ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

塚田僚一が西武狭山線・池袋線でぶらり▽超便利!濡れずにたためておしゃれな「逆さ傘」▽味噌スープにつけて食べる!小樽焼肉▽思い出の革製品を自分だけの革のグッズに!

詳細情報
出演者
【旅人】塚田僚一
番組内容
塚田僚一が西武狭山線・池袋線でぶらり▽超便利!濡れずにたためておしゃれな「逆さ傘」▽シメのラーメンも絶品!味噌スープにつけて食べる!小樽焼肉▽革の自動販売機&思い出の革製品を自分だけの革グッズに!▽米や小麦粉の袋を粋なバッグや小物にリサイクル!▽ふわふわで美味!カステラパンケーキ▽次回!山下健二郎が京王線でぶらり旅!フレンチのおばんざい&キツネがのったラーメン
音楽
「夢から覚めないで」flumpool
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. お店
  3. お願い
  4. スープ
  5. バッグ
  6. 花束
  7. 販売
  8. カバン
  9. 季節
  10. 結構
  11. 商店街
  12. 団地
  13. 内側
  14. カフェ
  15. ブレスレット
  16. 建物
  17. 小樽焼肉
  18. 生地
  19. 米袋
  20. 味噌スープ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





♬~

<本日は 埼玉県所沢市にある

狭山スキー場で 待ち合わせ>

<で どこにいるのかな?>

(塚田) 小日向さ~ん!
<いた いた!>

おはようございま~す。
<塚田君 おはようございます>

<えっ 何で
夏なのにスキー場なの?>

ここ スキー場は
スキー場なんですけども

僕の目的はスキーではないんです。
<えっ どういうこと?>

中に入れば分かるので
行ってみましょう!

<は~い>
こっちで~す。

<今日も
朝から元気だなぁ 塚田君>

そう こっち! ここ ここ!

見えて来ましたよ。
<何が?>

ほら! 書いてあります。

「ウォーターフェス」!

<ウォーターフェス?>

消毒して。

こうかな?

(機械音声) 体温は正常です。
よかった。

こっちか。

支払いをして… ここか。

ウォーターフェス
お願いしたいんですけど。

1名様 1200円でございます。
は~い。

お願いします。

ちょうど 頂きます。

楽しみだなぁ。

お控えと こちらがリストバンド
入場券の代わりになりますので。

していただいて 遊んでください。
ありがとうございます。

よし! こうして…。

よし! これで装着完了!

では いってきます。
いってらっしゃいませ。

よし! 行こうか。

お~! ここだ ここ!

すごい すごい!

うわっ 中 入ってみると…。

この 坂の感じ!

<あ~ ゲレンデなんですね>

いろいろありますね。

こんにちは。
こんにちは いらっしゃいませ。

<これは何?>

こちらのボートで
利用していただければ。

こちらの
後ろに乗車していただいて

青いグリップを
握っていただければ

そのまま 真っすぐ
あの山頂から 一気に滑り降りる。

うわ~! すごいなぁ この坂。

220m 距離がありますので。

乗る所 2人分ですか?
2人用でもありますし

お1人でも
ご利用いただけますので。

エスカレーター ございますので
その右から上っていただければ。

分かりました。
こちら お渡しいたします。

うわっ 結構…!

結構 長いんだね。

よし! エスカレーター。

お~!

見守っててくださいね!
<は~い! 頑張って!>

うわ~ ドキドキして来る!

小日向さ~ん!
<は~い>

ここで~す!
<見えてます!>

下から見るより
全然 高いですよ!

うわ~ ドキドキする!

お願いします。

ここで 大丈夫ですか?
大丈夫です。

うわ~!

行きま~す!
<どうぞ!>

うわ~! うわ~!
<あ~>

速い 速い! うわ~! うわ~!

うわ~! うわ~!

アハハハハ!

うわ~! うわっ うわっ!

最高です! うわ~!

うわ~!

あ~!

想像以上の速さと
あと 目線が低いから

輪っかのアーチとか
すごいスリリングでした。

<あ~ なるほどね>

楽しい!

<去年から 夏季限定で始まった

狭山スキー場 ウォーターフェス>

<人気のロングスライダーは

山頂から 最大15度の急斜面を
一気に滑り降り

スリル満点の疾走感と爽快感を

着替えずに
洋服のままで楽しめます>

<期間中は 大量の泡が吹き出す
イベントなど

アトラクションも盛りだくさん>

<さらに 会場では
埼玉名物 狭山茶を使った

クレープなども楽しめます>

返却は ここで大丈夫ですか?
こちらで。

ありがとう! 楽しかったです。
<ありがとうございました>

よし! では 行きましょう。
<はい!>

ドームの 目の前なんですね 駅が。

ということで
今回は 西武球場前駅から

旅を始めたいと思います。

(電子音)

こっから 狭山線に乗ってと。

<西武鉄道
狭山線・池袋線で

ぶらり旅>

<本格的な夏を先取る
爽やかな出会い

あるといいですね>

(アナウンス) 次は 西所沢 西所沢
終点です。

どちらにしろ
この電車 乗り換えで

降りなきゃいけないんですね。
<ですね>

ちょっと 乗り換えついでに

次の西所沢で
降りてみましょうか。

<そうしましょうか>

初めてだ。
(電子音)

こっちのほう 行ってみようかな。

よいしょ。

これが 商店街みたいなのが
続いてる感じなんだ。

ちょっと 通りに出ました。

ここ 曲がってみよう。

こっち行ってみよう。

これは 西武線なのかな。
<ですかね>

ちょっと くぐってみよう!
結構 低い。

あっ なるほど。

こっちのほう
小川 続いてるんだけど。

いいね!

こっちのほう行くと
住宅になりそうだから

こっち曲がってみますか。
<そうしますか>

えっ? 何だ? これ。

<自動販売機?>
えっ?

これ 何の自販機だ?

「キーケース」「トレー」「ブレスレット」。
<えっ?>

「小物」
「何が出るか?」 何だ? これ。

「カードケース」。

「LEATHER工房」。

こちらの工房?

お店?

…の自販機ってことかな?
<ってことですかね>

ちょっと やってみたい!
やってみよう。

何にしようかな。

あっ いろいろと
上に商品があるんですけど

この「お楽しみ」だけ
何が出るか分かんない。

いいのが出るといいなぁ。
<ねぇ>

600円。

何が出るか?

<取り出し口も おしゃれ!>

来ました!

これは何だ?
<何? 何?>

あっ! ブレスレットじゃない?

<ほ~う>

これ。

こう使う ブレスレットかな?
<本当に?>

いいんじゃない?

ブレスレット!

どうですか?

<最近は
こういうの流行ってるの?>

あっ ここに

「ビンご返却で
100円お返し致します」。

これ返したら 100円 返却?

ちょっと 行ってみましょうか。
<そうしましょ>

よいしょ。

よいしょ! では 行きましょう。

ここかな。

こっちか。
(矢内さん) は~い こんにちは。

瓶を返却しに来ました。
ありがとうございます。

よかったら どうぞ。
は~い。

(女性) こんにちは。
こんにちは。

工房だ! 奥にも。

あっ 瓶の返却…。
瓶代で。

何 買われたんですか?
「何が出るかな?」ってやつで。

ブレスレットですよね?
それは カップホルダーなんです。

<え~?>
やっちゃった ブレスレットかと。

コーヒーとか… そうだったんだ。
<ですよね>

間違えました。

また この革製品を

どうして 自動販売機で
販売しようとしたんですか?

最初は 面白いかなっていうのも
ありまして。

あと やっぱ
革の 製作をしてるんで

端切れってのが出て来るんです。

その端切れを
有効利用できないかということで。

それだったら
販売機で売ったりしたら

面白いんじゃないかな
というところから始めてます。

こちらのショーケース
こちらが商品になるんですか?

試作品とか
いろいろ売っております。

まず いろいろ 注文 入るんでね
それの試作を作って

ついでに 販売をしてるという。

オーダーメイドに限らず
修理から…。

リペアっていって
こちらにあるように

傷 あるやつを
元の色に戻したりとか。

リペア前が
修理前ってことですか。

リペア後が…。
色を付けて 傷を直してるという。

こんなキレイになるんだ!
すごい!

あとは リメイクっていって…。
リメイク?

例えば
簡単に 分かりやすく言うと

ランドセルを
他のものに作り替える。

今 あそこにあるランドセル
もしかして…。

これからリメイクして。

あと 例えばですね 革のコート。

ほう ほう ほう!

これが…。

え~っと こんなバッグに。

え~!?
変わるんです。

これは ボストンバッグ?
はい。

バッグです!

革のコートが。
<お~!>

分かった! ここのポッケの部分が
もしかして 胸の。

ここのポッケを生かしてあげた。
横のポッケだ!

確か この…。

そうそう! ポッケ!
ポッケとかね。

内側のヒョウ柄なんかも
中 使ったりしてます。

おしゃれ!

内側も生かしてます。

そんなこともできるんだ!

そんなこともやってます。

お客さんからね 預かってる
リメイク品があるんで。

これが 元々のバッグです。

ヒョウ柄ですか。
ヒョウ柄のバッグです。

そっか 形 変わってるんですね
元々は こうだったバッグ。

それが
このバッグに変わってます。

小さくなってる!

何で また この大きいバッグから
小さいバッグに?

お客さんのご要望は
お財布とスマホが入って

簡単に ちょっと ぶら下げて
出掛けられる バッグが欲しいと。

で このカバンは
使う機会が少なくなったからと。

そういうことですね。
そんなこともできるんだ。

<店主の矢内さんは

元は 建築士でしたが

7年前に脱サラし 革職人に転身>

<長年 培った
設計の技術も生かして

オーダーメイドの革製品を
作っています>

<リメイクを
手掛けるようになったのは

お店の常連さんに
お願いされたのが きっかけ>

<限られた材料の中で
お客さんの要望に応えるため

毎回 デザインに
工夫を凝らしているそうです>

<例えば こちらの
2つのクラッチバッグは

合わせて 1つのトートバッグに
リメイク>

<思い出が詰まった
ランドセルは

財布などの 3点のアイテムに
生まれ変わりました>

<使わなくなったものに
新たな命を吹き込む

匠の技ですね>

<池袋線に乗り換え
東へ向かいます>

<続いての途中下車は
ひばりヶ丘>

ひばりヶ丘って 住宅とか
住むイメージがあるなぁ。

住む町!って感じが。

よいしょ。

あっ 商店街がある。

ちょっと 行ってみましょうか。
<はい>

何か 昔ながらの
アーケードの商店街って感じが。

<しますね>

商店街は ここら辺までなのか。

あっ こっち行くと

マンション? 団地?
住宅街なのかな?

日陰に入ると 一気に涼しくなる。

いろんなマンションがある。

おっ 何だろう?

看板がある。

「レンタルスペース」
「ハンドメイド雑貨ショップ」。

「カーシェア」「フラワーショップ」
「カフェ」。

この建物 何だろう?

お店? 住宅?
<団地?>

この建物 何だろう?

お店? 住宅?
<団地じゃないの?>

行ってみよう。

(話し声)

お勉強されてるの?

<どうやら
団地じゃなさそうですね>

えっ? 何だろう?

奥に看板がある!

奥が カフェってことかな。
<そうみたいですね>

こっちが 入り口?

オープンって書いてます。
<学習塾?>

オープン。

入っていいのか。

こんにちは。

雑貨が。

へぇ~! お店っちゃ お店…。

ここ 受付かな?

すいません。
はい こんにちは。

こちらって お店ですか?

こちら ひばりテラス118は

1時間 お幾らという形で
レンタルスペースの運営と

あと そちらにある
手仕事のお店 HACO NIWAという

ハンドメイド雑貨の
販売をしております。

レンタルスペースだから…
今 お子さんが 学習されてるんだ。

今は お絵描きとか されてたり

こっちは 手芸サークルの皆さんが
手芸されていたり。

こちら ひばりが丘団地の建物を
リノベーションして

中だけキレイにして
運営しております。

昔の建物を残して。
<へぇ~>

団地だったんですか?
そうなんです 団地だったんです。

昔は
どんな雰囲気だったんですか?

どんな感じだったのかなと思って。
ちょうど 今 住んでた者が…。

昔 住んでたスタッフがおります
呼びますね! ご紹介します。

すいません 渡さん
お願いします。

当時 ここに住んでいた。
実際に住まれてた!

こんにちは。
(渡さん
) はじめまして。

私は 同じタイプの棟に
住んでいたんです。

それで 6軒のお家が

横に つながっているような。

1つの所帯が 2階と1階を使う。

そういう
メゾネットタイプの建物でした。

お部屋は
どんな感じだったんですか?

ひと世帯が ここから ここまでで。

奥までですね。

そういう形になります。

そこ 真ん中辺が 玄関になります。

入り口が 一緒なんだ。

こちらの
窓が見えると思うんですけど

ここが おトイレです。

反対側が
お風呂場になってました。

そして お台所があって
1階に ひと部屋…。

お食事をするような部屋があって。
リビングみたいなことだ。

その向こうに もうひと部屋
このタイプは増築されてます。

当時の名残って
残ってたりしますかね?

そうですね…
こちら どうぞ ご覧ください。

あの 木の枠の窓なんですけど。
窓?

上のほうが ガラスになってる所
開くんですね。

ここ ちょうど
おトイレの窓になるので。

トイレか! 換気扇かな?
そうですね。

へぇ~ 面白い!

お邪魔しました!
<お邪魔しました>

あと よく分かる 昔の名残が…。

外ですか?

この表札なんです。
えっ?

あっ 本当だ!
ここに。

118号棟の3号室ということで。
<へぇ~>

名前が書かれてたんですか?
そうですね。

そのまんま残して。

<かつては
184棟もの公団住宅があった

ひばりが丘団地>

<そのほとんどが
建て替えられる中

当時の建物を残し 造られたのが
ひばりテラス118>

<ここにあった6世帯のうち
一部の壁を貫き

1つの施設にして
7年前にオープン>

<中には
花屋さんなどの店舗に加え

カルチャースクールや
学習塾といった

多目的に使えるスペースもあり

誰でも利用できる場所として
生まれ変わりました>

3号棟って
おっしゃってましたもんね 表札。

壁あって。

ここの奥なんですけど…。

ここが カフェか! なるほど。

外から 回って
行ってみましょうか。

こっちかな? 入り口。

やっぱ カフェだった。

「COFFEE」って書いてありますね。

何があるんだろう?

「パティシエが手作りした
デザート」。

へぇ~! スイーツ。

「プリン」「クッキーシュー」。

「カステラパンケーキ」。

しかも 「オーダーを
いただいてからお作りするため」。

30分!?

気になる!

カステラなのか パンケーキなのか
気になりますよね。

<なります>

こんにちは。
(野田さん) こんにちは。

あ~ すごい!

ここは 吹き抜けになってるんだ。

表にあった カステラパンケーキ。

どういったものなんですか?

(野田さん)
パンケーキなんですが

カステラ感がある感じのものに
なってます。

パンケーキがですね
横の トッピングソースが

塩キャラメルソースと

レモンソース
こちらは期間限定になります。

レモンソースで お願いします。
ありがとうございます。

飲み物もいただきたいんですけど
お薦めってあったりしますか?

季節のフルーツサイダーですね。

季節ごとに替わっておりまして。

今 お出ししてるのは
かんきつのサイダーになってます。

その 季節のフルーツサイダーも。
ありがとうございます。

お会計 1750円でございます。
はい。

お願いします。
ちょうど頂戴します。

席が 一番手前の
広いテーブルになります。

ありがとうございます。
ごゆっくり どうぞ。

お願いします。

カステラパンケーキですって!

<楽しみですね>

お待たせいたしました
季節のフルーツサイダーです。

この時期の季節… ミカンですか?

今は 甘夏とオレンジが…
実は入ってまして。

下のほうに ユズのジャムが
沈んでるので 軽く混ぜながら

お召し上がりください。
ありがとうございます。

では いただきま~す。

<おいしそうじゃないですか>

本当だ! ユズのジャムだ。

あ~!

うわ~!

おいしい!

あ~ 甘さもある。

さっぱりしてる!

さっぱり すっきり 飲みやすい。

<カフェ COMMA, COFFEE

団地の2世帯分を使っています>

<メゾネットの2階部分を
取り除いて

吹き抜けにリノベーション>

<日差しが たっぷり入って
開放感のあるお店は

地元だけでなく 遠方からの
お客さんにも人気だそうです>

<季節のフルーツを使った
メニューは

サイダーの他に
パフェもあり

6月に楽しめるのは

マンゴーが たっぷりのった
マンゴーパフェ>

<お店の看板メニュー
カステラパンケーキは

注文を受けてから
メレンゲを作り始めます>

<ふわっと立って来たら…>

<それを 卵を ふんだんに使った
生地と混ぜ合わせ…>

<スキレットに入れ

180℃のオーブンで
じっくりと焼いたら 完成>

お待たせいたしました。

カステラパンケーキでございます。
すごい!

何だろう? はみ出してる!

これは
どのように食べたらいいですか?

最初 切り込みに沿って
ナイフを入れていただいて

途中で メープルシロップと
レモンソースをかけながら

お召し上がりください。

香りも すごい!

香りは… 卵だから
カステラに近いんですかね。

そうですね。

卵を使ってる量は
結構 多めになるので

カステラ感は
結構 あるかもしれないです。

ありがとうございます。
ごゆっくりしてください。

いや~ すごいボリューム!

<本当!>

行きます。

あっ! あっ!

ふわふわしてる!

何か すごい… 勝手に入って行く。

切ってるっていう感覚はないです。

いただきます!
まず このまんま食べよう。

生地のところだけ。

<お~!>
黄色い!

パンケーキとカステラの間の色。

<どう?>

おいしい!

懐かしい味。

うん!

卵の甘みが すごい広がる。

ふわふわした
パンケーキなんだけど

かんで行くと
カステラの甘さとか…。

卵ですね。

季節限定のレモンソース
行っちゃいましょう。

あっ 本当だ!

酸味… 酸っぱさが感じられる。

とろ~っと。

もうちょっと とろ~っと。

うわ~ たっぷりと!

おいしそう!

あっ! うん おいしい!

<レモンってことは
結構 酸っぱいの?>

酸味あるんですけど
フルーティーな…。

レモンだけじゃないのかな。

何か すごくフルーティーです。

<明るい日差しが降り注ぐ中

やさしい味わいと食感の
スイーツで 気分も ほっこり>

<おなかも満たされ
再び 電車に揺られます>

<続いての途中下車は 中村橋>

駅 降りて すぐ商店街。

あっ! 大通りに出た。

こっち 商店街が続いてるのかな。

ちょっと 渡ってみよう。

本当に 町の商店街って感じ。

あのお店は…。

傘屋さん?
<傘屋さん?>

えっ?

何だろう? あの傘。

傘が逆さまになってる!
あれ!? 逆さまじゃないのか?

<逆さまですね>

「花のように開く傘で

ありがとうの花束を」。

どういうことなんだろう?
<ねぇ>

花? 傘? 花束?

しかも お店かな?

ちょっと 行ってみましょうか。
<はい>

ここか!
ここから上がれるのかな。

あっ! ありました。

これ 何だろう?

<たくさんありますね>

何だろう? 傘が立ってるって。

見たことない。
<確かに>

すみませ~ん。
(深澤さん) はい。

こんにちは。
(深澤さん) こんにちは。

外 歩いてたら
ポスター 気になって

ここに来たんですけど。
(深澤さん)ありがとうございます。

これは 傘で間違いないですか?

これは 逆さ傘っていう傘です。
逆さ傘?

もし よかったら 説明しますんで。
いいんですか。

ありがとうございます。

逆さ傘。

こちらって お店ですか?
こちらは事務所で。

我々 製品を デザインしたり
ネットで販売したりしてるんです。

ここは 販売自体はしてないです。

すいません 突然。
とんでもないです。

すごい気になっちゃったんで。

一応
バナー 張ってますんで 外側に。

これ 全部ですか? 逆さ傘。
全部 逆さ傘です。

いろんな柄と色があるんですね。
そうですね。

うちは これを専門にやってる
傘でして。

他にも
機能的な傘があるんですけど。

もし よろしければ
中で説明いたしますんで どうぞ。

お仕事中 すいません。
<お邪魔しま~す>

この傘なんですけども。

見た目 ちょっと違う感じだと
思うんですけど。

これ 開いていただいて。

開く時は
これを持ち上げていただきまして。

<お~!>
ひっくり返った! 面白い!

今度 閉じていただく時は

ここを つかんでいただいて
引っ張っていただきたいんです。

ここを… ぐっ!

あっ 簡単!

今 外側の黒い面が…。

濡れた面が 中に入りますので
ここ 濡れてないんですね。

この面が濡れていないので

傘を巻く時も
手が濡れないですし

電車の中とかでも
お召し物を濡らさないので

非常に便利なんですね この傘。

面白いというよりは 便利な傘。
機能的なんですね。

しかも
先ほど見ていただいたように

こうやって
置くことができますので。

下に 水滴が落ちやすくなる。
<なるほど>

この傘は 布 2枚ありますよね。

普通 1枚ですよね。
普通 1枚ですけど 2枚あって。

布が2枚なんです。

本当だ。

外と中で サンドイッチして

中の傘の骨 隠れてますでしょ。
<確かに>

骨が 中に隠れてるので

髪の毛も引っ掛からないですし。
<はぁ~>

UVカットも
このおかげで強いんです。

なので
日傘としても お使いいただける。

こちらの面が
また 濡れない面なので

濡れないってところに着目して。

ちょっと よろしいですかね。

<何だろう?>

これなんですけども。
<えっ?>

想像できないな
イメージはつくけど。

これ 開いていただいて。

ぱっと見
これ 傘とは思えないですよね。

これ 開いていただいて。

ぱっと見
これ 傘とは思えないですよね。

開いてみます。
開いていただいて。

あっ!

<お~ 面白い!>

何だろう? この世界。

女性用なのでね
お姫様的な感じもあるんですけど。

フリルのお洋服とかと
すごく合いそうですね。

こちら 内側の面が

先ほど言いましたように
濡れないんですね。

普通の傘ですと 雨で濡れるので
こういうのは使えないんです。

これは 内側が濡れないので
生地を組み合わせることができる。

雨の日のファッションを進化させたいと
思って こういうの作りました。

表に 「傘の花束を」
って書いてあったんですけど

あれは何ですか?
あれはですね…。

ちょっと 花束の傘
取ってもらえますか。

花束?

えっ 傘?

花束ですね。
<えっ?>

この傘というのが

花のように開くので…。

アサガオみたいな
開き方をするので

花束にできないかなと…
これをセットで。

こういった 梱包しまして。
<へぇ~>

こういう包み方 初めて! 傘の。

お花も入れてですね。

本当に 花束ですよね。

これは うれしいだろうなぁ。

雨の日に 開くたびに…。

プレゼント していただいた人からの
気持ちを思い出していただく。

これ あの人から もらったなって
気持ちになると楽しい。

より 思いが伝わって来ますよね
もらったほうも。

<ユニークで便利な傘を
企画・販売している

インタービジネスブリッジ>

<逆さ傘を
取り扱うようになったのは

6年前>

<販売するだけでなく 内側と外側
2枚の生地の構造を生かし

ファッション性豊かな
傘のデザインをしています>

<内側の生地には
さまざまな素材を使っていて

こちらは ちりめん織りの布地>

<また レース状の薄い生地を
雨の日に楽しむこともできます>

<他にも
ユニークな傘を扱っていて

こちらは 雨の日の夜道で

子供が安全に
歩けるようにと考えた

その名も ぴかぴかさ>

<スマホサイズの
極小折り畳み傘は

ポケットにも
すっぽり収まり

これからの季節
便利ですね>

突然 すいませんでした。
本当に ありがとうございました。

ありがとうございます。
<ありがとうございました>

すごかったなぁ。

<楽しい傘に出会い
旅を続けます>

<続いては 椎名町で途中下車>

初めて降りるなぁ 椎名町駅。

どっち行こうかな?

おっ! こっちに レトロな…。

アーケード商店街?

よさそう。

「すずらん通り」。

いいなぁ!

<歩いてみたくなりますね>

豚カツ屋さん。

外壁は ちょっと新しめだけど。

ここは… コーヒー?

カフェか。

「米袋・小麦袋」。

えっ クラフト製品 販売してる?

袋の製品ってこと?

何か カバンがある。

あれかな?
<どれ?>

カバン…。

ちょっと 行ってみましょうか。
<そうしましょ>

ごめんくださ~い。
(中村さん) いらっしゃいませ。

あっ!
<どうしたの?>

「小麦」って書かれてる。

<あっ 本当だ>
カバンだ。

革っぽい。

本当に袋なのかな?

あっ すごい。

おっ ショルダー… トートバッグ。

すごい! 味がある。

ちょっと 触ってみていいですか?
(中村さん) どうぞ。

あっ 軽い!

うわっ え~?

小麦の袋 米の袋って 想像…。

想像している袋なのかな? 紙の。

でも ちょっと硬いぞ。

何か 味があって いいですね。
(中村さん)ありがとうございます。

これ 全部ですか?
そうですね。

小麦の袋と 米の袋と
それぞれ使って 作ってます。

小麦袋 米袋って
自分が想像してるのだと

10kgぐらいの… 紙の袋。
もっと大きくて。

今 あるので ご覧いただいて。
いいですか。

これが…。

こちらが 小麦の袋ですね。

あっ でも 多分…。

想像しているような袋ですよね。
<はい これですね>

お米の袋が こういう感じで。
はい はい。

きっかけは
この近くにあるお米屋さんが

捨ててしまう米袋を使って
何か作れないか?といって

うちの施設に
お持ちいただいたのが きっかけ。

ってことは カバンとか
クラフト製品にする前は

そういう袋は捨てられてた。
そうですね。

処分してたっていうものを
今は こちらに寄付いただいて

こういった作品…
商品を作っています。

一つ一つ デザインが違います。

こっちはシンプル。

中が… 見てください。

これは お米ですね 「茨城米」。

外側だけじゃなく内側も。
<ほ~う>

これ 何だろう?

あっ!

これ フランスパンとか
こう入れるんだよ!っていう

イメージかなって思ったら

チャック 付いてた!
<あら!>

これ 何ですか?

それも 同じ
小麦 米の 袋で作った

パンの形をしたポーチ。

ポーチ。

同じものですか?
同じものを こちらは

かなり もんで 柔らかく…。

しわをつけて作ってます。

すごい!

あっ! 中… しっかり 布の。

守れるように 傷つかないように。

何 入れよう?

リコーダーとかですかね。
<ハハハハハ>

小学校の頃 出会ってたらなぁ。

これを買わせてもらいます。
ありがとうございます。

このパンが いい! 出てるのが。

6500円になります。
はい。

お願いします。
はい お預かりします。

<今まで捨てられていた
米袋や小麦袋を

カバン作りに再利用している

工房 STUDIO PEPE>

<本来 捨てられるものに
新たな価値を生み出す

地球にやさしい取り組みを
行っています>

<使い終わった袋は 解体した後

特製の のりを使って
貼り合わせます>

<その上から 柿渋を 何度も
丁寧に塗り重ねて行くことで

耐水性や強度に加え

味わい深い作品に
仕上がります>

<材料の袋は

いろいろなお店から
集まって来るため

全て
一点物だそうです>

大切に
ずっと使って行きたいですけど

どのくらい使えるんですかね?

紙なので 多少は
弱くなったりはするんですけど

先ほど お話しした
米袋を頂いてるお米屋さんが

長年 使ってるものがあるので
よかったら 見に行きますか?

ぜひ!

じゃあ こちらに。
いいですか。

<ありがとうございます>
すごい ありがたい。

すぐ案内してくれるってことは
本当 近いんですね。

あっ もしかして…
「米」っていう文字が。

ここですか?
はい こちらになります。

(中村さん) こんにちは。
(小木曽さん) どうも こんにちは。

(中村さん) 米袋で作ったものに
興味がある方をお連れしたんです。

あっ こんにちは どうも。
こんにちは。

これが
実際に販売されてるお米ですか。

じゃあ これも 紙袋が残ったら
カバンとかになるってことですか。

僕はね
名刺入れを使ってるんです。

もう 3年ぐらい たちます
ちょっと擦り切れたりして。

いいですか?
カード入れに使ってるんですよ。

すごい!
意外と丈夫なんで。

この擦れも 味が出て いいですね。
意外とね 水にも強いし。

ありがとうございます。
いえいえ。

この カバンと ポーチも
どんどん 味 出るのかと思うと

毎日 使おうって思いますね。

<捨てられる袋が
長く使えるものに

生まれ変わるなんて
ステキですね!>

<電車は 終点 池袋に到着>

いつも 池袋 来るとしたら
劇場が多くあるんで

舞台 見に行ったり
ステージ 見に行ったりとか。

よく行くんですけど
こうやって ぶらりするのは

初めてかもしれません。
<へぇ~ そうでしたか>

歩いたら おなか へって来たなぁ。

<そろそろ いい時間ですもんね>

おっ 焼き肉!

えっ?

「小樽焼肉」?
<えっ?>

小って
北海道のかな。
<でしょうね>

え~ 聞いたことない!

「小焼肉ぶいぶいの
美味しい楽しみ方」。

えっ!

味噌スープだれに
お肉を絡めて食べる?

何だろう? 味噌スープだれって。

「最後は
そのタレと追い麺を合わせて」。

ミニラーメンで締めるんだ!
え~ 気になる!

そうだ! 小日向さんって

北海道出身ですよね。
<そうです>

小樽焼肉って ご存じですか?

<いや 初めて聞きました>

僕も初めてです。

しかも 僕 焼き肉 大好きなので

ちょっと 行ってみましょうか。
<行きましょう!>

うわ~ 楽しみ!
何だろう? 小樽焼肉って。

すいませ~ん。

(藤倉さん)
は~い いらっしゃいませ。

食事できますか?
(藤倉さん) はい 大丈夫です。

こちらのお席で お願いします。
はい。

お絞り こちらに ご用意してます。
ありがとうございます。

当店のご利用 初めてで
お間違え ないでしょうか?

はい 小樽焼肉も 僕 初めてです。
ありがとうございます。

この食べ方は 小で
よく食べる
食べ方なんですか?

小だと
40年から50年ある
文化なんですけれども

一部の焼き肉屋さんで
ご提供してるものを

ちょっと 手を加えて
ご提供してる形ですね。

その 一部の焼き肉屋さんは

小樽焼肉ってことなんですか?
名前は付いてないので分からない。

<私も知らないわけだ>
ますます楽しみですね。

お薦めってありますか?

当店 スープだれ メインで
お召し上がりいただきますので

北海道和牛の
サシの効いた部位があります。

リブ芯など お薦めしております。
なるほど!

うま味が
スープに入ってくってことなのか。

北海道和牛のうま味が足され
最後の麺が おいしくなるので。

じゃあ 入れる食材によって
変わるってことですか?

味が変わってくので
僕のお薦めは こちらですね。

北海道産のホタテとか
お薦めさせていただいております。

ホタテも いいんだ!
海鮮のうま味も入って来るわけか。

自分が好きっていうのもあるけど
カルビも お願いします。

カルビも 結構 脂身とかが

いい感じになるんじゃないかな。
<若いなぁ>

ご用意させていただきます。
お願いします。

あ~ 楽しみですね!
<ねっ!>

どんな焼き肉だろう?

失礼します こちら たれですね。

味噌スープだれになります。
味噌スープ!

<これで食べるの!?>

<池袋にある 小樽焼肉のお店>

<こちらの最大の特徴
味噌スープだれは

ホタテや煮干しのダシと

北海道産の味噌を
数種類 ブレンドしたスープに

コチュジャンや唐辛子を加えた
ピリ辛風味>

<半日かけて
じっくり煮込んだ後

2日ほど 冷蔵庫で寝かせれば
完成>

<和牛と合うよう 試行錯誤して
たどり着いたそうです>

お味噌汁っていうよりかは
味噌ラーメンのスープに近いです。

<へぇ~>

失礼します
お待たせいたしました。

こちら リブ芯ですね。
リブ芯!

サシが すごい!

こちら ご注文のカルビですね。
うわっ!

<こっちも いいサシ!>

味変で
ホタテ ご用意しておりますので。

じゃあ 焼いて行きましょうか。

じゃあ この お薦めの。

うわっ! うわっ!

すごい すごい!

うわっ! こんぐらいでいいの?

<うわ~!>

うわっ!

いただきます。

<これは間違いないでしょ>

うん! うん!

おいしい!

味噌の たれに
つけることによって

すごい さっぱり いただけます。
<へぇ~>

お肉の 脂身とか うま味と

お味噌の 甘み うま味が 絡んで
おいしい!

あっ!
脂身が多いから すぐ焼けちゃう。

うわ~ カルビ! 大好き カルビ。

<若いなぁ>

つけて。

うん!

うわっ… うん!

おいしい! 幸せだ。

<ハハハハハ>

よいしょ!

醤油バターの いい香り!

熱そう! いただきます。

<もう
おいしいに決まってますよね!>

すっごい合う!

味噌スープ 海鮮にも合う。

<北海道出身の店主 藤倉さんは

地元の食材を使いたいと
肉にも こだわり

その時期に 一番いいとされる

北海道産の黒毛和牛を
仕入れています>

<小では
昔から 締めに

肉汁が凝縮された スープだれを

お湯やダシで割って飲む
店もあるそうですが

こちらのお店では…>

失礼します
お待たせいたしました。

こちら 締めの追い麺になります。

干しエビと 万能ネギと
韓国のりが のってます。

中に ホタテダシ
入ってますので

お使いいただいたスープだれを
こちらに入れていただいて

味の調整は
ホタテダシで行っていただいて。

入れていただければ
おいしく お召し上がりできます。

<あ~!>
どんな味がするんだろう?

<いいかも!>

<焼き肉のうま味が詰まった
スープだれで いただく

締めのラーメン>

スープから行きましょうか
混ぜて…。

あ~!

あっ おいしい!

麺も 縮れ麺で
スープと絡んで おいしそう。

<どう?>

合いますね!

お肉や海鮮のうま味を

まとめてくれてる感じがしますね
味噌が。

<初めての味に出会い

旅の締めも大満足でしたね
塚田君>

<変わりゆく街の中にも

未来へ受け継がれて行く
ステキなスポットが たくさん>

<時には そんな場所を探しに

お出掛けしてみては?>

僕 塚田僚一が
ゲスト出演します

熱海五郎一座

『任侠サーカス
~キズナたちの挽歌~』が

ただ今 新橋演舞場で上演中です。

任侠の世界を舞台に

お笑いは もちろん
歌 アクション ダンス

僕のアクロバットを盛り込んだ
喜劇となっております。

ぜひ ご覧ください
劇場で お待ちしております。