KinKi Kidsのブンブブーン【ももクロ百田夏菜子・高城れにと海苔づくし】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【ももクロ百田夏菜子・高城れにと海苔づくし】[字]

ももクロ&専門家が絶対に食べるべき海苔を紹介!フレンチシェフが作る高級のり弁に大興奮!初体験のりしゃぶしゃぶにノックアウト!メンバーからの赤面(秘)暴露も

詳細情報
ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 百田
  2. 高城
  3. 伊藤
  4. 黒滝
  5. ホント
  6. お願い
  7. 玉井
  8. 今回
  9. 今日
  10. 大好
  11. クロ
  12. 結構
  13. 高級
  14. サク
  15. ブンブブーン
  16. お薦め
  17. カワイイ
  18. クローバーZ
  19. チーズ
  20. ノリケラトプス研究所

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(百田)ということで 始まりました
「ももいろクローバーZのブンブブーン!」

(百田)今日は キンキのお二人が
ちょっと まだ お忙しくて

スケジュールが取れない
ということで…。

(高城)
はい。 ありがとうございます。

(高城)私たち この番組 出させて
いただいたこと あるんですけど。

(百田)4年前。
(高城)全然 呼ばれなくなった。

(高城)思うぐらい。

(高城)
まだ 話せる。 そうですね…。

(百田)れにちゃん
何やりたいですか? 他にさ…。

(剛)何で?

(百田)ということで…。

(光一)違うやん。

どういう流れ?
(百田)ようこそ いらっしゃい…。

違うねん。

[今回のゲストは…]

今日
メンバー全員じゃないじゃない。

(高城)グループの中から 選抜メンバーで。
ももクロ 代表して。

(百田)4人で?

(高城)2018年以降
呼ばれなくなっちゃったんで。

いえいえ そんなん…。

(百田)でも 今日 うれしいです。
僕は だから ホントに…。

[久しぶりに登場した 2人が
『ブンブブーン!』で…]

(百田)今日は…。
(2人)おいしい のりを

食べまくりたーい!
なるほど。

(高城)はい。 そうなんです。

のりが?
(2人)はい。

(高城)のりが好きって 言い過ぎて
一時期…。

(高城)それすらも…。

(百田)あれっ!? ちょっと!
そこまで…。

味付けのりって
1回で こんぐらいで いくの

おいしくないですか?
(百田)えっ? それは…。

これぐらいの勢いで
バリッていって 食べんのが…。

今 ホントに…
人間 不思議なもんで ちょっと…。

ちょっと あの…。

ホンマや! 俺 のりやん!

やられたぞ おい。

(百田)でも いいですね。

うまいこと 言うなぁ。

[今回の 『ブンブブーン!』は…]

あっ! 全然 違う!

めっちゃ うまいよ。
すごい おいしい。

[大人気の高級のり弁に…]

[新感覚の のりしゃぶしゃぶ!]

[絶品の のりグルメが 大集合!
おいしそう!]

幸せ。

[あまりの おいしさに
ノックダウン?]

おいしい。

[さらに あの2人から
タレコミメッセージも]

(黒瀬)それでは 皆さん
タイトルコールの方 お願いします。

[今回は
のりが大好きな 2人の…]

まずは これまでに
1万枚以上の のりを食べた男。

創業100年の のりの老舗…。

よろしくお願いします。
(伊藤)よろしくお願いしまーす。

そして リモートでは
のりが好き過ぎて モデルから

のり研究家に転身した 女性。
ノリケラトプス研究所.所長の

黒滝サクさんです。
よろしくお願いします。

(黒滝)よろしくお願いします。
(高城)お願いしまーす。

(高城)いらっしゃいますね。
すいません…。

ノリケラトプス研究所.とはですね
福岡産の 有明のりを

PRするために
のりのことを発信してるんです。

(黒滝)地球で 最も古い植物が
のりっていわれているんですよ。

(黒滝)それを トリケラトプスが
食べていたって いわれていて

ノリケラトプス研究所.と
名付けました。

[今回は
のりを愛する 皆さんに

お薦めの のりを
熱く 語り合っていただきます!]

[まずは 個性豊かな板のり部門]

[ももクロ お薦めの
こちらから]

(2人)イェーイ!

(百田)有明海で作られた
のりなんですけど

これも 常に
ストックしてある物の 1つです。

(高城)これ…。

全国でですね だいたい
年間 60から 70億枚ぐらい

取れるんですけど
それの6割ぐらいが 有明海。

へぇ~。

(伊藤)今回 ももクロさん
チョイスしていただいたのは

味を付けて
さらに お塩を付けてる

ハイブリッドな おいしい おのり。

(百田)私たちは
このまま いくんですよ バリバリ。

これ おいしい。

いただきまーす。

(高城)うん!

うん。 すごい おいしい。

おいしい。 何か あの…
卵ご飯 巻いて 食べたい。

(高城)あ~! おいしいですね。
絶対 おいしい。

[塩と たれの味が しっかり
付いている のりなので

お薦めの食べ方は
やっぱり 白ご飯!]

おいしくないわけがないねん。
いただきまーす。

うれしい!

聞いたことありますかね?
新のり?

新のりっていうと だいたい

11月とか 12月の 冬の。

(伊藤)ラベルとかに 「新のり」って

書いてあれば 一番おいしい 証拠。

食べていただきたくて…。

(高城)いやいや いやいや!

[続いての のりは
伊藤さん お薦めの こちら]

青混っていう商品でございます。

(伊藤)もともと のりの漁が
非常に 盛んであった 東京湾で

取れておりまして。 自然の
青のりと 黒のりが 混ざって

非常に 香りがいい おのり。

(百田)あ~…。

(伊藤)あ~ さすが!
(百田)顔 突っ込んじゃいました。

(伊藤)点々みたいのが
出てるんですけど

これがですね 青のりですね。

(高城)確かに。 万華鏡ですね。
ねっ。

[その お味は?]

あっ!

おいしい!

あっ!

これ 好きかも。
(高城)おいしい!

(伊藤)これはですね そのまま…。

[そのまま 刺し身を巻いて
食べるのが 伊藤さんの お薦め]

[のりとのマッチング
いかがですか?]

えっ…。

(百田)おいしい!

うわっ!

もうね…。

(高城)海ですか!?

なっちゃうなぁ。
何やろ? この感じ。

今 ご飯 こう…。

えっ!? ちょっと待って!

高級な おすし屋さんとか
今 すごい 使われてるとこ

多いんですよ。 一席 うん万円。

あっ…。 うん。

そりゃ さださんに
連れてってもらったとこやから…。

さださん 急に 出てきたん?

[3つ目の のりは
黒滝サクさん お薦めの こちら]

黒滝さん お願いします。

(高城)ノリッス!
(百田)ノリッス!

こちら…。

(黒滝)この のりはですね 私が
商品開発した のりなんですよ。

[素材に こだわり抜いた
ぜいたくな一枚です]

いただきまーす!

ホントだ。

≪おいしい。
(百田)おいしい!

(百田)めっちゃ おいしい。
剛君…。

だいたい これぐらいの厚みで…。

ホントに!?

(百田)嘘! すごい。

ちょっと やらせてください。
こんぐらいで。

どうですか?

[そんな味付けのりを
さらに おいしく食べる

アレンジレシピを
教えていただきます]

(黒滝)こっちは 表です。
ツルツルしている面。

(黒滝)そして 裏が
ガサガサしているんですけど。

(黒滝)ちょっと この…。

(黒滝)なので
ガサガサの面を 表にして

こんなふうに 載せます。

(黒滝)そして 次
のりをですね 載せます。

[さらに その上から
チーズ 塩のり チーズと

交互に 重ねて…]

(黒滝)分厚くします。

[小さく 三角に
カットすれば…]

(黒滝)ジャン! こんな感じで…。

(黒滝)分かりますか?

[見た目も
かわいくて おしゃれ!]

[塩のりとチーズのミルフィーユ
完成です]

[その お味は?]

いただきまーす。 ノリーッス!

(百田)うん!

うまい!
(百田・高城)おいしい!

うん!
(高城)結構 今まで パリパリした

のりだったので
また しっとりすると

感じが変わりますね。
(百田)お酒 飲める方とかは…。

のりって 優 特 一 二
三 四 五 六 七って

上から
等級があるんですけど

この塩のりの場合は
上から 2番目。

○等級の中でも…。

どうした?

そう。 上から…。

上から 上位2番目の
何でしたっけ?

2番目。

ノリッス!

で…。

○の特等級。

[この後 大人気の高級のり弁に
初体験 のりしゃぶしゃぶ]

[絶品の のりグルメに
箸が止まらない!]

やっぱ おいしいね。

[ももクロと
大好きな のりを食べまくる]

[続いては れにさん お薦めの
ちょっと 変わった のり]

ジャジャン!

(高城)こちら ドン・キホーテなどで
買える のりなんですけど。

(高城)バリバリ職人という
のりのお菓子が あるんですけど

その男梅味が
めちゃくちゃ おいしいんですよ。

(高城)程よい…
心地のよい しょっぱさが。

なるほどね。

(高城)ちょっと 硬めで。

(高城)そうなんです。 しっかり
梅干しの味が付いてるので。

梅!

(百田)うん! おいしい!

ちょっと 癖になるね。
(高城)お酒 飲む方は…。

でしょうね。
はい。

[さらに もう1つ
お菓子系の のりで

夏菜子さんの お薦めが
あるそうで]

ジャン!

(百田)これはですね…。

(百田)のり好きの私たちに…。

(百田)
のりなんですけど。 これも…。

え~!

[特製の昆布だれで 味付けした
のりまる君チップス]

[食べやすいように
一口サイズに カットされた

おやつのりです]

うまい!

おいしい。

あと 何か…。

確かにね。

(百田)
こういうおやつ つまんでると。

あと それなりの…。

(高城)そうですね。

ポテトチップス 食べてる
みたいな感覚で

次々 いけますね。

[続いては
サクさん お薦めの こちら]

≪おいしそう。
≪え~!

(黒滝)日清オイリオのオリーブオイル
BOSCOを使用した 味のりで

のりの表面に オリーブオイルが
塗ってあって その上に

4種類のハーブが
使ってあるんですよ。

[この のりに合う
サクさんの オリジナルレシピ]

[ワインに合う おつまみ…]

[のりと生ハムの相性は?]

(高城)うん!

(高城)うん!

おいしい!
(百田)おいしい!

(高城)おつまみですね。

合いますか?
合う! 合います。

うーん! おいしい!

ねっ。
いいですね。 何か…。

(百田)
「いつから こうなったんだろうね」

[大好きな のりを食べまくる!
続いては のり弁部門]

[お薦めの 絶品のり弁を
紹介してもらいましょう]

[まずは
ももクロが大好きな こちら]

(百田)テレビのロケとか
収録のときの お弁当とかで

よく出る 定番の のり弁ですけど
やっぱり これが好きですね。

津多屋ねぇ。
結構 食べてきたよな 人生の中で。

俺ね…。

(百田)そうなんですか?
えっ あんなに…。

[テレビ業界で 大人気なんです]

(百田)うーん! おいしい。

(高城)何とも言えないんです。

津多屋の…。

めっちゃ うまい。
(高城)あ~ 分かります。

後半に食べる これね。

(百田)めちゃくちゃ
喜んでるじゃないですか。

[続いては 高級のり弁の
パイオニアといわれる こちら]

築地にある…。

え~! 何!?

(伊藤)知ってますか?
(百田)知ってます!

(伊藤)今 結構 高級のり弁ブーム
というところで。

(伊藤)特に この… 火付け役が
山登りさんなんですけれども。

(伊藤)
有明海産の青混ぜを使っていて

お醤油 付けて ご飯に敷くんで
ホントに 箸が スッて入るような

のり弁になっていて
僕は 大好きですね。

[メインのおかずである
鶏の照り焼きを載せて 完成]

[のりの香りを 存分に味わえる
のり弁 お召し上がりください]

あっ!

うーまっ。

何か しなっとしてるのに…。

すごいね!
これ 結構…。

薄くて…。

お幾らなんですか?
こちら…。

1, 100円。
じゃあ…。

じゃあ…。

おいしい。

ヤベえっす。 うめえっす。
おいしいです。

俺 だから…。

あ~!
そういうタイプだったんですか!?

いや ちょっと これからは
もう 堪能します。

(百田)ご飯と一緒に。
はい。 変わりました。

[3つ目は サクさんが
大絶賛する こちらの のり弁]

私の お薦めの のり弁は

3年連続
ミシュラン 一つ星の

フレンチレストラン sioさんの
のり弁ならぬ のり重です。

のり重。
(百田)何これ!?

(黒滝)上に敷いてる のりが
一口目で べろっと剥がれて

一気に なくなってしまうことって
結構 ありがちだと思うんですが

それを考えて
中に のりが 細かく ちぎって

敷き詰められているんですよ。
(高城)ホントだ。

ジャーン!

奇麗に入ってるね。
せやな。

(高城)『テトリス』ですね。

うわっ!

鮭じゃないねんて。
のり弁です! 一応 テーマは。

(黒滝)このお弁当は おかずの
調理法にも こだわっていて

鮭の皮を乾かして 焼いていて
サクッと…。

私…。

え~! ホントに?

(高城)大好きです。
(百田)ホントですね。

おいしい。
卵も おいしい!

ちくわ うっめえ!

こちらの のり重 1つ…。

ちょっと 『ブンブブーン!』の
予算だと 倍以上しちゃうので。

(高城)今 スタッフさんが
こうやってやってる。 目の前で。

確かに。
なるほど。

そうね。
最高です もう。 ホントに…。

思ってます。

[本日のゲスト
ももクロの2人に…]

[コメントを くれたのは…]

(玉井)どうも~! こんにちは。
ももいろクローバーZ 玉井 詩織です。

(佐々木)佐々木 彩夏です。
よろしくお願いしまーす。

あっ! あっ! ちょっ… えっ!?
嘘!? ホント?

ありますよ。
そりゃ いっぱい ありますよ。

(玉井)まず れにちゃん。

何か れにちゃんが
現場で ちょっと…。

(玉井)どうしたの? っつったら
何か すごい 言いにくそうに…。

病院の先生に 診断してもらうとき
「何歳ですか?」って言われて。

「何で こうなったんですか?」

ちょっと いいかげんね
そろそろ…。

じゃあ 続いて リーダーへの。

リーダーは とにかく…。

もうちょっと 改善したらいいなと
思うポイントがあって。

何か かなちゃんって…。

分かる! そうなの。

でも 現場に どちらか 1個を
置いてきちゃうの。

よく忘れてる 片っぽ。
(玉井)だから もうちょっと…。

ちょっと この場を借りて
お聞きしたい。

あと やっぱ 夏菜子ちゃんは
ももクロメンバーの中では

特に…。

ていうのが 有名で。
(玉井)早く帰れるんだったら…。

ていうのがね ポイントですね。
(玉井)ポイントですね。

ということで…。

でも そんな
お姉ちゃん 2人にも…。

(2人)ありがとうございます!

それ 言ったら 何でもいいと
思ってるでしょ。 ちょっと!?

夏菜子ちゃんの…。

結構 私も 気になってたので
これを機に 聞きたいなと…。

1個は やっぱ 貴重品ですよね。

(百田)あとは 他に使う物。
歯ブラシとか ボディークリームとか。

移動したら…
違う現場 行くじゃないですか。

どんどん 小分けにしてったら
同じサイズのバッグが

増えちゃうって感じです。

両方入る でっかめのバッグに

何か こう
マトリョーシカみたいにして…。

あと 帰りは 何で 早いの?

帰ろうかなと。

おうちに 何があるんだろう?
ってなって 散々 議論した結果…。

だから 急いで帰らないと
お湯が 冷めちゃうから。

(高城)だから あんなに
急いでるんだって話になった。

どういう結論!?

私は この機会に れにちゃんに
ちょっと 言いたいこと…。

何ですか?
(百田)あるんですけど。

ロケバスで…
ツーデーズとかだと

県またぎで 車で移動したりとか
するんですよ。

普通…。

思うんですけど
ピコン ピコンとかって 鳴って。

(百田)私の携帯に
ガチガチに決めた こういう…。

自撮りの こういう写真とかを
連続で送ってきて。

(百田)ちょっと 怖い。

例えば 移動中に
こうやって座って 光一が…。

言ってきたら
ホント うっとうしいもん。

(百田)ちょっと…。

マジで やめて みたいな。
もうね…。

(百田)はい。 もう ホントにね。

[ここで 伊藤さんが どうしても
食べてほしいという…]

私が紹介したい おのりは…。

(伊藤)板のりじゃないんですけど
のりなんですね。

(伊藤)四角くなる前に
そのまま 素干しして 乾燥させて。

(伊藤)で ばらばらになってるんで
ばらぼし海苔っていうんですけど。

(伊藤)そのまま 乾燥させてるんで
生のりを そのまま 味わえる。

おいしい。

[焼ばらぼし海苔]

[そんな特性を生かした
料理があるそうで]

お肉も ある!
何!?

(百田)のりしゃぶしゃぶ!
(高城)初めて聞いた。

何やってんねん。

[のりしゃぶしゃぶの作り方]

[まずは…]

何これ?
見た目 もう…。

(伊藤)牛肉に おのりがですね
くっついてくるんですけど

それも一緒に
召し上がってください。

一緒に…。
いただきまーす。

(百田)
いただきまーす。 おいしそう。

いただきます。

うん!
うんまい!

うん!

おいしいね。

(百田)うん!
うまいね!

(高城)
のり入れると こんなに 違うんだ。

(伊藤)ありがとうございます。
(百田)おうちでも できるし。

めちゃくちゃ
主張してるわけでもないけど

すごい いい仕事してくれてるのが
分かります。

逆に さっぱりさせてくれる
気がしますね お肉をね。

もう…。
(高城)めちゃくちゃ おいしい。

この後 駄目だよ 今日。

最後に しゃぶしゃぶ
出てきたときに さすがに

入んないかなと思ったんですけど
全然 止まんないですもんね。

今も ここに スタンバイして…。

もう 私 お肉 完食しました。

すげえ!
すげえ!

おいしくて。

(伊藤)おなか いっぱいでなければ
ご飯 入れて 卵 入れて…。

あ~!
(高城)悔しい!

変な あれやけど じゃんけんで
負けた人 食べることにしようよ。

(高城)男気にしましょう。
(百田)男気じゃんけん。

[締めの のり雑炊を懸けた
男気じゃんけん]

[食べるのは 誰だ?]

最初は グー。 じゃんけん ぽん。

(2人)
最初は グー。 じゃんけん ぽん。

負けた。 悔しいな! 悔しいな!
(百田)いいな~。

(百田)いいな~。

(百田)うわっ おいしそう!
そのまま いっちゃった。

[ひと煮立ちさせれば
のり雑炊の完成]

[お茶わんに盛り
焼ばらぼし海苔を 後載せすれば

のりの食感と 香りを
存分に 楽しめます]

はい! いただきまーす!

(百田)熱そう。

熱いけど めっちゃ うまいね!

あれっ?

ちょっとね もう みんな…。

おいしそう。

塩も 振ってないんですよ。

だけど ちゃんと
しっかり 味すんのよ。

のり…です。
(高城)え~! すごい!

[最後に サクさんが のりを
まさかの あれにしちゃいました]

実は 私が…。

これなんですよ。

えっ?
(百田)イヤリング?

ノリーィヤリング!?
(高城)何?

(高城)え~! すごい!

(高城)宝石だ。

[何と 今回 その…]

あ~ ホントだ!
(百田)カワイイ。

カワイイ!

見えるかな?

えっ? 何か めっちゃ
普通に カワイイ ピアスよ。

(百田)しかも 桃!
(高城)桃!

(黒滝)はい。
特別に 作りました このために。

あ~!
(百田)なるほど!

(高城)うれしい!

えっ あと…。

あれっ? 大丈夫?
黄色と ピン…。

乗っ取るな 乗っ取るな。
カンペがね 出たんで。

でも 何か のりを伝える
いろんな形があるんだ

ということを
今日 短時間で 学んじゃったわ。

いや 何よりも 眠いわ。

ていうのは なぜかっていうと…。

なっちゃったからなんだけど。

今日 こうして 深く 知れたので

ホント たくさん おいしい物も
いただけて よかったですね。

でも 番組スタッフさんが
打ち合わせをして

企画を持っていったときに
いろんな大人の方々が

のりって言った瞬間に 「のり!?」
っていうリアクションしたんですって。

でも 今回 ここまで 奥深くて
学ぶことが たくさん あって

のりの良さを
より深く 知れたので また…。

よろしくお願いします。
(百田)オリンピックのスパンで。

私が出演するドラマ
『僕の大好きな妻!』が

毎週 土曜日 放送中です。

そして 何と 主題歌は 私たち
ももいろクローバーZが 歌っています。

最新アルバム 『祝典』から
『なんとなく最低な日々』が

選ばれました。
(百田)幸せの形を探す

全ての人に送る
ラブストーリーになっていますので…。

(2人)ぜひ ご覧ください!

あっ! 何と…。

何でも のりに掛けちゃってんな。

すごいなぁ。