マツコ会議[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

マツコ会議[字]

マツコ主宰の会議…今夜もちょっと気になる話題の「人」「場所」を深掘り中継します!

出演者
マツコ・デラックス
番組内容
「マツコ会議」…毎週ちょっと気になる話題の人や場所と会議室とを中継でつなぎ、総合演出のマツコが現場と会話をしながら進行!途中、分からないことがあったら、スタッフと一緒になってマツコも検索し深掘りしていく!皆様も「マツコ会議」に一緒に参加しながらご覧下さい!
監督・演出
【チーフプロデューサー】島田総一郎
【プロデューサー】吉無田剛
【演出】橋本和明

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ホント
  2. ハハハハ
  3. 多分
  4. YouTube
  5. 実家
  6. スタジオ
  7. スポーツ
  8. マツコ
  9. メイク
  10. 頑張
  11. 気付
  12. 自分
  13. イェ
  14. お願い
  15. スタッフ
  16. スッピン
  17. タイミング
  18. デビュー
  19. テレビ
  20. ファッション

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(マツコ・デラックス)
分かんないんだよね だから。

<今…>

(笑い)

♬~

(栗原)
今日もよろしくお願いします。
お願いします。

(尾籠) 当時はカリスマ店員
みたいな感じでいわれて

10代の若者の方から絶大な
人気を誇っていたんですけど

今は ぺえさんのYouTubeが…。

…っていうことで。

(笑い)

釣りなんだろうなとは
思いながらもさ

もしかしてホントに

心が すさんでるんじゃ
ないかとか思って。

えぇ~!
そしたら もうね

すごい元気だったから…。

(笑い)

ということで 本日の中継
こちらです ジャン!

(笑い)
うわっ。

あんたさ ちょっと…。

がっつりメイクと いつもの
YouTubeのスッピンの感じと

迷った上で…。

(笑い)

(ぺえ) やっぱ どうも…。

今日 せっかく…。

…しと思って。

ハハハハ!

今 ぺえができる一番気持ち悪い
仕上がりになってていい。

(笑い)

すごいね…。

YouTubeが。

これに需要があると思ったら

世も末だわって思うもん
ホントに ハハハ…。

<…だった ぺえ>

<…となったのが

2015年に放送された

『マツコ会議』>

おいしいですよ これ。

それも。

分かんないです。

本人が分かんないんだから
分かんないわよね。

分かんないんだよね だから。

分かんないんだもん。
分かんないです。

紫のスタジャンの
彼女か彼か分かんないけど

彼か彼女は…。

何で そこで
変えちゃうんだよ お前は。

「分かんない」を貫き通しなさいよ。

ごめんなさい。

ハハハハ…。

それ ファッションでやってんの?

それとも ちょっと…。

(スタッフ) 脚 細っ!

ファッションでやってんのね?
言うてもうてるやんか。

言っちゃった。

ですよね。

すご~い。

ハハハハ…。

タイムラグだけの
問題じゃないからな。

いろいろ諸問題あるからな これ。

イェ~イじゃないよ この野郎。

イェ~イじゃないよ この野郎。

ハハハハ…。

…っていう気持ちが

ちゃんと出てる人だった。

しかも頑張り方が

ちゃんと皆さんが望んでいる…。

…も残しながら

私…。

っていうのを…。

あなたの…。

…が見えたのよ あの時。

…と思って見てた。

<この放送をきっかけに
スカウトされデビュー>

<しかし デビューから3年

周囲の期待に応えるため
無理をし続け

突発性難聴に>

そのタイミングで…。

…っていう言葉をもらって。

それって…。

でも…。

…んじゃない?っていう。

私は そこで…。

<…と決めた ぺえが

新たに始めたのが…>

んぁ~…!

あぁ~。

<着飾ることをやめ ありのままの
自分を発信するYouTube>

(スタジオ:マツコ) これ 実家。
(スタジオ:栗原) 実家?

(スタジオ:マツコ) これ 実家 実家。

<自分が感じている
生きづらさや不満について…>

<…を呼び>

<…が詰め掛ける>

私自身がホントに…。

<今 女性たちの心をつかむ
ぺえの…>

あのね 私ね…。

…って言いながらも。

それを何か…。

この人。

大体…。

ハハハハ! そう!

ハハハハ…。

そういうのを見て やっぱり…。

それは教訓で そうねって。

結局…。

…わけよ この人のは。
なるほど。

そこから 何か すごく…。

それ でもさ…。

…みたいなものを。

すごく…。

…しまって。

そのタイミングで母に…。

…っていう言葉を
掛けてもらった時に

何か すごくハッとして。

別に…。

…と思って。

でも 何か たまにテレビに
まだ出させてもらったりとか

ラジオやってたりするんですけど。

どっか…。

まぁまぁ でもさ 何か…。

私 何で頑張ってんだろうって

思ってるっていうか。

まぁ そこに行くと…。

…なのよ。

だって 私だって これ…。

だから この…。

私たちは。

…じゃないですか。

そうね。

…んですけど。

…んだと思います。

ホントの姿は
私だって多分 つまんないのよ。

だけど あの…。

…なんだと思う。

最初に 疲れちゃった

テレビに出てる時の姿は…。

…だったんだと思う。

ホント 何か…。

すごく…。

…じゃないですか。

あのね 多分 自分ではさ

そんなの…。

私 すごい分かるのは…。

それに…。

多分…。

…んだと思う。

こんなことやってても…。

…じゃんっていう。

何か 確かに…。

…んですけど。

…なってことには
すごく気付いて。

ちょっと回り道はしたけど
こういうことをする

人であったんだと思う。

で そこから…。

こういう…。

それは全てにおいて。

だから 今は すごく…。

…なとも思うし。

それも…。

…って思えます。

でも それは すごく…。

こんなに…。

ホント 私 今のぺえを

ちゃんと ああやって…。

ああやって本とか出るまで
1つの形に…。

あれって絶対…。

…わけじゃん。

私 あの…。

これを…。

もちろん ぺえも頑張ったけど。

よかった
いいとこ入ったわと思った。

だってさ よくよく考えたらさ

今 こんなことに
なっちゃってるから…。

…だったのよ。

そうですよね。
(笑い)

いったん この人は…。

…わけよ。

でも 多分 この人
途中で気付いたんだよね。

…ってことに。

…よね この人。

ハハハハ…。

でも それ 取りに行っちゃったし。

それによって…。

それで…。

多分 それで…。

一時は…。

…と思うよ この人。

でも…。

だから私ね ホント 今のあなたは
ホントに だから

ちゃんと気付けた ぺえ自身の…。

って思った…。

…でもあるし。

これさ…。

って言って…。

…じゃん。

全部が今につながるための…。

あの 最初 いったんね

山形の田舎から出て来て
原宿で天下取りに行った

この女の戦いも含めて

全部がつながってますよ。

うん だって…。

…わけじゃん みんな。

♬~

(広瀬)<どんな世界になっても

スポーツは 私たちを夢中にさせる>

<スポーツは 私たちに勇気をくれる>

<スポーツは 私たちに希望をくれる>

<分かち合った感動が
私たちの明日を変えてゆく>

<さあ いっしょに変わろう>

…わけじゃん みんな。

…んだよ みんな。

プラス…。

…だと思うのね。

ホントのこと
言ってくれてる人に

世の中の人が
反応するわけじゃない。

…しまって いつしか。

どっちかっていうと…。

…みたいなものにしか

私は もう…。

だから私は…。

…して行けたらいいな
っていうことに多分

行き着いたのかなと
思います。

…だったよね。

(石原) あ~ 分かる。
分かるでしょ?

身なりとかが 30 40代で

出産とか結婚とかって
言いながらも…。

まだ…。

どっかで…。

だから あなたの そのね…。

…だけど

ちゃんと…。

…に見えた。

…だったりとか。

何ていうんだろうな…。

…気がして。

何か そこにも…。

私 この人 だからさ
もうホントに

最近 たまに…。

(スタッフ) あ~。
あ~。

もうスッピンが
見慣れちゃってるから。

今さ どんな感じなの?
メイクについては。

…になろうとか。

…にしか してないっていうか。

だから そういう時は

ちゃんと それに寄り添って

メイクはするぐらいの感覚。

すごいでしょ これをさ また…。

すごいっすね。

(笑い)

私 でも あれ 好きだったわよ。

あっ うれしい。

すごいのよ あれは
すごい意志を感じたわ あなたの。

って言ってるくせに それを…。

…というね。
(笑い)

ちゃんとね…。

…のよ この女は。

面白いじゃない あれの
キーホルダーしてたら あんた。

(尾籠) 実は ぺえさん…。

…って おっしゃってて。
いいわよ いいわよ。

正直 ちょっと…。

私…。

…だと思うの。

それって ちゃんと…。

…わけじゃん。

ホントに何もかも
どうでもいいと思って

その辺にあるもの持って来て
ペロペロってやってたら

誰にも伝わんないけど。
はい。

あっ これだって思ったものを…。

それはそれで1つ…。

…はあると思うの。

ん~ はい。

だって 今…。

…じゃないのよ。

…じゃない あんた。

でも ちゃんと…。

…ってことは。

何か…。

…わけじゃない あなたは。

それは…。

…んだから
まさしく そういうことよ。

あ~。

あれさ あんなになってもさ
いまだに ああいう ちょっと…。

…のよ あいつ。
しましたね 今。

何 ちょっと…。

…んだろ こいつっていう。

<次週…>

(長谷川) 何を求められてるのか

どうしてほしいのか
つかめなくて。

50の ハゲた歯のないオヤジが

呼ばれてるって
それをみんな望んでるのよ。

僕より7つ若いんですけど
あまり体が良くないんで。

(渡辺) すいません 雅紀さんが
しゃべりだしたら

デカいハエが
飛び回りだしたんですけど。

<今夜は…>