徹子の部屋 紺野美沙子[字] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 紺野美沙子[字]

~夫が突然の“移住宣言”…副市長に!~紺野美沙子さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
紺野美沙子さんがゲスト。
◇番組内容
一人息子が独立し、元テレビ局員の夫と2人の生活に…と思っていた矢先、夫が突然、富山県氷見市の副市長に!相談もなく急な報告に驚いたが、地方創生に興味があるという夫と共に氷見市での暮らしを始めた。氷見に行く前は、夫婦の倦怠期を感じていた紺野さん。現在2拠点生活を送る中、夫と離れる時間を過ごすうちに夫婦のあり方を見直し「仕事と家庭を両立してこられたのは夫の理解のおかげ」と改めて感謝する事ができたと語る。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 氷見
  3. お父様
  4. ビックリ
  5. 主人
  6. キレイ
  7. 副市長
  8. お母様
  9. 黒柳
  10. 写真
  11. 息子
  12. イワシ
  13. お会い
  14. お魚
  15. 一緒
  16. 結婚
  17. 仕事
  18. 随分
  19. 全部
  20. 銚子

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/08 14:12:13時点 Amazon調べ-詳細)

(黒柳)まあ 今日も

素敵なお召し物でご登場です。

才色兼備の紺野美沙子さんで
いらっしゃいます。

どうぞ お入りください。

お願いします。
どうぞ。

まあ キレイなお着物だこと。
ありがとうございます。

ちょっと そこに立ってて
いただいて よろしいですか?

はい。
息子さんも独立なさって

第二の人生を満喫と
思ってらしたんですけど

旦那様が 突然 移住を
決意なさったというところで

ちょっと お着物の話に
お話 移ります。

それは 何色っていう色でしょう?

これ 灰桜色っていうんですって。

灰桜?
はい。

桜色に
ちょっとグレーがかったって事?

そうですね。
キレイ。

その ひし形のところに
刺繍があるんですけど

ひし刺繍っていうんですって。

へえー!
はい。

キレイですね。
なんとも知れないキレイな色ね。

ありがとうございます。
この帯が 今年 亡くなられた

北村武資さんという方の
帯なんですね。

大変。
はい。 ちょっと 後ろも見ちゃう。

こんな感じ。
あら 素敵。 ああ… ねえ。

この模様が…
今 勉強したんですけど

清麗紋っていう
模様なんだそうです。

ふーん…。

「せいれい」っていうのは
どういう字 書くのかしら?

「清い」「麗しい」「紋」。

あっ そうなの?
はい。

そういうのがあるんだ 清麗紋。
はい。

すごい。 まあ 本当におキレイ。

ありがとうございます。
よくお似合いでいらっしゃる。

どうぞ お座りくださいませ。
失礼します。

どうも。 紺野美沙子さんで
いらっしゃいます。

よろしくお願いします。
どうも。

現在は…
ビックリしたんですけど

富山県氷見市との
2拠点生活でいらっしゃいます。

はい。
そのお暮らしぶりなんですけど…。

今年で ご結婚30年。
そうです。

元は TBSのディレクターで
いらっしゃった方と

ご結婚になりました ご主人。

そして 一人息子は独立し

お母様も 残念ですけど
お亡くなりになったりして。

夫婦2人だけの生活になって
さあ これからと思う時に

ご主人が 突然
副市長におなりになった。

これまた驚きました。
それは どういう事で?

公募があったみたいで

私には内緒で
応募していたみたいで

ある日 突然
夫からLINEが来て

「このたび 富山県氷見市の
副市長に拝命を受けました」。

ええー! って ビックリして。

なんで 氷見? なんで 副市長?

頭の中に 100個ぐらい
クエスチョンマークが… はい。

本当に驚きました。

なんにも ゆかりがないとこなの?
そこは。

そうですね。 あの… 氷見市って

ホームラン王の王貞治さんの
お母様の出身地なんですよ。

あっ そうなの? へえー。

「氷」っていう字に
「見」って書くんですね。

「氷を見る」。
うん。 「氷を見る」。

場所は
能登半島の付け根で

富山県を
カニの形に見立てると

ちょうど カニの爪の辺りが
氷見市なんですね。

本当ね。
私は その 昔

王貞治さんのお母さんの役を
演じた事があって。

それで
氷見に行った事があって。

いらした事あるの?
はい。

えっ でも なんで 氷見? って

本当に もう ビックリしました。

ご主人は ワクワクっていう感じ?

そうですね。 あの…

早期退職…
会社を早期退職したあとに

映画を1本 撮りまして

そのあと どうするのかな? と
思っていたら

地域創生 あの…

地方を元気にする仕事がしたい
という風に申しまして

山口県の周防大島に

ボランティアで
通ったりしていたんですね。

そこまでは知ってたんですけど
よもや 副市長とは…。

ビックリです。

じゃあ あなた
今 副市長の奥様なの?

副市長の妻でございます。

ハハハハ…! はい。

あなたも お仕事がない時は
氷見にいらっしゃって?

そうです。
ふーん…。

人生 随分 いろんな事が
ありますね いきなり。

そうですね。
でも それは楽しいですね。

今までに ない事ですもんね。
そうですね。

東京と2拠点生活って
いうんですか? そういうのね。

なんか 格好いい感じ。
格好いい感じ?

なんか 2拠点生活って。
でも とにかく

絶景なんですってね。
そうなんですよ。

うわー! すごい。
これ そうなの!?

はい。 あの… 富山湾越しに見る
立山連峰の景色が…。

すごい。
本当に…。

黒柳さんは ご覧になった事は?
うわー!

いえ 私… 見たかもしれないけど

こんなキレイなものは
見た事ないです。

本当に美しくって。

あの… ことわざで

「ナポリを見て 死ね」とか
いうじゃないですか。

「海越しの立山連峰を見て 死ね」。

なんか そのぐらい美しいです。
キレイね。

まあ ただ 年がら年中
見れるわけではなくって。

あっ そうなの。
はい。

こうやって お天気が良くても
山が見えない時もあるし。

ですから 旅行で出かけて

この海越しの立山連峰が
見えた時は

本当に 運がいいと思います。
あっ そうなの。

はい。
ふーん…。

そこを走ってる電車ですか?
それは。

これはですね 氷見線という
JRの列車なんですけど。

初めて 氷見に行った時に

北陸新幹線を
新高岡で乗り換えて

そこから
城端線というところで

高岡という駅まで行って
高岡から氷見まで

氷見線というJRが
走ってるんですね。

今 出たのは
週末 走っている観光列車で

普段は ちょっとオレンジがかった
古い車両なんですが

初めて乗った時に 突然

えっ! 海の中 走ってるの?
っていうぐらい

もう 本当に
目の前が海なんですよ。

本当に もう あの…
ギリギリの…

なんていうのかしら
海際っていうんですか?

際を走っていて。

だから
その車窓から見えるのは もう…。

海? いきなり海?
もう ビックリしました。

だから 窓のとこまで海が来てる
みたいに見えちゃうのね。

あら 面白い。
もう 絶景で。

ぜひ それだけでも 黒柳さん…。

それで お魚が
すごくおいしいんですって?

おいしいんです。

漁師の町ですから 漁港…。
ああ すごい。

これ あなた持ってらっしゃるの
カニで?

これ 紅ズワイガニですね。

これは よく行く
五木屋さんっていう魚屋さんで。

この真ん中の細いお魚は
なんですかね?

これは イカですね。
イカですか?

はい。 1皿350円。

隣がフグかな?
へえー!

お魚 安いですし あの…

スーパーとかに行って
ビックリしたのは

全部 お魚に
「朝どれ」「朝どれ」「朝どれ」って

朝どれシールが付いてるんですね。
ええー!

つまり 全部 朝とれたお魚を…。
そこに出してる?

スーパーマーケットでは
売っていて。

朝とれた。
はい。

春先は
イワシがとれるんですって。

それで この間 4月かな?
初めに行った時に

イカと なんか お刺し身
700円ぐらい買ったら

「じゃあ サンマ持ってって」
って言って。

「はい!」とか言って。
もらった… あとで数えたら

12匹あったんですよ。
サンマじゃない… イワシ。

イワシが。
うん。

どうしようと思って
それで バター焼きにしたりとか

あと 翌日のお弁当に

イワシのかば焼きにして
詰めてみました。

愛妻弁当? フフフ…。

まあ 愛妻… そうですね。
はい そうです。

ここは
お米も おいしいんですって?

お米 おいしいんです。

有名な棚田があって…。
えっ?

あっ これです。
うわっ すごい!

ここで作られる
棚田米… 棚田米というのが

とても有名みたいです。

眺めがいいですよね。
絵のようね 本当にね。

本当に。
それで ご主人は

氷見と東京を
行ったり来たりなさってるの?

夫はもう コロナ禍
という事もあって ずっと…。

氷見に?
はい。

あっ そうか。
帰ってこないんです 全然。

あなた 東京にいらしたの?
それで。

フフフフ…! えっと そうですね。
仕事の時は自宅にいますので

そうですね 今
3分の1ぐらいは氷見にいます。

でも 今 旦那様のお仕事が

だんだん わかるように
なってらしたんですって?

そうですね はい。

なんか こう
地方の現実みたいな事… うん。

でも 本当に…。

実は 氷見で
暮らすようになったので

気が付いたらば
いらっしゃる前は

ちょっと倦怠期気味だったとこも
あるんですって? ご主人と。

はい。
結婚なすって

30年っておっしゃった…?
そうですね。 その…

やはり
「熟年ホニャララ」みたいな感じで

あの… まあ 会社に行ってる間は
いいんですけど

在宅の時間が長くなると

どうしてもね
例えば 3食 家で…。

そうですよね。
…食べたりとか。

フフフフ…。
一緒にいる時間が長くなって。

そうすると なんとなく…
向こうも そうだと思いますけど

なんか お互いの欠点ばかりが
見えてきちゃって

どうしても こう

きつく当たってしまったりとか
優しくできなかったりとか

もっと言えば 怖くなったりとか。

あなた そういうとこ
あったんですか?

フフフフ…!
全然そういう風に見えないけど。

威張っちゃったりとか。
フフフ…。

この先 大丈夫かな?
みたいな事も あったんですけど

もう本当に ちょうどいい具合に
はい… 遠距離になりまして。

だから 一緒にいらっしゃる時が
楽しみでしょ? 逆にね。

一緒にいらっしゃる時が。
そうですね。

なんか こう 離れてみて あの…

お互いの良さが また見えてきた
っていうところはありますね。

母がいなくなって
愛犬がいなくなって

息子も自立してって

こう 家の中が空っぽになった時に
あれ? って…。

なんか 自分…
本当に 夫もそうですし

いろんな人に
支えられてきたんだなって

改めて思って。

それで ちょっと反省して

これからは もっと
いろんな人に優しくして…。

身近な人に甘えがあったけど

ちょっと
優しくしなくちゃななんて

殊勝にも思ったりしました。
そうですか。

あなた 今でも あれ
やってらっしゃるの? 国連の。

やってます。
そうですか。

国連開発計画という…。
あっ 「計画」。

はい。 UNDPというんですが。

もう 黒柳さんは
30年以上ですよね?

そうですね。
ユニセフは 随分やってますね。

はい。 私は…
あれ? 何年かな。 24年?

どこかでお会いしましたよね
あなたね。

はい。 ニューヨークで。
ニューヨークでね そうそうそう。

そうですね
今年で24年目になるんですが

その間に
11回 途上国に参りまして

10の国や地域に行ったんですが

黒柳さんも同じだと思いますけど

アフリカとかね あと
東ティモールとかパキスタンとか

本当に 治安のあまり良くない所に
行きますので

そういった時に 夫が 冗談で
かばん持ちみたいな感じで…。

この方がそうですか? ご主人?
これは… そうですね

2003年にガーナに行った時の
写真です。

これ 野口英世かしら?
あっ そうです はい。

野口英世の黄熱病の研究所を
訪問した時の写真なんですけど。

あっ そうなの。
はい。

会社の夏休みを利用して
ボランティアで

ボディーガード兼
公式カメラマンみたいな形で。

でも ご主人
随分お若い感じの方ね。

あっ 19年前なんで。
ハハハ…! 19年前?

19年前です。

使用前 使用後みたいな感じに
なってますけど はい。

そっか。 じゃあ
あなたも 19歳お若いのね。

そう。 19歳… はい そうです。
あっ そうなの。

話 全然変わるんですけど

あなた なんか
ダジャレがお好きなんですって?

フフフ… ねえ?
まあ ダジャレというか

うーん… 言葉遊びみたいな感じ?

でも なんか こう
ユーモアは すごく好きですね。

でも そのダジャレの縁で

歌手みたいに
おなりになったって…。

歌手じゃないんですけど

去年 ずっと
ステイホームで家にいる時に

お風呂に入って
新聞を読んでいたら

そこに 銚子電鉄の社長さんの
記事があったんですね。

で 「経営状況がまずいので…

でも なんとか 電車の修理代を
稼がなくちゃいけないんです」

って書いてあって。

銚子に乗りたい…
銚子に行きたいなって思ってたら

あれ? 「こんな時だから
ちょうしに乗りたいな」

みたいな歌詞が こう 降ってきて。
降りてきた?

そしたら もう 次々できちゃって。

あの… ちょっと
せっかくできたので

社長さんに
聴いていただこうと思って

SNSで連絡をしたら…。
全然 ご存じない方ですか?

そうです そうです。
面識はなかったんですけど

「こんなのできたんですけど」
って言ったら

「あっ 面白いですね」って
言ってくださって…。

そうなの?
はい。 それでコラボが実現して。

あら すごいじゃありませんか。
はい。

ちょっと じゃあ VTR
見せていただいていいですか?

「ああー…
“ちょうしに乗り体操"!」

♬~

ええー…!

最初に歌ができて

じゃあ せっかくだから 体操も
あった方がいいかなみたいな。

これ あなたの声?
そうです。

ええー!

すごい暑い時に
銚子まで行って撮影して…。

あら すごい!
本当に 銚子でなさったの?

そうです。
フフ…!

で 銚子電鉄は
赤字を解消するために

なんか その前は ぬれ…

私もテレビで
ちょっと見ましたけど

ぬれ煎餅とかって…。
まずい棒とか。

それから 路傍の石とかって。
そう…。 「線路の石」。

もう とにかく
経営状況がまずいので

売れるものは なんでも売ります
みたいな はい。

この歌で ちょっとでも
貢献したいと思ったんですけど

なかなか
そうはいかなくって はい。

坊ちゃん… 坊ちゃんっていうか
息子さんとか ご主人は

その歌について
何かおっしゃいました?

YouTube見て
「痛い」って言われました。

「痛い」って どういう意味だろう?

いい年して やめとけばいいのに
って事だと思います。

本当?
はい。

でも 確かに

コロナで観光客も減ったりとか…。
少しでも 皆さんに

笑っていただけたら
っていう気持ちが

あったんですって?
あなたの中には。

そうですね。 その…

全国のローカル線を
応援したいなと思いましたし

本当に 皆さんが

こんな時だから
調子に乗りたいなって思ってる

時期だったと思うんですね。

だから 本当に
子どもから ご高齢の方まで

歌って 踊っていただけたら
うれしいなと…。

「ちょうし」っていうのがね
確かにね 「調子に乗る」とか

そういうのに ピタッと
合いますもんね 言葉がね。

そうですね。
偶然なんですけども

社長さんが
お父様の教え子だったっていう…。

そうなんです。 昔 父に
高校時代に 音楽を習ったって。

あっ そう。
お父様 音楽の先生だったの?

そうです。
あっ そう。 へえ…!

だから
そういうご縁がつながって

また それが 不思議だなって
思いました。

育てのお父様という事は
お母様の再婚相手の方で

慶應高校の
音楽の先生だったって…。

その父は 私が高校3年生の時に
芸能活動を始める時に

それまでは 高校で
そういった活動をしてる方

いなかったみたいなんですけど

父に相談に行ったら

「とにかく 大学までは
きちんと卒業しなさいね」って。

「学業の方を
きちっとやるんだったら

構わない」っていう風に…。
芸能界 入っても。

それは よかったなって
思ってます。

あっ これは?
これは 大学1年生の頃ですね。

右側… 下の右側があなた?
はい。 水色の…。

ええ。 面影あります。
今でも仲良くしてる…。

大学生のお友達?
はい。

そうですか。
懐かしい…。

でも あれでしょうね

みんなも
あなたが氷見行って暮らして…

お魚買ってるとかなんとかって
言ったら

皆さん ビックリなさるでしょうね
きっとね。

そうですね。
でも 年齢的にも

そろそろ 男子も女子も
時間ができてくる頃なので

ちょくちょく…
ちょくちょくというか

少しずつ 遊びに来てくれてます
はい。

実のお父様は 今 90歳で
お元気なんですって?

はい 元気です。

今… この間 電話したら

週に3回 囲碁に行って

週に1回は ジャズの
ボーカルレッスンをしてる…。

すごいわね! ええー! ジャズ?

ジャズ。 ジャズボーカルって。
すごい…。

「フランク・シナトラが好きだ」って
言ってました。

すごいわね。
はい。

コロナで いろいろ こう
家の中をお掃除している時に

昔の写真がいっぱい出てきてね。

父の写真って
ほとんど なかったんですけど

パッと見たら

20代の頃の両親の
写真が出てきて。

それを…
私 20代の父って

初めて見たんですよ。
これ そうですか?

はい。 あっ 意外と
イケてるじゃないと思って

ビックリしました。

このお母様は あなたのお母様?
そうです。

ふーん… そうか。

このお父様とお母様が
お別れになったものだから

違うお父様が…。
そうです。

あなた… いらしたんだけど。

本当のお父様に
お会いになった…? それで。

えーっと ずっと
会ってなかったんですけれども

私が31歳かな?

結婚する時に 夫が

「お義父様にね ごあいさつしたい」
って言ってくれまして。

それで 20年ぶりぐらいに
父に会って。

随分 お父様
あなたが大きくなったんで

ビックリなすったでしょうね
きっと。

そうですね。
でも テレビで見てらしたかしら?

そうですね。 テレビとか 全部
録画してくれていたみたいで。

そうなの。 へえ…。

久しぶりにお会いになったお父様
どうでしたか?

あの やはり 夫…
夫が かすがい状態で

なんか こう 久しぶりなんだけど
意外と自然な感じで

和やかに話ができて。
それ以来

時々 連絡を取ったりとか。
それは いいですよね。

舞台を見に来てくれたりとか
また交流が始まって。

あっ そう。 よかったわね。
そのお父様にお会いになる時に

緊張なんていうのは
なかったの? 初め…。

今は ないですね。
初めの時。

初めの時は
もちろん ありましたし。

うん… でも 逆に
今まで聞けなかった話を

いろいろ聞きたいなって
今 思ってます。

これからでもね お聞きになれる。
そうですね はい。

もちろん 今日も
見てらっしゃると思いますよね。

もう 大きな丸つけて
楽しみにしてると思います。

そうですよね。 お父様に
何かおっしゃる事はあります?

いやいや あの… なんかね
太っちゃったんですって。

お父様が?
はい。 だから…

父は
栃木県の足利出身なんですけど

「一緒に 足利行こうね」
って言ったら

それを目標に
ダイエット始めたって。

あっ そうなの?
はい 言ってました。

素敵じゃない?
そうですね。 ぜひ 行って

いろんな昔の話
聞きたいと思います。

そういう時にね…
それは いいですよね。

でも 旦那様とは 老後について
お話しになるの?

老後…。

うーん そうですね
息子は その…

夫がね 仕事を辞めた時が
勝負だねって言われてて。

あまり考えないように
してるんですけど。

あと2年 任期がありますので。
そうですよね 氷見で。 副市長。

ええ。 めいっぱい支えたいと
思っております。

そうですか。 いい奥様。
そうですか。

コロナ禍で
なんか おうちの整理も

なすったりもしたんですって?
でも。

そうですね もう 本当に
息子に迷惑かけないように

ええ あの… だいぶ捨てました。
どんなものを処分なさいました?

昔の雑誌の切り抜きとか。
あっ そういうのね。

あと もう着ない服とか
ポスターとかね

そういったものを
全部 捨てましたね はい。

私が母の残したものの整理で
とっても苦労しましたので。

あっ そうなの?
だから 妹からは

「美沙子ちゃんが死んでも もう
なんにも ものないね」って

言われてます。
今?

はい。 すっきり暮らしてます。
そうですか。

ライフワークにしてらっしゃる
朗読会も

今 やってらっしゃるんでしょ?
そうですね。

だいぶ ライブも戻ってきて
これからも続けたいと思います。

そうですか。
はい。

でも いいペースで
氷見の暮らしも…。

氷見… 「日々」と
聞こえるかもしれない…。

また 何か 面白い話があったら…
氷見での。

黒柳さんも
ぜひ お出かけください。

どうも… 本当に

どうも ありがとうございました。
ありがとうございます。

『徹子の部屋』は