しゃべくり007▽ニューヨーク移住から1年…渡辺直美が帰国後初バラエティー!![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

しゃべくり007▽ニューヨーク移住から1年…渡辺直美が帰国後初バラエティー!![字]

世界の渡辺直美がNYから帰国!!冠レギュラー世界配信&ファッション誌表紙&超VIP交遊録…ド派手なNY(秘)生活公開▽世界のNAOMIが10年惚れ込むイケメン登場

出演者
▽MC
ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)
くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)
チュートリアル(徳井義実、福田充徳)

▽出演者
渡辺直美
SPゲスト
番組内容
世界のNAOMI凱旋!アメリカに移住して1年…渡辺直美が日本帰国後初バラエティー!超セレブなNYライフをしゃべり倒す!▽冠トーク番組が世界配信中!歌姫ビヨンセとの再会秘話!トップモデルと砂漠でCM撮影!映画館でハリウッド俳優とバトル!?超ワールド級エピソード連発!▽セレブ限定マッチングアプリって何!?NAOMIが意外すぎるデート事情を赤裸々告白!11年越しの愛…顔がタイプ過ぎるアイドルT登場に…
監督・演出
【演出】上利竜太
【プロデューサー】宮崎慶洋
【チーフプロデューサー】川邊昭宏

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ビヨンセ
  2. 本当
  3. 直美
  4. ニューヨーク
  5. 映画
  6. アメリカ
  7. 一緒
  8. 日本
  9. 渡辺
  10. 有名
  11. 大谷
  12. 眉毛ブリーチ
  13. トッツー
  14. 芸人
  15. 最初
  16. 眉毛
  17. ブラッドリー・クーパー
  18. 英語
  19. 時間
  20. 番組

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/09 14:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

お前しか思わないよ。

>>今夜は!

>>こんばんは。
>>ニューヨークに移住した渡辺

直美が、帰国後、バラエティー初
出演。

>>広告とかも街に。

>>

>>これ、直美?
>>ビヨンセがごあいさつにって。

>>さらに。

>>本当、もう11年ぐらい、

好きなのかな。
>>11年憧れ続ける男性とサプ

ライズ対面。
>>本日のゲストは、

帰国後一発目のバラエティー出演
にしゃべくりを選んでくれた世界

で活躍するあの方ですと。
本日のゲスト、この方です。

本日のゲストは、

渡辺直美さんです。
>>どうも、ご無沙汰しておりま

す。
>>おかえりなさい。

>>直美やないかい。
>>お帰りなさい。

>>お願いします。
>>帰国して一発目?

>>一発目です。
>>いつ?

帰ってきたの?
>>1週間前に帰ってきました。

>>そうなんだ。

>>そうなんです。
>>ニューヨークだよな?

>>そうです、ニューヨークに1
年弱、向こうに住んでまして、

今ちょっとヘアスプレー、ミュー
ジカルをやるっていうので、

一時帰国してます。
>>ミュージカルで一時帰国?

>>はい。

>>すごいな、お前、もう。
>>かっこいいな。

すごいな。

>>でもあれだ、帰国っていうか、

来日だ。
>>そうですね。

来日ですね。
>>もう来日って言ったほうがい

いのか。
>>来日って言ったほうが。

向こうがもう今、拠点なので。

>>もうすっかり慣れたの?

ニューヨークの生活というか。
>>最初の2、3か月ぐらいは、

ちょっとやっぱり、しんどいなっ
ていうところも多かったですけど。

>>何、しんどかった?

>>ことばの壁とか、あと文化が

やっぱり、自由な感じなので、
それがちょっと最初、怖いなと思

ったんですけど。
>>いや、俺、

そんな爪のやつ、十分なじんでる
と思うけどな。

ね?
>>すみません。

>>自由ね。
>>今はもう。

>>それ、ニューヨークではやっ

てるの?
>>ニューヨークで、

今もう長い爪が超はやってるんで
すよ。そうなんです。

>>それなんもできねえだろう。

>>髪を洗うとか。
>>意外とできるんですよ。

髪の毛も全部、こういう感じにな
って。

>>洗えてねぇ。

>>めちゃめちゃ不便やんか。

>>忙しいの?向こうで。

>>ちょこちょこ実はお仕事を。

>>何してんの?

>>何してんの?ってよく言われ

るんですけど、

実はちょこちょこお仕事を。
>>教えて、教えて。

>>あとで教えるから。
今はまだ。

>>直美!
>>直美!

>>早く教えてよ。
>>あとでゆっくり。

>>聞きたいこといっぱいあるん
だよな。

だって、テレビ見ても、全部英語
でしょ?

>>全部英語です。

>>毎週、楽しみに見るバラエテ

ィーとかあるの?

>>バラエティーはあんまりなく
てですね、日本みたいに、

こうやってたくさんの芸人さんが
集まって、わいわいっていうスタ

イルがないんですよ。
>>ああいうMCいないの?

>>ああいうMCがいて。

>>ああいうって何?
>>ああいうの。

>>ああいうって。

>>ちゅるちゅるの髪形でさ。
役割的なもんだよ。

>>休みの日、何やってんのー?

>>それによって髪形はどうなっ

てる?
>>いや、MCの方とゲスト1人

で、

ツーショットトークみたいな。
あんまりみんなが、わいわいがや

がや、

ゲームコーナーとかって番組はあ
んまりない。

>>みんなで立ち上がってどうだ

みたいのはないの?わーわーみた
いな。

それはないな。
>>ノーノーノーノーノーって。

>>ないんです。
>>えー。

>>それはないんですよね。
>>向こうのコメディーって、

どんな感じのやつなの、それじゃ。
>>向こうのバラエティーは、

芸人さんの中でも、

やっぱりみんなスタンダップから
始めるんですよ。

漫才みたいな感じで、ネタで注目
されたら、

どんどんどんどん舞台が広がって
って、そこからMCになるか、

それか映画のコメディアンになる
かっていう。

>>ジム・キャリーとか。

>>そうです、そうです。

エディ・マーフィーとか。
>>まさに上田さんじゃないけど、

芸人として活躍したあと、MCに
なって。

で、休みの日、何やってんの?
>>いやいやいや。

>>ということね。
>>絶対いるわけねえ。

>>そうです、そうです。

>>ほれで、みたいな。
>>一個、

渡辺に聞きたいのが、休みの日、
何やってんの?

>>いや、それ。

>>その感じで。
>>よっ、よっやないよ。

一発ギャグみたいになってるけど
も。

>>マジで、

何やってるの?休みの日は。
>>ちょっとこう、お散歩したり

とか。
>>おしゃれ。

>>セントラルパーク歩いたりと
か。

やっぱね、

ニューヨークだと皆さん、知らな
いので、なので堂々と散歩したり

とか。
>>食事とかどうしてるの?

自炊してるの?
>>高いんですよ、ニューヨーク

って。
>>そうだよね、今は特に。

>>飯が本当に、もう日本と比べ

物にならないくらい高くて。
それこそ、朝ごはんで、目玉焼き

とちょっとパンとツナサラダ食べ
たら、本当、7000円ぐらい。

>>そんな!

>>7000円!
>>そうなんですよ。

>>そういう所に行ってるからで
しょ。

>>バーガーが今1000円ぐら
いでしょ。

>>いや、もうもっと、2400

円とか。がんがん高いんですよ。

>>そういうセレブのなんか屋上
とかで食べてるからでしょうが。

>>いやいや、勝手に決めつけな

いでください。

>>フォークとナイフで食べるハ

ンバーグ。
>>屋上で食べてるからでしょう

が。

>>なんで勝手に決めるんですか。

>>量の話じゃないの?
なんかさっき、ちょこっと、

サラダとか言ってたけど。
あなたのちょこっとはこれぐらい

でしょ、だって。
>>そりゃそうかもしれないです

けど。
>>朝食を7人ぐらい食べてんの?

7000円だろ。
>>本当に普通の量です。大盛り

とかもしてないです。
ランチとかしたら、普通に2万円

とか。
>>ランチで2万円?

>>2人とかで2万円とかで、

たけーみたいな。
そこにプラスしてチップ払わなき

ゃいけないんで。
>>世界一高い。

>>高いと思いますね。

ニューヨークは。

>>なんでも今回、

渡辺が番組の中身も全部考えてき
てくれたと。

>>そうです。

きょうはちょっと皆さんに、
伝えたいことをまとめてきました。

皆さん、お願いします。

>>またぺらいち。

最近。
>>そうそうそうそう。

>>ぺらいちなのよ。ずっと。

>>ありがとう。気になるのが 

あったらちょっと質問してみて。
>>お願いします。

>>何、これもうちょっと、
こんな事件があったんですよ的な

ことなの?
>>こういうのもありますよとか、

これはおもしろくない話ですよっ
ていうのもあります。

>>入れるなよ。

そんなもんなんで入れてんの?
>>ちょっと、これは何はともあ

れ、これは聞きたいんだけど、

眉毛ブリーチしたよっていうのは。
>>いやいや、違う違う。ほかあ

るだろ。
>>どうでもいいんですよ。

>>眉毛を、これは。
>>これいける話なのか、眉毛ブ

リーチは。
>>これは本当に眉毛をブリーチ

したよっていうだけの。
>>書くな!そんなもん。

>>すみません。
>>なんで眉毛、ブリーチするの?

みんな。

>>眉毛ってブリーチすんの?み
んな。

>>いや、結構ちょっとはやって

るんですよ、眉毛ブリーチという
のが。

髪は黒髪で、眉毛を金髪にする。
ちょっとこうセレブの間ではやっ

てて。
>>男の人も?

>>男の人も多いですね。
>>描くの?上から。

>>描かない。
そのままの真っ白な眉毛で。

メークで楽しむみたいのがちょっ
とあるんですよ。

>>あるのよ、

ブリーチ剤。
潤ちゃんでやって。

>>なんでやねん!1時間しかな

ってないわ。

>>それはもうしばらくずっと向

こうではまってやってたの?
>>そうですね、向こうではまっ

てたんですけど、やっぱりSNS
とかに上げたりすると、やっぱり

日本のファンの皆さんは、え?何
やってんのみたいな。

そんなことして何になるんですか
とかって、めっちゃ。

>>そんなこと言ってくれる?
>>それでやめたのか。

>>それでやめました。

>>貫けばいいじゃんか。

これがニューヨークなのよみたい
な。

>>一応日本に帰ってくるので、
帰ってくるんで、ちょっと日本に

合わせて。
>>え?向こう、ニューヨークに

行ったらまたやんの?
>>また抜きます。

>>いや、もうそれで来いよ。

そしたら。っていうか、なんで徳
井、

いの一番にこれを聞いたんだよ。
>>これ、気になったよね。

眉毛ブリーチの話を聞いたら、
ほか、もうちょっとないね。

>>あるだろ!

>>違う違う、見ろ、あのスター
と14年ぶりに会ったよって、

誰だろうとかあるだろう。
>>大体分かるもんね。

>>大体分かるじゃないんだよ。

>>あのスターと14年ぶりに会

ったって、気になるよ。
>>これ、何?

なんの話?
>>いろんなお仕事ある中で、

私の中で一番うわってなったのが、
ちょっとビヨンセとの仕事。

で、

ビヨンセとは14年前に、日本の
番組で共演させていただいてて、

そのビヨンセの前で踊ったみたい
なのがあったんだけど、それから

会ってなくって。

最初NG食らったのかと思ったん
ですよ。

変なダンス踊って、何あいつって
怒ったのかと思って、そこからも

う日本に来ることもなくなっちゃ
ったし、アメリカ行っても、

もちろん会えるとは思ってなかっ
たんですけど、

アディダスとビヨンセがやってる
ブランドがあって、

それのイメージキャラクターのモ
デルに選んでくださって。

>>ビヨンセが選んだの?

>>ビヨンセが選んだらしいんで

すよ。
>>渡辺直美が今、ニューヨーク

に来てるってこと、知ってたわけ
だ。

>>そう、で、ビヨンセが選んで

くれたっていうのは、すごくうれ
しいんですけど、でも、もしかし

たらもう忘れてて、なんかこう、
ああ、

こういう子いるんだって感じで選
んでくれたのかなと思って。

撮影現場に行ったんですよ。

ビヨンセがいるかどうかも分かん
なかったんですけど、めちゃくち

ゃ人がいっぱいいて、

SPとかが。
えっ?何々?って言ったら、

きょう直美とビヨンセの2人での
撮影だよみたいな感じで。要はも

う、ビヨンセと私が撮影して、
交互にスタジオに入っていって、

撮影するから、もしかしたら会え
るかもねみたいなことを言われて

たんですよ。
うわっ、

会えたらめっちゃうれしいってな
ってたけど、ビヨンセが廊下に出

たら、誰も出ちゃいけないらしい
んですよ。

もう大スターなんで、ビヨンセが
楽屋から出て、廊下に出たら、

みんなそこから一歩も動いちゃい
けない決まりがあったんで、

だから楽屋あいさつとか絶対だめ
みたいな、そのビヨンセに会わせ

られないみたいな感じになってて、
会えないかと思って、メークして

たんですよ、楽屋で。そしたら、

またSPの人たちがぶわーっと
15人ぐらい、廊下ざわざわざわ

ざわ動いてて、え?

すごいSP、ビヨンセかなと思っ
たら、私の部屋のほうに向かって

くるんですよ。
え?え?と思ったら、こんこんっ

つって、ビヨンセがごあいさつに
って。

>>ビヨンセのほうから。

>>ビヨンセです、

ごあいさつよろしいですかって。
>>そんな感じじゃないですけど。

>>おはようございます、ビヨン

セです。おはようございます、
ビヨンセです。

>>鈴木奈々のやつじゃん。

>>あれ怖いよね、奈々ちゃんの

ね。
>>それで。

>>えっと思って振り返ったら、
いろんなこう、

SPがいる中の隙間から、ビヨン
セがぱーって、こっちに向かって

歩いてるんですよ。

え?と思って、そのときになんて
しゃべろうと思ったんですよ。

やっぱ14年前に私は覚えてるか
ら、お久しぶりですって言ったほ

うがいいのか、でもそれで覚えて
なかったら、お互い気まずくなる

し、だからといって、

はじめましてって言って、え?私
たち会ったの?

忘れてんの?とかって、

言われたらどうしようとか、
いろんなことを考えて、うわーっ

てなったら、ビヨンセがばーっと
来て、

ビヨンセから久しぶりってきたん
ですよ。

>>かっこいい。

>>ビヨンセ、覚えてたんだと思
って、あっ、はい、お久しぶりで

すって。

はいはいはい。

>>英語だべ。

>>単独でいって。

>>何もことば出てこず。

>>ことば出てこなくて、

ビヨンセが久々に会えてうれしい
よって言って、なんかいいモデル

さんいないかなと思ったら、
あなたが今、ニューヨークに住ん

でるって聞きつけて、あなたにオ
ファーかけたの。

きょうはよろしくねっていって、
ぱーって。

>>かっこいいな、ビヨンセ。
>>かっこいいと思って。

>>直美はなんて言ったの、

そのとき。
>>だからずっと、あえあえあえ。

>>なんだ。

>>すげーな。

>>そうなるだろうな。

>>でも憧れのビヨンセだったん

で。
>>ビヨンセと仕事ですれ違うと

かは、万が一あるにしても、
楽屋あいさつに来てくれるとか、

一生ないよね。

>>あんな世界的なスターが、

わざわざみずから。
>>撮影自体は別々の時間帯だっ

たわけ?ビヨンセとは。
>>そうです、別々で、ビヨンセ

が撮ったら、

次、私がスタジオに入って、
交互に撮るみたいな感じで、

私が1人で撮ってるときに、

スタッフさんたちがちょっと気を
利かせて、なんかビヨンセの曲か

けたんです。

クレージーラブを。
ばんってかけて、これはやるしか

ないと思って、写真撮影しながら、
もう、ぶわーっと踊ったんだよ。

そしたら、それでわーって、
みんなでうおーって、直美踊れん

じゃんみたいな感じで盛り上がっ
たあとに、話を聞いたら、それ実

は、ビヨンセが陰で見てたらしい
んですよ。

たまたまビヨンセが、なんか、
わたしの曲流れてない?みたいな

感じで、

ぱーってスタジオ行って、そした
ら、えっ、

直美踊ってるじゃんみたいな感じ
でこうやって見てたんですよ。

>>舞台袖で見てるみたいな、

勉強させていただきますみたいな。
>>ビヨンセは勉強はしない。

>>最近のビヨンセ、芸人じゃな

いんだよ。
>>袖から見るのは一番勉強にな

る。

>>それで?こう見て。

>>こうやって見てて、周りの人

が、えっ、

ビヨンセも行ったらどう?みたい
な。

直美、

絶対喜ぶよみたいなことを言った
ら、いや、だめよみたいな。

今は直美の時間。

>>フー!ビヨンセタイム!直美
タイム。

>>かっこいい。

>>いいな、ビヨンセ、いい人だ
な。

>>めっちゃいい人でした。

本当に優しくて。
>>いい話だね、感動するね。

>>それにしても、10年ぐらい

行ってる人からやっと聞ける話じ
ゃない。

>>そうだよね。だから早いんだ

よね、こういう経験がね。
>>本当にありがたいんですよね。

>>だから、なんだ、最初の眉毛

ブリーチの話。

>>まだ聞いて、

どこでしたのかとか。
>>

>>ここに書いてあるこれなんだ
けど、時間はきょうかかんの?眉

毛ブリーチ。
>>いいわ!眉毛ブリーチ。

>>いい、

時間なんかどうだって。
福田、どれがいい?

>>やっぱりほんまに興味あるの

は、世界配信の冠トーク番組スタ
ートって。

スタートっていう。
>>何それ?

>>これ、すごい、世界配信って

すごくないですか。
>>全部英語のトーク番組が始ま

りまして。
>>それがポッドキャストなんで

すけど、ラジオみたいな感じのや
つで。

その番組が、

この2月から全世界配信で始まっ
たんですけど。

>>どういう経緯でそれをやるこ

とになったの?
>>それはもともと私が英語があ

んまりしゃべれなくて、じゃあ、

今のこの英語しゃべれない感じを
逆に生かした英語トーク番組やっ

てみようかなと思って、企画を立
てたんですけど、それをいろんな

アメリカの会社の人にやりません
かって。

>>アメリカ人ばっかり?

スタッフは。

>>全員アメリカ人で。

こういうことやりたいんですけど
って言ったら、君、おもしろいこ

と思いつくねみたいな感じで言っ
てくれて。

やってみようっていって、全員ス
タッフはアメリカ人で、

その内容が私のアメリカにいるフ
ァンと全編英語で電話してトーク

するっていう番組で。
で、私がアメリカの文化とか知ら

ないから、みんなにアメリカの文
化とか英語を学びながら、

たまごっちのように育ててねみた
いな感じのイメージで。

>>たまごっち。

ウケるの?それ。
>>爆笑です。

>>爆笑!いいね、たまごっちは。

>>世界中で大人気なんです、

たまごっちは。
それで始まった番組で、すごいあ

りがたいことに日本の皆さんも、
それ、知ってくださって、そのチ

ャートとか1位とってます。
>>すげえ。

>>アメリカだとどうかなと思っ
たら、アメリカでも30位とか。

>>出てる。看板。
>>めっちゃすごいな。

>>あれ、直美?
>>そうです、

これ私の。
これ広告とかも街に。

>>2段構えの。

>>そう、2段構えの看板です。

>>めっちゃかっこいいやん。
>>あれ、パチンコ屋さん?

>>パチンコ屋さんじゃないです

よ。
あれ、駅です、駅。

たぶん駅。
>>駅のほうの?

>>駅のほうのなの?

>>挟むほうじゃなくて?

>>挟むほうじゃないです。
>>駅の広告に載ってるの、

すごいじゃん。
>>駅のサブウェイです。

>>すげえ。
>>そうなんです。で、一応私も

自分のプレゼンで、こういうこと
やりたいっていうこと言ったんで

すけど、君の英語力、ちょっとや
ばそうだけどって言われて。

>>そこ、ミーティングはさ、

ぺらぺらしゃべれたの?
>>しゃべれてないです。だから

みんなが不安だったんです。

>>今もしゃべれてないじゃんみ
たいなことだろ。

>>営業行けるよね。

>>そうなんですよ。台本あった

ほうがいいんじゃないって言われ
たんですよ。

でももう、台本ないほうが絶対お
もしろいから、本当に見ててくれ

って言って、いざ始まったら、
めっちゃ楽しい番組になったんで

すよ。
そのフリーでやるから。

終わったあとに、

スタッフがみんな拍手して入って
きて。

>>かっこいい。

>>直美。

>>そんなのある?

>>映画みたいだね。

>>映画みたいで、本当に、

疑ってごめんなさいみたいな感じ
で。

>>信じられない。
>>なんかハプニングとかもあっ

たりみたいな?
>>そうです。

ハプニングとかがすごい好きなん
で、ハプニングが起きたときに、

ちょっと片言の英語でこうちょっ
と直していこうとしたりする姿と

かが、アメリカ人からしたら、
こいつ、英語しゃべれないのに、

めっちゃなんかうまくやろうとし
てるなみたいなとか。

>>分かんねぇ、すげーな。

>>それの第1話をとってから、

スタッフさんたちが、これ、
いけるぞってなって、ああいう所

にでっかく広告を。
>>結果出してからや。

>>ほかの仕事で、

いわゆるビヨンセのパフォーマン
ス的なこととかはやってないの?

>>というのも、たまにはありま
す。こういうパフォーマンス、

ここで踊ってみたいな。
>>ウケそうだな。

>>どう?

好評?

>>それもウケますね。
>>すごいね。

>>うれしいな、うれしい、

うれしい。
>>自分で行くの?

売り込みに。
>>私のこと知ってる人と知らな

い人が、やっぱりいらっしゃって、
知ってる人が私のことをオファー

して、現場行ったら、半分以上の
人が誰?って感じなんで、

ま、なんか、有名なんでしょ、
日本でなんか有名な人なんでしょ?

みたいな感じなんですよ。
やっぱりそういう空気を変えるた

めには、やっぱ自分の実力で、
現場で見せなきゃいけないんで。

音楽かけて。
>>やったら。

>>踊ったり。
>>さっき文句言ってたやつはど

んな感じなんだよ。

>>みんながフォーッ!

>>やったね。気持ちいい。
>>映画だよ、映画。

まじで。
>>すかっとするな。

かっこええ。
>>審査員みたいな感じだ。

>>そうそうそう。

>>まじかみたいな。

>>最初どれどれみたいな感じで

見てたら。
>>そうそうそうそう。

>>おもしろい。

>>見ろ、この、なんだ、

さっきの眉毛をブリーチしたよに
比べたら、

こっちの話のほうがよっぽどいろ
いろ聞ける。

>>同じぐらい興奮しましたけど

ね。
>>うそつけ。

>>俺、

心の中でほー!ってなりましたも
ん。

>>うそつけ。
>>眉毛ブリーチ、

フォーってなってましたよ。
>>気になるの、これ。いくらぐ

らいするわけ?
この眉毛ブリーチっていうのは。

>>ええわ、そっち!

>>いい、もう眉毛ブリーチの話。
>>ちょっとね、

このど真ん中に書いてある映画館
のひじ置きを巡ってバトルって書

いてあるの。
>>これちょっと、友達がニュー

ヨークの映画祭で、

友達が作った映画があるから、

それ一緒に見に行かないって、
誘ってくれたんですよ。

あっ、それ、おもしろそうって言
って、

映画館で映画を見たんですけど、
見てるときに、横にいる男性と、

ひじ置き、どっちが、これ、
置く?みたいな、ちょっとバトル、

あるじゃないですか。
日本にもあるじゃないですか。

結構最初に取っちゃったもん勝ち
みたいなところあるんですけど、

最初に取ったのに、

結構途中からぐっとされたりして、
あれ?みたいな、あっ、そっち?

みたいな。
あっ、そう、

私が最初に取ったもん勝ちじゃな
いんだっていうので、結構、

映画見ながら、

ずっとひじ置きをどっちがいいか。
>>お前も譲ればいいじゃないか。

>>映画に集中しろよ。
>>ちょっとやってたんですよ。

でもまあ、これもよくないかなと
思って、

15分置きぐらいに、15分ぐら
いたったら、じゃあ次、私ねみた

いな感じで。
>>なんとなくの呼吸があるわけ

だ。

>>そしたら向こうもすっと引い

てくれるの?

>>引いてくれて、向こうがこん
こんこんこんってくるんで、

OKOKみたいな。

っていうひじ置きバトルを。
>>なんだよ!

>>まだ終わりじゃないです。
>>それで?

>>お互いばーってひじ置きバト

ルをやったあとに、映画が終わっ
て、映画を作った方が、ばーって

出てきたんですよ。
みんな、スタンディングオベーシ

(せみの声)ミーン ミーン…
(大久保)暑~い夏は (梅沢)コレよコレコレ

塩レモン!
(缶を開ける音)プシュッ

♬~ <塩で仕上げた夏の王道!>
(2人)クハーッ

こいつはいけるね!

<夏の「塩レモンサワー」!
「こだわり酒場」から サントリー>

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

(黒島)今日 ひといき つきましたか?
(井浦)…はい はい。 わっかりました。

<オンとオフが曖昧になった この時代
休む時間って すごく大切>

<だから毎日の中で ひといき習慣を>

<それだけでリズムを取り戻し
気持ちが前を向く>

さあ あなたも。

ね 井浦さん。
わっ 黒島さん。

何ニヤニヤしてたんですか?
えっ いや…

<いい毎日は、いいひといきから。
ひとのときを、想う。 JT>

(阿部)≪今すぐ取りたい つらい肩の痛みに

「ロキソニンEXテープ」新登場≫

♬~
≪…ん まだ試してない?

ホワァ~イ?≫

≪おぉ~≫
<ロキソニンEXテープ>

>>ばーっとひじ置きバトルをや

ったあとに、もう映画が終わって、
どんな人なんだろうと思って、

ぱって見たら、そのひじ置きバト
ルやってた人が、

ブラッドリー・クーパーっていう
アメリカの俳優さんだったんです

よ。
>>マジで?

>>そう。
>>知ってるよ。

>>ハングオーバーとか、レディ
ー・ガガと一緒にやった映画に出

てる俳優さんだったんですよ。
ひじ置きバトルやってたのが。

>>譲れや!

>>マジかよ、お前、見ろよ、
こっち。

>>ブラッドリー・クーパーとや

ってたの?
>>そう、ブラッドリー・クーパ

ーと、それが初めての出会いで。

>>ブラッドリー・クーパーとの。
>>譲れよっていう感じで。

紳士なんだからな。
>>ブラッドリー・クーパーだっ

たの。
>>ブラッドリー・クーパーだと

思って、向こうからしたら、
この女と思ってるんかもしれない

じゃないですか。どうしようって
なったら、

たまたま一緒に行ってる友達が、

ヘイとかってなったんですよ。
超友達だったんですよ。

>>その人と?

>>その友達なんなの?

>>和食屋さんをやっていて、

いろんなセレブリティーが来てて、
すごい人気で、で、うわっと思っ

て。ブラッドリー・クーパーはひ
じ置きとか全然思ってなくて、

ああ、直美、

友達って感じで、そしたらその、
ブラッドリー・クーパーの横に一

緒に来てたのが、クリス・ロック?
殴られちゃった人。

クリス・ロックもなんか、こんち
はみたいな感じで。

>>こんちは?

>>こんちはみたいな。

前だよね。
>>びんたされる前でした。

>>だから機嫌がいいんだね、

まだ。
>>引きずってないだろ、あいつ

も。
>>あのあとずっと。

>>こうだ。

>>何か月も。で、そこからその

私の友達がクリス・ロックとか、
紹介してくださって。

実はこの子、芸人やってて、
アメリカでなんか一丁かましたい

らしいとかって、変な言い方しち
ゃって、でも、

クリス・ロックが、え?
君、芸人なの?って。

>>芸人だから。

>>ほぉみたいな感じになって、
向こうはもう、長年、芸人やられ

てる方ですから、アメリカで。

なんかあったらいつでも言ってね
みたいな感じで言ってくださって。

>>たたかれる前だからだ。

>>たたかれる前。

>>するよ。

>>なんなの?もう、映画化でき

るじゃん。
人生。

>>そういうシーン見たことある

じゃん、もめたら、その人が大物
だったとか。

>>ほんまや、映画や。

>>後に共演したりとかしてね。

>>あのときのひじのみたいな。

>>そうだ。

>>すごいなと思います。
>>本当か?

全部、なんかいい話ばっかだけど、
本当か?

>>これ、本当なんですよ。

>>全部うそじゃねぇだろうな。
>>うそなわけないじゃないです

か。
本当なんですよ。

>>眉毛ブリーチも?
>>眉毛ブリーチは本当だ、

絶対に。
>>これ、すげえニュース、

これ。
>>すごいな。

>>福田、なんかほか、

聞きたいのある?
>>ニューヨークの空港で容疑者

に。
>>あっ。

>>これ何?

>>ニューヨークの荷物検査って

異常に厳しいんですよ。

スタッフさんも全員ブチギレてる
し。

>>こわ。

>>最初からぶち切れてるの?
>>最初からキレてます。てめえ

ら、ちゃんとやれよみたいな。

>>マジで?

>>本当に刑務所と一緒で。

>>刑務所と一緒だよ。

>>靴脱いだら、ちゃんと並べろ、

おい、てめぇ、何やってんだよと
か言って、ちょっとでもミスった

ら、もうくっそ怒られるんで。
>>絶対機嫌悪いよね、係の人ね。

>>そうなんですよ。

みんなも慣れてるのかなと思った
ら、同じニューヨーカーもちょっ

と手、震えてるんですよ、みんな。

ちゃんとやらなきゃみたいな感じ
で。

みんなもう、目泳いでて、ちょっ
とでも止められたら、なんですか?

なんですか?みたいな。

もう分かる。
>>分かるんですよ。いろんな人

がいらっしゃるんで、事件とかが
起きないように、やっぱり厳しく

いかないとって、厳しくしてるん
ですけど、それでちょっと仕事で、

ほかの所に飛行機飛ぶときに、

メークさんが一緒についてこれな
いっていうので、私用のかつらを

段ボールの中に、

首だけのマネキンの中に、かつら
をかぶせて持ってったんですよ、

手荷物で、スキャンして、こうや
って待ってたら、

ざわざわざわみたいな、スタッフ
さん、怖い人たちがぶわーって集

まって、荷物持ってきて、これ、
てめえのか?って。

そうですって、そこから一歩も動
くなよって、それ、生首だと思わ

れたらしくて。
>>飛行機に持ち込まねぇよ。

>>分かるやん。

>>それはさすがに分かるじゃん

と思うじゃないですか、

でもそういうことがあるのかなと
思って、そこにいろよって言って、

奥のほうに行って、5、6人ぐら
いの荷物検査の人たちが、

その箱を何かみんなでいろんな角
度から。

大丈夫かみたいな。

>>怖がってる。

>>ニューヨークの人でもちょっ

と怖がってる。テープのところ、
なんかカッターで切ってて、

みんなで、へぇ?みたいなことや
ってたんですよ。

開けるぞみたいな、開けて、
マネキンだったとき、またみんな

が、はっはははは。
>>大体予想できる。

>>あほやねん。

>>そんなにおもしろくない。

ばかばっかだな!
>>アメリカでもありそうじゃん、

なんか、ボックス。
>>アメリカにもあるよな。

>>それは。

>>いやいや、これ、マネキンの
首だからみたいな。

>>それ、何とは言われてないん

ですよ。お前のか。

そこから一歩も動くなよって言っ
て、言われたままで、そこで例え

ば、ちょっと待ってよとか言った
ら、ちょっと拘束されちゃったり。

言うこと聞かないと、怒られちゃ
うんで。

>>検査で顔の形だけ出てきたっ

てこと?
>>そうです。顔の形だけ。

ぶーって。
>>こいつ、生首持ち込んだ。

手荷物で。
>>手荷物で生首、持ってくるや

つ。
>>ばかにし過ぎだって、ニュー

ヨーク。
>>笑いながら来ましたけどね、

ごめん、ごめんみたいな。
>>よかったな。

>>怖い人が優しくなったんだ。

ちょっと。
>>爆笑してんの?

マネキン出てきたとき。
>>その前はみんなおびえてるん

で。
かーはっはっはっ。

>>ちょっとばかにし過ぎだって。
>>そんな客いないって。本当な

のか?それ、全部、

映画のワンシーンみたいなやつば
っかじゃんか。

>>でも、その段ボールも手作り

だったんです、ヘアメークさんの。
プロ用の段ボール、

こういう段ボールだったんですよ。
>>まさか入ってるとは思わない。

>>ちょっと変なんですよね、

そのガムテープで。
そうです、

専用の入れ物じゃなかったですし、
ガムテープを取っ手にしたりして、

ちょっと汚かったんで、これは生
首入ってるぞっていう。

>>ちょっと生首持ってそうな雰

囲気もあるもんね。
きょう、このメークもしてないし

ね。
>>そうなんですよ。すっぴんだ

ったし、怪しまれて。
全員が容疑者ですから、この荷物

検査のときは。厳しいですからね。
>>はい、次。

>>検査官みたい。

(菅田)花王が ついに突き止めた…。
(賀来)「菌の隠れ家」

(間宮)除菌洗剤も漂白剤も ダメだった。

(杉野)新「アタックZERO」なら…。

(一同)いざ!
(松坂)バイオクラッシュ洗浄!

<「菌の隠れ家」までゼロへ。 新「アタックZERO」>

(菅田)洗濯槽にも潜んでいた…。
(賀来)ニオイ カビをかくまう 「菌の隠れ家」

(間宮)これじゃ 洗っても洗っても…。
(杉野)臭くなるだけ。

(松坂)そうなる前に 新「アタックZERO」だろ!
(4人)洗濯槽まで!?

<洗濯槽の「菌の隠れ家」まで。 新「アタックZERO」>

>>ヤンキー・スタジアム行った

の?

>>ヤンキー・スタジアムでこの
日は大谷選手が来るっていうんで、

もう全身、大谷選手の帽子とユニ
ホーム、エンゼルスの格好で行っ

たんですけど。
>>こんなだって、

潤ちゃん、ヤンキース大好きって
聞いたし、しかも大谷選手のこと

見たことないんだもんね。
>>高校生のときはあるけど。

>>それ、いいから、自慢はいい
から、自慢は。

>>そうじゃないの。
>>潤ちゃんね、たまに本当に自

慢すんの。
>>自慢せえへん。自慢ちゃうわ。

>>かましたのか?

>>メジャーの大谷選手、日ハム
時代、俺、見たことあるんだけど。

>>入れなくていい。

>>俺、花巻東のタオル持ってる。

>>関係ない。

>>俺、中畑清、会ったことある。

>>関係ない、全く関係ない。

>>関係ないです。

>>渡辺は別に野球好きっていう
わけではないんだろ?

>>そこまで超ファンってわけじ

ゃないんですけど、試合に見に行
ったりするのは楽しいので、

ちょこちょこ行ってたりしてたん
ですけど、ヤンキー・スタジアム

とか。
ヤンキースファンって、結構過激

っていうので有名で。

結構自分たちのチームしか愛さな
いみたいな、ほかのチーム来たら、

みんなブーイングとか、

おらおら系らしいんですよ。
私もそれ、知らなくって、スタジ

アムに着いたら、

もう全員ガン飛ばされて。
グループの1人が、ばーっとこっ

ちに近寄ってきたんですよ。
全身ヤンキースのやつが。

おい!って、お前、エンゼルスの
ファンなの?

みたいな感じで来て、で、そう、
大谷がみたいな。

あっ、大谷、大谷だったら俺も好
きだなぁって。

>>ほー!

>>それはもうしかたがないみた

いな。

>>大谷ならいいよって。
>>もう俺たちはもう、

きょうは本当に大谷見に来てるか
らって。

ヤンキースのファンもみんな、

大谷が楽しみで来てて。
スタジアム入ったら、一人一人、

選手が紹介されるじゃないですか。
で、エンゼルスのほかの選手のと

きは、

みんなぶーって言うんですよ。
でも大谷選手のときだけ、みんな、

ふぅーって盛り上がって。
>>かっこええな。

>>ましてよ、そこにみんなが、

うわー、

大谷って言ってる人と目が合った
ら、渡辺さんって言ってくれるん

だよ、向こうが。
>>いや、それこそ、

席とかもやっぱり大谷選手来るな
ら、一番前行こうっていって、

エンジェルスの待機してるベンチ
の真上の一番前の席を取ったんで

すよ。
だから、

打った人が戻ってくると、

絶対目合うじゃないですか。
でも、もしこれで目が合って、

向こうがちょっと変な感じになっ
て、なんか、変な感じになったら

どうしようと思って。
>>そんな効果はないよ。

そんな効果ないよ。
>>自意識過剰なんですけど、

渡辺直美来てるみたいな感じで、
なんか全然打てなかったりとかし

たら、どうしようとか。

>>いろいろ考えちゃって。

>>変に邪魔しないほうがいいか

なと思って、もうみんな、大谷、
大谷って言ってる中で、ずっと、

大谷、大谷って。
>>この間さ、ヤンキースが試合

してたの、エンゼルスが。
そのとき、ケン・ワタナベがいて、

ずっと写してたよね。
>>そこにだから、ジュン・ナグ

ラがいたって、ブーイングなわけ
でしょ。

>>なんでブーイングやねん。

>>健ちゃん、これ聞きたいとか

ある?
>>全財産をはたいて家を買った。

>>どういうこと?

>>家買ったの?向こうで。
>>そうです、

向こうで家を買ったんです。
>>マンション?

>>一軒家じゃなくて、マンショ
ンの一室を買ったんですけど、

3年前に買ったんですよ。
そこからいまだにまだ住めてなく

て。
>>なんでなんで。

>>ちょっと改装するじゃないで

すか、買ったのを、きれいにって。
それがいまだに全然始まってなく

って。
>>3年前に買ったの?

>>3年前に買ったのに、

そもそもなんかアメリカはすごい
段取りが遅いらしくて、3、

4年とか当たり前。
>>うそ。

>>なので今、家買ったにもかか
わらず、移住しなきゃいけないん

で、別で家を今、借りていて、
だからローンも払って、家賃も払

ってっていう、今ちょっと不思議
な状態なんです。

>>大変だね。

>>そうなんですよ。

>>仮住まいはどのぐらいの大き

さなの?
>>仮住まいは、でも結構広い所

を、昔家を借りてたオーナーさん
が優しくて、その事情を知ってく

ださって、それ大変だからって言
って、すごい格安で。

>>ここそう?

>>広いおうちを。
>>仮住まい?

>>そう。

>>むちゃいい。
>>ちょっと待って、お酒持って

くるとか言って、奥のほうにね、
行くんですよ。

どこまで続いてるの?
直美めっちゃちっちゃくなってい

くんですよ。
すごい広いよね。

>>すごい広くて、

このすごい広い家もすっごい格安
でオーナーさんが貸してくれて、

直美の夢、

応援してるからみたいな感じで。
感じで。

>>ニューヨークの家賃とか半端
ないんじゃないの?

>>マンションも高いんじゃない?

>>マンションも高!

>>ばか高いだろ?
>>すごい高いですね。

>>よく買えたじゃん。

>>全財産はたいたん?

>>それは郊外みたいな所に買っ
たので、だからもうど真ん中はも

うなかなか。
>>どのぐらいするの?

>>家賃どんくらいなの?

>>それこそ家を買うとしたら、

家をいろいろ見てたんですよ。
えっ、ここ広くてきれいだし、

めっちゃかわいいと思って、
値段見たら、70億円とかするん

ですよ。
 

>>えー!

>>70億?
>>間取りどれぐらい?

>>3LDKぐらいの。

>>3Lで70億?

>>結構広めの3LDKなんです

けど、でも私が、あっ、これかわ
いいじゃんって、もし、本当にめ

っちゃ豪華な家だったら、絶対選
ばないじゃないですか。

ここ高そうだなとかじゃなくて、
めっちゃいいじゃんと思って。

値段見たら、な、70億?みたい
な感じで。

>>すげー。

>>潤ちゃん、次なんか聞きたい
のある?

>>世界のモデルたちと共演、
ファッション誌の表紙になった。

>>ファッション誌の表紙?

>>このあと、

世界デビューを果たしたモデル、

ナオミの超貴重映像。
>>すげぇ!

>>ミュージカル、

ヘアスプレーに出演します。
このたび、ミュージカル初主演と

いうことで、たくさんの方に来て
いただきたいんですが、ダンスが

大好きな女の子が主人公で、

音楽もダンスも、きらきらしてる、

とってもハッピーになれる作品で
すので、9月17日から東京、

福岡、大阪、愛知で上演しますの
で、ぜひお越しください。

>>次、

なんか聞きたいのある?
>>じゃあ、

世界のモデルたちと共演&ファッ
ション誌の表紙になった。

英語がしゃべれるわけじゃないの
で、

なんか結構ファッション系のしゃ
べらなくてもお仕事をたくさん頂

いてまして、その中でBOSSっ
ていうブランドが、世界的に有名

なBOSSのブランドがあるんで
すけど、

そのBOSSのファッションショ
ービデオみたいな、コロナのとき

って、ファッションショーができ
なかったんで、逆にモデルさんを

集めて、

ビデオを撮るっていうみたいなキ
ャンペーンに参加させていただい

たんですよ。
みんなでドバイで撮影したんです

けど。
>>ドバイ行ったの?

>>ドバイ行って、すごい大がか

りな撮影で、それこそテイラー・
ヒルっていう世界的なモデルさん

と一緒に歩いたりとか、また、
TikTokですごい有名なカビ

ー・ラメっていう、見られたこと
あります?なんか変なことやって

いる動画に対して、自分がちゃん
と、それを正しいことをして、

こうやってなんか、にってやる、
すごいバズってる、すごい有名な

その方とか。

>>上田がはまってるやつだ。
>>全然。見たことないですね。

見たことないですね。
>>ずっと。

>>いや、見たことない。
>>こういうの、うらやましいな。

>>羨ましくない、知らないんだ

から。
そういう有名な人と。

>>そういう有名な人たちと一緒

に撮影したんですけど、

香盤表とかも日本みたいにじゃあ、
次にこれ撮って、これ撮ってとか

全くないんですよ。
全くないんですよ。

現場にみんなばっと集められて、
じゃあ、今からあそこから歩いて

歩いて、やってもらってみたいな。
表情はこんな感じで、あとは適当

に、どうぞ!みたいな感じで。
>>そんな適当なの?

>>助監督の人がそういうふうに

言って。
>>直美、そんな表情。

>>雑だね。

>>みんなが、

位置だけ決められて。
で、

この砂漠のこの端から端まで歩い
てくれみたいな、下とかはもう石

ころだらけなんですよ。
>>よけてないの?

>>よけてないんですよ。リアル

の世界観、作りたいからっていっ
て、素人なんで、下向きながら歩

いてたんですけど、いざ始まった
ら、誰も下見ないで、足がごきっ

てなっても、関係なくまっすぐこ
うやってみんなで歩いて。

>>みんな有名な人たちなんでし
ょ。

>>みんな有名な人たちで。

で、それでばーってたぶん6時間
ぐらい。

>>そんなに?

>>炎天下の中で、

ただ歩くだけを休憩なしで、
炎天下で6時間、みんな。

>>なんの指示とかないの?

>>ないです。

>>誰も文句言わないの?
なんかほら、有名な人たちだから、

文句言いそうじゃん。

何なんだこれは、

エージェントみたいな。
>>誰も言わないんですよ。

みんな普通に。
>>ただただ何回もやらされるの?

>>BOSSジャンもらえるから
な。

終わってから、ぼすじゃん。
>>缶コーヒーのBOSSと。

>>そんなBOSSジャン欲しい

の?

>>ニューヨーカーはそんなBO
SSジャン欲しいの?

>>じゃあ、その映像見てみよう
か。

>>これ?

>>これです。
>>うわ、いた。

>>一番最初に写ってるんじゃん?
>>そうなんです。

>>あれ?抜かれてんじゃん。
>>これ、抜かれたんですよ、

ピンのところも。
>>ほんまや。

>>すごい。
>>こうやってみんなで歩いて。

>>後ろ、あれなのか?
>>違います、あの方は。

>>走ってるじゃん。
>>直美いるじゃん。

一番前だったのに、こんな抜かさ
れちゃって。

>>ちょっと直美。

>>一番前から抜かされたのか。

>>直美よ。

>>あれは何、みんなマジで走っ

てるの?
>>そうなんですよ、一番最後め

ちゃくちゃ歩いた中で、監督が最
後ちょっと、

みんなで走っちゃおうかみたいな
感じになったんですよ。

体型的に、

ちょっと大きい人とかは走るの大
変そうだからって言って、監督が、

走れなかったら全然いいよとか言
って。それで私の顔見て、走れる

ね、

いけるねって。
みんないけるねって言って。

私は不安だったんですよ。
みんな21歳とか、もう若くても

うふだんから走ってるような子た
ちだったんで、これ、どうしよう

と思ったんですよ。
横にいた男の子が、え、直美って、

運動とかふだんする?とか言った
ら、いや、

私しないって言ったら。実は走る
の苦手って。俺たちもさ、苦手だ

からさあ、一緒に走ろうって、
そうだね、一緒に走ろうって言っ

たら、よーいスタートで、ぱーん!
って。

速いわ。
>>本当か、それ。

>>日本の運動会あるあるじゃん

かよ。
>>マラソン大会じゃん。

>>向こうでもあったんだ。

>>そうなんですよ、世界共通な

んですよ。

>>あのあるある?

>>逆に体形もかっこいいんだよ。

みんなが細い人ばっかだから。
なんか目立ってかっこいい。

>>ありがたい。

>>すごいな。
>>そうなんですよ。

超ラッキーで。
>>渡辺、日本に長年、

思いを寄せている好きな人がいる
と。

そうなの?
>>好きな人というか、

憧れの人というか。
>>憧れの?

>>人がずっといて。

>>なんの人なの?
>>A.B.CーZの戸塚さん、

トッツー。が、

すごいずっと好きなんですよ。
で、トッツー、本当もう11年ぐ

らいもう好きなのかな。

かっこいい人だなっていうのをテ
レビで見て、思ってて、

好き好きとは言ってるんですけど、

ちょこちょこ共演とかするんです
けど、緊張しちゃって、しゃべれ

なくって。

>>何回も会ってはいるのにしゃ
べれないの?

>>そうです。
>>しゃべったことはないの?プ

ライベートなこと。
>>プライベートのことはしゃべ

ったことないです。本当になんか、
あっ、

おはようございますみたいな感じ
でしゃべって。

>>ビヨンセと一緒だね。

>>ビヨンセのときと一緒で。

あっあっあってなって、で、
向こうはなんか、お疲れさまです

みたいな感じが多くて、一回、

プライベートで新幹線の中でお会
いしたんですよね。

>>チャンス。

>>そう、でも私、気付かなくて、

すげぇ弁当食ってたんですよ。
>>いやいやちょっと。

直美ー。
>>直美。直美よ。

>>うわーって弁当食ってたら、

ちょうど戸塚さん、

ぱーっと歩いてきて、向こうがあ
いさつしてきたんですけど、

もうこんな感じじゃないですか、

でもかわいいとこ、

見せなきゃと思って、お久しぶり
ですって。

米粒、めちゃめちゃ、お久しぶり
です。

>>ばけもんだよ。

>>だからちょっとね、憧れの戸

塚さん、本当、元気してるかなみ
たいな。

>>もうだいぶ会ってないの?

>>あっ、もう直接お会いするこ

とは、もうだいぶ会ってないです。
何年も会ってないですね。

>>まあ、

なんと戸塚君が、スタジオに来て
くれていると。

>>えっ!

>>ねえ。いいじゃない。

>>大丈夫?

>>本当ですか?

>>あれ、本当かな、有田、

あのカンペ。
>>いやいやいや、

とっつーとかいう顔じゃないじゃ
んか。

>>まあまあまあまあ。

>>戸塚君ね、来てくれてるそう
です、どうぞ。

>>えー、わざわざ?

>>とっつー。
>>おー、トッツー。

>>えー!

>>よろしくお願いします。

A.B.CーZの戸塚祥太さんで
す。

>>すごい。

>>戸塚君は知ってた?
その渡辺が大ファンだということ

は。
>>そうですね、直美さんが僕の

名前を出してくれてるってことは
知ってました。

>>ちょこちょこいろんなところ
からうわさは?

>>そうですね。
実際にテレビも見させてもらった

りとか。
>>覚えてる、新幹線でばけもん

が出た話。
>>出たじゃないですよ。

ばけものになっちゃったっていう。
>>あっ、直美さんいたと思って。

もう声かけちゃいました。
>>だからもう本当にそのときは

本当に緊張しちゃって、今もちょ
っとこう、どうしゃべっていいか

分からないんですよね、戸塚さん
と。

>>いやいや、

せっかく来てくれたんだから、

しゃべってみろよ。
>>いやいや、でもね。

>>泰造、席代わってやれば。

>>そうだね。
>>戸塚さん、

ちょっとお話しさせてもらってい
いかな。

>>せっかくだから2人っきりで

話させてもらえばいいじゃない。
>>渡辺、せっかく。

>>いいんですか、ちょっと。

>>トッツーもリードしてあげた
ら。

トッツーもちょっとリードしてあ
げて。

>>久しぶりだね。

>>そうですね。
>>一度さ、僕が、

直美さんのことを、なおたんって
呼んだの覚えてる?

>>はは、覚えてる。

>>そんなこともあったね。

>>えっ、

それから直美さんになってるけど
さ。

もっかい、

なおたんって呼んでもいいかなと
思ってる?

呼んでくれる?
>>なおたん。

おかえり。

>>ただいま。

>>コントいらねぇって言ってん

だよ。
>>恥ずかしいんだもん。

>>普通にいけよ。

>>無理なの、無理なの、普通に

いけないの。
>>なんでいけないんだよ。

逆にトッツーに失礼だって。
>>とっつー、頑張ってたよ。

>>頑張ってたじゃん、すごい。

>>分かった。
>>あと、途中さ、横向いたおじ

いさん映ってなかった?
>>潤ちゃん、ちょっと邪魔だよ。

>>なんで邪魔なんだよ!

>>邪魔だよ。

2人きりでやらせてやれよ。
>>おじいさんって、しゃあない

やんけ。

>>渡辺の真後ろにいたら映んな
い。

>>一番後ろだ。
>>絶対写らないですね。

>>悪いけどね。
>>渡辺ちょっと座って。

座って、

映らない所にちょっと、見るから。
>>透視カメラないから。

>>ああああ、これだったら映ん

ない。
>>これ、絶対分からないですよ。

>>大丈夫。

>>これだったら。
>>これでいきましょう。

>>じゃあ、ちょっと戸塚君、

ごめんね、話の内容はもう今の感
じでいいから。じゃあいくよ、

よーいスタート。
>>久しぶりだね。

>>久しぶりだね。

でも、

なんか覚えてくれててうれしい。
>>絶対忘れないよ。

>>本当?

>>うん。

>>でもなんか、

まさか来てくれるとは思わなかっ
たから、すごいうれしいな。

>>来るよ。

絶対来るよ。

>>本当?

>>それが世界の裏側でも、

絶対に行くよ。
>>本当に?

またどっかで会えたらうれしいし
さ。

>>会いたいな。

>>うん。

>>カット、カット、カット!

>>何?
>>もう入ってるから。

>>潤ちゃん写ってるから。

>>ちょっと怖い、怖い。

>>お前らがここ、座れ言うたん
や。

>>映ってなかったんですよ、
さっきは。

なんで出てきちゃうんですか。
>>いやいや、ロマンチックな会

話してるのに、のぞき魔がいるの
よ、後ろに。

>>めっちゃ怖い。

>>裏入ってよ。完全に裏に。

>>絶対見えないですね。
>>潤ちゃん、裏のあっちがいい

かも。
>>なんで、なんで俺が映るんや

ろうな。
>>俺ら、

写んないんだよ。
>>そうですよね。

>>もうちょっとこっち入って、

そこは写んないかもしんない。
じゃあ、ごめんな、渡辺。

戸塚君、ごめんね。

もう一回いこう。
>>ちょっとロマンチックなの。

>>ロマンチックなの。
>>ごめんね。

>>スイッチングさんも、ちょっ

と気をつけてね。
>>今のところ、写ってないです

ね。
>>大丈夫、大丈夫、

絶対写んない。
>>これは絶対大丈夫よ。

>>よーいスタート。
>>なおたん、おかえり。

>>ただいま、トッツー。

>>元気そうでよかった。

>>うん、私は元気。トッツーは

元気?
>>元気だよ。

>>本当?
でもなんか、まさかまた会えると

は思わなかったから、私はうれし
いよ。

>>でも、会えるって思ってたも

ん。
>>とっつー。

私も。
会えてうれしい。

>>俺もうれしいよ。

>>あれ、いるな。

>>また私たち、会えるかな。

>>会えるよ。

>>怖い、怖い、怖い。

>>なおたんが帰ってきたから。

>>カット、カット、カット!見

える、見える!

>>怖すぎる!

>>逃げろ!やばいよ、なんか。
いるんだよ、いるんだよ。

>>命、狙われてたぞ、今。

>>あれ、何?

>>潤ちゃん!映ってるから。
>>なんでなの?

>>最終的にカメラさんも潤ちゃ
んに寄ってる。

いや、そうなるよ。
>>そして、締めは、直美が帰国

したらどうしても食べたかった、
沖縄の名店、

まつもとのあぐー豚のしゃぶしゃ
ぶ。

>>いただきます。

うめー。

>>ふーっ!