それって!?実際どうなの課[字]【焼き鳥は太る?太らない?】【森川葵あめ細工に挑戦】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【焼き鳥は太る?太らない?】【森川葵あめ細工に挑戦】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【焼き鳥は実際太るのか?太らないのか?】
【ワイルドスピード森川が日本の伝統・あめ細工に挑戦!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/チャンカワイ(Wエンジン)
番組内容
①【焼き鳥は実際太るのか?太らないのか?】
お酒のおつまみとしても大人気の焼き鳥。タンパク質が多い鶏肉なので、意外と太らないのでは?という声も。
今回はチャンカワイが、タレと塩、3日で計180本の焼き鳥を食べて検証。
その先には、思わず「#チャンありがとう」と言いたくなる結果が…!?
番組内容2
②【ワイルドスピード森川・あめ細工に挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回は、見るも華やかで繊細な美を誇る「あめ細工」に挑戦!
しかし、短時間でどんどん固まっていく飴を加工するワザは超絶難度。果たして森川は今回もワイルドスピードで行けるのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. チャン
  2. 森川
  3. 吉原
  4. 大島
  5. 最後
  6. 体重
  7. ネコ
  8. ハサミ
  9. タレ
  10. 完食
  11. 飴細工
  12. 見事
  13. 挑戦
  14. ハハハ
  15. 時間
  16. 生瀬
  17. 達人
  18. 夕食
  19. ナンコツ
  20. 笠岡

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



<皆さん…>

<…ご存じですか?>

<お酒の おつまみには
欠かせない焼き鳥だが

鶏肉はタンパク質が多く

カロリーも低いことと>

<炭火やガスで焼くことで

余計な脂も落ちるため

太りにくい食べ物と
いわれている>

<しかし…>

<我々は 専門家に
話を聞いた>

(笠岡さん)…だと思います。

(笠岡さん)…に なっていきます。

(華丸)本当ですよ。

何を言ってるの?って
なりますよ。

そんな論文 書いたら。

(生瀬)
「この番組だから」?

ハハハ…[笑]

<もちろん この人>

(チャン)ああいうのってギュッと…

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

はい 今回 焼き鳥ということで。

(森川)結構…

あるんだ?何となくイメージが。

1回 行って…

<まずは この企画 恒例の…>

(チャン)うまそうやな!

完璧やん 描き方。

<チャンが
焼き鳥と向き合えるように…>

<…を用意>

93から94。

おっ ちょっと…。

<今回チャンには 体重や

普段の食生活から算出した…>

<よって…>

(大島)怖い怖い…。

え~っ?

(チャン)マジで?

<今回チャンが食べるのは…>

(森川)塩味なんだ。

<それでは…>

<まずは定番の…>

<その お味は?>

(チャン)やっぱ この おこげが
マジで香ばしい。

う~ん!

かんだ時の ふっくらとジューシー
を 同時に楽しめるのが

やっぱり 焼き鳥やな!

あ~っ!

<続いて カリカリの食感と
脂が たまらない…>

(チャン)う~ん!

この裏側が ど~んとしてて
もってくる甘味ね。

表側がね 香ばしく

これの食感も
香りも いいんですよ。

<極めつきは 肉とネギの
アクセントが楽しめる…>

(華丸)別々だな。

(チャン)ももの
ふっくらジューシーに

このネギの風味が
ダイレクトに どん!

<続いては…>

<さらに
濃厚な うま味が詰まった…>

レバー難しいよな。

(チャン)うわ~っ!

(チャン)うまい!

<大好物の焼き鳥を
思う存分 堪能する チャン>

(チャン)ちょっと…

へぇ~っ。

<何と!>

<そして その後も
全く手を止めることは なく>

<朝食の焼き鳥20本を

40分で完食>

(チャン)うま~い!

(チャン)あ~っ…

<焼き鳥20本と聞くと…>

<…な 気がするが>

<チャンいわく なかなか
お腹に たまっているという>

<頑張って…>

<昼食の焼き鳥が
やって来た>

(チャン)立派ですね。

<その お味は?>

えっ これ9回?

(チャン)パ~ンと張った
ガワなんですが

それをポッとね かみしめた時に…

<きっと おなかいっぱいの
はずなのに

まるで 初めて食べたような
リアクションを するところ>

<2食目にも かかわらず
ペースを変えず…>

(チャン)うま~い!

<しかし…>

(チャン)これ 味が強めのやつ
いった瞬間やな。

<塩味と鶏の旨味が
前に出すぎてしまい

飽きが来たようだ>

<そこで 焼き鳥を
楽しく食べるための

味変アイテムを用意>

<まずは
さっぱりとレモンを搾って

ナンコツを いただく>

<その お味は?>

(チャン)レモンの酸味が ちゃんとね
お肉を見つけるよ。

すごい爽快です。

<続いて ピリ辛な
一味唐辛子も いく>

(チャン)はい!

あっ もうピリッていうだけで
もう

口当たりの表情が違うね。

<焼き鳥を
食べ進めていく チャン>

<しかし…>

<味変でもダメなのか?>

(森川)そうか。

<…という概念を
ぶっ壊された チャン>

<しかし…>

<チャンの…>

<かなり時間は
かかってしまったが

1本1本 ゆっくりと食べ>

(チャン)おっしゃ!

<最後の焼き鳥も…>

(チャン)…て いう感じがします。

<これまでの検証でも
あまり見なかった…>

<…を 見せたチャン>

<そして…>

<それでも 夕食の焼き鳥は
やって来る>

<焼き鳥もパンパンだが…>

<しかし>

<串に刺さり 食べやすいのも
焼き鳥の魅力>

<だが 半分を過ぎたところで
チャンに異変が>

[ナンコツを食べる音]

<しかしチャンは…>

(チャン)う~ん!

<焼き鳥は 太るのか?
太らないのか?>

<人類の疑問のため

自分の限界に
挑戦し続ける チャン>

<苦しそうな表情は
見せながらも

何とか胃に放り込み

夕食の焼き鳥20本を…>

<これで…>

<…を 食べきった>

<チャンを もってしても…>

<…となった 焼き鳥>

<果たして あす
チャンの体重は

どうなっているのか?>

(チャン)…て いう感じやな。

<果たして…>

<いざ!>

<体重は?>

<焼き鳥を1日60本
食べたところ

0.5kg体重が増えた>

<…チャンが>

(チャン)…て いうの
みんな思ってるね?

<ということで…>

<早速 朝食の時間>

(チャン)うわ~っ!

いい香り!色合いも最高!

<こちらが…>

<まずは 王道の
ももから いただく>

(チャン)う~ん!

(チャン)まずタレが
ベース作ってくれるわ。

スイッチ オンしてるところに

お肉の うま味を
届けてくれるから

うわ~っ ノッてるね。

<さらに 脂の乗った…>

(チャン)う~ん!

さっぱり させてるのは不思議!

<極めつきは 希少部位…>

(チャン)食べやすい。

おいしい!

<タレの甘みが加わったことで

食べやすくなったという チャン>

<しかし タレの分だけ

塩よりも カロリーが
増えているのも事実>

<果たして 体重に この…>

<朝食を見事 完食>

<そして…>

<昼食の焼き鳥が
やって来た>

(チャン)
ありがとうございます。

<甘辛いタレに 食欲が
かき立てられる>

<しかし…>

(チャン)よっしゃ!

<ついに限界が>

<チャンの…>

(大島)メガネが。
下がってるね。

(チャン)よし!

う~ん!

<チャンは…>

<塩では なく…>

<人類の疑問を
はっきりさせるため

決して 食べることをやめない>

<そして昼食の焼き鳥も

見事 完食!>

(大島)あらら…[笑]

<夕食の時間は
すぐに やって来る>

(チャン)迫力満点やな。

<果たして3食目の
タレの焼き鳥の お味は?>

怒ってるじゃん もう。

<…を 取り戻したチャン>

<一心不乱に
焼き鳥を食べていく>

<しかし その勢いも…>

<完食に向け
気持ちは前に行くものの>

[ナンコツを食べる音]

出た ナンコツ。
[ナンコツを食べる音]

<それでも なお…>

(チャン)…のも なんぼかあるでしょ。

<その使命を全うし

見事 夕食の焼き鳥も
完食>

<これで1日…>

<…を 食べきった>

(スタッフ)そうですね。(チャン)うん。

<果たして…>

<果たして…>

<いざ!>

<体重は?>

(大島)え~っ!

(森川)何?これ!

(大島)ちょっと待って!
どうしたの…?

<2.9kgの激やせ!>

(森川)どういうこと?
(大島)何?これ。

(チャン)ふ~っ!

<何とタレの焼き鳥60本を
食べたところ

過去最高となる2.9kg
体重が減った>

<カロリー自体は低い塩で
体重が増えて

味の濃いタレは
体重が減るという結果に

驚きを隠せない>

<ということで3日目は

一度 太ってしまった塩で

実際どうなのか!?検証>

何で そんな
自分に こう…。

<塩味の焼き鳥は太るのか?
太らないのか?>

<これで 全てが分かる>

<1日ぶりの
塩の焼き鳥の お味は?>

(チャン)肉 本来の味に
また出あうっていうのは

「あっ そうやったですよね」って
原点や!

<たった1日 置いただけで

再び 新鮮な気持ちで食べられる>

<これも…>

(チャン)なるほどね。

<すると…>

(スタッフ)漢字の…

(チャン)ああいうので食べれるのが…

(チャン)うわ~っ!

<諸説あるが…>

<…のことを指すと
いわれている>

<そもそも
「やきとん」と呼ばれていたが

あまり浸透せず>

<当時から有名だった…>

そういう区別が
あるんだ?

(チャン)あっ なるほど。

(チャン)これ 今
漢字になってるんだ?今。

すげぇ!

(チャン)あっ ひらがな なんねや!

すごいね!これ。

ほぉ~ 知らなかった。

<雑学も楽しみながら

塩の焼き鳥を
ノンストップで食べ進め

朝食の20本も
見事 完食>

<そして…>

<昼食の時間が
やって来た>

<もう チャンは…>

<案の定 その表情が
すぐに曇り始める>

(チャン)おいしい。

メガネ下がってる…。

下がってる…。

すごい下がってる。

ハハハ…[笑]
もう 落ちる 落ちる。

おっ 上げた。

(チャン)よし!

(チャン)う~ん!

<味変を駆使し
手を変え 品を変え

苦戦しながらも
昼食を完食>

(チャン)ハハハ…[笑]

<少し
弱気になってしまったが…>

<真面目に…>

<しかし まだ夕食を
食べる気には ならないので…>

(スタッフ)最近…

(チャン)…書いてくれてます。

むちゃくちゃ うれしいです
こんなん。

(チャン)もう…

<チャンは…>

<ぜひ 応援してあげてほしい>

<せ~の!>

<そして
この検証 最後となる

焼き鳥20本>

(チャン)
ありがとうございます。

何羽 食ったよ?

<焼き鳥は 太るのか?
太らないのか?>

<その疑問と3日間
向き合い続けた チャン>

<かなり苦しい闘いとなったが

決して…>

<そして最後の焼き鳥を
口に頬張り

見事 夕食も完食>

<これで1日…>

<…を 食べきり>

<3日間では…>

<…を 食べきった>

<果たして あす…>

<運命の…>

<果たして…>

<いざ!>

<体重は?>

<やはり 塩の焼き鳥を食べると
体重は増えたが

初日からは 1.8kg
体重が減っている>

<…ということは 分かった>

<残る…>

<この信じられない
結果を…>

(笠岡さん)より水が欲しければ

飲んだ水も
どんどん入っていくので

その分の 水の分が
重くなったんじゃないか…。

(笠岡さん)タレが入る
炭水化物が一緒に入ることで

いろんな栄養素を こう うまく
分解できるようになっていく。

これが体重減少の
理由じゃないかなと。

<そして…>

(笠岡さん)それは当然 時間がたてば
出ていきますから

その分で減った。

<しかし この結果は…>

<皆さんは…>

(チャン)うまい!

<続いては…>

(森川)飴細工。

<お祭りや縁日などで
見かける…>

<その歴史は古く…>

<中には やわらかい飴を
自在に操る男の姿が>

<ハサミと指先のみで

形を作り始めた>

(森川)すごい。

いや これ いいよな。
何?

<繊細な手さばきで

次々とリアルなパーツを
生み出していき

あっという間に>

<力強いドラゴンの飴細工を
完成させた>

(大島)かっこいい!

<彼こそが 飴細工師…>

<…を務めるほどの すごいお方>

(吉原さん)この飴細工って…

(吉原さん)どちらかっていうと
作っている途中。

<材料の飴は…>

<専用の容器で 何と…>

<今回 森川には基礎を含め

4段階の技を用意>

<まずは…>

(吉原さん)飴を練っていきます。

練っていくと均等の硬さに
なるんです 全部が混ざって。

空気の層が中に入っていくので

より白い飴に なっていきます。

(森川)わっ すごい きれい。

(吉原さん)まず 何か こう
イチゴが横に倒れたような

そんな立体的な
とんがりを作っていただいて

ハサミを持って
ちょっと つまんであげて。

鼻になります。(森川)へぇ~っ。

(吉原さん)そして鼻に向かって
大きく

耳を2つ ちょん。

(吉原さん)ちょんと切って

潰しながら持ち上げます。

これで頭が できた。
(森川)あ~っ 本当だ。

<次は…>

<そして…>

(吉原さん)大きくカットします。

カットした脚を 前に折り返すと

ぐっと立ち上がってる…。

(吉原さん)最後に尻尾を
切らないように

ぐ~っと つまみ出して

根元を しぼる。

(吉原さん)これで丸い尻尾が
出来上がり。

<仕上げに
こちらの食用色素を使って

目を描いたら
ウサギの飴細工が完成>

(大島)かわいい!

(森川)あっ 硬い。

<つまり 飴細工は…>

<早速…>

(吉原さん)これ持ってください。

(森川)伸ばす。

あっ。(吉原さん)はい。

これぐらいのスピードで。
(森川)あっ。

(吉原さん)そうです そうです
いいですよ。

<次は…>

<この間にも
飴は硬くなっていく>

(吉原さん)そうそう…上手です。

(吉原さん)いいですよ。

<急いでシワを集めた場所に
棒を差し込む>

<そして ここからが勝負>

(吉原さん)とんがりを作ります。

<まずは 頭>

<とがり具合は 悪くない>

<鼻は うまく つまめるか?>

<とてもソフト>

<続いては 耳>

(吉原さん)リンゴのウサギを
切ったような そんなイメージ。

そうそう…。

(森川)潰し…。

(森川)こうか。
(吉原さん)いいですよ はい。

<これは 少し小さいか?>

(吉原さん)首を作りましょう。

こう手で ぐっと持ち上げる。

結構 大胆に
やっちゃっていいですよ。

(森川)なってきてます。

<急いで前脚をハサミで切る>

<だが>

(吉原さん)そう 硬くて飛びます。
(森川)あっ!

あ~っ 切れちゃった。

<初めてなので
最後まで形を作ってみるが>

<やはり…>

<達人と比べると

小学生レベルの作品に
なってしまった>

(森川)もったいないので。

<見た目は悪くとも…>

<気分を入れ替え…>

(吉原さん)そうです。

<すると今度は
飴を割ることなく…>

(森川)う~ん?

<しかし…>

(吉原さん)…あったじゃないですか。

<飴は…>

<…して作れるかが 勝負の鍵>

<短足のウサギは…>

<森川は挑戦を続ける>

(森川)耳 大きく。(吉原さん)はい。

(森川)あ~っ。

<あっという間に 作った飴は

遠巻きに見ている
スタッフの手にも行き渡った>

<すると挑戦…>

(吉原さん)切り出すように。

(森川)お~っ。

<あとは…>

(森川)はい。

<…を 意識する>

<そして挑戦…>

(吉原さん)いいですね。

<上半身は順調にクリア>

何か上手になってる。

<いよいよ勝負の…>

<慎重にハサミを入れる>

<大きくは 切れた>

<位置は大丈夫か?>

(吉原さん)うん。いい感じです
いい感じです。

<お尻とのバランスも
かなり良くなった>

(吉原さん)いいです いいです。

<急いで 残りの尻尾に
取りかかる>

<そして 最後の仕上げ>

<うまく できた!>

<達人の…>

(森川)ありがとうございます。

<森川 見事!>

<美しいバランスのウサギを
作り上げることに成功>

<ここから…>

<まずは…>

(吉原さん)黄色を入れて。

<全体が まんべんなく
黄色になるように

飴を練っていく>

(吉原さん)はみ出て こないように。

<まずは飴を押し出し 頭を作る>

(吉原さん)こんな感じです。
(森川)はい。

(吉原さん)切らないで
つまんで引っ張る。

(森川)わ~っ すごい!
え~っ。

(吉原さん)クチバシです。

<今度は大きく切って
指で 潰すと>

<素早く
細かい切れ込みを入れていく>

(吉原さん)反対側も。

<すると あっという間に
左右の美しい羽を作り出した>

<さらに 長い尾>

<最後に繊細なハサミさばきで

2つの足を形作ると>

(吉原さん)くるっと こんな感じ。
(森川)わ~っ!

<これこそが習得に
2週間は かかるという…>

さすがに無理やろ。

<手順が多いため…>

(吉原さん)斜め45度上くらいに

押し出すように
丸い頭を出してください。

こんな感じです。(森川)はい。

(吉原さん)はい 頭を出してください
(森川)はい。

あっ。

(吉原さん)はい そしたら
ハサミを持って

クチバシを つまんで引っ張る
切らないように。

<これは いけるか?>

(吉原さん)おっ いいですよ はい。

<かなり 様になっている>

<ここから 羽>

<お尻の中心から Vの字に
大きく切れるかが重要>

(吉原さん)いいですよ
いったん持ち上げて。

<もちろん
ここはスピードも重要>

(吉原さん)最後
少し引っ張ってあげてください。

(吉原さん)そうです。

<だが 慣れない作業に

どうしても
時間が かかってしまう>

<焦りからか羽も ふぞろいに>

<続いて尾の部分>

<お尻に切れ目を入れ
ハサミで引っ張る>

<急いで やるが>

(吉原さん)あ~っ
いいです いいいです。

<これは悪くない>

<羽を折りたたんだら 最後に>

<手数の多い 足が待っている>

<しかし>

(森川)切って。

もう固まった。

(森川)あ~っ ダメだ もう。

<すでに…>

<達人と比べると 明らかに…>

<再び挑戦するが>

(森川)うわ~っ やわらかい。

<やはり…>

(森川)お~っ。

すごい。

<すると このアドバイスを聞いた
森川は>

(吉原さん)おっ 取れた。

あそこ 引っ張るのがな。

<すぐさま
大きな羽を作り出してみせた>

そうなんだ。

(吉原さん)ちょっと
割れてしまいましたけども。

<そう スピードと繊細さを保ち

手数の多い
足まで完成させるのは

初心者にとって…>

<諦めることなく
挑み続ける森川>

<そして あっという間に…>

(森川)あ~っ。

<気付けば もはや現場に…>

<すると ここで森川が
意地を見せる>

<クチバシは もう お手の物>

<すぐに羽に取りかかる>

<明らかに
手際が良くなっている>

<そして羽も大きい>

<すぐさま尾の部分へ>

(吉原さん)引っ張って。

<うまく伸ばせた>

<残り30秒しかない!>

♬~

♬~
味食べたい ちょっとだけ

♬~
味食べたい

♬~
味使った

♬~
味スープ

♬~
味食べたい 山椒 謎肉入った

♬~
味食べたい キャベツ コーン ネギ ニンジン

<残り30秒しか ない>

<右足は 間に合った>

<いよいよラスト!
飴を割らずに切れるか?>

(生瀬)急げ!
急げ 急げ。

(大吉)頑張れ!
間に合うぞ。

<いけた!もう少しで完成>

<あとは ハサミで引っ張るだけ>

いける?
お~っ 伸びた。

<初めて足を作りきった>

<急いで形を整える>

<達人の…>

(華丸)お~っ。

<見事…>

<手際よく そして繊細に
ハサミを動かし

どこか 気品のある鳥を
作り出してみせた>

<次は さらなるテクニックが
要求される 大技>

<それでは 何が
できるのか

ご覧いただこう>

<今回は
黒の色素を なじませた飴を

ベースとして使用する>

<いざ 実演!>

何が できる?

当てましょう みんな。
(大島)なんだ?

何が できるか。アリ!

(森川)アリは
作らないです[笑]

ネコ?
色的にはね ネコとか。

<すでにフォルムが できてきた>

ネコだよ。
シャムネコ。

(大島)かわいい。
あっ ネコだ。

(大島)え~っ。

(森川)あ~っ すごい。

ネコ?

え~っ すごい!

(森川)すごい。

手が。

脚!あっ 後ろ脚か。

いや~っ。

(森川)すごい!

<これこそが 飴細工
黒ネコの型>

<習得に1か月は
かかるという

ネコの躍動感あふれる
動きを再現した

飴細工 奥義>

<そう 実際に黒ネコも飼っている
森川>

(森川)本当ですか?
(吉原さん)はい。

<先ほどの…>

(吉原さん)鳥のとき やったような
イメージで出したら。

引き出す感じで。

(吉原さん)三角の耳を 2つ。

(吉原さん)そうそう
で 耳を切ります。

<ネコを飼っている森川>

<顔作りは お手のもの>

<そして首を
しっかりと形作り

最初の難関 前脚>

(吉原さん)先端 とがってるんで
これを 内側にこうやって

折り込むんです。

で 肉球のような
丸い手にしてあげる。(森川)はい。

この折るのが結構…。
(吉原さん)難しい?

ハハハ…[笑]

<ここで達人が…>

<…を伝授>

(吉原さん)こうやって持ち上げて
もう1回 くりっと 潰す。

反対側も切ったら

今度 同じように 位置。
(森川)位置。

(森川)あぁ~!

<そして後脚は
切る場所も重要だという>

(森川)あぁ~。

(吉原さん)そうすると もう
ないですね ここ。(森川)はい。

(吉原さん)で 後脚。(森川)えぇ~。

(吉原さん)このまま。
(森川)すご~い!

(吉原さん)そうですね。

<プロの技法に
感激する森川>

<すると この直後の 挑戦…>

(大吉)5回目?

(吉原さん)そうですね 細かい。

(華丸)1か月 かかるんやろ?これ

(吉原さん)あぁ~
できました できました。

<飼いネコを思い出しながら
指を動かす>

<そして 躍動感のある
脚が できた>

<仕上げに顔を描いたら>

(森川)できました!

<達人の…>

<森川…>

<恐るべし!>

(吉原さん)はい 上手です。

<だが 最後に…>

<これこそが習得までに
2年はかかると いわれる

究極奥義>

(生瀬)ネコとは違うからね。

<この技は細かい…>

<大きな…>

<さらに ウマらしい
躍動感のある…>

<手順を覚えるだけでも
難解な

超絶難度の大技>

<残り…>

<…な挑戦>

(吉原さん)最後の1つは 中に
グッと入れ込んでください。

<やはり 今までとは…>

先生 すごい。

そうだよね 早くね。

(森川)あっ!

あっ 危ない。

<そして…>

<時が過ぎ>

<あっという間に…>

<すると…>

<時間的に これが…>

(吉原さん)いいです いいです。

<…も越えた>

<そして>

<なんとなく 愛嬌がある
ペガサスが できあがった>

(生瀬)いやいや 分かるよ
分かるんだけどね。

(大吉)うち…

(森川)ハハハ…[笑]

可能性が ない。

これを機に…

(大島・森川)ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)