ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【秋田】初上陸!!名物『鍋焼きラーメン』…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ヒューマングルメンタリー オモウマい店[字]【秋田】初上陸!!名物『鍋焼きラーメン』

から揚げ20個!鳥皮90切れ!巨大カツほか定食38種ぜ~んぶ500円かあちゃん【ありがとう茨城!!15店目】おかわり自由!高級魚刺し身定食びっくり700円!!挑戦店主

出演者
【MC】ヒロミ【進行】小峠英二【ゲスト】玉木宏、高山一実
URL
https://www.ctv.co.jp/omouma/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高山
  2. ハハハ
  3. 玉木
  4. スタッフ
  5. オーナー
  6. 挑戦
  7. 本当
  8. 面白
  9. 店主
  10. 茨城
  11. 秋田
  12. 結構
  13. 毎回
  14. カツ
  15. カツ丼
  16. チャレンジャー
  17. マブダチ
  18. 小峠
  19. 全部
  20. ウソ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<テレビの前の皆さん>

<日本の
とある町で 見つけました>

(高山)お~っ いいですね。
(小峠)ねぇ いい感じ。

やっぱ から揚げって最強だな。
ねぇ!

(高山)わ~っ 多いな。

小ぶりの多いやつね。
あ~っ 多い いいね。

(玉木)多いな[笑]
小ぶりなんだけど 多いやつ。

(高山)あ~っ おいしそう。
あ~っ。

(玉木)お~っ 湯気が。
ハハハ…[笑]

(高山)熱い。
ハハハ…[笑]

(玉木)やけどしてますよ これ。

同じ食べ方だね 何かね
から揚げってね。

(高山)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]熱いんだね。

面白いね。

(高山)うわ~っ。
(玉木)すごいね これ。

いいよ
ご飯いいね わんぱく盛りで。

うん。

あら。

(高山)ハハハ…[笑]

ウソだろ?っていう目で。

ああなるよね。
ハハハ…[笑]

(高山)どのメニューだ[笑]

…みたいなね。

ハハハ…[笑]面白いね。

揚げ方 ワイルド。
(高山)え~っ すごい[笑]

(玉木)へぇ~っ。

いいね いいね。
あ~っ そうですね。

いや いいね。
ねぇ。

(高山)おいしそう。
うまそう。

数も数えてない感じだよね。
(高山)本当ですね[笑]

雰囲気だね。
ねぇ 確かにね 適当だろうな。

(高山)すごい すごい!
(玉木)めちゃくちゃ 多いな。

(高山)こんなに?
こんな感じ。

盛れなくなったらって
感じじゃない?

いや 多いですよね。

(高山)ハハハ…[笑]おいしそう。
あ~っ うまそう これ。

はぁ~ 20個!?
20個かぁ。

え~っ すごいね。

(玉木)20個か。

(高山)えっ?女の子で。

女子が…。
女の子いける?これ。

いけるの?これ。

(高山)やっぱ水でね 胃を慣らして

からの?
(高山)ハハハ…[笑]からの。

あのカチューシャと合わない
ご飯 盛りだよね。

(玉木)ねぇ。
ハハハ…[笑]

(玉木)熱そう。

ハハハ…[笑]

やっぱ熱いか。

よっぽど熱いな これな。

(玉木)相当 熱いんだな これ。
相当 熱いですね。

相当 熱いな。

いける?これ。

いいよ いいよ!いいんだよ。

(高山)ハハハ…[笑]

やっぱ横並びで食べる人って
いるんだね。

(玉木)そうですね。
本当ですね。

(玉木)自然と見てましたけど
横並びですよね これね。

こっちでも いいよね。
そう。

向かい合っててもね。
(玉木)ハハハ…[笑]

(高山)ハハハ…[笑]

(玉木)ハハハ…[笑]
いける?これ。

ハハハ…[笑]
熱いんだろうな。

ハハハ…[笑]

(高山)そんな熱々なんだ。
かわいらしいね この子。

さっきの人も そうだったもんな。
(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

なかなかだな。
(高山)ハハハ…[笑]

いやいや 面白いよ 何かね。
うん。

から揚げ最強だな やっぱり。
そうですね。

(高山)うん おいしそう。

(玉木)これ…進んだ。

あ~っ ご飯は 大丈夫ね。
ご飯 いい。

ご飯は…あっ ご飯も熱い?
ご飯も熱いんだよね。

そうか ご飯も熱いか。

頑張ってよ 頑張ってよ。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

会話ないね。

彼氏との このね スピードがね。

ハハハ…[笑]
(玉木)めっちゃ チラ見してる。

…彼氏。
なに?

ねぇ[笑]
ハハハ…[笑]

(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

何か 面白いね この二人。

面白い
何か 面白いカップルですね。

もう見届けるしか ないもんな。

(高山)ハハハ…[笑]
ねぇ。

いいよ この女子 諦めないね。
いや いいですね。

うん いいよ。
(玉木)うん。

30分!?ほぉ~。
(玉木)でも だいぶ減りましたよ。

(高山)あっ もう
あと ちょっとだ。

でも すごいね。
すごい!

諦めない いいよ。

いいね。

ハハハ…[笑]彼氏なのかな?

あ~っ ねぇ どうですかね?
(高山)どうなんですかね?

なぁ 彼氏だよね?

(高山)すごいですよね。
いいですね もう。

(高山)おっ!
あ~っ いった!40分?

(高山)完食。
いった すごいね。

すげぇな。
あっ すごい。

すごい!
あっ いったね。

(玉木)完食。
すごいね。

え~っ すごいよね。

(スタッフ)すいません
お話いいですか?

いいですよ。

うん すごい すごい。

(高山)かわいい。
かわいい!この子。

(スタッフ)その中でも どうでした?
好きな から揚げの中でも。

あ~っ好きなんだ。

(高山)えっ お父さん?
お父さん?

お父さん?
(玉木)お父さん?

(高山)お父さん…[笑]
お父さんなの?

お父さんなんだ?
若い!お父さんも。

若いね。

(玉木)じゃあ横並びになりますね。
ねぇ!

そうそう 親子は あるよね?
(玉木)ありますね。

え~っ?
(高山)え~っ お父さん 正直…。

えっ びっくり!

え~っ!
(高山)安い!

あ~っ これ 安いわ。
(高山)安い!

(玉木)安すぎるだろ これ。
あ~っ 安いね。

(高山)「かあちゃん」なんだ。

「かあちゃん」って いいな。
(高山)すてき。

「かあちゃん」へぇ~っ。
≪それはウド。うめぇべ?

(スタッフ)すいません 私…

(高山)お~っ すごい!
(スタッフ)あっ そうです。

おっ!
おかあさん ありがとうございます

(スタッフ)ありがとうございます。

…て 言いながら。
あら!いや 来ます。

(スタッフ)ちょっと このあたりで

おいしい ごはん屋さん
探してまして。

これは 話が早いんじゃない?
早い 早い。

(スタッフ)突然 来て
申し訳ないんですけど。

超いい人そう。
ねぇ。

(スタッフ)まだ あくまでも
資料用なんですけど。

(スタッフ)大丈夫ですか?すいません。

(玉木)ハハハ…[笑]
うん こんなんでした。

(高山)あ~っ。
ハハハ…[笑]

かわいらしいね。

おかあさん なに持ってるんだ?

(玉木)何か持ってる 何なんだ?

おかあさん なに?
ハハハ…[笑]

おかあさん なに持ってるんだ?
あれ何だ?あれ。

(玉木)あの状態で歩くって
なかなか ないですもんね。

あの低さで持たないですよね。
(高山)確かに[笑]

(高山)おいしそう!
カツ持ってたのかな?

カツ?あっ カツか。
なに持ってたんだろう?

カツっぽいですね
カツのやつなんだ。

カツっぽいよね。

(高山)え~っ?うわ~っ!

(玉木)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

すごいね これ。
面白いな。

<このお店 どこだ?>

どこだろう?茨城。

お~っ 秋田。
秋田?

お~っ 初!そうか。
(高山)お~っ 秋田。

能代。

秋田県。

≪はい。

(フロントさん)岩元さま。
あれだ あの人だ。

お前 好きだな。
(高山)えっ?

これね こだわりの演出があるのよ
この人の。

(フロントさん)あ~っ 他の方
写らなければいいと思いますけど

(スタッフ)ありがとうございます
他の方が…。

向こうの人も
意味が分かってねぇじゃんかよ!

なぁ?
これです[笑]

毎回 これ聞いてんだよ。
伝わらないと思うよ これ。

何の意味があるんだよ これ。
そう。この絵がほしいの。

(高山)ホテルから出るところ?
この絵がほしいの。

この絵がほしいの毎回。
(高山)そうなんですか?

毎回この絵なの。
出る この絵がほしいの。

その許可 取ってたの。
(玉木)本当ですか?

写っちゃってんじゃんかよ 誰か。

(AD大原)はい。
何だよ「ホテルのやつ」って。

何だ?「ホテルのやつ」って。

ねぇねぇ もういいよ!今ので。
ハハハ…[笑]

何で もう1回 撮るんだよ!
(高山)もう1回 帰った[笑]

何だよ こいつ。
誰かいたらダメなんだ。

ひらけてないとね。
もう毎回だもんな。

何かあるんだろうね こだわりのね
何かが。

(高山)ハハハ…[笑]

もう1回やってるんだ。

いや こっち
これだけでいいじゃんか 使うの。

(玉木)確かに[笑]

(高山)ハハハ…[笑]

何か[笑]
(玉木)また誰か…。

何だよ もう!
(高山)何だろう?今のが そうか。

毎回これやってるんだよ こいつ。
そう 毎回ね。

いらないんだよ。

ハハハ…[笑]

いらないよ これも。

ハハハ…[笑]

…お前も。
(玉木)ハハハ…[笑]

被害者だよ
このカットいらないんだよ。

面白いな これ。

いや~ 秋田の「かあちゃん」
いいなぁ。

「かあちゃん」よかったですね。

いい店ですね。
(高山)ねぇ。

あっ 短いね。
(高山)あっ 本当ですね。

お昼だけ。
うん 2時までなんだ。

(スタッフ)ありがとうございます。

(スタッフ)へぇ~っ。

(高山)あっ おいしそう
すごい量!

いいね いいね。

いや これ すごいね
でかいよ。

すげぇな。
(玉木)でかいな[笑]

あ~っ うまそう。

なかなかだな これも
うまそう!

(玉木)300gか すげぇな。
(高山)300か 結構 量ある。

これ1枚 食べるの大変だぜ
食べれるのかな?

(玉木)いや うまそうだ
だけど でかいな。

お~っ 安いね。
(高山)あ~っ 安い。

全部500円だもん。
これ安いわ。

(玉木)すごいな。
安いよ。

この500円は すごい。

あ~っ カツ丼。

うわ~っ カツ丼?
カツ丼ですね。

うまそうですね これも。
(高山)おいしそうですね。

すごい ぎゅうぎゅう。

<さぁ いくら?>

カツ丼は?も?まさか?

これ いくらだ?

(高山)え~っ 全部500円。
はぁ~。

何で?
これ うまそうだね このカツ丼。

(玉木)すごい。

え~っ?
これ全部500円?

これ すごいじゃない ここ。
(高山)すごい!

いや~ 秋田 行かないかな?
何か俺 秋田に行く用ないかな?

秋田なかなかねぇ。

(高山)おいしそう
このタレが おいしそう。

うわ~っ これ すごいね。

こんなに あるの?
すごい!

(玉木)めちゃくちゃ多いんだな。
(高山)すごい!

安いな。
(玉木)安い。

(高山)え~っ。
安いね。

(高山)ハハハ…[笑]
おいしそう。

出た。
(玉木)ハハハ…[笑]

みんなサイレントで やるんだよな

(高山)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

いいね。
かわいい 食べ方。

かわいい。やっぱ おいしい時って
みんな ああなるんだな。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

うん 本当にね。
(スタッフ)そうですね。

かあちゃん いいな。
ねぇ。

かわいい。
いいですね。

(高山)かわいい。

(店主)ちょうど…

すごいね。
(玉木)そのぐらい見てる。

お前たち「おしん」と並んだぞ。

ハハハ…[笑]すごいですね。

(高山)すごい!
どういう あれなんだよ。

すごいところまで いきましたね。

(高山)あっ。
全然いらねぇんだよ このカット。

これが いいらしいよ。

やっぱな
「常に回しとけ」っていうのを…。

いや 本当そうでしょうね。

何してるんだよ。
(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(大原AD)どれが一番 食べたい?
ハハハ…[笑]

鍋焼きラーメン。
(高山)えっ そんなの あったんだ。

(大原AD)あれ…。
ハハハ…[笑]

戻って食えよ。
ねぇ 食べれば いいんだよ。

(玉木)とられた[笑]
ハハハ…[笑]

すげぇな それ気になるわ 本当に。

(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]いらないよ。
これ いらない。

(玉木)そうですね。
いらないんだよ!本当に。

あ~っ お客さん…。
(高山)次は なんだ?

(高山)あれ?何だろう?
これ なんだ?

(玉木)えっ?(高山)鳥皮。
皮。

(玉木)すげぇ!
珍しいですね。

(玉木)すごいですね[笑]
鳥皮定食。

(玉木)鳥皮だけ定食。
90切れ。

「だけ」は結構だな。
(玉木)90切れは ヤバイですね。

なかなかだな これ。

どの角度で いってるんだよ これ。

今じゃなくて いいよ!これ聞くの

いろんな角度からね。
1回で聞けよ!お前も。

(高山)ハハハ…[笑]

へぇ~。
(スタッフ)10年?

(スタッフ)でも あれなんですね
やっぱ

73歳でも 目標っていう言葉を。
あ~っ。

うん。

目標が あったほうが いい!
それは そうだ。

はぁ~!

ねぇ すごいよね。

いや~っ かあちゃん 何か
食べに行きたいな。

いいですね「かあちゃん」って
いうのがね いいですよね。

(高山)行きたいですね。
いや~っ。

すげぇな。
ねぇ。

「映してもらいたい」?
(スタッフ)何ですか?

へぇ~。

(店主)これ 私が…。

へぇ~。

(店主)これを あれにして。
あれ?何だろう?

(店主)あ~っ すごい!って…

(玉木)へぇ~。

へぇ~。
(スタッフ)すごい。

ご自宅に 飾られてた?
(店主)飾って。

(スタッフ)へぇ~ そういうもの
だったんですね。(店主)ねぇ。

(店主)ねぇ。だって…

(店主)ねぇ。そう思わねぇ?
(スタッフ)そうですね。

(店主)…て 思ってる。

(スタッフ)同じ言葉なのにね。
(店主)そうよ。

≪結構 食べました…。
(店主)本当?

(店主)フフフ…[笑]

かあちゃん
いい人そうだな 本当に。

(岩元D)いいんですか?
(店主)うん。

(岩元D)ありがとうございます
すみません。

えっ 何?
(高山)あっ これ?

まさか お~っ!これだ。
あ~っ!鍋焼きラーメン。

(高山)確かに おいしそう。
うん うまそう。

いいですね。
いや これは うまいよ。

染みこんじゃうもん。
これ うまいでしょうね。

(大原AD)いただきます。

ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(店主)ごはん!(岩元D)ごはん。

(店主)あぁ…[笑]
ちょっと!いい店。

いい店ですね。
(玉木)もう何か

あったかいなと思いながら
見てました。

あったかい。
そうですね。

<話は変わり>

おいおい…余韻ねぇな!
(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
どこだ?

どこだ?

あ~っ。
(スタッフ)ちなみに…

(スタッフ)刺身?
(高山)あっ!見たい 見たい。

はい お待ちください。

(スタッフ)ハハハ…[笑]すごいですね。

(高山)おいしそう!すごい量。
すごいね。

(一同)え~っ!
(高山)いや~っ ウソだ!

えっ?
いや これ…

ハハハ…[笑]

(一同)ハハハ…[笑]

<ヒューマン グルメンタリー
オモウマい店>

<今夜も どうぞ
よろしくお願いします>

ネットニュースに なってましたよ

「オモウマい店」
キレだったのかって。

(スタッフ)ハハハ…[笑]すごいですね。

(高山)おいしそう!すごい量。
(小峠)すごいね。

(ヒロミ)いや きれい。
うわっ これ すごいね。

イナダ。
(玉木)ここで さばくんだ。

(高山)確かに おいしそう。
あ~っ そうですね。

きれいだもん 魚が きれい。
きれい うん。

お~っ スズキ。

いい魚ですよね。
うん。

(玉木)うまそう。

マトウダイ。
へぇ~。

(高山)おいしそう。
いや~ いい魚じゃん。

いいですね。

ホウボウ。

(高山)ホウボウ。
お~っ!多いね。

(高山)え~!(スタッフ)キンメダイ?
≪キンメダイ。

結構 キンメなんか出しちゃうんだ
ねぇ。

高いよ。
高いですよね。

いや~っ…

厚切りジェイソンだよ。
(玉木)ハハハ…[笑]

何か これ すごいですね。
ねぇ。

(高山)すごい量。
いや すごい量よね。

(玉木)そうですね。

(高山)あっ。(玉木)おぉ まだ。
えっ カレイも入るの?

カレイ。

(高山)えっ!面白い。
へぇ~。

(高山)「マツカワガレイ」

(高山)おいしそう。
はぁ~。

マツカワガレイって
いうんだ。

(高山)すごい すごい!
うまそう。

(高山)こんなに…[笑]
最高だよな。

(高山)うん。
はぁ~!いいね。

(高山)すごい!

(スタッフ)おかわり?
えっ?

えっ 何?それ。

(玉木)お刺身おかわり。
(スタッフ)いいんですか?

(スタッフ)いいんですか?
≪大丈夫だよ。

はい どうぞ。

面白い。
(スタッフ)2杯目。

えっ 変わった!
(玉木)種類 変わってますね。

へぇ~!

(スタッフ)えっ?えっ?
えっ 何?それ。

カツオ。

これ すごいじゃない!ここ。

タイ!
(玉木)うまそう。

ブリ!いい魚ばっかだな。
(高山)おいしそうだな 全部。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
やっぱ そうなるんだな。

≪ハハハ…[笑]
(玉木)確かに。

ハハハ…[笑]
(スタッフ)ハハハ…[笑]

いいんですか?
すごいね。

え~っ!

(スタッフ)いいんですか?すみません。
≪はい どうぞ。

いや よく食うな!お前も。
(高山)3皿も?

ハハハ…[笑]

(高山)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

お前も そう 何か もう
「ごちそうさま」って言えよ。

ねぇ。
(高山)ハハハ…[笑]

(一同)え~っ!
(高山)いや~っ!ウソだ!

え~っ!
(高山)えっ?

すごいね。
これは ちょっと すげぇな。

(高山)え~っ!
刺身だけで 十分だもんね。

(高山)すごい。
筑前煮から。

これ これで。

<さぁ いくら?>

(高山)いくら いくら?
えっ いくら?

(高山)2000円ぐらいですかね?
1000円。

(高山)もっと絶対 高いよな。

いや 2000円ぐらい
いくんじゃないの?

え~っ!?
(高山)え~っ?うわ~っ!

ウソだ!
え~っ!

(高山)えっ?
マジで?

(玉木)700円は 安いな。
すごいね。

いや これ すごいね。

無理でしょ!700円は。

(高山)どうして?
いや これ すごいね。

700円って 1皿分にも
ならないじゃんね。

オーナー。
えっ オーナー。

(スタッフ)オーナーさんですか?
(オーナー)そうです はい。

(スタッフ)よろしくお願いします。
(オーナー)よろしくお願いします。

(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

(オーナー)…しないと。
面白いね。

(スタッフ)へぇ~。
(高山)へぇ~ すごい。

なんでだろう?

挑戦なのかな?なんでだろう?

不思議だね。

(高山)ハハハ…[笑]
ほぉ。

(オーナー)アクティブ ドゥーイング。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
へぇ~。

(スタッフ)挑戦?[笑]

(高山)ハハハ…[笑]

(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

チャレンジャーだね。

でも やっぱ何か
ギラついてましたよね 何かね。

(玉木)ギラついて…[笑]
いいですよね。

(高山)えっ?シラス丼も あるんだ

おいしそう。
うわ~っ うまそうだね これ。

おいおい!結構のってるよ。
(玉木)すごいな。

(高山)おいしそう。
今だもんな。

(一同)えっ!(高山)いや~っ!

<茨城の どこだ?>

(小峠)もう 茨城なんだ。
(高山)茨城なんだ。

(ヒロミ)茨城の どこだ?茨城の。
こんなルーレットに なっちゃって

(高山)ハハハ…[笑]

面白いな。

(高山)筑西。
どっちなんだろう?

ありがとうございます。
茨城すごいね。

もう お世話になりっぱなしだよ
茨城には。

ねぇ。

やったね!
ハハハ…[笑]

何?

(高山)ハハハ…[笑]

(スタッフ)3皿目。
≪はい。

すげぇな。
いいね。

すごい すごい。

3皿目で もう 赤字だよな。
ねぇ うん。

≪ハハハ…[笑]
(高山)おいしそう。

うまそう。

≪うん。

(高山)おいしそう。

いや すげぇな。
(高山)おいしそう。

(オーナー)おいしい?

(高山)ハハハ…[笑]

(高山)ハハハ…[笑]
(玉木)「ウェイト」[笑]

(オーナー)半分ぐらいは いいでしょ?
(高山)えぇ~!ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(高山)優しいな。

持って行きたいんだな。

ハハハ…[笑]

(オーナー)ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

いいね。

(スタッフ)那珂湊?

(オーナー)何を隠そうね。
(スタッフ)はい。

(高山)えぇ!
うわっ!

(オーナー)エアコン効かないんだよ。

出た 車の。
(オーナー)車だよ。

出た エアコン。

(オーナー)…かなと思って。
ハハハ…[笑]

ありましたからね 昔
エアコン壊れたところ。

エアコンがね。

車 車パターン ないけど。
ねぇ。

60km 結構あるな。
(高山)おぉ~。

えぇ~!
(高山)毎日?

毎日60km!?
なかなかだな これ。

えぇ~!

そうやって 魚を仕入れて
やってるんだ。

安くしてるんですね。
すごいね。

片道60って すごいよ。

ハハハ…[笑]
(玉木)すごいな。

えぇ~![笑]

いや そうよ 今なんかね。

(玉木)確かに。(高山)えぇ~!

(玉木)ヤバイ ヤバイ。
えぇ~!

挑戦。
(高山)あぁ~ 確かに。

挑戦 未来への挑戦。
(高山)確かに 確かに。

(玉木)時代の流れですからね。
(高山)言い方次第で[笑]

(高山)また挑戦[笑]
ハハハ…[笑]

あぁ~。

(オーナー)死ぬまで。

(高山)ハハハ…[笑]
(オーナー)限界の直前まで。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

いやいやいや 出れない。

出れないって 言われてるんだから
(玉木)攻めるな。

ハハハ…[笑]いや 挑戦は
出れないんだから。

(高山)ハハハ…[笑]
面白いね。

面白いな。
面白い人だね。

クロダイ。

でも やっぱり 高いもんね。

(玉木)ねぇ 普通に 高いですよね。
高いですよ これ。

マスター?

(スタッフ)へぇ~。
いいもの買っていくんですか?

そう いいもの。

(高山)あぁ~。

いや~ すげぇ でも 高いもんな。

なんでだろう?
(玉木)うん。

挑戦 挑戦。
ハハハ…[笑]

(スタッフ)おはようございます。

(オーナー)乗ってたからさ。

(玉木)あぁ~。
(オーナー)最近 近いんだよ。

オーナー自ら ちゃんと こう
買い出しに行くんだな。

あぁ~。

ハハハ…[笑]

≪挑戦と闘いって
意味が違うんじゃねぇの。

ねぇ そりゃあ そうだよな。
うん まぁ 確かに。

(オーナー)いや OKなんて…

…て 言ったの。
≪ぜひお願いします[笑]

(オーナー)えっ?

「挑戦だよ!」って
言ってほしかったな。

そうね。

(玉木)ハハハ…[笑]
挑戦ね。

…酒 飲みながら。
へぇ~。

(スタッフ)あぁ そうなんですか?
ありがとうございます。

みんな 見てくれてるんだな。

盛り上がるんだろうね
ここで見たら。

(スタッフ)ハハハ…[笑]
ありがとうございます。

すごいね。
本当に。

(みゆきさん)オレンジのTシャツの。

(みゆきさん)いたでしょ?

へぇ~。

ハハハ…[笑]

(みゆきさん)…と思って[笑]
ハハハ…[笑]そんなに会いたい?

へぇ~。
(みゆきさん)本当に。

サインシステムは ないですから。

すげぇな。
(スタッフ)本当ですか?

(みゆきさん)うん。

(玉木)そんなに?

(玉木)ハハハ…[笑]

(みゆきさん)でしょうよ?

(高山)ハハハ…[笑]
「誰の?」って。

もう ADさんが
こうなっちゃうんだからさ。

これ すごいですね。
(玉木)すごい。

ディレクターが 本当に。
へぇ~。

ギョーザ?
(高山)ギョーザもあるの?

(玉木)へぇ~。

≪すごい 拷問じゃん。
(玉木)ハハハ…[笑]

≪1列でしょ。
(高山)ハハハ…[笑]2列。

そうだよね。
そうですね。

(高山)うわぁ~。
あぁ~ いいね。

(玉木)きれい。
いや~ でも 多いな。

あぁ~ でも 餃子定食ね。
うん。

餃子定食 いいよ。

(高山)あぁ~ 安いね。

安いわ。
安い。

いいね。

しょうが焼きは最強だよな。
いいですね。

なんか いいな。

ああやって ごはん食べてないな
なんか。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]熱いんだね。

(玉木)うまそう!
これは うまいよ。

うまそうだね これも。
(高山)おいしそう。

いや 食ってみてぇな。
ねぇ。

(玉木)安いな。(高山)わぁ~。
安いね。

(高山)安い!

わぁ~ うまそうだね これ。
(玉木)すごいな。

これは うまいよ。

≪はい おまちどおさま。

(高山)わぁ すごい!
わぁ でかいね。

(玉木)大きいな。
唐揚げも あるな。

(高山)おいしそう。
あぁ~ これも うまそう。

ごはん屋さんで
好きなメニューで やったら

唐揚げって 1位とか2位に
ならないかな?

いや 本当1位かもしれないですね
唐揚げは。

うまそうだもんね。

あら。
(玉木)えっ?(高山)えっ マスク?

(スタッフ)おいしいですか?

ハハハ…[笑]
どういうことだ?これは。

(スタッフ)知らないです。

へぇ~。
(高山)えぇ~!

(玉木)300円。

(スタッフ)今 ちらっと
聞いたんですけど…

(スタッフ)えっ?

ハハハ…[笑]

(スタッフ)覚えてない。

前 見てるんだ 前!
もう振り返らないんだ。

挑戦 挑戦!

いや 安い 安い。

うん 確かに。
安いの?分かんない。

いいね みんな。

ハハハ…[笑]
難しいな。

それは あるかもしれない。

ハハハ…[笑]

≪マスター!マスター!

みゆきちゃん。
みゆきちゃん。

みゆきちゃん
ずいぶん でかいので いくね。

(玉木)でかい。
(高山)大きい!

…で いきますね。
みゆきちゃん いいよ!

(みゆきさん)大変だね
大変だ みんな。

いいね いいね[笑]

ハハハ…[笑]
(スタッフ)片桐さんですか?

ディレクターですよ。

ハハハ…[笑]
(みゆきさん)ハハハ…[笑]

(スタッフ)いや わからないです。

(みゆきさん)会社に いないの?

面白い。
面白いね。

(みゆきさん)もう1回 言ってみ?
(スタッフ)えっ?(みゆきさん)何だって?

(みゆきさん)本当は サイン
もらいたかったんですけど…

ハハハ…[笑]

明るいね。

みゆきちゃん 明るいな。
ねぇ 元気でね。

≪いただきま~す!

(みゆきさん)イェ~イ!

ハハハ…[笑]

≪♪ソレ ソレ ソレ お祭りだ
明るいな。

元気だね。
明るいな。

(スタッフ)おはようございます。
早い!

えっ?
えっ 朝から開けてるんだ。

(玉木)朝!(高山)えぇ~ 早い!
6時じゃん。

えぇ~!
マジで?

ハハハ…[笑]

(スタッフ)人生ギャンブルなんですか?
(オーナー)そう。

ハハハ…[笑]
チャレンジャーだね。

えぇ~?
(高山)いい言葉だな「挑戦」って。

なかなかだな これも。

うまそう!

すごいね 朝から。

いや なかなか。
ねぇ 6時から。

いやいや 朝はいいんじゃない?
そんなに。

(高山)わぁ~ 多いな。

すごいですね。

本当の これの4分の1とか。

ふた口でいいんだよ ふた口。
なかなか朝っぱらからね。

<さぁ いくら?>

いくら?
(高山)いくら?いくら?

えっ いくら?

(高山)えぇ~!
(スタッフ)350円!?

ハハハ…[笑]
(スタッフ)チャレンジャー。

モーニングになるんだね。
あぁ そういうことか。

これ いいね 朝から。

(高山)わぁ~!これ いい!

いいね。
(高山)朝から。(玉木)焼き魚。

(オーナー)はい 焼けました。
(高山)あっ アジの開き。

(高山)あっ 違う カナガシラ?

カナガシラ。
カナガシラ。

うまそうだな。
うん。

うまそうですね これも。

シンプルでね。

いいね これ。
えぇ~。

(玉木)すごいね 手間かかってる。
すごいね。

もう何でも作っちゃうんだね。

(玉木)えぇ~!
安いね。

安いよ。

ハハハ…[笑]

すげぇな。
(高山)おいしそう。

うまそうだもんね。

(高山)シラス丼 食べたい。

出れば出るほど
赤字なんじゃないの?

いや これね。
(高山)心配に なっちゃう。

いやいや これ。
(高山)絶対 おいしい。

うわぁ~ いいね。

(玉木)うまそう。
これは うまいよ。

いや 食いてぇ シラス丼。
これ うまそうですね。

うまいよ。
安い。

300円?

何やってるの?もう。
ねぇ。

いいね かみしめて。
(玉木)ハハハ…[笑]

すごいね 朝から。

(高山)ハハハ…[笑]

確認してね 確認して
うまいんだよ うまい うまい。

(高山)ハハハ…[笑]
うまい うまい。

ハハハ…[笑]

ねぇ うん。

シラス丼 300円って。
(玉木)めちゃくちゃ安いですね。

めちゃくちゃ安いよ。
(高山)安すぎますよ。

うん 挑戦?

あぁ 挑戦ね。
(高山)ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]すごいね。

(スタッフ)何にですか?

(高山)う~ん!

(オーナー)挑戦だよ
笑ってるかもしれないけど。

そう そことの挑戦ってことね。
ねぇ。

やっぱ。
(玉木)そうですね。

わぁ~。
(高山)わぁ~。

早くから。
いい看板だね なんかね。

いいね。

今 向こうから…

(スタッフ)あぁ~ はい。

いや そうね。
300円は助かるよな。

(玉木)そうですね。

わぁ~。
(高山)うわぁ~。

(スタッフ)あぁ~。(玉木)すごい!

(スタッフ)ハハハ…[笑]
挑戦してるんだよ。

(オーナー)なんか
いろいろ話すようになって。

(オーナー)…て言われて。

(オーナー)…て言って そのうち…

(オーナー)ねぇ うちの入り口にある
「縁」じゃないけどさ。

そういったことで…

(オーナー)楽しいよね。

挑戦ね。

「そこに挑戦する価値がある」って
いいね。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

見てるんだよ こうやってな。

せっちゃんとこ。

せっちゃんね。

あぁ せっちゃんも挑戦してる。
(スタッフ)あぁ せっちゃんですか?

(オーナー)せっちゃん!

ねぇ。
(高山)ハハハ…[笑]

(オーナー)お母さんっていうか
もう ばあちゃんっていうか。

(スタッフ)マブダチです。

ハハハ…[笑]
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]
(玉木)ハハハ…[笑]

(スタッフ)いやいや。

マブダチって
あんまり言わないけどね。

「おい マブダチ」とは言わないよね

ハハハ…[笑]

肉?
(高山)おっ。

(スタッフ)すげぇの きた!
何だ?これ。

えっ 何?これ。
(高山)えっ?

うわっ!

すごいね この塊。
(高山)これ全部?

豚?

ハハハ…[笑]

あれ何だ?あれ。
えっ?

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

(柳楽)《帰れば 「金麦」》

《帰れば 短パン》

《解き放つ すなわち 解放》 シュッ!

(缶を開ける音) プシュー

<帰れば 「金麦」>
ん~!

<さて その「金麦」 今は夏の味です>
おぉ!

<もろきゅうがお好きな方にも

いやいや カツオのたたきがいいよ
という方にも

それぞれにオススメです>

<帰れば 晩酌 帰れば 「金麦」 今だけの夏の味>

(ヒロミ)豚?
(小峠)ハハハ…[笑]

あれ何だ?あれ。

オーガスタ ステーキ。

「食べて」って なかなかだよ これ。
ねぇ。

(高山)すごい!
えっ 何?これ。

うわぁ~。
めちゃくちゃ いいじゃん。

うわ すごいね!
(高山)ソース おいしそう。

これは うまいよ。
へぇ~!

(高山)優しい!
食べれるのかな?

これ うまいな。
あぁ うまそう これ。

(玉木)すごい。

(スタッフ)本当に。

(高山)ハハハ…[笑]

そうね。

「挑戦はタダ」

本当 そうなんだよな。

思ってないと 成功しないんだよな

挑戦してるんだ。

(オーナー)いっぱい。(スタッフ)えぇ~。

ハハハ…[笑]

すごいな。

(スタッフ)はい。

(高山)優しい!

(スタッフ)ハハハ…[笑]

マブダチ。

(スタッフ)ありがとうございます。
いいな。

(スタッフ)はい
ありがとうございます。

いいな 60歳のチャレンジャー。

チャレンジャー いいですね。

(スタッフ)また。
(オーナー)気をつけて。

これ本当 このロケはさ
変なアレが生まれるよね。

そうですよね。

熱い人でしたね。
(玉木)すごい!

いや 面白い。
面白い。

面白い お店。

おっ 数日後 また。
行った。

マブダチ どうしてるかな?

(みゆきさん)一瞬 何?いいよ。
(スタッフ)ハハハ…[笑]

(高山)おぉ~。
えっ 何?

(玉木)「極主夫道」が
ドラマ化に続き

パワーアップして ついに
映画化いたしました。

子どもから大人まで
みんなで笑えて楽しめて

最後は感動できる映画
「極主夫道 ザ・シネマ」公開中です。

ぜひ ご覧ください。

(小峠)あっ。

(高山)おぉ~!
(みゆきさん)ハハハ…[笑]

これ本物?(スタッフ)本物です。

(みゆきさん)本物[笑]
ありがとうございます。

ありがとうございます
本当 すみません。

家宝にします。
ハハハ…[笑]何だ?このサイン。

(ヒロミ)すげぇな。
ハハハ…[笑]

いいよ。

(みゆきさん)だって あそこで。
すごいね。

えぇ~?

(みゆきさん)あっ そうか。

うわぁ~ じれったい!

あぁ~ 何?それ。