証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]

“今、見たい実力派芸人”を取り上げ、彼らの時代を目撃した証人(=ウォッチマン)たちの証言から、“面白さの秘密”を分析していく“証言者バラエティ”!

◇番組内容
昨年M-1決勝にてトップバッター歴代最高得点を叩き出し大きな爪痕を残した今注目のコンビ「モグライダー」!
しかし、2人が出会うまではお互いコンビ解散の連続…
その12年後、彼らは一体どうやってM-1ファイナリストにまで上り詰めたのか?
戦友たちがモグライダーの歩んだ軌跡を証言!
◇番組内容2
▽芝がボケのともしげを活かすためにしたある決断とは!?
▽ナイツ塙が太鼓判を押す、モグライダー独自のスタイルを確立した漫才も披露!
◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
【ゲスト】モグライダー
◇出演者2
【VTRゲスト】塙宣之(ナイツ)、錦鯉、三四郎
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/antawatchman/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. モグライダー
  2. アオ
  3. マイケル
  4. ンダ
  5. ネタ
  6. ポウ
  7. 柴田
  8. パー
  9. グー
  10. ボケ
  11. グーチョキパー
  12. チョキ
  13. お願い
  14. ツッコミ
  15. 最初
  16. ウケ
  17. イヤ
  18. ジャクソン
  19. ダメ
  20. ライブ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



今すぐ 「テラサ」で検索。
今すぐ お試し体験を。

〈昨年 M-1決勝に初進出すると

トップバッター歴代最高得点を
たたき出し

大きな爪痕を残した
今注目のコンビ〉

本当に?
(山崎)なんか こう

わかりやすい感じあるもんね
なんかね。

なんか 見えますよね 企画が。
(柴田)そうね。

こんなロケに行ってほしいな
っていうのがね。

ありがとうございます。
いや めちゃめちゃうれしい。

〈そんな モグライダーの
ネタについて

戦友であり
昨年のM-1チャンピオン

錦鯉は こう証言する〉

「(一同 笑い)」

〈しかし
2人が出会うまでは

お互い 解散の連続〉

「お互いにすごいんだね」

(柴田)「14回
解散してるんだ じゃあ」

〈そんなモグライダーの

M-1ファイナリストまでの道のり
12年を

5人の証言者で深掘り〉

〈すると
事務所の先輩 ナイツ塙の

熱い思いが明らかに〉

初め…。

ええー! うれしいな 塙さん。

〈更に この日限りの
珠玉のネタも披露〉

「そうですね 確かに」

〈まずは 2人のルーツから〉

〈芝は吉本のNSC〉

〈ともしげは人力舎のJCA〉

〈それぞれ
別々のお笑い養成所出身〉

人力舎なの?
僕は人力舎っ子です はい。

へえー!
はい。

〈お互い 別々のお笑い人生を
歩みながら

全くうまくいかず
苦悩する日々が続いた〉

〈当時の心境を
ともしげは こうつづる〉

「10回?」
「えっ?」

シンプルに
ネタにならなかったんです 僕が。

(富澤)ネタにならない?
(ともしげ)噛んじゃったり

俺が間違えたところばっかり
ウケちゃって そういうところに

俺 もう 怒っちゃって
「笑わないでよ!」って

言っちゃったりとかして

「ネタで これからあるから!」
って言ったら

みんな 変な感じになっちゃって。
冷めちゃって。

こいつ やばいヤツだ
みたいになっちゃって。

こいつと組んだら売れないから
やめておこうみたいな

なんか 流れができちゃって。

10回全部?
はい。

「ごめん これではできないや」
っていう風な…。

そうなんだね。

〈一方 芝も
4回のコンビ解散を経験〉

〈その後 2年ほど
芸人をやめていたが

お笑いへの未練が
あったようで…〉

〈そんな芝の姿を見かねてか

知人が
お笑いライブに誘ってくれた〉

〈そこで出会った芸人が
今の相方 ともしげ〉

「運命的な出会い」

〈その時の事を
芝は こう振り返る〉

(柴田)
「すごい 評価してくれるんだ」

…みたいなのを。
いるだけでね。

…がいたら 多分 自分的にも
良さも出るだろうしと思って

探し出した時に見付けたんですよ。
ライブに出てて。

最初は
僕がツッコミだったんですよ。

僕がツッコんでて
芝君がボケてたりとか。

何回か それ やってるんだよね。
ツッコミ ボケ 入れ替えて。

出会った日に なんか その
共通の知人の…

ライブ主宰の人が
飲み 連れて行ってくれて

そこで
ちょっと 様子見てたんですよ。

そしたら やっぱり 飲んでる時も

手元を見ないで
飯 食ったりするんで

何回も 醤油の小皿を
こういう風にっていうのを…。

それにしても わかるだろ!
さすがに醤油の小皿だったら。

おちょこと間違えたの?
(柴田)見る見ないじゃなくて。

「見た事ない」?
「こんな人 見た事ない」?

…って思って。
(柴田)「やったー!」じゃん。

なんで そいつに
ツッコミやらせようと思うんだよ。

違うんですよ。 じゃあ
一緒にやってみようっつって…。

「ツッコミやりたい」って
言ったんですよ こいつ。

人の事を生かしたいんですよ 僕
本当は。

俺からしたら もう
ボケじゃねえか それもという…。

そうだよね。
いや そうだよね。

ツッコミやりたいっていう事がね。
はい。

でも 自分の
なんか 押し付ける事は

もう しないでおこうって
決めてたんで

じゃあ わかったっつって

ツッコミで ボケで
っていう期間が

ちょっと最初の頃はありました。
ありましたね 最初の頃は。

ええー! どうだったの?

全然です。 もう その… ボケて

なんか ツッコむんですけど
めちゃめちゃ…。

ああ…。
それを…。

面倒くさいから。

はい。 だから もう
ここだけでよくない? って…。

そうですね。
…なったのが最初です。

〈こうして
のちのM-1ファイナリスト

モグライダーが誕生した〉

「雰囲気 違うね 芝君も」

〈結成当時の事を
戦友たちは こう証言する〉

(スタッフ)よろしくお願いします。
(小宮・相田)お願いします。

〈まず 証言してもらうのは

ともしげと
人力舎の養成所で同期だった

三四郎〉

〈ともしげをよく知る
2人だからこそ

結成当初は あまり
期待していなかったそうで…〉

まあ まあ まあ…。

見た目的には ちゃんと…
なんていうんですか

わかりやすいというか。 はい。

「みんなだもんね」
「そう思ってるんだ みんな」

〈周囲から どうせ解散すると
思われていた モグライダーは

その12年後 一体 どうやって

M-1ファイナリストにまで
上り詰めるのか?〉

「どうなってるの?」

〈そのキーマンが ともしげ〉

〈おバカな ともしげを
生かすための道のりが

モグライダー ブレークへと
つながっていた〉

〈最初は もちろん

苦戦していたようで…〉

それで 舞台で
ボケをやるみたいな感じで

ボケてるんだけれども…。

「“もう お前 黙ってろよ!"
みたいな感じで

舞台上で言われたんだよ」って。

「いや それ ツッコミだから
そんな泣かないでよ」みたいな。

〈先輩芸人からも
目に余る芸だったそうで…〉

(スタッフ)よろしくお願いします。
(塙)お願いします。

やっぱり
見てたりしたんですけど…。

なんだろう?
ガチャガチャしてましたよね。

マチャアキさんでしょ?

違う 違う 違う…。

バーッていうやつでしょ?
そう!

〈いいネタができても

ともしげが
ガチャガチャするせいで

思いどおりの笑いができない
モグライダー〉

〈そんな時間が2年ほど続いた頃

芝が ともしげを生かすために
ある決断を下す〉

〈それが…〉

「うん!」

そうなんですよ。

〈そう考えた芝は

更に
新たなコンビ間のルールを設定〉

〈それが…〉

「ええー!」
(ともしげ)「そうなんですよ」

「なるほどね」
「そうか」

〈ちなみに
ネタ合わせをしない事について

ともしげは…〉

「どう思ってるの?」

「したいんだね」

モグライダーがね
ネタやる時に

なんのネタやるか
練習一切しないで しかも…。

何回も その場面 見てますけど…。

でも 次 前の人がやってても…。

そうですね。
ああ…。

なるほどね。

(一同 笑い)
(ともしげ)ちょっとね。

嘘つくのに 後ろめたいのか…。
後ろめたいから。

申し訳ないなと思って。
だから すごい バレちゃうんで。

ボケるじゃん!
ボケてるじゃん 今! みたいな。

そうですね。
(柴田)詰め込むからな しかもな。

変に 出来上がっちゃって。
出来上がってきちゃうからね。

〈台本を捨て
ネタ合わせもしない事で

ともしげを
生かす方法を

見いだした
モグライダー〉

〈すると あるライブの企画を
きっかけに

今のモグライダーの
飛躍につながる転機が訪れた〉

「なんだ?」

それで だから…。

…っていう記憶はありますね。

ナイツさんの 言い間違いの

ヤホーのネタって
あるじゃないですか 漫才。

僕らは

…っていって やったんですよ。
チャレンジだ。

そしたら

マジか。
そうなんですよ。

その辺ぐらいから じゃあ これ

カレーの普通の作り方とかでも
いけるんじゃない? とか。

ああ なるほど。
みんなが知ってるやつね。

豆腐の成分とかでも
いけるんじゃない? みたいな…。

ネタなんて 山ほどできるよね
そしたらね。

でも やっぱ…。

あれ この間 ウケたから
やろうと思ってやると…。

あんまり その…
鮮度が持たないというか。

だから もう ある程度
言えるようになっちゃったなって

思ったら もう捨てるんで。

ずっと このネタをやる
っていう事が

難しいんだね モグライダーは。
はい。

ネタが残らないね。
はい 残らないんです。

そういう意味じゃ…。

ありがたい! それ 本当に。
そうですね 確かに。

そうです。

できるようになったら
できないんだ。

変な日本語ですけど。

(柴田)名言みたいなの
やめてくれよ…。

〈更に モグライダーの進化は
止まらず…〉

あそこって
1つ 転機なのかなって

ちょっと 思いますけどね。
だって…。

僕は勝手に思ってますけどね。

〈実は この ともしげの
衣装チェンジのきっかけは

ナイツ塙
だったそうで…〉

そうすると なんか…。

それは言ったんですよね。

改めまして モグライダーです。
よろしくお願いします。

芦田愛菜ちゃんってプロですよね。
偉そうに。

〈自分たちの漫才スタイルを
見付けたモグライダーは

確実に結果を出していた〉

〈2020年には 塙も

モグライダーの漫才に
驚いたそうで…〉

それで。 なんか そこで
油断しちゃったんですって。

そうなんですよね。
(富澤)えっ?

一昨年のM-1ね それ。

だから

…みたいな噂が
回ってきたりするんですよ。

気を付けないと。

3回戦とかの段階で
めっちゃウケた。

まあ いい事なんですけど。

その日の夜
シフト入ってないけど

バイト先に
来たりとかするんですよ。

芸人も 結構 働いてる
バイト先らしく…。

ちやほやされたいんだね。

ちやほやされたいんですよ
やっぱり。

〈そして

〈これまで
準決勝にも

届かなかった
2人だが

結成13年目にして
ついに決勝進出〉

(柴田)「もう 全部
飛び越えてたのね じゃあ」

「はい」
(柴田)「ああー すごい」

〈その雄姿を 仲間たちは
どう見ていたのか?〉

「やめようかな」とか…。

っていうのは ありますね。

やっぱ うれしかった
っていうのはあるんで。

トップバッター… うわっ
トップバッターなのかいって

最初 思いましたけど
モグライダー。

でも すごい もう いい大会に…。

まさに…。

素晴らしいトップバッターだったなと
僕は思いますけどね。

なんか 同じ事 言ってるな
ずっと。

(柴田)上から目線になっちゃう…。
バカみてえに同じ事 言ってるな。

…っていうのは ありますね。

〈そして
大会で審査員を務めていた

ナイツ塙は

事務所の後輩の晴れ姿に

ある感情が
込み上げていたそうで…〉

(柴田)「マセキのね 直属の…」

いや あのね 出場した時は…。

まあ でも あれだけウケてたら

順当だなって
やっぱ 思ったんですけど。

あの 初め…。

なんか やっぱ うわっ すげえ…。

本当に。 だから なんか…。

何 こいつら…。

(塙)よく こんな短期間で

いったなっていう感じで
すごいなと思って。

みたいに
なっちゃったんですよ。

ええー! うれしいな 塙さん。

もう ガチでウケてる感じでした。

さん はい! 「グーチョキパーで」…。
ポウ アオ チョキ!

〈モグライダーの
台本なし ネタ合わせなしの

ともしげテンパリ漫才〉

♬~

どうも よろしくお願いします。
お願いします!

こんばんは モグライダーです。
よろしくどうぞ。 お願いします。

ありがとうございます。
マイケル・ジャクソンって

知ってますか?
マイケル・ジャクソン

知らない人 いないんじゃない?
どうしたの? マイケル。

マイケル・ジャクソンさんが死んで
もう 10年以上

経ってるんですって。
早いね。 もう そんな経ちますか。

それ 「10」を形で出すな
気持ち悪いから。

いいよ 両手使うんだ…
「10年」って こうやってやるの。

10年以上経ってるわ まあ 確かに。

だから 今 10歳の子どもたちは

マイケルの偉大さを
知らないんですよ。

まあ そういう子も
もちろん いるだろうね。

生まれた時には
もう 亡くなってるから。

マイケル・ジャクソンの偉大さを
子どもたちにも

わかりやすく教えるように
ゲームを考えてきたんですよ。

マイケルじゃんけんっていうのを
考えてきたんです。

マイケルじゃんけん?
じゃんけん。

なんか グー チョキ パーが
マイケルの動きになってる?

いいんじゃない? なんか
昔あったよ 子どもの時。

ちょっと 教えて。
マイケルじゃんけんのグーは?

ポウ!
ああ もう 「ポウ!」はね。

マイケルっつったら
「ポウ!」ですよ。

チョキは?
アオ!

「アオ!」も イメージありますね
確かに。 パーは?

ンダ!
ああー! そっちのタイプの。

なんか 張らない方のマイケル
あるね。 ある ある。

なんか こう… 声と動きが
いろいろあるから

ちょっと 1回じゃ覚えられないよ
なんか。

パーが?
ンダ!

怪しいな まだ なんか ちょっと。

なんか スッと出ない時…
こんな時間あるじゃん。

ないない ないない。
子どもに教えるんだったら

「グーチョキパーで なにつくろう」
みたいなのあるじゃん。

あの「グーチョキパーで」のとこを

マイケルにしてあげたら?
さん はい!

「グーチョキパーで」…。
ポウ アオ アオ! ポウ アオ…!

ああ ダメ ダメ ダメ。
イヤだ イヤだ イヤだ イヤだ。

「アオ アオ…!」
っつっちゃってる。

「アオ!」は なんだっけ?
チョキなんでしょ?

そうだね。
グー チョキ チョキってなって…。

パーがどっかいっちゃった。
パーは?

ンダ!
これよね。 そうそう… さん はい。

「グーチョキパーで」…。
ポウ アオ チョキ!

もう 「チョキ!」って
言っちゃったじゃん 口で。

しかも なんか 見た事ないやつで。

何やって… パーは?
パオ!

「パオ!」なんか なかったじゃん。
違う 違う 違う…。

パーは なんだっけ?

ンダ!
怪しい…。

「ンダ!」がパーなんだ。
そうそう そうそう…。

思ったけど パーが
グーっぽくない? なんか。

えっ?
だから ややこしいんじゃないの?

これが なんか すごい…
グーが2個出てるし。

こっち グーの方が
わかりやすくない?

こっち グー?
こっち グーで

こっちをパーにしたら?
こっち パー出てるんだから。

だから グーとパー入れ替えた方が
いいんじゃない? さん はい!

「グーチョキパーで」…。
ンダ ンダ ンダ!

もう 話にならないじゃん ねえ。

子ども 怖がっちゃうよ
そんなんじゃ。

「ンダ アオ ポウ」じゃない?
さん はい!

「グーチョキパーで」…。
ンダ アオ ポウ!

「グーチョキパーで」…。
ンダ アオ ポウ!

もうダメだけどね…。
「なにつくろう」。

まだ なんにもできないよ
こんな段階じゃ。

「みぎてが アオで
ひだりてが ポウで かたつむり」。

「ンダ」じゃないの?
「ンダ」なんじゃ…。

かたつむりのこっちが上にくるか
気持ち悪い。

もういいよ! どうも…。
(2人)ありがとうございました。

(拍手)

さあ という事で 今年のM-1も
楽しみにしております。

ありがとうございます。
ありがとうございました。

〈次回 深掘り!〉

〈次回…〉

原点。
完全な原点。

ふるさとというかね…。

〈伝説のお笑いライブ
「ラ・ママ」を深掘り!〉

あっと…!
(観客の笑い)