それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品全部売る】【ワイルドスピード森川】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【家の不用品全部売る】【ワイルドスピード森川】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!
【家の不用品、全部売ったらいくらになる?】
【ワイルドスピード森川・高難易度のラテアートに挑戦!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/緑川静香
番組内容
①【スマホ1つで家の不用品を全部売ったら、いくらになるのか?】
貧乏女優・緑川静香が家の不用品をスマホ1台で売りまくる。
今回は家にある物全部まるごと不用品!家に必ずあるアノ日用品から、一世を風靡した懐かしのゲーム機、タダでもらってきたアレがまさかの高額で売れる!?
美人副編集長の撮影(秘)テクニックも公開!
番組内容2
②【森川葵・ラテアートに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で
成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回はコーヒーカップの中に色鮮やかな作品を描く、ラテアートに挑戦!
見た目以上に高難度の技が森川を追い詰める!
森川は新たな才能を開花させることが出来るのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森川
  2. 緑川
  3. 美穂
  4. ハハハ
  5. ミルク
  6. 松島
  7. 出品
  8. 大島
  9. カップ
  10. 今回
  11. 挑戦
  12. 通知音
  13. 葉子
  14. 最後
  15. 達人
  16. 模様
  17. お願い
  18. コンポ
  19. ハート
  20. モノ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(大島)本物の[笑]

<やってきたのは
富士山を望む…>

(緑川)あぁ~ きた。

<こよいも…>

<今回は一時代を築いた…>

<世に そんなに
出回っていない…>

<さらにタダで もらった…>

<…の数々>

<スマホ1つで部屋のモノ…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

はい 今回は…

…ということなんです。

…なのかなっていう。

出た!
(華丸)そうか!

レビュー。
(大島)レビューか。

ねぇ。そう考えると なんか…

(スタッフ)はい。

(緑川)なんか…

<こちらが今回 応募してくれた
木内さん親子>

(美穂さん)そしたら…

(緑川)えぇ~!

(緑川)いやぁ~!

泣くなよ。

<そんな木内さんが…>

(美穂さん)ここは…

(緑川)あっ そうなんですね。
(美穂さん)はい。

<その後も家族で
年末年始などの…>

(緑川)あぁ~ なるほど。

<コロナ禍で
帰る機会が減ったため…>

(緑川)となると…

(緑川)ハハハ…[笑]

(美穂さん)…と思ってまして。

<ということで
12万円を渡せるよう…>

<…に設定>

<今回もスマホだけで
不用品が売れる

こちらの2つのサービスを使用>

<梱包や発送を考え…>

<…なるのかを検証する>

<それでは早速 出品していこう>

<まずは…>

(美穂さん)それは あの…。

はい コンポですね。

<コンポを発見>

<実は これ>

(美穂さん)これは…

(美穂さん)そうなんです。
(緑川)わぁ!

(美穂さん)ハハハ…[笑]

(緑川)この口ね。
(美穂さん)そうですね はい。

(美穂さん)はい。

<そう 世の中は…>

<これらのコンポは…>

本当に?

<今や 手に入りにくいため

逆に需要があると踏み
高値で出品>

<すると…>

(緑川)あら!えっ?
ちょっと待ってくださいね。

ごめんなさい。

<先ほどとは打って変わって

なんともレトロなラジカセ>

(緑川)あぁ~。

(緑川)えぇ~!

<寮生活での時間を
有意義にしてくれた…>

いや 全然違うよ。

「蒸発」って言ってるの
この番組だけよ。

<…緑川にとって

テレビは見るモノではなく…>

<ということで
レトロなラジカセは

先ほどのコンポを上回る額で
出品>

結構な値段
つけてるな。

(美穂さん)これは…

<その後も10年ほど前に
発売されていた

カラフルな液晶テレビや>

<昭和から平成までの
さまざまな型落ち家電を出品>

<続いてクローゼットを物色>

(緑川)これはね。

(緑川)流行ってた 流行ってた。

<美穂さんが子どもの頃に
流行ったという…>

業者か?

<そう 不用品を売る際は…>

(緑川)ハハハ…[笑]

えぇ~ 少ない!

<さらに こちらは
家で寿司屋に なりきれる…>

(緑川)ハハハ…[笑]

<皆さんも…>

<おうち時間に
最適な商品ではあるが

型落ちは型落ち>

<果たして どうか?>

<続いては…>

何?

ランドセル?

<ランドセルは捨てられずに…>

<なんと…>

<そこで>

(葉子さん)ハハハ…[笑]
(美穂さん)おぉ~。

<中古のランドセルを買う人が
いるとは信じがたいが

売れる可能性にかけ 出品>

<そして上の棚には>

(緑川)おっ!

<なんと状態の良い 箱付きの…>

<…を発見>

(緑川)すごい!

<フリマアプリの…>

<状態は良いので 5000円まで
上がることを期待し

ネットオークションに出品>

<さらに こんな…>

何ですか?

<このゲーム機…>

<実は これ 携帯ゲーム機…>

(緑川)えぇ~?

(緑川)ハハハ…[笑]

<当時…>

<消費者に安く提供するため
コストを抑え

あえてモノクロで
発売したものだそう>

<しかし
カラー化の勢いに飲まれ…>

(緑川)あぁ~。

(美穂さん)多分 そうですね。

ハハハ…[笑]

<とはいえ 令和の この時代

モノクロのゲーム機は
売れるのだろうか?>

<さらに>

<ファミコンのカセットは
なく…>

(美穂さん)あぁ~。

<分からないが…>

<そこで
操作が気になる人のために

5個セット
およそ800円で出品>

<その後も出てくる
大量のゲーム機に>

<ゲームソフト>

<家族全員
ゲームが好きだったので

種類も 新旧さまざま>

<果たして
どれだけ売れるのか?>

(緑川)ハハハ…[笑]

<ということで
まだまだ使えそうな…>

<意外と家にありがちな…>

<ほどんど未使用から
使い古したものまで出品>

<続いて目を付けたのは…>

(緑川)わぁ~。

本?

カタログ?

(緑川)ベンツ。

<車好きな お父さんが30年以上
集め続けたという…>

(葉子さん)そうです。

(美穂さん)そうなんだ。

<そこで…>

<それぞれ まとめ売りで出品>

<タダで もらったものにしては
強気な値付けだが>

<このカタログが のちに

意外な活躍を見せる>

[通知音]

何?

(美穂さん)えぇ~!

<発売当初の定価は
およそ9000円>

<24年たっても
5000円で売れるのは すごい>

[通知音]
(緑川)あぁ~っ!

<なんと あの
ファミコンの説明書のみが

あっという間に 売却!>

<この勢いで…>

(緑川)え~っ!

(緑川)え~っ!

<ということで まずは
いかにも高そうな…>

(緑川)ひゃ~っ!

<送るとなると
送料が かなり かかるので

送料 購入者負担で
ネットオークションへ>

<その後も

部屋中の不用品を
出品していく 緑川>

<すると…>

(緑川)えっ 絵も?

絵も?

<誰の絵かは 分からないが
とりあえず出品>

[通知音]

(緑川)よ~し!

(美穂さん)ハハハ…[笑]

え~っ!

<皆さんは この中古の
ランドセルを買って

どうするの?と お思いだろうが

在学中に子どもが ランドセルを
壊してしまったとき

新品を買うのが
もったいないからと

購入する人が いるという>

(緑川)うわ~っ!

(緑川)ミシン?

<およそ20年前 娘たちの小物を
作るのに使っていたという…>

<お母さんが驚くのも 当然な

超高額の およそ3万円で 出品>

<何ともレトロな カゴだが>

(葉子さん)…ていう。(緑川)行李?

<こちらは…>

(緑川)え~っ!

え~っ!

<レトロな価値に期待し
高値で出品してみる>

<果たして 売れるのだろうか?>

<これにて…>

<今回は…>

<…など 種類も さまざま>

<さらに 状態の良い…>

<…など 売れそうなモノも多い>

<果たして…>

<この日からは 売れたモノの…>

<…に 取りかかかる>

<手間を かけてでも…>

[通知音]

(葉子さん)え~っ!

<およそ60年前のレトロ雑貨
行李が

値下げなしで 高額売却>

<そう!>

<この企画の…>

<さらに その夜>

[通知音]
(緑川)よし!

(森川)箱のみ?

なんで?

<想像だけで
ゲームを楽しむ人が

買ったのか どうかは
分からないが

とにかく売れた!>

(緑川)ハハハ…[笑]

<さらに 翌日も>

[通知音]

<めいが生まれたときに
使った…>

[通知音]

(緑川)ハハハ…[笑]

<レトロな
はがきプリンターなど>

<箱付きのものを中心に
次々と 高値で売れていく>

電子レンジも
売れてる。

(美穂さん)はい。

<なんと
ゲームボーイのソフトが

およそ6000円で 売却!>

<ちなみに これは
定価の およそ2倍の額>

<しかし…>

<まさかの 車のカタログが
およそ5000円>

<さらに 別のカタログも売れ

合わせて…>

<…に なった!>

(緑川)ねぇ!(美穂さん)はい。

<そして…>

<箱付きの
スーパーファミコンは

期待通り
立て続けに入札されている>

<目標5000円まで
たどり着くか?>

<しかし…>

<そう
コーヒーメーカーを始め…>

<ならば…>

うわっ
お茶畑から。

出てきた。

イメージカット。
えっ?

勝手に
入ってくるのよ。

(緑川)わぁ~っ![笑]

頭を
下げちゃうよね。

(森川)ハハハ…[笑]

<早速…>

<…いただこう!>

<下河辺の指摘は…>

<ガチャガチャして
清潔に見えないという>

(緑川)はい はい はい。

<早速
写真を撮り直していただく>

(下河辺さん)はい
で ピンと張ってください。

とにかく シワは厳禁で。

(緑川)せ~の ほっ!

(下河辺さん)すごい ここに。
(美穂さん)こっち…

(緑川)あ~っ。

(下河辺さん)ピシッと そうそう…。

<ここに いる…>

(下河辺さん)キレイに なりました。

いい感じで。

<撮り直した写真が こちら>

<ポイントは
左下に入っている…>

<確かに 比べると>

<自然光を取り入れることで
清潔感が増した!>

<撮り方の工夫1つで
ここまで変わる>

<残りの
コーヒーメーカーなども…>

<出品写真を全て変更した>

<あれだけ反応が なかった
コーヒーメーカーが売れた!>

(美穂さん)え~っ!

<なぜ この組み合わせなのかは
分からないが 売却>

<セットなので
送料を浮かせられる>

<そして ここで>

<緑川 全商品を…>

<すると ここから…>

<…を見せる!>

[通知音]
(緑川)おっ!

<部活で使った…>

<モノクロゲーム機の…>

<そのほかにも 15品 売れ

見事 ラストスパートに成功!>

<そして 運命の…>

<また iPodを
使いたくなったのか

コンポが売れた!>

(美穂さん)はい。

<誰の作品か 分からない絵が…>

(葉子さん)お~っ。

<およそ20年前のモノにも
かかわらず 高額売却!>

<そして…>

(美穂さん)あ~っ すごい。

<スーパーファミコンは
相場の倍以上の値が付いた!>

<残念ながら お母さんの
思い出の ラジカセや>

<美穂さんの おもちゃは
売れ残ってしまった>

<しかし 1週間 売った結果は

ご覧の通り>

<果たして…>

<いよいよ…>

(緑川)1。

2。

<さらに…>

(緑川)うわ~っ!

10!

(美穂さん)いきます。(緑川)はい。

11。

(緑川)14!

15!

<目標まで あと1枚!>

(緑川)あ~っ!(葉子さん)すごい!
(緑川)お願い お願い…!

うわ~っ!

16!

<見事…>

(緑川)あ~っ!とりあえず…

<しかし まだ終わらない>

(緑川)あっ!(葉子さん)え~っ!
(緑川)20!

<なんと…>

<そして さらに お札を のばし>

(緑川)うわ~っ!
(葉子さん)すご~い!

(美穂さん)…ていう[笑]

(緑川)ハハハ…[笑]

<続いては 一切…>

<世界中で
愛されている…>

あっ そんな昔から。

<それが…>

<…したといわれている>

(スタッフ)今回は…

(スタッフ)…に来てもらっています。

(森川)へぇ~。

<すると>

(森川)えっ?

<きめ細かいミルクの上に

色を載せている>

<そして カップの中に
動きをつけながら

注ぎ込んでいくと>

(森川)おぉ~。

(森川)すごい。

<あっという間に

色鮮やかな
白鳥が浮かび上がった>

(森川)かわいい。

<彼こそがレインボーラテアートを
作り出す…>

すごいね。

(森川)このカラフルなやつ。

<そもそも ラテアートの模様を
作り出しているのは…>

<達人は さらに 天然由来の

食用色素を加えることで

ミルクの泡と一緒に
色を浮かせて…>

<…を作り出している>

<しかし あくまでも…>

<お客さんを喜ばせるために
提供しているという>

(森川)へぇ~。

ハハハ…[笑]

(大島)さすがだね。
本当 志が高いよ

森川さんは。

(松島さん)本当ですか?

<ラテアートの描き方は

ミルクを注ぎながら
模様を作り出すフリーポアーと

つまようじなどを使って
細かく描く

エッチングの2つに
大きく分かれる>

<見ての通り
森川が挑戦するのは…>

<…で 模様を
作り出さなければならない

フリーポアー>

手 震えるばい。

<実は 技術を競う世界大会も
存在しており

美しい作品と
評価されるための基準が

あるという>

(松島さん)お客さまに提供するのが
第一前提なので

茶色い部分を残しつつ

カップの真ん中に
描くというのを

重視されますね。(森川)あぁ~。

<ほかにも ミルクとの色の…>

<…が くっきり出せているか>

<そして 模様によっては…>

<…に作られているものほど

美しいと評価される>

(森川)この真ん中の ここの線の

ここから飲みたいですもん[笑]

<今回 森川には 基礎を含め

3段階の技を用意>

<まずは…>

(大島)そうなんだ。

(森川)えぇ~!

<模様を描く前に
マシンでカップに…>

<それと同時に 泡状のミルクを
作るために重要な…>

<…を行っているのだが>

<この2つの工程が
終わり次第…>

(松島さん)ちょっと
細めに垂らしながら

エスプレッソのかさを
上げていきます。

ちょっと
高い位置からですね。

かさが あいたら

この近づけた状態で

ミルクを出します。

真ん中に。
(森川)おぉ~!

(松島さん)それを止めて

持ち上げてもらって
前に引くと

ハートになる。
(森川)すごい。

ハハハ…[笑]
なるほど。

そうか 染料と
ミルク入れるんだ。

<まずは かさ上げ>

<高い位置から ミルクを
沈み込ませるのがポイント>

<そして ここからが肝心>

<うまくハートを描けるか?>

あぁ 難しい。
あぁ もう。

(森川)あぁ~。

ちょっと まぁ かわいいけどね。

(大島)ハハハ…[笑]かわいい。

<これでは ハートではなく…>

あぁ 難しそう。

「いただきます」[笑]
(大島)ハハハ…[笑]

<見た目は悪くとも…>

(森川)はい。

<再び挑戦>

大胆。おぉ大胆。

(森川)あぁ~。

結構 出た。
あぁ いいよ。

(森川)あぁ~。

<かなり大きさは出てきたが

またしても…>

チューリップみたいに
なっちゃった。

ハハハ…[笑]

<再び
挑戦するが>

(森川)あっ!

(松島さん)曲がっちゃった。

完全に…

(松島さん)こっちに向かって
来なきゃいけないのに

こっちに向かって。
(森川)あぁ~。

<曲がらずに
左右対称のハートを描くには

カップの中心線を通るように…>

<しかし…>

<…のは 手首が突っ張って…>

そうなのよ
ゴルフと一緒。

ハハハ…[笑]
真っすぐが一番 難しい…。

<さらに>

(森川)あぁ~!

<…も コントロール
しなくてはならない>

<ピッチャーの距離感>

<そして 逆の手でカップの傾き>

<さらに 体と平行な腕の動き>

<これら 全てを 素早く正確に

行わなければ…>

<これこそが…>

<…かかった ゆえん>

(森川)あぁ~!

少ない!

<そして カップ…>

<…ことも必要>

(大島)そりゃ大変。

<…に立って
何度も挑戦し続ける森川>

(森川)あっ!

(森川)あぁ~ あぁ~。

<しかし 思い通りに…>

(森川)う~ん。

ハハハ…[笑]頑張れ
みんな飲め!

あっ いい感じ。
あっ。

(森川)はい。

<位置が少し上だったが
徐々に…>

<…を描けるようになってきた>

(森川)下に。

<一気に…>

<…森川>

<そして…>

<かさ上げは順調>

<ミルクも 大きく
浮かせることが できている>

<最後 うまく左右対称のハートに
できるか?>

あれ?

(森川)どうだ!

<うまくできた!バリスタの…>

<迷いなく
一気にミルクを注ぎ込むと

最後までピッチャーを
ぶれることなくコントロールし

カップなみなみに
仕上げてみせた>

(森川)どうだ!

<バリスタ役もいいが
あくまでも…>

<ここから 色を使った…>

一気に 難易度が上がる。

<まずは…>

(森川)きた!

<スチーミングした…>

(森川)えぇ~!

<まずは高い位置から

ミルクのみを沈み込ませて
かさ上げ>

<そして回数を分けて

色を一緒に注ぎ込んでいく>

<すると…>

わ~っ。
(大島)かわいい。

♬~ What? カップヌードル 辛 麺

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い

♬~ 唐辛子 good お腹 グー グー

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い 旨い

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah 旨くて辛い

<ぶっかけ焙煎唐辛子 入り。
旨み6 辛さ4 この旨辛が大好評!>

<「カップヌードル 辛麺」買ってね!
他のも よろしく>

<まずは高い位置から

ミルクのみを沈み込ませて
かさ上げ>

<そして回数を分けて

色を一緒に注ぎ込んでいく>

(大吉)いや~!

<すると>

(森川)あっ すごい
かわいい。

(生瀬)ハハハ…[笑]
(華丸)何?これ!

<あっという間に色鮮やかな
チューリップを完成させた>

うれしい。

これ出てきたら
やっぱ びっくりするもんな。

どうやって
作ったの?って。

<こんな…>

<色を載せるところから…>

(森川)あれ?少ない。

(森川)全然
出ないんですよ。

<急いで
ミルクのみを沈み込ませる

かさ上げへ>

<すると かさ上げの途中で
ミルクが浮き始めた>

<さらに>

(森川)あっ 無理だ!

何で?

(松島さん)ちょっと
下に置きすぎちゃいましたね。

(森川)はぁ~。

<そして最後はミルクが…>

(森川)全然ダメだ 何だ?これ。

<チューリップではなく
もはや…>

<そう クリーム状になった
原因は

ミルクの分離>

<スチーム直後のミルクは
泡状と液状が

全体的に混ざり合った状態>

<だが
瞬時に…>

<模様を描くために
重要な泡が

どんどん上へ
集まってしまう>

<森川は…>

(松島さん)そうですね。

<自ら作った…>

(森川)うまい!

<再び挑戦を続ける森川>

おっ!
載った載った。

(森川)あっ!

(松島さん)あ~っ。
(森川)あ~っ…。

(森川)う~ん?

<徐々に色は
出るようになってきたものの>

<どうしてもチューリップの…>

(森川)あ~っ。

<前方のミルクを…>

(森川)お~っ かわいい。

<だが わずかなピッチャーの
傾きが命取りになる>

<この繊細な感覚を
つかむのは

初心者にとって…>

(森川)ちょっと上すぎました。

(森川)ダメです。

<森川は…>

(森川)あ~っ 何だ?これ。

<そして…>

頑張れ!

(大島)あれ?

<そして 気付けば
あっという間に…>

<…が 経過>

<徐々に葉の部分の…>

<…を 掴んできたが>

<どうしても…>

(森川)あ~っ。

<すると ここで森川が

ギアを上げる>

<挑戦…>

<ミルクが左右均等に
広がるように

ゆっくりと押し出していく>

<これは少し曲がったか?>

<だが 見事に修正>

<バリスタの…>

<一度は曲がってしまったかに
思われたが

最後に見事 形を整え

左右に葉が広がった

美しい作品を描いてみせた>

(森川)あっ 何か こう
ふわ~っと こう かわいいです。

<…を はさみ>

<とうとう最後の頂へ>

<その妙技を
とくと ご覧あれ>

<今までカップに入れていた…>

<まずはミルクのみで かさ上げ>

<そして波を打つように
色を注いでいくと>

(森川)あっ すごい!

(森川)あ~っ すご~い!

<色のグラデーションが
際立った

美しいリーフを描いてみせた>

<しかし
このレインボーリーフは

一定のスピードで 波打つように
振りながら 注ぐという

高難度の技術を要する>

<まさに達人の…>

(松島さん)…の あれなので。

(松島さん)感覚的には…

(森川)うわ~っ。

(松島さん)出す量は結構…

(森川)はぁ~。

(松島さん)そうそう…。

(松島さん)この…

<そして もちろん
液体を振る時でも

ピッチャーを持つ手は

体と平行に動かすことを
忘れてはならない>

(森川)まずは かさ増し。

(松島さん)落とす。

(森川)えっ?

<しかし 色が広がらない>

(森川)あ~っ もっと大量に。

(森川)もっと出していい。

<すると挑戦…>

(松島さん)もっと出さないと。

(森川)う~ん。

<注ぐ液体の量は
少し足りなかったものの

わずかな時間で
振る感覚を掴んできた>

(森川)あっ 本当ですか?
(松島さん)覚え早いですね。

<もはや 当たり前のように…>

<…に励む 森川>

<我々は森川の底力を
知ることとなる>

<挑戦…>

<振る動作は
かなり様になっている>

<最後は どうか?>

(大吉)いや
これは これは。

<バリスタの…>

(生瀬)いや
いいんじゃない?これ。

(森川)ありがとうございます。

<何と たった9回で…>

<…を描いてみせた 森川>

<達人がOKしても…>

<…のが 森川>

<困った達人は 思わず…>

(松島さん)それを…

(森川)はい。

<もはや…>

<森川は…>

<森川は…>

(華丸)お~っ
あえて。

(森川)あ~っ。
(松島さん)すごいね。

(生瀬)10回だった
今。

<何か…>

<思わず達人も>

あ~っ
そういうことなんだな。

<そして森川も>

(森川)かっこいい。

このグリーンの入り方が
めちゃくちゃ良くないですか?

<これには…>

<…だと いわれた高難度の
レインボーリーフだったが>

<達人の制止を振り切り…>

<…の作品を
作り上げてしまった>

<やはり 恐るべし…>

(森川)ありがとうございます。

<将来のバリスタ役を見据え
今回も…>

(森川)めっちゃキレイ!

違うの?
(華丸)うん だから?

(森川)そうなんですよ だから…

(森川)…て なっちゃったんですよ
へぇ~っ。

ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)