ノブナカなんなん? 節約スゴ技女SP【北海道17人家族ママ/人気主婦50円飯】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ノブナカなんなん? 節約スゴ技女SP【北海道17人家族ママ/人気主婦50円飯】[字]

節約スゴ技女が大集合SP▽北海道17人大家族ママ(秘)買い物術!激安スーパーで17万円爆買い▽話題主婦の50円飯!28円エビチリの正体は?セクゾ中島健人も旨さに感動

◇番組内容
世の中には思わず「なんなん?」と言いたくなる人がいませんか?そんな「なんなん?」な人々の人生を覗き見して千鳥ノブ&弘中綾香アナ&見取り図&河北麻友子が大大大ツッコミしていく新感覚ドキュメント番組!
◇番組内容2
全国の節約スゴ技女が大集合SP
▽北海道17人大家族ママ(秘)買い物術!巨大激安スーパーで17万円爆買い
▽話題主婦のすぐマネできる50円飯!28円エビチリの正体は…?セクゾ中島も旨さに感動
▽東京で電気代0円生活!ベランダが冷蔵庫代わり&太陽光で調理…驚がく節約術
◇出演者
【MC】
ノブ(千鳥)
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【レギュラー】
盛山晋太郎(見取り図)
リリー(見取り図)
河北麻友子

【ゲスト】
アンミカ
児嶋一哉(アンジャッシュ)
中島健人(Sexy Zone)
◇おしらせ
☆公式Instagram
 https://www.instagram.com/nobunaka_nannan/
☆公式Twitter
 https://twitter.com/nobunaka_nannan
☆公式YouTubeチャンネル
 https://www.youtube.com/channel/UCfAfgKWGaE3nKBpCzUZxFGQ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/nannan/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 河北
  2. アンミカ
  3. スタッフ
  4. 盛山
  5. 中島
  6. 児嶋
  7. チカコ
  8. リリー
  9. 美味
  10. 節約
  11. 裕佳
  12. ホント
  13. 一同
  14. 無理
  15. 桃夏
  16. ウソ
  17. 大家族
  18. 結構
  19. 電気
  20. 電気代

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



とどまる事を知らない…。

ガスや電気
ティッシュなどの日用品

そして

飲料や調味料など 食品は

今年に入り すでに6000品目以上。

年内に 1万品目以上が
値上げするといわれる中…。

(ノブ)らしいね。
めっちゃ高いんでしょ? 今。

激安商品を なんとカート5台分!

実に22カゴ。

超爆買い大家族を発見。

すごいな!
いってるね。 気持ちいいね。

1食50円の節約メシで
家を建てちゃった

今 話題の主婦。

ウソでしょ?
これ 50円!?

そこで 今夜は!

日本全国 節約しすぎちゃってる
なんなん女

2時間スペシャル!

まずは…。

ある理由で 驚きの節約生活を
しているという家族に密着。

(河北)めちゃくちゃ立派なお家。

(リリー)でかっ!
(アンミカ)節約してるように見えない。

はーい。
(スタッフ)ああ ごめんなさい…。

すいません テレビ朝日の

(スタッフ)蓮香さん。

(スタッフ)弱冠って
どういう事ですか?

驚きの節約生活をしているという
家族のご主人 蓮香さん。

弱冠39歳です。

(盛山)弱冠って何?

(スタッフ)ちなみに…。

えっ まさか…!?
(弘中)すごい! 部活みたい。

長男の翔です。

あら イケメンですね。
翔くん めっちゃイケメン!

職業は…。

(盛山)イケメンとは
裏腹やった…。

三女 美季です。

(中島)個性豊かなんですね。

四女 高校3年生 桃夏です。

(盛山)仲いいな~。

三男 高校2年生 麗優心だよ。

六女 高校1年生 真姫です。

(中島)できたんだ。 おめでとう。
(河北)めでたい!

七女 怜です。
中学2年生です。

みんな 元気いいね。
「あざます」は決めてる…。

四男 結人です。

(盛山)だんだん お父さんに

似てる子が出てきてるな。

小学校5年生です。

八女の向日葵です。

やってみせます。

(盛山)あんま
玄関でやる事ちゃうやろ。

えっと 九女 花です。

多いな!
えーっ!?

(盛山)何?
(河北)頑張れ!

(アンミカ)まだ いる?
多いなあ!

十女の杏です。

まさか!
(一同)えーっ!

(盛山)もう さすがに。
(河北)そして?

五男 麦です。

えーっ!?
(児嶋)すげえ!

そして

えーっ!

(児嶋)えーっ!

怖い 怖い 怖い 怖い…!

合計17人の大家族。

止めて…
止めてください 止めてください。

ねえ!
(リリー)すごっ!

17!
(中島)恐ろしい。

すごーい!

お父さんが
元々3人

お母さんが
元々5人

お子さんが
いらっしゃって

再婚して 7人の子供に
恵まれたと。

えーっ!?
(河北)7人!?

えーっ!?
すごいね!

そうよ 教育費も。

子供だけで15人

合計17人の大家族
蓮香ファミリー。

元々は 大阪に住んでいたが

家賃や生活費節約のために移住。

その場所が…。

(盛山)
だいぶ果てでしょ。

これから見頃を迎える
花畑や牧場など

大自然あふれる丘のまち。

(児嶋)いいとこだな。

この地で 17人 大家族は
どんな節約生活をしているのか?

(盛山)ホンマに村やん じゃあ。
(アンミカ)ねえ。

ご自宅を案内してくれるのは
しっかり者の

(スタッフ)ちょっと これ あれですね。

(スタッフ)脱いだら直さないと
ダメなんだ?

(桃夏さん)そう。
(スタッフ)へえ~。

靴は こっち。

なんだ? これ。
(児嶋)すごい。

きれいに整頓された靴。

その数 およそ120足。

(スタッフ)あっ リビング。

(河北)広い!
やっぱ 広いよ。

広さ およそ20畳の
リビングでは…。

汚いより きれいの方が
よくないですか?

もちろん 出したら
すぐ入れる。

ママ 頑張って すごいな。

(河北)こんなにきれいにする
大家族いない。

(スタッフ)奥がキッチンですか?

なんか キッチンも けど
結構 きっちり

(児嶋)すごいきれいだよ。

(河北)かわいい。

(スタッフ)ケーキの回転台?
そう。

(スタッフ)へえ~。

(盛山)クソ 名前覚えられへん。

さらに
専用の

計7台も。

(河北)すごい。
(児嶋)そうか これだけいたらね。

(スタッフ)奥が洗面所?
(桃夏さん)うん。

(桃夏さん)2個。

これがパパ用
これ みんな用。

パパ ダメなの?
(盛山)パパだけ別?

(盛山)パパ 臭いから。
(アンミカ)年頃の女の子は言うねん。

そして 2階は…。

(中島)パパはつらいよ。
(児嶋)こんな頑張って育てて。

(スタッフ)あっ なるほど。 ここは

怜から下の子たち。
(スタッフ)下の子の部屋ね。

(盛山)託児所みたいやな。
(アンミカ)ホント ホント。

さすが大家族。

(中島)
すごっ!

ここ 怜。
(スタッフ)玲ちゃんの部屋?

(桃夏さん)運動会の練習をやって
昨日も帰ってきて すぐ寝てる。

大家族には
珍しい…。

え~っ!

できる? そんな事。

さらに 高校生以上は…。

(スタッフ)あっ これ
桃夏ちゃんの部屋?

(河北)めちゃくちゃ広い。
(アンミカ)外国の子みたいや。

1人1部屋という
嬉しいルール。

(スタッフ)
結構あれですね 広いですね。

え~っ!
でかっ!

(盛山)パスワード?

1人部屋なかったわ
そういや 大阪の時。

そりゃそうだよね。

(アンミカ)遊び回ってな。

(スタッフ)あっ すごい なんか
ここ きれいですね。

(麗優心くん)僕の部屋です。

(スタッフ)なんですか? それ。
かわいいですよ これ。

(スタッフ)飯伏選手。

これ すごいですよ 立体なんで。

あっ ホントだ。
(盛山)これ どこで買えるん?

(スタッフ)めちゃくちゃいいんだ?
(麗優心くん)はい。

子供15人もいると収納も大変!

(アンミカ)この子
しっかりしてるなあ。

(スタッフ)うわっ すごい。
すごい 服あるじゃないですか。

(裕佳さん)ここは
今 着てない服を置いてる。

(スタッフ)サイズで分かれてるんですか?
(裕佳さん)そうそう そうそう。

(スタッフ)こうやって
サイズ書いてるから

また 小さい子が大きくなった時に
着れるんですね。

バイトして 仕事してて
そういう子しか買ってない。

蓮香家に

(スタッフ)ワンちゃんいるんだね。

(河北)かわいい! ポチ。

(裕佳さん)これ 空ちゃん。
(スタッフ)空くん。

(スタッフ)ラブくん。 2匹目。

(裕佳さん)こっち キャラメルくん。
(スタッフ)キャラメルくん。

(盛山)多いな。

(盛山)ホンマか?
猫ちゃんも多いの?

(中島)見分け つかないよ。
(盛山)おお 自衛隊か?

同じ猫
映してないかな?

そんなわけ ないよな。

(河北)えっ 12匹!?

猫の数だけで 合計12匹。

さらに…。

(スタッフ)すごい この部屋。

(桃夏さん)
ここは全部うさぎ。 6匹。

(スタッフ)えっ うさぎ 6匹?
(桃夏さん)うさぎと

ハムスターは…
1 2 3… 7匹。

さらにさらに…。

えっ?
(盛山)えっ?

(スタッフ)ヤギ 飼ってるの?

(盛山)ちょっといいですか?
はいはい… どうしました?

みんなで?
(盛山)みんなで…。

ちょっと 考えれないでしょ?

真逆って事だ。

いや もう
完全に

(一同 笑い)

(中島)ちょっとした
小学校ですもんね。

(スタッフ)ヤギ 飼ってるの?

名前は?
(桃夏さん)めいと さつき。

(スタッフ)めいと さつき?

(盛山)違うインサートあるやろ!

(河北)えっ 家に入るの?
(児嶋)いいの? 入って。

(河北)ヤギ…。
(中島)意味がわからない。

(アンミカ)ヤギ 紙 食べるで。
(リリー)むちゃくちゃな家やな。

(アンミカ)放っといたら
食べちゃうで 紙。

(スタッフ)すごいね 庭もあるんだ。

(河北)でも ドッグラン
犬1匹でしょ?

あと たまに うさぎ
外に出して ここに。

家族13人と犬1匹 猫12匹

うさぎ6羽とヤギ2頭

ハムスターにメダカ20匹という

大所帯。

(盛山)『ストリートファイターZERO』ぐらい
キャラおるやん。

田畑に囲まれた
7LLDKの庭付き一軒家。

すごい!
(中島)すごいな これ。

実は ここ 意外にも賃貸。

賃貸?
えーっ!

(スタッフ)家賃って
おいくらぐらいなんですか?

家賃ね 一応
…ぐらいなんですけど。

女11人 男6人の

17人 大家族

蓮香ファミリー。

庭付き7LLDK 一軒家の
お家賃は…。

賃貸?
(児嶋)えーっ!

家賃ね 一応
5万円ぐらいなんですけど。

(スタッフ)5万円ですか?

以前に住んでいた大阪

市内で この7LLDKに
住もうと思えば

家賃は数十万円。

(河北)そりゃそうだよね。

安く住める上に
以前に比べて部屋も広い。

これこそが
移住においての最大の節約効果。

(盛山)家ごと節約。

(中島)かわいいな。
こういう会話 聞けるのがいいな。

蓮香ファミリーは 普段
どんな生活を送っているのか?

あっ 見たい 見たい!

えっ…。
(河北)4時半!

(児嶋)早いね。

秀人パパは
一人 酪農の仕事へ。

あっ 猫ちゃん 起きた。

続いて 裕佳ママが起床。

台所で

ごはん 大変だ。

オーブンで
焼くだけにした

ミニホットドッグ。

食べない子も
いるので

無駄にならないよう
必要最低分。

(中島)なるほどね。

あっ 偉い!
自分で起きてきた。

(河北)でも 偉い
自分たちで起きてきて。

(アンミカ)ねえ ホント。

もう 持ってきてる。
着替えてきてるよ。

学校への移動手段は
スクールバス。

中でも 小学生は
お迎え時間が早いため

結人くんと向日葵ちゃんは
いつも早起き。

1時間ぐらいかけて
行くんじゃない?

と 先ほど 愚痴っていた
結人くんだが…。

(中島)最後の方がいいな
そしたら。

(児嶋)そうだね。 確かに。

(児嶋)眠い 眠い。
おっ 偉い!

(河北)えっ 優しい。

優しい。

その頃 裕佳ママは…。

(アンミカ)洗濯…。
(児嶋)いや~ 大変だ これ。

洗濯 多いですよ。

(河北)えっ 1日!?

しかも 麦くんの面倒を見ながら。

そりゃそうだ。
(リリー)大変やな。

麦くんに まだ手がかかるし。

(河北)怜ちゃん。

(中島)あっ…
で 自分で作ってるんだ。

(リリー)味噌汁 作るの?

食べたいものがあれば
各自で作る。

それが蓮香家のルール。

(河北)みんな 偉い!

朝から…。
味噌汁に…。

(盛山)あっ 鍋ごと?
(リリー)入れるね。

辛いのが好きか?
(児嶋)結構いくね。

(中島)かけすぎじゃない?
ちょっと かけすぎやね。

怜ちゃん かけすぎだよ。

大丈夫?
(盛山)いく?

(河北)えっ まだ?
怜ちゃん それ クセになるよ。

怜ちゃんの朝食は もっぱら これ。

激辛具なし味噌汁。

(アンミカ)にゃんこがお迎え…。

裕佳ママが 相変わらず

大量の洗濯物に
追われている頃…。

(河北)みんな 偉いな。
自分で起きて…。

すごいよ。
出てきた 出てきた みんな。

すると 真姫ちゃんが
作り始めたのは…。

えっ もしかして お弁当?

ええ~ 弁当だ!
(アンミカ)偉いね~。

お弁当は 兄 麗優心くんの分も。

(アンミカ)優しい~。

(スタッフ)お弁当は 自然と子供が
作るようになったんですか?

いえいえ…。

(スタッフ)あっ なるほど。

だから 自分で作るもんだ
というふうに…。

裕佳ママは 洗濯だのなんだの
いっぱいあるもんな。

お菓子作りが大好きな
麗優心くんに至っては…。

(スタッフ)これ なんですか?

(麗優心くん)これは
ほうれん草のパウンドケーキ。

(アンミカ)美味しそう!
すごーい!

(アンミカ)何? これ。

(中島)専属シェフみたいな事
してますね。

(アンミカ)幸せ…。
きれいな色!

あっ みんな食べてる?

みんな 食べてる!

(中島)ああ 子供たち…

もうね
下の子たちは嬉しいですね。

一方 母は…。

(河北)すごい… ずっと洗濯。
(盛山)ずっと洗濯物して…。

いや~ ビックリした。

私ら 大体 7人分でしたけど…。
7人分!?

貧乏 4畳半で
7人で暮らしてたので…。

ケンティー 知らない?
アンミカさんが そうなのよ。

これはね
缶ジュースっていう…。

缶ジュースが珍しい?

こんな 缶ジュースなんて
飲めないもん。

ないですよね?
もうありましたよね?

13人分の洗濯を
終えたと思ったら…。

(アンミカ)ああ 一応 全部
掃除もしてあげんねや。

ゴミ箱のゴミまで
ちゃんと捨てて…。

休む暇なく
ずっと働きっぱなし。

そうなるよな。

さらに その後…。

家中を くまなく拭き掃除。

(盛山)ヤギとかいたらねえ。
ホンマや。

きれいにしてあげないと…。

(アンミカ)でも これ見てたら
子供もやるようになるよね。

そして 驚くべきは…。

冬は これ1台で

多分 2階あったまるぐらい
あったまります これ。

(盛山)無理でしょ。

(盛山)無理でしょ。
(アンミカ)マイナス9って…。

節約しながら このストーブで
毎年 冬を乗り越えている。

そして 夕食の準備。

いまだに洗濯物に追われる
裕佳ママ。

(スタッフ)じゃあ その時
空いてる人が作ってくれるんだ。

基本 そうかな。

(スタッフ)10合?
(結人くん)1升って事。

1升のごはんで作っていたのは…。

(児嶋)すげえ。
いいやん いいやん。

(河北)ええ~ 美味しそう。

(盛山)すごいね。

ケチャップライスやな。
ケチャップライス 美味しいよね。

(河北)わあ 美味しそう!

いいやん いいやん。

(河北)オムライスだ!

でかっ!
(児嶋)すごいね。

(河北)美味しそう!

お次は 鶏肉の唐揚げを…。

ひたすら

(アンミカ)ええ~!

わあ~ いった いった。

洗い物を減らして
細かく水道代も節約。

そんな節約家族
蓮香ファミリーにとって

一番
お金がかかるのが

食費。

一体

(アンミカ)
う~ん 興味津々。

このあと 激安スーパーで
大家族が爆買い。

(一同)ええ~!

(児嶋)すげえ~!
うわ~!

そして 会計時には…。

そんなん 見た事ない。

(アンミカ)レジの限界。
レジの限界?

レジの限界 初めて見た。
(河北)えっ そんなものがあるの?

17人 大家族の蓮香ファミリー。

激安スーパー爆買いに密着!

出費がすごそう。

1カ月分 買うのか。
(児嶋)ああ まとめ買いだ。

大量に買い込むため
車2台がかりで向かう。

まず 最初に立ち寄ったのは…。

直売所です。 野菜の直売所。

「丘のまち」と呼ばれ

農作物が豊富な美瑛には

家の周りにも

至る所に
野菜の直売所が。

(裕佳さん)よく買いに来ます。
安いし 新鮮な感じがして。

朝採れ野菜が並ぶ
こちらの直売所では…。

(裕佳さん)これ 白菜です。
めちゃめちゃでかい白菜です。

(スタッフ)これで200円?
(裕佳さん)ねえ。

東京で このサイズを買うと
倍以上。

えーっ! そんな違うん?
(アンミカ)はい。

どんどん高くなってる。

安い!
(河北)安い 安い。

(スタッフ)これ 買うんですか?
(裕佳さん)買います。

(スタッフ)これ 全部?
(裕佳さん)1440円。

大量の野菜を買い込み…。

(スタッフ)ここでも買うんですか?

(スタッフ)結構 色々売ってますね。

ああ 美味しいやつや。
(中島)100円か。

(裕佳さん)
結構 入ってますよ。 ほら。

(スタッフ)これ いくらですか?
(裕佳さん)これ 100円。

(裕佳さん)
大きいな。 しっかりしてる。

今が旬のアスパラガスは
まさに絶品。

(アンミカ)北海道のアスパラ
美味しいもん。

そして

お米はね…。

(スタッフ)そうなんですね。

米は 向かいの農家さんから
直接 買い付け。

(スタッフ)北海道の米?
はい そうです。 いいやつですね。

(スタッフ)30キロ!

東京で買うと
およそ3万円はするが…。

(中島)半額なんだ。

移住する事で実現した
食費の節約。

(スタッフ)におう?

(スタッフ)ごはんのにおいする?

ここから いよいよ爆買いへ。

やって来たのは

北海道の超巨大ご当地スーパー
BESTOM。

端から端まで およそ200メートル。

(盛山)『逃走中』できるやん。

秀人パパ 襟も びっちり立て…。

(盛山)BIGBOSS。

もはや
奥が見えない

その店内には…。

北海道産の
安くて新鮮な食料品はもちろん…。

業務サイズの日用品…。

さらには 100円ショップや
リサイクルショップなど

あらゆるものが お得に買える

大家族にはもってこいの
巨大スーパー。

(中島)困ったら ここ行こう。

(裕佳さん)
今日の安売り なんですか?

ほら 茶わんむし。

まずは 特売品をロックオン。

(裕佳さん)もーちゃんが
好きなんですよ 茶碗蒸し。

本日の特売品 茶わんむし。

すると 早速…。

そっか 人数分 買わないと…。
(盛山)まあ そうか。

うわあ!
(河北)ちょっと!

(中島)うわあ!

(麗優心くん)
12個ずつ…。

一度に 茶わんむしを24個。

続いて…。

小麦が高騰する中

3玉127円で売っていた
北海道産うどんを…。

(中島)すごいね。

買うね~! そんな いる?

(河北)多くない?
(盛山)多いな!

26袋 計78食分を爆買い。

(裕佳さん)
肉 800グラム入ってます。

普通の家庭なら
ワンパックで十分だが 4パック

からの…。

(裕佳さん)半額。

鶏ささみも追加で
10パック。

うわ~!
(児嶋)すげえ。

さらに

(河北)なるほど!
北海道といえば。

(秀人さん)そうそう。 北海道
やっぱりね ジンギスカン多いよ。

(スタッフ)ラム肉って
普段 食べるんですか?

(秀人さん)ジンギスカンは
たまに食べる。

(河北)美味しいよ~。

しかし こちらは

お値段が張るためか
ワンセットのみ。

(アンミカ)安いと思ってた。

(裕佳さん)大きいのでいくと
380円やから…。

(スタッフ)安いですね。
(裕佳さん)そりゃそうですよ。

めっちゃ美味しい ほたて。
(スタッフ)美味しい?

北海道の中心に位置する
美瑛。

(アンミカ)えーっ! 1尾。

ゆえに 集まる魚介の種類は豊富。

(スタッフ)すごいな。
生ほっけって初めて見た。

タコ。
(スタッフ)タコ… でかくない?

(桃夏さん)丸ごと。

(スタッフ)えっ 頭?

(スタッフ)えっ なんですか?
(桃夏さん)タコの口。

(スタッフ)タコの口?
(桃夏さん)めちゃくちゃうまい…。

なんか

さらに こんな珍しい商品も…。

(裕佳さん)鮭のかつお節
納豆と混ぜて食べる。

うまそう!
えーっ! 絶対美味しいよ。

昆布だしに浸した

北海道産の納豆と
混ぜ合わせて食べる

地元で人気の鮭節納豆。

そして

(裕佳さん)これこれ ほら。

(スタッフ)これ なんなんですか?
ようかんツイストって。

(裕佳さん)ようかんが
のってるんですよ ほら。

(スタッフ)チョコじゃなくて?
(裕佳さん)チョコじゃない ようかん。

上に塗ってあるだけで
中はクリームです。

そんなに甘すぎず。

(アンミカ)あんこなん? 上が。
(盛山)見た事ないやつばっかり。

(河北)ねっ。 こんなにも違う。

月イチのまとめ買いに

子供たちもテンション爆上がり。

(盛山)お菓子 買いたいでしょ。
あらっ…。

(河北)こっそり入れた。

(裕佳さん)これ 178円。
安くないですか?

安い 味噌。
(河北)そうだ。

毎日 お味噌汁飲んでる子も
いましたからね。

めっちゃ買うやん。

(裕佳さん)6個。
これ ひと月持たないですよ。

誰かさんが すごい食べるんで。

誰や?
誰や?

やっぱ 1じゃ無理か。

(河北)ホントに?

いってるね。 気持ちいいね。

(リリー)ちょっと いいですか?
どうしました? はいはい。

いやいやいや…。
(盛山)なんやねん!

なんやねん!
そういう…。

そういう 「なんなん?」って言う
番組ですよね?

気づけば3台のカートは
もうパンパン。

すると…。

(スタッフ)あっ カート追加。

追加してきた。

ここで

(盛山)まだまだいるか。

こっちが1キロで798円。
(真姫さん)こっちのが安くない?

(中島)賢くなりますね。
(河北)偉い!

安くて量が多い

業務用バーモントある!

日用品に関しても…。

(スタッフ)えっ これ…
洗剤ですか? これ。

(桃夏さん)うん 洗剤。
普通のサイズ買ったら

もう すぐなくなるから…。

選ぶのは とにかくビッグサイズ。

(中島)ビッグサイズだよね。
(河北)だって 12匹もいるから。

そうか。

ペットのエサ 砂。

もはや 節約とは関係ない…。

ホンマや!
節約のVやったはずよ。

(盛山)この人ら
インバウンドの人たち?

(一同 笑い)

1カ月分のまとめ買い 終了。

うわ~!
(児嶋)おお~ すげえ。

(盛山)どこに茶わんむしあった?

と ここで

いや これ レジも大変だ。
レジ 大変。

レジ どうすんの? これ。
いや ホント。

(中島)これだけで
筋肉痛になりそう。

レジを

うわあ! かわいそう 店員さん。

すると…。

どうした?
(中島)何?

レジの限界?

レジの限界 初めて見た。
(河北)えっ そんなものがあるの?

(一同 笑い)

合計2ターンのお会計で
かかった時間は

35分。

うわ~…。
(リリー)うわ 長っ。

(盛山)新聞 刷ってんのか?

その合計金額は…。

(スタッフ)16万8174円!?

絶対
YouTubeやった方がいい…。

いっぱい要素あったなと思って。

YouTube向きのね。
(河北)確かに。

そして ここからが
蓮香ファミリー 真の見せ場。

(スタッフ)これ 何? この段ボール。
こういうの持ってきてたっけ?

(桃夏さん)ううん。

(スタッフ)これ 無料で
取っていいやつなんですか。

荷詰め用に置いてある
無料の段ボール箱。

レジ袋代が節約できる上
積み込みも簡単。

(アンミカ)でも 箱やから…
袋やと後ろ詰められへんけど

箱やから 要領良く…。
(児嶋)そうか 積みやすいんだ。

(アンミカ)全部 うまくいってんねや。

(児嶋)もう
日が暮れちゃってるじゃんか。

夜になってる。
(児嶋)夜になった。

(児嶋)すげえなあ!

なんとか載せきったが…。

(中島)
ちょっと買いすぎたよ これ。

自宅では
さらなる戦いが待っていた。

(アンミカ)力持ちのね
イケメン長男くんたちが…。

(河北)中に入れるのが
もう大変じゃん。

(桃夏さん)どいてくださーい。
発車しまーす。

引っ越し業者! 冷蔵庫 運ぶ時。

リビングは…。

偉い お姉ちゃん。
(アンミカ)仕分け 仕分け。

家族総出で仕分け作業。

いやあ 大変だ これ!
大変!

(真姫さん)その方が…。

(スタッフ)飴とかも出すんだ。

(河北)めっちゃ賢いじゃん。
(アンミカ)ねえ これ 賢いよね。

限られたスペースを
有効活用するべく

袋は開封して
冷蔵庫に隙間なく詰め込む。

子供たちは もはや

毎月やってるから。
(児嶋)すごいね。 プロだね もう。

78食分のうどんが冷凍庫へ。

(盛山)気持ちいい!
(児嶋)きれいに並べて。

1階の冷蔵庫には
入りきらないので…。

(盛山)出た!
(河北)きた きた きた!

そして
調味料などのストックは…。

(中島)全部 入りきるかな? これ。

(向日葵さん)ここに入る。

一年中 ひんやり。

こちらも きちんと整理整頓。

(真姫さん)袋ないん?
入りきらんて。

もう閉まりません。

ああ もうやばい!

片付けの裏で 料理大好き
麗優心くんが夕食作り。

侮るなかれ そのメニューは…。

うわあ 美味しそう!
麗優心 作った!?

美味しそう!
最高!

今 大注目の節約料理研究家
あみん。

安っ!
エビはね 値段するよ。

一家17人
爆買いのあとは 大家族メシ。

担当は 料理大好き
三男 麗優心くん。

半額だった鶏肉に
豚肉 さらにラム肉を

コチュジャンベースで
豪快に味付けしたら…。

(盛山)なんでこんなん作れんねん。
(アンミカ)絶対 美味しいやん!

(河北)チーズタッカルビ!
麗優心 作った!?

3種のお肉
蓮香家特製チーズタッカルビ。

(河北)素晴らしいね ホントに。

この子ら…。

この子らにしたら。

そして ごはんの代わりに
大好きな たこ焼き。

(アンミカ)大家族
これ 楽しいんだよね。

これ 楽しい。 みんなでやるとね。
(盛山)大阪やから みんな。

片付けも
2時間かけて全て終了。

(秀人さん)あっ うまい。

(スタッフ)今回 このVTRは

アンジャッシュの児嶋さんが
見てるんです。

えっ えっ!?

(アンミカ)ゆっくり食べ。 熱いで。
あっついねん。

(桃夏さん)カリトロや。

ちなみに
こちらのチーズタッカルビ

家族13人で割ると
1人前 およそ286円。

特売商品まとめ買いによって
節約できているが…。

こちらのカツ煮も…。

エビチリも…。

発見。

皆さんも すぐマネできる

50円メシって なんなん?

早速

はい。

ありゃ え~ お若いかな?
きれいな人。

50円メシを作る
今 大注目の節約主婦

あみんさん。

(あみんさん)どうぞ どうぞ。
上がってください。

(河北)素敵なお家。
(中島)きれいですね。

(リリー)めちゃくちゃきれい。

(あみんさん)
ありがとうございます。

え~っ!

コツコツと食費だけを切り詰め

年間70万円を節約。

庭付き2階建ての5LDK。

夢のマイホームを購入。

(あみんさん)家でも十分
楽しんでもらえるようにと思って。

この節約御殿で

サラリーマンの夫
そして 3人のお子さんと

5人暮らし。

元々 料理好きの
ごく普通の主婦だったあみんさん。

(中島)いい写真。

趣味で インスタに
作った料理を投稿すると…。

(河北)美味しそう!

手軽にマネできると
たちまち話題になり

フォロワーが急増!

(中島)映し方もうまいですね。
なあ 美味しそうに見える。

今では なんと…。

えっ!?
(中島)え~っ!

インスタ?
(中島)すげえ!

その勢いにのり…。

(盛山)本 出すよな。
出すよな そうなると。

名だたる料理研究家を抑え

料理部門で1位を獲得。

節約キャラでいこうかな。

今 節約料理研究家として
大注目の主婦 あみんさん。

9時から17時まで
一応 7時間働いてたんですけど

そこから また
自分の働いてない

パチンコ屋さんに
打ちに行って。

朝の9時から
夜の11時まで

14時間 毎日
パチンコ屋にいるっていう

そういう生活を
送ってましたね。

当時 パチンコ漬けの

黒ギャルだったあみんさんだが…。

ギャル!
(河北)あみんさん!

結婚を機に 家庭を守るため
ある事を決意。

それは…。

(アンミカ)いや 立派 立派。
(リリー)急に思ったんやな。

こうして

(児嶋)そうだね お金かかるよな。
すごい。

(あみんさん)
いや それをさせないように

寂しい見た目にさせないように

色々工夫をして
やらせてもらってます。

という事で

今すぐマネできる50円メシを
教えてもらおう。

50円ってのは
考えられないけどな。

今から

私の中で
鉄則が2つあるんですけど。

やって来たのは 関西で大人気の
激安スーパー ラ・ムー。

ご当地スーパーだ。

いざ

えっ?
なんだ? ど… どうしたん?

なんで?
(児嶋)何が始まるの?

水分補給?

(河北)ねえ わかった。

(スタッフ)ちょっと ちょっと
あみんさん?

(アンミカ)お腹いっぱいにして
行くんだ。

(河北)賢い。

絶対 そうだよ!
(アンミカ)すごいよ。

空腹で来たら 何もかもが
美味しく見えちゃって

余計なもんまで買っちゃう。

ちょっとでも空腹を満たすために

水で お腹いっぱいで
買い物したくて。

(アンミカ)これ すごいわ。

すごーい!

こういうとこから
節約って始まるの?

お腹パンパンになったところで
店内へ。

(アンミカ)これはすごいな。
(河北)うわっ 賢っ!

ラ・ムーの商品は どれも激安。

お~ 安い 安い。
安い。

さらに うどんは 1袋なんと…。

安っ!

(アンミカ)これ 北海道より安くない?

そんな激安スーパーで
あみんさんの買い物は…。

(河北)やっぱりね もやしね。
(リリー)安いよな。

(中島)
確実に安いものを買ってるな。

1週間分の買い物も

わずか15分で終了。

(アンミカ)すごいね
目的がハッキリしてる。

なんで?

スーパーにいる時間と
スーパーで使う金額が

比例してるなと思って。

スーパーにいる時間を
短くする事が

それも
節約に繋がるっていうので

短めに。

もう決めてるんだ。

普通 5人家族の
1週間分の食費は

およそ2万1000円。

一方 あみんさんは…。

(スタッフ)5236円。
(あみんさん)はい。

(河北)1週間分で?
安っ!

ここから
どんな料理が生まれるのか?

すごいわ!
(河北)いやいや 安い 安い。

さらに 買い出し後
驚かされた ある節約術が…。

(河北)ミニトマト。

何する?

ミニトマト…。

まさか…。
(河北)そういう事!

干す?
(アンミカ)すごいね。

(河北)なるほど!
(盛山)何?

花壇というかね
あれがあるから…

プランターか。

(河北)家庭菜園。

それで できるの?
(リリー)これから トマトが…。

また トマト
作るんちゃう? ここで。

(盛山)えっ!?

直タネまき!

(盛山)こんなんで
トマトできるの?

犯罪じゃないか。

(あみんさん)そうなんですよ。

ちょっと前に
同じ方法で育ってるトマトが…。

これも そうなんですけど。

ちなみに この周りのネギも

同じように植えて
育ったネギになります。

根っこ付きのネギを買うんです。

そしたら 植えとくだけで
何回も収穫できるんで…。

(盛山)根っこ目当て。

あみんさんいわく
夏前の今がチャンス。

ネギなら
2週間後には収穫できるそう。

(中島)いや もう 圧巻だな。

ミニトマトしようかな。
(盛山)ネイチャーやな。

節約で一軒家を購入しちゃった
主婦 あみんさん。

さあ いよいよ
50円メシのレシピをお披露目!

(河北)美味しそう!

節約メシとかは やってました?

関西なので
お好み焼き屋さん 行くと

みんな 毎回
お好み焼き 食べるんだけど

私は お好み焼きまで食べる
お金はないから

横で ずっと
ソースを焼くんですよ。

ソースって ピリって剥がすと
香ばしくて美味しいんですね。

それを美味しそうに食べるんです。
「ああ~!」って。

ほんだら
「えっ 何? それ」って言うから

「焼いてあげようか?」って。

「焼いてあげるけど
端っこ ちょうだい」って言って

端っこをもらって 私のとこに
お好み焼きができていくんですよ。

すごい!

すごいですね。
(アンミカ)そうです。

河北ちゃん。

ヴィトンの米とか
食べてるんでしょ?

(アンミカ)食べてそう!

エルメスの唐揚げとか
食ってるんだろ?

(一同 笑い)

(あみんさん)カツ煮です。

1人前…。

めっちゃうまそう!
(アンミカ)ねえ。

(あみんさん)50円です。

(児嶋)これ 50円?
もう 肉が無理やん。

2品目は…。

(あみんさん)エビチリです。
1人前…。

(児嶋)えー 高いんじゃないの?
(リリー)ねえ エビ高いですよね。

(あみんさん)28円です。

(中島)えーっ!
(児嶋)安っ!

エビはね 値段するよ。

3品目は…。

(あみんさん)ギョウザです。

(アンミカ)これ 美味しそう!

(あみんさん)1人前…

45円です。

(アンミカ)いやいやいや…
1個の値段よ。

一般家庭で
このメニューを食べれば

1人前 およそ650円。

まあまあまあ
するでしょう。

しかし あみん家の場合は…。

(中島)超美味しそうだけどね。

どうして こんなに安いのか?

そして 本当に美味しいのか?

(河北)いや そこですよ。

ごはんのお供になる

(河北)えっ 食べたい!

まずは カツ煮です。

皆さん
召し上がってください。

めちゃめちゃ…
これ 50円じゃないよ!

(中島)すごいな これ。
(河北)すごい!

(アンミカ)肉厚…。
(河北)カツだ。

あっ 美味しそう!

(河北)美味しい!

(児嶋)美味しい!

(一同 笑い)
1200円。

味はな。
(児嶋)1200円。

実はですね あみんさんは

なんちゃって料理が
得意という事で

こちらのカツ煮も

何かで
代用しているんですけども。

じゃあ カツじゃないんですね。
そうなんです お肉ではない…。

河北さん?

お肉ですよね。

やだ~!

豆腐。
高野豆腐みたいな なんかね。

(アンミカ)なんやろう?

でも こんな…。

(一同 笑い)

(リリー)そういう番組でしょ?
「なんなん?」の。

「なんなん?」の番組でしょ?

(一同 笑い)

必見 50円カツ煮の作り方は…。

まずは 割り下を作り
玉ねぎを煮込む。

(盛山)ここまでは普通よ。

ここまでは

ここで

(河北)なんだろう?

取り出したのは…。

(児嶋)当てたね。
(アンミカ)がっつり当てた。

として使って 節約しています。

なんか
やっぱりなあって思ってるから

あんま盛り上がらないっすね。

では 高野豆腐を どうやって
トンカツに変身させるのか?

高野豆腐を熱湯で戻し…。

(あみんさん)全力で絞ります。

そして

(中島)味付けが上手なんだよ。

普通に豚肉を使うと
200円かかるカツ煮を

高野豆腐で
4分の1 50円で再現。

大体 こういう番組って
ここで食べて…。

っていう番組なんだよね。
もちろん もちろん。

(児嶋)前 オペラ歌手 当てて

クビになった
はずなのに…。

クビになって
ないじゃん。

ええっ!?

続いて
28円のエビチリの正体を予想。

(河北)エビチリ…。
はい。

これも 何かを代用して
作っています。

うんうん。
味付けはエビチリです。

そうですよね
うまみが出てきますね。

マシュマロ?
(アンミカ)なんか 弾力のある…。

ええっ…。

(一同 笑い)
嫌やわ。

味付けは 普通のエビチリと同様
チリソースを作る。

(河北)なんだろう?

ここで

皆さんがエビだと思っていたのは
こちらの食材。

へえ~。
(河北)なるほどね!

このひと手間で
よりエビに近い食感に。

ええ~ そんな違うん?

結んだちくわに片栗粉をまぶし

チリソースをかけ 炒めれば…。

(児嶋)えーっ?
(アンミカ)すごくないですか?

通常
1人前 250円かかるエビチリを

ちくわを使い
8分の1の28円に節約。

節約で家を建てちゃった
料理研究家 あみん直伝の

45円ギョウザ。

なぜ そんなに安いのか
その正体を予想!

(児嶋)もう皮は
だます気ないよね。

(一同 笑い)

(アンミカ)繊維質が
見えてますからね。

(リリー)シャキシャキで。

あっ でも
めっちゃ美味しい。

(中島)
うまっ! うまっ!

これは こういう料理として
やっていった方がいいね。

(一同 笑い)

わかる わかる。

どうですか? 皆さん
ごはんとの相性は。

めちゃめちゃ合いますよ これ。
合います?

一番… 今までで一番合う?
どれぐらい?

ありがとう。
ありがとうじゃねえわ。

実は こちらのギョウザには
なんと

本来 餡には

ニラとキャベツを使うのが
定番だが…。

キャベツより安い
激安もやしを使い かさ増し。

(盛山)もやしは
みんな見えてたでしょ?

(リリー)いや~ 気づかんかった。

さらに 皆さんが
挽き肉と勘違いしたのは…。

(河北)何?
(アンミカ)そうそう それ。

お肉 使ってないって事ですか?
お肉 使ってないんやな。

すごーい!

(アンミカ)豆腐と卵
使ったんやと思う。

そして 最大の節約ポイントが

餡を包む ある食材。

(児嶋)これよ!

(リリー)これがわからんかった 一番。
何で包むの?

何で包んでるんだ?

大根か! そうなんすか!

レンジで加熱し
やわらかくした大根で…。

(アンミカ)いや これは美味しかった。

すごーい! 美味しそう。

(河北)めちゃくちゃ
美味しかったですよ。

もやしでかさ増し お肉は豆腐
皮は大根で代用。

通常 1人前150円かかる
ギョウザを

45円に節約。

突然ですが ケンティーに

お手元にある ごはん

実は あるものを混ぜた
節約メシなのですが

一体 何で
かさ増ししているでしょう?

えっ?

ええっ?
なんか ちょっと

色が違うと思った…。
確かに 確かに。

おこげかなと思った…。

杏仁? 杏仁豆腐?
杏仁豆腐。

なんだろう?

(河北)あっ うどんって…。

ちょっと待ってください!
ちょっと待ってください!

どうしました?
(河北)ちょっと待ってください。

今 正解くる前に

うどん? こんにゃく?
って言ってました。

あれぐらいは
別に言うでしょ 皆さん。

で 実際やったら…。

いや 安易ですよ。

(河北)全然わからなかった!
そう言われたら うどんやね。

気づかなかった。
(河北)でも どこにあります?

見ても わからんもん。
(リリー)全然わかんない。

(中島)なんか 色 違うなとは
思いましたけど…。

ごはんのかさ増しには うどん。

その方法は?

(河北)でも これ
1個16円とか言ってましたよ。

(リリー)安いわ それは もう…。
うどんの方が安いんだ。

細かく切ったうどんを炒め

水分を飛ばしたら…。

このひと手間 すごっ!
(盛山)水分 飛ばすね この人。

(河北)だから ごはんっぽいんだ。

(あみんさん)ごはん1杯が

大体50円ぐらいかな
っていう計算なので

うどんが1玉16円なので

30円ちょっとぐらいの節約には
なってると思います。

と 節約50円メシで

家まで建てちゃった主婦がいる

一方で…。

1食10円以下の
超節約メシを発明!

節約に取りつかれた女を発見。

(スタッフ)すいません
よろしくお願いします。

あっ こんにちは。
(スタッフ)よろしくお願いします。

お願いします。

(スタッフ)超節約メシを作ってるって
聞いて来たんですけど。

そうですね。

こちらが 50円メシを超える
超節約メシを作るという…。

一見 節約とは
無関係のように見える

せかいさんだが

一体 どんな節約メシを作るのか?

早速 ご自宅へ。

(スタッフ)すいません お邪魔します。

(せかいさん)そうですね
結構 狭くて。

ギュッて
色んなものが入ってる感じ…。

(せかいさん)そうなんです。
結構 それはこだわりがあって。

料理するのが好きなので

2口コンロの所がいいな
っていうのは

結構 条件の中でありました。

そして リビングは…。

(河北)お腹すいちゃった。
えっ これが部屋?

(せかいさん)でも 普通に
こういう所に座って

テレビ見たりとか
本読んだりとか…。

ああ そうですね。

えーっ!
(児嶋)いっぱい持ってんね。

間取りは1K。

家賃 5万2000円。

あとは ちょっとした
工場の仕分けとかも

やったりしてます。

バイトの収入 月8万円から
家賃を除くと

残りは3万円ほど。

そこから
光熱費や携帯代などを引くと

2万円ほど残る計算。

削れるところ
削りたいってなったら

食費なのかなって思いました。
(スタッフ)ちなみに…。

でも…。

大学卒業後は

デパートに勤めた事もある
せかいさん。

オシャレが好きで
これまで節約したお金は

全て洋服に回しているという。

(河北)すごい共感する。
なるほど。

(スタッフ)冷蔵庫って
どんな感じですか?

冷蔵庫… 何も入ってないし
恥ずかしいんですけど

こんな感じです。

(スタッフ)結構 ガランとしてますね。

(せかいさん)そうですね。

(せかいさん)節約するためにも

あまり
中には入れないようにしてます。

さらに 冷凍庫には…。

(盛山)1枚でええやろ! 水道の。
水道のやつね。

バナナ?
(中島)バナナ?

化石みたいに
なってない?

(せかいさん)アイスが
結構入ってたりして…。

ちなみに ガリガリ君は

もったいないので
少しずつ食べて…。

1日3口ずつ?
(中島)マジ?

おい…。
(河北)かわいい。

(盛山)嫌やろ。
食えよ もう。

(盛山)いけるやろうけど。

バイト暮らしのせかいさんは
普段

(盛山)見せておくんなはれ。

(河北)おはようございます。
8時です。

せかいの
モーニングルーティン…。

なんだ? 朝 何食べる?

(盛山)床ケトル。
お湯沸かして…?

床ケトルして…。

(河北)醤油?
醤油…。

(リリー)なんだ?
(中島)何読んでるの?

(盛山)ウソでしょ?
(中島)本読んでる。

(盛山)哲学書。
哲学書。 朝から?

朝から読んでる。

お湯だけとか?
なんだ? お湯だけ?

ウソでしょ。
(盛山)白湯?

白湯か。
カップスープとかじゃないの?

(中島)えっ 醤油? どうするの?

(嗅ぐ音)

(盛山)まずい画やな これ。
ウソでしょ!

(リリー)なんか におい嗅いでたよ。
においました。

(盛山)いける… あっ 賞味期限?

(中島)醤油ソムリエか
なんかなのか…。

(アンミカ)醤油深呼吸は
なんだったの?

(盛山)ソイ湯?
(アンミカ)アハハ… 何? これ…。

(盛山)ソイ湯ですか?

はあ~…。

(河北)危ない…。

(中島)醤油の呼吸の
使い手なんだろうね。

醤油の呼吸。

(盛山)壱の型?
壱の型。

(アンミカ)飲み方 独特。

(一同 笑い)

(盛山)ネスカフェやん!

コーヒーのCMみたいになってた。

ちょっと 後半…。

吸引してたね。
(中島)吸引してましたよね。

(リリー)あれ? 仕事は?
(中島)朝食って… 今のが?

(盛山)朝引ね。

いや やばいよ それ。
体に悪いよ それ。

(アンミカ)そうよね
お腹がすかないようにね。

(盛山)お昼?
(中島)いやいや…。

(アンミカ)健康的じゃない。
いやいやいや 健康的じゃないよ。

(盛山)ある種
1食目ですもんね これ。

昼食 見たい。
(リリー)仕事は ない?

生卵…。

コップに卵を割り

そこに ケチャップ

マヨネーズを投入。

何? これ。
(盛山)子供が遊んでるみたい。

(リリー)えっ?

(河北)えっ ウソでしょ?
まさか…。

えっ?
(盛山)どうするの?

(河北)えっ いや…。
(児嶋)おお~!

(アンミカ)ウソじゃ…。
(児嶋)おお…。

(河北)ええっ!?
ちょっと待って ちょっと待って。

はい どうしました?
どうしました?

ロッキーや。
(リリー)走る前。

(河北)ロッキーだよ。
ロッキーのトレーニング前だ。

(河北)ねえ!
(中島)アハハハ…!

焼いたら めっちゃうまいやん!
絶対美味しいですよね。

(中島)美味しいって
言ってくれないかな。

これしてまで
やっぱ 服なんだな…。

(一同 笑い)

(河北)ホントに!?
何?

ライスは インスピレーションで
足してます。

なんか もう ホントに

卵とケチャップの
オムライスの味で

頭の想像の中で
ライスを入れる事によって

完成してます。

(河北)こんなの
ブツ撮りいらないよ。

(せかいさん)調味料も
少ししか使ってないので

10円いかないと思います。

(盛山)親 泣くぞ。

(リリー)これで贅沢?

いただきます。

(河北)えっ すごい! 偉い!
(盛山)竹内くん。

(児嶋)正直にね。
(リリー)正直にいこう。

(盛山)色 濃ゆ!

フフフフ…。

どうですか? オムライスですか?
(児嶋)どっち?

(一同)えーっ!

だって言われたら…。

(河北)ああ そっか そっか。
半熟卵ね。

(アンミカ)えーっ!
最悪だ…。

最悪や ケンティー。
最悪だ!

ああ 来た来た 竹内くん。
ちょっと…。

(一同 笑い)

生卵に ケチャップと
マヨネーズを混ぜた

超節約オムライスジュースを

ひと口。

ああ…!
ミルキーなね…。

いただきます。

おお いったね! 結構 いったよ。
(アンミカ)結構 いった。

ホントに?

(河北)ホントに?
(中島)うまい。

ああ そう。
え~っ!?

甘めのオムジュース…。
オムライスジュースを…。

早っ。

再び 台所。

(児嶋)腹ぺこでしょ。
(盛山)まだ1食も食べてない。

(河北)きたきた やっと。
やっとだ。 やっと 料理だ。

(盛山)腕前 見せてください。
(児嶋)もう食べないと。

(リリー)ここでは
ちょっと贅沢しよう。

(河北)何? あれ。
(盛山)何 炒めてるの?

何かを焼き始めた
せかいさん。

それは…。

(アンミカ)もしかして…。
(リリー)やめとけって。

これは ウソ。
これは ウソ。

これは
ない ない ない…。

そのまま 炒め続ける事
およそ5分。

これは もう ホラーやないか…。

特に味付けをする事もなく
お皿へ。

(児嶋)ウソでしょ?
(リリー)ダメやろ。

そして そのまま…。

何? これ。

(中島)せんべいみたいに
食べるじゃん。

(一同)えーっ!?

マジで?
(中島)えっ これ ホント そうなの?

クッキー!?
ちょっと甘くしてるんだ。

ないって。

マジで ホント 視聴者の皆さん

マジでマネしないでくださいね。

全然 マネしないでください。

確かに 本当に食べられるのか
心配なので

食品に詳しい先生に
聞いてみると…。

そして もう一つ
超簡単 節約デザート。

えーっ! もしかして!
(アンミカ)あら ちょっと!

いるよ 先輩が ここに。
先輩がいるよ。

先輩。
(アンミカ)わかるよ わかるよ。

えーっ!
(アンミカ)美味しいんだよね。

アンミカさん さっき言ってたやつや!
(アンミカ)やってました。

(児嶋)すごいね。
(アンミカ)今から35年前にやってたよ。

最初は強火でいいんですけど
全体的に…。

そして フライパンに

(河北)すげえ焦げてない?
あれは焦げじゃないのか?

焦げやん!

(リリー)黒っ!
全焦げ!

はい ちょっと
止めてください 止めてください。

油汚れ直食い。

まさか かぶるとはね ここで
アンミカさんがしたトークと。

(中島)ちょっと これ…
すごい方だな ホント。

(アンミカ)ああ 懐かしいね。

(アンミカ)懐かしい。 すごい わかる。
懐かしい。

(盛山)竹内くん。
(アンミカ)これね わかると思うわ。

(盛山)味ついてますからね。
(アンミカ)そう そうなのよ。

(リリー)まだ これ 食べ物やから。
そう 卵の殻よりは。

フフッ…。

(リリー)ちょっと笑う。
(盛山)いつも美味しそうな笑み

こぼすねん。
(中島)最初は そうですよね。

(アンミカ)どう? どう?

そのあとからは
ちょっと苦みが…。

(アンミカ)優しい。 優しい表現やな。

極めつきは

せかいさんが作る

(盛山)やばそう。

何? 何?

(せかいさん)こちらですね。

さらに 東京で電気代0円で暮らす
なんなん婦人。

(アンミカ)えっ まさか。 あっ そっか。
(児嶋)ウソ!

(中島)手で?
(児嶋)ウソでしょ?

♬~
(長澤)頭痛との戦いが続く中「バファリン」は

プレミアムが最終形
かと思われましたが

出たんです
<「バファリンプレミアムDX」>

<鎮痛成分20%増量>

<眠くなる成分無配合>

《いたみは止める わたしを止めない
ピンポン》

節約に取りつかれた なんなん女

せかいさんの超節約メシ
極めつきは…。

何? 何?

(河北)何?

(せかいさん)こちらですね。

(中島)ちょっとすごいよ。
何をするんだよ これ以上。

(中島)なんだよ? 怖いわ。

(アンミカ)ペッタンコにした。

もらった牛脂を平らになるまで
念入りに潰します。

(盛山)何で潰してんの?

(アンミカ)硬いもんやったら
なんでも ええんちゃう?

マネしないでくださいね 全部。

(盛山)もうええやろ。

なんで ここ フルで使うねん。

それを すき焼き肉のように
丁寧にカットし…。

おい…。

砂糖は?
(児嶋)醤油 大好きな醤油。

割り醤油で サッとあぶれば

10円すき焼きの完成。

贅沢に卵!

これは卵使うんだ。
(中島)贅沢じゃない。

(アンミカ)なんで そんな
卵 無駄遣いするの?

いや 牛脂やで。
(盛山)飲んだ。

脂やで。

(盛山)もう オムジュースのあと
ビックリせんわ これ。

全然違う。

うわっ いくんだ。
(河北)なんでも食べる。

(児嶋)竹内くん…。
(中島)絶対笑うから。

フフフ…。

(アンミカ)笑った。

(アンミカ)飲み込めてない。
飲み込めないんだ。

(中島)
いや もう 選ばなくていいよ。

(盛山)もう表情 出てるけどね。
(中島)素直に言おう。 素直に。

実は…。

(スタッフ)すいません ちょっと
見ちゃったんですけど

なんか ここに
M-1のシールみたいなの

貼ってるんですけど
これ なんなんですか?

ちょっと 実は 私

実は せかいさん 今年の春

NSCを卒業した

芸歴2カ月の新人芸人さん。

おいおい。

(中島)ご存じなかったですか?
知らない。

(盛山)もっと強く言えば
よかったわ。

♬~「イカリ イカリ イカリング」

まだ芸人としては
全く食べていけないので

節約料理を食べて
日々 耐え忍んでいる。

そんなせかいさんにとって
今回の出演は大チャンス!

(河北)見たい。
ぜひ ぜひ。

(盛山)長尺のギャグやな!

ひと言 ひと言じゃ…。

(一同 笑い)

ここまで食費を節約できたのなら

次は電気代だって節約したい!

そこで…。

無理 無理 無理 無理!
絶対 無理!

電気社会で無理よ。
ねっ!

東京こそ電気社会ですよね。
そうそう。

メモの準備していいの?

東京ですよね?

(アンミカ)今や 電気使わん生活
無理やん。

「なんだ こりゃ」?
(河北)もう すでに?

あ~!
(児嶋)あっ そこから?

切ってる。
(中島)ノックで?

(アンミカ)私 これ 電気代かかるって
感覚なかったわ。

(児嶋)確かに。
(中島)ですね 確かに。

(スタッフ)うわっ ここだけ

ノック痕?
ノック痕だ。

(アンミカ)どんだけ
ノックされてるの?

そんな「痕」ある?

(スタッフ)どうも…。

フジイさん。
(河北)お願いします。

節約しすぎる なんなん女

チカ婦人。

(チカコさん)はい どうぞ。

なんか 電気代あるよな 基本料金。
(中島)ありますね。

(河北)だから
電気 もう通してない…。

(スタッフ)ホントですか?
(チカコさん)はい。

そうですね。

(スタッフ)どういう事ですか?

(チカコさん)はーい。

えっ ブレーカー?
うん ブレーカー…。

ハハハハッ…。

(チカコさん)あっ そうです。

(チカコさん)メーター 止めますね
という事で

抜いていってくださったんです。
(スタッフ)へえ~!

すごいですね
チカ婦人。

チカ婦人は
電気代0円で生活する事

もう9年。

すごいですね チカ婦人。

間取りは
風呂トイレ別。

(河北)いや でも
寒くない? 暑くない?

広々ダイニングキッチンの
3DK。

電気っていらんか。 携帯は?

その暮らしぶりを
のぞいてみると

驚きの節約術が明らかに!

気になるわ~!

さあ 皆さん

すぐマネできる節約術

そして 簡単に作れちゃう
節約グッズが続々!

(児嶋)なんか作ってる?

(スタッフ)えっ…。

そうですね。

(スタッフ)なんとか?
(チカコさん)はい。

東京の夏といえば

一人暮らしのエアコンの電気代は

ひと月 およそ2000円と
いわれるが

それを0円にする
節約テクニック。

これ

(スタッフ)へえ~!
触ってみていいですか?

(チカコさん)はい どうぞ。

(スタッフ)ひんやりしてますね。

養生して 貼って
下塗りして 上塗りして

それが3日でできました。

(スタッフ)3日?
(チカコさん)はい。

(スタッフ)へえ~!

という事で…。

無理 無理 無理…。

無理やって。 リフォームやん!
大掛かり 大掛かり。

漆喰には調湿効果があり

梅雨時のジメジメや
夏のムシムシも心配なし。

漆喰…。

安心して夏を迎えられます。

だから オシャレっちゃ
オシャレですね。

ホンマや!
確かに。

前 ここに

冷蔵庫といえば

1カ月の電気代は
700円ほどだが

それを0円にする
節約テクニック。

(チカコさん)こっちにね あります。

(中島)何をしてるんだ?

(スタッフ)ベランダですけど。

(スタッフ)これ
ただの植木鉢じゃないですか?

また 暑いやろ
ベランダに出してたら。

無理 無理 無理!

(盛山)おいおい…。
(児嶋)これ 大丈夫なんだ。

(スタッフ)ゼリー 入れてるんですか?

(チカコさん)はい。
こんな感じのものを入れてます。

(アンミカ)土の中って 確かに…。
ああ~!

すぐマネできる
電気代0円 冷蔵庫。

えーっ すごい!

(チカコさん)
この大きい植木鉢の中に

この小さい植木鉢を入れます。
(スタッフ)なるほど。

(チカコさん)
この間に滅菌川砂を入れます。

まあ うちは
ゼオライトを入れてます。

(スタッフ)あっ ゼオライトね。
(チカコさん)はい。

この砂に
たっぷりと水を染み込ませます。

この水が蒸発すると

気化熱で
内側の植木鉢が冷えていきます。

ちなみに
この時の気温は20.7度。

(チカコさん)あら
また下がった。

ちょっとやねえ。

(河北)3度は
足りなくない?

足りない 足りない。

(スタッフ)えっ? なんですか? これ。

(チカコさん)
これが 我が家のアイロンです。

うわ~!
(アンミカ)懐かしい!

懐かしいの?
(河北)初めて見た!

鉄のアイロン。

そもそも
電気に繋げられないので…。

(チカコさん)この中に炭を入れて
炭アイロンです。

(スタッフ)炭アイロン。

(アンミカ)うちには なかったけど
なんか 見た事ある気がする。

ちょっと なんていうんですかね

アンティークの美しさを
感じるというか…。

オシャレね。 あれ どこに…

どこに売ってるんだろう?
あれは。

手間はかかるが ご覧のとおり。

(チカコさん)
しっかり シワが伸びますね。

極力 家電を使わず

代用アイテムで工夫しながら
生活する チカ婦人。

…と ここで 意外な事実が発覚。

(スタッフ)
電気代0円生活をやってて…。

携帯? ウソついてる?

はい あります。
(スタッフ)へえ~。

充電できるんですか?
(チカコさん)はい そうですね。

実は チカ婦人
電気を全く使わないわけではない。

一体

(スタッフ)こっち?
はい。

(チカコさん)はい そうなんです。

(スタッフ)どれですか?
はい こちらです。

(スタッフ)あっ これ?

すごい。
(アンミカ)徹底してんな。

ああ これは気になる。

チカ婦人は ソーラーパネルで
必要最低限の電気を自家発電。

あなたも明日から
レッツ自家発電。

自宅で簡単

(チカコさん)準備するのが

ソーラーパネル
チャージコントローラー

バッテリー インバーターです。

買わない 買わない。

(スタッフ)これを コードがこう来て
どうしてるんですか?

(チカコさん)コードがこう来て…
あっ すいません。

ここから
部屋の中に引き込んでます。

(スタッフ)はいはいはい。 …で?

(チカコさん)チャージコントローラー
っていうのを通して

ここで 流れを整えます。
調整します。

このバッテリーに蓄電してます。

バッテリーに
ずっと入れてるんだ。

(チカコさん)これが
インバーターっていうんですけど

ここで 直流を交流に直して
これで家電を使います。

(河北)つくんだ!

何? あれ! 何? あれ!

(スタッフ)ついたけど
これ なんですか? この電気。

(チカコさん)
光を無駄にしないように

CDを… 反射板を作って
光をちょっとだけ倍増させて…。

確かに 明るいもん。

バッテリーに最大まで蓄電すると

チカ婦人の場合
3日分になるらしい。

でも これ 自然災害の時とか…。

いいかもね。
(河北)いいですよ。

(アンミカ)簡単ではない…。
無理無理 無理無理。

ためた電気は 携帯の充電

夜の最低限の明かりなどに
使っている。

そんな

(チカコさん)
本業は染色作家です。

(スタッフ)染色作家?
(チカコさん)はい。

羊毛から糸をより
植物で染め上げる。

それで作った洋服や帽子を販売し
生計を立てている。

では 一体

(アンミカ)これが気になる。

震災で…。
(アンミカ)あったね。

今年3月にも

関東で実施された
計画停電。

電力の供給が不安定になると
行われる

地震大国 日本が直面する
身近な問題の一つ。

(チカコさん)
で ソーラーパネルを1セット

電気工事士さんに
取り寄せてもらって

設置して頂いたんです。

毎月 請求書くるのが
嬉しくて しょうがないぐらい…。

ホントに。 面白かったです。

元々 1カ月4500円ほどだった
電気代が

800円まで下がったところで

意を決して 電力会社を解約した。

チカ婦人自体も やっぱり

楽しそうに生活してるから…。
そう! そうそう そうそうそう…。

なんか それって
結局 一番いい事かなって。

なるほど なるほど。

(中島)節約が イコール
楽しいって繋がってれば

問題はないかなと思いました。

苦に思ってないもんね。
(中島)思ってない。

楽しみながら節約生活を送る
チカ婦人の一日とは?

目からうろこの節約術を
のぞき見。

ソーラーパネルでいけるのか。

(アンミカ)曇りかな?
日をね 日を浴びさせて。

(リリー)そっか いい角度で…。
(児嶋)曇っちゃダメなんだ。

(チカコさん)お日さまが こう

角度が どんどん変わっていって

日当たりが変わってくるので

それに合わせて パネルも
ちょっとずつ動かしてます。

うわあ 大変。

朝 昼 夕方 3回

ベランダのスペースを
最大限に利用して

太陽を追いかけ回す。

すると…。

(アンミカ)あっ すごいルンルン。

あれ バッテリー持ってった?

(中島)なんか持ってますね。
(河北)なんか持ってた。

お出かけの時に…。

日当たりのいい所にね
自転車を置いておくと

それで発電します。

移動時間も効率よく発電。

日の当たる道路を
狙って走るのがポイント。

(中島)隙間時間も発電って事ね。

やっぱり

そうなんや。 それ わからんな。

(盛山)
ちょっと わからん感覚やな。

(河北)そうだ。
あるんだ。

(河北)洗濯機は…。
(アンミカ)全部ね 発電機やから…。

二槽式ですね。
(アンミカ)ねえ 懐かしいな!

(リリー)えっ?

(アンミカ)えっ まさか。 あっ そっか。
(児嶋)ウソ!

(中島)手で?
(児嶋)ウソでしょ?

(盛山)ただの容器なんや。

(アンミカ)あら!

まあ 洗剤とかも
使わんでいいんか。

(アンミカ)だから 色んなもん
電気使ってたんだってわかるね。

そうですね。

二槽式洗濯機の場合

隣の脱水槽を使うのだが…。

(アンミカ)まさか もう
絞っちゃうんか?

えっ?
(リリー)なんで?

えーっ!
(河北)ビショビショのまま?

(アンミカ)えっ?
(河北)そのまま?

(盛山)滴 こぼれてますよ。
(アンミカ)絞らへんの?

脱水せずか。
(河北)なんで?

(チカコさん)ポタポタ落ちる水で
ベランダのヒートアップを防ぐ…。

猛暑日なんかですね…。

なんだ? それ。
(盛山)どんな一石二鳥やねん。

そして 我々が 最も

あれ? ピカピカしてる。

(河北)あっ すごい。
エアロバイク?

あっ 発電か。
(アンミカ)これも発電なん?

(河北)これで発電できるの?
あの赤いの何?

すごーい!
(児嶋)エアロバイク発電!

(チカコさん)古いエアロバイクを
改造したもので

こぐと そこで 電気を発電して
それを蓄電するように…。

そんなん できるんだ。
(河北)すごい!

なんと

チカさんが1時間こいだ電気で
1時間 本が読める。

へえ~!

自分で汗水垂らしてるから
ホントに

電気 大事に使うと思うね。
ありがたみが…。

(児嶋)ありがたみが
絶対出ると思う。

9年に及ぶ自家発電生活で
節約した金額は…。

なんと40万円以上!

(河北)すごーい!
(中島)すげえ!

我々が密着した3日間で
最も晴れた この日…。

今日はね お料理をします。

(スタッフ)お料理?
はい。

(スタッフ)なんですか? それ。
(チカコさん)いや あのね…。

100均アイテムの調理道具と
お日さまだけで…。

(河北)うわ~!
(リリー)うわ~! 美味しそう!

えっ 美味しそう!

すごいわ!
これは すごい!

東京で 電気代0円生活。

100均アイテムで
超簡単な お日さま料理。

ボウルはね
100均の300円商品です。

(スタッフ)へえ~。

(チカコさん)グリルパンなんですけど
こういうのも

ソーラークッカーに
いいですね。 で…。

いやいや いやいやいや…。
(リリー)どういう事?

いやいや いやいや いやいや…。

(盛山)回さんでええ。 回さんで。

(アンミカ)あれ ジュエリー見せる
やり方やから。

100均商品と日光だけあれば…。

(チカコさん)こんな感じで

フタをして お日さまに当てます。
(スタッフ)へえ~。

マジで!?
(児嶋)傷まないのかな?

(中島)どんな感じになるの?

(スタッフ)おお~!
(チカコさん)焼けてますね~。

今日は お天気がよかったから
バッチリです。

もちろん
中まで ふっくら。

さらに…。

(チカコさん)
ホットケーキミックスに

レーズンとくるみが入って…
ケーキです。

レジャーシートをクリップで
留めただけなんですけれども…。

これ もう
ちょっと 4~5年使ってるんで

ちょっとね だいぶ
年季が入ってきましたけど…。

それに こうして置いて

お日さまに当てます。

(スタッフ)これで
ケーキ焼けるんですか?

(アンミカ)うわ~…。
(河北)ホントに?

そして 2時間半待てば…。

どうだ?

(アンミカ)えっ!
(河北)えーっ 焼けてる!

(盛山)ふっくら。

(中島)すごいわ!
(アンミカ)これは すごい!

(児嶋)うわ すごい!
(中島)感動だ…。

お日さま料理だ。
これは もう… すごい ホントに。

しかも 美味しそう。
(中島)ねっ。

(中島)これは やばいわ。

(チカコさん)これもね
ソーラークッカーなんですよ。

真空管で
二重になったガラス管ですね。

「何? これ」と侮るなかれ。

黒いコーティングが

真空二重ガラスにより
熱を逃がさず

中は200度以上に。

(アンミカ)すごい。

実は こちら 市販されており

太陽光だけで調理ができるため

アウトドアや災害時用にと
今 大注目!

(河北)面白い!
(中島)これはメモ案件だな。

(河北)知らないのばっかり。

ここに カットした野菜を
生のまま入れ…。

(チカコさん)これで
今日は コンソメ味にします。

(盛山)知らん調理器具やな。

1時間 日光に当てるだけで
完成。

美味しそう!
すごいね。

(中島)Sexy Zoneの
2年4カ月ぶりとなる

オリジナルアルバム
『ザ・ハイライト』をリリースしました。

個性あふれる 様々な
アーティストの方々にですね

楽曲提供を今回 頂きまして

Sexy Zoneの幅広い音楽性を
堪能できる1枚に

仕上がっております。
ぜひ お聴き頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。
はい お願いします!

お日さまで作る
スープの出来栄えは?

(河北)なるほど。 だから あそこに
ああいう装置があったんだ。

これで お湯が沸く…?

(チカコさん)はーい。 おお~。
(スタッフ)おお~!

何?
(中島)おおっ 湯気が…。

(スタッフ)スープになってますね。
うわ~ すごい!

(チカコさん)あっ よかった。

野菜ほっくほく
お日さまコンソメスープ。

(盛山)
スープの最初みたいなスープ。

その味には
お日さまの相乗効果が。

(リリー)野菜
やわらかくなるのか?

(チカコさん)しっかり焼けてます。
なんかね…。

(中島)自然の味だから…。

(チカコさん)スープも

ムチッ…。
(河北)全部 ムチムチ。

なんか こう 甘みが出るんですね。

で ちょっとね…。

(盛山)そんな便利ですか?

でした。

児嶋さん…。

(一同 笑い)

どれか 明日から…。
なかったですか?

(児嶋)やらない これは。
ああ そう…。

節約術のおさらいは TVerで。

過去の放送は
TELASAで ぜひ!