仰天ニュース…爆笑誕生秘話!富士宮焼きそば&宇都宮ギョーザ&勝浦タンタン麺[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

仰天ニュース…爆笑誕生秘話!富士宮焼きそば&宇都宮ギョーザ&勝浦タンタン麺[字][デ]

知らなかった真実!G麺という組織がある!で有名になった富士宮焼きそば&女子大生の助けて手紙で有名になった宇都宮ギョーザ&うっかりで有名になった仙台名物

出演者
【MC】笑福亭鶴瓶、中居正広
【ゲスト】玉木宏、観月ありさ、大友康平、加藤諒、春日俊彰(オードリー)、菊地亜美、井上咲楽
番組内容
有名ご当地グルメに隠された謎!今では全国各地で盛んなご当地グルメ…一体どうやって生まれ人気となったのか!?▼富士宮やきそば…ある人物の仰天発言から始まった!?▼宇都宮餃子…女子大生のある思いつきがきっかけだった!?▼勘違い!大ボラ!情熱!!驚きの誕生秘話が明らかに▼さらにとんこつラーメンのスープで地球を救う計画が!▼スタジオではゲストが出身地のご当地グルメトークで大盛り上がり!中居も大興奮!!

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ニュース/報道 – 海外・国際

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 富士宮
  2. 男性
  3. ラーメン
  4. 番組
  5. 餃子
  6. マーボー焼
  7. 勝浦タンタンメン
  8. 特徴
  9. スープ
  10. ナレーション
  11. ラーメン店
  12. リモコン
  13. 一体
  14. 宇都宮
  15. 家庭
  16. 勘違
  17. 偶然
  18. 視聴者
  19. 存在
  20. 突然

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





<今夜は…>

<驚きの…>

<参加すると
抽選で20名様に…>

<参加すればするほど
当選確率はアップ!>

<リモコンの…>

<今夜のゲストは

こちらの皆さんです>

<…もの人が押し寄せる
一大イベントになった>

<そこで 一気に
メジャーになったのが…>

(拍手)

<そう…>

<こちら 「じねん坊」の
富士宮やきそばは

イワシの削り粉を
た~っぷりかけた正統派>

<…スタイル>

<素朴な家庭の味>

<…を使い

ハート形の
目玉焼きをのせて完成>

<そんな 今や誰もが知る
富士宮やきそばだが…>

<…までは

「富士宮やきそば」という
名前も存在せず

地元の駄菓子店や家庭で…>

<そんな状況を
保険代理店に勤務する男性が…>

<それは…>

<…で始まった!>

<…が行われていた>

<そう これは…>

<市民を公募で集めていた>

<その中に 保険代理店に勤める
渡英彦が>

<演じるのは この人!>

<実は この人…>

(渡
) 例えば…。

<富士宮市の文化ともいえる
やきそばは

戦後 ある人が…>

<…を再現しようとした結果
生まれたといわれる>

<町の駄菓子店などで
おやつとして広がり

家庭にも浸透して行ったと
いわれている>

<特徴は…>

<ラードで炒め

具には…>

<仕上げに…>

<…をたっぷりかける
独特な やきそば!>

そういえば…。

<というわけで…>

<…と何人かの有志で
考えることになった!>

<で そのわずか…>

<実は偶然にも 地元テレビ局が

ネタを探していることを知り…>

<と な~んにも
決まってないのに…>

<で インタビューで

まさかの発言をする!>

はい。

…という組織が
存在しているんです!

<実は…>

<と 取材の直前に

「富士宮やきそば」という
名前が誕生>

我々は

「富士宮やきそば学会」と
名乗りましょう!

<そして 取材中に

彼のトークは どんどん…>

…と
いわれています。

<人気ドラマ…>

<…に掛けた オヤジギャグ>

<で…>

…なんです!

<みんな 大慌て!>

<で…>

<この時の映像が…>

<「こりゃあ 面白い!」と

ジャンジャン…>

<その時の衝撃映像がある!>

玉木君。
僕は名古屋出身なので。

名古屋なんだ!
だから…。

新幹線 乗る前は
必ず 天むすを買って。

(玉木) おいしいですよね
ちょうどいい感じ。

こんなうまいものがあるかと
思ったね。

(玉木) みそカツは…。

ハハハ…!

(鶴瓶) ソースや思うなぁ。

(大友) 仙台なんで…。

…なんてのは地味なんだけど。

…行くとね 最高なんですよ。

(一同) あ~!

…らしいんすよね。

冷やし中華が発祥?

ホントですか!

っていう説はありますね。

あまり
よく分からないんだけども。

とにかく そういう話で…。

<富士宮には…>

<な~んて オーバーに
コメントしちゃったら

「そりゃあ 面白い!」と…>

<そして
実際のオンエアがこちら>

(ナレーション) 21世紀に生まれた
新たな食文化 富士宮やきそば。

その やきそばで
町おこしを図ろうというのが

こちら。

(ナレーション) 彼らは富士宮やきそばの
現状を探るために

結成された調査隊。

人呼んで…。

<すると…>

<放送を見た人が
富士宮のやきそば店に殺到!>

<たちまち 全国区のメディアに
広がって行き…>

<で…>

<ど~んどん思い付いた
オヤジギャグ をかましながら

周りも巻き込んで行った!>

<すると 他県から
たびたび視察団が訪れ

「富士宮やきそば学会」を参考にし
各地で

ご当地グルメでの町おこしが活発に>

<そして そのうちの1つ
青森県の…>

<こうして…>

<…が開催>

<「富士宮やきそば学会」は…>

<…を派遣し 家庭の味で臨んだ>

<で 見事…>

<…に輝き

翌年の地元開催では

なんと 25万人もの人が訪れ…>

<2年連続で頂点に!>

…と
いわれています

<あの とんでも発言が

最大で60万人もの人が
訪れる…>

<富士宮やきそばが
地域にもたらした経済効果は…>

<ともいわれ…>

<海外でも大評判>

<そう報道陣の前で

リップサービスをしたという>

<有名になったのは
ある女子大生の思い付きが

きっかけだった!>

そうなんだ!

(加藤) だから…。

市役所の…。

え~!

あぁ そう!

<宇都宮といえば…>

<なんと…>

<…が餃子を求め
宇都宮を訪れるという>

<老舗…>

<…をはじめ>

<…は白菜の甘みの効いた
餡が特徴>

<…は 外はカリっ
中はモチっと>

<老舗 みそ屋が提供する…>

<みそダレと熱々の餃子の
相性抜群!>

<そんな宇都宮餃子

実は1人の…>

<…したと言っても
過言ではない>

<今から29年前>

<この日…>

<…を書いていた>

<浩美さんを演じるのは この人>

<その手紙の送り先は

某テレビ局>

<実は彼女…>

<…を務めていたのだが

これといった…>

<それは タレントの山田邦子さんが
司会を務め

視聴者のお悩みを
解消してくれる

…という番組の存在に気付き

手紙を出していたのだ>

<すると…>

<この後…>

<「餃子って…」>

<実は同じ頃
偶然にも ものすごい…>

<…が宇都宮にいた!>

<この人…>

<彼に…>

<それは…>

<数年前 市内で
大規模な陥没事故が起き…>

<そんな時
同じ栃木県の佐野市では

ピョンピョン跳ねながら打つ…>

<そんな佐野ラーメンに続けと
彼が目を付けたのは…>

<実は
その頃の総務庁の調査で…>

<…と同僚から聞き

ならば 地元餃子を…>

<…と企画していたが>

<そんな時
短大の教授に知人がいて

偶然 聞いてしまった…>

<後に届いた…>

<「文化祭じゃなくて
なぜ 餃子?」と…>

<なんと ノリノリで…>

<当時…>

<と…>

これは ヤバいですね!

<こうして 番組では…>

<…と題し
大々的に取り上げられた>

<すると これが…>

私は 埼玉の所沢なんですけど。

あるの? 何か。

甘辛の汁に…。

ネギの甘辛を…
「武蔵野うどん」って あの辺りの。

うどんっていったら
それだったんで。

…ずっと思ってました。
へぇ~ そうなんだ。

あるんだね。

北海道なんで…。

皆さんが知ってると
思うんですけど。

ちょっと
忘れちゃったんですけど…。

何のことや。

(笑い)

何だっけ?
一番大事なとこだよ。

一番大事やんか。
それじゃ…。

(笑い)

<大々的に…>

<すると
この企画は大反響を呼び

駅前に餃子をモチーフにした
石像が造られたり…>

<…が開発されたり

なんと…>

<公開収録には

なんと
8000人もの人が集まり

一気に 宇都宮は餃子の町として
有名になった!>

<浩美さんや
友人たちも…>

<連日 大奮闘!>

<今や 誰もが知る…>

<それは
「文化祭を盛り上げて」と…>

<一夜にして…>

咲楽ちゃん どうですか?

(井上)
そうですね 栃木だと みんな…。

その底に沈んでるスパイスを
みんな 「砂」って呼んでるんです。

何だ ビックリしちゃった。

(井上) そんなわけ
ないじゃないですか!

<といえば…>

<…といわれているが>

<それは 焼きそばの麺に

マーボー豆腐をかけた…>

<…の歴史的な出来事>

<それは…>

<この崩壊は
政府の人が命令を勘違いし

「もう外に旅行してもいいよ」と
発表したことにより

人が殺到し
壁が崩壊したといわれている>

<これに負けないほどの
素晴らしい勘違いから

始まっていた!>

<現在 市内で50店舗以上の

マーボー焼きそばを
提供する店があるが…>

<仙台みそをベースにした
タレが特徴>

<豆板醤をブレンドしたタレと
山椒油を入れた

ちょっと辛めの味>

<ここ 「たいらん」は

甘めの中華みそ 甜麺醤を入れて

マーボー豆腐を
ご飯と麺にかける「一緒盛り」>

(観月) ハハハハ!

要は…。

<その勘違いとは 一体?>

<中国菜館 まんみ>

<大柳さんが店を継いだのは
2007年>

お疲れさまです 社長!

<この人が演じます!>
お疲れさま!

<そして
2013年頃 一本の電話が>

(男性) すみません。

<その依頼に驚いた!>

<マーボー焼きそばは
創業当時に

先代が 五目焼きそばの麺が
余っていた時に…>

<と 余りものを合わせて

な~んとなく誕生していた
まかない食だったから>

<ちなみに
この店の焼きそばの麺は

一度 蒸して 1日 乾燥させ

それをお湯で戻し
油に通して使っている>

<その後 な~んとなく…>

<1日1食
出るか出ないかくらいで

多くの…>

(男性) はい。

<初めての全国放送で…>

(大柳) これをですね…。

ハハハ…!

<そして ドキドキの放送日>

(ナレーション) 続いては こちら!

(ナレーション) この珍しい
マーボー焼きそば

実は 仙台市民は
み~んな大好きで

よく食べているんです!

<実は市内では
マーボー焼きそばを出す店が

知らぬ間に増えていたのだが

うちの店では

1日1食 出るか出ないか>

<多くの仙台市民は
食べたことがないと思っていた>

<突然ですが
ここで視聴者の皆さんに…>

<今 作っているのは…>

<一体 何でしょうか?>

<リモコンの…>

<その答えは…>

<仙台のお店で…>

<だが テレビ…>

<なんと マーボー焼きそば目当ての
客たちで…>

<で 勘違いの結果…>

<1日の売り上げ数は
およそ300倍に>

<そして
最初に話題になった店…>

<創業以来 変わらない
ひと手間かけた…>

<…な餡が特徴>

(客) …っていうのは
印象にあります。

<そうして…>

<が続き>

<ということで
中華店の組合で合意>

(拍手)

<「仙台マーボー焼そば」と名付け…>

<…ができた>

<…として 全国に

紹介できるようになった>

<将来は…>

さぁ 玉木君。

…が比例してるものは。

おいしいっすね。

いや
「やってみようかな?」って…。

(笑い)

信じたとこで…。

…っていうとこが好きやねん。
へぇ~!

(笑い)

やっぱり。

ありささん。
(観月) 私は

小さい時から食べてる
老舗の洋菓子店があって。

…っていうところが
あるんですけど。

そこの…。

へぇ~! あっ そう。

<とある町に住む人たちが…>

(女性) えっ?

えっ?

(男性) はい。

<…こんなことが?>

<実は…>

<彼らが暮らしていたのは…>

<そう 今では有名な…>

<…とは こんな担々麺>

<結構 赤が濃い感じの担々麺>

<玉ねぎが
たっぷり入ったのが特徴>

<…の「勝浦タンタンメン」は

ガツンと来る辛さが人気>

<中華醤を使ったマイルドな味>

<各店 オリジナリティーある

「勝浦タンタンメン」を
提供しているが>

<そもそも この担々麺は…>

<それは…>

<…のこと>

<今も勝浦にある…>

<…という食堂の店主が>

<が ずっと…>

よし!

<…を重ね>

できた!

<納得の行くものが…>

(店主) お待ちどお!

うわ!

これね…。

<自信満々に
「これが担々麺だ!」と…>

<すると…>

<と…>

<マネする店も増え…>

<それが…>

<勝浦は…>

<…が並び>

<は いたものの…>

<…を任されていた>

<んで!>

<あのオリジナリティーの強い
担々麺に…>

<すぐに
旅行会社に来てもらい…>

<勝浦市商工会青年部の
磯野さんを演じるのは この人>

これですよ これ~!

出ました。

春日さんの…。

<突然!>

<全く…>

はい?

あと…。

あと…。

うわうわうわ…。

そういう…。

<と 謎の男性に言われ…>

<すると 謎の男性が…>

<この「僕の会社」が
すごい会社だった!>

<…だったのだ!>

<そんな…>

<取材が増え始め…>

<…を知ってしまった!>

(男性) ですよね!
おう!

<そこには…>

<…があった!>

<突然ですが
ここで視聴者の皆さんに…>

<今 作っているのは…>

<一体 何でしょうか?>

<リモコンの…>

<その答えは…>

<B-1グランプリの
存在を知った磯野さん>

<…があった!>

<それは 大会に出るためには…>

<ってな感じで…>

<既に
何十年もやっている店が多く…>

<案の定…>

<その後も…>

こんにちは。

おめぇよ!
えっ?

帰れ!

<それでも…>

後で 見とくよ。

うん。

(拍手)

<その時 決まった
「勝浦タンタンメン」の名前>

<そして…>

<なんと…>

<今 「勝浦タンタンメン」の
発祥となった…>

<なんと この…>

<…が動き始めていた!>

あれ?

で 静岡出身の…。

(井上) 私は…。

私は…。

(笑い)
何で?

(春日) いや ホント だから…。

…してて ずっと。

「勝浦タンタンメン」やったけど…。

「うわ~ あの…」。

って ずっと思ってた。

(笑い)

さぁ ここからは…。

…ということで。

日テレ系の
さまざまな番組を通して…。

そこで 『仰天ニュース』では

この とんこつラーメンに
注目しました。

<この…>

<でも元々 とんこつスープは…>

<それが 何で今のような
白濁スープになったのか?>

<実は…>

<…から生まれた

偶然のスープといわれている>

<さらに その…>

<…に変わる可能性が>

<今の…>

<当時 そこに…>

<…という店があり>

<ほとんど…>

<を使って 初めて…>

<…を作り出していた>

<でも この時は…>

<日本には…>

<…があり 煮込み過ぎると

エグ味が出るため…>

<…していたという説が!>

<しかし 戦後すぐ…>

<同じ久留米市の三九という
ラーメン店>

<この店も…>

<スープも
透き通ったものだった>

<…だったので>

<そんな母親役が…>

<この人!>

65歳!

<これが…>

ただいま~。

<なんと…>

<そう 母ちゃんが…>

えっ?

<んで 鍋には…>

あぁ…。

<んで…>

<なんと…>

<実は 豚の骨を強火で煮込むと

骨髄に含まれるコラーゲンが
熱で分解 ゼラチンとなり

水と油を乳化させるため
白濁し…>

<そう…>

<こそが…>

<その日…>

<ラーメン店 三九は…>

<…ようになった>

<やがて
この白濁とんこつラーメンが…>

<いわれている>

<流行れば流行るほど
店でこんな…>

<それは…>

<実は 多くの飲食店には
環境などに配慮し…>

<…装置がある>

<…と呼ばれ

排水に まざっている
残飯などはもちろん

水面に浮かぶ油脂も
分離させ

下水道へと送る装置>

濃厚であるがために
とんこつラーメンは

そのグリストラップに…>

<だが…>

(笑い)

もうちょっと
「おいしい」とか 違う…。

どんぐらいで終わりました?

が 巻いて…。

≪早っ!≫

(春日) そんなことある?

出て来て 火 付けっ放しで

「あぁぁぁ‼」。
(菊地) …ってやって。

いいですよ あれ
ブルーリボンですよ。

(笑い)

<濃厚であるがために…>

<これを…>

<そんな…>

<を解決すべく…>

<福岡県にある…>

<西田さんは…>

<西田社長 一代で…>

<…を築き上げた>

<そんな西田さんは…>

<…から
バイオ燃料を作る話を聞き>

<なんと自ら…>

<力を注いだ>

<環境にやさしい燃料>

<そして…>

<ついに
天ぷら油などの廃油から…>

<そんな時
ラーメン店の油の処理の話を聞き

なんと…>

<ラードからバイオ燃料を
抽出する独自の方法を見つけ

その後 スープの…>

<「ラーメンとんこつカット君」を開発>

<福岡のラーメン店に
置いてもらい…>

<それを原料に…>

<さらに…>

<…がされていた!>

偉いね!

さぁ 大友さん
地方に行けば おいしいところ。

…やってましたから。

ところが 結局
コンサートが終わって…。

そしたら ほとんどの名物のお店は
もう 閉まってますよね。

そうすると もう大抵…。

大体もう 決まって来ちゃうんで。

でも 大体ね…。

当たる 大体 当たる。

(笑い)
門構え。

あの… 門じゃ ない お店。

(笑い)

あっ そう。

さぁ ありささんは…。

そんな中で…。

もちろん 大友さんの歌も
すごいんですけども

私のデビュー30周年を
記念して心を込めた歌が

CDになりました。

『Ali30』というタイトルです。

30周年ですからね。
ぜひ皆さん 聴いてください。

<…に変える仕組みを作り上げた
西田さん>

<今では…>

<を集め…>

<さらに…>

<突然ですが
ここで視聴者の皆さんに…>

<今 作っているのは…>

<一体 何でしょうか?>

<リモコンの…>

<その答えは…>

<なんと…>

<…を生成>

<福岡の企業では…>

<のガラを肥料にし…>

<…ところも>

<そのネギは もちろん
とんこつラーメンで使われている>

<…を燃料に 肥料に>

<とんこつラーメンは
ご当地グルメとしてだけではなく…>

<…になっている>

さぁ 玉木君
映画ということですが。

人気コミック『極主夫道』が…。
あれ? ドラマやってなかった?

ドラマやってたんですよ
それが 映画になりまして。

あら! 映画化だ!

(玉木) さらにスケールアップして
濃いキャラたちが

大渋滞するんですが。

ホントに笑って楽しめて
最後に感動できる

爆笑お祭りムービーと
なっております。

ぜひ ご覧ください。

<番組では
超痛かった事件や

食べ物で起きた
まさかの出来事など

番組で取り上げてもらいたい
仰天事件を大募集>

<採用者には
どこにも売ってない

鶴瓶 中居の
仰天キャップ&パーカを

セットでプレゼント>

<さらに…>

<ナンバーワンに輝いた方には…>

<…の仰天ゴールドバーを贈呈>

<TVerでは 番組の最新話が
無料で見られます>

<そして Huluでは

本日の放送回も 過去の放送回も
いつでも どこでも見られます>