ザワつく!金曜日 ちさ子のモノマネNo.1は誰!?「ちさ子-1グランプリ」開幕![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ザワつく!金曜日 ちさ子のモノマネNo.1は誰!?「ちさ子-1グランプリ」開幕![字]

長嶋一茂&石原良純&高嶋ちさ子のなんでもややこしくしちゃう3人が好き勝手に喋りまくる!愉快!痛快!言いたい放題バラエティー!

◇番組内容
以前の放送で「モノマネをされた事がない」と語ったちさ子。
そこで早速売れっ子モノマネ芸人にオファーしたところ…
そうそうたる顔ぶれがスタジオに大集結!
お笑い怪獣モノマネ、モノマネ女王、芸能界最強モノマネも…!?
爆笑と共に涙あり!果たして白熱バトルを制したのは!?
そして自身のモノマネを間近で見たちさ子の反応とは…?
◇番組内容2
毎回ザワつくトリオが白熱する「ザワつく!工場クイズ」。
正解者のみが食べられる“ご褒美グルメ”を巡り対決!
まずは、材料の1つに“イースト”がある食べ物からの出題。
すると一同は“パン類”に焦点を当てて果敢に解答するが…?
そんななか見事ちさ子が正解するも何やら腑に落ちない様子!?
◇出演者
MC:石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子
ゲスト:神奈月 キンタロー。 金原早苗 原口あきまさ みかん Mr.シャチホコ
司会進行:高橋茂雄
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/zawatsukufriday/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 一同
  3. ホント
  4. 原口
  5. 神奈月
  6. モノマネ
  7. 口元
  8. スタッフ
  9. キンタロー
  10. シャチホコ
  11. パン
  12. ベーグル
  13. ロールパン
  14. フライングゲット
  15. 金原
  16. 高嶋
  17. 今回
  18. 生洋羹
  19. 良純
  20. 正解

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(高橋)今回は 正解した方に
ご褒美として

今 話題の絶品グルメを
ご用意しております。

本日の ごほうびグルメ
ご紹介しましょう。

こちらです。

〈今回の ごほうびグルメは…〉

〈入手困難スイーツ
幻の

えーっ!
なんか ゼリーみたい。

〈なんと

〈しかも…〉

〈食べられるのは

〈つまり

〈クイズに正解した方だけに
お召し上がり頂きます〉

これは とんでもないご褒美が
出て参りました。

これは ちょっとやばい。
これは すごいな。

やばい。
それでは いきましょう。

苺みるく洋羹をかけて
早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

何?
チャンスは2問。

小麦粉?
粉が出てきました。

これじゃ わかんないな。
小麦粉は出てくるよな。

小麦粉が出て参りました。
一般名称でしょ。

そして イースト 塩…。

やめてよ もう。
パン粉とか やめてね。

パンっていう事でしょ…。
パン粉 やだよ。

さあ…。

また パンに近いよ これ。

イースト入れて…。

パンだよ これ。 完全にパンだよ。

小麦とイーストには
苦い思い出がありますが…。

あっと ちさ子さん きました!
早い!

肉まん。 違います。

続きをご覧ください。

さあ 生地を小分けに
カットしていっております。

肉まんっぽく見えるね 確かに。

丸めていってます。
生地を丸めてます。

ロールパン…。
ロールパンだよ。

はい 一茂さん!
えっ?

違います。
あれ?

ロールパンじゃございません。

いいですか?

あの形から
どうなるのかな?

おっと! 僕の事を見て
ちさ子さんが押した。

やばい。
あっ カレーパン。

違います!
俺もいっておこう。

はい 良純さん。
シュークリーム。

シュークリーム。
違います。

わかんねえな。
高橋…。

近い方。
(スタッフの笑い)

また この なんとかパンシリーズ?
ねえ。

近い…。
近い…。 全然近くないの?

食パンとフランスパンですか?
うん。 近いの? 近くない?

界隈というか…。
なんだよ。

なんだよ それ。
全然わかんない。

じゃあ 今…。

えっと… 肉まんでしたっけ?
うん 肉まん。

肉まんは違いますね。
違うんだ。

シュークリームも
ちょっと違うかな。

ロールパンは?
ロールパン? ロールパン…。

ロールパンとそいつは なんか
学校でしゃべった事ないけど

「お前も一緒の学校におったんか」
ぐらいの…。

じゃあ
パン屋にいるって事じゃないか。

じゃあ パン屋にいるじゃないか。

あっ ちさ子さんが押しました。
ちさ子さん。

クリームパン。 違います。

ああ クリームパンじゃねえんだ。
続きをご覧頂きましょう。

ロールパンに近い…。

さあ…。

これ 私 当てなきゃダメだよね
多分。

〈発酵した生地を…〉

さあ 一茂さん。

ウソだろ?

おい なんで笑われるんだ。
今 だいぶ近かったと思うよ 俺。

ピザまん。 違います。

多分 この辺から

やっとわかってくるぐらいの
感じになってくると思います。

っていうか
キーになるもの なかったんで。

ここからです。 いきましょう!
当てたい!

続きをご覧ください。

さあ 薄く伸ばして…。

ここから?

はい。
丸めて 細く巻き上げていますよ。

はい ちさ子さん!
あっ!

クロワッサン。 違います。

クロワッサンじゃないんだ。

いきましょう。
続きをご覧ください。

から… はい はい!

はい ちさ子さん!

プレッツェルじゃないです。

プレッツェルじゃない…
ですよね? 違いますよね?

いいですか?
続きをご覧ください。

リング状に… リング状。

はい! ちさ子さん!

あっ 違うね。 ベーグル?

正解!

ああっ! ベーグルか!

けどさ ベーグルは…。

(スタッフの笑い)

えっ? そんな ベーグルって

ローカルタレントみたいな
扱いなんですか?

まあ アメリカに住んでたから
知ってる… 好きだけども…。

そっか。 やっぱり 海外の…
ニューヨーカーの食べ物みたいな。

クリームチーズとサーモンとかね。

これ けどさ 『ザワつく!』見てる
おじいちゃん おばあちゃんは

なんのこっちゃ? だと
思いますよ。

いやいやいや… でも まあ…。
どうかなあ…。

えっと 僕に言える事は

(一同 笑い)

ああやって 造形するんだ。

〈ベーグルの作り方
最大の特徴が

茹でる〉

〈発酵した生地を
焼く前に軽く茹でる事で

普通のパンとは違う

ずっしりとした 弾力のある
歯応えが生まれるという〉

♬~

〈という事で…〉

ちさ子さん
苺みるく生洋羹 ゲット!

やったー!

嬉しい!

だから 僕自身
ベーグルの経験がないのに

ベーグルの事…。

そうだよな。

そもそも パン 食べないからね。
全然 パン 食べないんで。

だから もう
小麦とイーストが出てきたら

僕 もう 怖いんですよ。
(一同 笑い)

そりゃ パンだよ 確実に。

さあ

いかなきゃ。
よし いくよ。

さあ 続いても 早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

さあ まずは…。
なんですか?

鋼材。

鋼のパイプのようなもの…。

あーっと 一茂さんが押しました。
だいぶ早い段階で。

これで当てたら すごいです。

鉄棒…。

違います。
(舌打ち)

クソッ…。

(一同 笑い)

すごい真剣。
すごい真剣!

さあ それでは
続きをご覧ください。

さあ ワンセットは
3メートル1本と…。

そして パーツみたいなものが
出て参りました。

これ 鉄棒じゃねえの? これ。
重たいね これ。

あっ でかいな 随分。
3メートルの…。

あーっと これは 押しました。

良純さんの方が やや早かった。
良純さん!

ブランコ…。

正解!

押してましたけど
ガードレールかなと。

さあ ここから どのように
ブランコになっていくのか

ご覧ください。

(高橋)いや
ここでわかったら 相当…。

これでわかるの 相当だよ。

こりゃ わかんないよ。

(高橋)このパーツも
どこなんだという。

〈今度は U字形の鋼材を…〉

(高橋)これも溶接で
留めていきます。

(高橋)
そして 鋼材パーツを塗装して…。

(高橋)これが上のとこなんですね。

〈そして…〉

(高橋)30メートルのチェーンが
出て参りました。

♬~

しっかり作らないと危ないもんね。
いや これは結構大変でしょ。

(高橋)そして…。

〈2メートルにカットした
チェーンの両端に

金具を取り付けます〉

(高橋)金具と繋いでいっています。
こうやって作るんだ。

(高橋)反対側に
別の金具を繋いで…。

ここで やっと わかるかも…。

(高橋)あっ ちさ子さん
ここまできて やっと?

わかんない ここまで。

〈そして
これらの部品を…〉

♬~

かわいい。

(高橋)見事 良純さん
ブランコ 正解でございます。

という事で
ちさ子さんと良純さんに

ごほうびグルメ 苺みるく生洋羹
召し上がって頂きましょう。

やったー!

〈今回のごほうびグルメは

〈…と SNSで大絶賛!〉

〈秒でなくなる

幻の
入手困難なスイーツなので…〉

お疲れさまです。 林です。

(高橋)林さんといえば…。

(林)1日20本ですって。

〈さらに…〉

(林)「4月分は完売となりました」
ってありますけど…。

〈と…〉

(林)これは買えるんですかね?
いきますよ!

えいっ!

あっ これはダメ…。

あっ!

〈幻の苺みるく生洋羹〉

(高橋)いや
テレ朝内 走る必要ないやろ。

(林)えっ…!?

〈こちらが 1日限定20本
幻の苺みるく生洋羹〉

〈作っているのは

東京 港区 白金にある
スイーツ店…

ではなく
こちらの日本料理店〉

〈…など 都内の日本料理店で
料理長を歴任した店主が作る

コースが人気のお店〉

その中のデザートで
出していたのが

きっかけなんですけども
どうせだったら これ…。

〈現在は
専用のお取り寄せサイトから

注文が可能〉

〈主役となるイチゴは

きれいな濃い赤色が特徴の…〉

(佐藤さん)
ただ美味しいんではなく まず

サクッとっていうよりは

〈そのイチゴと合わせるのは
この生洋羹〉

〈牛乳にゼラチン 砂糖などと
混ぜ合わせて入れるのが…〉

〈くず餅に使われる
高級な

奈良県産 吉野葛を使用〉

〈これを…〉

〈火にかけながら

空気を抱き込むように混ぜる事で

滑らかで もっちりとした食感が
生まれるという〉

〈粗熱を取った生洋羹に

イチゴをたっぷりと詰め

冷蔵庫で冷やせば…〉

〈1日限定20本
幻の苺みるく生洋羹の完成〉

食べたい!
これは食べたい。

あっ! ぷるんとしてます。

うわあ! きれい。

う~ん!

貴重です!
正解した方 ご堪能ください!

美味しいです。

こんな感じなんや。
だってね プルプル揺れてるもん。

ちょっと寒天っぽいんだよね。

いただきます。

あっ! あのね

なんか ババロアみたいに
見えるけどね。

プルプルしてる。

うわあ~! へえ~!

いただきます。

あっ! あのね

なんか ババロアみたいに
見えるけどね。

プルプルしてる。

うわあ~! へえ~!

合う? お酒にも
絶対 間違いない?

イチゴの味が相当する。

割と 羊羹って 結構
側 甘いイメージありますけど。

全然 全然 全然…。
甘さが控えめで?

もう なんか 練乳っぽい…
そこまで甘くない感じで

それで ちょっと寒天っぽい。
プルプルが…。

じゃあ
羊羹の食感じゃないんだね。

羊羹じゃないね。
だから いくらでも食べられる。

めっちゃ美味しそう。

良純さんも ちさ子さんも完食!
あっという間に…。

いやいやいや
これ いきたかったなあ。

続いては こちらの企画。

なんだ? なんだ?
なんだ? なんだ?

何? 何? ちょっと…。

ちさ子-1グランプリですよ。
どういう意味ですか?

以前 この番組で

ちさ子さんの
モノマネする人がいない

みたいな話 してたの
覚えておられますか?

いないですね!
いないです。

だって オーソドックスでしょ 私。
別に特徴がないから。

モノマネタレントさんに

ちさ子さん できますか?
っていうオファー出して

どれぐらい似せれるのか。
やめて!

〈という事で
スタッフが ダメ元で

〈むしろ スタッフの方が
ビックリするほどの

名だたる大物が参戦〉

ホントに?

を決めようじゃないかと。

さあ という事で
まず 本題に入る前にですね

特別審査員の方
お越し頂いてますので

ご登場頂きましょう。
この方です どうぞ!

おはようございまーす。
おはようございまーす。

ちょっと
私 こういう感じなの? ねえ!

ちょっと…
私さ 魚も野菜も食べないじゃん?

あんた
キュウリなんか出したら

番組 やめてやるから!

誰?

ちょっと やめて…。
どうも ありがとうございました。

(拍手)
(神奈月)よろしくお願いします。

(高橋)さあ という事で
神奈月さんが…。

(高橋)じゃないです。
もう だから…。

じゃあ えっと 神奈月さんにも
特別審査員として…。

(神奈月)すいません
ホントに申し訳ございません…。

(高橋)気をつけてくださいね
武藤さん。

ああーっ…!

(一同 笑い)

(高橋)ちさ子-1グランプリ
トップバッターは この方です。

〈最初の挑戦者は…〉

〈吉本の滝川クリステル…〉

たことネギと紅生姜の味が
しっかり混ざり合ってて

最終的にケンカしてる。
(川畑)アカンがな! それ。

〈実は

〈今回のグランプリにかける
思いも強く…〉

休んでるんですけど…
もう 10カ月ほど。

これが もう
テレビ初なんですよ 復帰で。

(高橋)
気合入りまくりまクリステル?

〈そんな金原は

滝川クリステルの他に
これまで…〉

〈強いイメージのある女性の
モノマネを

得意としてきたのだが…〉

〈『ザワつく!』出演5回の実績は
だてじゃない〉

〈果たして
どんなネタに仕上がったのか?〉

(高橋)おお…。

(金原)1枚目は…。

(一同 笑い)

その顔… ちょっと!

(金原)続きまして…。

一緒じゃん!

(金原)続きまして…。

(一同 笑い)

(高橋)はしゃぐ感じな。
なんか あるな。

はしゃぐ感じ なんか わかる。

続きまして…。

あっ ネロ…。

(一同 笑い)
どこが穏やかなんだよ…。

それでは 最後に…。

うん…。

(高橋)いや…。
しないし!

バカだな!

(ゴング)
(高橋)声が似てなかったわ!

(高橋)さあ 金原ちゃん
ありがとうございました。

いや けど インスタのは なんか
ちょっと身に覚えがあるから

すごい恥ずかしい。

(高橋)ただ やっぱ インスタ 僕も
フォローさせて頂いてますけど

明確に
あれを見たわけじゃないけど

やってそうやなっていう…。
やってそう やってそう。

はしゃいでるポーズ。

(高橋)だいぶ 膨らし粉は…
添加物は入ってましたけど…。

いや 違いますよ。

(一同 笑い)

私かと思った。
怖い 怖い。

続いて エントリーナンバー2番は
こちらの方です!

〈続いての挑戦者は…〉

閉じ込められてるわけないやろ
お前。 そんなわけが お前…。

ホンマや。

〈最強のモノマネ兄やん…〉

(高橋)原口さんが ちさ子さんを?

〈ご存じ 明石家さんまの
モノマネだけでなく…〉

今日はですね 色んな芸人さんも
来られてますし…。

色んなビッグな方も来られてると
聞いてますし…。

この例え 聞いた時 もう

えーっ! 思て。

〈性別 ジャンルを超えた
様々な有名人のモノマネを

ハイクオリティーで繰り出す
モノマネ界のカリスマ〉

(高橋)タカさん似すぎやねん…。

〈果たして どんなちさ子さんを
演じるのか?〉

(一同 笑い)

〈続いての挑戦者は…〉

〈最強のモノマネ兄やん…〉

(高橋)原口さんがちさ子さんを?

どうしても イメージ悪い感じが
多いじゃないですか

高嶋さんって。 なんか その…。

こういうネタ
やるんじゃねえかなみたいな。

ちさ子モノマネ選手権とはいえ…。

(一同 笑い)

原口あきまさ 自分のカラーを

ちゃんと出せればいいかなと
思っております。

〈芸歴28年目〉

〈果たして どんなちさ子さんを
演じるのか?〉

(一同 笑い)

(一同 笑い)

かぶったじゃない もう!

(高橋)お願いします。

指揮者と呼吸が合わない
高嶋ちさ子。

ちょっと… 怖っ…。
(高橋)ヴァイオリン。

(一同 笑い)

怖い…。

(高橋)指揮者に
めちゃめちゃキレてるやん。

おい おい ちょっと待て
ちょっと待て ちょっと待て。

おい 誰だ? 舌打ちしたの。

(高橋)加藤さん…。
おい 誰だ?

どうしていいか
わかんねえのか?

指揮に合わなくて どうしていいか
わかんねえのか? ちさ子。

(一同 笑い)

本番3日前だぞ お前!
そっくり。

本番3日前に
こんなに合わない この状況。

当たり前じゃねえからな!

あんたのタイミングが
おかしいからじゃない?

(高橋)こういう事です。
こういう事ですよ…。

ちょっとさ…。

ハハハッ! ちょっと…。

いくわよ!

恩人と高嶋ちさ子。
(高橋)恩人と?

私の恩人は
高田純次さんなんです。

ホントに
番組に出させてもらった時

私 まだ 事務所 決まってなくて
フリーでやってて

でも 「うちに来ない?」って
言ってくれたから

私 ホントに
いい人だなと思って…。

恩人なんです
高田純次さん。

ハハハハ…!

いやいや いやいや
弱っちゃったな。

僕 そんな事 言いましたっけ?
ハハハハ…!

言ったんなら
もう しょうがないね。

すぐ辞めてもらおうと
思ったんだけど。

ハハハハハ…!
チュッ!

ハハハ…!

取って入れて出す
高嶋ちさ子。

どういう事?
(高橋)取って入れて出す…。

♬~『情熱大陸』

(高橋)江頭さん。 江頭さん!

(高橋)取って入れて出す。
江頭さん。

取って入れて出す…。
やめて もう…。

似てるとか似てないじゃないのよ。

(高橋)勇気! さすが。
すごい! すごいよ。

ハハハハハ…!

なんですか?
(ゴング)

今のは 何?
(高橋)ああ~!

すごい!
すごい。

多分 過去の映像とか見て

すごい研究してくださってる
っぽいですよね。

だって

そうそう そうそう…。
そうなんですか?

(高橋)えーっ!
そうなんだ。

取って入れて出すは
ないでしょ?

取って入れて出すはない!
ちょっと やめて もう!

(高橋)あれ ちさ子さんが
実際やってたら もう

もはや 江頭さんですから。

ここが一番似てた。

〈続いての挑戦者は…〉

どうも。 土屋アンナっす。
なんか文句ある? よろしく。

かわいらしいお嬢様。
あんた いらっしゃい。

全然 そろわないんですけど。

〈ハイスペックモノマネクイーン
みかん〉

〈女優 アーティスト
タレントなど

幅広いレパートリーを持つ
みかん〉

〈実は…〉

土屋アンナさんの
メイクだったりとか

眉毛を この辺に描いて
ちょっと 結構

一般人だからこそ
鼻が利くというか。

〈的確なアドバイスをするという
ご主人が 今回

夫が… 「ここが一番特徴じゃん!」
っていうところがあって。

(スタッフ)どこですか?

口元です。
(スタッフ)口元…。

(高橋)ちさ子さんは
自分でも感じてる?

〈みかん流の
高嶋ちさ子モノマネ〉

〈ポイントは 口元〉

ぜひ このね

…というふうに

世の中の皆さんにも
思ってもらえるよう…。

〈モノマネクイーンは

一体 どんなネタに
仕上げてきたのか?〉

ちょっと笑わせないでよ!

もう ホント 恥ず…
もう ホント やめてよ!

やるよね やる。
(一同 笑い)

ちょっと バッカじゃないの?
何 言ってんのよ!

(一同 笑い)

もう やめて ホントに!
ねえ… ホントにそうなの。

はあ? もう やめてよ!

当たり前じゃん!
他に もっといい事ないのかよ!

アハハハハッ…!
(一同 笑い)

(ゴング)
ちょっと やめて ホント!

(拍手)
これは似てる。

(高橋)ああ…!

これ すげえ似てる。

(高橋)あっ 一茂さん…。
すごい似てると思いますね。

口元は ちょっと
俺 気づかなかったんだけど

確かに 「あっ そうやってるな
ちさ子ちゃんは」っていうのを

今 思い出すというか。

いつも
こういう感じで見てたな…。

(高橋)ちさ子さんが…
ほら 見てください。

気にしてしまって 自然な口が
できなくなっております。

確かに あの口元やるわ。

口元が表情豊かなんですね。

(高橋)はいはい はいはいはい…。

だんだん あそこの… 口元に
引きずり込まれたっていうかね。

引き寄せられたか。
引き寄せられたね。

これね 気づかれたく
なかったんです ホントは。

だから 一応 気をつけてたんです
この2年ぐらい。

最初に ちさ子さんが
言ってたじゃないですか。

こう見ると めちゃくちゃあるね。
(高橋)うんうん うんうん…。

〈続いての挑戦者は…〉

『ザワつく!』におまかせ!

ずっと… ごめんなさいね。

ホント こんな時間になって言うの
あれなんですけど…。

〈強め女性のモノマネなら
右に出る者なし〉

すごいよね。

〈そのクオリティーの高さに
徹子さんも大喜び!〉

いや もう やっぱり

芸能界で強い…
強いキャラといいますか…。

…やと思うんです。

いや やったら
おもろいんやろなっていう…。

だから
今回 こういう機会を頂けて

ホントに
私は チャンスやと思ってます。

以前 一度…。

いやいや いやいや…。

(Mr.シャチホコ)それが すごく怖くて
トラウマで…。

そんなバカな! 大好きだもん 私。

〈Mr.シャチホコが導き出した
ちさ子さんとは?〉

(一同 笑い)

なんか 今日さ 問題 難しくない?

だって ベーグルって
全国的じゃないじゃん。

全国的じゃないよね?
全国的じゃないもん。

(高橋)さっきやん それ。

もう やいのやいの
つんけん つんけん…。

当たり屋ですやん!
(一同 笑い)

いや ちさ子さん。 実は
こういう事 あったんですよ。

(高橋)俺か これ。

フフッ…。

(一同 笑い)
そんな顔しないって ちょっと!

(Mr.シャチホコ)「もしもシリーズ」

いや ちさ子さん すいません。

これ ちょっと
一回 荷物 置いてもらって

ちょっと 冷蔵庫 重いんで

冷蔵庫 先 運んでもらっても
ええっすか?

自分でやったらいいじゃん。

ほれ。 さあ 運べ 自分で。

手 空いてるんだから。
ほれ 運べ。

いやいや 依頼主 俺ですやん!

俺なん?

いや もう この人 誰か止めて!
(ゴング)

(拍手)
ハハハハハッ…!

(高橋)似てました?
そっくり。

僕 あんなんなんですか?
(神奈月)ああいう感じですよね?

(高橋)ちさ子さんのモノマネは
いかがでした?

(一同 笑い)

そっちが勝っちゃったよ。

〈続いての挑戦者は…〉

〈モノマネ界の
フライングゲット…〉

〈デビュー1年目に

前田敦子のモノマネで
ブレークしてから10年〉

〈着々とキャリアを積んできた
キンタロー。だが…〉

(キンタロー。)いかに ちさ子さんが
唯一無二かっていうのを

痛感してます。

私 基本…。

わかります?

ここです。

〈自分の中に潜む ちさ子さんを
見つけられたのか?〉

(一同 笑い)
ちょっと待ってよ!

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

(二宮)
服のニオイ気にして色んなもの使ってない??

はい古い~!

今やニオイ専用これ1本で全部いけちゃいます

<史上初 全部無臭化洗浄>

「紫のNANOXニオイ専用」
<キャンペーン中!>

(一同 笑い)
ちょっと待ってよ!

♬~

ちょっと… あんな口
してないでしょ? 私 ねえ。

♬~

(一同 笑い)

上等だよ!

かかってこいよ!

バカじゃないの?

あんたさ

こうと こう。

(一同 笑い)

ちょっと やめて ホント…。

(一同 笑い)

♬~

観ても聴いても美しい。

(ゴング)
(高橋)腹立つ!

(高橋)
あんな顔してるんですかね?

いや でも 出てきた感じ

横から こう 出てきた感じは
すごくわかる。

残念ながら
あの色のドレス 結構持ってる。

(高橋)持ってる…!
色のチョイス抜群。

そう。
こうやって見てみると。

ここが やっぱり…
ホント 2パターンなんだな。

(一同 笑い)
ねっ!

(高橋)もはや 今 キンタロー。に
寄せてましたけど…。

いやいや いやいや 今のは…。

また 見えてきちゃうでしょ?
みんな。

やだ ホント…。

わかります。
出てきただけでわかる。

(一同 笑い)

そこの表現力が素晴らしいですよ。

(高橋)さあ という事で
5人の高嶋ちさ子さんに

改めて登場して頂きましょう。
どうぞ!

やだ もう~!

(一同 笑い)

(神奈月)こんなに
パターンがあるんですよ。

(高橋)うわ~ 素晴らしいですね。

(神奈月)全然違うんだけど…。
(高橋)全部違うんですけども…。

やばいよ ホントに私…。
(高橋)それぞれのちさ子さん。

(神奈月)いる いる。

(高橋)さあ じゃあ ちょっと
手応え 伺ってみましょう。

金原ちゃん どうでしたか?
(金原)はい あの…。

すごく
緊張したんですけど

(一同 笑い)

(高橋)しかも 産休明けの
初めてのテレビという事で…。

そうです。
すごーい! 大変な時に…。

舞台も まだ出てなくて…。

(一同 笑い)

(高橋)原口さんは どうです?
このオファーを受けた瞬間…。

(一同 笑い)

(神奈月)言うなって…!
(一同 笑い)

言うなって! 名前出すな!
(Mr.シャチホコ)ダメ!

(原口)僕は こういうのは
チャレンジしてみたいといいますか

僕は もう大好きなので…。

(一同 笑い)
(高橋)そこを出すから。

(原口)はい。
すごい…。

もう 色といい 形といい
すごいかぶってるんだよね。

(高橋)さあ みかんさん
いかがでしょうか?

(一同 笑い)

(高橋)やっぱり ちさ子さんの前で
この口元のモノマネするの

結構怖いっていうのが
あるんですか?

いや~ もう ホント…

オファー前に帰りたいです
私は今。

いや でも ちさ子さん 大喜びで。
いや すごい!

けど 色々 反省する事があります
私も ホントに。

もう やめてよ~。

(一同 笑い)

(高橋)そして シャチホコ。
(Mr.シャチホコ)ありがとうございます。

僕のモノマネ 結構 前から
やってくれてるんですか?

いや やってたんですけど
こういう形で ちょっと

ネタとして披露できたのは
初めてで…。

せっかく ちょっと…。

(高橋)出てた 出てた。

(一同 笑い)

正直 それ…。

(一同 笑い)
(Mr.シャチホコ)一番あかんパターン。

(高橋)さあ そして
最後は キンタロー。!

(一同 笑い)
ちょっと~!

ハハハハ…。

(高橋)「ちさ子だよ」…。
そんな事 言わないんですよ。

(キンタロー。)私も
『ザワつく!』見てると

ちさ子さん
ワナワナ 口 こうして…。

この ワナワナの理由が…。

ワナワナですって スタッフさんに
教えてもらって…。

だから フィーリングも
我慢してる…。

しゃべりたいのに
しゃべらない…。

やめて ちょっと!
(高橋)そこに入れてるんですね。

すごい!
っていうところで。

そこで 『ザワつく!』感も
出しながら…。

さあ という事で
皆さん 札を上げて頂きたいと…。

うわあ! 難しい。
(神奈月)ムズいなあ。

難しい。
(高橋)さあ いきましょうか。

ちさ子-1グランプリ
チャンピオンは 一体 誰なのか?

♬~

(一同 笑い)

ホントさ ひどい顔だね しかし…。

(高橋)それでは 皆さん
一斉に札をお上げください。

どうぞ! ドン!

(高橋)それでは 皆さん
一斉に札をお上げください。

どうぞ! ドン!

みかん みかん
キンタロー。 みかん

僕がMr.シャチホコという事で

優勝は みかんさん!

(拍手)

よかったな みかん。
(高橋)さあ という事で…。

(神奈月)旦那さんだね。
(高橋)旦那さんですね 優勝。

あっと! 泣いてます。

(高橋)泣いてる!

(高橋)優勝者が泣く大会…。

他の番組では出した事ないけど

(神奈月)他のモノマネ番組で…。

(一同 笑い)

昨日の夕方に
「めっちゃ不安や」って言って

電話かかってきたんですよ。
(高橋)ええ~!?

1時間ぐらい ずっと 「どうしよう
どうしよう」って言ってて。

(高橋)そんなに
不安やったんですか みかんさん。

もう やめてよ! もう!

(高橋)ちさ子さん
ちさ子さん よかったですね。

やっぱ 不安でしたか?
(みかん)はい。 不安でした。

もう できないです。 ホントに…。
あの… なんだろう。

でも せっかく 今日 あの…

この そうそうたるメンバーで
選んで頂いたので

もう 早速…。

〈涙の優勝を果たした みかん〉

〈実は こんなエピソードが…〉

(高橋)みかんさんは
元々 3年前から

ちさ子さんのモノマネを
やろうと思って

ウィッグを購入してたが…。

モノマネ芸人さん…。

まずは そうですね。

(原口)ドン・キホーテ。
(高橋)まず ドン・キホーテ。

旦那さんに
なんと報告しましょう?

いやあ… どうだろう?
なんか 「優勝できたよ」と。

だから ホントに 今回の事で

旦那の目は間違いじゃないんだな
と思って…。

(一同 笑い)

いいと思います。

3人目?
もう すいません。

3人目…。
やめてよ! もう。

(高橋)まさか 涙の大会になるとは
夢にも思いませんでしたけど。

すごい!
ありがとうございます。

(高橋)ちさ子さん いかがでした?
優勝 みかんちゃん。

すごい似てるし

特徴をとらえてるな
と思ったんですけど…。

でも 札は
キンタロー。さんでした。

あの ひどい顔が
やっぱり…。

ありがとうございます。

あれが もう ツボで…。
ちさ子だよ。

(高橋)ちさ子さん
上げたという事は もう

いいですか?
どうぞ。

やったー! ちさ子だよ。

あんな ひどい顔してるんだ
とか思って。 けど…。

上か下しかないよっていうのは
ホント おっしゃるとおりだから。

(高橋)口元が。
これか こう… ねっ。

第2回があるかもしれない。

第2回!? 第2回?

さあ それでは ちさ子さんから

トロフィー?
(みかん)トロフィー あるの?

(高橋)
授与して頂きたいと思います。

(神奈月)すげえな! これ。
なんや? これ。

(高橋)めっちゃ立派な…。
いや すごい!

いつの間に こんなの作ってるの?
ねえ…。

おめでとうございまーす!

ありがとうございます!

(拍手)

(高橋)あっ 喜びの…
喜びの口元 ご覧ください!

(高橋)ご覧ください。

すごい。
(高橋)さあ ちさ子さん 改めて

この企画
いかがでしたでしょうか?

茂雄-1グランプリ?

モノマネされる…
原口さんとかからしたら

一茂さん 良純さんとか 僕とか
誰がやりやすいんですか?

いや でも 皆さん…
やってる人がいるっていう事は

やりやすいんですよ 今まで。

ちさ子さんのモノマネが なんで
今まで出ていけなかったかって

(原口)やっぱ やろうという…。

なんか こう
言われるんじゃないだろうかとか。

いやいや いやいや…。
(高橋)怖いなっていうのも…。

(原口)そういうイメージが
あったからですね。

(高橋)でも これで
ちさ子さんは 多分

怒らないっていう事が
わかったので

数々の猛者たちが
チャレンジするかもしれないですね。

(原口)これ
出てくるかもしれないですね。

(一同 笑い)

男ばっかりか。
(原口)男ばっかり…。

確かに 男が… ねえ。
(高橋)という事で

皆さん 素晴らしい戦い
ありがとうございました。

ありがとうございました。
(拍手)

(スタッフ)本日 以上になります。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

これはすごいな。
なかなか ない…。

えっ!
ちょっと写真撮って 誰か。

(一同 笑い)

あれも… あの人もそうなの?
マジ?

(スタッフ)すいません 2枚いきます。
はい チーズ。

もう1枚。 はい チーズ。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

〈本番終了後

モノマネ芸人たちには
どうしても

(原口)あっ! どうも。
ありがとうございました。

ありがとうございました。
すいません。

ホントに なんか 我々

そうなんですか?
(神奈月)実は そうなんですよ。

いやいやいや もう…
けど 皆さん…。

原口君? なんですか?
(原口)どうしても。

どうやるの? どうやるの?
どうやるの? どうやるの?

あれは
江頭さんが よくやる

「取って入れて出す」
っていうのがあるんです。

取って入れて出す…。

弾いてて 弾いてて…
いきますよ。

取って入れて出す いきますよ。
せーの…。

取って入れて出す!

すごいな… ちさ子さん すごいな。

ちさ子さん
あれじゃないですか?

ホント!? ホント?

どうやるの? どう…。

(原口)フライングゲット
フライングゲット。

フライングゲット。
えっ? フライングゲット。

(原口)危ない 危ない 危ない。

「嫌いにならないでください!
フライングゲット」で…。

せーの…。

嫌いにならないでください!
フライングゲット。

顔が…
その顔 けど 私 できない…。

「ゲット…」でしょ?
(キンタロー。)なってます なってます。

(一同 笑い)

お笑いは。

一回 やっていいですか? 最後。
(神奈月)いいですよ いいですよ。

最後に聞いてください。

F1並みに速い高嶋ちさ子。

ブーン ブーン…。

ぶっ飛ばすよ あんた…!

世にも珍しい人生をご紹介!