秘密のケンミンSHOW極!宮城最強道の駅登場&栃木謎の激ウマかぶと揚げ[字][デ] …の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

秘密のケンミンSHOW極!宮城最強道の駅登場&栃木謎の激ウマかぶと揚げ[字][デ]

デカイ!うまい!栃木謎のから揚げかぶと揚げを徹底調査!うまさの秘密は油!?▽大阪では自己紹介も一味違う!重要なのは笑い!▽宮城県最強道の駅で見つけたパンのお供

出演者
【司会】
久本雅美
田中裕二(爆笑問題)
【ゲスト】
大島蓉子[宮城]
本田仁美(AKB48)[栃木]
U字工事[栃木]
ミキ[京都]
遠藤章造(ココリコ)[大阪]
正門良規(Aぇ!group)[大阪]
佐野晶哉(Aぇ!group)[兵庫]
武田鉄矢[福岡]
制作
ytv
番組ホームページ
●番組HP
https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. パン
  3. 牡蠣
  4. 佐野
  5. 自己紹介
  6. お供
  7. 本田
  8. 正門
  9. お願い
  10. ホント
  11. 今回
  12. 日本一
  13. 拍手
  14. オイスターパテ
  15. ケンミン
  16. ミキ
  17. 益子
  18. 遠藤
  19. 打順
  20. 登場

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための…>

(田中)
さあ お待たせしました。県民を
ディスカバリーする お時間です。

(久本)
今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございま~す。

よっ!
頑張りま~す。ようこそ!

さあ まず初登場ですね
関西ジャニーズJr.から

Aぇ!groupの2人は
大阪府民と兵庫県民で~す!

よろしくお願いしま~す。

Aぇ!groupです。お願いします。
Aぇ!groupで~す。

出ました!
これですね。

あの~ 僕が…。

…が紹介されたときも。

おいしかったね~。
そうなんですよ。

そして僕が兵庫県出身の
佐野昌哉です。

やっぱり!行ってたんや。

今日も 頑張ろな!
≪頑張ります!≫

≪ありがとうございます≫

手が増えちゃったんですか?
ごめんなさい。

まさみのMなの?

さあ まずは県民の
熱愛グルメに関する秘密。

今夜もいくぞ!

<今回は 栃木県民の
熱愛グルメ>

<去る2月…>

<県内 唯一無二の
ソウルフード…>

<日本一の座を
宮崎に明け渡した上に

史上初の3位転落>

<栃木は今 中禅寺湖より深い…>

<そんな…>

<今宵 ディスカバ。
それが…そう!>

<…って なんだ?>

<このゴツゴツした
から揚げの塊は…>

<料理名に かぶとと つけば

一般的に魚の頭を
イメージするが

どう見てもカラッと揚がった
手羽つきの鶏肉>

<成人女性が持ってみると

なかなかの
サイズ&ボリューム感>

<しかしながら クリスピー
間違いなしの

香ばしい衣に 中はというと

激ウマ確定の このジューシーさ>

<北関東いじりのパイオニアを
自負する我々が

今まで こんなウマそうなものを
放置していたなんて

我ながら…>

<…ケンミンSHOW>

<ということで県庁所在地
宇都宮市で調査開始>

<八幡山公園にいた…>

<せっかくなので…>

(スタッフ)そうなんです。

(スタッフ)
…いうことで来たんですけど。

ウチの近所にはねえ…。

あ そうか。

かぶと揚げっていうのが
あるんだよね~。

かぶと揚げっていうと。

引っ越してきた
ばっかりのときに…。

<幸せそうな…>

普通のから揚げが これぐらい。

めっちゃ好きですよ。

そういうイメージです。

そんな感じです。

<まずは宇都宮の中心
シンボルロードにある

居酒屋さんへ行ってみると…>

<ありました!デザイン筆文字で
堂々 かぶと揚げ!>

<こちらの
一軒家を改装した

オシャレなカフェダイニングの
メニューにも

洋風料理の中に
しれっと かぶと揚げ発見!>

<さらにロードサイドの
真っ黄色のキッチンカーでも

テイクアウトでかぶと揚げ>

<中でも…>

(スタッフ)あ そうなんですか。

(スタッフ)あ…元祖なんですか。

<ということでロードサイドに
ポツンと1軒>

<昭和の佇まい 元祖かぶと揚げ
みよしやさんへ>

<味のある のれんをくぐると

いかにも常連といった
黒帯のんべえ達で熱気ムンムン>

お待たせ致しました。こちら…。

<来ました。噂のかぶと揚げ。
堂々 出陣!>

<いかにもカリカリそうな衣に
手羽先が鋭く尖る

かぶとの名に恥じぬ
勇ましげなルックス>

<すると栃木ダンディー もろ手で
かぶと揚げを掴むと…>

<いい音 立てて
ワイルドに引きちぎった>

<のち もちろん いきます>

<冷えたビヤーをドリンクなう>

<こちらの栃木ミドルも
かぶと揚げに食らいつくと

これまた相性抜群の
レモンサワーを流し込んだ>

<パパと来ていた栃木キッズも
かぶと揚げに かぶりつき

甘い炭酸飲料を片手に
この飲みっぷり>

<栃木県民たちは皆
餃子首位陥落の悪夢を

振り払うかのように 一心不乱に
かぶと揚げに食らいついている>

(スタッフ)塩コショウ?

(スタッフ)クリスピー。

一切 飾ってないとこがいいです。

って感じです。

あの…なんだろ…。

(スタッフ)そんなにですか?
はい。

そういうのが…。

<かぶと揚げは胸肉やささみに
手羽先 さらには

1羽から1つしか取れない…>

<そんな みよしやさんの
かぶと揚げに使うのは…>

<味付けは塩コショウのみと
非常にシンプル

と なれば…>

いえ…。

(スタッフ)あ そうっすか?

<あら…>

<あれ このままだと 山場の
ないVTRに なりそうだぞ

と思いながらも作業は進み

あっつそうな油に
さっさと鶏 投入

ってなんだ?この油の色は?>

(スタッフ)この油は。
こちらの油は…。

<何!?>

<しかも…>

(スタッフ)そうなんですか。
<まさかの…>

<かくして
こんがりジューシー

栃木県民熱愛かぶと揚げが完成>

<続いて宇都宮市内にある
ご家庭の昼食どきに お邪魔>

<すると…>

<かぶと揚げの登場で
食卓が一気に華やかに>

<かぶと揚げは テイクアウト
として家庭で楽しむのも…>

<少なくないのだ>

<無事 進級を果たした
栃木キッズは…>

(スタッフ)あ そうなんですか。

<素敵な食リポ
ありがとうございました!>

<ちなみに 先ほどの
みよしやさんでは

かぶと揚げの
テイクアウトも大人気!>

<かぶと揚げと並ぶ
みよしやの大看板…>

だいたい多いときは…。

(スタッフ)200?
はい。

(スタッフ)3, 000!?
はい。

<メリクリかぶと
驚異の売上だった>

<女将 続いて

かぶと揚げ誕生についても
お願いしま~す!>

<あ~!そう言われれば…>

<続いて もう1軒

こちらの居酒屋さんへ
行ってみると…>

お待たせいたしました。
かぶと揚げのガーリックです。

<プレーンな味が魅力の
かぶと揚げが

まさかの
ニンニクまみれになって登場>

お待たせいたしました。
かぶと揚げの唐辛子です。

<えっ!今度は…>

<こちらは韓国産唐辛子を
これでもかと まぶした

レッドホットチリペッパーな
かぶと揚げ>

<最後に閉店間際の

みよしやさんに戻ってみると…>

はい お待たせしました。こちら…。

<みよしや名物
シメの お蕎麦が登場>

こちら…。

はい お待たせしました。こちら…。

<みよしや名物
シメの お蕎麦が登場>

<飲んだ後には
たまらんな~と思った…>

こちら…。

<なに!>

<こちらは その名の通り…>

<かぶと揚げを食べた後の
シメの蕎麦で

かぶと揚げの揚げカスまで
味わう栃木県民に

ただ ただ脱帽>

<いや かぶとを
脱がせていただきます>

(拍手)
間違いなく…。

あれ ちょっと これ…。

ありがとうございます~。
私とかは あの いつも…。

すごくあるので。
本田さんは なんか

好きなとことかある?
(本田)え~ 私 でも やっぱり…。

で あの~…。

あれ びっくりだよね。
(益子)ちょっと やっぱり
さっき感動しましたね。

これかと。
すごい…。

普通だったら…。

これな。あの油が
1つのポイントだと。

(笑い)

たしかにな~。あの
お父さん面白かったね~。

あの~宮崎に
負けてるってときの顔。

聞いたとき。
知らなかったか。

(本田)私も はい。

そうなんですよ。残念ながら…。

みよしやさんでは…。

…も大人気だそうです。

ミキは どうですか?
この かぶと揚げ。

かぶと揚げ めちゃくちゃ
おいしそうですけど

でも 宮崎が
チキン南蛮あるから…。

鶏 揚げてる。

(正門)なんか…。

あの失礼ですけど ホンマに…。

今 ごめんなさい。

僕 今…。

佐野くんは どう思いました?
(佐野)どうも…。

佐野くん 20歳なん?
佐野くんは 20歳?

僕 20歳です。
5歳違う。

どうですか?

そんなん言うたら あれやで。

あの油と同級生ですもんね。
同級生やねん。

ずっと 1回も かえてないよね。

<ということで
栃木県民熱愛の

かぶと揚げ大試食会!>

この大きさが すごい。
いや~ ホント重たい。

めちゃめちゃ おっきいよ これ。
いただきます。

いただきます。

(昴生)最高やん。
(本田)うわ~ いい音。

≪おいしそう~≫

わ~!

外 サクサク。中 ジューシー。

油が 口ん中で
めちゃくちゃ広がるんだけど

油が うまいよね。

もちろん お肉もすごくね
しっとりしてて おいしい。

う~ん!

うめえ…。
(益子)うめえ やっぱり。

やっぱり 改めて
全く パサパサしてないし

肉の 隙間 隙間まで
全部 いい油が透き通ってるんで

ホントに トータルで うまい。

うわ うま~!

なに これ!
これ あかんな。

(亜生)これは うまいぞ!

私…。

私も…。

(福田)自分で…。

(福田)…解体していって。
たしかに。

(益子)ホントに あの…。

(益子)万が一…。

ハハハ…!しっかりしてるわ~。

さあ 武田さん いかがでした?

いや うまかったですよ。
私 ちょっと…。

(武田)
油が やっぱりいいんでしょうね。

(佐野)
めちゃめちゃ うまかったです。
これ ちょっと…。

あ たしかに。
(佐野)めちゃめちゃ うまいです。

ずっとね。
兵庫には くわ焼きっていう

この カリッと揚げた この
手羽の部分みたいなのを

炒めたのが あるんですけど。
え~ あるんや。

この…。

くわ焼き…。

やった~!

大島さん いかがですか?
いや ホントに…。

違う…。使い方 違う。

(佐野)嬉しいけど
使い方が ちょっと違う…。

<今回の テーマは…>

<新年度がスタートし
はや2か月>

<新たな環境で
自己紹介をした人も多いはず>

<まずは 都内で…>

(スタッフ)それぐらいですか?
はい。

…とか ぐらいですかね。

うん そうですね。

<自己紹介は 名前や経歴など

定型文的な内容で

あくまでも シンプルに
済ますのが一般的>

<えっ!>

<それぞれ…>

<一口に自己紹介と言っても…>

ありがとうございます。
ミキと申しましてね

自己紹介しときましょう。
兄弟でやってまして

僕が兄の昴生で。
僕が弟の亜生でね。

2人 合わしてね。
(2人)ああせい こうせい。
こうせい ああせい。

言ってね。
言ってますんでね。
覚えて帰ってくださ~い。

<ミキの お2人のような…>

<…をとりにくるのも頷けるが

一般人である…>

…は言います。

(スタッフ)なるほど!

(笑い)

<梅田で食事帰りの…>

とか やから。
今日は…。

…みたいなんも
あるから。

2~3番目がいい!

(スタッフ)打順が大事?

(スタッフ)どうするんですか?

もう…。

(笑い)

<さすがは…>

<自己紹介で自虐や小ボケ

といったテクニックは もちろん

話す順番に
応じた策まで練っていた>

<せっかくなので…>

<実際に自己紹介を
お願いしてみた!>

今 私は?
(スタッフ)あの 一瞬なんで…。

(笑い)

…をしているんですけれども。

大学も多分 僕の代で
なくなってるのかな~。

さらに大学に関しては
僕の学部が学部再編で

キャンパスなくなってるんです。
で さらに えっと…

先月 僕が行っていた
小学校が なくなってると。

あと 大学の時に…
アルバイトしていた

ガソリンスタンドも
なくなっていて…。

ええっと…。

…になります!

(スタッフ)あっ ホントですか!?
<なんと!>

<そんな…>

僕は…。

<さらに 大阪に本社を持つ

300円ショップ
3COINSさんへ伺い

この日 異動してきた…>

(乙野さん)どうも…。

<おっと 自虐ネタ投入で…>

(スタッフ)弱めのやつですか?
はい。

<さらに…>

(スタッフ)
自己紹介して頂いて いいですか?

<さらに…>

(スタッフ)
自己紹介して頂いて いいですか?

(笑い)

<なんと
レジェンド芸人

島田珠代さんの
モネマネをぶっこみ!>

ねえ 乙野さん!

(笑い)

<なんとも明るく
楽しそうな職場だった>

(拍手)
打順 わかるよな~。

打順…。
打順が1番 どんなん出んの~?

そうきたか。
ほな こうしとかな~とかね

思ってまうもん。
確かに…。

それこそ…。

どうのっていうのは。
(正門)VTR見てて…。

(正門)なんか…。

ええ~っ!
(笑い)

(正門)僕 あの…。

困ってる側のね。
(正門)なんか…。

…したりするんですけど。

そうそう…。
(遠藤)ああ~。
(正門)やっと…。

(笑いと拍手)

ちなみに…。

僕 ありますね。
どんなん?どんなん?

どうも!
Aぇ!group 最年少の…。

♬~ 佐野 昌哉です~!
佐野 昌哉 佐野 昌哉…

ウィ~~ン
ヤヤヤヤ…ヤァ~!

(笑いと拍手)

(佐野)でも…。

(佐野)そうですね。
誰か ツッコんでくれるんだね?

遠藤も わかる?この感じ。

確かに わかりますね。
うん…うん。

あの~…。

(遠藤)僕の…。

…とかって言う人とか。
(笑い)

本田さん!
(本田)はい。

(本田)でも 私は…。

そっか。アイドルの人 あるもんね。
どんなんですか?

やって やって やって!
あっ ホントですか?じゃあ

「せ~の」って言ったら
お願いします。
(U字工事)はい。

せ~の!

(笑い)

わぁ~ カワイイよ~。
(拍手)

めちゃ いいじゃん!
ありがとうございます。

自己紹介といえばね
百戦錬磨 金八先生的には

大阪のこの自己紹介文化
どう思いますか?
いや やっぱ…。

特に我々…。

違いますか?
ああ やっぱりね~。
(武田)うん。福岡は…。

高校?
(正門)へぇ~。

へぇ~。

タモリさん!
あの方が…。

静まり返るの?
えっ 何で?何で?それは?

そうなの へぇ~。
(武田)ええ。
やっぱり。

頭の良さとか雰囲気が?

そう 聞きたい!
私…。

(笑い)

<目指せ!
全国の道の駅 完全走破!>

<ケンミン…>

<今回は全国に
およそ1000箇所ある

道の駅の頂点!>

<なんと!2連続
日本一に輝く こちらを調査!>

<向かったのは
スタジオにいらっしゃる

大島さんのホーム…>

<せっかくなので
気になるスポットに

ちょっと 寄り道>

<こちら 感覚ミュージアムは…>

<人間の…>

<イマジネーションと感性を
バッチリ磨いた調査隊!>

<いざ 日本一の道の駅へ!
すると

ありました!前方に…>

<ここが 今回の目的地
その名も…>

<車を降りてみると
人っ子1人いない道を

走っていたのが
ウソのような大賑わい!>

<遊びに来ていた…>

(スタッフ)あっ 仙台ですか?
はい。

♬~

<2年連続で
グランプリを獲得した…>

<まさかの宮城の人口超え!
300万人オーバー>

<産直コーナーを
覗いてみると…>

<まさに今が旬!>

<東北に春を告げる
山菜が大充実!>

<摘みたてフレッシュな
ふきのとうなど

都内では中々お目にかかれない
山菜に

今度は…おっと!?
さすがは米どころ!>

<餅と団子のオンパレード!>

<超うまそうな
みちのく和スイーツに

すっかり目を奪われていると…>

<何やら ひと際 賑わう
人だかりの先に…>

<なんと!
あのチョコポテチで知られる

北海道の名店「ロイズ」発見!>

<実は道の駅のある岩出山と

ロイズの工場がある
北海道当別町は姉妹都市>

<本州では唯一の
ロイズ常設店なのだ>

<チョコは もちろん 本州では
ここでしか食べられない

名物のソフトクリームが
いただけます!さらに…>

<なに?>

で 下にまた戻って。

広場みたいな
草むらでやってます。

<なんと敷地内の広場で

道の駅では日本唯一の
熱気球搭乗体験を実施>

<大島さんのふるさと 大崎平野を
一望できちゃいます!>

<まだ見ぬパンのお供を求め

トレジャーパントの
お時間です!>

<早速 目に飛び込んできたのは

出ました!ずんだあんバター!>

<しかし 宮城あるある過ぎるので
今回は見送り>

<すると さすがは
日本一の道の駅!>

<冷蔵コーナーの中で
ビンビンとオーラを放つ

パンのお供を…>

<まだ見ぬパンのお供を求め

トレジャーパントの
お時間です!>

<すると さすがは
日本一の道の駅!>

<冷蔵コーナーの中で
ビンビンとオーラを放つ

パンのお供を…>

<その名も…>

<ってことは つまり…>

<豚や鶏のレバーを
ペースト状にしたものだが

気になるオイスターパテは

おおっ!何なんだ
この高級感は!>

<見るからに濃厚な牡蠣の旨味が
詰まってます!>

<これを焼きたてのトーストに

惜しげもなくスプレッドすれば

絶対おいしいに決まってる
ラグジュアリーなひと品に!>

<宮城県は言わずと知れた

生食用牡蠣 生産量日本一の
オイスター王国!>

<舌の肥えた…>

…的な感じですか。

はい あります。

(スタッフ)アリですか?

<しかし なぜ名産の牡蠣を

パンのお供「パテ」にしたのか?>

<県内屈指の牡蠣の産地
石巻市にある

製造元 ヤマナカさんへ
実は こちら

世界13の国と
地域に

三陸の海の幸を
届ける

海産物流通の
グローバルカンパニー>

<社長の田さんに…>

アハハ そうですね。

<宮城のみならず

世界をもロックオンする
オイスターパテ>

<使用するのは もちろん
地元石巻産 ぷりっぷりの牡蠣>

<これを生クリームや
塩コショウとドッキング>

<刻みながら
混ぜ合わせることで

牡蠣の旨味エキスを余すことなく
全体に抽出>

<さらに仙台産の
白ワインを加え

濃厚バジルソースを
マリアージュ>

<もう ちょっとした
フレンチじゃん!>

<すると ここでダメ押し!
大量のバターと

先程の牡蠣ペーストを
ドッキング>

<かくして 宮城県民と
牡蠣とパンの絆>

<絶品パンのお供
オイスターパテが完成>

<ちなみに 先に
パンに塗ってから

チーズをたっぷり
のせて焼けば

旨味炸裂!
オイスターチーズトーストに!>

あとは…。

うわ~!いいな これ。

<ちなみに 先に
パンに塗ってから

チーズをたっぷり
のせて焼けば

旨味炸裂!
オイスターチーズトーストに!>

あとは…。

…食べ方ですかね。

<ここで 牡蠣がおしゃれなパンの
お供になった姿を

育ての親にも
是非みてもらいたい!

ということで 石巻市の

牡蠣漁師さんのもとへ
いざ凱旋!>

(スタッフ)はい
パンに塗るものなんです。

<では…>

<未体験の牡蠣のパテ>

<果たして 牡蠣の
プロフェッショナルたちは

いかなる判定を下すのか?>

どうですか?
パンに合うと思います?

いや 私…。

ねえ~。

地元 大崎市の 先程のね
あ・ら・伊達な道の駅。

なになに風で「あ・ら」
さすがフランス語をよく…。

ちょっと私
聞いた話なんですけど

何か…。

あ!はいはい 私も
何かそれ読んだことあります。

…「あ・ら」になった。

本田さん いかがでしょう?
牡蠣とパンっていう組み合わせが
すごい新しいなと思ったので

何か栃木県に ご飯にかける
餃子ってあるじゃないですか。

え!?
かける餃子?

そうなんです だからパンにも合う
のかなって ちょっと思いました。

行かないみたいです。

待ってますよ!

ミキのお2人どうですか?
これ…。

どういうこと?

いやいや…。

何で中継 繋げるんですか。
そんな番組 違う。

<それでは宮城県民の
パンのお供

オイスターパテ
パンに塗っていただきます>

あっ 何かもう
おいしそうな匂いがしますね。
ほんとだ。

たっぷり いっちゃいましょうか
せっかく。
たっぷり いっちゃいましょうよ。

うわ~ おいしそうだわ これ。

すごい なめらかですよ
塗ってる時。
ほんと なめらかだね。

ねえ。いただきます。
いただきま~す。

う~ん!

ほんとに。
いっきに これフランス行った
感じになる。

すごい おいしい。
合わせたな~!

しっかり牡蠣の味がね
ちゃんと楽しめるの。

洋風なんだけど
牡蠣の味が楽しめて。

うま!
これ うまいな。

おいしい。すっごい合う。

≪あとからの味がまた≫

ちゃんと牡蠣が味わえますね。

めちゃくちゃ うまい!
おいしい!

あ~ うま。

いいと思う。
高くしちゃおう これ。

出た!フランス。フランス語。

めちゃくちゃ上品な味しましたね
おいしかったです。

何か しっかり こう
味もするんですけど

鼻からぬける香りがまた
牡蠣 感じたりとか

何かもう五感で楽しいですね。
おいしいです はい。

これ ほんまの話…。

(遠藤)ほんとに…。

え~ そう?

あっ そうなんですか!?
(笑い)

仲良くさせてもらってます。

♬~

<もう一度 ご覧になりたい方は
TVerへ>

<お気に入り登録
お願いします!>