ロンドンハーツ もしもパンサー尾形がバンクシーと遭遇したら!?[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ もしもパンサー尾形がバンクシーと遭遇したら!?[字]

世界中が注目する謎の芸術家・バンクシー。ロンハーで偽バンクシーを用意し、パンサー尾形と遭遇させたら、どうなってしまうのかを検証!

詳細情報
◇番組内容
パンサー尾形と言えば、これまでのドッキリでも、お金の事になると我を忘れて一気に周りが見えなくなる。
今回こそは、お金に異常な執着を見せず、冷静を保てるのか!?
◇番組内容2
尾形軍団のYouTube撮影中、パパラッチに追われる偽バンクシーを見つけ、助けてあげた尾形と軍団員。
尾形は、偽バンクシーを本物と信じてしまうのか?
こちらの予想を遥かにしのぐ、衝撃の行動に!!
さらに、軍団員に言い放った尾形の大暴言に、淳やザキヤマも騒然!
2週連続のドッキリ拡大スペシャル、全90分の長編ドキュメント!
お楽しみに!
◇出演者
ロンドンブーツ1号2号/尾形貴弘(パンサー)、菅良太郎(パンサー)、山崎弘也(アンタッチャブル)/しまぞうZ(キャベツ確認中)、西島永悟(シンガリ) 【五十音順】
◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 尾形
  2. 山崎
  3. 西島
  4. バンクシー
  5. 偽バンクシー
  6. パパラッチ
  7. 通訳
  8. ドッキリ
  9. 本当
  10. 英語
  11. LINE
  12. グループLINE
  13. ハハハハ
  14. マジ
  15. スベ
  16. 多分
  17. 内容
  18. 日本
  19. BAN
  20. オーケー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



さあ 今日はですね 久々に

パンサー尾形のドッキリ企画を
行いたいと思います。

あら! またですか。
ありがとうございます!

よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

今日は でも 菅さんには
一切負担をかけないという。

いや… もう
本当 信じてないです。

(山崎)毎回 なんか パンサーがね

なんか こう
ギクシャクするっていうのが…。

「今 何されてるんですか?」。

〈以前 奥さんの
ナンパドッキリでは…〉

淳さん
本当に 手 出るぞ。

〈淳が殴られそうになったり…〉

〈パンサー 4人目
追加ドッキリでは…〉

2人は悪くない。
悪いですよ。

〈偽番組
「情熱太陸」ドッキリでも…〉

〈相方2人が振り回される事態と
なったが…〉

絶対 使わないでしょ
こんなところ。

〈今回の尾形への
仕掛けとは?〉

今回は
お金に特化したドッキリを。

(菅)ああ まずい…。
今まで ちょっと

ドッキリの中でも
意図しない 金の汚さみたいな…。

時々…。
そうですね。

4人組になるっていう
ドッキリの時も

ギャラを多めにくれと。
(山崎)それ あったね。

(菅)それなら納得する
みたいなのもありましたから。

そんな尾形さんに
今回 用意したドッキリは

こちらです。

えっ? どういう事?

バンクシー 知ってます?
(山崎)誰も見た事のない人じゃ…。

画の人でしょ?

〈世界中が注目する
正体不明の芸術家 バンクシー〉

〈各国のストリートや壁に
作品を残し

その価格は 高いものなら
優に億を超える〉

〈日本でも バンクシーが
描いたと思われる画が

発見されているが…〉

〈『ロンハー』では
偽のバンクシーを用意〉

〈金が絡むと
なんでも信じちゃう尾形〉

〈もし遭遇してしまったら
どうなる?〉

『ロンハー』らしからぬ
随分ファンタジー系の…。

ああ そうですか?
だませる? これ。

最悪 もう バレてもいいと
思ってるんです。

(菅)バレてもいいドッキリって
なんですか?

えっ とうとう ドッキリって
そういうとこまできてるんですか。

まあ 引っかからなかったら
引っかからなかったで

成長したっていう。
尾形の成長記として捉えて…。

ドッキリを見破れるように
なったんだねって…。

これは さすがにドッキリだと。
(山崎)そういう成長記をね…。

もう このドッキリは
すでに動きだしております。

(菅)もう やってるんですか?
そうなんですよ。

すごいっすね マジで。
(山崎)そんな話 全然…?

全く聞いてないですよ
本当に。

〈作戦初日の4月半ば〉

せーの… サンキュー! どうも!

〈この日 尾形は
地元 高円寺で

軍団のメンバー2人と
YouTube撮影で

大雨の中 街ぶらロケ〉

(菅)「えっ? 街ぶら?」

〈そのさなか
こちらの駐車場で

パパラッチに追われ
助けを求める

偽バンクシーが〉

〈そこで 運命の出会いを果たす〉

〈尾形たちが
ユーチューブロケをする事

2時間〉

もう このユーチューブロケも
『ロンハー』のドッキリ用に

動いてるんだ。
(菅)これ 巧妙ですね。

「そういう設定…」

キャメラ… パパラッチ?

(しまぞうZ)ノー パパラッチ
ノー パパラッチ。

(しまぞうZ)隠れたい?
隠れたいって…。

怪しいですけどね。
怪しい!

隠れたい人は

(西島)ちょっと じゃあ あっち…
あっち行こう。 あっち行こう。

〈当初の作戦どおり
仕掛け人の誘導で

(山崎)
「なんか あそこ 見えちゃう…」

(西島)
オーケー オーケー オーケー!

(西島)わかんないですけど…
パパラッチっつってましたよ。

外国の人だよ!
(西島)外国の人。

(尾形)なんで パパラッチ…
芸能人って事?

(西島)わかんないですけど
見た事ないです。

「まだ気付いてはないですね」

(西島)こっち来る…
多分 こっち来る。

〈戸惑う尾形のもとに
パパラッチ登場〉

(山崎)「来た パパラッチ」

「パパラッチ…」

(西島)ユーチューブ撮ってて 今。
(しまぞうZ)撮ってただけです。

(通訳)
パッと見えたんですけれど。

いやいや 見てないですよ。
(通訳)見てないですかね。

パパラッチに通訳は いるんだ。
ハハハハ…!

パパラッチの通訳…。
(山崎)バンクシーに通訳いなくて。

怪しいと思えよ
って話なんですけどね。

(通訳)連絡をしてたんですって
この人は。

ここで会うって約束で この方と。

ご存じないですかね?
なんか 見覚えないですかね?

(尾形)なんかしたんですか?
この人が。

(通訳)…ではなくて
有名な画家さんなんですって。

(通訳)
そうなんです そうなんですよ。

(英語)

(英語)

〈すると パパラッチが
駐車場の奥に

何やら 画を発見〉

「これ あれじゃねえかと」

(英語)

(英語)

(尾形)これが作品?

(通訳)
まだ これ 終わってない…

未完成だそうなので 彼によると。
未完成だから いずれ 帰ってきて

絶対 これを終わらせに来るって
言ってるんですよ。

(通訳)まず その素顔が
わからなかったんですけど

誰かに なんか 情報を
たまたま もらって

日本にいるぞっていう事が
わかったらしくて…。

(通訳)これを描いてた人を
見ませんでしたか? 絶対に。

〈外国人を見た事は
バラさなかった尾形〉

〈この辺で

尾形さんが バンクシーを
知ってるかどうかがね まず。

(山崎)
「バンクシーと言われてもね」

(西島)多分 マジで
パパラッチだったんじゃないですか

本当に。
(尾形)パパラッチ? でも これ…。

(西島)これが だから

(山崎)「なんか あの有名な人が
よぎったのか?」

(偽バンクシー)ごめんなさい。

画家? 画家さん?

(西島)
今は言えないって言ってます。

(西島)ああ 日本にいるから…。

「お礼するっつったよ」

(英語)

(偽バンクシー)おが…?
(尾形)尾形。

(偽バンクシー)
ネクスト タイム 教えます。

(英語)

〈偽バンクシーの
LINEのアイコンには

わかりやすく
「BAN」の文字が〉

そんなバカな…。
バンクシーの「BAN」ですね。

そんな隠したいのに…。
わかりやすい。

キャン ユー メイク
ア グループ?

「グループLINE? しかも」

〈偽バンクシーが

〈とりあえず 尾形1人が
LINE交換〉

(西島)オーケー。

〈後日 連絡すると約束し

〈すると 尾形は…〉

ちょっと待って これ…。

〈交換した 偽バンクシーの
アイコンを見て…〉

「ハハハハ…!」

品がないんですよ 品が。

〈尾形も参戦!〉

〈セクシー女優が選んだ
芸人グランプリが

ABEMA限定で配信中!〉

(山崎)「ああー きた!
知ってるんだ!」

「知ってましたね」

〈こっちが驚くほど…〉

でも 言われたんじゃなくて
自分で導いたと思ってるから

ややこしいですね。
自分からハマりにいってるからね。

でもさ だって この感じで…。
まあね。

見たの 俺ぐらいだろ 多分!

いや マジで
顔見たの… そうですよ。

だって 顔 わかんないんだから
バンクシーって。

バンクシー… でも 「BAN」だもんね
これ 「BAN」って…。

(山崎)「ハハハハ…!」

怪しめよ!
それが怪しいのよ。

「BAN」って言わないよ
バンクシーは。

(西島)撮ってないです。
(尾形)なんでだよ!? お前。

なんでだよ!? お前。

〈欲 丸出しの尾形〉

これ バンクシーだったら。
いや マジ そうっすけど。

これ… この感じで
これ 「BAN」だべ?

(西島)いや でも
なんか さっき言ってたのは…。

(しまぞうZ)えっ! 嘘!

「ピュア中のピュアですから」

ピュアなんだけど やっぱ…。

やっぱ お金っていうのが
一気に なんか…。

そうね。
ねえ。 拍車をかけるっていうか。

(西島)どうします?

1回 全部… ダマにします?
これも… これも。

〈という事で 尾形は本当に…〉

(西島)行きましょう。

この奥でしたっけ?
(しまぞうZ)本当 すぐ 駐車場…。

(菅)「どういう事なんですか?」
「持って行っちゃダメなんだけど」

「“億"っつってるよ。
濡れてもいいんだ」

(尾形)本当に…。

「真っ当に生きててよかった」…。

泥棒なんだよ 今やってる事。

〈こちらの予想なら
この日は

LINE交換で
終わるはずだったが…〉

犯罪よ!
訴えたら勝てるからね。

〈これまで何度も
想定外の言動をしてきた尾形〉

温度を…。

〈なんと 重さ15キロある板に
描かれた画を

持ち帰ってしまった〉

(山崎)「マジかよ!」
「すげえな」

やばいな これ。

「持って帰る事も やばい」

〈更に
テンション爆上がりで

偽バンクシーの画と
記念撮影〉

〈そして 西島と別れ
しまぞうと

「大変だね 後輩も」
(山崎)「しまぞうさん ねえ…」

〈ここからは

(山崎)「バンクシーっぽい?」

(山崎)すげえな。

LINEも…
LINEも交換してるしね。

(尾形)バンクシーが
ちゃんと描いたっていう

サインみたいなのも…。
(しまぞうZ)だから… そっか。

バンクシーが描いたっていう
証拠がないと あれなんだ。

「おめでとう? どういう事?」

〈雨の中 30分間歩いて 画を運び
尾形の自宅に到着〉

〈すると 尾形は
妻 アイさんに…〉

(アイさん)嘘!?

(しまぞうZ)尾形さん…。

最低。
うわ 人間性 出るね。

〈その後
尾形から偽バンクシーに

「盗まれないよう あの画は
自分の家に置いてあるから

心配するな」とのLINEが
英語で送られてきた〉

(山崎)「ええー!」

〈しかし 軍団員たちを

グループLINEに招待する事は
なかった〉

グループLINE
招待してないんですか?

自分だけのものにしてる。
うわ 怖っ!

〈それから9日後〉

〈この日は
「芸人 軍団対抗戦!」という…〉

〈再び 2人に協力してもらい
気持ちを探ってみる〉

(西島)おはようございます。
おはようございます。

(山崎)「グループLINEに
入れないって すごいな」

(スタッフ)申し訳ないんですけど
ちょっと こちらで お待ち…。

はい。
(スタッフ)すみません。

〈という事で

あいつ。

(しまぞうZ)送ってるんですか?
(尾形)送ってるよ!

俺…。

(山崎)ねえ!

はいはい はいはい…。
(尾形)だから…。

いや それは もう なんか
探ってる感じじゃない?

(しまぞうZ)ああ…。

(山崎)いや 悪いヤツら。
知らないテイを取って

お金を引き出そうという。
(菅)恩を売ろうと。

(山崎)「イヤな作戦会議だね これ」

〈で 尾形が送ったのは
こちらの英語LINE〉

〈「日本はどうか?」

「何か問題があれば言ってくれ」
という内容〉

「あっ そういう事か」

(西島)バンクシーからしたら…。

(西島)本物 偽物。

サインがないと
ほとんどダメだもんね。

(しまぞうZ)
尾形さん 書いてないです。

(尾形)ベタにさ やっぱり…。

めちゃくちゃ なんでもできるよ。
スベっても 別にいいんだから。

(山崎)「スベっても 別にいい」

いやいや ダメでしょ。
最低だな。

お金ないから
スベりたくないわけ?

〈『ロンハー』が用意した画とは
夢にも思わず

ぬか喜びする尾形に…〉

(山崎)「えっ!?」
「返ってきた! ここで」

ちょっと待って。

〈偽バンクシーから送ったLINEは
こちら〉

〈返信が遅くなったおわびと
更に…〉

(西島)「あの画を
家に持って行ってくれて

だから 盗まれなかった」と。
(尾形)おおー!

日本にいるの? まだ。

あっ まだいるの?
(西島)だから 来月…。

(しまぞうZ)来月…。
(尾形)じゃあ いるんだ。

〈それに対して 尾形の返信〉

〈…という内容〉

いくらなんだろうな? マジで。

25億…。

「これは たまらんよ」
「いや お金大好き」

俺は保管してるからな!
そこは もう…。

(山崎)イヤだね。
(菅)いの一番に持って帰ってた…。

勝手に持って行っただけだろ。

いくらだ?

もう 9億あったら…。

(山崎)「スベっていい?」
「スベっていい?」

〈そこへ…〉

〈偽バンクシーから送った内容は

こちら〉

(西島)「家に保管しておいてくれ」。
(尾形)ああー!

あっ お礼したいって… 俺に?
(しまぞうZ)はい。

(尾形)…って言ってみる?

〈なんとか 画に
サインを書かせたい尾形〉

そこは気にしてたもんね。
顔も撮りたいんだろ どうせ。

〈そして 返信は…〉

〈…という内容〉

食い付き方が
バンクシーだと思っての

返し方だよね。

(山崎)「したいけど
しちゃダメって事ね」

俺 まだ わかってないっていう…。
(西島)はい。

〈そして…〉

〈偽バンクシーからの
LINEの内容とは?〉

(西島)「場所と日程と時間を
あとで…」。

(しまぞうZ)「あとで送ります」。
(尾形)おおー!

(西島)だから
どこかで会ってくれるんじゃ…。

もう1回 俺と。
(しまぞうZ)会うって事…。

〈だが…〉

ここで ちょっと 俺…。

(西島)確かに。

わかってるから。

(山崎)「すごい駆け引き」
「浅いけどね」

(西島)
会いに行ってあげるよ的な事に

なってるから。

バンクシーに上からいくの?
ここから。

(山崎)「すげえ頑張ってるじゃん」

そうなんだよ。

〈なぜ バンクシーと
マウントを取り合うのか?〉

頭下げて 描いてもらえよ。

〈という事で あえて

「OK, brother.」という
素っ気ない返信〉

ダチだよっていう。
そうね 同等だと。

〈あの夜 偽バンクシーは
お礼をすると言っていたが…〉

(西島)
お礼って 何してもらいます?

そしたら でも 俺が
もらったものだからな その画は。

「もらったものになってるよ」

そうじゃん! それは。

(菅)「ここには分け前はないと…」

俺がお礼でもらった画は
俺のだろ それ。

〈あきれる仕掛け人の2人〉

「ハハハ…! お前だよ」

じゃあ 俺の家にあるやつ
多分 あれ…。

(しまぞうZ)
はい はい はい…。

(山崎)
「みんなで会えばいいじゃない」

(西島)まあ 俺はいらない…。
いらないって言っていいのか…。

いいよ じゃあ…。

ハハハハ…!
もう 持ってる気持ち…。

〈更に 偽バンクシーから

グループLINEを
要求されていたが…〉

(山崎)「そうだよ。
2人にもお礼したいんでしょ?」

怪しまれないんだったら
いいけど。

これ 怪しまれて終わったら
もう お前…。

なんちゅう会話や。
怖っ!

尾形だった〉

まさかのまさか
このバンクシードッキリ

引っかかったんですよ。
(山崎)いやいや…。

導入部分。
(山崎)成功してるじゃないですか。

(菅)いや まだまだ 全然
嫌いになれる要素ありましたね。

まだあるよね。
ありましたね やっぱ 見たら…。

怖いね 「8億払え」。
すごいな。

あの追い詰め方 すごいね
後輩の子に。

バンクシーを
お金としてしか見てないもんね。

しかも そのグループLINEにも
仲間すら入れないっていう。

その… やり取り
してほしくないんでしょうね。

そうそう。 俺が代理人。
俺が交渉する。

交渉するからこそ
分け前が一番でかい。

(山崎)ひどいですね。
怖えな。

いや ただ これだけ信じるとね
大丈夫なんですか? ばらした時。

(菅)やばいですよ。
(山崎)もう いつも そう…。

本当に… ギリギリですからね
これ 本当に。

殴られたら こっちのもんですよ。
(菅)そうですよね。

今までの中でも 思ってた夢が

一番でかいですからね 今回。

多分 俺に「8億払え」って…。
言いそう 言いそう。

「淳さん 8億払ってくださいよ」
みたいな。

さあ ここからですよね。
(山崎)何するんですか?

だから
バンクシーと会うんですよ。

会うの?
(菅)会うんですか?

まあ ここで
バンクシーと会います。

さあ 偽バンクシーからはですね

LINEで 「保管してた画を
持ってきてほしい」と。

更に 「お礼もしたいんだ」と
連絡しました。

今日 まさに。
で 尾形がやって来るんですけど。

あのバカでかい画
持ってきてるんですか?

15キロ 15キロ。
持ってくると思うんですよ。

だって サインしてもらわないと
価値が生まれないから。

(菅)ああ そっか。
そこ 大事だね。

今日 1人で来るのかなと
思っていたら

なんと あのメンバーを呼んで

後輩に軽トラを借りてもらって
その軽トラに あの画を積んで

こっちにやって来る。
なるほどね。

どうしても人の力が必要だった…。

本当は1人で行きたいけど
あの15キロを運ぶには

さすがに無理だっていう事で。
うん。

〈と その時…〉

あれ? これじゃない? 来たね。

来た 来た 来た 来た。 これです。
ハハハハ…!

〈次回は

〈アトリエに招待された
尾形は…〉

好きじゃないけど… いいよ 全然。

ハハハハ…!
欲しいのに。

なあ! 何が違うの? それ。

〈ラストは
前代未聞のネタばらし〉

やったな お前ら。

〈淳 ついに殴られちゃうか?〉

なんで
俺 そこまでせなアカンねん!

〈その翌週は 緊急仲裁企画〉

〈津田と久保田の
マジゲンカも発覚〉

2人とも仲良く…。
何がおもろいねん この…。

〈そして TELASAでは
過去の尾形ドッキリが配信中〉

〈更に TVerでは

ザキヤマが体を張った
貴重映像も〉