徹子の部屋 池畑慎之介[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 池畑慎之介[解][字]

~古希目前で骨折し…ご近所づきあいの大切さを痛感~池畑慎之介さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
今年3月、ゴルフ場で左足首を骨折したが、今日は元気に歩いて登場!池畑慎之介さんがゲスト。8月には古希(70歳)を迎えるが、「世界一美しいおじいちゃんになる!」とますますパワフルな池畑さんに乞うご期待!
◇番組内容
手術でプレートを入れ、左足首には傷跡が…。一人暮らしの池畑さんだが、ご近所の手助けもあり、ありがたかったという。持っていた5軒の家はすべて手放し、海の見える新居へ引っ越し、新生活を始めた。自宅にエレベーターがあり、骨折時はとても役立ったと語る。昔からアウトドアが大好きで、5月にはキャンピングカーで一人旅に出かけた。人に気を使うことなく、思い立った時に出かけられるのがキャンピングカーの魅力だという。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 階段
  3. 骨折
  4. 大変
  5. フフフフ
  6. 一人暮
  7. 自分
  8. 全然
  9. キャンピングカー
  10. 屋上
  11. 元気
  12. 古希
  13. 今度
  14. 徹子
  15. 富士山
  16. 陽葵君
  17. ゴルフ
  18. ハワイ
  19. 全部
  20. エレベーター

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(黒柳)今年3月に
左足を骨折なさいましたけど

すっかりお元気になった
池畑慎之介さんです。

どうぞ こちらへ おいでください。

左足といっても
左足首だそうでございますが。

今年8月には
古希をお迎えになりますが

アクティブでアウトドア好き。

キャンピングカーで
一人旅をしたという

楽しいお話も伺います。

ようこそ おいでくださいました。
どうも。

さて 今年3月に
左足首を骨折なすった…。

なんで? なんで?
(池畑)ゴルフ場で滑ったの。

ゴルフ場で滑った?

御殿場の
ゴルフ場だったんですけど。

こういう… ドライバーを打って

そのあと ちょっと こう…
なんていうんだろう?

斜めになっている所で
ツルッと滑って。

その時 捻挫だと思っていて。

捻挫だと思って
「痛い 痛い」って言いながら

18ホール 回ったの。
すごいわね。

そしたら だんだん
あまりにひどくなってきて。

周りの友達は
捻挫だと思っているから

「お大事にね」って
帰っちゃったんですよ。

私 痛いから
ちょっと フロントに行って

「病院 近くでありますか?」
って言ったら あって。

そこへ行ったら
「これ 折れているのに

よく18ホール 回ってきましたね」
って言われて。

本当。
それで 手術しなきゃいけないと

思ったんですけど。
ええー。

そうそう。 それで ちょっと
こういう折れ方したんで

それを戻して プレートを置いて

ビス留めで
8本ぐらい留まっているんですよ。

8本もビス留めが。
ここ なんか 触ると

ビスの頭がわかるの。
あっ 本当? うわー 嫌だ。

本当
ロボットみたいになっちゃって。

ほら ここですよ。
あっ そこ。

ここにね
今 プレートが入っている。

本当に?
そう。 私は

アイアンマンなんですよ。
見せます。 ここに…

見えるかな?
色が…。 見えます? 皆さん

あそこの所。
色が変わっているわね そこ。

ここにね… 触ると…。
触ってみます?

カチカチなんだけど。 怖いでしょ。
怖いわよ。

鉄板が入っているんですよ
チタンの。

ずっと入れとくの? それ。
1年ぐらいかな。

取りましょうと
おっしゃっていましたけどね。

やっぱり ちょっと
違和感があるんですね まだ。

痛みは ないんですけど
まだ2カ月ちょっとなんで。

3カ月弱かな。 うん。

でも コロナ禍で すぐに手術は
できなかったんですって?

そうなんですね。
私のスケジュールと

病院も空いていなくて
1週間ぐらい待たされて。

家で こうやってケンケンしながら
ご飯 作って…。

すごい。
左 こう なんか

プラスチックのこういうの
はめられて

グルグル巻きにされて。

昔みたいに石膏じゃないんですね
今。

あっ そうなの?
なんか プラスチックの

こういうL字形のものをはめて
で 包帯で固めていくの。

まあ それだって
いいわけですもんね。 そうか。

でも
迷彩柄の車椅子を買ったって。

そうそう。 ちょうど 車椅子でね
なんか ないかなと思って。

お借りするよりも もう ちょっと
買っちゃおうと思って

ネットで見ていたら
結構 安かったんですよ。

で 迷彩柄の可愛いやつが
あったんで

家に… 折り畳みで
パッと車に積んであります。

万が一の事があったらいけない…。
今 歩くの問題ないの?

もう…
ちょっと 階段を下りる時が…

左足だけに重心するのが
ちょっと まだ怖いかな。

でも リハビリで
ゴルフはバンバンやっています。

すごい。
そんなにゴルフ 好きなの?

大好きですね。
でも 去年

新居へ引っ越したんですって?
なんか。

そうなんです。 ちょうどね
前の前の家が ちょっと…

海が目の前だったんですけど

階段が五十何段あったの
屋上まで ずっと。

すごいわね。
で こう 斜面に立っているから

車を置いて20段上がって
やっと玄関で みたいな。

で 骨折したりとかっていう事が…
松葉杖であったんでね。

もう一個前に
ハワイで骨折したんですよ。

3回目ぐらいなの 骨折ね。

ハワイで
ゴルフのカートから落ちて

頭と背中を打って。

で そしたら 背中の この肋骨が
3本 折れていたんですよ。

本当。
その時は本当 松葉杖だったんで

その階段を こうやって上って

家の中も らせん階段をね…
松葉杖は絶対怖いと思って。

そんなの怖いわね。
それで また近くに土地を買って

やっと7月に… 去年 完成して。

今度 エレベーターを
最初から つけて。

もう どんな事があっても
大丈夫なように。

そしたら 本当に
骨折しちゃったんですよ。

あっ エレベーターのあとで
骨折したの?

そうです そうです。
あら。 じゃあ よかったわね。

お家が去年の7月でしょ。

今年の これ 3月ですから。

あっ これ エレベーターですよね。
2階までもエレベーター?

屋上まで。 屋上があって

屋上から
富士山と海が見えるので

屋上まで
ちゃんと上がれるように。

バーベキューしたら…
これ 屋上です。

へえー。 いいわね 随分ね。

お家の中でね
すぐ富士山 見えるのね。

そう。
それで これ リビングの窓から

ちょうど富士山が見えるんです。

向こうに見えているのが…。
夕焼け… はい。 富士山ですね。

富士山に夕焼け。
そう。

で 左側の方に 海が
ちょっと見えるんですけどね。

ええー。
今度は海の真ん前ではなくて

ちょっと 丘にいて。 はい。

もう 家 建てるのが
趣味みたいな…。

これが家です。 リビングですね。
いいわね。

ただ 2階 リビングにしたから

割と天井をね
すごく高く取れたんで。

で キッチンは どんなふうに?
キッチンはね

私 理想はね こう…
なんていうんだ?

アイランドキッチンで

料理してパッと…
そう思っていたんだけど

誰と話すんだと
一人暮らしなのに。

別にキッチンで 向こう
向かなくてもいいと思って

壁際にL字形の
ちょっと大きめに作りました。

ふーん。
これがキッチンです ずーっと。

随分 大きいわね。
そうなの。

L字でね こうなっていて。
で ああいう棚を付けて…。

私 もう お酒 飲めないんだけど

お客様用にシャンパングラスとかを
こうやって。

バーみたいに ああやって
壁に こう…。

あっ それから ガラスのなんかが
あったからって

お仏壇を…。
あっ これ これ。

これなんですけどね。
私 前のお仏壇も

イタリアみたいな家具で
こう 閉まるやつだったのね。

で 家具だから
全然 忘れちゃうんですよ

中が見えないと。
これをアンティーク屋さんで

ガラスの この… すばらしい
なんか… 見つけたんで

これだったら
写真も位牌も見えるから

階段から… 下から…
寝室から上がってきたら

あっ! って 毎朝 ちゃんと
お線香 あげるようになりました。

すごい。
忘れなくなった。

いいわね その方がね。
これ 見えていて

見守ってくれている気がするから
開けて 上のライトをつけて…。

そのライトも ちゃんと…
ほら ガラスだから

下へ パーッと透過されてさ
すごく いい雰囲気に…。

奇麗。
そう。 飾り窓のような

お仏壇にしました 父と母のやつ。
何よりです。 そうですか。

一人暮らししております ここで。
はい。

でも あなた なんか
5軒あった家を

全部まとめて 一つにしたとか…。
ああー そうですね。

40代から55ぐらいまで
かけてかな。

やっぱり 家が好きで
ハワイとか… ハワイの家。

これ ハワイの家ですね。

これ ちょうど
ヨットハーバーの前ですね。

ええー。 いいわね。
それで あとは九州の糸島。

これ 糸島のお風呂。

いいでしょう? これ。
いいわね。 お風呂から見える。

お風呂から海が見える。
糸島でしょ。

そして あと 葉山の家ですね。

一個… 階段の家。 上まで階段
ずっと上がらなきゃいけない。

そして 高輪の家が みんな…
父親の稽古場を相続したんで

高輪で みんな パーティー
やったりする所があって。

それと 今の家とで
5軒あったんで

もう 1人の体で
動けるわけないから。

若い時は まだ ともかくね。

だんだん やっぱり 処分して

スリムにして生きていこうと
思ってるんですよ。

で 1軒にしたの?
そう。

徹子さんも そうですか? 今。
私はマンションを借りているの。

あっ 本当に?
本当よ。

そっか。
うん。

だって あれだもの。
私 子供がいるわけじゃないから。

同じですよ だから。
誰にあげるわけでもないから…。

そうなのよ。 だから 私は

気持ちのいい所
借りていた方がいいと思って。

私も 最後… 最後っていうか
ある程度したら

全部 それもね… 家 持っていても
しょうがないから。

残された人が売るのも大変でしょ。
そうよ。

だから 賃貸の方がいいですよね。
絶対いいと思う 私はね。

そうしたいと思います いずれ。

いずれね。 私は とっても
ちょうどいいあんばいの所に

住んでいます。
あっ そうですか。

海が見えないと
落ち着かない性分なのか

どうしても 海が見える所
探してしまって。

それは大変ね でもね。
なんか ホッとしますけどね。

ちょっと 通う大変さより…。
そう。 通うのがね。

海の…。
今 ちょうど 小一時間かな

このテレビ朝日まで。

でも すごいですよね やっぱり。

そういうふうに どんどんさ
縮小していくっていう事が。

そうですね。 やっぱり
身軽にしていかないと…。

まあ 私 旅 好きですから
今回も 2週間ちょっと

キャンピングカーで
旅してきたんですけど。

やっぱり 独り身で
色んなもの持っていると

だんだん こう
世話をするのが大変。

だから 糸島にも
マンションあったんだけど

向こうにいる方に
1カ月に1回ぐらいは

ちょっと 開けてって。
そんなの頼むのもね 悪くてね。

で もう… まあ 楽しめたんで
この何年かは。

だから 自分の中で…。

私ね
貯金が すごく下手なんですよ。

だから 貯金できないんだったら
家を買って そのローンを払って

払い終わったら
貯金した事になるじゃない?

だから それで増えていったの。
あっ そうなの。

そうなの。
だから 貯金していたら 多分

使い放題
使っていたかもしれないから。

それで 家を買って
それで 終わって

形としては
自分のものになっていたからね。

で もう だんだん それも…。

でも 一人暮らしって
ご近所付き合いが

ちょっと 大変ですって?
そう。 今度ね 初めて…

前は別荘地だったんですけど

今回は 割と
住んでいらっしゃる方が多くて。

最初 平屋の時のお向かいの
陽葵君って

ちっちゃいボーイフレンドが
できてね。

その頃…。
いくつなの? 陽葵君。

4歳で 今は5歳になった…。
あっ この子 この子。

可愛いでしょ? 陽葵君。
うん。

で 彼と一緒に
ご飯 食べに行ったりとか

バーベキューしたりとか。
あら 可愛い。

そう。 なんか 芸能人ってさ

普通に黙っていて
こうやって黙礼するだけだと

「あら 気取っているわね」って
言われるから

こちらから 「おはようございます。
散歩ですか?」とかって

絶対 声をかけるの
通っている人に。

うちの水 まきながら
通る人に こっちから声をかける。

そしたら ピーターさんって
明るくて いいわねって

そういう評判に
なるじゃないですか。

黙っているとさ
別に 普通にしていても

気取っているとか
ツンケンしているって

言われるから
なるべく こっちから声を出して。

大変ね。 お忙しいわね。
フフフフ…。

でも 楽しい…
本当に 皆さん いい方で。

今回 私 これ…
足で入院した時も

向かいの奥様が
付き添ってくださって

入院手続きとか。
あっ そう。

だから やっぱり
近所付き合いしとかないと

一人暮らしだと
万が一 車で電気ついたまま

ずっと出てこなかったら
やっぱり 鍵 壊してでも

入ってきてもらわないとね。
その方がいいわね。

でも お料理の
お裾分けなんかは…。

しますよ。
私 いつも 煮物すると大体…

1人分 作るわけにいかないから

大体 がめ煮 作ったら
タッパーに入れて

2軒 3軒にあげたりとか。
あっ そうなの。 ええー。

そういうのは 昔の
おしょうゆ 貸してじゃないけど

向こうも なんか
いっぱい もらったら

なんか 「食べません?」って
言ってくださるし。

そして 近所のラーメン屋さんに
よく 子供 連れて

行ったりとかするんですよ。
いいわね そういうのね。

で これ
うちのキャンピングカーの…

今度 買ったね ちっちゃい
ミニキャンピングカーなんだけど。

ベッドにして
こんなんだよっていって

陽葵君に
紹介したりとか…。

これ 車の中なの?
これ 車の中。

ベッドになるんです
ソファがワンタッチで。

これでね 九州
行っていたんですよ。

四国から九州
回ってきたの。

夜は ここで寝るの?
いや

これね 荷物が多すぎて
このベッド 展開するのが

面倒くさくなって
結局 17日間

全部 ホテルでした。
なんだ。 そう。

ただ 運転をして
このキャンピングカーで

どこまで行けるかっていうのが
楽しかったので…。

まあ そうね。
すごく勉強になったというか

色んな人も…
また 久しぶりに会った人とか

九州でね。
うん。 それは いいわね。

車で行けるっていうのはね…。
ここ 屋根が上がるんですよ

ああやって。
あっ そうなの。

上にも寝れるんだけど。
一応 都会に入って行ったから

都会の駐車場で ここで寝ていたら
ちょっと 変でしょ?

そうね。
どこか 草原とかさ

景色のいい所で寝ているのは
いいんだけど。

そうね。 まあね。 そう。

自分で まだまだ
60代最後の一人旅っていう感じで

行ってきたんですけどね。
楽しかったです。

キャンピングカーの
いいところっていうのは…。

夜中 出れるでしょ。
自分がね 好きな時に。

あっ 今から
京都 行こうかなとかさ

思っても 夜 走れるし。
そう。 それは いいわね。

すごく その点では
キャンピングカーを

持ってよかったな…。
これ 2台目なんですけどね。

最初のは大きすぎたんで
地方 行くと曲がりきれなくて

路地とかが。
で ちょっと短めのやつ 買ったり。

扇風機をつけたりとか

なんか 1人で凝っています
こうやって。 フフフ。

でも アウトドアが好きで
美川憲一さんが

「あなた おてんばね」って
言ったんですって?

それ ずっと昔の話ですけどね。

「何してんの?」って言うから
「いや ゴルフ行ったり

ドライブ行ったり 車 運転する…」
「あら 運転するの?」

「ゴルフもやっているの?
あっ そう。 おてんばね」って

ひと言 言われまして。 ひと言…
「おてんばね」って言われて。

男の子に
おてんばって言われるのも

どうかなと…。
そうね。 うんうん。

美川さんは おやりにならないから
車の運転は。

だから 昔 言われました 本当に
「あんた おてんばね」って。

これ 鹿児島。 鹿児島のね 開聞岳。

あれ 開聞岳?
そう。 薩摩富士っていうんです。

富士山みたいでしょ。
指宿の所にあるんですけどね。

その辺も ずっと回ってきました。

そこまで行ったの? 東京から。
行きました 全部。 天草から…。

東京から徳島 行って
松山 行って

佐多岬から別府へ渡って
ずっと…。

フフフフ…。
『乱』っていう映画のね…

久住高原っていう所で
半年ぐらいロケしたんですけど。

その時に お世話になった方の所
行ったりとか。

すごい。
それから ほとんど…

宮崎県も
えびのを抜けて行きましたよ。

これ… ここ ゆつぼ亭っていう。

ここでね 半年間ぐらい
みんな ワイワイ

役者さんもいて ここで
お世話になっていたから…。

『乱』の時?
はい。 三十… 35~36年前? もう。

もっと前か。
ええー。

だから その時 30代 40代の

旅館を始めたばっかりのご夫妻が
ああやって白髪頭になっていて。

懐かしく お話ししました。
懐かしいわね。

そういうの いいわね でもね。
いつまでもね

そうやって付き合いが
途切れないっていうのが

大事だと思うんですね。
私も そう思います。

いいわ とってもね。

なんか 2年前にも
お姉様と一緒に

どこか いらした…。
そうです。

姉と… 今のゆつぼ亭さんも
そうですけど。

あと 黒川温泉っていう所とか。

久しぶりに姉と…
ほら なかなか

嫁に行っているから
会えなかったんですけども

姉と
ちょっと 行こうかって。

もう 姉と私しか ほら
いないじゃないですか。

親子やなんかがね。
姉 もう 孫もできて

ちょっと じゃあ 2人で
旅行しようっていって

温泉
連れて行ったんですね。

まあ 色々 話 して。

嫁に行っていると
なかなか会えないから

まあ… なんていうの。

ちっちゃい頃ね
ちょっと 恨みがあって。

私 鹿児島にいる時にね
磯海水浴場っていう所で…

中学1年か小学校6年の時だけど。
生まれて初めて こう…。

昔はね タイヤのチューブが
浮輪だったの 黒いやつね。

トラックの内側みたいな…
中に入っている。

それで 沖まで連れて行かれて
バーンって ひっくり返されたの。

お姉様に?
それで ガバガバッて溺れて

それから海が怖くなったんだけど
その恨みが ずっとあってね。

恨みがましい。

絶対 今度 一緒に泳ぎ行ったら
足 引っ張ってやるとか。

これ ちっちゃい頃 鹿児島の時…
私ですけど。

この頃ですね。
へえー。

その恨みが
ちょっと あったんですけど。

それ 笑い話に
今はしていますけどね。

あっ そうなの。
「あんたに溺れさせられたから!」

とか言って。
じゃあ 今は仲良くなって?

もちろん もちろん。
もう 年取っていますからね

お互いに。 でも 姉も

73にしては ちょっと
若く見えるじゃないですか。

うん。 とっても とっても。
ねえ。

だから ちょっと お互いに…。
あなただってね

全然 そんなさ…。

でも お姉様
明るい顔していらっしゃる。

そうですね。
楽しかったみたいです。

初めての二人旅だったので。

姉弟って やっぱり 年取ると…
若い時は

いがみ合ったりする事もあるけど

やっぱり 支え合わなきゃなって
お互いのね…。

共通の話題はあるしね。
そうそうそう。

姉は姉で嫁に行って
向こうで家庭があるんだけど

ふと 振り返ったら
「あんた 1人だしさ

心配なのよ」って ねえ

たまに LINE
くれたりするんですけどね。

でも
一人旅も悪くないんですって?

私もね なんか
いつも 誰かといて

華やかなパーティー
しているでしょとか…。

そんな事 全然ないんですよって。
本当に1人が好きで。

これはフェリーで
ちょうど 渡るとこですね。

すごい。
どこへ渡る時か…。

まあ こういう一人旅していると

そこで知り合う人もいるんだけど

なんか 自分の思った事ができる。

寂しいでしょって言われる方が
多いんだけど

いや 寂しかったら…。

寂しいっていう言葉も
だから あんまり

いつも思わないんですよね。
なんか 1人は1人の…

優雅な楽しみ方って
あるじゃないですか。

まあね。 ありますよね。
だって 1人の方が

すごく贅沢な時間ってあるでしょ。

そうそうそう。
面倒くさくないもんね。

もし… 同棲した事ありますけど
面倒くさくなっちゃうの

すごく相手に尽くす方ですので。
フフフフ…。

自分は全然 リラックス
できていないなって思って。

1年間だけ
同棲した事あるんですけど。

昔々よ。 もう 大昔ですけど。

でも 今 考えたら やっぱり
1人がよかったんだなと思って。

1人を楽しむ事を
まず 考えた方がいいと…。

そうよね。 でも 8月に70歳?

古希?
古希。

骨も折れて コキコキになる…。
フフフフ…。

まあ あっという間でしたね。
54年ですか 芸能もね。

だから こうやって まだ
ピーター 池畑慎之介って

覚えてくださっているだけ
ありがたいと思うし

健康でいられるからね
こうやって…。

『徹子の部屋』にも呼んで頂けて
こうやって…。

でも 徹子さんも お元気でね
こうやって お会いできる事が

私は すごく幸せで。
本当に そうよね。

すばらしい番組だと思います。
そう。 私も長生きしなきゃと

思っているのよ だから。
そうですよ。 そうです。

100までやりましょ。
100までは やりたいと…。

ええ。 ぜひぜひ。
でも あなたも

目標は 世界一美しい
おじいちゃんというのが…。

そうそうそう。 だって
おばあちゃんにはなれない。

だから 一応 おじばっていうのが
みんなからね…

RIKACOさんとか 東山君とか
みんな 昔…

25年ぐらい前からかな。

おじさんのような
おばさんだから

おじば おじばって
呼ばれているんだけど。

今 YouTubeも始めて

OZIBAチャンネルっていうのを
やっているんですけど。

おじばって面白いじゃない。
おじさん おばさんと間のね…。

だけど おじさんである事には
変わりないから

「世界一奇麗なおじいちゃんに
なりたいです」って言ったの。

そうか。 おじば。
それにしても 古希になるなんて

思ってもいなかったでしょ?
自分でね… 70って 昔…

私たちが ちっちゃい頃は
もう ご引退してる…

ご隠居様ですでしょ。
そう。

今 70って みんな 元気だし

他の歌手の先輩方も
全然 元気だし。

徹子さんも…。
フフフフ…。

そう。 だから…。 この前
奈良岡さんにね 電話して

お話ししていたんだけど
奈良岡さんも九十いくつでしょ?

奈良岡さんは すごいわよね。
元気ですよ。

あと 石井ふく子先生もそうだし。
そうそう。

だから
そういう諸先輩方を見ていると

まだまだ 全然
ひよっこだなと思って。

だから 元気なうちに…
できるうち

こんな 車 好きだし
ゴルフもバンバンして

骨折だけは
しないようにしようと思って。

でも ご両親も
共に70代だったんですって?

そうですね。 76か
それぐらいでしたね。

バタバタッと 2人とも
早かったんですね。

これは 父と母が

まだ 結婚したか
しないかの頃ですかね。

2人…
父の兄弟弟子だったの。

母も吉村ユウミネ
っていう名前で。

で お父様が
あれでしょ? お家元?

そうです。 はい。 一応
ずっと 吉村流の家元…

四世家元ですね。 はい。

父親 橋本っていう名前で

母は橋本清子のまま
亡くなったんですけどね。

私だけが池畑で
母の姓を継いでいるんです。

それで 本当に池畑なの?
そう。

池畑のままなんですけどね。
ふーん。

まあ なんか 毎日
写真を見ながら

お線香 あげていますけど

生きていてほしかったなと
思いますね まだまだ。

ねえ。 でも 古希になったら
何かしたいとか

そういうのあります?
だから 古希まで…

まず 還暦の時に 私は本当に

還暦まで病気もせずに
ありがとうございました

っていう気持ちで。
それで 還暦っていうのは

暦が もう一回
戻るわけじゃないですか。

また10年
こんなに元気でいられたから

次は 80 90と
このまま 大病もせずに

骨折りだけは気を付けて…。
フフフフ…。

一人暮らしを全うしたいと
思いますっていうお願いは

いつも 近所の神社に行って…。
あっ そうなの。

海の見える神社があるんですよ。
ええー。 それ いいわね。

走水神社っていうのがあって。

観音崎のすぐ手前の所にあって。

それで 階段を… ちょっと
これ 大変だったんだけど

足が治って 階段 ずっと
30段ぐらい上がって

振り向くと
海がバーンって見える。

あっ そう。
そういう神社があるんですね。

そこへ よく1人で
お参り 行っていますね。

ふーん。 なるほどね。

だから 割と 全部 一応
おさい銭して 拝んで。

なんか ホッとするんですね。

背中をバーンって
たたかれたみたいな感じがして

お参りしたあとって。
そうよね。

だから 背筋が伸びて
帰ってこれるっていう。

一人暮らしは一人暮らしなりに
色々… 考えますよね。

そりゃそう。
でも どっちにしたって

同じじゃない?
でも 本当に 1人なんですよ。

徹子さん 周り
いらっしゃるでしょ? どなたか。

ちゃんと
お世話してくださる方も。

そういう方とかは…。
私は全然 お世話してくれる方…

向かいの陽葵君を
ちゃんと育てて…。 フフフフ…。

そうよ。
あの子が大きくなって

ちゃんと よろしくねって
言っとかないと。

今 5歳だっけ?
5歳なんです 陽葵君ね。

そう。 それは大変だわね。
そう。

だから 厄介な人が来たなって
向こうのお父さん お母さんは

思っていらっしゃるかも
しれないけど。

でも とにかく 歌は
歌っていこうとしているの?

そうですね。 8月1日に 今度

「スペシャルディナーライブ」
っていうのを

初めて
このコットンクラブという所で

やるんですね。
あるわね コットンクラブって。

ここで 「えっ もう70歳?」
っていう副題をつけまして

やる事にしました。
あっ そうか。

久々に…。 この前ね 春に
コンサートがあったんだけど

それがコロナで
中止になっちゃったんで

今回 ここの誕生日で 8月の…
私が 8日が誕生日なんですね。

8月ですよね?
私 9日。

あっ 1日違い? 8日。
あっ そう。 私 妹だわ。

8 8。 8 9。
そうそう そうそう。

8 8。 8 9。
で 1週間前なんで

ちょうど そこでライブ…。
あっ そう。

ぜひ また
歌を聴きに来て頂けたら…。

でも あれですよね。
お一人様を楽しむためには

やっぱり 心構えっていうか…。
うん。

なんか 1人っていう言葉で
皆さん 寂しいでしょ? とか

孤独でしょ? とか
おっしゃるんだけど

その孤独を楽しむ
余裕を持ちながら

ちょっと 贅沢な時間が…

私は持っているのよって
いつも思っています。

私も そう。
優雅な優雅な一人生活。

本当 楽。

ねえ。 長生きしましょう。
気楽。

よろしくお願いします。
ありがとうございました。

お願いします。

『徹子の部屋』は