電脳ワールドワイ動ショー[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

電脳ワールドワイ動ショー[字]

ネットが発達しても、世の中知らないことだらけ。日本の常識でものを見ていませんか?
世界の動画から何かを気づき、今を自分で考える、今までにない「ワイ動ショー」です

◇番組内容
■バイきんぐ小峠がキャスターに挑戦!ニュースではわからない「世界の今」を個性あふれるコメンテーターと世界の動画を見ながら本気で考える《ワイ動ショー》★今回はグルメSP!世界各国の激安グルメやおふくろの味、様々な「食」がわかる動画を見て多彩なコメンテーターと忖度もしがらみも一切ないバーチャルコメンテーターが思い思いの意見を述べます★今回の「今知っておきたいこと」とは!?★「世界の今」を一緒に考えましょう
◇出演者
【メインキャスター】小峠英二(バイきんぐ)
【進行】下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】いとうせいこう / 稲垣えみ子 / 堤伸輔
【バーチャルコメンテーター】カメレオン坊や / ロボフェッサー
◇おしらせ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/dennou_wws/
☆番組Twitter
 https://twitter.com/dennou_wws

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 稲垣
  2. ロボフェッサー
  3. 日本
  4. お肉
  5. 一同
  6. 結構
  7. 世界
  8. お値段
  9. バングラデシュ
  10. ホント
  11. 食事
  12. 面白
  13. アフリカ
  14. クルミ
  15. タマネギ
  16. ハハハハ
  17. マグロ
  18. メキシコ
  19. 下味
  20. 家族

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





〈安くて うまい
みんな大好きな

〈世界にも 庶民の胃袋を支える
激安グルメがたくさん!〉

うわあ! これ うまそうだな。
これは いい脂が また これ。

〈この食事で英気を養い
生活の糧となっています〉

〈まずは 各国で人気の

激安グルメ〉

〈お値段にも注目です〉

〈インドのお隣

パキスタンから〉

(ロボフェッサー)こちらは
パキスタン最大の都市 カラチ。

屋台は
人々の活気であふれています。

アハハ… なんだ? これ。
面白いね。

(下平)小麦粉を水で溶いたものを
油で揚げていきます。

へえ…。

そんな高い温度でも
なさそうですね。

じっくりやってるのかな?
へえ~。

(ロボフェッサー)独特な形のお菓子
パキスタンのジャレビ。

こちらは 北アフリカから中東まで
広く親しまれているお菓子で

多くのパキスタン人にとって

子供時代の
思い出の味なんだそうです。

砂糖のシロップに
しっかり漬け込むんですね。

へえ~。

(ロボフェッサー)さあ それでは
お値段の発表。

1袋で67円。

まあまあ 1袋ですもんね。
1袋で… 安いね。

そうですよね うん。

〈続いて…〉

(ロボフェッサー)バンコクの中華街
ヤワラート通り。

こちらのイカやタコの串焼き
プラームックヤーンといって

タイでは定番の屋台料理。

(ロボフェッサー)下味は
ターメリックや甘口醤油で

お酒にピッタリ。
へえ~。

(ロボフェッサー)仕込みの量も大量です!

すごい量だね これ。

(ロボフェッサー)焼き上がったら
パクチーをのせて

スパイシーソースを
たっぷりかけたものが大人気。

それでは お値段の発表。

1串で およそ150円。

安い。 そうか…。

うまそう。
いや うまそうですよね。

〈続いては 中央アジア〉

こちらは 1日4500個を売る
サムサ専門店です。

いいキャラですね。
(稲垣)なんか 日本みたい。

でかっ!
へえ…。

なるほど。

パン生地作り
こんなふうにやっています。

でかい…。

具材は 牛や羊
そして 馬などのお肉ですね。

それから タマネギを使います。
合いびき的な…。

先ほどの生地に具材を包みます。

あっ なるほど ナンみたいな。
(稲垣)自分が入っちゃう…。

あんなに
入らなきゃならないのか。

窯の内側に貼りつけて
焼くんですね。

(稲垣)きれい。

(稲垣)うわっ! じゅうたん…。
あっ 蒸すわけね。

(ロボフェッサー)それでは お値段の発表。

(稲垣)これは おいしそう。

(ロボフェッサー)
おひとつ なんと 40円!

ああ… 安いね。
素晴らしい。

食べてみましょう。
実食です。

(稲垣)パリパリ。

へえ…。
これ うまいでしょ。

脂 出ちゃった。

(稲垣)食べ方がお上品ですね。
きれい。

(稲垣)アハハハ…。
ハハハハ…。

馬も入ってる 牛も入ってる
羊も入ってるって

これは もう めちゃめちゃ
うまいと思うんですよね。

ああ あれね。
うん。

〈ここからは

バングラデシュの激安グルメ
3連発!〉

〈首都ダッカの人口密度は
世界一ともいわれており

近年 目覚ましい経済成長を
遂げています〉

〈そんなバングラデシュから…〉

首都ダッカです。

(ロボフェッサー)こちらは
小麦粉を水で溶いて焼く ロティ。

(稲垣)カレー?

豆が具材のカレー ダルです。

渡部陽一さんが好きなの ダル。
ああ ダル?

そうだね。 ダルカレー。

(ロボフェッサー)お客さん同士で
食べ物をよそったりと

調理で忙しい店主を
みんなで助けます。

いいねえ。

(ロボフェッサー)カレーとロティの
セットのお値段は

なんと 15円!

15円…。

〈続いても バングラデシュから〉

こちらも 首都ダッカです。

ああ~ 目の前で作るんだ。
人気なのは

生卵 砂糖 ホットミルクで作る
ドリンクです。

うわっ これ うまいだろうね。

出来たて熱々なんですね。

ミルクセーキです。
これ いいね。

これは もう
栄養がありますもんね。

目の前で作るっていうのが
すごいよな ミルクセーキを。

(ロボフェッサー)1杯のお値段は

15円!

へえ~ 安いね。

(ロボフェッサー)ちなみに
ゆで卵は10円で売っています。

卵は健康食という事で

日本でいう
栄養ドリンク的存在のようですね。

〈バングラデシュから
さらに…〉

(ロボフェッサー)ココナッツジュースは

安全に水分を取る事ができる
定番の飲み物で

通勤途中にも
よく飲まれるそうです。

(ロボフェッサー)1個のお値段は

なんと 45円!

ああ 安いね。

ハハハハ…!

〈最後は メキシコから〉

メキシコの中心部
サン・ルイス・ポトシ。

こちらが主役のカップ麺です。

うわっ!

コーンを足しました。

ちょい足しどころの話じゃないよ
これ。

ハハハ… ですね。

調味料も
バター 調味油… 油ですね

カレーパウダー マヨネーズ
粉チーズ。

結構 足したなあ。

(稲垣)マヨネーズ…。

これは面白いな。
粉チーズ すごいね これ。

食べてみましょう。

実食です。

(稲垣)フフフ…。
いいねえ。

うーん!

(ロボフェッサー)1杯のお値段は580円。

足してますからね。

(稲垣)なんかね
これが高く思えてしまう…。

めちゃくちゃ高えなって
思っちゃった…。

(一同 笑い)

(ロボフェッサー)実は メキシコでは
日本の即席麺が大人気なんです。

へえ~。
ほーう…。

特に人気なのが
マルちゃんの即席麺。

「Maruchan」って
書いてあるね。

ああ マルちゃん。
へえ~。

メキシコで
「議会がマルちゃんした」といえば

議会が早く終わった
という例えに使われるほど

すぐできるというイメージが
定着しているんです。

ああ~。
ああ なるほど。

〈海外では
ヘルシーな食べ物として

〈中でも お寿司は
特に人気が高く

今や 世界各国で

「SUSHI」として
独自の進化を遂げています〉

〈続いては

世界の人気アレンジ寿司を
見ていきましょう〉

〈まずは…〉

(男性の外国語)

パスタ…。

味付けしたパスタを
細巻きにしています。

キュウリを薄切りにして
アボカドも。

マグロ。
マグロは もう必然…。

そして マグロを
キムチソースであえています。

ここから アレンジです。

醤油は入れたんだ。

天ぷら…。

きた。
ほーう…。

これは斬新だぞ。

何 付けてるんだ? パン粉?

パン粉っぽいですね。
(稲垣)パン粉ですね。

衣を付けて

へえ~。

うわ~…。

縦に切って キュウリとアボカド

マグロ サーモンをのせまして…。

ゴマわかめ…。
ゴマわかめ。

ハハハハ…。

とびこも使うんですね。

うわ~ これ どうなんだろうね…。

もう 俺の年では…。
ああ でも そうですね。

めちゃめちゃ

元々 寿司は
カロリーが低いから

世界中に
割と流行ったんだけど

やっぱり カロリー欲しいじゃん
っていう…。

(一同 笑い)
まあ 太るでしょうね。

〈続いて…〉

はあ~… あっ。

はあ~…。

ねえ。 結構硬い飯なのかな…?

(稲垣)だいぶ
ギューッとやってる…。

あっ これ
ちょっと固めるんだ これで。

牛肉の代わりに スパイシーな
ツナのパティを使っています。

基本スパイシーなんですね。
海藻も のせます。

ドレッシングをかければ…。

はあ~…。

なるほどね…。
カラフル。

〈続いて…〉

こちらはロンドンです。

アボカドを切ってますね。

そして サーモン。

こちらは

(男性の外国語)

へえ~。

内側にね 海苔があるんですね。

ここから
アレンジが始まるようなんです。

マヨネーズソースをかけてます。
かけますか。

へえ~!
スパイシーソース。

はあ~!

トッピングしているのは
揚げたタマネギです。

日本にはないね この食べ方。
これで完成。

(稲垣)ボリュームが欲しいのね。
そうね。

栄養が欲しいのかな。
(稲垣)ああ がっつり いきたい…。

スパイシーロールっていうんだ。

ああ~
まあまあ うまそうですけどね。

はあ~。

どう? 寿司ホットドッグは。

ハハハハ…
パスタも巻いてましたね。

そう 意表を突かれたよね。
絶対 輪切りだと思っちゃうから。

(堤)動画で
実は 一番 衝撃的だったのは…。

(堤)料理人さんが ここに
こんな時計はめたまま

こうやってるっていうのは。

むしろ 作ってるものも
そうだけど

そこに 衝撃 受けましたけど
やっぱ

はあ~。

そうだね。
(一同 笑い)

稲垣さん 例えば

朝ですか?
私 朝は必ず

朝 モーニング?
(稲垣)はい。

モーニング食べるのが
もう 何よりの… はい。

本 書けばいいじゃないですか。

そうですね…。
今すぐ書いたらいいですよね。

なるほど 問われてるのね。
そっか…。

常連と店のいい関係が
できてるとこは

すっごい… 同じ値段で

トーストが 水分が取れる感じで

そうなんですか?
へえ~!

あっ わかります。 ギリギリね。
わかります わかります。

あと こう

はいはい はいはい…。

(稲垣)あるじゃないですか
半分 バターで。

ああいうとこに
ちょっとした愛が。 ねっ 両方…。

両方 食べてもらいたいな
っていう…。

そうそう
食べさせたいっていう…。

ああ~。

へえ~ 好きなんですね。
それは知らなかったですね。

堤さん どうですか?
(堤)私は 朝は…。

シャレてる。
なんかね。

オートミールとか
色んなシリアル類を混ぜて…。

ブレンドして…。

えっ… すごっ!

マジっすか?
はい。 それに…。

(一同 笑い)

いや 家族で食べるので…。
ああ 家族で。

私だけのためにやってるわけじゃ
ないですよ それを。

すごいよね。

(堤)はい はい…。
はあ~!

なんかね。
健康 健康。

〈忙しい日々の中
不意に食べたくなる

懐かしの あの味〉

〈親から子へ それぞれの国に
代々 受け継がれている

おふくろの味があります〉

〈続いては 世界のおふくろの味を
見ていきましょう〉

〈まずは カスピ海に面する…〉

(ロボフェッサー)アゼルバイジャンの
のどかな農村。

あら かわいらしい犬が…。

♬~

あっ クルミ!
出た!

すり潰しクルミなんか
出てこないよ。

ハハハ… ホントですね。

♬~

プラムのソース。
クルミとタマネギ 塩コショウ。

こちら プラムなんだそうですね。

(堤)プラムね。
(稲垣)甘いですね。

なんで いちいち
このかわいいの入れてくるの?

(堤)かわいいの入ってきますね。
なんなの? これ。

お肉が出てきました。
オーガニックチキン。

(稲垣)っていうか
オーガニックチキンっていって

売られてるわけじゃないよね
きっと。

そうだよね。
この人が 多分 絞めたんでしょ。

中に入れる系?

入れる系だ。 詰め物か~。
うまいだろ。

こちら 先ほどのクルミや
タマネギを詰めるんですね。

うわ 縫うんだ。
(稲垣)ホントだ。

あっ 出た。 出た。
よく見るね~。

(堤)あそこから持ってきたんだね。
(稲垣)アハハハ…。

今日 窯見るよ よく。

(ニワトリの鳴き声)

(一同 笑い)
これから絞められるヤツが…。

あいつが鳴いた
みたいな感じですね。

(堤)また…。
なんなんだよ!

犬挟み。

窯で火を入れる事20分です。

(稲垣)うわ~。
うわあ! これ うまそうだな。

これは いい脂が また これ。

うわ~。 なんか いいよ これ。

全部一人で
黙々と やってらっしゃるね。

これで完成。

いや すごいですよ!

いや これは 俺は
すごいなと思いましたよ。

〈続いては…〉

(ロボフェッサー)
ここは バングラデシュ

(ロボフェッサー)料理をするのは いつも
ご飯を一緒に作っているという

仲良しおばあちゃんコンビ。

(女性の外国語)

(女性の外国語)

はあ~。

これ 魚?
(稲垣)ウロコ取ってる…。

はあ~!
地面でウロコを取ってるんですね。

へえ~!

(稲垣)包丁みたいな…。

ターメリック 塩で
味付けをします。

♬~

へえ~。
(稲垣)立派な…。

マスタードオイルです。

♬~

♬~

ニンニクを潰して

ペースト状にします。

♬~

すごいな これ…。

(稲垣)包丁がすごい。
すごい切り方だ。

(稲垣)うん すごい。
初めて見ました。

(堤)でも こうやって火が入ると
安心するね なんか 見ててね。

そうですね。

クミンが入りました。

こちらは レッドチリペッパー 塩。

やっぱり 香辛料が主体ですね。
そして スープで伸ばします。

へえ~。

(稲垣)確かに。
結構 泥臭いですよね きっと。

かなり火を通した。

へえ~!

(稲垣)
カレーソースみたいになるんだ。

これ うまいな。
(稲垣)ねえ。 これ 絶対おいしい。

これ うまいわ。
(堤)アハハ…。

大地に…。
ああ~ あげるんだ。

へえ~。

(一同 笑い)

(堤)迫力あるな なんか 食べ方。
いいですね 豪快で。

アハハ…。

(稲垣)たくさん食べる 結構。
結構たくさんですよね。

いやあ すごい。
ねえ。

色んな家庭の味が出てきました。
そうだね。

稲垣さん ありました?
なんか 気になるやつ。

いや なんか 結構な…。

元気ですね。

(稲垣)魚取って ウロコ取って
なんかやってて…。

生産して もの作って
食べるまでが

実は 食事っていうサイクルなんだ
っていう。

なるほどね。

堤さんは どうでしたか?

やっぱり…。

農作物について ちょっと
面白いデータがあるので…。

これはですね 農作物や食料品の
輸出額のランキング。

1位は農業大国
アメリカで

3位以下も大きな国が
多いですよね。

ところが
2位の国って

ロシアとか そういう感じだと
思いましたけど違うんですね。

(堤)ウクライナ。

ちっちゃいんだ。
小さな国。

デンマークぐらいの
サイズ…。

近づいてきましたね。

わからないですね。
(堤)わからないですか?

これ 答えを言いますよ。
オランダです。

相当 意外だと
思うんですけど…。

(堤)しかもですね…。

(堤)なかなか いわば…。

(堤)もちろん それを
支える理由っていうのは

いくつかあって
近くにEUという

5億人近い 大きな市場がある。

だから 作れば買ってくれる
っていうのがありますので。

ただ もう一つですね
あるのは…。

どういう事ですか?

例えば…。

(堤)今 出てますけど。
8?

これの場合は 上にいってる
って事ですね? 面積。

(堤)これがですね また
垂直農業という言葉が…。

垂直農業か~!
(堤)土地が少ないので

さっき 逆手に取る
って言いましたけど

だんだん だんだん
縦に延ばしていって…。

はっきり言って
何階建てかの建物の中で

農業をやってるみたいな
イメージです。

日本でも こういう考え方に
共鳴してる人もいるんです。

ただ 一番 それを
突き詰めているのがオランダとか

さっき いとうさんがおっしゃった
デンマークとか。

こういうとこは…。

オランダでは もう…。

エンジニア。
(堤)はい。 その結果…。

あの ちっちゃな国がっていう
かなり意外な話なんです。

〈美しい景色にワイルドな料理〉

〈青空の下で食事を堪能する
至福の時間は世界共通〉

〈続いては

世界のアウトドアクッキングを
見ていきましょう〉

〈まずは…〉

(堤)ああ~! 素敵ですね これ。
いいじゃないですか。

うわあ~! うまそう。

〈世界の
アウトドアクッキング動画

3連発〉

〈まずは…〉

(ロボフェッサー)標高1500メートルの村
カマルバン。

ケバブ用の回転台を
自分で作ってるんですね。

料理は ここから
始まってるわけですね。

おお すごい!
(稲垣)わあ 立派な…。

鶏肉をさばいていきます。

(稲垣)きれいに さばくな。

♬~

タレに漬け込んで
お肉に下味を付けます。

静かなとこだな。

ハハハッ…。
(稲垣)誰もいない。

ああ~。

(稲垣)あれか! あれだ! そうだ。
こうやって やってるんだ あれ。

ケバブって
ああやって作るんですね。

(稲垣)ねえ 初めて見た。

(稲垣)あら…。

へえ~。
串に刺したお肉を

火に当てます。

(稲垣)これで回転する…。
ああ~! 水車で。

そうなんですね。 それで
お肉が回転するという事です。

いいじゃないですか。

わあ~! うまそう。

ああ ゆっくり
じっくり焼くわけね。

(稲垣)雨とか降らないんだね。

そうですね 雨とか降ったら…。
雨降ったら きついですね。

「運べ!」っていう事に
なりますから。

うわ~! うまそうだな これ。

お肉と野菜を
トルティーヤで包みます。

これは ビールだな。

ねえ いいですね。
うん。

うわ~ 素晴らしい!

ハハハ… ハハハッ!

これ たまらんね。
うまいだろうね これは。

グッド!

ケバブ うまそうでしたね。
(堤)しかも ゆっくり回すために

水車を使っていて。
あれが いいですね。

(堤)しかも あそこ
多分 歯車の数とかで

程良く回るように
作ってあるわけじゃないですか。

こういうのが 本当に映える
っていうんじゃないですか?

できたものよりも。 全体が。
なるほどね。

(堤)これ 素晴らしいですよね。

これ 一回 ホント ここ行って
食べてみたくなりますよね。

これは いいですよね。
(堤)なんか 空も青いし。

〈続いて…〉

〈バングラデシュの9割を占める
イスラム教徒が行う

ラマダンと呼ばれる断食〉

〈その断食明けの食事は
イフタールと呼び

家族や親戚 友人たちと
食卓を囲むのが一般的〉

(ロボフェッサー)さあ 女性たちが
食材を持って やって来ました。

素敵な…。
へえ~!

(稲垣)こんなカラフルなのかな?
なんかね きれいですね。

食材を切っていきます。
あっ あれだ。

あっ これですね。
あれだわ。

固定された包丁なんですよね。

具材を押しつけるようにして
切っていきます。

(稲垣)なんかの角とかかな?

昔は 角だったかもしれないですね
確かに。

うわ~!

この村に よくあったな この設備。
下味を付けた鶏肉です。

豪快だね。

(稲垣)これ でも 絶対…
なんか 特注ですよね。

これ 特注ですよ これは。

お水に 青唐辛子 ニンニク
様々なスパイス。

そして 炒めた鶏肉も入ります。

いやあ…。

副菜の豆料理 果物などを

ランチボックスに
取り分けていきます。

お祭りだよ これ。

おお~ めちゃくちゃ集まってる。

へえ~! いいね。

これは 実は
断食を終えた皆さんが

食事をする集まりなんだそうです。
はあ~!

ラマダン明けっていうやつですね。
あっ ラマダン明け。

あら~。 みんな 好きなんだね。

サントーシャ
「足るを知る」という教えを

体現しているそうです。

〈続いては…〉

竹の国だね。

(ロボフェッサー)中国 雲南省の郷土料理。

これ 自生の竹を ひと節ずつ

こうやって
切り分けていくんですね。

♬~

豆や米 トウモロコシなどですね

これを 竹筒に詰めていきます。

肉 魚 エビなども
下味を付けて

これも竹筒に入れるんですね。

♬~

へえ~。

竹筒を火に入れ くべてですね
中身を蒸し焼きにします。

あのフタは お芋ですかね?

はあ~!

きれい。
へえ~。

これは いいおもてなしですね。

魚介類やお肉
なんでも入っていますね。

こちらは ご飯です。

ああ こうやって
みんなで食うんだ。

ああ これはいいね。

♬~

なるほどね。

なんか いいですね
最後の 竹を…

みんなで食べるっていうのがね。
そう いい感じ。

家族の感じも含めてね。
そうですよね。

みんなで食べるのが

やっぱ楽しいんだろうなと思って。
そうですよね。

なんか…。

おじいちゃん
一人暮らしなんですけど

今 独居老人とかも多いから

週に1回とか なんか 公民館でも
なんでもいいんですけど

やったら… 食べさせたい人って
結構いるじゃないですか。

さっきの この グーッていう
おじさんみたいに。

なんか そういう場がね
あったらいいなって

すごい思いましたね。

〈近年 世界中で注目されている
フードロス問題〉

〈一般的には 食べ残しや

賞味期限切れによる
大量廃棄など

先進国の課題として
話題に上がりますが…〉

発展途上国って なんか
食べ物 足りないよねとか

そういう感じも
あるんですけど…。

(堤)ありますよね。
ただ 例えば アフリカ。

アフリカって そもそも
作物を作れるエリアって

そう広くないんですけど
あの広大な土地に比べると。

でも やっぱり
できる所はできる。

ところが 問題は
野菜がたくさんできました

それを
街に持っていこうとしても

道路が整備されていなかったり
トラックがなかったり

街の市場に持っていくまでに

腐っちゃったり
ダメになってしまう事が

アフリカなどでは
結構多いんです。

そういう せっかく作ってるのに

人々の口に行き渡らないという
フードロスの問題が

途上国の…。
ああ なるほど。

(堤)これ 推定ですけど
アフリカでは

農作物の40パーセントぐらいが
マーケットに届く前に

ダメになっているという
数字もあります。

大変な問題ですよね。

ああいう事って…。

温度管理して運ぶっていう事が

隅々まで できるっていうのは
なかなかないんですね。

流通って 日本なんかだったら
何げなくやってるけど

やっぱり それができないから
食べられない人たちがいる。

逆に 日本は
それができていても

結局 余る所は余ってしまい…。

日本人が 年間45キロですかね
結局… 一人一人にならすと

フードロスを
生み出してしまっているという。

近頃では やっぱり
スーパーでも よくね

前の方から…
後ろの方から取らないで

ちゃんと食べてください
っていうのを

言うように…
やってますよね。

(堤)だんだん
改善されてきたけど

もうちょっと…。
まあ 全然ね それは もちろんね。

〈世界のグルメスペシャル〉

〈続いては 世界の珍グルメ〉

〈まずは…〉

(ロボフェッサー)この壁一面が焼き芋機。
へえ~!

突起物を出し入れしている
店主さん。

でも 見えないんだもんね。
勘だよね。

中から取り出したのは
ホックホクの焼き芋です。

(稲垣)しかも
すごい よく焼けてる。

うわっ うまそう なんか。
黄色いね この…。

これ 自家製の
焼き芋を焼く炉なんだそうです。

(堤)熱くないの? これ。

(稲垣)素手でね…。

おお~ すごい!

革命家ですよ これは。

うわっ 面白いな これ。

(稲垣)58…。
でも この記憶力がすごい。

そう 記憶力 すごいよね。

ここに入ってるって忘れたらね…。
そうですよね。

一発 忘れたら…。
(稲垣)神経衰弱みたいだね。

ホントに
飛ぶように売れるという事です。

〈続いても…〉

(ロボフェッサー)タピオカ鍋が
食べられるのが こちらのお店。

しゃぶしゃぶ用のお鍋に
タピオカなどのスイーツ。

なるほど。
デザートの方に振ったんだ。

(堤)ああ オシャレ…。
ドライアイスで冷やして食べます。

これ ミルクティーを
かけてるんですね。

およそ620円だそうです。

食いしん坊だぞ。
食いしん坊が食べてますね。

(稲垣)全部 食べるの? 1人で。
うん…。

なんか 坊やのお兄さんみたい…。

うまそう これ。

うるさいよ!

ああ ちょっと 入りにくいのか。

ああ なるほどね。
確かにね。

なるほど。
まあ 言うとおりだ。

(ロボフェッサー)ちなみに
似たようなタピオカ鍋は

ああ そうなんだ。

〈さらに…〉

おいおい おいおい。
うわっ すげえ!

うわあ…。

ああ 面白いね これ。

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)糖質オフなのに
金賞受賞するほどうまい

受賞の感想は?
いやー糖質オフなのにね~

<「金麦」のオフ>

うまい!
でしょでしょー!

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

〈中国の珍グルメ〉

(ロボフェッサー)包丁で竹をたたいて
何かを確認している男性。

実は

へえ~!

これ 酒?
おいおい…。

うわっ すげえ!
結構こぼれてるぞ。

なんか違うのかね?
…うわあ!

うわあ…。
ああ 面白いね これ。

うわあ これ いいな!
飲んでみたいわ。

(ロボフェッサー)ちなみに
このような形で販売されていて

お値段は 1本 およそ
9000円のものもあるんだとか。

これは 大失敗だな。

〈続いて…〉

こちらは インスタントラーメンを
調理する機械です。

韓国の文化ですね。

ボタンを押すと
お湯が出てきます。

IHで加熱してるんですね
下からブクブクと。

調理器を使うのは
無料だそうです。

これがあれば 袋のラーメンも
外で食べる事ができますよね。

〈続いて…〉

(ロボフェッサー)こちらは
ムンバイの一般家庭。

作ったお弁当を
配達人が受け取りに来ました。

へえ~。

すごいね。

読み書きは あまりできない

もしくは
全くできない方たちなんです。

独自の記号を頼りに

至る所に 正確に
お弁当を配達しています。

すごい事だよね それはね。
すごいですね。

(ロボフェッサー)そんな彼らなんですけど
なんと…。

(ロボフェッサー)すなわち
ほとんどミスが起こらないんです。

すごいな…。
すごいね。

ホント そう思う。

(堤)フードロスを防ぐもとにも
なってるなと思って

見ましたけどね。
あと…。

〈続いても…〉

えっ!? うわっ!
おかしいだろ…。

なんだ? これ。
こんなの おかしいよ…。

〈インドの珍グルメ〉

(ロボフェッサー)その危険な嗜好品を
扱うお店が こちら!

♬~

何やら 甘そうな材料が
並んでますね。

これが その商品を作る
工程なんですが…。

♬~

葉っぱに 先ほどの甘そうなものを
詰めていきます。

素朴だね。
へえ~。

えっ?
(堤)ん?

どういう事?

えっ…? どうするの? これ。

えっ!? うわっ!
おかしいだろ…。

どうするの? これ。
えっ!?

うわっ!
おかしいだろ…。

なんだ? これ。
こんなの おかしいよ…。

いや 怖いな これ。

うわっ ホントに?
ヒゲ焦げちゃう ヒゲ焦げちゃう。

うわっ! ハハハハハ…!
(稲垣)ええっ…?

実は 食後の口直しに

紙タバコのように
楽しむものなんだそうです。

ファイヤーパーン。

これは…。

いやいや…!

ああ~!

へえ~!
(稲垣)すごい。

あっ なるほどね!

〈インドの珍グルメ〉

♬~

グルグル回す外側に
アイスの原料を垂らしています。

ああ~!
(稲垣)すごい。 すぐ凍るんだ。

へえ~!
(稲垣)すごい。

ここに さらに

果汁やシロップなどをかけて
層にしていきます。

チョコレート。
チョコレートソースですね。

(稲垣)何? これ。

これ ずっと人力で回してます。
あの人が頑張ってるんだ。

ねえ。 どうやって
最後 いくんだろう? ここから。

食べる時ね。

どう食べる…
ここから どういくんだろう?

ああ やっぱ ああいうふうに
こそげ落とすんだ…。

はあ~!
(稲垣)なんか きしめんみたい。

うん。 きしめん的ですよね。

へえ~! あっ なるほどね!

小峠さん いかがでしたか?

やっぱ いいです。 あの…。

いや そう…
ないでしょ? そんなの。

やっぱ それに…。

お肌にいいっていう話で。

それで

はあ~! そうなんですね。

いやいや いやいやいや…。

なかなか
その効果が表れないんですけど。

(稲垣)言われてみたらね。
いや…!

(一同 笑い)

今週は
そういう事になりそうですね。

〈皆さん 今日は
どんな気づきがありましたか?〉

(稲垣)モーニングって 良心。
お店の良心が出るので。

常連と店のいい関係が
できてるとこは

めちゃくちゃレベル高いんですよ。

消費の側だけにいると
わからないところでね。

生産して もの作って
食べるまでが

実は 食事っていうサイクルなんだ
っていう。

日本で 海から離れた所でも
新鮮なお刺身が食べられるとか

珍しいんですね
世界的に考えたら。

温度管理して運ぶっていう事が
隅々まで できるっていうのは…。

♬~「せいぜい胸を張ってやるさ。」

♬~