカい!

確かに…。

え~!
普通に…。

ヤバい!

<栄養満点な…>

<味わいが 濃厚かつ
クリーミーな極上品>

これ 半分になってるけど…。

ひと口でも結構…。

<あまりに…>

行きますよ。

(ディレクター) 入った!

(ディレクター) 入った。

うん!

これは…。

カキ 好き?

じゃあ もう これ食べたいね
ハハハ!

もはや…。

(笑い)

あれで行けるよね。

僕は 今まで…。

はぁ~!

何ていうんだろ?

…ってことですよね?
トロ金目鯛のトロの部分ですから。

<金目鯛の中でも 特に…>

<この日は…>

<表面をあぶることで
適度に軽くし

香ばしさをまとった

仲卸直営ならではの ひと品>

<普通なら 1000円はくだらない
ひと皿が…>

普通に何か… ねぇ。

回転寿司とか
あんまり行かなくて。

だから こんなに正直…。

…って思わなかったから。
いや そうですね。

(出川) だから…。

(笑い)

そのまま?
(店員) はい。

(ディレクター) ツヤツヤ。
もう 今…。

全くです。

今まで 結構…。

そん中でも…。

ハハハ!
(日村) それしかないよね。

<そして…>

(ディレクター) 晩ご飯ですか?
はい 晩ご飯。

一緒に。

<ということで…>

<2時間後…>

<向かったのは
銀座の一等地にある…>

<その中にあるのが…>

こちらですね 根室花まるさん。

ついに…。

銀座店の所は…。

根室花まる銀座店も…。

え~ やっぱ すごいな。

(高橋)
あそこ めちゃくちゃうまい。

<寿司激戦区の銀座で
行列が絶えない…>

<ここ数年 東京には

ご当地系回転寿司が
続々とオープンし

群雄割拠に!>

<中でも…>

<まずは 店の実力が分かる…>

このボリューム。

二階建てです。

(ディレクター) ホタテが2段?
はい。

二階建てホタテは もう ここの…。

<この時期
大人の手ほど大きく育つ…>

<…を4個も使用>

<口の中に甘みが広がる…>

<1個400円はくだらない
野付産ホタテが

こちらでは 4個で…>

二階建て?

二階建てホタテ…。

ホントですか。
(日村) あら 食べてる。

う~ん!

もう贅沢。

来た!

あんまり見たことないですけど…。

特別な…。

はい。

<北海道で…>

<こちらでは 東京で…>

う~ん。

脂が さらっとしてるんで。

そうなんですよ。

解凍も言えないんだ。

言えないんだ。

だって やっぱり…。

…だと思うんで。

(岩田) 今まで やっぱり…。

っていう イメージがあったんですけど
ちょっと その…。

<その後も
身が締まり 歯応えのある…>

<風味のある…>

<…をいただいたら>

もう逆に…。

バキバキ?

ウソ!

バキバキ は どこで獲れるんですか?
北海道の…。

北海道の…。

函館。
(店員) はい 今の…。

今?
(店員) はい。

今 このタイミングですか?
(店員) このタイミングです。

ちょっと…。

<これだけは…>

<…という謎の魚>

(ディレクター) 何ですか?

行っちゃいます?
(ディレクター) え?

取りあえず だって…。

<果たして その…>

(歯医者)ハブラシ選びのポイントは
(上戸)ズバリ ヘッドの薄さ!

《薄いハブラシなら奥まで届きやすいんです》

決めた!ハブラシは 薄さで選ぶ!

《歯垢除去率 1.4倍!》

♬~「クリニカ」《極薄ヘッド》

<一瞬で味が落ちる

幻のバキバキの握りを求めて

多忙な溝端と北海道 函館へ>

今日は…。

(ディレクター) 行けそうですね。
これは すごい。

<早速…>

バキバキ。

「バッキバキだね」とか。

<と 想像に胸を膨らませ…>

どうも こんにちは。

すいません いろいろ。

<いざ…>

獲りに行くの?

今日。

2mぐらい
あるんじゃないですかね?

<荒波の中…>

あれだ!

<…という漁法>

<しかも 網を仕掛けるのは

ある理由から わずか1時間だけ>

<果たして!>

バキバキ 来た!?

すごい!

<ついに…>

<今の時期しか獲れない

幻の魚 バキバキを
無事 ゲット!>

<だが…>

ホッケなんですね これ。

「根ボッケ」って何ですか?

(男性) 回遊魚は
居着いてるのを「根ボッケ」で

これを「バキバキ」。

…ってことですね?

ないですね 見たことない。

立つ?

固まってるってことですか?
(男性) そう。

(男性) ならないですよ。

これ…。

ホントだ。

(男性) ヘナっちゃうんですよ。

(男性) こういうふうになる。

全然…。

<一部は 2つの海流がぶつかり

餌が豊富かつ流れが速い

津軽海峡に居着き 筋肉質に>

<そんな根ボッケは…>

<…し ピンと立つ!>

<引き締まった身と活きの良さを
表す言葉として

「バキバキ」と名付けられた>

<…ポイントが>

網を張ってる…。

鮮度が違う…。
(男性) 魚の鮮度が。

そう!

<網にかかったまま
数時間 置かれたり

釣り針に引っ張られて
暴れもがいたホッケは

疲労のため劇的に鮮度が落ちる>

<故に わずか1~2時間で
水揚げする

この早業漁法でなければ

幻のホッケ
バキバキにはならない>

<そこで 溝端は…>

…行って来ます。

<ここからは…>

<急いで 新鮮な…>

絶対…。

(高橋) 「焼き」ですもんね。

着きました~!

(ディレクター) 早っ! 早っ!

(ディレクター) めっちゃ早い!

ここだ!

失礼します すいません。

すいません。

獲れました! バキバキ。
(店員) すごいですね。

バキバキです。

バキバキですね。

<…と!>

(店員) 包丁がちょっと
入って行かないですね

鮮度 良過ぎて。

<そして…>

ありがとうございます!

すいません いただきます。

キレイだな。

<まさに 獲れたて!>

<これ以上ない鮮度の…>

バキバキは うらやましい。

あれがやりたいんだもんね?
そうです。

私は どちらかというと
そっちがやりたい。

最高の贅沢ですよね。

いただきます。

<その味は?>

うん!

(店員) うまいっすか?

(店員) ありがとうございます!

食感 ヤバいっすよね。

ちょっと…。

おいしい!

でも…。

…あるから。

おいしい!

(店員) これがホッケ。

うん!

う~ん!

(店員) それは うまいですよね。

その脂のり。

…て出て来るんですよ。

多分 これ…。

正直…。

<彼らは…>

<離島に移住し

あるワイルド過ぎる漁法 一本で
生計を立てている…>

(瀧野) どうも!

<以前 当番組でも

新幹線へ
異常な愛をさらけ出した>

<そんな彼女が
やって来たのは…>

<鹿児島県 奄美群島の1つ…>

<…の海と

ケイビングで人気の
鍾乳洞で知られる

人口1万2000人ほどの
小さな島>

<早速 地元の漁港で

話題の漁師について
聞き込みをしてみると…>

…というのを
探しに来たんですけど。

サメと闘う!

子どもに大人気!

<そこで…>

でも…。

え~! でも…。

うわ~!

キャ~!

こんにちは!

お~ マサルさんだ!

<そう こちらこそ話題の…>

素潜り漁。

素潜り漁!
あ~ 素潜りなんだ。

(マサルさん) いい時だと…。

<…をする中

マサルさんは
魚を見ながら捕獲したいと

素潜り漁にこだわり

巨大ウツボやイソマグロも

素潜りで仕留めて来た>

(マサルさん) とある…。

それが…。

あ~ すごい!

<夜に姿を現す
お宝食材に期待しつつ

まずは その腕前を拝見>

すごい!
体張ってるね。

<と…>

わ~! わ~!

ナメコ?

ちょっと渋いんですね。

<水深1mの…>

(マサルさん) 痛くないですか?

あ~ すご~い!

<トゲで覆われた
ハリセンボンを

手掴みで 一撃!>

(滝沢) 針は?

<そして
瀧野も人生初の素潜りで…>

<トゥビキラザは
塩ゆでするだけで

最高の酒のつまみに>

えっ!

喜んでいいんですか? それ。

<と その生活ぶりが
気になるので

マサルさんの自宅に
ついて行くことに>

え~!

<…のマサルさん>

<幼い頃
サバイバルに挑む よゐこ…>

<海への思いから…>

<…に進学>

<在学中に観光で訪れた
沖永良部島に魅了され

そのまま 島に移り住み
漁師となった変わり者>

(出川) 多分 喜ぶと思う。

確かに そう考えると すごいよね。

彼の…。

…与えてるよね。

<と…>

お~!

わ~!

6LDKですか。

お部屋が6個。

(マサルさん) 大体…。

2万円!?

<馬小屋付きの一軒家>

<すると…>

え?

<衝撃の作り物とは 一体!?>

<さらに…>

<鹿児島県 沖永良部島に
移住した…>

え?

(マサルさん) これが…。

大っきい!

(マサルさん) そうです ウオッカに…。

<さらに…>

(マサルさん) ここで…。

水産加工場?

<島では…>

<…と 獲れた魚を全国に届ける

水産加工工場を建設中>

<工場設置に必要な
5500万円のうち

クラウドファンディングで
1000万円を集め

残りは YouTubeなどで

島の魅力や素潜り漁を
発信しながら

少しずつ稼いでいるという>

(マサルさん) 何とか…。

マサルさん あそこの…。

すごい方だなって。

(カズレーザー)
水産加工工場をつくったりとか…。

…させようとしてるのが
すごいなと。

すごいね。

<と 次第に暗くなり

いよいよ
お宝食材が獲れる夜の海へ>

到着!

(マサルさん) これ…。

え~! 手作りですか?

<謎のアイテムを背に
いざ お宝食材の漁へ>

じゃあ 今回 特別に。

<夜は魚も眠るため

昼よりも獲りやすいとか>

<懐中電灯を片手に…>

<スタート早々
いきなりマサルさんが>

すご~い!

<岩場の陰に魚がいるらしいが

初心者 瀧野 突けるか?>

やりました~!

(マサルさん) アイゴです。
アイゴ!

ゲット!

(マサルさん) よかった~ 獲れて。

瀧野さんが…。

海ね。

潜って行くのって 相当…。

そうよ 体張ってね。

<と…>

(マサルさん) この中に…。

あ~! この中に。

<後ほど
フグの仲間 ハリセンボンが

驚きの料理に!>

うまいんだ。

ハリセンボンって 食べれるんですね。
ホントですね。

<さらに!>

<2匹連続で ひと突き!>

(マサルさん) シマハギ!

<と ここで ついに…>

(マサルさん) シマダコです!

<タコすらも手掴みで 一撃!>

<この日の…>

うわ~!

タコ!

水玉模様みたいな。

あ~!

<頭の縦縞模様から
名付けられた シマダコは

沖縄や鹿児島で
まれに獲れる高級ダコ>

<傷みが早いため

ほとんど東京には出回らない
お宝食材>

<すると…>

え~‼

うわ~!

張り付いてる!

え~!

何か ちょっと…。

もう少し強めの…。

…手に入れてほしい。

<さらに 瀧野が
初めて素潜りで獲ったアイゴ

今が旬のオジサンなど
合計9匹を

マサルさんの自宅で
得意の料理に>

<ハリセンボンや
希少なシマダコが

驚きの味わいに>

あ~!

<次週は志麻さんが
芸能人の別荘に招かれ…>

<素潜りで獲った…>

<まずは 筋肉質な…>

(マサルさん) 盛り付けて。

<…をあえるだけ>

<希少なタコを贅沢な刺し身で>

…見た目は。

…って感じです。

<続いて 旬のオジサンは…>

<うま味を生かすため
シンプルに あぶりで>

その時…。

オジサン 食べたことあるの?

(滝沢) 私も お家とかで
ごま油とか タコはやるので。

<一体 その味は…>

うん!

…感じがします。

マサルさん。

ありがとうございます。

前田さんから
沸騰ワードがあるそうです。

私の沸騰ワードは
Huluオリジナルドラマ

『あなたに聴かせたい歌が
あるんだ』です。

今日からHuluにて

全話独占配信されております。

17歳から27歳の
夢の分岐点を描く

群像劇になっていますので
ぜひ お楽しみください。

よろしくお願いいたします。

井之脇君からも沸騰ワード。
『エレファント・ソング』です。

現在 PARCO劇場にて
上演中で

寺脇康文さんと
ほり すみこさんとの

3人芝居で 診察室を舞台に
繰り広げられる

緊張感あふれる
心理スリラー作品です。

僕の初主演の作品に
なりますので

ぜひ 劇場に
体感しに来てください。

<番組の最新話を…>

<見逃しを防ぐ
お気に入り登録も忘れずに>

<そして Huluでは 本日の放送も
過去の放送も配信中>