ガチ勢分類バラエティ ガチゴライズ[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ガチ勢分類バラエティ ガチゴライズ[字]

ある分野に情熱を注ぐ「ガチ勢」さんたち!彼らをカテゴライズ(分類)することで、新たな魅力をとことん深掘り!

◇番組内容
ある分野に情熱を注ぐ「ガチ勢」さんたち!
彼らをカテゴライズ(分類)することで、新たな魅力をとことん深掘り!
◇番組内容2
▽チーズバーガーガチ勢さん
積み方によって味が変わる!?積み方ガチ勢さん&ハンバーガーの最強パートナー!?チーズガチ勢さん&やっぱりお肉!パティガチ勢さん
ガチ勢さんオススメのNo.1チーズバーガーとは!?
▽話題のテーマパークのガチ勢さん!
アトラクションガチ勢さん&グルメガチ勢さん&働くスタッフに魅了されたクルーガチ勢さん
ガチ勢さんならではの楽しみ方が続出!いったいどんな楽しみ方を教えてくれるのか!?
◇出演者
【MC】東野幸治
【ゲスト】朝日奈央
【進行】野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/gachigorize/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. チーズ
  2. モトウチ
  3. 美味
  4. パティ
  5. マツバラ
  6. クルー
  7. ガチ勢
  8. チーズバーガー
  9. エリ
  10. ジョーズ
  11. USJ
  12. ティンカノ
  13. ハンバーガー
  14. ホント
  15. デッ
  16. 東野
  17. イノウエ
  18. ポイント
  19. バンズ
  20. 一同

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





これね 面白い。
(このはなさん)そうでしょ?

(野村)〈この番組は

ある分野に情熱を注ぐ

ガチ勢たちをカテゴライズ〉

〈ガチ勢を分類する事で

新たな魅力を
深掘りしていきます〉

〈例えば 鉄道ガチ勢〉

〈撮り鉄から妄想鉄など

ひとくくりにできないのが
ガチ勢の奥深さ〉

〈そんな

〈実は
今 チーズバーガーが熱いって

知ってましたか?〉

〈コロナ禍で
テイクアウト需要も高まり

ハンバーガー業界全体が急成長〉

〈2021年の年間支出額は…

過去最高を記録〉

〈中でも最も注目すべき存在が
チーズバーガーだと

ガチ勢たちは
口をそろえます〉

ただのスタンダードの
ハンバーガーだけだと

どうしても
パサパサになりがちなので

そこに1枚チーズが入るだけでも
すごくジューシーさが補われる…。

(エリさん)言ってしまえば
チーズバーガーは

ハンバーガーの
完成形なんです。

〈チーズバーガーは
みんな同じに見えますが

ガチ勢からすると

色んな目線が
あるんです〉

積み方 バンズ
パティ チーズ

ソース コーラ
ビール 進化系…。

こんなにたくさん
あるんですよね。

積み方…
ああ どういう順番。

バンズ… パンの事?
はい。

パティって何?
お肉。

コーラ?
何のコーラが合うかって事?

組み合わせ。
組み合わせって事?

(朝日)え~?
違うんですか?

ビール 進化…。 色々あるねんね。

〈今回は チーズ お肉のパティ

積み順にこだわる
積み方のガチ勢が

それぞれの魅力をプレゼン〉

〈すると…〉

(イノウエさん)お店が
お客さんに一番感じてほしい

メッセージという事で…。

これって… ハンバーガーって
お手紙あるんですね。

〈目から鱗のガチ情報に
東野さん 大興奮〉

…っていう事でしょ?

〈チーズバーガーが
お店からのメッセージ!?〉

〈その答えは のちほど〉

〈まずは チーズガチ勢 エリさんが

チーズの奥深い魅力を

教えてくれます〉

これまで食べたハンバーガーは
6000種類以上。

日本一のハンバーガー女子。
旦那さんとも

ハンバーガーファンの集まりで
出会ったというハンバーガー婚。

歯科衛生士さんだそうです。

本業 どうでもいいですよ。
(一同 笑い)

本業の写真いいですよ。
ああ そう…。

はい。 多い時だと
1年間で500~600個ぐらい

ハンバーガー食べます。

〈そんなエリさんが
今日 どうしても伝えたいのは

チーズは ハンバーガーの
ベストパートナーという事〉

ああ なるほど。

〈東野さん そもそも

ハンバーガーに使われる
チーズって

何チーズか ご存じですか?〉

いや わかんないです。

スライスチーズとか
そんなぐらいしか もう…。

何チーズ?
(エリさん)全然違います。

それだけじゃ 全然ない。

〈それでは

(エリさん)もっともっとあります。

全部で 私が知ってる中でも

20種類から30種類以上あります。

うわ~! 何? これ!

(エリさん)これだけのチーズが
あるという事は

チーズの可能性が広がってきて

たくさん バラエティ豊かな
チーズバーガーが

誕生してるっていう事になります。

うん すごい…。

〈中でも ガチ勢をもうならせる
こだわりチーズを使った

オススメバーガーを2つご紹介〉

〈まずは
池袋のお店 No.18にある…〉

何? ここ。

(エリさん)キャラメルベーコン
チーズバーガーです。

美味しそう!

〈ポイントは
キャラメル色のチーズ〉

ちょっと こんがりして…
何? これ。

〈ヤギのミルクから作られた
ゴートチーズと呼ばれる

キャラメルのような
ほのかな甘みが特徴の

このチーズを…〉

〈上質なパティの上に…〉

うわあ…。 ヤギのチーズ。

分厚っ!

分厚ない?
分厚っ。

(エリさん)のせられた
このチーズをあぶると

何が起こるかというと…

クリームブリュレのような

キャラメリゼした香ばしさが
生まれます。

美味しそう。

すげえ。

(エリさん)
こちらの肉肉しいパティと

チーズが合わさると

全体がマリアージュされる
という事です。

マリアージュ。
マリアージュ。

〈続いて

〈1つのバーガーに

4種類のチーズを
使用しているんです〉

〈その完成品が こちら〉

うわっ すごい!

(エリさん)こちらが 牛バラパテ
極厚ベーコンチーズバーガーです。

チーズの可能性は無限大。
食べたい 食べたい 食べたい。

いやいや 食べたいけど

もうちょっと なんか
コンパクトにならんのかね?

(一同 笑い)
チーズ同士がケンカとか

チーズ同士の味も若干違うから
楽しめるのか

統一した… 統一感がないのか
どうなんですか?

なぜ楽しめるかっていうと

よく 味を表現するのに
コクっていうじゃないですか。

コクって何かっていうと
違う味の合わさりなんですよね。

はあ~…。
すごい説得力。

(イノウエさん)これ ケンカしちゃうと
よくないんですけど…。

ごめんなさい。
僕が間違ってました。

(一同 笑い)
ですよね。

〈続いては

ハマったら最後!

奥深いパティの世界を
紹介してくれる

マツバラさん〉

〈ハンバーガーが好きすぎて

仕事を辞め

ガイドブックを自主出版〉

〈10年以上の食べ歩きの末

シンプルなハンバーガーに
行き着いたそうです〉

いや~…。

5周ぐらいしてる。

やっぱ もう ハンバーガー…
もう…。

〈そんなマツバラさんが
絶対に伝えたいのが

パティの種類〉

〈皆さんは パティには
大きく2種類ある事を

ご存じですか?〉

〈一つは
おなじみ ミンチスタイル〉

〈そして もう一つは
最近のトレンド

包丁で細かくカットする
ハンドチョップのパティ〉

(マツバラさん)ここ10年ぐらいの間に
増えました。

ハンドチョップは ミンチよりも
肉の粒が大きいので

ステーキを食べているような
肉肉しい食感が味わえるんですね。

その 言うたら…。

従来は もう
ひき肉のパティだったんですけど

それも だんだん 粗びきが
好まれるようになってきて

もっと こう
肉肉しくというんで

さっきのような
包丁で切るハンドチョップ。

お店でブロック肉 切りますから

色んな部位を
合わせたりとかですね…。

その切り方も1種類じゃ
なかったりとかですね…。

〈パティが 日々 進化する中

肉の素材と製法にこだわった
2つのお店を

ガチ勢がご紹介〉

〈まずは 芝公園に本店を構える
MUNCH’S BURGER SHACKの…〉

〈ハンドチョップパティ

〈通称

なんで?

ああ トランプ 食べたから…。

(マツバラさん)トランプ前大統領が
来日した際に

会食で振る舞われた
ニュースにもなった

あのバーガーなんですよ。
トランプさん 好きなんですよね。

(マツバラさん)肩ロース
で その中の 美味しい

ザブトンという部位をですね
ハンドチョップしてます。

アメリカ産の
アンガスビーフを使ってます。

こんな感じで…。
めっちゃ贅沢やん。

(マツバラさん)これで 5ミリぐらいの
スライスですかね。

で 肩ロースの一部は
こうやって ひき肉にしまして

このひき肉で
ミンチ肉をつなぎます。

ハンドチョップ半分に
ひき肉半分みたいな。

そういう こう 色々…。

ネオミンチみたいな
感じですよね?

なんか… 感じで言うとね。
(マツバラさん)はい。

ちなみに
卵とかパン粉とか入れません。

〈それを アツアツ鉄板の上へ〉

(マツバラさん)
300度超の超高温で 一気に…。

上手に撮ってるね。
(一同 笑い)

美味しそう。

〈肉汁が出る前に
表面を こんがり焼く事で

外側はカリカリ
中はジューシーな仕上がりに〉

うわっ!
うわあっ!

(マツバラさん)ここにコクを増す

コルビージャックチーズを
合わせて 出来上がり。

これも うまそう!
美味しそう。

〈続いて もう一つは ミンチ肉を

スマッシュという
特殊な製法で作った

チーズバーガー〉

スマッシュバーガー?

〈それが食べられるのが
Mikkeller Kanda〉

オシャレですね。

〈ここでは
ボール形のミンチ肉を

鉄板の上へ〉

これぐらいが
ちょうどいいんですよ。

〈ですが…〉

〈このままでは
中まで火が通らないですよね〉

(マツバラさん)ここで
秘密兵器 登場。

こんな道具の力も
借りまして…。

こいつをですね ムギュ~ッと…。

(マツバラさん)力の限り
鉄板の上に押しつけて…。

「SMASH!!」。
オリジナルの…。

(マツバラさん)
これがスマッシュですね。

SMASH!!

何パターンも録らさせられてる…。
なんやねん このSMASH。

(マツバラさん)
これで 厚さ1センチ以下の

パティになります。

ギューッと圧かけますから

中心部は
しっとりしてるんですけど

外側に広がった縁の部分はですね

ギザギザの
カリッカリの焼き上がりですね。

独特のパティですよね。
(マツバラさん)はい。

アメリカにですね
結構 以前から

ああいうスタイル
あったんですけど

割と 最近 アメリカ人の間でも
再注目されてまして。

オールドスタイル。
(マツバラさん)ああ そうですね。

再評価…。 流行っている…。

(マツバラさん)で そこに チーズの
マイルドさっていうんですか。

脂がですね…。
だからチーズバーガーなんですね。

(マツバラさん)はい。
スマッシュバーガーは

ほぼチーズバーガーです。
はあ~。

(マツバラさん)
カリッカリのパティにですね

ねっとりチーズが絡みまして

シンプルだけど
珠玉のチーズバーガーの完成です。

いや いいと思う。
食べたい。

これ 食べたい。

さあ ここまで
チーズ パティと 見てきました。

最後は積み方ですよね。
積み方。

イノウエさんは
積み方担当でして…。

会社員をしながら

そうすると どんな積み方しても
一緒なんじゃないかというふうに

思われてるかと思うんですが…。

わかりました。

…というふうに
思ってもらっていいです。

ハンバーガーの中には

先ほどの
話じゃないんですけれども

バンズだったりとか
チーズだったりとか

こういったものが
ガバガバと入っておりますよと。

で これを積む順番で

味とか食感に 大きく
変化を生み出す事ができます。

一番大事なのが下のバンズですね。

ヒールっていうんですけれども…
の上にあるもの。

これが
一番最初の味覚になるんです。

皆さんの舌って
下についてますよね。

レタスだと シャキシャキとした
食感だったり みずみずしい味。

パティだと
ジューシーな肉の味わい。

ああ~!
ああ そうか。

(イノウエさん)で 時々 チーズだと

クリーミーな味わいになる
という事で

下のバンズ ヒールの上に
置いてあるものこそが

お店が お客さんに

一番感じてほしいメッセージ
という事で…。

(一同 笑い)

知らんかった 俺。

バンズの一番下にのってるやつが

店からのお手紙やっていうのを…。

だから 店は 一体 何を
このハンバーガーに

メッセージ
のせてるかっていうたら

シャキシャキ感を
実は 楽しんでほしいんだよ

っていう事でしょ?
そういう事です。

〈ちなみに ハンバーガーを
逆さにして食べると

最初に感じる味が変わるので…〉

えーっ! そんなに違います?

なので これを
ちょっと 覚えといてもらえると

例えば ちょっと
食べ進めていった時に

味変をしたいなとか…。
なるほど!

(イノウエさん)
ちょっとしたテクニックですね。

〈チーズ パティ 積み方の魅力が
わかったところで

それぞれのガチ勢が

今 食べてほしい
チーズバーガーを紹介〉

〈題して…〉

〈まずは 積み方ガチ勢の

No.1チーズバーガー〉

〈それが…〉

(イノウエさん)
チーズバーガー界の頂点と…

キング オブ キングスと
いわれている

人形町にあります
BROZERS’というお店の

ロットバーガーです。

もう きれいすぎて
何も言えない。

もう 本当にきれい。

全方向 大丈夫みたいな
感じですね。

なんと この
ロットバーガーにはですね

バンズ… 1~10って
書いてますけれども

大体9個ぐらいの具材が
入っているんですが

手で持っても崩れない。
とにかく きれい。

一方で このロットバーガーの
最大の見どころって

東野さん どこだと思いますか?

素晴らしいですね! 先ほど
お話ししたとおりですが…。

(イノウエさん)この下にあるのが
美味しいレタスなんですね。

このレタスが BROZERS’さん
非常に有名でして…。

あっ 上手!

(イノウエさん)今 もう
シャキッていいましたよね。

もう エアリーな断面が。
こんな まとまるんですね。

「エアリー」って
どういう意味なんですか?

〈実は このレタスに

業界中が注目する秘密が
隠されているんです〉

いいんですか?

(イノウエさん)もう
このVTRが流れてる事自体が

革新的なんですけど

この動画とか画像とか

一切 撮らせなかったんです
今まで BROZERS’さんは。

今回 ちょっと 色々あって。
特別に?

(イノウエさん)引きだったら
大丈夫です みたいな感じで

やってもらってるんですけど。

畳む時に 最後にシュッてやって

それが開かないんですよね。

我々から見ると
押してんねんなっていうけど…

おっしゃってたけど

今?
(エリさん)はい。

〈まさに 神業がなす
芸術品ですが…〉

これも うまそうよね。
食べたい 食べたい…。

〈まだまだ
ガチ勢のNo.1は

続きますよ〉

〈続いては パティガチ勢が選ぶ

No.1チーズバーガー〉

〈ハンドチョップの
肉肉しさ満点バーガーが登場〉

〈それが…

こちらの
ブルー・ベーコンバーガー〉

あっ 美味しそう。

〈食べられるのが

アメリカ帰りの夫婦が営む
新宿のお店

Castle Rock〉

〈パティに使うのは
牛肩ロースのブロック肉〉

〈食感を際立たせるため 大きめに
ハンドチョップしたら…〉

〈注目すべきは この焼き方〉

(マツバラさん)
このパティなんですけども

溶岩石を敷き詰めた
直火のグリラーの上で

焼いてます。
溶岩石…。

いや ホント これ

(マツバラさん)遠赤外線効果で
芯まで火が通ります。

〈熱された溶岩石に
パティの肉汁が落ちる事で

燻製状態〉

〈パティに香りがつき

(マツバラさん)こんがり焼けたとこに
ブルーチーズ…。

ああ~ なるほどね。
(マツバラさん)はい。

自家製ベーコンをのせまして…。

〈燻製されたパティの香ばしさに
チーズの塩味が合わさり…〉

でかっ!
でかっ…。

〈ハンドチョップの肉肉しさも
相まった

極上のチーズバーガーが完成〉

これも うまそう!

〈では チーズガチ勢の

No.1チーズバーガーは…〉

〈それが…〉

うわあ…。

〈このチーズバーガーは
キッチンカーでのみ販売〉

〈最大の特徴は 食感が楽しい
2種類のチーズ〉

〈まずは インパクト大!〉

〈麦わら帽子のような

すごい。

うわあ…。

〈焼いているバンズに
チーズをまぶすと…〉

なんちゅう
チーズの落とし方やねん。

〈とろけたチーズが
バンズをコーティング〉

へえ~!
うまいのよ。

このチーズだけで うまいのよ。
わかります。

〈羽根付き餃子のような

カリカリ食感の
濃厚チーズバンズが完成〉

麦わらや。
ホント 麦わら帽子。

〈続いては この滝のような
マカロニチーズソース〉

へえ~。
あんま見た事ない。

〈スモークゴーダチーズを
贅沢に使って煮込んだソースに…〉

〈マカロニを投入〉

すげえな。
うわ~!

なんか アメリカン。

手間かかって うわっ…。
美味しそう!

〈濃厚マカロニチーズソースの
完成〉

これは

(エリさん)
こちらをチーズパティの上に

たっぷりとかけます。
スロー!?

どの目線やねん。

おかしなってるやん。

〈さらに

〈最後に カリカリチーズバンズを
オン!〉

掛け布団みたいな感じ。

うわっ!
美味しそう!

〈こちらの絶品チーズバーガーを
ご用意しました〉

〈食べた感想をお願いします〉

あら 素晴らしい!
ありがとうございます。

いいね いいね いいね。

え~っ!?
(エリさん)ファーストタッチ

ちょっと チーズパン
カリッと やってみてください。

ん~!

(エリさん)ちょっと傘の部分
食べないと やっぱり 顔が…。

いや でも
美味しいです ホントに。

うわっ 美味しい。
美味しい。

〈続いては…〉

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンです」
「あっ 面白そう」

〈開園1周年の新エリア
SUPER NINTENDO WORLDや

2年ぶりに復活した
大人気イベント

ユニバーサル・クールジャパンが
今 話題のUSJは…〉

を獲得〉

ちょっと こちらを
ご覧頂きたいんですね。

〈USJガチ勢を
ガチゴライズ!〉

〈アトラクションだけに特化した
アトラクションガチ勢や

パレードの全てを知る
パレードガチ勢などなど〉

「キャラグリって なんですか?」
「キャラクターグリーティング」

「あっ キャラグリ」
「なんですか? グリーティング」

キャラクターが出てきて
あ~! という…。

あ~! はいはいはい。
写真撮ったり。

ええ。
面白そう。

〈そんな中
今日 お越し頂いたのは

こちらのガチ勢〉

〈アトラクションとグルメ
そして クルー〉

〈3人のガチ勢には

それぞれに
全く違った楽しみが!〉

〈スーパー・ニンテンドー・ワールド
夜だけの楽しみ方〉

「あら! ええやん!」
「雰囲気 出る!」

〈え~!?〉

〈USJで 50日熟成の
希少ステーキが食べられる!?〉

うん! 食べるためだけに行く
っていうのも納得。

(ティンカノさん)おお よかった!
納得します。

〈そして…〉

〈あのジョーズを巡って…〉

東野さん ジョーズの話ありますよ。
ありました?

「乗れば乗るほど面白い!
ジョーズ」。 僕ね…。

俺 開園当初…。

だから ジョーズとか。
ああ ジョーズ。 はいはい…。

今もありますよね。
今もありますけど もう…。

ジョーズ 出てきたら
もう ヌルヌルですよ。

そんな事ないです。
いやいや…。

いや…。

やめて それ以上!

違うんです。
ポイントがあるんですね。

あっ ホントだ クルーの枠。
あっ クルーを見てください?

「乗れば乗るほど」…。

1回乗ったら ネタがわかるから

そんな事ないと 俺は…。
そうですね。

(このはなさん)
違うんです 違うんです だから。

今日は ホントに これを知ったら

多分 東野さんも
ジョーズ ハマると思います。

ええ~!?

〈今夜 東野さんの
ジョーズのイメージが一変!〉

〈…と その前に

〈アトラクションに
のめり込みすぎて

会社を辞めちゃった

アトラクションガチ勢がプレゼン〉

〈それは…〉

「うわ~ 気になります!」

デッ デッ デッ…。
デッ デッ デッ…。

デッ デッ デッ…。
デッ デッ デッ…。

「すごい。 でも 誰も気にしてない」
「幸せやで こんな」

(一同 笑い)
ええなあ。

(モトウチさん)最初に紹介するのは

スーパー・ニンテンドー・ワールドの
アトラクションで~す!

「うわっ すごーい!」
「うわ~!」

〈去年 20周年を迎えた
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに誕生〉

〈世界初となる
任天堂のテーマエリア〉

「行ってみたい」

(このはなさん)
「肉眼で見る方が すごいです」

「めちゃくちゃリアル」

〈1年経った今だからこそ
わかった

エリアを120パーセント楽しめる
ガチ技を教えちゃいます!〉

「素晴らしいよね!
俺 一回行きたいの ここに」

「行ってみたい」

〈まず 紹介したいのが

ゲームの世界を体験できる
アトラクション〉

「これ 乗りたいな~」

〈それが マリオカート〉

「うわあ 乗りたい」
「人気やからね」

〈クッパを撃退して
コインを集める

マリオカートは…〉

(モトウチさん)「何回乗っても
楽しめるんですよね。 飽きない」

〈ARゴーグルに
キャラクターたちが現れ

ゲームの世界さながらのレースで
超興奮!〉

「面白そう!」
「楽しそう。 乗りたい!」

「最高ですよね」
「最高!」

〈今 大人気の
アトラクションなんですが…〉

(モトウチさん)
でも スーパー・ニンテンドー・ワールドで

マリオカートに乗るなんて
定番すぎるんですよ。

ガチは違うんです。

ここからが ガチポイント!

〈それは…〉

やっぱ 写真撮りたいよね
いいところ。

(モトウチさん)
ガチがオススメするのは

「へえ~!」

〈従来の
ライドアトラクションでは

落下を防ぐため
スマホの持ち込みは厳禁

なんですが…〉

「危なそうだし…」

〈この
ヨッシー・アドベンチャーは

USJで唯一 スマホを持ち込める
ライドアトラクション〉

〈そのため…〉

クッパ城も後ろに見えます。

(モトウチさん)自撮りの時だけの
発見ポイントなんです。

「そうか。
違う角度からじゃ見えない…」

「うわっ こんなん撮りたいやん」

〈どこで自撮りしても
背景は全部『マリオ』の世界〉

「うわあ~!」
「うわっ ええやん これ」

〈さらに カメラを外に向けた時の
絶景フォトスポットも

あるそうなんです〉

「これは楽しい!」

(モトウチさん)すごい景色が
目の前に見えてきた。

ピーチ城が出てきました。

(ティンカノさん)「ここからじゃないと
全体撮れないんでね」

〈ピーチ城を
正面から撮影できる事も

このライドの
醍醐味なんですが…〉

でも ここからが ガチポイント!

「2カメあんの?」

(モトウチさん)なんと
絶景が もう一つ楽しめるんです。

それが… 夜。

(モトウチさん)「夜がすごいんですよ」

〈昼は ゲームの世界
そのものでしたが

夜になると…〉

「うわ~っ!」

〈まるで別世界!〉

〈クッパ城も…〉

(モトウチさん)
「めっちゃ光ってるんですよ」

「雰囲気 出る!」

〈目が光り 迫力倍増!〉

「うわっ! 気持ちええやん これ」

「いいな~」
「めちゃめちゃ気持ちいいね」

「あっ 撮ってる
撮ってる 撮ってる」

(モトウチさん)「エリア全体が

キラキラ輝いて きれいですよね」

「ピーチ城も すごいきれいです」
「きれいですね」

(モトウチさん)「夜は
ハテナブロックが光っていたり

ドッスンの目が光っていて
迫力満点!」

「うわっ ええやん これ!」

〈スーパー・ニンテンドー・ワールドの攻略法

それは
「昼と夜 2回楽しむ」でした〉

「すごい すごい」

〈アトラクションガチ勢の
目線でも 十分楽しめますが

グルメガチ勢も

また全然違った楽しみ方が
あるんです〉

〈USJは週3回

しかも 食事だけの日も〉

〈グルメガチ勢 ティンカノさん〉

習い事みたい…。

「ランチのみ」?

ランチのみ
ディナーのみという日もある。

ランチだけを食べて

帰るわけだ。
帰るんです。

1人で? それか 友達とか…。
1人で。

1人で?
1人で。

〈そんなグルメガチ勢の

ガチ推しポイント…〉

テーマパークって
「あんまり美味しくない」とか

「高いだけ」って
イメージないです?

ただ USJ… ユニバは

もう全然違うんですよ。
えっ そうなの?

すいません 本当に。
ぜひ こちらをご覧ください。

〈お目当ての熟成ステーキが
食べられるのが…〉

〈こちらの

〈店内は
高級レストランさながら〉

「ホンマや」

〈季節に合わせた
本格的なコース料理や…〉

〈お肉とお野菜のグリルの
プレートなど

絶品料理 めじろ押しの中…〉

(ティンカノさん)「このお肉が
めちゃくちゃ美味しそうでしょ?」

「美味しそう 確かに」
「美味しそうです めっちゃ」

〈ガチ勢が推すのが…〉

〈このステーキ〉

〈こちらのお肉は

赤身肉ブームの火付け役
アンガス牛の中でも…〉

〈10頭中3頭しか選ばれない
ブランド牛を使用し…〉

「希少なお肉」

〈50日熟成した
希少ブランドステーキ〉

「すごい」
「ちゃんとしてる」

(ティンカノさん)「シェフ自らが

テーマパークなのに
焼いてくださるんですよ」

「なかなかね ないじゃないですか」

「プロが焼いてくださるので

焼き加減とかもね
すごく上手に焼いてくださって」

(ティンカノさん)「絶妙な焼き加減で
食べて頂く事ができます」

「美味しそう」

(スタッフ)どう思います?

いや そりゃ もう
ありがたい話でございます。

…だというふうなテーマも
ありますので。

めっちゃかっこいい。
めっちゃかっこいい。

惚れちゃう。

「ゲストだよね」

「へえ~」
「美味しそう」

〈東野さんと朝日さんも
USJの熟成ステーキ

ご堪能ください〉

うわっ めっちゃ美味しそう!
(ティンカノさん)そうでしょ?

テーマパークのフードに
見えないですよね。

いや 見えないです 見えないです。
頂きましょうか。

いただきます。
いただきます。

うわっ 美味しそう。

いただきます。

うん!

えーっ!?
うん。

美味しい!
(ティンカノさん)でしょ?

(モトウチさん)かめばかむほど
美味しいですよね。

美味しい。
かめばかむほど美味しい。

脂身も なんか ホント
上質な脂って感じがします。 甘い。

よかった!
納得しました。

いや もちろんですよ。

〈続いての グルメガチ勢の

ガチ推しポイントは?〉

ずるい! 限定入ってる。 何?
(ティンカノさん)限定です。

〈USJグルメガチ勢が狙う
スイーツが

先ほどの熟成ステーキと
同じお店にある

販売時間3時間限定のパフェ〉

(ティンカノさん)「限定です!」

(モトウチさん)「超贅沢なスイーツが
食べれるんですよ」

〈販売時間以外にも
注目すべきは この層〉

〈グルメガチ勢さん
解説 お願いします〉

「はいはい はいはい」

こちらなんですけど

まず 飴細工が入ってて

で ここに
3種類のアイスが入ってます。

ストロベリーのホイップ。

で いちご。
で 普通のホイップクリーム。

で クランチ…
チョコレートクランチ入ってて

下に チョコレートの
ホイップが入ってて…。

下に
バルサミコチョコレートっていう

ちょっと珍しい
チョコレート入ってて…。

ストロベリームースが
入ってて

下が 白ぶどうといちごの
ゼリーになってるんですよ。

下 白ぶどうといちご…。

これね 全部ね 覚えるために
パフェの説明を

クルーさんに許可を取って
録音して…。

(一同 笑い)
録音… ガチ勢!

録音して 覚えるために たまに…。
まず…。

家 帰って
今日 おもろかったなと思ったら

寝る前に聴く…。

クルーさんのすごいところは
その 説明してもらって…。

いえいえ こちらこそ

聞いて頂いて
ありがとうございますって

返してくれる…。
素晴らしい。

ホントですね。

〈続いては クルーガチ勢〉

〈アトラクションや
グルメには目もくれず

クルーに注目すると

USJの魅力は
変わるんでしょうか?〉

(このはなさん)
スタッフさんですね。

働いてるスタッフさんの方々
なんですけど

クルーさんが
一番魅力が詰まっている

っていう感じですね。

(モトウチさん)クルーさんを楽しみに
ユニバに行く。

(このはなさん)私からしたら…。

いやいや クルーさんと我々は
残念ながら違います。

東野さん…。

ハハハッ! 俺 かっこ悪いんか?
かっこ悪かったです 今のは。

いやいや いやいや だって…。

東野さんとか朝日さんに
会うよりも

クルーさんに会いたいです。

すいません!
ちょっと待って。

ホントに…。
確かに

私 ミニオンの
カチューシャしてたんですけど

カチューシャかわいいですねって

通りすがるクルーさん
みんなに言われました。

それは…。

いやいやいや
バレてないです 全く。

かわいいですね…。
じゃなくて こっちです。

(一同 笑い)

どうですか?

(このはなさん)だから 私は
クルーさんの方がいいです。

〈では クルーガチ勢の
ガチ推しポイント〉

USJ エクスペリエンス・プライベート・ツアー

っていうのがあるんです。

このツアーに申し込めば

クルーさん
独り占めできるんですよ。

じゃあ 例えば 一人で行って

この完全オーダーメイドツアーで

ライド系を色々回りたい

付き合ってくださいって言ったら

やってくれるわけ?
いけます いけます。

えーっ!?
じゃあ 俺 ミニオン…

リクエストでミニオンと

ツーショットの写真撮りたい
とか…。

(2人)えーっ!?

お金はですね 5時間で…。

ああっ! ああっ!
えーっ!?

(このはなさん)
15万円なんですけど…。

えーっ!?

秘密の通路なんかあるの?
(モトウチさん)そうなんです。

ツアーに参加した人じゃないと
見れない景色が見れます。

〈このあと 贅沢な15万円ツアーに
東野さん大絶賛!〉

〈USJの15万円ツアー
すごくお高く感じますが…〉

〈このツアーでしか体験できない

超レア特典が

たくさんあるそうなんです〉

だから 15万円を…。
1人じゃなくて

4人で1人の人をお願いして
5時間やから…。

でも 私は クルーガチ勢なので
1人で申し込みます。

やったの?
はい 申し込みました。

(このはなさん)特典が
他にもいっぱいあるんですよ。

まず ディナーは
食べ飲み放題いけるんですよ。

先ほど お肉食べてた

パークサイド・グリルも
食べ飲み放題でいけちゃう。

まあ 確かに。
その上の2つよりも

3つ目から意外とええねんなって
ちょっと…。

いや いい!
(このはなさん)そう! ほら!

3つ目から あっ 確かに これ…。
(このはなさん)そうでしょ?

アトラクション並ばない
って言ってるんですけど…。

(モトウチさん)そうなんです。
一般の人が行った事がない…

僕たちも まだ行った事ない
秘密の通路を行ってる…。

これ 入ってないの?
行ってないの?

行ってないんです。
(ティンカノさん)誘ってもらってない。

(このはなさん)そうです。 だから

ツアーに参加した人じゃないと
見れない景色が見れます。

だって
出演者と特別な時間でしょ?

そうなんですよ。
これ もう ホントに

スペシャルのスペシャル
なんですけど…。

ウォーターワールドっていう
ショーなんですけれども

出演されてる
キャストさんが

ショーの前に
一緒に遊んでくれるんです。

もう めちゃくちゃ
レア中のレアです。

これはレアよ。

向こうの黒いカーテン開いたら
ステージって事?

(このはなさん)ステージじゃなくて
向こうは

ゲストの人々が待ってます
ショーを。

あっ 待ってる所なんだ。

うわっ 特別感ある
めちゃくちゃ。

ネットで予約。
はい。

決定した。
(このはなさん)払ってください。

推しましょう。
ですね。

〈クルーガチ勢の このはなさん〉

〈実は ガチ勢の中でも

特別な存在だそうで…〉

ちょっと… ちょっと
待ってもらっていいですか?

はい 待ちます 待ちます。

こちらです。
わあ すごい!

(このはなさん)認定証です。
これ プラチナランク…。

どういう事かといいますと

USJの公式ファンの
ランクがありまして

シルバー ゴールド プラチナ

この3つのランクが
あるんですけれども

このはなさんは
全体の0.1パーセント以下の

プラチナランク。
(ティンカノさん)すごいんですよ。

(このはなさん)認定された人しか
持ってないんですよ。

「投稿でパーク情報を発信」…。

(このはなさん)
そうなんです。 SNSで

「#USJファン」を付けて
投稿したら

ポイントがたまるっていうのが

USJファンの
システムなんですけど。

1日に3投稿すると
6ポイント…

1日 最大6ポイントしか
たまらないんです。

なので 必ず
マストは1日3投稿。

で 2年以上…。

ずーっと送り続ける…。
すごいですね。

(モトウチさん)いけないんですよ。
なんでなんですか?

非公開なんですよ。

わかんないんですよ だから。
私も なんで

プラチナランクになれたのか
わかんないんですけど

ただ 私は ずーっと…
USJ様の投稿を

ずーっと愛を伝え続けてたので。

ネタは切れないですか?

いや そうなんですけど
なんか 3人さんの関係…。

好きなんでね。
バッて。

すいません。
申し訳ございません。

申し訳ございません。

〈続いての
アトラクションガチ勢の

ガチ推しポイント〉

開園直後に直行 マル秘スポット。

「最初のVのトーンと
全然ちゃうやん」

「これが最初だったんでしょうね」

〈開園は午前9時〉

「テンション
合わせましょ」

〈ガチ勢が 真っ先に
向かうのは…〉

「すぐ行くとこね。
こういうの嬉しい…」

(スタッフ)モトウチさん。
(モトウチさん)はい。

(スタッフ)もうちょっと
ゆっくりいいですか?

(モトウチさん)ちょっと急いで
早くもらいに行ってきますね。

いってきます。

〈そして たどり着いたのが
このエリア〉

〈クルーさんから
何かをもらっていますね〉

「何?」
「紙…?」

『名探偵コナン』の
ミステリー・チャレンジなんです。

「『コナン』って めっちゃ人気よね」
「へえ~」

〈こちらは
謎解きゲームのパンフレット〉

〈これを持って USJを回ると

コナンと一緒に
謎解きができるんです〉

〈パーク内の窓の文字が
答えになっていたり

街並みの至る所に
ヒントが隠されているそう〉

食べたりとかしながら…。

〈この謎は

リアル脱出ゲームの生みの親
SCRAPと共同開発〉

〈本格的です〉

〈朝日さんみたいに
難しそうって思った あなた

大丈夫ですよ〉

〈パンフレットの中には

ヒントもあるので

問題が難しいと思っても
楽しく謎解きができるんです〉

実際に こうやって 普段
前しか見てないんで…。

〈パークを くまなく回れるので
新たな発見ができ

USJを
満喫できるそうなんです〉

「ああ~ なるほどね!」

〈その いい事とは…〉

「ああ~ コナン君!」
(このはなさん)「すごい!」

〈謎を解いた人しか
たどり着けない場所で

エンディングショーを
見る事ができるんです〉

(モトウチさん)「『コナン』に出てくる
平次君と和葉ちゃんに

会えるんですよ」
「あっ 平次… 関西弁の子や」

(モトウチさん)「そうそう 関西弁の子」
「高校生」

原作に忠実すぎて

こんな高クオリティーって
あり得るんやなって

ビックリしました。
オススメ! 絶対 来た方が…。

(モトウチさん)そうそう。
それなんで このラリー冊子が

なくなっちゃうんで 開いたら…。
まず それに行く?

まず これ もらいに行く
っていう…。

コナン君の 持ってますよね?
あっ… さすが!

皆さん もう もちろん
最初に それを取りに行って

やるわけですか?
そうです そうです。

ガチは最初に。
コナン君も人気やもんね。

私 ちょっとズルして…。

はっきり ズルですね。

私は あれです。

いやらしいわ! なんか。
いやらしいわ。

ってな事を言いながら

楽しく みんなで回る
っていう事でしょ?

そうです そうです。

そっか もう じゃあ 早く
取りに行った方がいい…。

〈続いては
東野さんが疑っている

ジョーズの魅力〉

いや ジョーズ…
2回ぐらい乗りましたけど

しんみり…。
やめて やめて!

やめて それ以上!

違うんです。
ポイントがあるんですね。

「乗れば乗るほど」…。
1回乗ったら ネタがわかるから

そんな事ないと 俺は…。
そうですね。

ホントに これを知ったら

多分 東野さんも
ジョーズ ハマると思います。

ええ~!?

〈開園当初から長年愛されている
アトラクションの一つ

ジョーズは…〉

「ここはね ここはすごい
写真撮った事あります」

〈人食いザメの恐怖に襲われる

映画『ジョーズ』の海を
舞台にした

ボートツアーアトラクション〉

「うわっ 怖い 怖い」

「おお~!」

「結構 でも 迫力ある」

〈サメのリアルな表情と動き

さらに 炎を使った
ハラハラドキドキの臨場感が

魅力なんですが…〉

(モトウチさん)「もう どんどん
リニューアルされて」

「あっ もう 血出てる 目から」

(モトウチさん)
「めっちゃリアルでしょ?」

「おう ホンマやわ」

(このはなさん)
「で 今 人食いザメの迫力は

もちろん
すごかったと思うんですけど

一番すごいのは

(このはなさん)
「クルーさんの案内がですね

ジョーズのリアルさを
演出してるんです」

「どういう事?」

(このはなさん)「ホントに
個性豊かな船長さんなので

何回乗っても アトラクション自体が
変化していきます」

お話の筋みたいなのは
ありますけど

結局 一人一人のキャラクターで
加えていくので

やっぱり
違うかったりするんですよ。

〈百聞は一見にしかず〉

〈音割れシャウト船長を
ご覧ください〉

(このはなさん)「これがね
普通の船長さん ベーシックです」

「すごい 見てみてください」

(このはなさん)「次ですね
シャウト船長さんですね」

「シャウトね」

本部
アミティ3が沈没しています。

場所は灯台のすぐ近く…。

(このはなさん)
緊迫感 すごいでしょ!

緊迫感マックスなんですよ。

(このはなさん)「次ですね
シャウト船長さんですね」

「シャウトね」

本部
アミティ3が沈没しています。

場所は灯台のすぐ近く…。

(このはなさん)
「緊迫感 すごいでしょ!」

(一同 笑い)
最高!

(このはなさん)
緊迫感マックスなんですよ。

そう… いや 俺 だから

あっ そっか そっか。
じゃあ 2回…。

まず 2回 楽しめるという…。

楽しめるという事ですよね。
(モトウチさん)楽しめるんです。

これ だから

色んな乗り物。
まあ そうですね。

ホントに ただ単に

「いってらっしゃ~い!」
とかだけじゃないですね。

『ジュラシック・パーク』の…

ジュラシック・パーク・ザ・ライド
だったりとかしたら…。

…って言うじゃないですか。

でも なんか
クルーさんによっては…。

みんな 「ハーイ」ってするから
そこで ガシャンってしたりとか。

ああ なるほど。
そうです そうです。

お上手。

上手に なんか こう 言葉…
色々 みんな 考えてるんですね。

そのエリアに合った
会話をしてくれる…。

面白~い!
面白いですね。

(このはなさん)推しクルー…。

でも 推しクルー… その方のみ
好きな方もループしてる方います。

それは 名前とか…。

(2人)ええーっ!?

なんか プラチナな理由
わかってきましたね。

〈クルーが大好きな
ガチ勢にとって

その思いをクルー本人に
伝える方法があるそうなんです〉

名前とか

ファンレター出せますけどね
クルーさんに。

(2人)ええーっ!?

(ティンカノさん)ファンレターの
ボックスがあるんで。

何時何分 乗ってた人とか書けば。
ええ~?

なんか

違う 違う 違う。

オープニングの

ホント 申し訳ない。

だからこそ 何回も行ってる。

行ったら 超元気になれるので…。

そこ 行きます まず!
まず それ 行きますから!

これって… ハンバーガーって
お手紙あるんですね。

〈『ガチゴライズ』を
もう一度見たい方はTVerで〉

〈ガチ勢の楽しみ方で

USJとチーズバーガーを
堪能しちゃいましょう!〉