審査員長・松本人志 あらゆるジャンルの賞レースを開催!☆MCはオードリー若林[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

審査員長・松本人志 あらゆるジャンルの賞レースを開催!☆MCはオードリー若林[字]

松本人志を審査員長に据え今まで開かれたことのなかったあらゆるジャンルのコンテスト開催!【近未来テクノロジー】【魔法のスプレー】【もう一回やりたくなるもの】など

番組内容
【①人気コンテスト!近未来テクノロジー】
【②全然羨ましくないけどスゴいっちゃスゴい特技コンテスト】
【③魔法のスプレーコンテスト】
【④「もう一回やらせて!」と言いたくなるものコンテスト】
以上、あらゆるジャンルから4部門のコンテストを開催!各界の強者が集結!
審査員長・松本や審査員たちが体を張り自ら体験して選ぶグランプリは!?
出演者
【審査員長】
松本人志(ダウンタウン) 
【MC】
若林正恭(オードリー) 
【審査員】※50音順
IKKO
岸 優太(King & Prince)
劇団ひとり
小峠英二(バイきんぐ)
ファーストサマーウイカ
ゆうちゃみ
【ナレーター】
木村昴
みどころ
こんな松本人志を見たことがない!人生初のカースタントに挑戦したり、アニメキャラになりきったり、水の上に立ったり・・・、収録終わりヘトヘトな審査員長・松本人志をお楽しみください!
おしらせ
番組公式Twitter @shinsaincho_tbs 放送を記念して松本人志、若林正恭の“サイン入りまつもトロフィー”&“番組特製1万円分QUOカード”プレゼント!詳細はTwitterで!
スタッフ
【チーフプロデューサー】
坂本義幸
【プロデューサー】
田村恵里
【総合演出】
田村裕之
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/program/shinsa_matsumoto/

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ウイカ
  2. 小峠
  3. ホント
  4. お願い
  5. 審査員長
  6. 気持
  7. 大丈夫
  8. IKKO
  9. 松本
  10. 全然
  11. グランプリ
  12. お願いいた
  13. スプレー
  14. LINE
  15. ホンマ
  16. 特技
  17. キレイ
  18. ゼロ
  19. 一瞬
  20. 審査

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





さあ 始まりました
「審査員長・松本人志」

1年ぶりにゴールデンに
かえってきました!

やったー!

あの 俺 今日

(一同)えーっ!

何をするか 俺
いまだにホントに知らんし

今日 何をするか 全くご存じない
知らない 知らないですよ

もう嫌やって 俺この番組

今回も結構 松本さんには
参加していただきますよ

もういいよ もうホント

マイクを10mぐらいの高さに

嫌な気しかしないわ

ウギャーって言ってましたもんね

マジで マジで

もう

(浜田)空気階段!

<「キングオブコント」や「M-1」で>

<芸人たちの人生を変えてきた>

<松本人志の>

<何もそれは
笑いに限ったことではない>

<そんな>

<するのは>

ぎゃあーっ!

<松本自ら体を張って審査する>

あーっ!

<さらに>

<を開催>

<と>

<何でもカチカチに固める
コーティングスプレーが激突>

≪すごーい

怖い怖い わあーっ!

<そして>

(小峠)痛い!

<急所攻撃を無効化>

<防御力最強の忍者も登場する>

それでは早速 まいりましょう
最初のコンテストは こちら

イエーイ

<これまで 当番組では>

はい ご苦労さん
ああ…

うわーっ!

うわーっ!

<松本 自らが体を張って>

3mぐらい
いってんじゃない? もう

<数々の近未来テクノロジーを
体験してきた>

<今宵も>

<かもしれない>

<3つの発明品が登場>

<開発者>

<は
こう語る>

あたかも

(山下)生で観戦する以上の

最高の臨場感を味わえます

<開発者>

(鈴木)近い将来…

(鈴木)今までにない 大きな感動を
与えられる

<開発者>

皆さんは

<近未来テクノロジーコンテスト>

<果たして>

さあ ということで
ファイナリストが揃いましたが

審査員長 どうでしょうか
気になるのは ありましたか?

いや あの 3つとも

あっ ホントですか はいはいはい

想像も つかないのも
いっぱいありますね

それでは
シンクロアスリートの開発者

山下先生です
よろしくお願いいたします

(口々に)お願いします

シンクロアスリートといったのは
どういうテクノロジーなんでしょうか?

はい 普段 私たちが

ことが
普通だと思うんですけれども

このシステムは
選手が見ている映像

選手が感じてる動きを

VRゴーグルと
この動きを再現するモーションチェアで

自分が選手になったかのような
体験をしていただくと

そういうシステムになっています

それって その

そうですね
選手にセンサーをつけて

それをこれが
まさに そのまま再現してるという

そういうことになっています

そうですね おっしゃるとおりです
アバターだ

さあ今日は
どんな体験ができるんでしょうか

はい 今日は ぜひ

と思いまして

ボブスレーを用意してまいりました
一番怖いやつ

ボブスレーって ものすごい
スピードですもんね あれ

<にも達する>

<選手の目線や振動 スピード感を>

<そっくりそのまま
味わえるというが>

<体験するのは…>

うわっ 僕ですか?

よっ!

よっ 岸くん
大丈夫ですか? はい

岸くんボブスレー 体験してみよう
ボブスレー はい

いいですか? 人生初です
はいはい はいはい

<ということで>

シンクロアスリート ボブスレー体験

お願いします

おーっ うわうわうわうわっ!

あっ 結構揺れてますね あっ…

(ウイカ)こっから出てくんか
うわっ

こういう感じ?
(岸)すごい!

あっ 怖い怖い
これ映像だけでも怖いのに

落ちます もうちょいで落ちます

おち… ます~ わっ!

おっかねえ~
うわっ うわうわっ

今 走ってまーす

うわっ うわーっ

(IKKO)頑張って
こわっ うおーっ

すっ… うおー うおー

すごい うわーっ

はい ゴールでございます
あっ ありがとうございます

ありがとうございます

すごいっすね
ありがとうございます

何か 想像以上の臨場感

ちゃんと
風とか吹いてる感じとか

何か あの
平たんの道をいってる時に

ちょっとガタガタするんですけど
それもリアルに

氷上のガタガタ感とかも
ありましたね

心臓が浮く感じみたいのあるじゃ
ないですか ジェットコースターの

あの感じの
フワッて感じもあったり

今 まだ揺れてます僕 はい
あっ ホント

でもこれ

そうだよな

なあ
はい

いまいち やっぱりこう…
岸くんだけ楽しそうだった

盛り上がってたから うん
(岸)あ ホントですか?

<選手さながらの体験ができる
このシンクロアスリートは さらに>

はい 今の


見ていただいたんですけれども

これから

今 まさに行われている
例えば オリンピックですとか

F1のレースですとか
そういうものを

選手目線でリアルタイムに
感じていただけると

そういう仕組みが備わっています

さあ ということで今回
そんなリアルタイム中継を

体験できるものを
ご用意していただいております

<ということで
用意したのは>

<こちらのラジコン>

皆さんにミニチュアになっていただいて

ラジコンに
実際に乗り込んでいただいて

乗り込んだラジコンを
操作するということを

していただきたいなと思ってます
ということでこちらを ひとりさん

あっ やった
ありがとうございます

いいやんか
嬉しい

これはもう 楽しい方

絶叫系では ございませんから

さあIKKOさん ちょっと
ゴール地点にいてもらいたいので

隅っこの方に

私のところでですか
はい

<劇団ひとりが
全長37cmの車に乗り込み>

<いざ>

すっごい ちっちゃくなった感じ
自分が

揺れてますよ
ねえ 今も分かったもん

あっ 今
誰か歩いてったでしょう

ああっ!

ひとりさん やっぱ

ウソだよ

こっちは分からへんもん
(IKKO)全然 揺れてる感がないもん

あっ 俺が操作していいんすか?
そういうことか

えーっ 楽しそう

IKKOを目指して
うわーっ!

うるさいな
(ひとり)うおーっ

≪うるせえな
やかましい

うるさいって ホンマに
(ひとり)あっ 後ろに下がる

(小峠)早くやってください もう

(ひとり)あーっ あーっ

あーっ あーっ あーっ

バックバック バックバック
(ひとり)わあーっ すごい

すごーい!
(IKKO)違うとこ行ってる

おお まあまあ いいんじゃない
まあいいんじゃない

あっ 俺がいる

おおっ じゃあまた下がる 下がる
前 前 前 前 前

ああーっ ああーっ ああーっ

(IKKO)戻って~

ブツブツがな
ブツブツがあるからな

(ひとり)痛い 痛い 痛い 痛い…
(IKKO)そのまま~ そのまま

頑張れ
ああーっ あっ!

よーいしょー!

ホント?

(ひとり)揺れてましたよね?
揺れてましたよ

(ひとり)揺れてた 揺れてた
あのね

マジか
(ウイカ)坂

(ひとり)ホントに
ワアーっと のぼってく

臨場感あるし 俺 今日ここで
ずっと収録でいい?

おかしいでしょ
(ひとり)戻った方がいい?

やりにくいでしょ ひとりさんも

<と ここでいよいよ>

≪バンジー
ぎゃあーっ こわっ!

(爆発音)

<当番組の>

審査員長
はいはい

さあ ということで

このシンクロアスリートを使って
審査員長には

この先 こんな仕事 絶対受けて
くれないだろうっていうものを

用意しました こちらです

でございます

取れてるやん 取れてるやん

さあ今回 審査員長のためだけに

カースタントバージョンを
特別に作っていただきました

審査員長は

キャリアが キャリアが長いので

むしろ やらないために
この世界で頑張ってきた

あ そうですか
いや もう こっちなんか

んだから こっちは

<多分 この先
一生 見ることができない>

<審査員長のカースタント>

<では いってらっしゃ~い>

あれ 先生

手 手 手はですね この辺…

手は 大体で分かるでしょ
内側の この辺持っていただければ

この辺… この辺 これ?

(小峠)あんな
ちっちゃかったでしたっけ?

松本さんって
あんな ちっちゃいんだ

怖い 怖い怖い怖い 怖い怖い怖い

松本さんの

≪ピーン!
ピーンと伸びてる

(小栗)あ!
(宮沢)<ビールが美味しい夏こそ!>

あー! めちゃくちゃうまいビール飲みてー!

<冷やしジョッキに>
冷やしプレモル

<高級ビール! いっちゃいましょう!>

<「ザ・プレミアム・モルツ」>
あー

♬~

(松坂)
<大きな間口によって切り取られた外界>

<内に広がる空間は 曖昧な境界線によって

つながりながら広がっている>

<日本の伝統的な空間の捉え方だ>

<その中に人は身を置き
移ろいゆく豊かな時間に身を浸す>

<日本の美意識を宿す邸宅 「MARE」>

<家は 生きる場所へ>

それでは審査員長の
カースタント体験です

お願いします

うわっ うわうわうわっ
はい 車 乗り込んでます

右向いたら
ドライバーいますからね

あーっ うわっ

≪やばい

これ! おっ…

ここからですよ

うわあー うわあー

あーっ あーっ あーっ

(ウイカ)カッコイイ 運転手さん

≪運転手さん
(ひとり)前見て前 前 前

あーっ あーっ
やめて やめて

イヤ イヤーッ!

イヤ イヤ イヤーッ!
やめて やめて

≪声 裏返ってる

長いカースタントよ これ

「どこ行くの」
うわっ うわーっ

うわーっ!

助けて 怖いって

はい ありがとうございます

≪目が

ちょっと これ

松本さん

≪目が グッとなって
≪大きくなって

≪別人みたいになってる
もう何か すごかった 松本さん

こっち見たら

臨場感ありましたね

ドライバーさんが
しっかりしてるか 松本さん

そう 途中にあの…

(小峠)あれ言っちゃうもん
あの ホントにやってても

あー ビックリした
さあ 山下さん

この技術は今後 どういったことに
活用していく予定なんでしょうか

あの 少し先の未来に 例えば

いいなっていうふうに
思っています

色んなことに応用できますよね
そうですね

ホントにあの 時間とか場所を超えて
「どこでもドア」のような

そんなシステムが 実現できるのかな
っていうふうに思ってます

えーっ!
はい 持っていっていただければ

普通にご利用いただけます
≪わあ~ 欲しい

そこはいいでしょう
どうせ見えない…

さあ鈴木さん このPARSとは
一体どういうテクノロジーなんでしょう

近い将来ですね
自動車が もし

でも今だと
止まったり曲がったりすると

中で もう揺れちゃって
物 倒れちゃったりとか

体振られてしまったりって
いうことになってしまうので

それをですね なくす
そういった技術になります

ということで どんなものか
早速 見してもらっても

よろしいでしょうか
はい そうですね

(ウイカ)あ~ まあ それはそうだ
まあまあ こんな感じに

<遠心力が かかり
もちろんワインボトルは倒れるのだが…>

っていうのを
一回 試してみたいと思います

はい じゃ お願いします
どうなる?

(ウイカ)あっ もう動いてる

すごい すごい すごい…
えーっ!?

要するに ウエイトレスさんが お盆で
こう うまく運んでるみたいな

そんなイメージですね
すーごーい

これ あの 走るものに ちゃんと…

センサーが ついていて
それの動きをちゃんと検出して

ちゃんと それに合った動きを
させる 下を傾けてくれる と

<この技術が
車に搭載されることで>

<物の>

<が可能になる
とのこと>

今まで 上下は よく 車のクッション…
サスペンションっていいますけど

ああいうもので ある程度 技術は
色々ありますので それに加える…

新しい技術ということになります

これは まだ…

ええ ご覧のとおり これは…

まだ それだけのことを
トライしたことは 今まで ありません

ということで

え~っ!?
大丈夫?

<人が乗るのは 世界初>

<そんな大役に
抜てきされたのは…>

<ファーストサマーウイカ>

<まずは>

では さっきと同じように
お願いします

怖い 怖い…
あっ 落ちたら 怖いな

こうなると どうなる?
いやいやいや…

いや…
言ってやるな!

言うてやるな!

(ひとり)すぐ分かった ああいうの
すぐ判断しなきゃいけない

一番恥ずかしいとこや それ

優しくしてくれましたけど
やっぱ こう

自分の体重で…
そうですね

ちょっと

はい 揺るぎましたね

では PARSの方に 初めてですよ
乗ってみましょう

<この台車>

な… ハッハッハッハ…

これは…
はい 熱々のそばでございます

ホンマやなあ
これ…

えっ 「どっち」て… これ…

これ だって ねえ?
ウイカ!

(ひとり)ガッシャーン! で
おそば ダラ~ン

大丈夫 大丈夫
自然に… で お願いします

ウイカさん

こぼさない… で 食べれるはず
なんですもんね これは

食べれますよ
これは すごいことよね 確かに

それでは PARS体験

お願いします!
いただきまーす

≪すげえ!
ああ まあまあ…

うんうんうん…
何か カッコイイよ ウイカ!

ウイカ カッコイイよ
かなりシュールな…

あっ でも ちゃんと下が動いてる
フォローしてるもん

(ウイカ)全然 平気です
いかがでした? 乗ってる感じは

をずーっと行ってるような
感じです カーブがなかったような

あっ ない?
うん

移動車の中で
その時 やっぱ

メークが一番大変なんすよね
目元とか ブアーッてなっちゃうんで

多分 これ

へえ~
全然 何事もなく

これは時短にもなるしね
(ウイカ)すごい なります

こちら エモーションシンクシステム
どんなテクノロジーでしょうか?

僕は 漫画が大好きで
もっともっと

皆さんに

で どうやったら 感情移入
してもらえるかなと考えた時に

読者の方が 漫画のキャラと
同じ表情をした上で

かつ 漫画のキャラと
同じ心拍数にならないと

次のコマに進むことができない と
そういうシステムを作りました

それをもう作った と
そうですね

<ということで まずは>

で 今 青いものが あの…

漫画のキャラの
AIが判定した表情なんですね

で 赤い 時々出てくる線が

僕の表情です AIが判定している
例えば…

こう 笑ったりとか

こう 怒りとか

驚き みたいな感じで
AIで

そうですね で 心拍数も
これをつけていただいて

で こう 驚いた上で

「ら ライバル会社は…!
十三万六千個の特徴量を」

「用いたモデルを
使っているだと…!」

で ちょっと

(ウイカ)心拍数が足りない?
心拍数が足りてない

ちょっと上げます

(ウイカ)あっ 心拍数 上げてる
それ また 別件になって…

意味分からん 意味分からん

すいません 呼び捨てで
篠田 これは あの…

あっ 今 いった いった いった
ああ…

これ… あの だから これが100に
なると 次のページにいけるんですよ

なるほど
それまで いけないんですよ

大変
100にならなきゃダメなのか

そうですね はい

AIがやるんだ…

<そんな エモーションシンクシステム>

<今回>

どんなシーンなのか
一度 私が読んでみます

「パーの親友 やられてんのに
愛美愛主に日和ってる奴いる?」

「いねえよなぁ!!?」 でございます
(ウイカ)名シーン… 名シーンですね

このラストのセリフの「いねえよなぁ!!?」
をやっていただきたいと思います

さあ 感情をシンクロさせて
いただきたいと思います

お願いしていいですか?
やった!

やっぱり
映画監督でいらっしゃいますし

俺 自信あるな
ああ 颯爽と歩きましたもんね

<失敗したら 監督業に
支障をきたす恐れもありそうな>

俺 この漫画 読んだこと
ないから あれなんだけど

まあ あの… かなり複雑な
感情なんですけど このシーンは

ただ AIは…
まあ でも…

喜びだったり そんな…
決起集会みたいな所で言ってます

で 彼は どういった生い立ち?
もうええわ!

変わってくんのかな?

いや やっぱ 役がね…
そりゃ 欲を言えば そうやけど

ちょっと やってみてよ
(ひとり)分かりました

それでは エモーションシンクシステム
「東京卍リベンジャーズ」編 お願いします

(ウイカ)役 入ってます

「いねえよなぁ!!?」

(ウイカ)ゼロ!
ゼロです!

(ウイカ)ゼロです ゼロ ゼロ!

(小峠)全然いってないですね

ゼロです!
ウソでしょ!?

いや そうじゃなくて…

ちょっと じゃ…
そうですね 心拍数も上げて…

はっ はっ はっ…

あーっ…

それでは テイク2 お願いします!

「いねえよなぁ!!?」

(ウイカ)ゼロゼロ ゼロ

これは

いけないですよ こっから

あーっ… ちょっといった
あーっ ちょっといった

あーっ… いけいけいけ
キタ キタ キタ…

100 100
キタ!

おっ!
よーし!

(ウイカ)やった すごい
よーし よしよしよし

こんな…

みたいなので
いいの?

「上げてあげて」
「上げてあげて」 よ

でも ひとりさん すごい…

ちょっと バチッとハマったの
ありましたね

これ 大変だよ

絶対 読み切れないっす

<続いて
俳優としても活躍する>

それでは 岸くんのエモーションシンクシステム
「東京卍リベンジャーズ」

お願いします!

「いねえよなぁ!!?」

≪お~っ!

うわ~っ!

(小峠)一発!

(ひとり)すごーい…

(ウイカ)あっ
これだ これだ

何で そんな一発で できんの?

AIですよね? AIが…
そうです そうです

(ひとり)すごーい 一発じゃん
一発でしたね

<続いては 「北斗の拳」の
あの名ゼリフ>

<「わが生涯に
一片の悔いなし!!」 に>

<小峠が挑戦>

それでは
小峠さんのエモーションシンクシステム

「北斗の拳」 お願いします

「わが生涯に
一片の悔いなし!!」

すいません…
何の…

「わが生涯に
一片の悔いなし!!」

「わが生涯に」
あっあっ きてる きてる…

「一片の悔いなし!!」
あっ きてる

「わが生涯に」

あーっ! すごい
やったー!

(ウイカ)だいぶ悔いある…

が言うやつですよね

数字も そうでした
さあ それでは

最後ですね それでは え~っ…

審査員長 挑戦してみましょう
えっ!?

(ウイカ)どれ?
どれ? どんなやつ 漫画

審査員長用に

松本さんにピッタリの漫画を
ご用意させていただきました

知ってるかなあ…
こちらです

いやいやいや…
「月にかわって おしおきよ!」

月野うさぎのセリフを
やっていただきたい

いやいや うん… うん?

正義ですもんね?
正義です

ラオウじゃなくて?

違うんですよね?
月野うさぎの方が っぽいんです

ラオウが やりたかったんだ
松本さん

「月にかわって」

<松本人志が
自ら 体をはって審査>

<セーラームーンと感情を
一致させることはできるのか?>

気持ちの方は よろしいでしょうか
はい

いきましょう それでは
「セーラームーン」

お願いします!

「月にかわって おしおきよ!」

ウワ~ッ! ウワ~ッ!

全然 動かない
ウワ~ッ

(ウイカ)あっ きてる きてる きてる

(ひとり)ねばって!
ウエ~イ!

もうちょっと… もうちょっと
ウエ~イ!

(ウイカ)いける いける いける
ウエ~イ!

(ひとり)もっと もっと!
ウエ~イ

「おしおきよ!」

ウソでしょ? ウソでしょ?

「おしおきよ!」

しばらくゼロ…
(小峠)しばらくゼロが続きましたね

そうっすね…
分からんよね

IKKOさん いかがでした?
松本さんの挑戦

すごいですね

いやいやいや…
すごい だけど かわいかった

って
言わないですよ

<ということで 3つのテクノロジーの>

を味わえます

今までにない大きな感動を
与えられる

です

です

<果たして…>

それでは 審査にまいります
審査員の皆さん

最も素晴らしいと思ったテクノロジーの
ボタンを押してください

ちなみに
審査員長のみ 2票となります

それでは お願いします!

はい…

よろしいでしょうか?

それでは 投票を
締め切らせていただきます

最終審査 結果発表です!

ジャッジメント

果たして グランプリに輝くのは?

シンクロ PARS シンクロ PARS

シンクロ エモーション

そして 審査員長…

松本人志の投票は?

エモーションということで

初の 同点決勝
ということになるので…

この場合 どうなんの?
私の1票で

決めさせていただきます

ホンマや… ホンマや
結局… フハハハ…

いや 同点になった場合って
あんま ないパターンだと思うので

しょうがないからね いや これ
でも ちょっと どうすんのよ?

責任重大よ でも
私が選んだのは…

こちら! シンクロアスリートです

ということで

さあ 審査員長・松本人志さんより

まつもトロフィーの授与でございます

はい
おめでとうございます

ありがとうございまーす
ありがとうございます

山下さん すごい技術でした
嬉しいですか?

ありがとうございます 学生と
一緒に ここまで作ってきたので

これから 企業の方と一緒に
実用化をしていきたいと思います

え~っ ひとりさんは?
やっぱり…

これが単純に
僕は一番欲しかったんですよね

各家庭に いずれ 将来 1台ずつ

それこそ

で見れる
とかは

すごい 夢が膨らむなと思いました
うん

色々 広がりますよね

さあ それじゃ
審査員長は エモーションシンクシステム

いや これ まあ 何か
色々使えそうですし

こういうのが 何か…

<続いては…>

≪ウソでしょ!? それ…

≪あーっ…

いい戦いだった~

<前回も
大いにスタジオを盛り上げた>

<が 今宵も開催>

聞かれたら

特技 聞かれたら

え~っ!?
(岸)自由自在に

痛いでしょ だって

こんな感じっすね
≪えーっ!?

いや けど
もう…

つってんのね?
(岸)はい

両方 できる 全然できます
両方 同時に…

同時に できます
えっ!? いいの? ごめんね

(岸)
ホントです!

いや… ホントに

(小峠)言ったもん勝ちよ そんなん
マジかよ…

<その特技を持つのは…>

<実際に見せてもらうと…>

エイッ エイッ

エイッ エイッ エイッ エイッ

エイッ エイッ!

ることによって…

<その特技を持つのは…>

<を武器に…>

<ジークンドー>

<そんな>

これで で 僕がカメラの方を
向けばいいんすかね はい

この攻撃が行われる瞬間に

<洗車専門店に勤務する…>

<が持つのが…>

いただきます

<その特技を持つのは…>

(高井)一見 簡単そう
なんですけども やってみると

このすごさが
分かると思うんです

っていく感じ

<無駄特技コンテスト>

<果たして…>

はい ということで ファイナリストが
揃いましたが

気になる特技 あったでしょうか?
ゆうちゃみは どう?

やっぱ コツカケは めっちゃ気になる
痛そうじゃないですか 見るからに

やのに 何で そんな隠せんのかな
っていうのは めっちゃ気になる

女の子でも分かる? あの痛さ
すごいねんで

いや めっちゃ聞きます 痛いって
いや すごいからね

ちょっと当たっただけで痛いって
聞くんで ちょっと気になりますね

今 ご自分で やってたでしょ?
だから そこですよね

そうなんですよ
そこも これから ちょっと

皆さんに
見ていただきたいと思います

忍者の習志野さんです
よろしくお願いします

どうぞ よろしくお願いします
≪お願いします

例えば街で もし 金的 蹴って
こられても大丈夫ってこと?

あっ それは はい 大丈夫です
≪え~っ!?

じゃ 早速ですが
もう いきましょうか

その特技
見せてもらっていいですか?


位置づけで

全身のですね 急所を
くまなく自分で打って

それ 耐えてですね
精神 心身を鍛えていく と

そういったような技の
ものであります

じゃあ ちょっとね
ご覧にいれたいと思います はい

まずは けい動脈ですね
はいっ!

次は 脇の急所ですね

(ウイカ)すごい音…
結構な力ですよ

(ゆうちゃみ)結構…
わっ 痛い…

手首の急所です ふっ!

痛い… あっ 痛いとこ 痛いとこ
あそこ 痛いとこ

それから 指先ですね

(ウイカ)折れる折れる折れる
折れる

(IKKO)指先ちょっと危ないよね

えい! えい!
(ゆうちゃみ)マジで折れる折れる

喉仏をいきます
(IKKO)やめてやめて!

(ウイカ)痛い痛い痛い…

うん! うん! うん! うん!

うーん!

懐かしい
(小峠)エブリバディ パッション

うん!

(ウイカ)最後
最後は

それですよ

いやいやいや…

あっ イッテーな
ふん!

やってくれましたね
習志野さん

≪うわ~

何もしてないですよね?

何にもしてないですよね?
はい してないです

はい
ちょっと…

何で俺が触るんすか?

チェックお願いしますよ

ああ…

内臓の中に
タマタマが入っていくって

おっしゃってたんだけど
ホントに入るんですか?

そうですね

≪それいいな
(IKKO)ホントに?

そうですね

私 こうやってみたい 1回
ホントになってるか

違う…

<急所攻撃を無効化するコツカケ>

<その防御力を
IKKOのパンチで検証>

ホントにいい?
はい いいですよ

ちょっと… ごめんなさい
ここですか? ここ?

ちょっと ちょっと…

私 ヘンタイみたいじゃない

ちょっと…
(ウイカ)忍者ですよ 忍者だから

せ~の

あっ…

(IKKO)
ホントに ホントに 何か…

何の「いやぁ~」やねん
(IKKO)ちょっと待って

(一同)えっ!

(IKKO)何にもないような気がした
今 一瞬

ホンマですか?
サオはあります

あるって
だけど私感じなかったもん サオを

そもそも

松本さん

自然消滅? どういうこと?

何だ それ

そうです

そうですね

タマが
動かせるってことなんですか?

そういうことです
そういうことです

こうなってるんですか?
こうなってるんですか?

腹の下あたりでグッと こう

こうはできないんですか?

必要がないでしょ

クロスしてしまう理由が
ないでしょうよ

<さらに レベルアップ>

<劇団ひとりが急所を蹴り上げる>

1回ちょっと あの…

痛い 痛い痛い

えっ いやいや… 無理よ
ホントに?

やめた方がいいんじゃない
だから ここですよね

そうです
ここを これぐらいですよ

強くなってる
話が違う…

だんだん強なってるけど

もちろん もちろん
じゃあ すいません

ホントにやらせてもらいますよ
はい

(IKKO)いやいやいや…

そんな何発も…
うわっ!

すげえ!

え~ ないんだ
だから 蹴れる こっちも

何か当たってたら
申し訳ないと思っちゃうでしょ

だから だんだん強く…

この状態のここを
蹴ってるぐらい

でも サオはあるわけですもんね

はい 今ある状態ですね

これが これがサオです
(小峠)サオはあるんだ

(ウイカ)消えた?

委員長って お前

最初あります
今 はい

それをこう
グッと中に

そうすると今
ここらへんまで上がってます

今 ないと
あっ ホンマや ない

うわっ うわっ
(小峠)不思議

そんなこと言ってあげないで
そんなに?

俺のタマ 消えたと思うんですよ
触ってもらっていいですか

気持ち悪いな

しょうがねえな 座れ

これは習志野さんが忍者だから
できる特技なので

<このあと>

(ウイカ)うわー!

石井さん
よろしくお願いいたします

よろしくお願いします

そうですね 訓練することによって

例えば
ホントにある

ブルース・リーだ

そういう…
そうですね

じゃあ早速やってみましょう
ちょっと岸くん スポーツ万能

<果たして 岸の殺気を感じ取り>

<パンチをかわすことは
できるのか>

そうそう
ちょっと目に入ってしまうので

そうなんですよ
ちょっと気になってました

ちょっと
何回か打っていただいて

当てちゃおう 岸くん

もっと速くていいですよ
もっといいですか?

もっともっと 全然
じゃあそれで

(ウイカ)えっ?
当てちゃおう 岸くん

≪うおっ!
(ウイカ)わあ!

ノーモーションや

≪すごい!

これはすごい
お見事

(岸)何だかんだ
当てれると思ったんですけど

ホントに全然
かすりもしなかったですね

すごすぎますね

うわ~ 面白そう

そうなのよね
対決…

何か考えたくなるよね

よけれる自信あります?
石井さん

はい

忍者の方って
今いらっしゃいます?

うわー!

これはちょっと見たいっすね
熱い 熱い戦い

(小峠)見ものだね これ
習志野さん 忍者は

パンチとかはあるんですか?

そうですね はい
うわっ 楽しい

面白そう
やばい

忍者としては

<殺気を感じてかわす武術家 VS>

<殺気を消す
忍者>

<図らずも
矛盾対決が>

<ここに実現>

すげえ
(ウイカ)すごい!

ミット打ちますね
うおー すげえ

(ゆうちゃみ)パンチ重い
(ウイカ)わっ すごっ

(ゆうちゃみ)すげえ

カッコイイ

(一同)すごい!

お見事
(ウイカ)ちょっと 感動した

今度

(ゆうちゃみ)
いやいや やばい やばい

大出さんです
よろしくお願いいたします

鼻からラーメン食べる大出です

よろしくお願いします
お願いします

やり始めてから

で みんなやったんですけど

なるほど 1人だけ
いきなりできたってことですね

この特技が大出さん
SNSで話題になって

日本のテレビはもちろん
タイや韓国 フィリピン

海外からもテレビ出演の
オファーがきたと

そうですね

リスペクト…

ホントです
ホントですよ

それでは 早速 その特技
見せていただきましょう

ねえ 鼻にね

食べるんやもんね

そうですね ほっしゃん。さん
やってましたね

(小峠)
そのまま胃に行くんだもんな

いいですか いただきます
お願いします

(ひとり)まあまあ…

うわー!
えぐい

むせるんだ
(小峠)ちょっときてましたよ 今

むせないんだと思ってた

むせるんだね

うわー うわー!

(小峠)すごい
食事だ

(ゆうちゃみ)えっ 痛そう

続いて
カップ焼きそばの方

スープがないんでね
潤滑がないですよ 焼きそばは

潤滑がないんですよ
(ゆうちゃみ)痛そう

いただきます

猫舌やん

≪うおっ!
(IKKO)いや~ いや~!

止まってる止まってる
止まってるよ

あっ 止まってる
止まってる…

(ゆうちゃみ)痛いってば
滑りがね 滑りがあんまり…

でも 焼きそば好きなんですもんね
好きなんです

≪うわっ

(ウイカ)涙出て… やだ

口に戻ってくる時に
せきは出るんです

うどんはいけますか?
太くなりますけど

(ウイカ)鼻ごし?
喉ごしならぬ

鼻ごしが

そっか 太いよな
(ウイカ)1本ずつですよね やっぱり

いただきます

でも一番…
そうっすね

引っかかりがないですね こっちは
ツルツルしてるからですかね

おいしいですか?

(小峠)あっ いけるんだ
それすごいね 米

≪おぼれるんだ

おぼれるが
あんまりよく分からないんですよ

別件でしょ 松本さん

高井さんでございます

大阪・肥後橋の雀荘

「ブッキング青葉」の
店長さんということでございます

こちら見てはるんで
その時に

そうですね
ということで実際に

見せていただきましょう
よろしくお願いいたします

キレイにするってことですね

それをエンタメとして

洗う…

手でやった方が はやいというか
手でやった方が はやいです

それでは マージャン牌早磨き

お願いします

(ウイカ)ライト…
(ゆうちゃみ)緊張する

はい それではいきます

わ~ こうやってやんだ

うわ~
うわ~ あれ難しいんだよな

おお… あー!

うおー!

(ゆうちゃみ)
すごい すごい すごい…

すごい すごい…

うわ~ 気持ちいい

お~ キレイ

一面一面をね

(ウイカ)回転させていくんや

気持ちいい 見てて

うわ~

すごいですよ
キレイやった

はやい はやい
≪カッコイイ

見てたら気持ちいい

何かクセになる

雀荘のお客さんはみんな喜んで
「おー!」って

言うんじゃないですか
「すごい すごい もう一回」とか

そうですよね

<ということで
4つの無駄特技の>

<果たして>

それでは審査にまいります
うらやましくはないけど

スゴいっちゃあスゴいと思った
特技のボタンを押してください

お願いいたします

さあ どれが
グランプリとなるのでしょうか

それではまいりましょう
緊張の一瞬です

最終審査結果 発表です

ジャッジメント

果たして グランプリに輝くのは

さあ そして審査員長
松本人志の投票は

ということで…
まただ!

コツカケ 鼻からラーメン
まさかの同点

またしても
ということは…

ということは

お前が審査員長やないか

2個連続でなる?

新審査員長 若林正恭が

決めさせていただきます

うわ~ どっちもすごかったもんな

ということで う~ん…
しょうがないね

私が グランプリだと思ったのは
決めるしか…

コツカケでございます

ということで
審査員長の松本さんより

まつもトロフィーの
授与でございます

俺が決めたわけではないんやけど

おめでとうございます
ありがとうございます

審査員長は迷いましたか?

結局 ちょっと…

そういう意味では
うらやましくはないけど

っていうことで考えると

3番の…
なるほど なるほど

厳正なる審査ですね

信じらんない

どうにかして隠せないかと思って

<続いては>

<我々の生活に欠かせない>

<日用品>

<その
用途は>

<まで
様々>

<今回は そんな中から>

<スプレーの概念を
ひっくり返す>

<がノミネート>

<LINE-Xの販売業者>

<園部さんは こう語る>

(園部)実際にアメリカ ペンタゴンの
壁などに使用されております

いわば

<車の撥水加工の
プロフェッショナル>

<岩田さんは>

(岩田)これがあれば

<開発者 光陽オリエントジャパン
清藤さんは>

いわば

皆さんに

<魔法のスプレーコンテスト>

<果たして>

さあ ファイナリストが揃いましたが

それでは まずはLINE-Xの
園部さんです

よろしくお願いいたします
お願いいたします

これはどういった
スプレーなんでしょうか

カッチコチ

これはどんなものでも
ということなんですよね

そうですね はい では早速

させていただきます

こちらがLINE-X

(ゆうちゃみ)すごい

これぐらいで大丈夫でしょうか?
はい これぐらいで

そうですね はい

それでは
劇団ひとりさん この卵

ホントに?
お願いします はい

(ひとり)確かに タマがらみが多い

怖いな

見た目は何かツヤがあるね

こっちは ちょっとツヤツヤしてる

こっちは ちょっと
ザラザラしてるような

本気でいいですね?
はい

本気でやるよ じゃあ

大丈夫なのね
靴履いたままね

ああ… いや これ
割れたら飛んでくる

大丈夫? ホントに大丈夫?
(ウイカ)割れたら飛んでくるよ

いきますよ
せーの

(ウイカ)えーっ!?

(ウイカ)えーっ!?

えーっ!?

(小峠)すげえ

(拍手)

すごい!
ぶっ飛んできましたね

あ ここに
ちょっと靴の跡がありますね

(ウイカ)割れてない

ホントですね

スプレーかけただけですから

是非 はい
投げて

みんな 一応
ちょっと危ないですよね

じゃあ 見ててね みんな

気張っててよ 思いっきりやるから

(スタッフ)真下にお願いします

ここにいきますよ

おお~

全然っすね
(ウイカ)野球部 野球部

(岸)全然 何も

色んな奇跡が起きる

信じられないですね
すごい

ないです
触った感じは固いですね

(ウイカ)何で跳ねるの じゃあ
厚みは感じないですね

ホントだ

ウソでしょ

卵です ちゃんとやりました 昨日

ほら

それじゃ割れないです
(小峠)全然ダメだ

じゃあ

うわ~

(ウイカ)さっき踏んづけた跡も
残ってますもんね

見てみましょう それでは

(ウイカ)え 怖っ
入っていけへんもんね

(ウイカ)カチカチや すごっ

あーっ!

卵や
中はそのままなんだ

(小峠)ああ 黄身が出てる
うわ すげえ

(ウイカ)わーっ!

(ゆうちゃみ)生卵や
はい ということで

見ましょうか はい

生卵でございますね はい

このLINE-Xを使えば
こんなこともできるんです

お願いします

(ゆうちゃみ)え ホンマに?
どういうこと どういうこと

でございます

これを

それでは ゆうちゃみに
お願いしたいと思います

はーい

え 4m?
4m 結構高いですよ

<前日に LINE-Xで
コーティングしたこちらのスイカ>

<4mの高さから落としても>

<本当に割れないのか?>

怖いんだよね
めっちゃ

大丈夫?
マジで重いです

それでは スタンバイ…
ちょっと待って マジ怖い

よろしいでしょうか?
はい 大丈夫です

いいですね それではいきます

どうぞ

(ウイカ)わーっ!

わーっ!

わーっ!

すごい!

(ゆうちゃみ)イェーイ!

すごかったね

<もちろん 中身は…>

(ウイカ)わーっ!
はい ありがとうございます

(ゆうちゃみ)すごーい

<ちなみに この強度の秘密は>

<ポリイソシアネートと>

<ポリアミンという物質>

<この>

さあ このLINE-Xのすごさ
こんなもんじゃありません

こちらのVTR ご覧ください

<LINE-Xなら>

<それは…>

<何と 水!>

どういうこと?
え ウソでしょ?

どういうこと?

<することで>

<水すらもカッチカチに>

<果たして>

さあ ということで 水が
カッチカチになるということで

こちら 用意しました
わ~っ

(ウイカ)ホントだ
ブクブク動いてる 中は

下 水ですね 見えますね

え~

ここでお願いしたいなと…
え~ ちょっと ホンマに

<ここで>

<へ>

やっぱり 審査員長なので
審査のためにと

うわ~

でも

ああ 怖い…

大丈夫 大丈夫ですから 審査員長

そうよね
大丈夫です 信じてください

よし!
(ひとり)うわ 怖っ

怖い 怖い 怖い

立ち上がって… はい

(ウイカ)わ~っ!

松本さん
(ウイカ)人志が立った

松本さん 手が
不思議な手になってますけど

やっぱりね しなってんのは
しなってんのよ

水面感は何かありますか?

ないですか
うん でも

何だろうか

ちょっと そう
たわんだりもするけども大丈夫

跳んでも大丈夫 大丈夫
いや やめて

やめて やめて もう
OK OK OKです

やんの?

ホント信じてください

うわ~っ!

もう やめて!
怖っ

怖いて

入んないですよ
何でタマ入るんですか それで

これで たたいても
全然…

全然…
(IKKO)やめて やめて

全然 大丈夫なんですよ
怖い 怖い 怖い 怖い

マジで怖いよ 怖っ

♬~ (川口・成田)「NONIO」

(川口)《選ぶものや 使う言葉で》

(成田)《世界はちょっと 気持ちよくなる》

《ひらけ 自分》

<長時間殺菌して ずっと口臭ケア>

<エコパック新登場!>
「NONIO」

さあ 続いてはウルトラエバードライ

ピットワンの岩田さんです
よろしくお願いいたします

よろしくお願いしまーす

さあ こちら
どういったスプレーでしょうか?

こちらを ふきかけると

それでは早速 見せて
いただきましょう お願いします

まず最初に 粘着層というものを
一層目に塗ります

で 次の撥水層を塗ります

はい

<今回 より撥水力を高めるため>

<させた紙を用意>

ウイカさんに ご協力
していただきたいと思います

それでは 普通の紙に
まず水をたらすとどうなるか

やってみましょう
上の方から

はいはい このような感じで
まあまあ しなしなに

染み込んでいくってことですね

続いて ウルトラエバードライ

うわーっ!

(小峠)わあ すげえ
わ~っ

これはこれで気持ちいいね

全然 染み込みません
うわーっ!

(小峠)うわ すげえ
え~っ

<さらに 中心以外の四方に>

<スプレーした木に水を注ぐと…>

ザーッと
(ウイカ)ザーッと

(ゆうちゃみ)うわ 弾いてる

(小峠)うわわわ…

あ そうですね

≪うわ すごい

ということなので

皆さん やってみてください

ソースをたらしてください
たっぷり

あ 松本さん そのぐらいです はい

紙を ちょっと
くるっと丸めていただいて

(ウイカ)わーっ!

(ゆうちゃみ)えーっ 何これ

(ウイカ)こぼれる こぼれる
こぼれちゃう こぼれちゃう

(ゆうちゃみ)何これ やばっ

(ひとり)すげえ
何か あの ちょっとあれですけど

(ウイカ)ああ 確かに 確かに

上から ソース触ったら
つくんすよ

でも 一瞬 つかなさそうなね

(ウイカ)撃たれてもね
パンってなるやつ

このウルトラエバードライは
どういう原理なんでしょうか?

皆さん

その原理を使って
この撥水基を作って

その上に液体をたらすと

液体がのるっていう形ですね

皆さんね

実は

えっ

スプレーされてる感 ある方

(ゆうちゃみ)ない ない ない

IKKOさんもそうですね

(ウイカ)ホンマや
確かにそうかな

えっ
あ 気づかなかったですか

えっ

<実は>

<こっそり>

<この日の衣装に
ウルトラエバードライでコーティングしていた>

<だが>

分かんなかった
ちょっと ゴワゴワするから

お気づきかなとは思った…

いや 普通のスーツの感じで
着てましたけどね

あ そうですか
うん

大丈夫です

そうですよね
絶対 濡れないんで

あのソースのように
でも そっか そういうことか

<ということで
水をかけるのは岸優太>

それでは 岸くん
お水の方 お願いします

(小峠)いいよ いいよ
さしていただきます 失礼します

うわっ

うわっ

あ でも…

でも 弾いてる あ 弾いてるわ
(岸)うわ すごっ

(ウイカ)ブラウスも? シャツも?
弾いてますね

(ゆうちゃみ)確かに 確かに

なるほど なるほど

あ でも 表面はホントに

こっから入ったのかね

この ちょっとある
染みは

てことっすよね

(小峠)思いっきりやられて
説明してください

あと あの

思いっきり どうせなら
いきたいと思っていきました

さあ 続いては
真・黒色無双でございます

清藤さん
よろしくお願いいたします

はい よろしくお願いします

こちら 黒色無双 どういった
スプレーでしょうか?

でして

と考えてます

まずは 皆さん
こちらをご覧ください

(ゆうちゃみ)りんご?
はい 実は あのりんごなんですが

すでに 黒色無双で
塗装してあります

え~ お願いします

はい
うわ~ こういうこと?

はい そうです スプレーを
してあるのが こちら側

(ウイカ)わ~ キレイ

全然 違いますよね

なるほど
境目が

くっきりでございます
半分で切れてる感じだもんね

そして こんなものもスプレーして
いただきました お願いします

あら
すっげ

(ウイカ)確かに

一般的な黒い塗料が左手側

あれでもね 十分 黒って
我々は言いますけど

まつもトロフィーを
用意したんですけども

驚きですね
どういう原理なんでしょうか?

塗装の

深い穴を
形成していくんですよ

その穴の中に
光が閉じ込められて

出てこないということで

光吸収率99.4%の
塗料となっております

さあ ということで 黒色無双の
すごさを より知ってもらうために

こんなものを用意しました
お願いします

はい さあ それではまいります

でございます

あちらに見えているのは
一体何でしょうか?

どういうこと?
えっ

はい? えっ?

(ウイカ)赤いペロンってなってるやつ?
そうです

赤いペロンは分かるよ

黒色無双をスプレーした
ものがあります

そして 赤いものは
スプレーしてないのでヒントです

(ウイカ)サイズ感も分からん
ピンときた人もいるかな

全く分かんない
距離感も分かんないな

あるのも分からないですよね
ホントに もう

お札みたいに貼ってる
ようにしか見えないです

そうですよね

皆さん 見たことあると思います

(ウイカ)絶対 みんな見たことある?
は あると思います

あの… はい

そうなの
そうなの?

絶対 見たことあると思います

ええと 物ですよ
物?

物です 物ですよ

ああ ではないですね

特に 芸人さんは

見たことあるんじゃ
ないかな 実際に

この中だと

俺が一番見たことある?
(ウイカ)赤はヒントですか?

赤 ヒントです

(小峠)どういう状態ですか

ないですよ

<一体 何だ?>

正解発表です
それでは お願いします

い~っ!

イェ~!

分かるわけないやろ

(ゆうちゃみ)分かんないよ

赤いとこ ヒントですよね
池崎さんね

そこが特徴的なんで
(ウイカ)持つとこ赤かったんすね

分かんないすか?
分かるか アホ

小峠さんも見たことあるでしょ
あるけど

<ということで>

<3つのスプレーの
見極めが終了>

<果たして?>

それでは審査にまいります

審査員の皆さん 最もすごいと
思ったもののボタンを押してください

それでは お願いします

皆さん かなり
悩んでいましたが

それでは まいりましょう
緊張の一瞬です

最終審査結果 発表です

ジャッジメント

さあ グランプリに輝くのは?

さあ そして
審査員長・松本人志の投票は?

ということで…
またや

まさかの同点でございます

この場合 どうするんですか?

この場合 僭越ながら 私の…

う~わ~ 迷うなあ

結局 若林が
一番悩むわけやもんな

迷いますねえ

でも 自分に正直に
正直にいきます

え~ 私がグランプリだと思ったのは

ウルトラエバードライです

え じゃあ

えっ
(ゆうちゃみ)全部同点になる

≪いやいや ダメなのよ

≪なるほど?

3票同士で並んでしまったという
ことでございますね

俺も一回

一瞬ね 一瞬ね ワーッて

(ひとり)
何で どっちかに入れないんだよ

はい!
池崎が

(小峠)ああ
サンシャイン池崎 改め

ってことで
いいんですよね?

審査員長・池崎やんな
うまっ うまっ

(池崎)やばいぞ これ
まさか最後を池崎さんに

決めていただくとは…
うわ~ どうし…

≪審査員長
審査員長・サンシャイン池崎

何でやねん これ

真面目に
(小峠)真面目によ これはもう何か

≪札の色にピッタリですね
すごいな これ

決まりましたか? 池崎さん
決まりました!

それでは グランプリを
発表してください!

グランプリは…

この野郎 お前
いらねえつってんだ だから お前

いや こけてあげてくださいよ

(小峠)今 ないよ

勇気を
審査員長が

聞いたことない 審査で

<本当に>

(二宮)
服のニオイ気にして色んなもの使ってない??

はい古い~!

今やニオイ専用これ1本で全部いけちゃいます

<史上初 全部無臭化洗浄>

「紫のNANOXニオイ専用」
<キャンペーン中!>

グランプリの発表を
お願いします!

グランプリは…

LINE-Xです

LINE-Xです おめでとうございます

ということで
LINE-Xの園部さんには

まつもトロフィーの
授与でございます

ありがとうございます
いただきます

審査員長が選んだのは
黒色無双でございました

いや もう これ
ホントに僅差やったんですけど

迷ってましたよね
最後の何か すごいなと思って

あれで

確かに
確かに 禁止になっちゃいそうです

それこそ あれ

本当っすね 何か色んなことに

応用できますよね

<続いては>

<人気YouTuber>

<のってんさんは語る>

<レーザー加工の専門会社>

<西原さんは語る>

<元プロ野球選手>

<盗塁王を3回獲得し
スーパーカートリオとして>

<人気を博した選手だったが>

(実況)300盗塁 達成です

<現在は>

<育てた苗を各所に配り>

<ラベンダーの普及活動に
いそしんでいる>

<令和のギャル>

<あ―たそは語る>

<もう一回やらせて! と
言いたくなるものコンテスト>

<グランプリに輝くのは
果たして?>

さあ ということで
こちら4つありまして

まずは メラミンスポンジスライム
お願いします

一個ずつ?
えっ 来るの? やった やった

めっちゃ嬉しい
ウイカ 喜んでますね

何か 話には聞いたこと
あったんですよ 名前

(ゆうちゃみ)うわ すごい!
(ウイカ)そう へえ~

作るの とっても簡単で

ああ なるほど
はい まず

そして それに洗濯のりと

お水とホウ砂を使って作った
たぷたぷスライムを

漬け込んで完成となります
はい スライムに漬け込んで

スポンジを2日間 で 完成と
そうなんです

これを
包丁で切ったら

で もう何度も何度も

切っちゃいたく
なっちゃうと思います

じゃあ まずは

スパーンと切ってみてください

それでは 審査員長から
お願いいたします

大きめに
真ん中から いっちゃったりとか

是非 真ん中から
ああ はい

ああ~

えっ?
何やろう? ああ なるほどね

やったことない
ですけど

もうちょっと
いい感じで

ああ~
いや 分からん

薄くいってもいい?

いいですよ いっても
薄くいっても

んちゃうの? これ

発見しましたか 審査員長

ほら こっちの方が
気持ちいいかも

薄い方が 審査員長 お好み

なるほど
あっ

もう すでに もう一回やらせてが

続いて ウイカさん
切ってみてください

うわ~ ずっと
やりたかったんです

あっ

ああ~

あっ この感触が
そうよね

普段 料理しますけど

漬け込んでね スライムにして
そうなんですよ

凍ってるわけじゃないねんもんな
冷たくはないわけで

あと

この何か
ジャクっていう音も聞きたい

それでは皆さん
ちょっと切ってみてください

いや この

角切り いいですか?
角切り 結構 気持ちいい

(ウイカ)角 いい!
まとわりついてくる

(ウイカ)角いい あっ あっ!

角の方が評判高いですね
あっ 角いい 薄いのいい

角うす
角うす

(ウイカ)ああ~
発見しましたね

ああ でも この入っていく感じは
あっ 伝わってきますね

あっ これは クセになるわ

皆さん

小峠さん いかがですか?
いや 何か この

というか

この まとわりつく感じが
吸い込まれていく感じ

あのね 分かった 分かった

これをね もう 水平に下ろすの

なるほど
で ぐっと押すと

最初 抵抗してくんのよ で

見ててね
はい

(ひとり)ここ

諦める瞬間ですね スポンジが
ここ 気持ちいいわ

こう切ってね それで

こうやってやったら

そうなんですよ みじん切りの
こま切れとかも

気持ちいいんですよ
みじん切り感も

(ゆうちゃみ)やばい
先っちょの方で切ると

気持ちいいですね 包丁も

角切り いいっすね
ねえ

角が やっぱ 評判高いっすね
(小峠)角が いい

どうですか 皆さん 何度でも
やってみたくなりますか?

なる なる
なりますね

やめろって言われるまで
延々やりますね

そうですね
僕も あの

新しいのを発見しようと思って
横からやりましたけど

これは そうでもない

西原さん
よろしくお願いいたします

よろしくお願いします

まず イレーザーっていうのは
どういった機械なんでしょうか

イレーザーはですね
レーザーの光だけで

サビや汚れを
一瞬に取ってしまう装置です

いや~ それ すごいな できたら

とにかく

早速ですが ひとりさん

はい やりたいなと思ってたの
俺 結構

ああ なるほど

ひとりさん 是非お願いいたします
うわ 嬉しい

<まずは>

よろしいでしょうか?
はい お願いします

はい まいります
グリップ しっかり握っていただいて

ボタンを押してください
もう少し離してください

未来だな~
うわ~!

(ひとり)うわ~!
ず~っと動かしてください

(ウイカ)何か合成みたい
すげえ サビが取れていく

気持ちよさそう

≪えっ?
う~わ

(岸)何これ?
どういうこと?

(ひとり)こっちもいきますよ
どうぞ いってください

うわ~!

磨いただけじゃ 絶対…
(ひとり)気持ちいい~!

ウソみたいに
取れるね

どんどん キレイになっていきますね
実は これ

へえ~ サビだけ?
(ウイカ)削ってるわけじゃない?

削らないで取ってんの?
≪へえ~

<こちらが ビフォーアフター>

<サビが取れたのは一目瞭然!>

ひとりさん 分かっていただいたと
思いますので

隣にある10円玉
(ひとり)はい じゃあ いきます

これくらいかな キター!

おお~
うわ~ すげえ えっ?

そのまま 下に ず~っと

元々 こんな色か
≪ええ~

ホントの銅の色が出てきます
あの 10円玉って

その汚れが このレーザーで一瞬で

何か塗ってるみたいだもんな
うわっ 今のキレイ!

変身してる うわ~!
かなり上手になってます

後半3つ 畳みかけた!

うわ~
はい ありがとうございます

新品の10円玉 すごい!

いや ひとりさん上手だな
ひとりさん かなり上手です

あっ 難しくないですか?
難しくない 距離を合わせれば

もう動かしてるだけ
これは

実は ひとりさん すぐ触って
いただいてもいいんですけど

熱くないん
ですよ

(小峠)へえ~
ちょっと どういうこと?

取るのは 熱なんですよね?
熱というよりは

レーザーの光が当たった瞬間に

プラズマというものが
たつんですけども その爆発力で

汚れを
吹き飛ばしていってるんですよ

へえ~
いや これを今 例えば

ゴシゴシ ゴシゴシやらないといけない

それ 一瞬ですもんね

King & Princeの4thアルバム
「Made in」が6月29日に

発売させていただきます
和を感じさせる楽曲から

カッコイイダンス そして
わちゃわちゃソングまで

バラエティー豊富になっております
King & Princeの魅力が

一枚に詰まった作品です
よろしくお願いします

<ファーストサマーウイカが>

<フライパンのサビ取りを体験>

はい どうぞ
これぐらいかな?

もう少し離してください
≪うわ~!

うわ~
すげえ! あっ そういう色

≪うわ~
うわ

(ウイカ)すごい!
≪え~っ

これ 分かりやすいね
えっ ちょっと…

(小峠)うわ~ すげえ!
100円玉みたいな

何これ?
何で?

(ゆうちゃみ)欲しい

これ やりたいな

(ウイカ)えっ これ いや すごい これ
いや~ キレイ!

全部
はい 全部しちゃってください

全部やりたくなるよね
うわ すごい すごい

うわ~

めちゃくちゃキレイじゃん
あと

めっちゃ早い
やりたいね 全部ね これね

際の あの
(ウイカ)際?

際 際 それ そこ そこ!
それ それ それ それ

その下 その下…
うわ~

そこ いっちゃって
いっちゃって お~い

おい マジかよ これ
(ウイカ)すげえ!

すごい
(ウイカ)すご~い!

はい ウイカさん
ありがとうございます

(ウイカ)うわ~ すげえ!

気持ちいい? やっぱり

これ早く これぐらいのサイズに
なれへんかな

こうやって あ~っ

はい
ちょっと俺

たまってるんすか 汚れが

さあ 続いては
生け花用スポンジスパイクでございます

何と プレゼンターに
元プロ野球選手の

屋鋪要さんが来てくださいました
ありがとうございます

はい よろしくお願いいたします

屋鋪さんは
生け花用スポンジスパイク

これは どういうことなんですか?

を やってまして
そこで

スポンジが転がってる
わけなんですよね

それを触るとね 異常に
硬いんですけれども これを

それは スパイクで踏んでみた?
気持ちよかった

そうですね

<まずは>

あっ もう装着できました?
早速ですが 小峠さん

かかとから
こわごわね

こわごわと いった方がいいですか
でも 体重が軽いから大丈夫かな

ああ この感覚が
気持ちいいってことですね

ああ でも 分かりますね
かかとに力を入れて

前の方に体重が かかるように
ああ なるほど

何か あの 沼

薄沼?

ああ 気持ちいい 気持ちいい

薄沼
薄沼 薄沼に お~ほっほっ…

ああ なるほどね

これぐらい…
もっといくもんですか?

もうちょっと いってもいい
ああ でも分かります

おっしゃってることは
気持ちいいですか?

気持ちいい
(岸)へえ~

これ あっ
ああ 今 ズボッていきましたね

屋鋪さん的に大丈夫ですか? この
大丈夫です 大丈夫です

ああ でも いいっすね
ああ 分かる 分かる 分かる

ああ 気持ちいい
めっちゃ走っちゃってる

薄沼を
そう 薄沼の

こう 歩けてる感じ

が あるじゃないですか

朝 ちょっと
凍ってるじゃないですか

ああ~
ああ でも 分かります 分かります

それでは 審査員長も
ちょっと体感していただいて

<続いては>

慎重に

ああ!

≪ああ~
あっ

ホントに ホントに

あのね うわ ホンマやな
これ何ていったらええんやろ

同じ姿勢だ

そうそう
そうそうそう

やっぱ その姿勢に
なっちゃうんすよね

なっちゃう
直立する感じじゃないんすよ

砂丘とかではないねん
そう そうなんすよ

これ… あれ?
あっ そんな…

ああ いいですね
いい

いいですね

気持ちいいから続けてんのかなと

あっ これ!
ああ こうなってきた

走りたくなりますか?
みんな同じような動きになる

やっぱり 最終的には
絶対なると思います

ダメです ひとりさん 却下です
(ひとり)失礼しました

続いては
クロックスクリームでございます

あ―たそさん
お願いします

は~い
やっほ~ あ―たそで~す

ああ ご機嫌ですね 素晴らしい
イエーイ お願いしま~す

この クロックスクリームとは
どういうことなんでしょう?

しちゃうんですよ

ゴートゥーヘブン
もうホントに気持ちいいんで

ゆうちゃみ 分かる? 気持ち

(ゆうちゃみ)私でも分かんない
ゆうちゃみ頼みよ ここは

分かんないですね はいはい
実際やったら

どういう感覚になるんですか?

なるほど それでは
岸くん やってみましょう

お願いします

まず このクロックスにクリームを
いっぱい入れるんですけど

あっ もう入れてくれんのね
この画が分からないんだよ

(小峠)そうね

まあ こんぐらい入れて
入りましたね

ちょっと トントンして
あっ ちょっと奥に

奥に入れて
もう何回もやってるからね

いいですか?
ありがとうございます

いいのかな?

はい いい感じです
そしたら いつも靴履く感じで

はい
こう 普通に入れてみてください

ちゅうちょなく
立っててええんや

じゃあ ちょっと失礼します
立ってていいの?

普通に入れちゃっていいんですね
はい 普通に

ああ~!
≪うわ~ えっ?

ああ~!
≪うわ~ えっ?

≪うわ~!
≪いい!

どう?
ああ~

岸くん どう?
何か

感じっていうか

なるほどな そっか~
贅沢な気持ちよさっていうか

キレイに ふき上がるね
でも 見てる方も気持ちいい

ですよね?

あ~っ いい ヌメヌメ感ですね

いいですね 気持ちよかったです

(若林・岸)ありがとうございます

<ということで これにて>

<グランプリに輝くのは
果たして?>

それでは 審査にまいります
審査員の皆さん

もう一回やりたいと思った
ボタンを押してください

さあ どうなるでしょうか?

はい それでは まいりましょう
最終審査 結果発表です!

ジャッジメント

さあ 果たして
グランプリに輝くのは?

そして 審査員長
松本人志の投票は?

メラミンスポンジということで

ああ
グランプリは

さあ ということで審査員長より

まつもトロフィーの
授与でございます

お願いいたします
全然

今日おかしい えっ M-1で見たこと
あるな この姿

M-1パターンにハマっちゃって
(ウイカ)M-1パターン

いかがですか? 今のお気持ちは

ねえ
研究の成果 皆さんに伝わったので

はい おめでとうございます
ありがとうございました

ということで
プレゼンターの皆さんでした