激レアさんを連れてきた。[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

激レアさんを連れてきた。[字]

今回の激レアさんは『小さい頃から人気回転寿司チェーン愛が強すぎて人生全てをその回転寿司チェーンに捧げている人』

◇番組内容
★激レアさん★
小さい頃から人気回転寿司チェーン愛が強すぎて人生全てをその回転寿司チェーンに捧げている人
◇出演者
【研究員】若林正恭(オードリー)
【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
【客員研究員】カズレーザー(メイプル超合金)、本田翼 ※50音順
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ヤマガミ
  2. スシロー
  3. 本田
  4. カズレーザー
  5. 結果
  6. ホント
  7. 一同
  8. 激レア
  9. 自分
  10. 美味
  11. スーパー
  12. 仕入
  13. 当時
  14. 一緒
  15. お魚
  16. 子供
  17. 寿司
  18. 世界中
  19. 勉強
  20. 問題

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





本日の激レアさんは
こちらの方です。

♬~

ヤマガミさんです。
よろしくお願いします。

はい よろしくお願いします。

今日の激レアさんは…。

(若林)えーっ… どういう事?

まず 皆さん
スシロー 行かれますか?

行きます。
行きますよ。

混んでるよ いつも…。

めちゃくちゃ並ぶんですよね 今。

(若林・カズレーザー)えーっ!

なんか そんな情報が…。
してました してました。

そうなの?
してたんですけど

うちは なんか
個人のお店というか…

だから ちょっと…
回ってはなかったんですけど

働いてました。
どんな事されてたんですか?

えっ そうなの!?
(本田)そういうのを…。

ずっと
モデルさんじゃなかったっけ?

えーっ すごーい!
(カズレーザー)へえ~。

それも激レアですね でもね。
そんな事あったんだ 本田さんに。

で 今回の激レアさんの
ヤマガミさんはですね

小さい頃から
スシローが好きすぎて

スシローと結婚した男と言っても
過言ではございません。

これ ヤマガミさん
間違いないですね?

そうですね。

へえ~。
恋してる…。

そのトーンで言われると
怖いっすよ。

回転寿司チェーンで
日本一の売り上げを誇り

全国に600店舗以上を構える
スシロー。

ヤマガミさんは
そのスシローの看板商品

まぐろの仕入れを
一手に担ってる人なんだ!

人呼んで

しかし 30年前に 初めて
スシローを知った あの日から

現在に至るまでは…

どんなラブストーリーにも
負けない

ヤマガミさんとスシローの
恋物語があったんだ!

ほぼ 内定が決まっていたのにも
かかわらず…。

…のに ヤマガミさんは

別の会社に就職する事を
決断されるんです。

何してんの? ヤマガミさん。
(カズレーザー)ちょっと…。

(一同 笑い)

初恋が実を結ぶまで30年!

ヤマガミさんの
異常な恋愛遍歴を見ていくぞ!

まず 初め こちらですね。

衝撃の初恋編から参ります。

ヤマガミさんが
スシローに心奪われたのは

10歳の時の事です。

子供の時?
はい。 当時はですね

まだ スシローという名前では
なかったんですけれども

この時に食べた
はまちと たらマヨにですね

ヤマガミ少年は

「こんなに美味しいものが
この世にあるのか!?」と

人生最大の衝撃を受けた
という事なんです。

(ヤマガミさん)はまちは
すごい厚く切られてて

鮮度がいいんですよね。

食べたら
躍動感がすごかったんですよね。

ほう…。
(ヤマガミさん)で このたらマヨは

いまだに スシローの
人気メニューなんですけど

当時 やっぱり
たらこって 結構 高くて

私 4人家族だったんですけど

ホントに 食卓で
ひと口ぐらいしか

出てこなかったんですよね。
高いですからね。

(ヤマガミさん)それが もう
軍艦にドーンとのって

そこに マヨネーズも
ドーンとくるわけですよ。

で 食べた時に
そりゃあ美味しいわけですよね。

衝撃的で もう そこから なんか
大好きになっちゃったっていう…。

へえ~。

スシロー大好き少年に
なってしまいました。

で 年を経まして ヤマガミさんが
大学生になりますと

ほぼ毎日 回転寿司屋さんに
行くようになったんですよね?

そうですね。 今度は
スシローは もちろんですけど

スシロー以外の回転寿司も
色々 回って

比較をしてみたりとかですね
研究というか勉強をして…。

まあ ぐるぐる回って
結局 やっぱり トータル考えると

スシローが好きだな
というところに

また戻ったっていうか
再確認した感じですね。

色々見て
余計にわかったっていう感じ…。

いっとき ジゴロみたいに
なっちゃったけども…。

元カノが やっぱ いいんだ。
無理に恋愛に寄せなくていい。

結局 戻ってきたという感じで。

この頃になりますと
ヤマガミさんの体

ほとんど
スシローで できていますから

就職活動も スシロー1本で
いこうと決めていました。

すごく アピールしたんですよね?

そうですね。 素直に 好きで
興味もあるし 熱意もあるので

その思いを 当時のスシローの
人事の方に伝えた事は

よく覚えています。

ヤマガミさんの
こんな熱意はですね

スシローにも
もちろん届きまして

あとは面接を受けるだけと

ほぼ 内定が決まっていたのにも
かかわらず…。

…のに ヤマガミさんは

別の会社に就職する事を
決断されるんです。

何してんの? ヤマガミさん。
(カズレーザー)ちょっと…。

近づきすぎちゃうと

まあ 好きすぎて ちょっと こう
おかしくなっちゃわないかな

っていう
ちょっと心配もあって…。

(一同 笑い)

嫌われたらどうしようも
あるし…。

今まで 見せてなかった部分もね
見せるからね。

(一同 笑い)

あんまりメタで見ないで
本田さん。

本気で言ってますんで…。

途中から ちょっと

ついていくのが
難しくなってきて…。

寿司か! と思ったんですけど…。
スシロー スシローですしね。

(本田)人間じゃないんですよね。

ハハハハハッ!
そういう問題じゃない…。

(カズレーザー)スシローなんでね。
そういう問題じゃないんで…。

結果ですね ヤマガミさんは
外からスシローを見ようと…。

(ヤマガミさん)これは あの
世界中のお魚を仕入れて

加工とかをして

お寿司屋さんは もちろんですし

スーパーさんとか
居酒屋さんとかに

お魚を届けるというか
そういう水産会社ですね。

いやいや
そういうわけじゃないです。

全然 そうじゃなくて…。

(カズレーザー)違うんですか?
(ヤマガミさん)そうじゃないんで。

あったな それ キサラで。
(一同 笑い)

決して そうじゃなくて…。

スシローを客観的に見るため

水産会社に入ったヤマガミさん。

ここから どうやって
スシローと結ばれたのか?

さあ 紙芝居で見ていきましょう。

社会人ヤマガミさん。

まずですね
入社直後のヤマガミさんは

営業職につきます。

そこで 早速ですね
上司に直談判で

「僕をスシロー担当に
させてください!」と

言ったんですけれども…。

…と 一蹴されてしまいます。

そこで ヤマガミさんが
担当になったのが

スーパーの
お魚売り場でした。

簡単に言いますと

スシローに
お魚を売りたかったのに

スーパーに売る事に
なってしまったという事ですね。

この状況で ヤマガミさんは

「スーパーで結果を出して

僕は スシロー担当になるんだ」と

猛烈に働き続けた結果

ヤマガミさん スーパー担当で
出世しまくります。

その結果ですね

スーパー業界で欠かせない人物と
なりまして

皮肉にも スシローから

どんどん どんどん
離れていってしまい

14年の歳月が経過して…。

経つなあ おい。

14年? いきなり。
そうなんですよ。

14年ですよ?

でも こう やっていくうちに
その スーパーの方も

もちろん
面白い仕事でもあったりもして

で 勉強もしながら
結果も出てきて。

ただ その一方で…。

(ヤマガミさん)元々
大阪にしかなかったのが

東京に進出して
そこから全国に増えて。

そしたら 今度は
テレビとかにも出たり

メディアに出たり
人気者になっていくわけです。

要するに 自分の

フフッ…。
(ヤマガミさん)なんか それが もう…。

(ヤマガミさん)手の届かないところに
行っちゃう感じ?

手が届かなくなる存在になると
つらいですよね。

なんで そっちの気持ちなの?
ありがとうございます。

カズが ややこしくして…。

わかります わかります。
「わかります」じゃねえよ。

スシローに恋い焦がれ
悶々とした日々を過ごす14年!

ヤマガミさんに
禁断症状が次々と襲いかかる!

はい 例えばですよ

スシローを出禁になってしまう
夢を見たり。

なぜか スシローを食べると
涙が出てきてしまったり。

お子さんが生まれた時に

名前にスシローと付けようかなと
考えてしまったり。

これは危ないよ。

色んな禁断症状が
出てきてしまったんですよね。

悲しかったですか?
出禁になる夢… 悪夢ですよね。

えっ スシローに?
(ヤマガミさん)行くんですよね。

その夢は なんか 「毎日は
ちょっと やめてください」と。

入場制限みたいな感じの
こう なんか…

月 水 金だけにしてくださいとか

なんか そういうふうに言われて
ええっ!? ってなっちゃう感じ。

スターになっちゃったような

そういう感じだったと
思うんですけど。

もう 昔じゃないのよ みたいな
ちょっと待てってされた感じの。

マネジャーから言われるんですよね
関係あるって言わないで…。

いいんだよ おい…
考察動画 おい。

ありますよね…。
(一同 笑い)

あとは スシローを食べると
涙が出てきてしまう…。

そうですね。 美味しいんで
こう 食べるんですけどね。

でも その 食べてる行為って
多分

いや 違うだろ。

でも やっぱ こう… 遠くに
行っちゃってる感じがするんで

なんか やっぱ 悲しくなる。
黙って食べてろよ…。

おかしいな。 サビ抜きなのに
涙が出ちゃいますね…。

うるさいって。
(カズレーザー)つらいですよねえ。

おい 考察動画…。

強いては 子供の名前に
スシローというのは…。

結果的に 子供が女の子だったので
さすがに ちょっと…。

っていう事は 男の子だったら
あり得たわけですか?

まあ ちょっと そこは
わからないところなんですけど

結果 ちょっと 女の子だったので
さすがに…。

よかった… 落ち着いてくれて。
最悪の親ガチャじゃないですか。

ちなみに
ヤマガミさんはですね…。

そうですね。 皆さん…。

えっ?
えっ? 何月何日…?

11月1日が すしの日に
認定されてるんですよね。

ちょうど 私 結婚したのがですね
2011年だったんですね。

しかも 11月だったんですよ。

なので 当時 こう 妻は
もう せっかくだから

1が こう…

11年11月11日って
11日に結婚すれば

6個 並ぶんですよ。

そうしたいっていうふうに
言われたんですけど

私としてはですよ
寿司の日にしたいわけですよ。

そしたら もう
猛烈な反対を受けまして。

何を言ってんだと。
ちょっと変な話なんですけど…。

ずっと変な話ですけど…。
(ヤマガミさん)すいません。

自分が
ホントに寿司が好きなんで

いつか
テレビなのか メディアなのか

なんかわかんないですけど

自分が 寿司を
これだけ好きなんですと

言う場面が来るっていうのを…。

した。 当時。

それが今日だと。

夢にも
思ってなかったわけですけど…。

(一同 笑い)

大人になっても
変わらぬ愛を持ち続けた結果

社会人15年目の ある日
突然 運命が動き出す!

勤めていたですね
会社の企業戦略で…。

…という決定が出ました。

そこで その時ですね

スーパー担当の
トップセールスマンになっていた

ヤマガミさんに…。

という事なんでございます。

ほうほうほう!

「いよいよか」というか
初めて こう なんか

ヤマガミという存在を
認識してもらう

チャンスだっていうのと

あとは 16年間
スーパーのところで

色んな勉強も
させてもらいましたし。

魚の勉強もしたので

自分の中では こう ある程度
自信というか… あったので

ホントに嬉しかったというか。

水産会社で

念願のスシロー担当となった
ヤマガミさんは

これまでの鬱憤を晴らすべく

思いの丈をぶつけていく!

当時 ヤマガミさんと
やりとりをしていた

空さんに
お話を伺いました。

お昼とかも 多分 しょっちゅう

スシローの店にも行ってもらって

仕事終わってから 家帰らずに
晩酌も兼ねて

1人で
スシローに行かれてるんですよね。

家帰らんと。

なんと 1日2スシロー生活!

さらに…。

で なんか…。

仕入れ先の 外の立場から

このネタは どうで ああでって

夜9時とか LINEで

ピーピーピーピー
送ってくるわけですね。

「ピーピーピーピー」って
言っちゃってる…。

とは思いましたね 正直。

やっぱり 飽きないですか?
もう… 毎日行っても。

行けば行くほど やっぱ この
奥深さもあるんですか…。

深掘りしていくというか。

で ここから ヤマガミさんは

スシロー愛が強くなりすぎて…
はい。

これ どういう事かといいますと

具体的にはですね
こんな事しました。

世界中を回って

魚の仕入れを直接交渉しに行った
という事なんですよね。

で ゲットしたお魚を
スシローに持っていくと。

そうですね。
これは すごいな。

これも 何十年かけて
食べ続けてるんで

スシローの
ストライクゾーンというか

こういうものを提案したら
きっと採用されるっていう

ある程度 わかってるんですよ。

で 世界中に
色んな魚があって 産地があって。

そこに こう
仕入れに行くわけなんですね。

営業の立場で行くわけですけど。

せめて スシローの紹介…。

やっぱ 下手くそな英語でも
熱意を伝えたくて。

で 英会話スクールに行って
英語を学んで

直接 世界中で

自分のスシローへの思いを語って
口説いて

魚を譲ってもらって

それを提案してたという
そんな感じです。

その時のですね
ヤマガミさんの努力によりまして

スシローで提供されている
メニューというのが

実際にあるんです。
はい こちらです。

こういか。
はいはい はいはい はいはい。

(ヤマガミさん)これも

僕が子供の頃からあった
メニューなんですよ。

すごい大好きで
必ず食べてたんですよ。

定番だったんですけど

数量の問題とか
色んな品質の問題で

なくなってる時期が
ずっと あったんですよね。

なんとか 自分が
あんな好きだったメニューですし

やっぱ
今のスシローのお客さんにも

ぜひ この こういか
食べてもらいたいと思って…。

と思って
これは実現させました。

(カズレーザー)へえ~。

外から変えてる…。
変えてます。

スシローで
働いてるわけじゃないのに

たくさんの商品を世に送り出した
ヤマガミさん。

こうした努力の結果 ついに

スシローからラブコールが!

ある日 突然ですね
スシローのお偉いさんから…。

(カズレーザー)直球で?
はい そう…。

まあ ヘッドハンティングですね
いわゆる。 はい。

ついに ようやく結ばれるか?
というところなんですが

ヤマガミさん
こんなふうに答えます。

頼むよ マジで。

「イヤ ちょっと…」
(本田)えーっ!?

ある日 突然ですね
スシローのお偉いさんから…。

(カズレーザー)直球で?
はい。

逆プロポーズを
ヤマガミさん 受けてしまいます。

逆プロポーズだったんだ。
(カズレーザー)「うちに来ないか」…。

10歳の時に食べたスシローから
およそ30年。

ついに ようやく結ばれるか?
というところなんですが

ヤマガミさん
こんなふうに答えます。

頼むよ マジで。

(本田)えーっ!?

(スタッフの笑い)
(本田)う… えーっ?

変な話… 恋愛だとしたら。

「うん」でいいじゃないですか。

いや もちろん嬉しいんですよ。

ただ なんか こう…。

(カズレーザー)
ちょっと待ってくださいよ。

(カズレーザー)ヤマガミさん!
あの時だって

「不安になった」っつって逃げて。
それでいいんですか!?

お前も話に入っちゃってんじゃん。

(ヤマガミさん)ちょっと臆病なんで

自分もホントに好きなだけで
なんか…

それに好きって言われて
応えられなかった時に

なんか もう その恋 終わっちゃう
気がするじゃないですか。

ああ…。
(ヤマガミさん)だから 飛び込むにも

なんか
ちょっと怖くなったというか…。

ない? 本田さんもゲーム…。

あっ でも…。

あるんじゃねえかよ!
一緒ですよ!

あるんじゃねえか。 倒せ 早く。

終わってほしくないって
思っちゃうんだもん。

ちょっと… めちゃめちゃ
ヤマガミじゃないですか!

えっ 私って
もしかして ヤマガミさん?

ヤマガミってるよ。
ヤマガミってますよ。

よかった 一緒 一緒。
(本田)一緒 一緒。

急に理解しちゃった。
(一同 笑い)

でも

付き合っとけばよかった
ってなるのが…

やっぱ それは
後悔はしたくなかったので

好きという気持ちを信じて

もう 失敗しても仕方ないという
腹を決めて

飛び込みました。
よかった。

こうして スシローでも

しっかり結果を残した
ヤマガミさんはですね

全ての店舗の
まぐろの仕入れをですね

一手に任されるようになりまして
今では スシローの

まぐろの番人と呼ばれるまでに
なったという事なんです。

はい という事で

今回 ここまで ずっと
スシローのお話 聞いていて

皆さん もう 口が
スシローになってると思います。

そう。 見たから いっぱい…。
今日はですね

今回 特別に

ヤマガミさんが目利きしたまぐろ
持ってきて頂きました。

食べたい!
(カズレーザー)あら!

(ヤマガミさん)天然インド鮪の
中とろを食べてほしいです。

(ヤマガミさん)割と インド鮪なんで
あっさり系で甘い脂で…。

うまっ!
(本田)う~ん!

うん! 美味しい!
(ヤマガミさん)ありがとうございます。

(本田)甘いです。
(ヤマガミさん)そう 甘いんですよね。

甘くて食べやすいのが
この天然インド鮪の特徴で…。

(カズレーザー)ことさらに甘い
って感じじゃなくて

自然な感じですね。
(本田)そうですね。

う~ん!
(本田)うん!

美味しい!

これは でも 美味しい!

ヤマガミさんの目利きのおかげで
美味しいまぐろが

スシローで食べられる
という事なんですね。

さあ ヤマガミさん
今後の目標を教えてください。

へえ~。
(ヤマガミさん)なので…。

(ヤマガミさん)そういう気持ちで…
そういう目標で

今後も そうやって スシローに
携わっていきたいというのが

私の思いでございます。

では 若林研究員

最終的なラベリングを
お願いします。

世界進出という事で

スシローのイチローになる人です。

ああっ! 素敵!

スシローのイチロー。
(カズレーザー)お見事。

このあと

うん。 完全に…。
(カズレーザー)わかりますよ。

♬~ (若林)よいしょ! あちっ・・・・・・

≪入るかな・・・・・・?≫

おお まだ入る!
(杏) ただいま~

どうだった?

採用だって!
やったー!

これ作ったの?

二人の時間 欲しくて・・・・・・

なにそれ~

《今よりずっと》
《あなたを自由にする》

(二人)《新しい三菱冷蔵庫》

うまっ!天才!

ちなみに 本田さんは
これまでに 何か

珍しい体験って
された事あります?

すっごい激レアな体験をしまして
一度。

あの… UFOの写真
撮った事あります。

えーっ!?
(本田)ハハハハ… ホントに!

それ系に手ぇ出したら
終わりですよ。

いやいや…。
(カズレーザー)本田さん!

どんな時に撮った
お写真なんですか?

ホントに たまたまなんですけど

富士山が
すごくきれいだったんですね。

で 「わあ~ きれいだな」と思って

写真を3枚ぐらい撮ったんですよ
カシャカシャカシャって。

その時に写り込んでたんです。

ハハハハ…!
ホントに。

えっ? どれ どれ どれ どれ…?

(本田)ほら まず これ
きれいじゃないですか?

富士山 きれい!
これ きれいな写真よ 富士山。

(本田)まだ ないです。
ここには まだ…。

ここで やめときましょう
本田さん。

(本田)今 ちょっと
わかりますか?

うん。 完全に…。
(カズレーザー)わかりますよ。

(本田)ここ!
えっ?

(本田)ヒュンッて何かがある。
次 いくと…。

ほら~!
えーっ!?

ホントだ!
これ ちょっと待って…。

(本田)これ… あるんですよ。

絶対 どこからどう見ても
UFOですね。

カズさんが言うなら…。
間違いなく UFOですね。

カズ そっちに かじ切ったか。
(一同 笑い)

これ 結構 すごい事だよ。

そう… そうですよね!

しかも 写ってるって知らずに
撮ってたんですよ。

普通に きれいだなで撮ってて

見返したら
なんかいる! ってなって。

預かりたいね 『激レアさん』で。

ちょっと 『激レアさん』で
検証しましょうか。

見てもらおうよ 専門家に。
ぜひ。

そして 本田さんから
お知らせがあります。 こちら。

映画『鋼の錬金術師』
見どころを教えてください。

(本田)映画『鋼の錬金術師』が
ついに完結します。

最強の敵との戦い
父親の秘密

旅の終わりで
兄弟が下す決断とは?

アクション ドラマ キャスト
全てがパワーアップして

原作の感動の最終話までを
描ききりました。

ぜひ ご覧ください。

無料見逃し配信は
ABEMA TVerで。

TELASAでは 最新回を含めた
過去の放送回を見放題で配信中!

今すぐ 「テラサ」で検索。
今すぐ お試し体験を。