遠くへ行きたい「阿佐ヶ谷姉妹の三浦半島食の旅!ミネラル食材&絶品マグロ」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遠くへ行きたい「阿佐ヶ谷姉妹の三浦半島食の旅!ミネラル食材&絶品マグロ」[解][字]

今回は阿佐ヶ谷姉妹が三浦半島へ▽潮風が生む甘さ満点春キャベツ▽手作り調味料で頂く最高おにぎり▽イタリアンで伊勢エビと葉山牛を堪能!▽絶品!三崎マグロの頭の刺身

詳細情報
出演者
阿佐ヶ谷姉妹
番組内容
今回は阿佐ヶ谷姉妹が元気をチャージするべく三浦半島食べつくしの旅へ出る。旅の始まりは漁港でミネラル豊富なヒジキやカメノテを試食。畑では潮風をたっぷり受けた春キャベツを丸かじり!畜産農家では美味しい葉山牛を生む餌の秘密を知る。米や醤油、味噌や塩も自分で作る古民家を訪ね最高のおにぎりを頂く。そして葉山の食材を使いイタリアンを堪能!三崎では人気のドーナツ店に出会い、三崎マグロの頭の刺身づくしに感動!
音楽
【テーマ曲】
「遠くへ行きたい」
作詞:永六輔
作曲:中村八大
制作
ytv
テレビマンユニオン
番組ホームページ
★https://www.ytv.co.jp/tohku
★http://www.to-ku.com
★ツイッター&フェイスブック&インスタグラムでも情報発信中!
取材地
神奈川県 葉山町~三崎

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 美穂
  2. 江里子
  3. ホント
  4. マグロ
  5. 食材
  6. 元気
  7. 伊勢海老
  8. 小島
  9. 山田
  10. 春日
  11. 葉山
  12. お待ちどおさ
  13. キャベツ
  14. ヒジキ
  15. ミネラル
  16. 高木
  17. 葉山牛
  18. お塩
  19. お肉
  20. キレイ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(渡辺江里子:木村美穂)
♪~ 砂に書いた名前消して

(渡辺江里子) <皆さん…>
(美穂:江里子) <はじめまして>

<阿佐ヶ谷姉妹で~す>

<美穂さん
記念すべき初めての

『遠くへ行きたい』よ>

(木村美穂)
<そうね すごく楽しみね>

(江里子:美穂)♪~ そのままに

弱いね
ちょっと桑田さんでやってみて。

(桑田佳祐のモノマネ)
♪~ 砂に書いた名前消して

<美穂さん 2人とも顔も声も

ちょっと疲れてるわね>
<そうね>

<これは
みなぎるパワーが欲しいわね>

<うん>

<だから今回
私たちが訪れたのは

食材の宝庫と呼ばれる三浦半島>

<東京から
わずか1時間ちょっとで行ける

癒やしのリゾート地>

<海の幸 山の幸が豊富で

栄養たっぷりのおいしい食材が
味わえちゃうんです>

<まずは
葉山の漁港をのぞいてみます>

何かあるんでしょうね。
そうよ。

何とれるの… あっ 何か ほら

漁師さんみたいな方がほら。
あら ホントだわ いらっしゃる。


旬って何なのかしら 美穂さんね。

お魚の今の旬って何なのかしらね。
そうね。

いらっしゃった。
あら 女性の方じゃない?

おはようございます。
おはようございます。

女性の方?
(長久保さん) はい 一応。

「一応」
ハハ… 一応なんてとんでもない。

(江里子:美穂) こんにちは。
こんにちは。

今とかだとどういうものが
とれたりするんですか?

ヒジキ! 大好きです。

ホントですか?
はい。

<旬のヒジキは
ミネラルもたっぷり!>

あら! もう炊いてる炊いてる!

これヒジキですか?
ヒジキです とってきたばっかり。

これが生のヒジキで今から…。

え~! こんなボンボン ボンボン。

アハハハ!

好きね 試食がね。

ここの硬い部分をちょっと
いただいちゃいましょう これね。

いいじゃん いいんじゃない?

アッハハハ…。
うん。

おいしい!

おいしいですか?
うん!

<バイ貝も今が旬>

これカメノテ。
カメノテ?

食べれるんですか?
食べれます これ…。

えっ?
あら!

<早速カメノテを
塩ゆでにしてくれました>

<疲労回復に効果があるとか…>

あ~!
うま味すご~い! おいしい!

あ~
おいしい おいしい おいしい!

あら。
そんなに?

アハハ…
隠し持っとこうかしら ちょっと。

ポッケに…。
ねぇ カメノテ2~3個。

ちょっと疲れたな~なんていって
チュ~なんていって。

<今朝とれたての
海の幸も見せてもらいます>

(長久保さん:江里子:美穂)
おはようございます。

お邪魔してます。
おはようございます。

何? うわ~! 出た!

伊勢海老! 出た!

<まさか葉山でこんなに大きい
伊勢海老がとれるなんて

びっくり!>

大っきい。
あだだだ…。

<まだまだ あります>

おちょぼ口で。
(鳴き声)

鳴いた!

私もちょっと…。
美穂さんも おちょぼ口だから。

おちょぼ口同士。

(カワハギの鳴き声)
あぁ!

(江里子:美穂) コウイカ。
はい。

すごい葉山はもう豊富ね 食材も。

ねぇ。

<葉山の海には元気になれそうな
食材がいっぱい>

<三浦半島のこだわり食材>

(江里子:美穂)
<食べまくります!>

(江里子:美穂) うわっ!
まぁ みずみずしそう。

いただきま~す。

お待ちどおさまです。
お待ちどおさまです。

給食のおばちゃんたち来ましたよ。
来ましたよ。

おいしょ おいしょ。

お~!
顔が… あらら あらら…。

あ~あ~。

<初めて食べます>

♪~ ティアララ ティアララルン

♪~ ティアタタ ティアタタ

(美穂:江里子)♪~ ター

<ミネラルたっぷりの
元気な食材をいただいて

パワーアップしましょう!>

あら キャベツかしら?

たくさん生えてるわよ。

<ここ三浦半島は
山の幸も豊富です>

<ミネラルた~っぷりの
潮風が吹くから

海岸に続く丘の上の畑には

おいしい野菜が
育っているそうよ>

お仕事されてるわ
声 掛けられるかしら。

声出る?
「こんにちは」って言ってみる?

ちょっと最近腹筋が…。
腹筋がないからね。

でもちょっと出してみる?
もうちょっと近くに…。

もうちょっと近く…。
言ってみる? 言ってみる? あっ。

こんにちは~!
こんにちは~!

こちらのキャベツ
お作りになってる方ですか?

声 届いたわ 美穂さん。

届いたわね。
届いたわ よかった。

<15年前に農家を受け継いだ
5代目の小島有貴さん>

<淳一さんは婿養子です>

私たちも芸歴は15年になるので。
芸歴は15年。

同期ということで。
(淳一さん)よろしくお願いします。

(小島さん) こちら
春キャベツといいまして

柔らかくて甘みもあって あと…。

<相模湾からの潮風が

キャベツのうま味も
引き出しているのです>

はぁ~。
あら。

<わっ 朝露が!>

(江里子:美穂) うわっ!
あぁ キレイ。

まぁ みずみずしそう。

ぜひぜひ… いいんですか?

まぁ こんな4分の1カットも。

大胆に…。
ありがた~い。

(小島さん) どうですか?

甘~い!
(小島さん) あ~ よかったです。

口に入れた瞬間に
もう甘さを感じますね。

(小島さん)
ホントですか? よかったです。

<美穂さん 何点かしら?>

(小島さん)ありがとうございます。
美穂の100点出たのでもう…。

ちょっとあれしただけで
お水がもう ほらね。

<このみずみずしさには
ある工夫がありました>

違いますか?
(小島さん) そうですね。

<ミネラルたっぷりの春キャベツ
元気になれそう>

おいしそう!
おっ ハリがある感じ。

<堆肥を頂いている
葉山牛の畜産農家を

小島さんが紹介してくれました>

うわ~!
いた! いたいた いっぱいいる!

こんにちは。
こんにちは。

(石井さん) どうも。
牛さんだわ どうも。

お邪魔します。
まぁ 黒くて ご立派な…。

<育てているのは…>

愛情を持って
育ててらっしゃってね。

<葉山牛は農林水産大臣賞を
5年連続で受賞している

最高級の黒毛和牛なのです>

<そのおいしさの秘密は?>

<餌にあります>

<15種類の穀物に
かまどで炊いたご飯

おからを加え
乳酸発酵させていたのです>

何かこちらに来たら
ちょっと乳酸菌系の…。

発酵臭っていうんですけどね。

はい。

触ってもらっていいですか?
いいんですか?

あったかい! あったかい。

何か人肌より
ちょっとあったかいぐらい。

<発酵した餌を食べているから

腸内環境も
整っているといいます>

おいしょ。
おいしょ。

曲がってる曲がってる。
こんにちは~。

お待ちどおさまです。
お待ちどおさまです。

給食のおばちゃんたち来ましたよ。
来ましたよ。

<葉山牛は
特に赤身肉のうま味と

上質な脂が格別だそうです>

<この餌を食べているから
堆肥も臭くないんですね>

(石井さん)
そうですね 今 うちの堆肥は

順番待ちじゃなきゃ
手に入らない状態に…。

そんなに!?
そんな大人気?

数か月先まで予約が
詰まってますよっていう状態です。

<全てに無駄がなく
地域がつながっているのです>

僕 3人 子どもいるんですね。

それぞれが後を継いでくれる形を
とってくれてますので。

長女は今 六本木で

フレンチのレストランに
勤めてます。

ゆくゆく
こちらに継ぐっていうか…。

レストラン構想があるんですね。
まぁ!

<長男の秀一君は
北海道で酪農を学び

後を継ぐそうです>

次男はお肉屋さん
やる予定なんですけど。

運命的に
2月9日で肉の日なんですよ。

そこが運命で…。
肉の日だわ。

お前はお肉屋さんだよ
お肉屋さんだよっていう洗脳で…。

<石井さんは子どもたちと
富士山が見える丘で

農園レストランを開くのが
夢なのだそうです>

<こだわり抜かれた食材の数々>

<もっと
探してみたくなりました>

あらら お花もキレイだし

何かちょっと歴史あるような
この三角屋根のね。

ステキなおうちね。

何かしら?

あら?

食べごと?

お仕事は聞いたことあるけど

食べごとは聞いたことないわね。

あっ 人 いらっしゃる そこに。

いらしたいらした!
人影が…。

<ご夫婦で一体
何を研究されているのか

探ってみます>

(美穂:江里子) お邪魔いたします。

こちらは建物としては
どのくらい たってらっしゃる…?

(春日さん) もう100年には
なってないですけれど

100年近く…。
うわ~ すごい キレイ。

風通しもホントにね。
(春日さん) そうですね あっ!

もしよければ こちらの方に。

<その風を利用して
作っているものがあるようです>

この中に…。
「醤油仕込中」と…。

<なんと手作りのお醤油です>

<古民家ならではの
風通しの良さが

発酵を促すのだそうです>

何かブクブクしてます。
そうですね 呼吸をするという…。

どんどん
みんな呼吸をしてるので

それを取り込みながら…。

<母屋の裏が
小高い山になっていて

そこから吹き下ろす風で
エアコンいらず>

<春日さんの研究
まだまだあります>

<自分で作ったお米で
麹までも>

麹が固まって
こういう形で フワフワな感じで。

<手作りの麹 いただきます>

ほんのり甘いような。
ほんのり甘さ…。

違うわね。
味覚が研ぎ澄まされるわね。

<その麹を使って
白味噌も作っています>

<長男の大地君は

これまで病気一つ
したことがないといいます>

<春日さんの手作り食材
まだまだありました>

お塩も?
はい。

サップっていうボートがあるんですけど
サップで海まで行って…。

<70の海水をくみ
家に戻り

釜で炊き上げ
作っているそうです>

(2人) え~!

<自慢の塩と醤油を
味見させてくれると

春日さん 何か始めました>

<お釜で炊いたご飯
ツヤが違います>

<まずはお塩
おむすびでいただきます>

お米のうま味が…。
ほぉ~。

あ~ おいしい!

引き立ちますね。
泣けるわね~。

<続いてこだわりの生醤油で
焼きおむすび>

あ~ 香り良し。

あっ いい… 香ばしい!

う~ん!

全部の素材がいいから

もうとんでもないことに
なっちゃってるわね。 ホントね。

噛めば噛むほど合唱団みたいに
ハーモニーが口の中に広がっちゃって。

おいしいです。

<手作りのお塩とお醤油
堪能しました>

<旅先で出合った
こだわりの食材を使って

元気が出る夕食を作ります>

食材が…
お肉もそろって キャベツもそろって。

バッチリじゃないの。
こちらよ 平野邸。

あら ちょっと広いわよ お庭が。

<築80年を超える古民家
今日のお宿です>

<ここは一棟貸しで

一度に14人まで
泊まることができます>

<この宿の特徴が
料理人を選べて

その人と一緒に
料理が作れること>

<今回
お願いしたのは…>

高木奈美と申します。

<イタリア料理が得意な
葉山在住の主婦 高木さん>

今日はホントに
葉山の海の幸を全部

お鍋の一つの中で煮込むという…。

…っていう名前です。

イタリアンを。

おいしそう!
へぇ~。

<今朝 港で出会った

漁師の長久保さんが

あの大きな伊勢海老を
持ってきてくれました>

(高木さん) ハハハ…。

<伊勢海老さばくのなんて
初めて>

<しかも ハサミで…>

ここをいきますね。
(高木さん) 痛がってます。

痛がってる?

<格闘すること15分
何とか さばくことができました>

いいわよ 自然で うわ~。

これホント何か生でちょっと
ペロっていきたいぐらい 私。

<私は赤身がおいしいと評判の
葉山牛を使って

パテを作ります>

フランベいきますね。
≪はい お願いします≫

来た来た来た… はい 来た来た…。

はいはいはい…。

<丸ごと1匹入った伊勢海老>

<それにサザエやコウイカなど
盛りだくさん>

<どんな味がするのか
楽しみです>

(高木さん) できました。
うわ~ すごい。

ごちそうです。
(高木さん)ありがとうございます。

す~ごい!
いや~!

映え… 映えがすごいです もう。

<魚介のうま味が染み込んだ
伊勢海老>

何ちゅう贅沢!

おいしいおダシしか
出てないものね これ。

そうなのよ。
イカもタコも。

<葉山産の伊勢海老
いただきます>

うん! お~!

グ~ グ~ グ~!

<追いカチュッコソース
たまりません>

何で一緒にいっちゃうのよ
だから。

大好き~!

あ~ 葉山最高 ホホホ…!

<私は葉山牛で
キャベツバーガーを作りました>

<春日さんから頂いた
葉山のお塩でいただきます>

んっ! うわっ!

いや これ 見た目より

やっぱり実力が違うから。
お肉の実力。

キャベツの…
野菜の実力があるから。

大大大成功です ホントに。

<ミネラルたっぷりの
元気が出る夕食>

(江里子:美穂)
<ごちそうさまでした>

<やはり三浦半島に来たら
三崎のマグロでしょう>

<私 大好きなんです 本マグロ>

大きいわよ。
三崎といえばマグロよね。

アタタ。
大丈夫?

あら ドーナツ?

「ミサキドーナツ」ですって。

<甘いものに釣られて
ちょっと寄り道>

<この店 若い人たちの間で

大人気なんですって>

おいしそう。
うわっ それ おいしそう。

パッと見ただけで
もう超おいしそう。

ちょっと上に何かかかってる
ドーナツとか たまらないです。

<お店の一番人気がこちら>

<フワフワの生地の中に

クリームチーズと
レモンピールが入っています>

おいしい。

中に入ってるクリームチーズが
濃厚で。

<中にはカスタードクリームが
た~っぷり!>

大好きなんです 私 カスタードが。

そうね。

生地がホントにフワっとしてて
優しい感じよ。

何か他だとまた
ないようなドーナツ…。

もっちりもしてるけど
フワっとしてる感じで。

<ミサキドーナツは神奈川県内に
6店舗もある大人気店>

<小腹を満たしたところで…>

あら何か…。
切ってらっしゃるわよ。

あららら…。
あららら…。

(山田さん) めっちゃうまいです。

<阿佐ヶ谷姉妹の
元気になる旅>

<三崎でマグロ
いただいちゃいます!>

あら~!
めちゃめちゃさばいて…。

マグロの顔が…。

(山田さん) こんにちは。
よろしくお願いします。

よろしくお願いいたします
兄弟でも姉妹でも どちらでも…。

なんちゃってなもんですから。

すごい出てきた…。

本マグロ。
本マグロですか。

うわ~。

目大っきい!
(山田さん) 目です。

あ~あ~。

(山田さん) そうです。
素晴らしいです。

目がないっていうぐらい
まぁ ご主人。 うわ~。

(男性) こちらをなめろうにしたり
刺し身にしたり。

なめろう またおいしそうですね。

<目の周りのコラーゲンに
上質な脂とお肉

そこにネギと味噌 大葉を加え

しっかり たたいていきます>

<程よい粘りが出れば
出来上がり>

<お目々のなめろう
どんな味なんでしょう?>

<こちらはのど元のお肉
キレイな赤色です>

お待ちどおさまです。
(美穂:江里子) お~!

今日はね 先ほどさばいた

本マグロの頭…。
(江里子:美穂) まぁ!

美しい!

何て楽しい
盛り合わせなんでしょう。

さっき なめろうがいいと。

なめろう作りました。
なめろうにしていただいて。

<早速 なめろうから…>

いただきます。

おいしい!

目もちょっとシャキ~ンと
してくるっていうかね。

うわ~ 脂ものっておいしい!

<のど肉のお刺し身>

ホントお肉みたいな。
赤さがまたひときわね。

あ~ うん!

馬刺しとか牛刺しとか
ホントにそういう絶妙な食感。

噛み応えと柔らかさが
一緒に入って。

バランスがいいっていうか。
いいですよね。

スッと2枚目に…。
フフフ…。

スッと食べたけど… いいわよ。

♪~ ティアララ ティアララルン

いいです
出やすくなってまいりました。

♪~ ティアタタ ティアタタ

(美穂:江里子)♪~ ター

出ますね。
素晴らしいな。

やっぱりのど…。
やっぱ効きますね。

素晴らしい!
のどのお刺し身 最高ね やっぱり。

<マグロの上質な脂が
のどに効いたのかしら>

何か こちらの絵とかも

独学で描かれるぐらい
お上手なんですけど

何か他にも趣味というか
特技といいますか…。

え?
えっ?

<次は店主の山田さんの
壮大な趣味を拝見いたします>

<マグロ屋さんのご主人
山田さんの趣味は?>

<海岸に流れ着く流木や

土の中に埋もれていた樹木に
命を宿すこと>

マグロともうご主人と
こちらのアートから

元気いっぱい頂きました
私たちも ちょっとホントに

無駄にしないで
頑張ってかなくちゃいけないわね。

いろんなものを。

(江里子:美穂)♬~ 知らない街を

♬~ 歩いてみたい

<また元気を頂きに
旅に出掛けましょうね>

(江里子:美穂)♬~ 行きたい