アメトーーク! 立ちトーーク[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

アメトーーク! 立ちトーーク[字]

▽台本&トークテーマなしで話をつなげる芸人の祭典▽南キャン山里10年ぶりに出演▽見取り図が見た楽屋のフット後藤▽小木ゴシップ話▽EXIT&しずるKAZMA

◇出演者
【MC】蛍原徹
【ゲスト】フットボールアワー後藤&おぎやはぎ小木&南海キャンディーズ山里&モンスターエンジン西森&しずるKAZMA&みなみかわ&見取り図&EXIT
◇おしらせ
☆詳しくはコチラ!
→https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 後藤
  2. 小木
  3. 山里
  4. KAMA
  5. 一同
  6. 芸人
  7. 盛山
  8. リリー
  9. 本当
  10. ハハハハ
  11. 一緒
  12. 西森
  13. 自分
  14. 結構
  15. 兼近
  16. ホンマ
  17. 格好
  18. 相方
  19. 大悟
  20. アメトーーク

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



〈10年ぶりに山ちゃん参戦!
立ちトーーク〉

〈テーマなし。 その場の
トーク力だけで数珠つなぎ〉

〈芸人腕試しの1時間〉

〈来週火曜日は
3時間スペシャルの…〉

〈今夜は 立ちトーーク〉

〈ご覧のメンバーが
何も決めずにトークをつなぐ

芸人の腕試し企画〉

(蛍原)山ちゃんが まずね…。
(山里)はい!

久しぶりでございます。
どうも お邪魔いたします 皆様。

山ちゃんよ。
(山里)はい!

久しぶりのような気しますよ。
だって 10年以上ぶりですよね 僕。

そうみたいです。 10年。
(山里)そうですね。

そのパターン…
どっちかあるじゃないですか。

偉くなったら
『アメトーーク』出ない人とか。

いやいや…。
偉くなったら出ない人いる?

久しぶりに出た人間に
いきなり 殴りかかってくる…。

いや でも そういう
パターンの人なんだなと…。

山ちゃんは どうなんですか?
これは もう 本当

しっかり 大人の事情で。
この同じ時間に

アウトな方々と ずっと
トークする番組をやってまして。

そうか そうか。
(後藤)裏でね。

(山里)そうなんでございますよ。
(小木)毎年 山ちゃんに

年賀状 出してるんですよ。
えっ!

そういうような付き合いが
あんねや。

はい。
(小木)僕 先輩なんです。

必ず 俺の年賀状が届いてから
返ってくるんです。

それ おかしくないですか? まず。

もらった人だけ返すって感じね。
そのパターンなんです 僕 本当に。

今 年賀状って あんまり みんな
書かなくなってるじゃないですか。

小木さん 意外と
こんな感じのくせに

すごい そういうの しっかり
してるんですよね。 礼儀とか。

あと 破天荒で
めちゃくちゃな感じしますけども

ユニットでネタをやる時とか
あった時も

誰よりも
ネタ合わせしたがりますし。

嘘やん! もう そんなんしなくて
いいようなタイプちゃうの?

(山里)しかも
ネタを一緒に作る時に

「小木のセリフ少なめで。
なのに みんなが帰ったあとに

小木 すごいなって思うネタを
よろしく」しか言わないんですよ。

本当…。
ホンマのおいしいとこ取りや。

EXITは 「第七世代、その後…」
っていう回以来やね。

もう あれから 第七世代も好調で。

はい。 まだまだ
みんな 最前線 走って

全力で ぶちかましてます。
走ってますよ。

(小木)「好調」っつって笑ってるの
おかしくない?

最強ですよ やっぱ 第七。

あっ 見取り図は
この立ちトーークは…。

初めてです 僕たち。

(リリー)でも 蛍原さんだと
やっぱ 緊張するのは…。 僕ら

大阪で 今 レギュラー番組 一緒に
やらせてもらってるんですけど。

そうそう。 やらせてもらってるの。
(リリー)全然違うんですよ。

本当… 本当に 大阪の蛍原さん
皆さん 別人ですよ ホンマに。

どんな感じなんですか?
(リリー)この前 スタジオで

急に
湯浅弁護士のモノマネ始めて

めっちゃ変な空気になってました。
(一同 笑い)

(後藤)まだ やってるんですか?
あれ。

『アメトーーク』ではあり得ないですから。
『アメトーーク』ではないですよ。

その現場に
くっきー!もいてんのよ。

ああ ああ…。
ねっ?

くっきー!が
いろいろと仕掛けてくるのよ。

くっきー!さんより変ですよ
あなた 大阪では。

普通に グルメのVTRとか
流れてるじゃないですか。

そこに おいしいシイタケが
情報であるとするじゃないですか。

普通だったら こう スタジオで
「ああ おいしそう」とか言うのに

蛍原さん 「いやあ シイタケ
くるぶしに乗せたろかな」とか…。

(一同 笑い)

それで くっきー!さんが すぐに
「お前 殺したろか コラ!」って。

すぐに けんか勃発するんですよ。

蛍原さんと くっきー!さん
ずっと言い合ってるんで。

その時は その時の空気で
こう やってるだけでさ。

シイタケを見て 「くるぶしに乗せたい」
って言う空気って

なんなんですか。

だって俺には 1個あるわけやねん
ここに きのこがね。

あとは
くるぶしに乗っけるだけやんか。

それが
意味わからなさすぎるんですよ。

さあ そして
一番端っこの みなみかわ。

(山里)出た!
最近では えーっと

売れてないのに子供いる芸人
放送あって

奥さんに なんか言われました?

もう 奥さん
大満足でございましてね。

あの… SNSで

(一同 笑い)

えっ 『アメトーーク』の編集
すごいと?

なんか 業界人ぶるんですよ。
(後藤)イタいな。

(みなみかわ)ちょっとイタくて。
さあ 西森は

元々コンビ組んでた芸人
出てもらいまして。

小田の関連で出させてもらうのが
あれが7回目ぐらいですかね。

あっ そうなん?
(西森)1回 『金スマ』で なんか

再現VTRだけ
出させてもろたりとか。

この髪の毛の色のまま
22歳の自分をやるっていう。

ハハハハ…!
(盛山)無理ありますね。

さあ KAMAよ。
(小木)KAMAですよ。

池田大好き芸人
やらせていただきまして

ありがとうございました。
とんでもないです。

いろいろと準備してくる人なんで。

登場の仕方とか
いろいろ考えてきてます。

っていう事は
今日の この…

まあ 立ちトーークやから
そういう事は あれか。

一応 考えてきてる出方は
あったんですけど。

(後藤)登場の仕方から?
(山里)ええー!

この登場?
はい。

ちなみに いいですか?

じゃあ 当ててもらっても
いいですか? 何か。

なんの出方か?
(山里)クイズ?

(りんたろー。)クイズですか?

じゃあ ちょっと いいですか?
(KAMA)あっ はい。

(小木)そういう
シミュレーションなんだもんね。

(KAMA)そうですね 一応
シミュレーション 頭の中で。

(山里)これ 相当 好奇心
振り絞らないと無理ですね。

じゃあ ゲストの方 どうぞ!

(拍手)
(KAMA)おお…!

(後藤)ええー?

えっ それ 何?
(りんたろー。)全然わかんない。

(山里)何かなんですよね。
(後藤)えっ 何? それ。

これ…。

(後藤)いや わからん!
(山里)最初にね…。

ハハハハ…!

〈オール新曲
踊りたくない芸人〉

〈新メンバーに
運動神経悪い あの人も〉

〈更に 菓子パン芸人〉

〈来週火曜! 来週火曜よる7時〉

(吉高)人生 山あり 谷あり…

♬~
「トリス」あり!

(泡の音)シュワー

<人間っていいナ。>
はぁー

<新しい「トリス」>

(せみの声)ミーン ミーン…
(大久保)暑~い夏は (梅沢)コレよコレコレ

塩レモン!
(缶を開ける音)プシュッ

♬~ <塩で仕上げた夏の王道!>
(2人)クハーッ

こいつはいけるね!

<夏の「塩レモンサワー」!
「こだわり酒場」から サントリー>

〈踊りたくないBTS?〉

〈『アメトーーク』
3時間スペシャル〉

〈テーマなし
その場で会話をつなぐ

立ちトーーク スタート〉

意外な組み合わせなんで

芸人仲間というような話から
いきませんか?

りんたろー。は さっき
メイク室 一緒やったやん。

なんで メイクしてる時
あんな眩しい目するの?

(りんたろー。)ハハハハ…!
(小木)してたの?

鏡の映った自分の
目と目を合わせて 眩しい顔…。

(りんたろー。)それは
僕の中の一番格好いい顔を

確かめてるんですよ。
(小木)ああー 眩しい顔が。

リモートで
会議とか あるじゃないですか。

打ち合わせ前とかも。
その時も ずっと

リモートの自分 見て
眩しい顔してます。

(りんたろー。)言うな!
(小木)自分に対してなのか。

具体的に こう
なんか やってるとかあるの?

美容鍼を… はい。

もう 顔面に
2万5000本 打ってますね。

何?
(小木)顔にって事?

電気流したりとか
ヒアルロン酸を流したりとかして

こう キュッと
上がったりするんですよ。

それ 結構痛いんですけど
それに慣れてきちゃったんで

お笑いライブとかの
電気ビリビリとか

全く痛くなくなった…。
それ ええの? そっちにいって。

アカンやん。
大丈夫?

鍼 打ちすぎて。
(山里)こう並んでみると 結構 僕

芸人さんと一緒ってイメージが
あんま ないから

つながりとか 信じてもらえないと
思うんですけど

意外と りんたろー。とかは
僕 昔からね 知り合いで。

山ちゃんと りんたろー。 あるの?
あったよな りんたろー。な。

仕事ない時に それこそ
運転手とかさせてもらって…。

(小木)何? それ。
何? 山ちゃん 何?

(小木)山ちゃんって
そういう人間だったの?

りんたろー。 お前 今 ちょっと
何個かチョイス ミスってるわ。

俺 悪いヤツに見えるじゃんか。
ええー 何? 山ちゃん

運転手 雇ってたん?
違うよな りんたろー。ちゃんな。

なんか こう つながりが
そんなになかったんですけど

運転して 賃金を得てましたね。

ちゃんと
お小遣いもらってたんや。

お前 今
ありがとうって頭下げながら

頭突きしてるんだからな 俺に。
違うじゃん りんたろー。ちゃん。

昔 芸人仲間 何人かで
パワースポット的なので

埼玉の秩父の方に
三峯神社ってある…。

これ 結構 いろんな芸人さんが
行ったりとかして

有名なとこあって。
そこは 車で行かないとね

ちょっと 難しいという事で
レンタカー借りて。

僕 免許なかったもんで
その時に

りんたろー。ちゃん呼んで
運転してもらってたんですけど。

りんたろー。は 優しい子だから
「僕 車の番してるんで

皆さん そこ行って
パワーもらってきてください」

「僕は大丈夫です」って言って。
白いお守りみたいな…

それをもらうと
売れるみたいなのがあって。

りんたろー。だけ 「僕はいいです」
って言って 行かなかったんです。

でも 結果 そのあとぐらいだよな
りんたろー。 爆売れしたんですよ。

だから 本当… 世に言う
神様 見てるなというか。

この子は
他の子たちを送り出してまで

連れてきてくれたんだ
っていうのが

あったのかなってぐらい。
そこから りんたろー。爆売れして。

三峯神社のパワースポットは
あっちじゃなくて

駐車場なんです 多分。
(一同 笑い)

(KAMA)駐車場?
(小木)嘘?

ちょっと 山里さんに 僕も
言いたい事あったんですけど

いいですか?
(山里)どうした? リリー。

(リリー)これは 本当 僕が マジで
テレビとか なんも出てない時に

たこしげっていう居酒屋で…。

みんな 芸人さんが行く…。
(山里)大阪の芸人さんが集まる…。

かまいたちの濱家さんと2人で
飲んでたんですよ。

そしたら ベロベロの山里さんが
入ってきて。

一緒に飲もうってなって。

僕も 大先輩なんで
「はい そうですね」とか言ったら

山里さんが 急に
僕の方 チラッと見て

「お前 できるADみたいな
しゃべり方して入ってくんなよ」。

こいつ… こいつ なんや!
と思って。

どっちが本当なんですか?
優しい山里さんか その悪の…。

いや そっちやろ。 出てるね。

リリー おかしいじゃない。

もっとあったじゃない
いろんな思い出が 俺たちさ。

いやいや いやいや…
山ちゃん 事実やから。

優しい思い出を
それで かき消されるんですよ

僕 毎回。

そうや
それは リリー 嘘つけへんよ。

山里さん その…。
(山里)西森!

おかしいじゃない!
そういうのじゃないじゃない!

(西森)山里さん その感じで
怖いとこもあるのに

天然なとこもあるんですよ。
天然もあるんですよ。

天然なん?
(小木)天然なイメージないですけどね。

なんか 立ち飲み屋で飲んでて

飲みだして 酔ってきて
椅子がある思うて

そのまま座って 後ろに倒れた…。

ド天然…。
(盛山)立ち飲みなのに。

ガーン! って
後ろの壁に 頭打って…。

すみません これは…。

なんなの! ねえ!
えっ えっ えっ…?

そんな入り方?
何? 何?

どういう事?
山ちゃん やってないの?

あの… 誰も 僕の話
せえへんやろうな思うて

(後藤)でも まだ
始まったばっかりやから。

そんなん アカンって。
接点ない人ばっかりですもん。

(後藤)大丈夫や。
(リリー)そりゃそうですよ。

山里さん。 僕も大阪で

飲みに連れていってもらったり
お世話になってるんですけど

ホンマに 街なかで ものすごい
やっぱり 声かけられるんですよ。

飲み終わり… 1軒目から2軒目
移動する時とか。

(小木)はいはい はいはい。
(盛山)ほんで「おはよう」言うたら

山里さん
本当 サービス精神旺盛やから

「おーはようございまーす!」って
言ってあげてるんですよ。

えっ!
(盛山)そしたら その声 聞こえて

人だかりできるじゃないですか。

じゃあ 大阪の若い人たちが
「山ちゃん おはよう」っつったら

全部 「おはようございます」って
返すから

途中から…。

「おはよう」って言われて

「おはよう」って返す人
みたいになってきて…。

それ以外
もう 代表ギャグもないしさ。

だから もう
「おーはようございまーす!」

って言うと 「うわー!」って
盛り上がってくれるから。

(小木)
大阪でも それでいいじゃない。

でも やばいヤツでいったら
一番端のあいつが一番やばいです。

いや… 僕は やばくないですよ。
(山里)みなみかわです。

定期的に Twitterで
あの彼はですね

急に事務所批判するんですよ。
えっ!?

(盛山)松竹…。
みなみかわは 松竹やもんね。

我々… 私は松竹なんですけど…。

松竹のここがおかしい
っていうのを挙げすぎて

事務所から
めちゃくちゃ嫌われてて…。

事務所のライブ
出られなくなったんで。

外されて 外されて…。
そういう なんか

文句ばっかり言うからちゃう?
(後藤)じゃあ 1人で もう

どこか別の事務所 行こうとか
ないの?

いや そうなったら
やっぱり 最終的に

迷惑かけられないじゃないですか
辞めちゃうと。

(後藤)ああ 松竹に
迷惑をかけ続けたいって事?

松竹芸能 抱えて
地獄に行きたいんですよ。

(一同 笑い)

怖いな あいつ!
(リリー)離さない。

こんな芸人だって 抱える意図が
あるよって事を言いたいんです。

最近 俺も ちょっとね
ある人から…

松竹の木本さんね。

TKOの?
(小木)TKOの。

木本さんの悪い噂を
すごい聞いてきて。

えっ?
(小木)これ やばいなって…。

そしたら
この間 ネットニュースで

みなみかわが
全部 嘘を広げてるんでしょ?

ああ そうです そうです…!
どういう事?

みなみかわと森田で作った
っていう…。

僕と森田がね
ゴシップが大好きで

ゴシップを言い合うんですけど
結局 ゴシップって もう

情報も入ってこなかったりして
限界があるんですよ。

そうなった時に
もう 作っちゃえと。

「作っちゃえ」?
(後藤)ええー! 捏造や。

(小木)最低なんだよ。
嘘やんか。 嘘?

もう 勝手に作って
あるっていう脳に切り替えたら

ドキドキできるから
それでええと。

なんなん?
(みなみかわ)それで

作り上げたのが
TKOの木本さんと

森口博子さんが
付き合ってるっていう…。

(一同 笑い)

なんで そこやねん。
(リリー)悪い事ちゃうし。

リアルなんだけどね そこも。
(後藤)生々しさはね。

(盛山)なんとも言えない
ゴシップです。

ピーターさんの誕生日会で
知り合ったんですよ。

(後藤)いや ありそうやな!
(KAMA)そこまで!

創作でしょ? それは。
結構ええとこやね なんか。

で 森口博子さんが 木本さんに
あまりにも惚れすぎて

2000万単位で お金貢いでる
っていう話にしたんですよ。

(山里)「したんです」?
(みなみかわ)したんです。

(一同 笑い)
小木さんが出てるよ。

ちょっと ごめん。 かねちー
なんか 楽しい話 しようぜ…!

俺!? 俺!?

(山里)明るいトークしようぜ
俺たち。

まず 森口博子が何か
わかってないのに。

ええー! そこ?

(盛山)世代が違いすぎる。
(後藤)世代 違う?

(みなみかわ)
『夢がMORI MORI』ですよ。

『ガンダム』よ 『ガンダム』。
(山里)そう あの名曲。

もうちょっと なんか ポップな。
(小木)ポップな話ね。

全身脱毛に…。
(後藤)あっ ポップ。

(兼近)この前 りんたろー。さんに
連れられて行ったんですけど

なんか りんたろー。さんが
紫外線アレルギーで

肌がチャラくないからっつって
帰らされたんですよ。

えっ?
光 当てるんで

「脱毛すると湿疹できちゃうから
あなたダメです」って言われて

帰されちゃったんですよ。

別に したくない俺だけ残されて。

男性1人と 女性1人に
こう 全部 裸の状態で

ピッピッピッてやられるんですよ。
うん うん。

(兼近)そんな状況
今までなかったんで

ポコの方がコチッてきちゃって…。

反応した?
(兼近)反応するんですよ。

どうにかしなきゃと思って
違う事 考えようと思ったら

CMで
千鳥さんと渡辺直美さんが…。

その声が聞こえてるんで

この人たちの事 考えたら
絶対大丈夫だと思って

直美さんと千鳥さんの事
考えたんですけど

直美さん ちょっとエロいんすよ。

(一同 笑い)
なんやねん! かねちー。

(兼近)やばい!
ちょっとエロい! と思って

千鳥さんの方 考えるんですけど

その3人が頭の中で
急に なんか 始めたんですよ。

なんかね…。
で 大悟さんと直美さんが

ウワーって
そういう事をし始めて。

ああ もうやばい! って…
興奮してきちゃって。

そしたら ノブさんがね
1人だけ残されて

「ワシだけマスターベーションじゃ!」
って言うんですよ。

何言ってんの? みたいな。
ノブさん どうした!? みたいな。

それ 完全に…
これ 全部 頭の中ですよ。

心の中ね。
(後藤)かねちーは かねちーで…。

(一同 笑い)
どこがポップなんだよ。

チャラい話 聞きたい。
(兼近)ポップじゃないですか!

(りんたろー。)全然ポップじゃない。
(山里)結構 場が荒れてませんか?

場が荒れてますね。
(小木)僕も ちょっと…。

ハハハハ…!
(盛山)全部持ってますやん。

全身脱毛の話 あるの?

女性3人付くんですよね。

あっ 小木さんのとこ 女性3人?

付いて… でも 俺の場合は
もう やばいと思った時は

必ず これはね
もう どんな時も一緒。

(小木)…っていうの持ってるの。
なんやろう? 何? 何?

(小木)多分
みんな持ってるんです それ。

えっ 何?
(小木)俺は

(一同 笑い)

ボールちゃいますよ?
いやいや… みんな…。

えっ? マラドーナの…?
(小木)5人抜き。

マラドーナの5人抜きを…?
(小木)そう。

急にね サッカーの
あれを思い出しながら

「マラドーナの5人抜きって
見た事あります?」って会話から

「知らないです」。
「イングランド戦の」って…。

俺 ワールドカップ…
サッカー大好きだから

もう ずっと その…。
(後藤)それで治まるんや?

(小木)治まる。
必ず マラドーナの5人抜きで。

まあ 「抜き」っておかしいけどね
「抜き」って…。

マラドーナが5人
抜いちゃった感じになっちゃって。

(後藤)ちょっと
かかってきますけど。

立ちトーークの「立ち」って
そういう事…?

違う 違う!
「立ち」を抑えるためのトーク。

違う。
なんにも そこ かかってないよ。

〈後藤も踊らされる〉

〈『アメトーーク』
3時間スペシャル〉

ちょっと 僕 後藤さんも
初めて会った時の話

ちょっと してもいいですか?
(後藤)ああ ちょっと してよ。

(リリー)絶対 後藤さん
覚えてないんですけど

13~14年前だと思うんですけど
僕ら 2~3年目の時。

ええー!
(リリー)後藤さん その時なんて

もっと とがってるんです。
今は優しいですけど。

だから 挨拶に行ったんですよ
後藤さん…。

そしたら ホンマに 足組んで
こう見て たばこ吸いながら…。

で 初めて 僕 その時

iPadっていうものを
見たんですよ。

あんまり
普及されてなかったんです。

もう 後藤さんのオーラとか
すごすぎて

体感ですけど
畳 1畳分のiPadをこう…。

ハハハハ…!

お前の主観やんけ。

でも 当時 実は 僕ら若手の間で

後藤さんが とんでもない でかい
液晶持ってるって

噂になってた…。
(後藤)持ってるか!

(盛山)ホンマに! 後藤さん 当時

とんでもない でかい
パッド持ってたんですよ。

こんなん! それを ずっと
楽屋で こうやってたんで…。

持ち歩かれへんやろ
そんなでかいやつ。

iPad4枚ぐらい つなげて…。
(後藤)つなげるか!

そんな パッチワークみたいな事
せえへんやろ。

これ ホンマなんですけどね。

僕も 後藤さん ありますよ。
(後藤)えっ!

(西森)個人的にはないんですけど
打ち上げで いっぱいいる時に

まだ たばこ吸える頃で。

後藤さん すごい
ヘビースモーカーじゃないですか。

火つけて
こう吸ってはったんですけど

吸ってる この…

持ってるたばこの事を
もう 忘れてはったんか

次のもう1本出して また こう…
こうやって…。

で こっち 火つけて…。

両方になった瞬間に
ああ…! ってなって。

遅っ!
2本持って 吸ってるっていう。

ホンマ?
(西森)これは 僕です。

(後藤)なんやねん それ。
いや もう アカン…。

そんなんアカンって!
(後藤)なんで 自分の話 すんねん。

だって 誰も しゃべって
くれないじゃないですか。

なんか 職業柄
ああ そんな事あったのかもって

乗っちゃったら
すげえ 事故するじゃん 俺たち。

大嘘つきになるじゃんか。
(西森)仕方ないじゃないですか!

誰も

(山里)あと 芸人さん なんか
すげえなって思うのが…。

みたいなのを出せる人って
すごいなと思ってて。

それで言うと KAMAは
結構 劇団とかを持ってて

毎公演
すごい人気の劇団があるのね。

はい メトロンズっていう…。
(山里)メトロンズっていうのがあって。

それに 今 KAMAが
怒りを抱いてる人が

すごい こう 悪の主人公みたいに
出てくるんですけど。

この前
1週間ぐらいの公演やってて

もう めちゃくちゃ
舞台 面白くて。

そこに 本当にイヤな酔っ払いが
出てくるんですよ。

あれ? なんか この酔っ払い…
すごいイヤな酔っ払い

見た事あるって思ってきて。

で どんどんと
リンクしてくるんですよ。

あっ 俺だ… と思って。
山ちゃんなの?

(山里)こいつ… こいつ
お芝居 しっかり2時間使って

俺の悪口 言ってくるんですよ。
(KAMA)違う 違う! それ…。

(小木)で 呼んだわけだ。
(山里)ショックだった あれ。

それは 山里さんにじゃないです。

いるんですよ モデルが。
(山里)すっごいイヤな飲み会…。

すごいイヤな飲み会が
あったんですよ。

結構 昔なんですけど。
ある番組をやってて

そのメンバーで
なんか 年1で飲もうみたいな

なんか くだらない会が
あったんですよ。

それで ある女性タレントさんと

ある先輩芸人さんの間に
俺 座らされたんですよ。

で そのタレントさんが

勝手に グレープフルーツサワー
頼んだんですよ。

俺 ちょっと飲んだんですよ。
で こんな顔したんですよ。

そしたら 「ねえ もっと
おいしそうに飲んでよ」みたいな。

うわ たち悪いな。
(KAMA)だから

「いやあ うまい! マジで
うまいっすね」って言ったら

「じゃあ 赤ワインも
いけんじゃない?」っつって。

で 赤ワインつがれて 飲んで

「いやあ 本当にうまい!
こんなの初めて気付いたよ」。

ちょっと やけになってるんです
俺も。

そしたら また
グレープフルーツサワー頼んで。

俺 もう その時 ちょっと
こうなってるんですよ。

下向いてたら
その先輩芸人さんが

誰にも聞こえない声で
俺の耳元で

「被害者面するなよ」。
(リリー)えっ!

(小木)怖い 怖い… 何? それ。

もう 俺 怖くて。
(小木)怖いよ。

で もう ニコニコして
「いや 何言ってるんですか」

「めちゃくちゃうまいっすよ」って
言いながら 飲んで。

俺 もう 帰り道
悔しくて 泣いちゃって。

で その時に ライスの関町…
結構 仲いいんですけど。

ノリで電話したら
「おい なんだ てめえ この野郎」

みたいな感じのノリが
あったんですけど。

で 俺が電話して
関町が「おい なんだ?」。

「何しに電話しにきた?」みたいな。
俺がむちゃくちゃ泣いてて。

そしたら 関町が
「うん 1回座ろう」

「どうした? 何があった?」
ハハハハ…!

(後藤)ええ友達やな。
(KAMA)それで事情説明して。

だから 山里さんじゃないですよ。
(小木)山ちゃんじゃないんだね。

山ちゃんじゃないんだ…。
でも 山ちゃんに

(一同 笑い)
(盛山)えっ そうなんですか?

(山里)イヤな合いの手打つわ
この人 さっきから ずっと。

吉本さんじゃないですか 皆さん。

吉本の芸人 唯一 大悟さんだけ
飲みに連れていってくれるんです。

千鳥の大悟さん?
(みなみかわ)千鳥の大悟さんが

なぜか連れていってくれて
酔いはると 僕に

「お前らは 自分のアソコと
話した事あるか?」って…。

ちょっと意味がわからなくて
「僕 ないです」って言うと

「ワシ あんねん」と。

「お風呂 入ってたら
自分のチンチンに

“めちゃめちゃ お前に いい人生

歩ませてやってるのう"って
言うんや」って言うんですよ。

なんの話かな? と思って。
「なんていうんやろう

相棒っていうか
なんか パートナーっちゅうか

なんて言っていいんか
わからんけど

こう 一緒に
歩んでいってるやんか」みたいな。

その時 僕が
「いや もう そんなんやったら

相方でええやないですか」って
言ったら

「相方はノブじゃ」って
言ったんですよ。

(一同 笑い)
(盛山)そこはコンビ愛。

どういう格好付け方なんかなって
思って。

(後藤)ええ話で終わるなあ。
(山里)格好いいのよ。

最終的に格好いいんですよ。
(山里)めちゃくちゃ格好いいの。

僕も 本当 死ぬほど
世話になってますから。

よく飲んでて
大悟さんがおっしゃるんですよ。

「ここに拳銃があって
この中に弾が2発入っとる」と

「これは誰を撃っても罪にならん」
っつって。

「お前ら 誰 撃つんだ?」って
言って。

みんな 思い思いに 「こいつが
邪魔だから こいつとこいつ」

「同期のこいつが」とかって
言うんですけど。

「大悟さん どうするんですか?」
っつったら 大悟さんは

「ワシはのう 空に2発撃つ」
って言うんです。

めちゃくちゃ格好良くないですか。
ハハハハ…!

なあ! これ 有名な…。
これ めっちゃ格好いいの。

めっちゃ格好良くない?

〈恥ずかしすぎる大悟が〉

なるんですよ マジで。

〈『アメトーーク』
3時間スペシャル〉

芸人仲間っていうカテゴリーに
なるか わかんないですけど

皆さん 井森美幸さんって
どう思われてますか?

最高だよ…。
本当 最高ですよね。

すごいよ。
(山里)あの人

本当 素晴らしくないですか?
サービス精神旺盛で。

僕 一緒に番組やってて

ファッションの なんか こう
選ぶコーナーみたいなのあって

挑戦者で 井森さん
出てくれるんですけど

コーディネートした時に
オレンジと緑のコーディネートで。

「さあ 井森さん 今日の
このファッションのテーマは?」

って言ったら 「湘南新宿ライン」
って言ったんですよ。

ハハハハ…!
(山里)天才です。

(小木)
天才だね うん。

これだけでもすごいのに
そのあとに ちゃんと 井森さん

自分のキャラクターを生かした
ひと言添えたんですよ。

「山ちゃん 高崎行きよ」って
言ったんですよ。

天才じゃないですか?
(小木)うわー すごい。

いやあ 今のはホンマすごいわ。
(山里)ですよね。

(後藤)すごいな。
(山里)あの人 ものを…。

(山里)思い出せない時に
聞いてくる時あるんですよ。

「山ちゃん あれなんだっけ?」って
言ったので…。

「山ちゃん あれ なんだっけ?
HIROさんとこの

世襲制の人たち」って
言ったんですよ。

何かな? と思ったら

「世襲制」?

「HIROさんとこの世襲制の…」。
ハハハハ…!

(後藤)すごいよな 井森さん。

僕 イモさんと
あと アンガのたなちゃんと

3人で
よく お食事連れてってもらって。

基本的には 井森さんの今後を
みんなで語るっていう。

井森さんの今後を語る?
(山里)はい。

井森さんがお店も取ってくれて
なんか 大きな窓ガラスがあって

外と…
ちょっと見えてるっていう。

「山ちゃん たなちゃん ちょっと
少し離れて」っつって。

「えっ なんでですか?」っつったら
「フライデーとかされたら

ちょっと 私たち 噂になったら
イヤだから」って言って。

僕も たなちゃんも
「いや 俺たちとで

フライデーなんかされませんよ。
大丈夫ですよ」って言って…

言った時に イモさんが
「ごめんね。 私

モンダミンは裏切れない」って
言ったんですよ。

そういうとこも好き…。
(小木)すごいね 確かにね。

ハハハハ…!
(山里)そんなセリフあります?

「私 モンダミンは裏切れない」
ですよ。

(小木)すごいよね。
(後藤)すごいな。

だって 井森さん
もちろん 昔 アイドルやん。

ほんで 「CDも出してるんだよ」。
「それはそうでしょ」みたいな。

ほんなら 調べたら

ファーストアルバムが
昔 出てるんですよ。

次に出たアルバムが
ベストアルバム…。

えっ ファーストの次が?
早っ!

(小木)すごいな。
(盛山)ジャケットが違うだけじゃない。

僕 あの…

上沼さんと接点ありまして。

へえー! すごい。
(西森)上沼恵美子さんと

ラジオ 一緒に レギュラーで
やらせてもらってるんですよ。

ラジオやってんやね。
(西森)はい。 ほんで 僕

YouTubeで もの作ってね
いろんな人に

プレゼントするっていうの
やってまして。

ほんで ちょうど
上沼さんが誕生日やったんで

ちょうどいいわと思って
うまい棒がめっちゃキレイに入る

うまい棒ケースっていうのを。
(小木)おお! そんなのあるんだ。

卒業証書の なんか
ポンっていう感じの

筒みたいな感じで ぴったり
うまい棒が入るんですよ。

(小木)へえー! すごい。
(西森)あげたんですよ。

ほんだら 「すごい!」って
ものすごい喜んでくれて

ほんで
ポンって ちゃんと鳴るんで

「うわっ
こんなキレイにできてるよ」

「しかも ぴったりやんか!」
言うて。

本番中に そのうまい棒 食べはる
という事になったんですけど

上沼さん
うまい棒の存在 知らなくて。

(一同)ええー!
(西森)で 食べはったんですよ。

「何これ!
めっちゃおいしい!」って。

(一同 笑い)
ええー!

「ちょっと待って これ なんやの?
めっちゃおいしいねんけど!」。

(山里)そっちで驚いてたんだ。
(西森)だから もう ホンマに

ギリギリで 僕の作品 負けて

うまい棒に
感動を持っていかれたんです。

(後藤)すごいな うまい棒。
へえー!

(KAMA)
堤真一さんと仕事した時に

堤真一さんって…。

純粋な人っていうか。
(後藤)関西弁ね。

(KAMA)はい
そうです そうです。

堤真一さんのためにネタをやる
っていう番組があって。

堤真一さんが高校野球 好きで

堤真一さんを喜ばすために
ネタの前に選手宣誓と

あと ネタが終わったあとの…
コントを校歌にして歌うっていう。

それで 堤さんが

「いや すごい面白かったよ。
ありがとう」みたいな。

それで 収録終わって

堤さんの楽屋 行ったら
楽屋の中から

「校歌まで作ってくれなくて
いいのにさ」とかって

ずっと言ってるんですよ。
(小木)おおー!

俺 もう めちゃくちゃ
この人 いい人だなと思って。

うれしいよね。
はい。

いい人でした 本当に。
(一同 笑い)

いやいや… いいのよ。 いや…。

なんで? なんで?
最後 なんで… えっ?

マジで いい人。
(後藤)なんか あるのかな? って

俺らが勝手に思ってもうたから。
(KAMA)違う 違う…!

いい人でした 本当に。
いい人ですよ。

いいテレビ局があって あの…。

いいテレビ局?
(小木)まあ あの…

せこくて 面白くない話ですけど
いいですか?

なんでもオーケーですから。
(山里)最悪のタイトルですよ…。

でも なんでも
ここはオーケーですよ。

湾岸スタジオ フジテレビの。
はい。

僕ね EVカーを
最近 買ったんですよ。

100パーセントEV
電気自動車です。

それを 湾岸スタジオに行くと

電気自動車の
充電器が付いてるとこ

3台空いてるんですよ。
必ず あるんですよ。

だから 収録中に
30~40キロ分の電費?

電費っつうのよ 電気の…。
電費が稼いでるの。

(後藤)知らんわ! 知らん。

うれしいでしょ?
いや でも ありがたいね。

スベっても…
どんなにスベっても

行き帰りの電費が増えてるの。

車で言ったら 僕 最近 この…

方々で言ってる
自分の理論なんですけど

最近
港区に引っ越したんですけど

港区って
高級車だらけじゃないですか。

ベントレーとか
ロールス・ロイスは

絶対 おじさんが
乗ってるんですよ。

でも 最近 突き止めたんですけど
ベンツのセダンは

細女性のオールバックが
乗ってます。

これ マジで ほぼ100パーです。

このグラサンの細女性。

これ 100パーです。
細女性の?

マジで見てください チラッと。
大阪やったら

浅黒 小太り 歯白おじさんが
乗ってる…。

そう。

(盛山)でも 東京の高級外車は…。

(リリー)ベンツのセダン
マジで そうです。

それこそ なんか 車。

先輩とか見てたら
もう 高級車で現場入ってきて

帰りは それをマネージャーが
運転して帰るみたいな。

うわっ 格好ええな! みたいな。
(小木)あるね。

(後藤)でも 吉本の
マネージャーって

我々ぐらいのキャリアに
なってくると

新人マネージャー与えられる。

ちょっと前についてた男の子。

19か 二十歳の子。
ほう。

「運転免許 持ってる?」
「はい 持ってます」

「運転して」
「はい」

「えっ?」

ハハハ…!
「すみません 後藤さん

これ アクセル付いてますか?」

ハハハハ…! えっ?
嘘やん!

当たり前やん。
なんか そういう…

例えば 「ちょっと
ごはん買ってきて」って言っても

大丈夫かな? とは
思ったんですけど。

「カレー買ってきてほしいねん。
ごめん 俺 もう 時間ないから」

「はい」

「なんか 野菜カレーとか
シーフードカレーとか

もう そんなんじゃなくて
普通のビーフカレーみたいな…」

「わかりました!」って言うて
帰ってきたんですよ。

なんか 申し訳なさそうに…
怒られんちゃうか? みたいな。

そいつが買ってきたのは…。

(小木)旨みたっぷり…。
(後藤)ほんなら

「すみません 後藤さん
ちょっと このビーフカレー

“旨み"が
入ってしまうんですけど」。

ハハハハ…!
ええねん!

それが たっぷり入ってる分に
越した事ないわ。

(リリー)旨みもダメや思うた…。

(山里)人事 どうなってんですかね
吉本。

(西森)吉本…
めっちゃ変な人ばっかりでしょ。

結構ね。
うちの前のマネージャーも

僕より
ちょっと年上の人なんですけど。

周りの人と 情報を何も
共有してないんですよ その人は。

コンビで 神様のコントのネタ
やってるやつの あれで

「『聖闘士星矢』のゲームのCMが
入りました」言うて。

「あの 西森な…」。
こんなしゃべり方なんですけど。

「今度 セイント セイヤ」…。

「“セイント セイヤ"って
誰が言うてんねん!」

「“聖闘士星矢"や!」
「セイント セイヤっていう…」

(後藤)許したれ…。
ええやん。 ええんちゃうの?

イントネーションは ええやんか。

普通に 僕ら界隈で
「セイント セイヤ」って

言うてるヤツ
1人もいないですよ。

ええやん。 わかるから ええやん。

あの…
吉本のマネージャーさんで

僕に めっちゃ似てる人
いるらしいんですよ。

マネージャーにいるの?
なんかおるな。

コウノ… コウノさん?
(みなみかわ)あっ コウノさん。

コウノ君だ。
僕 会った事ないんですよ。

ただ もう あの…
華丸・大吉さんとかが

収録中に振り返って
「コウノ君に似てるんだよ」。

(KAMA)そっくり!

僕 会った事ないんですよ。
似てる 似てる。

(みなみかわ)でも なんか 総じて
みんな イヤな顔するんですよ。

わかんないですよ。
わかんないです。

それは気のせいやわ。
どういう人なんですか?

表現が… ノリが古いというか。

「あっ この仕事
トーク 30分してもらって

こっちの方 がっつり 30です」
みたいな。

ハハ…!

(KAMA)そうそう…。

(りんたろー。)ノリが古いんですよ。
(後藤)昔のな 言い方。

(山里)吉本といえばのね。
(小木)まあ まあ それは いい…。

俺は 遠距離の時は 車で
マネージャーが うちに来て

マネージャーが
運転してくれるんですよ。

それ… 助手席に乗って
一緒に向かうんですけど。

ある… 首都高に
乗ってたんですよ。

橋を渡る所に… 河川敷に
サッカー場があったんですよね。

これ ちなみに…。

いや 別に…。

先 言わんでええよ 別に。

いい? タイミングが…。
いいです。 いいですよ。

(小木)サッカー場が その道路と
並行にして あったわけですよ。

こう 俺 助手席で見てたんです
そこを。

そしたら その 通った時の
サッカー場のフィールドね。

そこの最終バックラインが

俺の通ったとこと ぴったり
1列に並んだんですよ

最終バックラインが。

ハハハハ…!
(小木)そこに…

そこに オフサイドの
パス出したんですよ。

あいつ オフサイド! と思って

「オフサイド!」って言ったんです
助手席で。

ラインが見えたんですね。

ラインが…
俺のラインだから 全部。

最終ラインにいるから。
そしたら マネージャーがひと言。

「やっぱり 小木さん
一番早いっすね」。

(一同 笑い)

(みなみかわ)オチ…。
(盛山)タイミングいい話でした。

「やっぱり 小木さんが
一番早いっすね」。

思ってるより へなへなの もう…。

〈『アメトーーク』
3時間スペシャル〉

スポーツで 僕もいいですか?

1回 新日本プロレス
最前列で見た事あって。

その時のカードが

高橋ヒロム選手っていう
長髪の選手と

オスプレイっていう
海外の選手なんですけど

そのオスプレイっていう選手は
すごい身軽で

いろんなとこ 飛び込むみたいな。

その時 1回 場外に
高橋ヒロム選手が出されたんです。

僕 最前で
こうやって見てたんですよ。

僕の前に 高橋ヒロム選手 来て。

ちょっと あれ…
似てるんです 僕と その…。

ほんで オスプレイが
リングの上で

場外に飛び込む
ダイビングの技しようとした時に

ちょっと見間違えて
一瞬 僕に飛びかかろうと…。

(一同 笑い)

一瞬 僕を
チラッて見てたんですよ。

あれ? これ どっちだ? っていう
そういう勘違いはありました。

(小木)外国人から見たら
よくわからないからね 顔…。

オスプレイに
ダイビングされかけた…。

危ない… 危ないとこや。
(KAMA)スポーツで 僕も

野球 9年間やってたんですけど

高2の時に 僕らの代になって

筋トレやめようっていう事に
なったんですよ。

もう 野球は 回旋だって…
うねり。

要は ここから
キュッてスタートさせて

それが上にくる頃には
もう こっちになってるっていう。

この回転を利用するだけでいい…。
(小木)回転… 回旋?

(KAMA)
これを回旋っていうんですよ。

僕らは そこから 内股…。

内転筋だけを鍛える
トレーニングをし始めたんですよ。

ほうほう ほうほう…。
(KAMA)それが みんなで…。

こうやって こうやる…
こうやってやって…。

筋トレせずに
これだけやってたら

最後の地区大会 2回戦 全員

ガリガリになった?
(盛山)シェイプアップ…?

シェイプアップに
なってたんですね。

筋トレしてなかったんで。
(盛山)シェイプアップしすぎて。

ガリガリにはならんでしょ。
途中で気付けよ。

(兼近)俺 KAMAさんに
言いたい事あって。

あっ かねちー。
(兼近)最近 芸人って

ユーチューブ みんな 始めたんで
それで ちょっと

村上さんとコラボさせて
もらった事があったんですよね。

その時 まだ
KAMAじゃなかったんですよ。

なる前だったんですよ。

でも 先に なんか 「俺の相方が
KAMAになる」と。

「矢沢みてえで
すげえかっけえじゃん」みたいな。

なんか 語り口調で
遠く見ながら…。

(KAMA)始まった…。
これ やばいんだよ。

「あの時は
すげえ良かったんだよ」とか。

いや… そうですね。
だから 村上には

申し訳ないとは
思ってるんですけど。

相談しなかったのね。
(KAMA)そうですね。 はい。

(後藤)まあ でも 名前とか
表記が変わるってなったら

ちょっと「実は こう思ってんねん」
って言った方がええやん。

いや まあ そうですけど…
まあ そうですね。

今まで

(一同 笑い)
(リリー)急に…。

急展開。
(盛山)急にトーン変わった。

スイッチ入れましたよね 今。
大きなったね。

地方のロケ
行かせてもらった時に

もう 結構
仕事も バーンとなくて

これは かまさなきゃいけない
何か。

だから オープニングで
ガンマンの格好して

出ようと思ったんですよ。
それ着替えてたら 村上が

「池田
そういうのは いらないから

お前は素朴なんだから

素朴なキャラを
やればいいんだよ」…。

結局 俺…
加地さんだって 俺 結局…。

(後藤)なんで 加地さんと
しゃべってんの?

(KAMA)結局 俺
自分らしく出して

(一同 笑い)
いや… KAMA ごめんなさい。

(小木)売れてねえよ。
そこまで… そこまで売れ…。

売れてねえよ まだ 本当に。
(後藤)兆しがな。

そうです そうです! 兆しが。

コンビ仲が あんまり良くない時って
そういう事やるのよ。

なんか こう 村上も…

勢いのある相方に
上から指導する事によって

自分も同じ位置にいるって
錯覚した時期があるの。

ある ある! そういう時期は
ホンマに でも あったし。

フットさんでもありました?
(後藤)何… 一挙手一投足

全部 腹立ってたもん。
(りんたろー。)ええー!

もう… 前出ろ 前出ろって
やってるのに

いや 俺
ここじゃない ここじゃない

みたいな感じでやって。

でも いろいろ経ていったら
もう 可愛いよ。

あっ そうですか。
(後藤)可愛い。

今も なんか
髪の毛 金髪にしてさ

機嫌ええのかさ なんか
ワックスとか持ってきとんねん。

「持ってきとんねん」って言い方…。
(盛山)いいじゃないですか。

普通さ みんな ワックス…
マイワックスは持ってくるやん。

マイドライヤー
持ってきよんねん。

それもダイソンのさ…。

(山里)最新のやつだ。
丸いの?

丸の筒になった所に
棒が付いてるやつで

ブワーやって…。
あの丸… よう見たら

あの丸とハゲ方が全く一緒やねん。

(一同 笑い)
なんで そういう言い方すんの?

同じ大きさ。

ホルダーちゃうかなと思うぐらい。

ハハハハ…!
ハハハハ…!

乾かしたあと ここに
カチャッてやるんかな…。

ええかげんに…。
いや でも 昔やったら

なんやねん それ! とか
思うてたのが 今は もう

楽屋で笑ってまうんですよね。
面白なってきてね。

コンビ仲いい人の方が なんかね…
だから 見取り図も仲いいし。

(小木)確かに 仲いい2人だ。

でも 逆に わからないというか

こんな一面もあったんかって
思った事があったんですけど。

初めて M-1グランプリの
決勝いった時に…

最後 集められて
発表されるじゃないですか。

その時に 相方から こんな音が
出るんやと思ったんですけど。

ちょっと 蛍原さん
僕 相方を再現するんで

エントリーナンバー何番 見取り図
って言ってもらっていいですか?

エントリーナンバー12番
見取り図です。

パキュン! って…。
どういう事やねん!

爆発…。
どういう事やねん!

意味わからんやろ お前。
(リリー)爆発したの どこかが。

(盛山)訳がわからん事 言うな。
(後藤)発射してる…。

空に発砲してるやん 俺…。

大悟さん…。 でも
パキュン! っていったけどな。

かねちーと りんたろー。は…。
(山里)仲いいよな。

(小木)ここも いいよね。
仲的には?

プライベートで いろんなとこ
行ったりもしますよ。

(KAMA)それがすごいよな。
2人で遊びに行くの?

(りんたろー。)はい。 僕が…。
(後藤)ええー!

僕が なんか こう
女の子と遊んでる時に

兼近を呼んだりとかして。
えっ!

(りんたろー。)兼近は
シュッとしてるんですけど

女性の…。

(りんたろー。)だから
格好いいっていうものを

勘違いしてるのか
わかんないですけど

焼肉屋だったんですけど
女の子に向かって ずっと こう

アツアツの鉄板を 素手で
触ってるんです こうやって。

(一同 笑い)

(KAMA)
「男らしいだろ。 いけるぜ!」。

それ 格好良くねえよと思って。

めっちゃ盛り上がるんですよ。

「それ熱いよ」とか言われたやつ…

「おい! 大丈夫… おい おい!」
って言うと

なんか 盛り上がってるから

俺 かっけえんだなと思って。

みんな だから…
僕は コンビ解散してますから

皆さん 本当 だから
格闘技だけは習ったらダメですよ。

格闘技 習うと もう解散ですよ。

僕は まず 最初 キックボクシング
習ってたんですよ。

ほんなら 相方が対抗して
柔術 習いだしたんですよ。

柔術 習いだしたら 僕も ちょっと
やられる可能性あるんで

イスラエル軍の接近戦闘術
クラヴマガっていうのを

習ったんですよ。

ほんなら
相方が 総合格闘技 習いだして。

これ 負けるぞってなって
システマ 習いだした…。

(山里)出た!
(KAMA)それで?

そこか。 そこで それだ。
(後藤)いろいろ経てなんや。

そうなると ネタ合わせとか
できないですから。

ずっと シャドーボクシングに
なっちゃいますから。

だから 格闘技だけは
絶対ダメです。

仲悪かったもんね。
めっちゃ仲悪かったよね…。

めちゃめちゃ仲悪かった…。
(山里)でも 世代的に

僕らは 結構 あれですよね。
仲悪いのが格好いい…。

(後藤)そうそう そうそう…!
そんな 一緒にね…。

おぎやはぎさんが
結構 衝撃なぐらい。

そうやね。 おぎやはぎが
最初やから 仲良しみたいなね。

(山里)全部 肯定するっていう…。
(小木)そう。 それを

アンジャッシュの2人が
最初 言ってたの。

「仲悪いのが格好いいんだよ」
っつって

人力舎で そういう風な風潮に
しようとしてたから

ちゃんと変えていったんですよ
仲いいみたいな。

蛍原さんは 相方さんとかと
どういう感じでしゃべるんですか。

僕は もう 独り言ですよ 今は。

相方さん…。
(兼近)空虚の感じですね。

うん。 だって 1人だもん。

(一同 笑い)

ハハハハ…!
(小木)うわっ すげえ。 急に…。

(りんたろー。)でも 行くって…。
(兼近)だって この番組で

行ってくださいって言って…。
かねちーに言われて

ほんで 出川さんが乗っかってきて
なんか 行くみたいな…。

焼肉食いに行く約束だけは…。
何がですの?

付き合うから。
俺らも付き合うから。

ちょっと 焼肉屋さん
出川さんと行くんで

ちょっと
予約しとってもらえますか?

(一同 笑い)

あれから 結構経ちますから。
だから 行きますって…。

だから 出川さんも一緒に
来てくださいねっていう…。

おいしかったですか?

(後藤)行ってないんですか。
(小木)えっ?

えーっと
何が知りたいでしょうか?

僕は でも なんでも言いますよ。
なんでも言いますよ それは。

ドキドキしてきたぜ!
あのオンエアがあったでしょ。

だから…
出川さんと一緒に行きますと。

次の日の金曜日に
電話かかってきましたよ。

(山里)ええー!
(後藤)見たぞと。

〈今週は ついつい
ダラしなくなっちゃう芸人

ゴールデン プラス深夜の完全版〉

〈更に チョコレート大好き芸人も
追加〉

〈今月のPラジオは 霜降り明星〉

(せいや)田中さんのすごさ見たな
あの日は。

〈そんな田中の名言が見られる
体当たりマン決定戦も

今日から配信〉

〈ここでしか見られない
スリートーークに…〉

〈来月には CLUB版
パチンコ芸人も配信〉

〈吐き出し部屋は
KAMAと みなみかわ〉

3つ 4つは 使われそうなの
ありましたよね。

俺 あんなもんじゃないっすよ。

〈「アメトーークCLUB」で
検索してね〉

ミルクフランスみたいな服
着てるな 今日。

〈来週火曜! みんなの
お気に入りは出てくるかな?〉

〈菓子パン大好き芸人〉

ずーっと大きくて。

あのオンエアがあったでしょ。
だから…

出川さんと一緒に行きますと。

次の日の金曜日に
電話かかってきましたよ。

(山里)ええー!
(後藤)見たぞと。

宮迫さんから。
うわー すごい。

「いつ来る?」みたいな。
(小木)いいですね いいですね…。

「いや あの…
こういうノリだったから

あの… 行くっていう感じで
言うたんや」。

電話で それ言う?
相手に言うんですか? それを。

直で言うんですね。
「あっ えっと…

いや 別に いつでも あれやで」。
宮迫ね 宮迫ね。

ほんで だから まあ
「落ち着いてから ほんなら

あれ… 行こうかな」みたいな。

記者もおるやろうしね なんか。
なんか それでさ

悪いように言われても
あれかなと思って。

ちょっと空けた方がいいかな…。
一段落… 落ち着いてから。

僕1人だけでも
いいぐらいの感じよ。

(後藤)ああ 積もる話もね。
それは もう 全然…。

回されますよ すぐ それ。
すぐ回されますよ。

ユーチューブ。
いや それは もう しゃあない…。

別に 回そうが回すまいが 別にね。

(小木)それはいいんですか。
(後藤)それはいいんですね。

(リリー)「回してええらしいな」。
(後藤)「回してええらしいな」。

「回してええらしいな」も
回ってる可能性ある…。

ハハハハ…!

(小木)それは もう
行くべきですよ。

さあ そろそろ 時間という事で。

KAMAさ
こう… 終わり方みたいなんも

事前に やっぱり
考えてくれてるのかな?

締め… 締め方みたいな。
(小木)すごい。

はけ際のひと言みたいな…。

(後藤)KAMAだけ?
みんな ワーッと帰るの?

(KAMA)
じゃあ 皆さん 帰られて

僕 一番最後に…。
わかりました わかりました。

(小木)
すげえプレッシャーだよ それ。

みんな嫌がるやつだよ それ。
もう 僕もいなくなりますからね。

(KAMA)はい。
最後 もう 列になって…。

自分だけでも終われんねや。
(KAMA)そうです はい。

終われます。
(小木)すげえ! 格好いい!

すみません。 じゃあ という事で

皆さん
どうもありがとうございました。

立ちトーークでした。
じゃあ 行きましょう。

(山里)いやあ 楽しかった。
(小木)いやあ よかった。

ありがとうございました。
(小木)楽しかった。

どうもありがとうございました。

(拍手)

えっ? トーク 足りなかった?

わかった。 夢で会おう。

あれ? ちょっと待ってください。
ちょっと待ってください…。

ちょっと待ってください。
もう1個… いいですか 加地さん。

すみません すみません…。
(後藤)なんやねん これ。

違う 違う 違う。 戻りいや。
戻って もう1回 1人でやって。

(小木)そう。 ちょっと 1回…。
(後藤)それで また 蛍原さんが

「ありがとうございました」って
言うから。 我々は もういいね。

すみません すみません
すみません。 はい。

1パターンだけじゃないもんね。
もう1パターンあります。

準備はね…。
大丈夫です。

笑わせます。 大丈夫です。

という事で 立ちトーークでした。
ありがとうございました。

(拍手)

みんな 笑いすぎ!

(後藤)なんやねん! これ。
MA)「なんやねん」って

いや これですもん。
用意してきたの これですもん。

〈アクの強いメンバーが12人
やっとそろった何芸人?〉

〈来週火曜よる7時〉

〈BTSはじめ オール新曲
踊りたくない芸人〉

♬~「TT Just like TT」

〈強力新メンバーも参戦〉

〈運動神経悪い後藤も
越境留学〉

〈更に 菓子パン大好き芸人も〉

あっ!
(草薙)おいしい!

〈来週火曜! 来週火曜よる7時〉

「おめえら 漫才 面白えな」。

〈そして 次週の深夜は…〉

『ピカル』の方なんですね
ブクロは。

(太田)「マヂラブの村上君は
同期やで」って言って…。

やたら ずっと こうやって
引っ付いて やってるんですよ。

〈東西の芸人たちが 15年を総括〉

今日 伊藤が
一番しゃべってますよ。

こいつが消えてくれんかなと…。

映ってない可能性も
ありますから…。

その時期は もう… はい!

〈洗いざらい ぶちまけるぞ!〉