さんまのお笑い向上委員会【万能お笑い能力ランジャタイ!恐怖陣ちゃんダンス地獄】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

さんまのお笑い向上委員会【万能お笑い能力ランジャタイ!恐怖陣ちゃんダンス地獄】[字]

ルール無用ランジャタイの万能お笑い能力をマヂラブがプレゼン!錦鯉長谷川が大喜利失敗でアタック!陣ちゃんダンス耐久レース地獄!モグライダー伝説の痴女発見

番組内容
笑いの神に挑む芸人たちが集結!お笑い向上長・明石家さんまと共にお笑い界のネクストステージを目指して英知を結集させる“笑撃”番組。
ゲスト向上芸人としてM-1ファイナリストの実力者・ランジャタイが登場する!今夜もスタジオに鳴り響く“陣ちゃんダンス”のリズムに大盛り上がり!そんなランジャタイに対して、ある思いを抱えるというマヂカルラブリーから、本人たちではなく世の中へのクレームが明かされる!?
番組内容2
さらに愛のクレーマー芸人としてモグライダーの2人もスタジオにやってくる!
ノンストップで回り続けるカメラの前で、予測不能のトーク展開。すべては“笑い”のため…。お笑い界に嵐を巻き起こす、ハラハラドキドキの爆笑エンターテインメント!
出演者
【お笑い向上長】
明石家さんま 

【アシスタント】
藤本万梨乃(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト向上芸人】
伊藤幸司(ランジャタイ) 
国崎和也(ランジャタイ) 

【出演芸人】
あぁ~しらき 
アタック西本(ジェラードン) 
飯尾和樹(ずん) 
かなで(3時のヒロイン) 
かみちぃ(ジェラードン) 
陣内智則 
薄幸(納言) 
野田クリスタル(マヂカルラブリー) 
長谷川雅紀(錦鯉)
出演者2
藤本敏史(FUJIWARA) 
蛍原徹 
村上(マヂカルラブリー) 
渡辺隆(錦鯉) 
※五十音順 

【愛のクレーマー芸人】
芝大輔(モグライダー) 
ともしげ(モグライダー) 
※五十音順
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【総合演出】
池田哲也 
【監修】
渡辺琢 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 陣内
  2. 藤本
  3. 野田
  4. 村上
  5. 一同
  6. ホント
  7. NHK
  8. 蛍原
  9. 渡辺
  10. ワシ
  11. 長谷川
  12. アタック
  13. スベ
  14. 伝説
  15. 内間
  16. お前
  17. トーク
  18. 番組
  19. コナン
  20. 週目

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(野田)周りの空気
分かるやつなんすよ。

(さんま)こんにちは 陣内です。
(陣内)いや ワシやないか!

それ何なの?
邪魔くさいから。

(野田)もう面白くないっすよ。
(陣内)面白くないやろ?

最近 これやるの。
ゴシップを言って

「ワシやないかい」って言うのが
面白いんすよ。

面白いが なくなっちゃってます。
いい いらない。

「ワシやないかい」だけ欲しいねん。
そういう気持ちや。

(渡辺)顔が めんどくさそう
じゃないですか。

めんどくさいねん。
(陣内)やらんでいい!

(野田)ノルマみたいのが
あるんですか?

そやねん
収録1回 1本っていうのが。

やんなきゃいけない。
(陣内)笑いのシステムが分からへん。

笑いのシステムが分からへんって
ワシやなと思うと

「ワシやないかい」

嫌やろ? お前
トイレットペーパーでもなく

画用紙でもない いうのは。

(陣内)「それ 和紙やないかい」
って言うの めんどくさかった。

(蛍原)
そんなパターンもあったんだ。

(陣内)LINEで来るやつは
めんどくさいねん。

(蛍原)LINEで?
夜中のLINEで 練習してんねん。

(蛍原)収録じゃないんすか?
収録中じゃなしに?

(陣内)LINEですよ。
(蛍原)LINE? 夜中に?

2時半ぐらい。
≪めんどくさいなぁ。

20分ぐらい 時間 置いて
「ワシやないかい」

いや すぐしたら すぐ来んねん。
食い付きええから。

(長谷川)わざと 間…。
(渡辺)1回 寝かして。

もう 文字やけど伝わんねん
邪魔くさいのが。

(村上)
じゃあ やめてあげてください。

(陣内)もう寝たかなと送ったら
すぐ既読になってる。

まだ起きとる!

(藤本)「ワシやないかい」 別に
陣内のものじゃないですからね。

みんなのものですよ
「ワシやないかい」は。

「ワシやないかい」
みんなのものやけど

そこを強調したのは こいつやから
こいつのもんや。

はやらした人のもんや
言葉なんて。

そういうもんやからな。
(野田)そんなに はやってますか?

えっ?
(野田)そんなに はやってます?

『向上委員会』以外で
あんま見たことないんですけど。

(陣内)でも こないだね
『コナン』描いてる 青山先生が

僕にサインをくれたんすよ
コナンの顔で。

で コナンの吹き出しで
「ワシやないかい」

ほら 見てみ。

(陣内)コナンが
「ワシやないかい」言うてるんで。

(村上)青山先生 見てる!
(蛍原)すごいな それ。

で 『コナン』の人は 毎週のように
見ていただいてるから。

お笑いが大好きな。

特に この番組が好きらしくて。
(蛍原)『向上委員会』が?

そうそう。
(野田)今も ずっと…。

だから『コナン』に出たかったら…。

(蛍原)そら… また 話は別ですよ。

(野田)全員?
『向上委員会』メンバー全員?

(渡辺)全員 殺してほしいっすね。
(藤本)出してくれるかなぁ。

[と ルール無視の
定食談義で始まった今夜は]

そもそも…。

(渡辺)全部 計算なんです。

[王者たちが認める
ルール無用男の

真の実力が明かされる]

(藤本)今まで一番ウケたトーク。
絶対ウケる鉄板の。

(国崎)いきます。
10秒で終わります これ。

[さらに]

伝説の痴女が ちょっとだけ
見つかりそうだなと思って。

えっ! 伝説の痴女が?

(芝)陣内さんだけ いい思い。
(陣内)いい思い ちゃうわ!

(ともしげ)あれ やりたいんですよ
うらやましい!

漫画家さんとか よく見てはるよね
こういう 業界の人。

だから 尾田君なんか…。
『ONE PIECE』

見てはるからやな
お前らをモデルにとかやな。

特に お前なんか
漫画 描きやすいしやな。

お前 何の実 のんだんや。
(渡辺)悪魔の実。

何の実 のんだんや言うてんねん。
あの…。

せいぜい…。
(一同)「せいぜい」?

「せいぜい」とかじゃなくて。

(村上)疲れてるか?
これ もしかして。

(蛍原)「せいぜい」いらないですよ。
(村上)今日も疲れてんすか?

だから 何の実 のんでんねんって。
今の出来栄えやで。

あの… ツルツルの実。

(一同)おお~。 どんな能力だ?
どんな攻撃があんの?

(長谷川)
あの… ツルツルーっていって

もう その 何か
みんな ツルツルツルっつって…。

期待に応えろよ!

(村上)厳しいって!
厳しいって ツッコミ。

期待に応えて。

すいません
期待に応えれなくて ちょっと。

(野田)ツルツルの実?
(藤本)ツルツルは あかん。

スベりそうやもんね ツルツルは。
(長谷川)そうですよね 言ったらね。

(野田)ホントの実 教えて。
せや。

床のツルツルの実
のんどんねん こいつ。

ほいで滑んねん。
(長谷川)だから駄目なんすね。

だから駄目やねん。
うん。

(村上)あしらってるだろ 完全に。
「もう どっか行ってくれ」

「もう どっか行ってくれ」の
対応ですよ これ。

厄介な人みたいにすんな。
(長谷川)してないですよ!

誰が MC 厄介な人やねん。

思ってませんよ。

(藤本)ジェラードンが。
(西本)よろしくお願いします。

こないだ会ったばっかりやけども。
こないだ はい。

何か悩み事あんのか?
悩み事 あるんですよ。

(蛍原)横にいった。 横にいったよ。
(陣内)かみちぃが?

ちょっと…。

(野田・村上)アタック。
(西本)アターック!

(村上)出るとこ おかしいな。

お前 変な振り 多いぞ。

ホントは もっと
アタックしてるんですよ 普段。

大宮セブンのメンバーですから。
あっ そうか そうか。

(野田)アタックって言ったら
自動的に返してくれるんですけど。

ビビっちゃって
全然 返さないですね。

ほいで 何かネタやんのか?
アタック言うたら。

それだけです。
(陣内)ないんかい。

(村上)アタックって言ったら
アタックって言うだけなんです。

(藤本)アタックって何なの?
どういう効果があるの?

いや 俺も分かんないっす。

俺も いまだに分かんないです。
使いどころが分かんないです。

(村上)言わされてんのか。

誰かが… 誰かに言われたときに
繰り返し アタックって

今まで いってるんすけど。

(藤本)何か 変な空気を打ち破る
みたいなとかじゃないの?

だから 誰かがスベったときに
アタック!って言うて

何か足すとかやな。

そういう芸風にした方が
ええのちゃう?

(野田)助けるアタックだ。

だから こっちの実とかやな…。

お前 何の実…。
(藤本)何の実 食べた?

あのー… みみみの実。

(西本)アターック!
(一同)いい! いい! OK!

(蛍原)ちょっと みみみの実が
気になり過ぎんねんけど。

(藤本)みみみの実って何?

≪そこ言うなよ。
(村上)かわいそうですよ。

(陣内)でも 一番面白かった。
(長谷川)今までの中で?

みみみの実は
どんな効果があるのかな?

耳が?
そうです 耳が全体的に

ビーッて 全部 耳なんです
一周。

だから
聞きやすいんです すごい 全部。

ヒマワリみたいな感じなんで
耳で。

だから ホント
アリがコケたりとかしても

その音も聞こえるっていうぐらい。

アターック!
(藤本)長いわ。

使い方 だいぶ覚えてきました。
(陣内)スベるの分かるやろ 今の。

とっくにスベってたんだから。

(村上)やめろ!

(一同)とっくにスベってた。
とっくに。

続けてたから だって。
(陣内)早く楽にしてあげろよ。

とっくにスベってましたって。

さあ 紹介してあげようか。
はい ということで

本日のゲスト向上芸人は
この方々です どうぞ!

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
陣内 陣内」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
陣ちゃん 陣ちゃん」

(藤本)陣内 来た!
♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
やっぱり 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん
陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」
(陣内)やるな言うたやろ。

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
やっぱり 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん…」
(陣内)長いなぁ。

♬「陣 陣 陣 陣 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん…」
長いねん。

♬「陣ちゃん 陣ちゃ~ん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
陣ちゃん 陣ちゃん」

(陣内)何回やんねん!
もうええわ!

相方 ツッコめ アホ!
♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

(陣内)伊藤が止めろや 伊藤が!

あの… 俺 好きや言うたこと
今 反省した。

何でですか?
これでいくんですよ ずっと。

これで30分やるんですよ。
(藤本)陣内が何とかせえよ。

[今夜のゲスト ランジャタイ]

[M-1ファイナルへと
駆け上がるも…]

(伊藤)申し込んだんですよね?
大丈夫ですか?

[その狂気じみたボケの国崎を

ツッコミの伊藤が
黙認していくという]

[ナンセンスな芸風が
賛否を呼んでいる

いろんな意味で
今 注目のコンビなのだが]

陣内にあげてくれ あと2枚。
(陣内)いらんって これ。

あれは 本人のが一番面白い。

いや ええ…。
ほんで ♬「陣ちゃん」

もうええねんって。
ええことあらへん。

泣いてた久慈が
笑ったやつやから。

(村上)すごいパワーだ。
(野田)幸せのお面。

(陣内)一応 持っときますけど…
座っとけ 座っとけ。

(藤本)やれへんの?
(陣内)いや もう やったでしょ。

もうええわ! お前は。
えっ 陣ちゃん!?

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」
(一同)♬「陣ちゃん 陣ちゃん…」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん…
陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん
陣ちゃん 陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん 陣ちゃん
陣ちゃん 陣ちゃん」

♬「陣ちゃん」
(陣内)もう二度と持ってくんな!

(陣内)二度と持ってくんな!
それでですね…。

陣内さん それでですね…。
(陣内)こっちや 陣ちゃん。

こっちや 陣ちゃんは。

君が描いた絵。
僕が描いた絵だ。

すいません 分かりませんでした。

陣ちゃん!

[陣ちゃんダンスは
持久戦に突入]

♬「しわちゃん」

[しかし
勝者はゼロという事態に]

≪座れぇや。
座れ! 早う。 早く。

陣ちゃん!
(陣内)「陣ちゃん!」やないねん。

こいつ あかんわ。
≪座れ!

(陣内)1回 座れ。

取りあえず座ろう なっ。
≪1週目やろ? これ。

1週目やで。
(陣内)3週目のやつやん これ。

(藤本)3週目の後半のやつやん。
(陣内)もう3週目のやつやん。

(蛍原)3週目の感じや。

どうすんすか 今週。
(藤本)今日 どうなんねん これ。

さあ クレームがあんねんな?
ということで まず最初は

マヂカルラブリーさんから
ランジャタイさんではなく

世の中へのクレームです。
はい こちら。

いやいや 今ので
分かったと思うけどもやな。

(陣内)いや 分からんでしょ。
何で分かったんや。

(飯尾)目撃者だからな 俺たちは。

あんだけスベっても
やり続ける すごさな。

(野田)そもそも ちゃんと
周りの空気 分かるやつなんすよ。

あっ ホントは?
(野田)空気が読めるんですよ。

周りの空気がどうなってるか
今 スベってるか分かってるのに

でも やり通すんすよ。
だから すごいんすよ。

そういうことらしい…
野田が言うには。

めっちゃうれしい。
ごめんなさい… あ… あ…。

♬「陣ちゃん」
(陣内)分かってへんやないか!

分かってないっすよ こいつは。

(野田)
傷ついてるんです ちゃんと。

さんまさん困らせるのも
あいつの計算なんです。

俺 手のひらで遊ばれてんの?
(野田)そうっすね。

[キテレツなお笑いスタイルを
貫き通したランジャタイだが

ここから…]

(渡辺)さんまさん だって 国崎
ホントに 全部 分かってんすよ。

トークもできるし
大喜利もすごいです。

全部 計算なんです。

だって あいつ NHKで
レギュラー持ってんすよ。

(一同)えっ?
NHK 何持ってんの お前。

僕 『リフォーマーズの杖』っていう
すごい でっかい番組。

こん… もっとか。 これぐらいの。

そんなん いらんねん。
どこが得意やねん お前。

これ さんまさん困らせるのも
あいつの計算なんです。

俺 手のひらで遊ばれてんの?
(野田)そうっすね。

(村上)さんまさん 大喜びだった。

俺 ちょっと はしゃぎ過ぎやわ。

(飯尾)あなたが そうさせたんだ。

(渡辺)NHKだと
ちゃんと NHKの感じで出て…。

さんまさんって テレビ出たら
もう さんまさんじゃないですか。

そんなことあるか お前。
(渡辺)ずっと さんまさん。

そんなことない NHKは
NHKらしくやってるで お前。

アホか!

(村上)
NHK 出てないじゃないですか。

出てないっすよね NHK。
呼ばれへんだけや!

(野田)何かあったんすよ。
(陣内)出禁になったんや 出禁に。

昔はあったんや 『面白ゼミナール』と
『連想ゲーム』でな。

それは もうええねん
話 長くなるから。

やっと和解して
年に1回だけ 番組やってんねん。

(陣内)歌番組ね。
色々あったんや。

(陣内)それ 何があったんすか?
あくびしたんや。

俺の目の前でな
鉛筆の芯の話 しだしよったのよ。

(藤本)誰がですか?
先生や 鉛筆の芯に詳しい先生や。

それが 鉛筆の芯
2B HBとかありますとか

訳分からんこと言いやがって…。

(村上)2B HBは分かる。
分かってるけどもやな

芯の素材とか Hがあって
Bがあって… 言うとんねん 延々。

テーマは?
テーマが鉛筆やったわけでしょ?

テーマが鉛筆やった。
(一同)じゃあ…。

(野田)
じゃあ それしかないっす それ。

もっと詳しい
向こう側を教えてほしいねん。

小1で分かるようなことから始め
20分ぐらいあんねん その芯で。

そこで俺が あくびしたんや。

それをパーンって抜いた後やな
あくびしてる俺の絵

カットすりゃええやん そこ。

収録やった?
収録。 生放送ちゃうからやな。

次の日 新聞で
全紙に たたかれたんや。

(一同)えーっ!?
(藤本・渡辺)新聞で?

(蛍原)よっぽどですね でも。

「NHKで 『面白ゼミナール』
さんまはナメ過ぎてる」いうて。

(一同)うわぁ…。 え~?
そやねん。

そういうことであかんねん
NHKさん。

そこで
レギュラー持ってるんですから

やっぱ すごいんです。
そうかそうか その話やったか。

(幸)NHK
私と一緒のレギュラーなんです。

結構 番組の構成が変で

ドラマパートとバラエティーパート
分かれてんですよ。

で ドラマ部分は
私だったら たばこキャラとか

ちょっとだけ キャラ付け
させられてんですけど

NHKが たぶん これを

どういうキャラだと
説明するのか

分からないんだと
思うんですけど

国崎さんだけ 全然
本人のキャラから懸け離れた

誹謗中傷が大好きキャラってやつ
やらされて。

(野田)見たことない。
(幸)意味が分かんないんすよ。

そうなんすよ
物陰に隠れて ニヤッとして

悪口 書き込むキャラ。

(村上)それ やれって言われたら
ちゃんと やるんだ。

ホントは 器用なんだ。
(陣内)見せてよ 見せてよ。

(渡辺)初めて 調子悪いとこ
見ました 僕。

今日?
(渡辺)調子悪いです。

この番組は ず~っと これやで。
ずっと これですよ。

じゃあ それも わざとってこと?

(渡辺)みんなに
いじってもらいたいみたいのも…。

調子悪いかどうか 電話しますね。
電話して 電話して。

プルルル… プルルル…。

もしもし もしもし もしもし。

僕… あっ スベってました ええ。

オール巨人師匠でした。

オール巨人師匠でした。
もしもし。

パンパンや!

何のポーズやねん それ。
何のポーズの巨人師匠や。

(藤本)何のシーンやねん それ。

「こんな おっきいミートボール
食べたことある?」って。

言うか!
(陣内)そんなネタないわ。

「わしは あるよ」

(陣内)何のポーズの
巨人師匠やねん。

ほいで お前 阪神 倒れてるし。

≪失礼 失礼。

確かに 楽屋で
ずっと寝とるけどな 阪神は。

これは そういうことでやな。

(一同)そういうこと?
どういうこと?

お前ら…
変なフォローするからやないかい。

[なかなか すごさの片りんを
見せてくれない国崎だが

ここで
旧知の仲だという人物から

国崎天才説の一端が明かされる]

(しらき)でも 国ちゃんは
私 古い付き合いなんですけど。

(野田)
誰が普通にトークしてんの?

誰が普通にトークしてんだよ。
久しぶりやから。

君 誰?
(しらき)私の名前は

あぁ~ あぁ~
あぁ~ あぁ~ しらき。

あぁ~しらきです どうも。

俺は あれが はやってる思うて
他の番組でやって ドスベりした。

(しらき)ホントに さんまさん
ホントに それは申し訳ないです。

もうちょっと はやらしてくれ
頼むわ しらき。

頑張ります ホントに。
(藤本)何なの?

国ちゃんはですね ホントに

上手なんですよ 盛ることも。
話が上手で。

脚色がうまいってことやな。
はぁ~。

だから その技を持ってる。

トークする番組やから
トークをちゃんとやったら?

(藤本)今まで 一番ウケたトーク
それ ちょっと聞かしてよ。

漫談とこにも使える。

いきます。
10秒で終わります これ。

10秒で終わる?
一番 テレビ的には ありがたい。

あぁ~しらきさんの話
なんですけど

あぁ~しらきさん この間

コンビニのATMで
一万円札 下ろそうとしたら

一万円札に
うんこ付いてたらしい。

(しらき)何で 私の話…。
(藤本)脚色し過ぎやろ。

脚色し過ぎと思うでしょ?
本当なんです。

≪ホントかい!

これ ホントです。

ホンマに?
(しらき)これ ホントの話。

何で 一万円札に
うんこ付いたんや。

分かんないんですけど
付いてたんですよ。

(藤本)何のうんこよ 人糞?
(しらき)人糞です。

≪何で分かんの 人糞って。

そしたら 拭いてんやろ 間違うて。

拭いて 入れちゃってるんだと
思います。

(陣内)しらきの手に
うんこ付いてたんちゃうの?

違いますよ
ちゃんと 手 洗いますし

これ うんこだなと思ったんですよ
見たときに。

でも 怖いから 一応 においで
確認しようと思って

におい こう…
ここで 臭っ!ってなって。

(藤本)何や この話。 珍しい話。
(野田)それは 盛れてろよ。

しらきの方が
完成度 高いやないか アホ。

(藤本)しかも 脚色ちゃうんかい。
(村上)本当の話 してる。

(藤本)それを脚色したら
どうなんねん。

(万梨乃)
ここでランジャタイさんに

言いたいことがあるという方々に
お越しいただきました どうぞ。

(ともしげ)どうも!
(一同)来た!

(陣内)出た モグライダー。
(芝)ありがとうございます。

モンスターやん モンスター。
今 時めく2組が向上したいと。

向上したいしたいで
また やって来ましたけど。

前回 出てくれたけども
向上せんまま終わってしもうて。

申し訳ない。
こいつらが悪い こいつらが悪い。

ともしげが怖かったもん。
(ともしげ)そんなことないですよ。

伝説の痴女を探すっていう…。
(長谷川)そうそう そうだ。

(ともしげ)伝説の痴女が
ちょっとだけ見つかりそうだなと。

候補が
『向上委員会』の中にいたんですよ。

えっ! 伝説の痴女が?
『向上委員会』にいた? どこに?

バービーさんなんですよ。

バービーさんって
すごくセクシーじゃないですか。

よりによって いてない人 言うた。

(かなで)びっくりした。

(ともしげ)
でも 陣内さんにとっては

結構 伝説の痴女的な感じに
なってるんですよ。

(陣内)伝説… まあまあ
俺に パンツ見せてきたりとか。

(芝)陣内さんだけ いい思い。
(陣内)いい思い ちゃうわ!

ともしげは ホンマ あれ…。
(ともしげ)やりたいんですよ。

(陣内)何で やりたいねん!

(ともしげ)あれは
陣内さんだけのものだから…。

(陣内)何で やりたいねん。
(藤本)あげえや 陣内。

あげるわ 全然。
やってくれ お前。

ただただ
パンツ 見せられるだけやぞ お前。

それ うらやましいんだ お前は。

(ともしげ)陣内さんって やっぱ
モテてらっしゃるから すごい。

(陣内)バービーのことやったん?
お前 伝説の痴女って あれやろ?

どこでも エッチさしてくれる
そういう人なんやろ?

あらためて
言うことないじゃないですか。

(ともしげ)直球過ぎます。

お前が言うた言葉やないかい。
わぁ~。

(陣内)「わぁ~」やないねん。
(芝)なめてんのか。

クロちゃんの短いやつやないか。

すいません。
そんなん あかんで お前。

(一同)閉店ガラガラ。

[結局 荒れっぱなしだった今夜も
最後の締めは サバイバルタイム]

[のりのりまさのり 生き残る]

閉店ガラガラ。
阿部さんでいくんだ。

(都留)『ドラゴン桜』ギャグ。

最初はグー じゃんけんぽん!

あっち向いてる暇があったら
教科書見て 東大に行けー!

いいね いいね。
勢いがいい。

(一同)すごいね。

閉店ガラガラ。

おっ! んっ! いっ! えっ!

変な顔 ロッケンロール。

(陣内)変な顔ロッケンロールや。
ロックやなぁ。

面白の実 のんだな お前。

(長谷川)ついに!
ついに のみましたよ 私も。

内間さんにしか
聞き取れない声で…。

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

♬~
(長澤)頭痛との戦いが続く中「バファリン」は

プレミアムが最終形
かと思われましたが

出たんです
<「バファリンプレミアムDX」>

<鎮痛成分20%増量>

<眠くなる成分無配合>

《いたみは止める わたしを止めない
ピンポン》

(かみちぃ)閉店ガラガラ。

楽屋で 相方の内間さんにしか
聞き取れない声で

作戦会議をする
スリムクラブ 真栄田さん。

内間 内間 内間。

(真栄田の話し方のまね)

(かみちぃ)内間 内間。

以上です
ありがとうございます。

素晴らしい!
(一同)うまい。 似てる。

何やねん 屁で跳べって!

前で跳べや。
(長谷川)見えるようにして…。

(陣内)
何で お前に言われなあかんねん!

[次週 劇場暴走の容疑で告発]

[そして]

何やねん 屁で跳べって!

前で跳べや。
(長谷川)見えるようにして…。

(陣内)
何で お前に言われなあかんねん!

何で お前に言われなあかんねん!

(かみちぃ)ほい… ほい… 内間。