爆買い☆スター恩返し3時間SP【福岡No.1道の駅&東京下町の激安アワビ爆食い】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

爆買い☆スター恩返し3時間SP【福岡No.1道の駅&東京下町の激安アワビ爆食い】[字]

観月ありさは練馬区で100万円使い切れるか?松下由樹&島崎和歌子とアワビ50個爆食い▽藤井フミヤが福岡グルメ食べつくす!弟&息子が協力!親友ヒロミ参戦

番組内容
「地元に恩返しを!」を合い言葉に、芸能人が地元でご当地グルメや特産品を爆買いして恩返ししていくドキュメント旅バラエティー番組!スタジオMCはハライチの澤部佑。スターたちの豪快な爆買い旅をスタジオゲストとともに見届ける。
今回は爆買いチャレンジャーとして藤井フミヤ、観月ありさ、石井杏奈が登場!藤井は、地元・福岡県久留米市で爆買いチャレンジ!スタジオゲストには大親友のヒロミが登場し
番組内容2
「(藤井は)ほんとに無駄遣いをしない」というが、70万円の爆買いは一体どうなる?一方、観月が向かうのは生まれ故郷の東京都練馬区大泉学園。芸能界NO.1太っ腹女優と呼び声高い観月が爆買い旅を決行。『ナースのお仕事』でおなじみ、あの先輩がサプライズ登場!名コンビが奇跡の復活!そして、石井は地元・東京都板橋区で30万円の爆買いチャレンジ!
番組内容3
最年少チャレンジャー石井は東京屈指の激安タウンでいくら使えるのか…。
地元でカメラが密着すると、知られざる意外なルーツや素顔が見えてくる。スターたちの大盤振る舞いの一部始終をお見逃しなく!
出演者
【MC】
澤部佑(ハライチ) 
【爆買いチャレンジャー】
藤井フミヤ、観月ありさ、石井杏奈 
【スタジオゲスト】
秋山竜次(ロバート)、猪狩蒼弥(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、佐藤栞里、高畑淳子、中山秀征、長谷川忍(シソンヌ)、ヒロミ、松田里奈(櫻坂46)
スタッフ
【編成】
田村優介 
【演出】
千頭浩隆 
【プロデューサー】
渡邊正人 

【制作】
IVSテレビ

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – ゲーム

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 観月
  2. フミヤ
  3. 里沙
  4. 従業員
  5. 澤部
  6. 杏奈
  7. 万円
  8. 長谷川
  9. 爆買
  10. 松下
  11. 久留米
  12. 和歌子
  13. ホント
  14. 尚之
  15. 栞里
  16. スタッフ
  17. ヒロミ
  18. 一同
  19. 戸頃
  20. 腹女優

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/09 14:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

(松田)よっ。

[最初の 爆買いの舞台は
東京都]

[23区の
北西部に位置する 練馬区]

[デビュー 41周年]

[芸能界に 名を とどろかす
太っ腹女優が 参戦]

(スタッフ)おはようございます。

(観月)こんにちは。

(澤部)顔 小さ過ぎる。
(栞里)ホント。

[大人気ドラマ
『ナースの お仕事』を はじめ

30年 連続で 連ドラの
主演を務める 大スター]

[プライベートでは
たくさんの人を 招いて

誕生日パーティーを 開く
太っ腹姉さん]

実は 私
中学校 2年生ぐらいまでですね

この…。

(観月)ですが…。

(観月)駅前にはね 本屋さんとかが
あったはずなんですけど

本屋さんすら なくなってますね。

(観月)あれ? ちょっと。

(観月)あっ。 私…。

(観月)こんにちは。
(戸頃)こんにちは。

(戸頃)はい。
(観月)私 幼いとき…。

(戸頃)えっ? 振るの?
(観月)そうなの。

あっ。 そうだ。 大将…。

(戸頃)戸頃です。
(観月)戸頃さん。

(秋山)珍しいね。
(猪狩)初めて 見る。

[では 戸頃さん。 お願いします]

(観月)70万円。

(観月)70万円ですね。

[観月ありさの古里
大泉学園がある 練馬区は

東京 23区で 2番目に
人口が多い ベッドタウン]

[23区内 断トツ 1位の
農地面積を 誇り…]

[2年前。
長く その名を とどろかせた

としまえんは
惜しまれつつ 閉園]

[その跡地には
『ハリー・ポッター』の 映画製作の

舞台裏を展示する 施設が]

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

一日で
70万円 使いきれるか?]

(長谷川)僕 バイト先に…。
昔 芸人になる前に

よく いらっしゃってたんですよ。
(澤部)えっ?

(澤部)昭和の スターみたいな。
(栞里)すごい。

[まずは…]

(観月)お父さんの お店で…。

(戸頃)今はね…。

(観月)それ!
そうだよ。 これ これ。

これは 甘くて
おいしいですよね。

(戸頃)最高ですよ。
(観月)最高ですよね。

(中山)いいマンゴー。
(栞里)おいしそう。

(観月)ほら。 絶対 おいしいよ。

(戸頃)こういう感じですね。
こういう感じで。

(観月)すごい。

(観月)おいしいね。

(観月)甘いね。

(観月)これ
みんな 食べたいでしょう?

すっごく おいしい。

[大泉学園の八百屋さんで
幾ら 使える?]

(観月)これは ちなみに
お幾つぐらい ありますか?

(観月)7パック。 これ…。

(栞里)いいですね。

(戸頃)後は…。

(観月)メロンですよ。

(観月)いいじゃないですか。

(澤部)こんな 買うから…。

戸頃さんが。
(栞里)上手。

[最高級 宮崎県産の
完熟マンゴーを 7個と

メロン 8個を 爆買い。
いったい お幾ら?]

(観月)ほら。

(戸頃)ありがとうございます。

たまに 大泉に
いらしてください。

(観月)はい。 また たまに
来たいと 思います。

ありがとうございます。
(戸頃)マンゴー 用意してます。

(観月)ありがとうございます。

(観月)ありがとうございました。

見てくださいよ。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
70万円 使いきれるか?]

(観月)常に…。

(観月)電車に 乗り遅れるとか。

(観月)
ここを 何往復も してましたね。

(観月)ちなみに 今…。

(栞那)えっ?

(中山)集めちゃうんだ。
(長谷川)そう。

(観月)トレント トレント。

こんにちは。

(満祐美)びっくりした。
観月ありささんじゃないよねって。

(観月)こんにちは。

[看板商品は シェフが
全て 自家調合している

こだわりの ソフトクリーム]

[低脂肪で 甘さ控えめの
さっぱりとした後味で

口当たりが 滑らか]

(観月)あれ? ここで持ったら
駄目? いい? OK?

(紗耶)ありがとうございます。

(スタッフ)4つってのは?

(秋山)なかなか…。

(観月)だからね
さらっと 食べれるんです。

[そこに…]

(観月)お母さん?
お母さん お母さん。

娘が 観月ありさと
アイス 食ってたらね。

(観月)お母さん。 はい。 どうぞ。
(由加利)手が震え…。

(観月)お母さん。

(観月)お母さん。 これ。
垂れちゃうから。

(観月)私は これを いつも…。

(観月)この いちごアイス。

[店内で 自家調合した
バニラアイスを 使用]

(観月)この 2つを
よく 買ってたんです。

(観月)私の 中学からの同級生。
野澤 里沙と いいます。

今 結婚して 有馬 里沙に
なりましたけど。

(里沙)団子屋さんとか 分かった。
(観月)分かった?

(里沙)分かった。

(観月)ノザは そうなの。

(里沙)ホント 小さかった。
(観月)だから こういう感じで。

(観月)なんだけど 私が…。

(里沙)骨が めきめき いうって
毎日 言ってたよね。

めきめき めきめきって。

(観月)ここの お店で…。

(満祐美)セット セット。
(観月)セット。

(満祐美)焼き菓子の セット。
(観月)焼き菓子セットか。

(観月)例えば…。

(長谷川)まさか…。

こんなこと できんの?

(満祐美)だいたい…。

(観月)そうしようかな。
(里沙)いちご 多め。

(観月)いちご 多め。

[ソフトクリーム 10個に

お気に入りのアイス 年間契約で
合計 240個]

[さらに 親友 ノザの
コーヒーゼリーで お幾ら?]

(観月)サービス
してくれちゃうんですか?

(観月)何か 子供のころの夢を
達成したような感じですよね。

アイスも 何個も何個も
一人で食べたい みたいな。

(千尋)ありがとうございます。

(観月)
いいじゃない いいじゃない。

(観月)いいね いいね。
いいじゃん。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
70万円 使いきれるか?]

(里沙)ここ いいじゃん。
めっちゃ いい。

お強いです。

(観月)ほら ほら。
ビール 冷えてるって。

(齊藤)ワインも 冷えてます。
(観月)ワインも 冷えてる。

(観月)手作りハムですって。

[創業 39年…]

[35種類もの こだわりの味を
販売]

[厳選した ブランド豚を使用し

お店で 毎日 薫製して
出来上がる ハムは

どれも 極上の味]

[大泉学園の
老舗 ハム屋さんで…]

(観月)この お店で…。

(観月)紅藤色セット。

(齊藤)ハムが
3種類 あるんですけれども…。

(齊藤)昔ながらの製法で
作ってまして

一個一個 布で巻いて 手で縛って
この辺に 掛けてっていう。

こちら 普通の ロースハムよりも
熟成期間も…。

(観月)すごい。

(観月)これは
おいしそうじゃないですか。

じゃあ 私…。

最高。

[町の 老舗 ハム屋で ハムと
ビール 爆買いで 幾ら 使える?]

[そして…]

(2人)うわー!

すごい。
(澤部)すげえ。

[『ナースの お仕事』コンビ
復活で 爆買い]

ぱくっと いっちゃいます。
いただきます。

うん。 おいしい。

おいしいです。
(山)ありがとうございます。

(観月)
さらっと しているんだけど

ちゃんと 後味が 脂の うま味で
すーっと 溶けていく感じです。

[さらに…]

おいしいです。
(山)ありがとうございます。

(観月)ビールとの相性も
最高に 決まってます。

(観月)えーっ? どうしようかな?

ホントに カッコイイ。

(観月)でもね やっぱ…。

(齊藤)ストラスブルグが
社長の オリジナル。

レモンの皮と 粒マスタードの
ぷちぷち マスタードシードと

こしょうが 入ってて。
(観月)これも もう…。

(山)じゃあ…。

(里沙・観月)えっ?

(観月)結構…。

(観月)だからね…。

(観月)元気?

(観月)うれしい。

(観月)私が いつも…。

ちょっと 言い方が。

褒められてない感じ しちゃう。

(宮本)ほら。

(観月)初恋の人。 小林君ね。 そう。

(観月)おばちゃんは
こういうところで…。

(観月)ばーん ばーんって。

そのときは…。

(宮本)あっ そう。 じゃあ 何か。

(長谷川)これ以上 余計なこと…。

でっかいのがね。
(秋山)言いそうだよね。

(観月)ロースハム。
ロースハムを 下さい。

(宮本)一人だから。
(観月)ホント?

(宮本)ワカちゃんに?
(観月)ワカちゃんに。

このさ オードブル。 オードブルを
ワカちゃんに送る。

あと おばちゃまへの ハムと。
(宮本)すいません。

(観月)お支払いします。

(観月)払うよ。 払うよ。

心配されちゃうから。
お金 使ってると。

[ハムと ソーセージ
合わせて 9点]

[さらに
宮本さんの ロースハムに

オードブルセット。
ビールも入れて お幾ら?]

(齊藤)合計で…。

(観月)それを見て
それ みんなで食べたら

ぺろっと いっちゃうねって
言ってた 自分が

ちょっと 恐ろしかったんですけど
今。

(観月)ありがとうございました。
お世話になりました。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
70万円 使いきれるか?]

(観月)これは なかなか…。

初耳の。

[同級生の実家の 電気屋さんで
爆買い]

(観月)こんにちは。

(女性)どうも。
(観月)お世話になっております。

(観月)こんにちは。

(観月)そうですか。 そうか。
やっぱ

ちょうどね
そういう時間ですもんね。

(里沙)会いたかったね。

(秋山)噂の。
(長谷川)これが シャイニーさんじゃ…。

(観月)そうですよね。

(聡司)ユキ?

(聡司)何だ。

(聡司)何かね…。

(観月・里沙)えっ? えっ?
家に いる? えっ? いた?

(観月)いた。

すごい。 びっくりした。

こっち側で
盛り上がってるだけで…。

(観月)久しぶり。

(観月・里沙)そうか。

(観月)やだ。 お父さん。
いるじゃん。

[町の電気屋さんで…]

(観月)ちなみに…。

(聡司)値段の高いのは…。

(スタッフ)いえ。 観月さん。

(観月)そうね。

(里沙)
ドライヤー いいんじゃない?

(里沙)2万幾らする。

[すると…]

違う 違う。

[そして…]

[初恋の人 登場]

(観月)あった。

(聡司)はい。 そうです。
3万4, 000円。 3万1, 000円。

(観月)じゃあ…。

(聡司)すみません。

(観月)はい。

(聡司)3, 500円ぐらい
引いてあるかな。

(観月)そんなに
引いてくださったんだ。

みんな
サービスしてくださるんですよ。

(観月)ここら辺で…。

(幸江)結構 おいしい。

(観月)そうしようか。
≪(♬『TOO SHY SHY BOY!』)

(観月)『TOO SHY SHY BOY!』
聞こえるよ。

(里沙)わあ。 すごい。

(観月)よく かけてくれてる?

(観月)これを。

(観月)今 アルバム 出てるんで
こちらのアルバムも

お店で かけていただけると。
(中上)かけます。

ありがとうございます。
(観月)ありがたいです。

(観月)ありがとうございます。
お母さん…。

(観月)やっぱり 豚カツ屋さんか。

(スタッフ)何て お店ですか?

(里沙)ああ。 やっぱり そうか。

(観月)あっ!

(観月)これ…。

(澤部)駄目ですよ。

(里沙)それしかないね。

(観月)そうだよ。 だから…。

(里沙)ありさが 大好きだった…。

(里沙)で 今…。

(呼び出し音)

(里沙)そしたら
また 夕方時とかにね。

(里沙)あっ。 もしもし。
(小林)はいはい。

(里沙)すみません。 私 あのう…。

(観月)小林君ですか?

(小林)こんにちは。
(観月)こんにちは。

(観月)そう 思って
電話したんですけど。

お仕事中ですよね?

(観月)今から。 今から。

(里沙)連絡 待ってます。
(小林)仕事…。

(観月)はい。 ありがとう。

[地元住民が
こぞって お薦めする…]

(長谷川)あっ。

(中山)有名店なんだ。

(長谷川)いや。 違う違う。
俺 昔…。

(長谷川)すいません。
(澤部)なかなか いないですよ。

[練馬 屈指の
有名 豚カツ店で…]

(従業員)後は ちょっと…。

(従業員)カニクリームコロッケと
ヒレかつと 海老が のってんです。

(観月)そうですよね。

(里沙)ここが…。
(観月)これが いいですね。

(従業員)どうしましょうか?

(観月)最初…。

お薦めは どちらですか?
(従業員)そうしましたら…。

(秋山)&の発音 よかったね 今。
(澤部)ハーフ&ハーフ。

(従業員)いいですよ。

(観月)だからさ これにさ これ…。

(観月)じゃないと ほら
お金が いかないから。

(観月)えっと。
コーラと 私…。

(従業員)中 ありますよ。

(長谷川)この後 あるんで
やっぱり 観月さんも。

(秋山)考えてますね ちゃんと。

(観月)してたね。

(長谷川)思い出した 俺も 今。

(従業員)ビールの方は…。
(観月)はい。

ありがとうございます。
(従業員)こちら コーラです。

(観月)コーラです。
(里沙)すいません。

(従業員)はい。 失礼いたします。

(里沙)何か 変な…。

あっ。 おいしいね。

(観月)ああ 来た。 うわーっ!
(里沙)えっ? ちょっと…。

(観月)ちょっと すごい。

(観月)いやいや いやいや。
これね…。

(観月)うわーっ。

(里沙)えっ。 すごい。

(従業員)こちらも 置いときます。
(観月)1個 これだよ?

ねえ。 これ…。

(澤部)何 今の?
(猪狩)これ すごい。

(里沙)しかも…。
(スタッフ)見せてください。

(観月)この 海老。
こんなあるんですよ。

(観月)すごいんですよ。

こんなに あるんです。
(里沙)すごい。

(観月)ホントに しっかりした
海老が 入っていて。

(観月)そういう 海老が…。

[店主が 毎朝 仕入れている
肉厚で ぷりっぷりな…]

[天然物の
ブラックタイガーのことで

甘味が強く
身が大きいのが 特徴]

[大きさは 何と…]

(観月)ヒレかつ。 おいしそう。

おいしそう。 いただきます。

おいしい。

(観月)じゃあ ちょっと
メンチ勝つの方 いただきます。

チーズも のせて。

これ また ジューシー。
そして 肉厚。

チーズが ちゃんと
塩分があるから

味が しっかりしてて。
うん。 おいしいです。

[甲州 富士桜ポークを

粗めの パン粉で コーティング]

[そして 高温で からっと]

[中には
肉の うま味に負けない

店主 こだわり
濃厚 チェダーチーズが たっぷり]

(栞里)何 食べて…。

(澤部)スタジオで セルフカツ。

(馬屋原)私は…。

(観月)これ? これ? やはり。
いただきます。

(観月)クリーミー。 おいしい。

どれも おいしい。
超おいしい。

[ボリューム満点の
豚カツランチ 2人分と…]

[メンチ勝つを 爆食いして
果たして お幾ら?]

(観月)安いなぁ。
お願いします。

(里沙)地元に こんな
おいしいのが あったなんて。

(観月)ホント。

(従業員)ありがとうございました。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
70万円 使いきれるか?]

(観月)次 どうしようか?

(観月)記念に…。

(観月)そうだね。

(観月)連絡先を
みんな 知っている…。

出たんじゃない?

(里沙)もしもし。 聡?

(観月)さて 呉服 かたやまさん。

ホントだ。 呉服屋さんだ。

(観月)こんにちは。
(和彦)はい。 こんにちは。

(観月)可能ですか?
ありがとうございます。

(和彦)いやぁ。

[創業 50年の
老舗 呉服店 かたやま]

[絹物を中心に扱う 呉服店]

[一から 着物を 仕立てたら
いったい お幾ら?]

(和彦)あらかじめ…。

(里沙)ちなみに…。

(陽子)これはですね
だいたい 30…。

(里沙)ちょっと 今 桁が
「うん?」と 思った…。

(観月)奇麗だね。

[着物の お値段は 反物の他に

胴裏 八掛と 呼ばれる 裏地代]

[そこへ
仕立代が プラスされる]

(陽子)ちょっと 後ろの方に
あったりするのは

反物で 伊勢型の…。

(観月)小紋はね。
江戸小紋 いいですね。

[江戸小紋とは 遠くから見ると
無地に見えるが…]

[近づいてみると
小紋と呼ばれる

微細な柄が あしらわれた
伝統工芸]

[時は 江戸時代]

[幕府は 庶民に
派手な着物を 着ることを 禁止]

[しかし そこは 江戸っ子]

[近くで見ると 柄のある…]

(陽子)一番 高いのはですね
これです。

(観月)それか。
(里沙)お幾らですか? それ。

(陽子)これは…。

(里沙)えっ!?
超えちゃう 超えちゃう。

(観月)あれ? 超えちゃう。
70万じゃ 足りません。

(観月)意外と いろんな…。
(陽子)背が お高いので…。

(観月)さすが 手慣れて
ちゃちゃちゃっと こう

着せつけられる感じがします。

(里沙)それ するとね。
(観月)急にね。

(和彦)人間国宝の型紙を 使って
手染め。

(里沙)ちなみに
お値段 お幾らなんですか?

(陽子)だいたい 36…。

(観月)どうでしょう?

(長谷川)いやいやいや。

(澤部)記念にですから。

(里沙)何か 値段が…。
一気に 8万5, 000円だって。

(和彦)これは 普通の江戸小紋。

(里沙)濃いからさ ちょっと 合うよ。
(観月)合うね。

(観月)寒色の方が
普段 着やすいのかなと思って。

(観月)ねえ。 奇麗だったよね。

(里沙)一番 好きそうな感じ。
(観月)そうだね。

栞里ちゃん これ?
(栞里)はい。 これ 何か…。

(観月)これに
手ごろな 帯みたいなの…。

(陽子)こんな感じになります。
(観月)すてき。

(観月)これも すてき。

えっ?

[候補に 残ったのは

人間国宝が 手掛けた
46万円の着物]

[そして
17万円の 市松柄の着物]

[太っ腹女優。 どうする?]

[さらに…]

[人間国宝が 手掛けた
46万円の着物と

17万円の 市松柄の着物]

[太っ腹女優。 観月ありさ。
どうする?]

(秋山)それを
落ち着いた顔にして。

(観月)やはり だって これは
何にでも 合いそうですもの。

[そして…]

(観月)とても…。

(観月)あのときに…。

(観月)今日 あらためて
着て 思いました。

(観月)こんにちは。

(和彦)お世話になりました。
(観月)こちらこそ…。

(観月)ありがとうございました。

(観月)ばっちりでした。
とても 奇麗でした。

(観月)そうそう。

[人間国宝の型紙で 作った
反物に 帯で

一から 着物を仕立てたら
いったい お幾ら?]

(和彦)きりのいいとこで…。

(観月)わっ。 おおー。
ありがとうございます。

[太っ腹女優 爆買いチャレンジ
大成功]

(澤部)参りたいと 思います。
万歳!

[爆買いを 達成した
観月ありさ]

[さらなる 太っ腹ぶりを
見せる]

(長谷川)分かるよ 分かる。
(猪狩)これなんですよ。

[爆買い アップデート]

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
100万円 使いきれるか?]

(栞里)嘘!?
(澤部)嘘だ!?

(観月)そうですね。

昔の大泉といえば
こういう景色でしたから。

(里沙)畑。

(里沙)あっ。 こんばんは。
こんばんは。

(中山)あの風体で
あのリアクション?

(長谷川)カワイイじゃないですか。

(観月)すごいよ。

(里沙)いない? 全然 いない?
(観月)いないね。

(里沙)すいません。
(観月)いた。 いらっしゃった。

すいません。

(秀徳)うち アスパラガスを
結構 作ってるんですね。

(観月)どうしても…。

(秀徳)キャベツの イメージは
もう 断トツですよね。

[ここ 白石農園は
江戸時代 初期から続く

伝統的な 農家さんで
50種類近くの野菜を 栽培]

(観月)アスパラは 今…。

(澤部)うわっ!?
(栞里)あーっ! すごい!

すげえよ。 まんま。
(秋山)マジで!?

(里沙)一応…。
(松下)何度か? 何度か?

(観月)畑で。
(松下)ちょっと待って。

(澤部)先輩 来ました。

(松下)ちょっと すいません。
お邪魔します。

(松下)やだ。

(松下)どれだけ 買ったのかと
思って。

(観月)お待たせしました。

(観月)「大島さんでも
どじやるんですね」

「あっ!」

[1996年から 放送を スタートし
シーズン4まで 続いた

人気ドラマ 『ナースの お仕事』の
名コンビ

先輩こと 松下 由樹が
助っ人で 参戦]

(栞里)いやいやいや…。
(澤部)簡単に言うな。

(秀徳)今 これが ちょうど…。

(観月)アスパラガスって
こんなふうに 育てるんだ。

(秀徳)あんまり…。

(松下)ないない。 ないですね。

(観月)収穫できるものっていう。
(秀徳)収穫できるものは

ここら辺の。

(里沙)すごい。
一本一本 大変ですね これ。

(松下)私が 収穫しますか?

(松下)ぎりぎりですか?
(秀徳)そうですね 根元から。

(里沙)すごい。 立派。 奇麗。

(秀徳)そういったのが
よく 育つような

黒ボク土っていう
すごい 栄養豊富な

肥沃な土なんで…。

(松下)そうなんだ。
でも 奇麗だね。

(秀徳)はい。 売ってもいます。

(里沙)めちゃくちゃ おいしそう。
(観月)これは おいしそう。

(秀徳)これは そうですね。

(観月)立派だもんね。 すごく。

(一同)いただきます。 うまそう。
いただきます。

(栞里)あっ おいしい。
すごい…。

(中山)青々した いい色。

(中山)爽やかな味。

(秋山)♬「テケテケ ツテテ ツテテ」
(澤部)「ツテテ」じゃないですよ。

[さらに 旬の野菜が
詰め込まれている 自動販売機で

野菜を 爆買い]

(松下)安い。 いいね。
今日の夕飯。

[練馬育ちの 新鮮野菜を
13点 爆買いで お幾ら?]

(観月)これ みんなで
分け分けしましょうよ。

(松下)いいね。
(観月)住みやすい町。

(松下)いいよね。
(観月)いい いい。

(観月)買いました。
(松下)こんなに 頂きました。

(好孝)いえいえ。
ありがとうございます。

(松下)初めまして。

(好孝)よく 見させて
いただいております。

(観月)先輩です。

(澤部)もう1回だけ いいですか?

(澤部)原曲キーですね。

(秋山)♬「テケテケ テケテケ
ツテテ ツテテ ツテ」

♬「ツテテ ツテテン」だから。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
100万円 使いきれるか?]

(観月)由樹さん…。

(観月)大泉はですね 野菜も豊富に
取れるんですが どうやら…。

(松下)スタイルが。
もう 何か…。

(松下)
「どうなってるの?」みたいな。

(一同)着きました。 あれ?
あれ? すごい。 何か…。

(松下)♬「サカナ サカナ」ですよ。

[練馬区の 住宅地の
ど真ん中にある…]

[100坪ほどある
日本 最大級の売り場に

毎日 およそ 100種類の魚が
並ぶ]

[さらに 鮮魚を使った
手作り総菜や…]

[おすしも 充実]

(栞里)おいしい。

[練馬の食卓を支える 魚市場で
幾ら 使える?]

(観月)行きましょう。
(松下)はい。 行きましょう。

(スタッフ)52分です。
(観月)52分!?

(従業員)はい。

[品数も 少なくなっている。
どう 爆買いする?]

(松下)これは 絶対…。

(松下)売り切れた?

(松下)マグロが お薦め?

(観月)いまいちですか? ウニ。

(観月)ウニ いいですよね。
夏は ウニ。

(松下)ウニ 食べたい。
(観月)ウニにしましょう。 ウニに。

[先輩が大好きな マグロ
ウニ シャケを 即買い]

[さらに…]

(観月)8, 800円。

[店で 一番 お高い
タラバガニと…]

[高級珍味の からすみ
キャビアを…]

(松下)ホント?
(観月)はい。 もちろん。

[閉店 ぎりぎりで
生ウニ からすみ キャビア

タラバガニなど
駆け込み 爆買いして

いったい お幾ら?]

(従業員)お会計が…。

[芸能界 ナンバーワン
太っ腹女優は

練馬区で
100万円 使いきれるか?]

(松下)あわび専門店?

(観月)ありました。
(松下)すごい。

(観月)あわび亭。

(観月)こんな お店があるんだ。

(松下)食べましょう。

[全国でも 珍しい
あわび料理専門店 あわび亭]

[国産に こだわった…]

(松下)じゃあ やっぱり この辺が。
(観月)では やはり

塩辛と お刺し身と
いただけますか?

あと…。

(松下)踊っていただく?
(観月)踊っていただく?

(松下)そうだよね。 もうね…。

(松下)初めて?

(澤部)確かにね。

(栞里)畑。
(澤部)1時間 待たせて。

(松下)あーっ。 ご無沙汰してます。
(観月)あっ!?

(和歌子)すごいとこに いるね。
由樹さん。

(長谷川)早いよ。 座る前に。

(和歌子)お揃い。

(観月)お揃いに 紺ね。
(和歌子)デニム。

(観月)もう 最強でしょ。

(観月)だって ほら…。

(和歌子)そうなんです。
ホントなの。 だから…。

(観月)嘘!?

(和歌子)絶対 信じてないじゃん。
(観月)ちょっと待って。

(観月)まさか。
私たちだって…。

(和歌子)そう。 制服 着てるの。
(観月)やーっ!

(観月)この 和歌子の顔。

(観月)頼んじゃいなよ。
(和歌子)お願いします。

(松下)つまみだね。

(澤部)そうですね。
(中山)和歌子は…。

(一同)すごい!

(一同)すごい。
もりもり。 もりもり。

(観月)刺し身から いきます。
いただきます。

おいしい。 やわらかいね。

(従業員)ご注文いただいた
あわびステーキの 大になります。

(観月)ステーキ 来たよ。

(観月)おいしい?
(和歌子)おいしい。

[そして…]

(観月)あと…。

(観月)そうだ そうだ。

(和歌子)ちょっと待って 待って。
もうちょっと いいじゃないの。

[そこへ…]

(観月)うわーっ! 全然…。

[さらに…]

[観月ありさ。
古里 練馬で 初恋の人と 爆食い]

(観月)うわーっ! 全然…。

(観月)小林君!?

(観月)小林君なんて だって…。

(聡)すいません。

そうだよね。 おごる おごる。

[あわびの 一番 お高いコースを
2名分 追加で 爆オーダー]

(和歌子)うわっ。 動いてるよ。
(従業員)こちら

置かせていただいて
よろしいですか?

(従業員)こちら 少し お水が
飛んだりすることありますので…。

(和歌子)全然 大丈夫です。
水も滴る…。

(聡)うまい。

(観月)いい笑顔なのよ。

(澤部)口 悪いな。

(和歌子)えーっ!?

(観月)何? 塩釜って。
(従業員)コースの塩釜になります。

(従業員)開けさせていただきます。
(和歌子)何 これ!?

(従業員)少々 お待ちください。

[新鮮な あわびを
昆布で包み…]

[粗塩に含まれる 水分の蒸気で
じっくり 40分間 蒸しあげ…]

[あわびの うま味と 軟らかさを
最大限に引き出した 一品]

(秋山)すげえ 食ってるけど。

≪鉄板焼きで…。
(観月)そう。 ちょっとね。

(里沙)えーっ。 すごい!

(従業員)緑の方が 雌になります。
黄色っぽい方が 雄。

いきます。

(和歌子)どうですか?
(観月)あっ。 何か…。

(観月)磯の香り。

(和歌子)ホントだね。
(観月)でしょ。

(和歌子)ねっとりしてるね。

[さらに あわびの コース料理が
続々と]

(里沙)シャンパングラスを
1つ お願いします。

(観月)大丈夫ですよ。
アクリル あるんで。

(小林)いただきます。
(観月)あっ。 でも 小林君だ。

(里沙)うれしそう。
(観月)イェーイ。

小林君は 当時…。

(観月)
勉強できない方だったから…。

ていうのと…。

(小林)顔ちっちゃくて…。
(和歌子)違う違う。 好きだったの?

嘘!? 両思いだったの!?

えーっ。 嘘!?

(観月)えっ? ホント?

(観月)そこね。
(和歌子)40 過ぎるとさ。

[ということで…]

(観月)ちょろっと いいよって。

(観月)中2の 真緒ちゃんだよね?
真緒ちゃん!

カワイイ。 真緒ちゃん。

(聡)いくよ。 せーの。

(観月)ちょっと 手 冷えてるから
ごめんね。

(観月)真緒ちゃんも 手 冷えてる。
ありがとね。

[そして…]

(一同)あーっ!

お見事。

(和歌子)すごくない?
(観月)すごい。

[使っている あわびの量は
4人前で 何と…]

(和歌子)えーっ!?
(観月)えーっ!?

(澤部)うわっ!?

(栞里)大丈夫なのかな?
(長谷川)いいんですか?

(和歌子)すごいよ。

(観月)いないですよね。 ほら。

(里沙)いきますよ。
(観月)これは いくぞ。

(観月)どう 考えたって…。

(観月)また?

(和歌子)昔から 言うじゃない。

[あわび 50個分を
食べまくりで タイムアップ]

[観月ありさ。 古里 練馬区で
70万円 爆買い恩返し 達成]

[現在 アップデート 100万円に
挑戦中]

[爆買い 達成 なったか?]

100 超えてるかもしれないですね。

[そして 藤井フミヤが
家族 全面協力で 爆買い]

[あわび 50個分を食べたところで
爆食い タイムアップ]

[観月ありさ。 古里 練馬区で
70万円 爆買い恩返し 達成]

[現在 アップデート 100万円に
挑戦中]

[爆買い 達成 なったか?]

[この日…]

(観月)ジャン!
(スタッフ)84万3, 146円です。

(一同)えーっ!?

(従業員)9万2, 580円。

(観月)そうだよ。

[続いての 爆買いの舞台は
福岡県]

[その南西部
佐賀県との境にある…]

[古里に凱旋した スターは…]

[むむっ。 この曲といえば…]

(ヒロミ)戸惑うの。

(長谷川)なるほど。 ガイドで
来てくれたんですね。 ヒロミさん。

[チェッカーズから ソロまで…]

[嵐や MISIAなどに
楽曲提供もしてきた

スーパースター]

(フミヤ)弟を呼んでる。

≪♬(サックスの演奏)

♬(サックスの演奏)
(フミヤ)響くね サックス。

♬(サックスの演奏)

♬~

(フミヤ)イェイ。

(フミヤ)弟 藤井 尚之です。

(尚之)F-BLOODでございます。

(スタッフ)久留米で
お揃いになるっていうのは…。

(フミヤ)いや。 意外とね…。

[では 尚之さん お願いします]

(フミヤ)頑張ろう。

[久留米市は 人口 およそ 30万]

[福岡市 北九州市に次ぐ…]

[世界に誇る タイヤメーカー…]

[そして 久留米ラーメン]

[ギョーザ。 焼き鳥などの
B級グルメから…]

[織物。 漆器などの
伝統工芸品も]

[さあ…]

(フミヤ)俺らの時代は…。
(尚之)しょうゆラーメンとか…。

(フミヤ)しょうゆラーメンとか
ないのよ。

ラーメンは 豚骨しかないの。

(フミヤ)
テレビの取材なんですけど…。

(フミヤ)大丈夫。 OK。
(スタッフ)OKですか?

(フミヤ)すいません。
お邪魔します。

(従業員)いらっしゃいませ。
(従業員)いらっしゃいませ。

(スタッフ)藤井フミヤさんです。

(スタッフ)泣いてますね。

(フミヤ)たかなチャーハン。

[昭和28年に 屋台から始まり

今や 11店舗を構える
大砲ラーメンは

久留米では 誰もが知っている
超 有名店で あの…]

(フミヤ)この…。

(尚之)替え玉も ないし…。

(フミヤ)替え玉っていうのは
長浜ラーメンしかなかった 昔。

いわゆる 博多の市場の周りにある
ラーメン屋。

「フミビア」とか いじんなよ。
(長谷川)『トリビア』を。

(尚之)麺の太さが 違うんですよ。
長浜の方は ちょっと 細い。

(フミヤ)だから 昔
いっぱい 食べたい人は

大盛りって 言ってたんです。
久留米はね。

(斉田)チャーシューメン…。
(フミヤ)ありがとうございます。

(フミヤ)おおー。 おいしそう。

(フミヤ)真ん中にね。

兄弟で 違うんですね。
(ヒロミ)兄弟で 違うんだね。

(フミヤ)うまそうだろうね。

(フミヤ)ホントに。
「えっ?」と 思うかもしれんけど。

(松田)ちょっと 食べたい。

(斉田)そうですね。

[大砲ラーメンの 売りは…]

[何と 創業から 60年以上も
つぎ足しされてきた

クリーミーな スープが
大好評]

[そもそも…]

[そこには こんな理由が…]

意外と 知らないぞ。

[昔 昔の…]

[久留米で…]

[ところが
とあるラーメン屋さんで…]

[お店の人が
店を離れている間に

スープを 煮込み過ぎてしまう
事件が発生]

[真っ白に
濁ってしまったのです]

[これじゃ…]

[と 濁った スープを使って

自分用に
ラーメンを 作ってみたら…]

[これが…]

[久留米が誇る 豚骨ラーメンは
こうして 爆生まれしたのです]

[澤部さん。 ご存じでした?]

(ヒロミ)ここなんですよ。

分かんないよ。

(フミヤ)いいね。

(フミヤ)
たかなピラフっていうかね。

(尚之)喫茶店メニューなんです。
(フミヤ)喫茶店メニュー。

いいね。

[フミヤ流の 食べ方は
マヨネーズを 表面に 塗り塗り]

(一同)ありがとうございます!
ありがとうございます!

(フミヤ)はい。 どうぞ。
もう どんどん 食べて。

[スタッフ 10人分の ラーメンも
爆おごり]

(ヒロミ)いこうよ。

(高畑)70 送ったって 7万じゃん。

(スタッフ)藤井アナ。 すみません。
差し支えなければ 何か…。

(フミヤ)打ち合わせ中なんだって。
はい。 すみません。

じゃあね。 送ります。 はい。
(弘輝)はい。

(弘輝)おおー。

(竜聖)えーっ!? すごい。

(山崎)直筆ですか?
(佐野)おおー。 すげえ。

(山崎)えーっ。 楽しみ。 うれしい。
(佐野)大砲ラーメンだ。

(永尾)ありがたい。

[『ミシュランガイド』掲載の
大砲ラーメン

爆食いからの 爆発送]

[合わせて 92杯分。 お幾ら?]

(従業員)お会計が…。

(従業員)初めてです。

(尚之)ごちそうさまでした。
(フミヤ)お騒がせしました。

(ヒロミ)低い…。

(長谷川)この感じですか?
(ヒロミ)そうよ。 そりゃそうだよ。

[久留米で
70万円 使いきれ]

(尚之)道の駅ね。
(フミヤ)あそこで…。

(従業員)そうですね。

[県内の道の駅で
グランプリになるほどの 人気の施設]

[世界初と いわれる
ごま焼酎をはじめ

久留米中の うまかもんが
ここに 集結]

[グルメだらけの 道の駅で
一番 高いものは…]

(従業員)生産して
持ってきてる お米。

(フミヤ)取りあえず れんげ米
買おうか。

(従業員)おいしいです。
(フミヤ)ねえ。 お米です。

(フミヤ)ニンニク。

(フミヤ)これ 買おう。

(従業員)ヤングコーンも お薦めです。
(フミヤ)おいしいよね? 今。

(従業員)おいしいです。

(フミヤ)トマト。
(尚之)ごっつぁんです。

[夢中で
爆買いしているところに…]

(寺崎)高1のときに
同じクラスで。

(フミヤ)これは 藤井家は
この味噌です。 宝みそ。

麦味噌って いうんですけど
麦が残るんで

茶こしみたいなやつで
こさないと。

ここでしか 買えない。
ネットでも 買えない。

(フミヤ)そうなんだ。

(川口)そうそうそう。
(フミヤ)そうか。

(フミヤ)取りあえず 一番 高いの
肉って 言ってた…。

(フミヤ)何 それ?

(従業員)久留米の 畜産業者さんが
育てた牛を…。

販売してある分なんですね。

(高畑)おいしそうでないかい。

(澤部)うまい。

(松田)うーん。
(ヒロミ)これ ホントに うまいな。

(ヒロミ)ホントに。

(長谷川)おい。 何だよ? お前。

何なんだよ? お前。

(松田)「ごっつぁんです」 出た。

(澤部)これ どうすんの?

[爆買いしたのは
久留米の うまいものばかり]

[道の駅で 幾ら 使えた?]

[さらに…]

(フミヤ)
♬「遠ざかる雲を 見つめて」

[久留米で
70万円 使いきれ]

[道の駅で 幾ら 使えた?]

(フミヤ)メロンとか
買ったから。

2家族分。
(尚之)ごちそうさまです。

(従業員)久留米の いいものを
こんなに たくさん

買っていただいて
とても うれしいです。

(一同)
ありがとうございました。

(従業員)
また ぜひお越しください。

(フミヤ)あの木とか すごいな。
売ってんだろうな。

(フミヤ)これも 買えるから。
当然 買えるよ。

[道の駅の すぐ隣にある…]

[盆栽店 鉢物店など
およそ 20店舗が 集まる

いわば 植木デパート]

[豊かな土壌と 気候条件に
恵まれた 久留米は

植木の 日本 四大産地の 一つ]

[全国から わざわざ 買い付けに
来る人もいる 植木の聖地で

一番 高いものは…]

(フミヤ)いや。 いいけどな。

(尚之)お幾らでしょう?
(フミヤ)ちょっと待って…。

(尚之)60万?
(フミヤ)うん。

(フミヤ)えーっ。

(尚之)どんぴしゃ。

(フミヤ)これ 22万だよ。
これ 鉢植えの中 入って…。

(フミヤ)真ん中のやつ?

(澤部)猪狩君は?

(澤部)500 いったね。

[正解は…]

(フミヤ)あれ 350。

(尚之)かんきつ系が ずらっと。
(フミヤ)ホントだ。

(尚之)シークワーサーも。
ライムもある。

(フミヤ)レモン?

(フミヤ)1万6, 000円。

(小塩)毎年。

(フミヤ)そうなの?

≪どんなことに?
(フミヤ)料理に。

お酢の代わりにっていうか。

(フミヤ)東京まで
届けてくれたりしますかね?

[ということで ワンサイズ
小さな レモンの木を 爆買い]

(小塩)合計がですね…。

(フミヤ)1万3, 480円。

(フミヤ)日の当たるところに
置いて。

(小塩)日の当たる方が
いいですね。

(フミヤ)尚之が
すごい 蚊に弱い。

めっちゃ 刺される。 こいつ。

弱めの フミビアだったな。 今の。

[この後 駅前商店街にある
久留米の伝統工芸品

久留米絣の お店へ]

(フミヤ)こういうのが
久留米絣ですね。

(フミヤ)そういうことか。

(従業員)うれしい。

(スタッフ)そうなんですね?

[友人の お子さんにも
かすりのパンツを 爆買い]

[全部で お幾ら?]

(従業員)ありがとうございます。

[さらに お隣 八女市の 名物で
21年連続 日本一という

八女茶を…]

(フミヤ)ちょっと 苦みがあって
甘くて…。

[そして…]

(長谷川)まさか 今?

(澤部)歌ったか?

(フミヤ)受付だ。

[フミヤの母校 南筑高校は
ことしで 創立 100周年]

[東京オリンピック
女子柔道 金メダルの

素根 輝 選手も
出身という 文武両道の名門]

(フミヤ)これ 軽音楽部?
≪はい。

[軽音楽部の 欲しいもの
大盤振る舞いで お幾ら?]

[さらに…]

[久留米 最高級温泉に 爆泊まり。
いったい お幾ら?]

[久留米で
70万円 使いきれ]

[フミヤがいた
南筑高校 軽音楽部]

[部員 およそ 40人]

[プロから 声がかかる
メンバーも いるという 超名門]

(一同)すごい。 すげえ。

♬「遠ざかる雲を 見つめて」

♬「まるで 僕たちのようだねと
君が つぶやく」

♬「見えない未来を 夢みて」

(ヒロミ)何にも できない。
お笑い。

(尚之・フミヤ)♬「風に吹かれて
歩いてゆくのさ」

(フミヤ)♬「白い雲のように」

(フミヤ)部のTシャツ?
(生徒たち)欲しい。

(フミヤ)行ってみます?

(長谷川)先生。 ちゃんと
お休みだろうね? その日。

(澤部)行ってますね。

(フミヤ)フジテレビ。

(従業員)えっ? 何… 何…。

(ヒロミ)何で 急に?

(従業員)そうですね。 データで。

[素材は 綿。
使う色の数は 全部で 5色]

[オリジナルTシャツ
40枚 作ったら お幾ら?]

(従業員)納期は?
(フミヤ)納期は まず

俺が デザインを 上げなきゃ。

(フミヤ)ありがとう。

[後日 フミヤが デザイン]

[軽音部Tシャツ 爆完成]

(一同)♬「キャンドル・ライトが
ガラスのピアスに 反射けて 滲む」

(生徒たち)
ありがとうございました。

(長谷川)ホントに?

(長谷川)大丈夫?
(猪狩)多少 僕の意訳は 入ってる。

(猪狩)僕の中の おしゃれ解釈。

[久留米で
70万円 使いきれ]

(フミヤ)いきなり
こんな田舎に なるんだね。

(フミヤ)カフェ 行ってみよう。

(ヒロミ)止まれないのよ。
(長谷川)止まれない。

[イチゴで
どう 爆買いするのか?]

(フミヤ)そうなの?
形も 変わってんね。

(中村)そうです そうです。

(フミヤ)うまい うまい。

[四代目オーナー 中村さんが
経営する フルトリエは

梨や ブドウなど
フルーツ 一筋]

[100年以上 続く
久留米きっての 果樹農家]

[中でも 食べ比べできる
イチゴ狩りが 大人気]

(中村)食べていいですよ。
(フミヤ)いいっすか?

(長谷川)自然と。

(フミヤ)乾杯。

(中村)ありがとうございます。

(中村)ありがとうございます。
(フミヤ)ちなみに オーナー。

[取れたて フルーツを 使った
季節のスイーツも 堪能できる]

(フミヤ)こんにちは。

(フミヤ)ホント?

(女性)いや。 いいです いいです。

(松田)カッコイイ。

(従業員)すぐ 準備いたします。
(女性)ありがとうございます。

(フミヤ)すごいね。

いきますよね。

(尚之)食べ方が。

[ゴージャスな いちごパフェ
4人分と

イチゴ 20パックで お幾ら?]

お送りします。

(松田)すてき。

(従業員)恐れ入ります。

(中村)ありがとうございます。

(園児)おいしい。

(一同)ありがとうございました。

[久留米で
70万円 使いきれ]

(フミヤ)探して 電話したので。

(フミヤ)おっ。 ここですか。

[久留米で 最高級の すし店…]

(フミヤ)こんばんは。
よろしく お願いします。

(フミヤ)私の同級生。

(フミヤ)武田君は バンドマンです。
ベースを 弾いてます。

(フミヤ)ドラム。 ギター。

[伝説のバンド チェッカーズは

高校時代に
地元の 仲良しメンバーで 結成]

[そんな 伝説の メンバー 4人で
爆食い スタート]

(フミヤ)では それで。

(フミヤ)シャンパンか。

(ヒロミ)まあまあまあ。
そりゃ そうだな。

(一同)久しぶりです。
お疲れさまです。

(フミヤ)すごいな。

(尚之)デザインっていうか
そういう 生き物に。

[九州のねたを 使った
創作ずしが特徴の 甚六鮨]

[『ミシュランガイド』にも
掲載された 名店中の名店で

爆食いしたら
幾ら 使えるのか?]

(中島)クリュッグです。

(尚之)じゃあ どんどん
ビンテージに なっていく。

(フミヤ)すごいね これ。

[唐揚げとして 食べられ

ぱりぱり食感で
愛される 珍味]

(ヒロミ)うまそう これ。

(松田)おいしそう。

(中島)ちょっと 変わってますね。

(フミヤ)お金が 必要になっちゃった。
(武田)お金が…。

(フミヤ)だから バイトしなきゃ
いけなくなっちゃって

やめるって。
すごく 悲しい…。

(中島)車エビですね。
これ 長崎です。

(中島)どちらか
選んでいただいて。

(澤部)俺も ゆで。
(松田・長谷川)生。 生。

(中島)ちょっと 動くかも。

[さらに
九州は 佐賀県 唐津産の…]

[身をゆでて
かにみそと あえた…]

[国産 本マグロの
トロの手巻きを 爆食い]

(高畑)手巻き トロ。

[久留米
最高級の おすし屋さんで

一番 高いコースに
高い お酒も 爆飲み。 お幾ら?]

(中島)計算が 出ました。 はい。

(高畑)12万。
(長谷川)11万。 やっぱ だいたい。

(中島)ありがとうございます。
助かります。

(フミヤ)ごちそうさまでした。
素晴らしい パフォーマンスでした。

(中島)ありがとうございます。
緊張しましたけど。

[さらに この後 老舗のバーで

元祖 チェッカーズの メンバーと
シャンパン 2本を 爆飲み]

♬「その首筋に この首飾り」

♬「初めてなの 白い真珠」

♬「切れた首飾り」

(ヒロミ)俺の中で…。

(長谷川)なるほど。 確かに。
(澤部)そのトーンか。

(フミヤ)どっか 1カ所
失敗したな。

[久留米で
70万円 使いきれ]

(フミヤ)そこに 行ってみたいと。

[フミヤが 予約したのは

久留米 最高級の 温泉と
評判の宿]

(従業員)先に アルコール消毒
お願いします。

(従業員)こんばんは。
いらっしゃいませ。

(フミヤ)ここに 住んでた?

(フミヤ)何屋さんだったの?

(従業員)全てで 5室のみと…。
(フミヤ)5室!?

(フミヤ)何 これ?

(フミヤ)これ 何?
全部屋に 内風呂と…。

(従業員)造りは 違いますが
全てに 内湯と 露天風呂が…。

[田園地帯に ありながら
温泉が 湧き出る…]

[プライベートな空間を
存分に 楽しめる]

(フミヤ)ちょっと待って。
ここ抜きで 10万円ぐらいだよね?

(フミヤ)いけるでしょ?

[久留米 最高級の温泉宿
ふかほり邸で

一番人気の お部屋]

[豪華な 夕食 朝食付きで
いったい お幾ら?]

(澤部)これは 幾ら?

(澤部)そんなに?

(フミヤ)おはようございます。

(一同)えっ!?

(ヒロミ)ふかほり邸…。

[あと 2時間で 6万円。
さあ 爆買いフィニッシュだ]

[向かったのは ふかほり邸の
近くにある 高級酒造 杜の蔵]

(フミヤ)久留米って
日本で 3番目に 蔵が多い?

(森永)酒蔵が 多いです。

[九州一の 大河 筑後川を中心に
久留米市内には

古くから たくさんの酒蔵が
存在]

[豊かな水。 筑後平野の米を
利用した 酒造りが盛んな町]

(森永)こちらですね。

(森永)はい。 社名と同じ。

[6万円を超えれば
チャレンジ 成功だ。 お幾ら?]

(従業員)ありがとうございます。
お会計で…。

[あと 1時間半で 3万円。
どうする?]

[駅なかで
フィニッシュなるか?]

(野上)ちょっと 遠いので。
城島の方なんで。

(フミヤ)ちゃんぽんも
買ってみよう。

[さらに。 筑後うどん。 地元の
しょうゆなど 6商品を 爆買い]

[70万円 使いきり
成功 なったか?]

(フミヤ)えーっ。

(従業員)全部で
6, 468円になります。

[あと 1時間で 2万3, 000円。
フミヤ。 どうする?]

(フミヤ)こっから
そこら辺の 焼き鳥屋で…。

(フミヤ)焼き鳥も
有名だからね。

人口に対して 焼き鳥屋の数が
日本一に なったことあるから。

いいな。 焼き鳥 大好き。

(長谷川)寝てないっすよね。
(猪狩)へべれけで。

(フミヤ)ここだな。 六角道。

[もう 時間がない。 駅なかにある
焼き鳥屋さんで 勝負だ]

(フミヤ)今日も お集まりいただき
誠に ありがとうございます。

(フミヤ)豚の腸です。

(フミヤ)タタキ二種盛り
2個 頼んでみようか。

[久留米が 焼き鳥の町として
発展したのは

高度成長期 ゴム産業に
携わる人たちに

安うまの 焼き鳥が ウケたことが
始まりとも いわれている]

(フミヤ)最後 頑張って
焼き鳥 食ってください。

[元祖 チェッカーズで
焼き鳥を 食べまくれ]

(フミヤ)ドイツ語で 言ったの。
医学用語で。 「これ 腸だな」

そっから ダルムって。

(長谷川)好き。 うめえ。
(松田)香りが。 好き。

(高畑)おいしいじゃん。
(猪狩)おいしい。

(長谷川)ちょっと 塩が。
ちょっと 塩だけで この うまみ。

≪これが もも。
これが 久留米の…。

≪さざなみ。
(フミヤ)さざなみ。

久留米の さざなみ。
こりこりしてる。

[自前で育てた
久留米さざなみどりは

肉厚で ジューシー。
もっちり食感が 特徴]

[毎日 届く 新鮮な
こだわり素材を 堪能できるのは

直営店ならではの 特権]

(長谷川)出ました。

[還暦 間近の
元祖 チェッカーズが 食べまくる]

[タイムアップ間近にも かかわらず
オーダーは マイペース]

[野菜などを 豚肉で巻く串は

久留米で 生まれたとも いわれる
定番メニュー]

(フミヤ)うまそう。
これ しそ巻き。

[焼き鳥を 時間の限り
食べまくって 60本。 お幾ら?]

[そして 70万円
爆買い 達成 なったか?]

[1泊2日で 使った 総額は…]

[さらに 今 話題の…]

(菜々緒)健康ってどこから来ると思う?
(オカリナ)どこ?

ここ

胸?
ハートよ ハート

なるほどね~

(2人)ぷはぁ~
<サントリー新「オールフリー」>

(角田)≪メンチに「翠ジンソーダ」 推せる…≫
(桜井)推せる…!!

いたの?
勝手に飲んでんじゃねぇ!

えっ何それ
ん~! んーじゃなくてさぁ

(店員)≪「翠ジンソーダ」の缶です!
それもしかして もう流行ってんの?

まだ

<缶だよ。サントリー>

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイをつけても

(男性)臭くない!
「ソフラン ウルトラゼロ」

(新津)あの くり返し生える大変な

黒カビ掃除はもうやりません!
(聴衆)ウオー‼

《防カビは水を入れてポン!》

《銀イオンで丸ごと
防カビコーティング!》

2ヶ月に1度でキレイが続く!
♬~「お風呂の防カビくん煙剤」

(澤部)いや。 全然 あるよ。

(猪狩)一番 近い方だと…。

(長谷川)言い方 悪い。
「目 つける」って…。

(澤部)最終的に 樹君に
ぼこぼこに されるってこと?

[さあ 藤井フミヤが
地元 久留米で 使った 総額は…]

(スタッフ)69万4, 560円。

(フミヤ)最後の
焼き鳥屋で…。

(スタッフ)1万7, 930円です。

(フミヤ)ああ。
まあまあ 食べたね。

≪よう 使った。

(フミヤ)久留米って 何か 意外と
上位クラスのものが 多くて。

意外と いろんなものが
豊かな町なんだなって

驚きましたね。 久留米人として。

[続いての…]

[数々の メジャーCMでも
活躍する 令和のスター]

(栞里)見てた 見てた。

[早速 爆買い金額を 決定]

(杏奈)30万円。

(中山)若い子は 30から?
(澤部)最年少チャレンジャーなんで

30万から。

[爆買いの舞台は
東京23区の 北西部に 位置し

埼玉との県境にある…]

[物価が安く 家賃も お手ごろ]

[下町の風情が残る
昔ながらの商店街も 充実]

[そんな 東京屈指の激安タウンで
30万円 爆買いなるか?]

[まずは…]

(杏奈)すごい 有名な…。

(杏奈)今日は ホント…。

[訪れたのは
創業 72年の 和洋菓子店…]

[名物の…]

(間宮)もう 人気で?

[石田屋の どら焼きは
手作りのため…]

[毎日 開店前から
行列ができるという

名物の どら焼きが こちら]

[北海道産の アズキを使った
たっぷりの つぶあん]

[さらに…]

(澤部)即 売り切れる。

(栞里)おおー。 いった。

(杏奈)バターまんじゅう。
おいしそう。

[バターを
ぜいたくに使った 生地で

白あんを包んだ 洋風まんじゅう]

(杏奈)私は これです。

[家族と スタッフに
スペシャル 和洋菓子セットを

50セット 爆買い。
いったい お幾ら?]

(杏奈)1万4, 000円。 はい。

[続いては…]

(杏奈)もしもし?
(キミエ)もしもし。

(杏奈)スピーカーです。

(杏奈)何がいい? 何がある?

(杏奈)見てみるわ。

[板橋区の 人気店]

(従業員)びっくりキムチ。

(杏奈)おいしそう。

[あまりの おいしさに
驚いた お客さんが 命名した…]

(栞里)おいしい。

(澤部)ネギと ハクサイ。
ごま油が めちゃくちゃ 効いてる。

(中山)でもね 辛いから
甘ったるくない。

(栞里)確かに。

[さらに…]

[お店自慢の サムゲタンも
爆買い]

(間宮)すごいよ。

[本場の味を 次々と 爆買い]

[合計 18点で
いったい お幾ら?]

[さらに 板橋区内の
学校給食用のパンを

およそ 半分も 作っているという
パン屋さんで…]

(杏奈)めっちゃ 安いですよね。

[焼きたてパン 5つ
爆買い]

[続いては…]

[板橋区 最大の商店街で…]

(杏奈)そうですよね。
そうですよね。

(杏奈)そうですよね。

(杏奈)ホントに…。

[すると…]

(絹江)食べてみぃ。

(杏奈)食べたい 食べたい。

(杏奈)一緒に 食べましょ。

(杏奈)違います 違います。

(杏奈)すいません。
ありがとうございます。

[板橋マダムが
爆おごりしてくれたのは…]

[和菓子屋さんの
手作り おにぎりは

ふっくら もちもち 食感]

[ありがたく いただきます]

[スタートから 2時間で
まだ 3万円]

[さあ どうする?]

(杏奈)うなぎ屋さん?

(杏奈)すいません。

すげえ カワイイっすね。
(長谷川)カワイイな。

[板橋区で
30万円 使いきれ]

[訪れたのは…]

[街の人 おすすめの
うなぎ店で…]

(杏奈)おいしそう。

(杏奈)ホントですか?

[ごり押し 爆注文]

(杏奈)いきます。

(杏奈)ホントに ぜいたくですね。

[たれつけと 焼きを
3回 繰り返し

秘伝の たれを しっかりと
染み込ませるのが

やまがた家の かば焼き]

[そんな
極上うなぎを…]

[さらに 別皿の…]

[爆ペロリ]

[女性初という
かば焼き 4枚 爆食いで

いったい お幾ら?]

(杏奈)6, 400円。
ありがとうございます。

また 食べに来ます。
ありがとうございます。

ごちそうさまでした。

[さらに…]

[商店街の 金物屋さんで…]

(杏奈)サービスしないでください。

[さらに 黒毛和牛が
一番 お高い お肉屋さんで…]

[そして 弟の就職祝いを
買うために 時計屋さんへ]

[弟に 相談すると…]

(従業員)ありがとうございます。

[板橋区で
30万円 使いきれ]

[訪れたのは 洋菓子店…]

(杏奈)ありがとうございます。

[オーナーの 日さんは
何と…]

[世界の舞台で 戦った
パティシエの ケーキって お幾ら?]

(日)カラフルな種類
選べますね。

(杏奈)一文。

(日)今まで…。

[ということで…]

[さらに…]

(杏奈)そうなんですよ。

(間宮)ありがとうね。

(間宮)お肉?

[パティシエ 日本代表の
爆カスタマイズケーキ]

[いったい お幾ら?]

(角田)≪メンチに「翠ジンソーダ」 推せる…≫
(桜井)推せる…!!

いたの?
勝手に飲んでんじゃねぇ!

えっ何それ
ん~! んーじゃなくてさぁ

(店員)≪「翠ジンソーダ」の缶です!
それもしかして もう流行ってんの?

まだ

<缶だよ。サントリー>

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

(間宮)島崎 藤村 不朽の名作
『破戒』が 60年ぶりに

映画になりました。 僕は
自分の生い立ちに 悩みながら

最後に ある告白をする
丑松役を 演じています。

映画 『破戒』は
7月8日 公開です。

ぜひ 劇場で ご覧ください。

[パティシエ 日本代表の
爆カスタマイズケーキを 爆買い]

[いったい お幾ら?]

(従業員)ありがとうございます。
3万7, 220円 お預かりします。

[板橋区で
30万円 使いきれるか?]

[石井が 予約したのは
創業 22年 高級ずし店の…]

(2人)お願いします。

(杏奈)ありがたい。

[初めての 高級ずし店で
幾ら 使えるのか? まずは…]

(一同)うわ。 うわ。 すごい
いっぱい ある。 盛り合わせ?

[板橋ガールズが パクリ]

(杏奈)脂が いい感じに 乗ってて。

[さらに…]

(杏奈)いただきます。

[ここで…]

(従業員)本マグロの 中落ち。

[他の部位にはない 濃厚な
赤身の うま味を 味わえる]

[次から次に 現れる
初めての 高級ずしを

同級生 3人で 爆食い]

[ここで…]

[石井 杏奈。 古里 板橋区で
30万円 使いきれたか?]

[次回…]

[古里 札幌に 凱旋]

(間宮)私が出演する ドラマ
『魔法のリノベ』が

18日 月曜 夜 10時から
スタートします。

住宅リノベを通して
依頼人すら 気付いていない

家と家族の問題を
解決していく

人生再生リノベーション
お仕事ドラマです。

ぜひ ご覧ください。

[石井 杏奈。 古里 板橋区で
30万円 使いきれたか?]

(杏奈)ジャン。

(スタッフ)21万8, 077円です。

(2人)惜しい。
(杏奈)ありがとうございます。

(杏奈)7万4, 000。
あんなに 食べて?