所さんお届けモノです!【有名観光地の隣町はスゴイ★秩父市の隣町で夏満喫】[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

所さんお届けモノです!【有名観光地の隣町はスゴイ★秩父市の隣町で夏満喫】[解][字]

有名観光地は実は隣町も面白い!今回は自然豊かな秩父市の隣町「小鹿野町」をお届けします▼自然豊かな夏の超穴場スポットにはなんと所さんのお母さんが愛したお店も発見!

詳細情報
出演者
【MC】 所ジョージ 新井恵理那 田中卓志(アンガールズ)
番組内容
埼玉の有名観光地・秩父市といえば美しい芝桜や荒川渓谷、長瀞町といえばかき氷にライン下り…まさに大自然を満喫できる人気スポットですが、実は隣町「小鹿野町」もすごかった!町を歩いていて遭遇したのが、バイクの手入れをする男性。なんと所さんの大ファンで「〇〇ベース」の自作ロゴまで!
番組内容2
★実はバイクの町として売り出し中の小鹿野町。バイクで訪れると様々なサービスもあるそうです。バイクに乗せていただき穴場紹介ツーリングへ出発!大自然を満喫です。小鹿野町には夏には欠かせない、冷たい絶品グルメもあるということでスタジオにもお届け!なんと所さんのお母さんの意外な思い出話も飛び出しました!
番組内容3
★さらに意外にもこちらが発祥という超人気グルメや、元力士が営む温泉宿など見所満載の小鹿野町。スタジオにはえっ、日本でもこれが採れるの?カナダじゃないの??という驚きの逸品をお届けします。パン屋スイーツに欠かせない絶品グルメにスタジオも大満足!所さんもいいね!と喜んだ隣町、小鹿野町の魅力をたっぷりお届けします!
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/otodokemono/
◎この番組は…
土曜の朝を所さんと楽しく!週末にすぐいける楽しい情報も満載です。
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 小野
  2. 多賀谷
  3. 小鹿野町
  4. バイク
  5. ホント
  6. 店員
  7. シロップ
  8. 秩父市
  9. 魅力
  10. 隣町
  11. 今日
  12. 多賀谷ベース
  13. 甘酒
  14. 宮本
  15. 国産
  16. 黒蜜
  17. 今回
  18. 大丈夫
  19. お店
  20. カフェ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
¥1,900 (2022/08/14 09:02:13時点 楽天市場調べ-詳細)

<日本に数ある有名観光地>

<その隣町に
ちょっと足を延ばして…>

<…など 知られざる魅力を
発見する この企画>

(所)しかも すいてるしね。

<今回 調査するのは
埼玉県の…>

(田中)秩父の隣。

<秩父市といえば
武甲山の麓に広がる

一面ピンクの じゅうたんが
美しい…>

<荒川渓谷の絶景の中

日本初のバンジーブランコが
体験できたり

魅力が満載>

<さらに ちょっと先の
秩父郡…>

<上質な天然の氷で作る
ふわふわ かき氷や

100年以上の歴史を持つ
定番のライン下りなど

自然豊かな避暑地として
大人気スポット>

落ちたとこ 俺が。

<今回は そんな…>

<果たして…>

おはようございます! 小鹿野町。

でもさ 秩父に囲まれてるから
秩父の真ん中ったら真ん中だよね。

そうでしたね。

今まで…。

嵐山に負けない竹林
これ。

これ 全然 嵐山に
負けてないですよ。

ねっ。
すてきな写真も撮れたりね。

人も いないから…
撮ってましたね。

薮崎さんなんだよな でも
行ってんのが。

いいじゃん。
何か違うんだよな。

この嫌がられ具合。

<秩父市や長町より
楽しい!?>

<夏を満喫できる
隣町 小鹿野町を大調査>

<今回 調査するのは

有名観光地 秩父市の隣町

埼玉県 小鹿野町>

<実は 小鹿野町には
鉄道の駅がなく

秩父市にある
西武秩父駅が最寄り駅で

車で30分ほどの
距離なんです>

<まずは…>

エンジン音?
バイク?

(小野)人がいました。

(小野)おはようございます
お話 伺ってもいいですか?

(多賀谷さん)大丈夫です。
(小野)大丈夫ですか?

あぁ! あっ そうですか!

(小野)あっ そうなんですか。

(小野)所さんに謝りたいこと?

(多賀谷さん)ちょっと パクリで。
(小野)あっ 所さんの!

いいじゃん! 面白いじゃん。

(小野)多賀谷っていうのは
この場所ですか?

(多賀谷さん)名前なんですよ。
(小野)名前? あっ ホントだ。

(多賀谷さん)一応 あの…。

そうです そうです。

SETAGAYAの「SE」に
バッテンしときゃいいじゃん。

あぁ! で 「TAGAYA」残して。

(多賀谷さん)
このスタイルじゃないけど。

(小野)あっ 所さん! すいません。

ハハハ!

<そんな
所さん大好き 多賀谷さんに

小鹿野町の魅力を聞いてみると>

(小野)バイクの町?

(小野)小鹿野町って
バイクの町なんですか。

<以前は ツーリングに
来る人にとって 小鹿野町は

群馬に抜ける ただの通り道でしか
なかったそうなんですが

せっかくなら 立ち寄って
休憩してもらおうと

バイクで行くと
楽しい町に>

<バイクで訪れた人にだけ

オリジナルサービスを
提供するお店や

こちらのカフェでは

年代物の
超貴重なバイクを眺めながら

コーヒーが楽しめちゃうんです>

(小野)私 バイクって
乗ったことないんですけど…。

(小野)あっ そうなんですね。

えっ 後ろに?
(多賀谷さん)いいですよ 乗って。

ホントですか?
ありがとうございます。

<ということで
バイクに乗りながら

多賀谷さんに 小鹿野町の魅力を
案内してもらいましょう>

(多賀谷さん)
両手で 手を回してもらって。

(小野)アハっ!
これで もう いいですね。

(多賀谷さん)
これで もう大丈夫です。

(小野)これで いきましょう。
(多賀谷さん)はい これは もう…。

(小野)よろしくお願いします。
(多賀谷さん)ツーショットで。

(小野)いってきま~す!

多賀谷ベース 出発!
いいですね。

(小野)すごい!

(小野)うわ 結構…。

(小野)すごい これは…。

(多賀谷さん)最高な気分でしょ。

ここがね…。

(小野)えっ 何で有名なんですか?

(小野)
あっ ここ そうなんですか。

(小野)おぉ~ 川 川! 川だ。

(多賀谷さん)子供たちが夏休みね
つかみ捕りしたりね。

めっちゃいいじゃん。

新井ちゃん…。

探さなきゃですね 今すぐ。

(笑い)

<小鹿野町の自然を満喫しつつ
到着したのは

多賀谷さんのオススメスポット>

<夏にピッタリな
場所だそうですが>

ちょっと怖そうじゃないですか?

(多賀谷さん)はい 大丈夫です。

(小野)
滝が2連になってるんですね。

(多賀谷さん)上から ず~っと
きてるんだけども。

(小野)きれい!

(小野)気持ちが落ち着きます。

<こちらの…>

<涼むのにピッタリな場所>

(小野)
ここから すごい きれいです。

(小野)すごい きれい!

あんまり…。

(多賀谷さん)ですね。

すごい きれい。

(小野)うわ~!

気持ちいいですね これ!
(多賀谷さん)冷たっ!

(多賀谷さん)冷たい。

<そんな…>

(小野)氷柱。
(多賀谷さん)みんな作るんですよ。

周りの自然を生かして。

<そう 冬になると

こんな大迫力の絶景に>

<この絶景を見るために…>

これ すごいっすね。

これ すごい。
めっちゃすごいな。

(多賀谷さん)自然の中で
また コーヒーでも飲めば最高。

(小野)そうですね。

<愉快な多賀谷さんとは
ここで お別れ>

<さらなる
小鹿野町の魅力を求めて

中心部で調査再開>

<老舗のお菓子屋さんに
お邪魔すると>

(小野)すいません 失礼します
突然 すいません。

(店員)はいはいはい。

(店員)
手前みそで すいませんけど

オガノコイシっていうお菓子が
小鹿野町にはあります。

(小野)オガノコイシ
このお菓子ですね。

(店員)山芋が練り込んであって

しっとりした
ふわふわした食感で。

(小野)いただきます。
(店員)どうぞ。

(小野)うん!

(店員)ありがとうございます。

(店員)っていうのが 今…。

(店員)ビシャモンゴーリ。

<ビシャモンゴーリとは 一体?>

<早速 教えてもらったお店を
訪ねてみることに>

(小野)あっ ここのお店ですかね?

観音茶屋って書いてあります。

<やって来たのは…>

<実は ここ
地元の方は もちろん

県外からも多くの人が訪れる
大人気店なんです>

<皆さんのお目当ては

江戸時代から変わらない
手打ちの技が光る…>

<何でも ある方も
大好きだったそうで>

誰?

昔の話になるんですが

所ジョージさんの…。

お母様!

(小野)所さんのお母様ですか?
(關口さん)そうなんです。

えぇ~!
そうなんですか。

行ってた 行ってた!

なんていう話を よく 従業員に。

<そんな…>

(小野)氷のことなんですか。

(小野)あっ かき氷!
かき氷なんです。

<この湧き水を求めて 遠方からも
多くの人が訪れるんです>

(小野)結構 たくさん
くんでらっしゃいますね。

(男性)大体ね そうだね…。

(小野)25年も
通ってらっしゃるんですか!

(男性)
そうです もうリピーターです。

(男性)まず 水道水では出ねえな。

<そんな
口当たりのよい毘沙門水を

24時間かけて凍らせ…>

<…に仕上げる 毘沙門氷>

<シロップは 小鹿野町で採れた
果汁たっぷりのイチゴや

ブルーベリーが定番ですが

中でも人気なのが

なんと トマト味のシロップ>

いただきます。

ん~!

(關口さん)はい。

(小野)あと…。

<さらに…>

(小野)えぇ~ 何か…。

何だ?

フフフフフフフ。

(關口さん)ありがとうございます。

<びっくりする おいしさ>

アハハハ いいっすよね!

<秩父市の隣町 小鹿野町 自慢の
夏グルメ 和風の毘沙門氷とは?>

何だと思う? 和風っつってたよ。

和風。

どう?
ハハ~ めんつゆ氷。

そば ありました…。

そば粉。
そば粉で作ったシロップ。

何だろな 驚くもの?

あっ! 何で当たるんすか?

ということで 今日は
所さんと新井ちゃん それぞれ…。

まず 所さん こちら。

おっ 小豆もある。

それが きな粉のシロップで
きな粉も かかってるんですよ。

ここにね。
はい こちらが 観音茶屋で…。

あっ これが 黒蜜で
これが あんこってことね。

…と 自家製の黒蜜と小豆を

お好みでかけて
召し上がってください。

初めは何だか分かんないから
きな粉だけ いってみようかな。

はい きな粉 はい。
はい。

うわうわうわうわ。

ちょっと やっぱり なかなか
聞いたことないですよね。

アハハハ いいっすよね!

新感覚 こんなに合うかって…。
どんな感じですか?

へぇ~。
で すぐ溶けるから 何か…。

うまい! これ 黒蜜?
はい 黒蜜。

合いそうですね
小豆も合うんじゃないですか?

うん。

あ~ そうでしょうね。

あっ これは いいわ。
うわ~。

そうですか。

<そして
新井ちゃんには なんと

甘酒のシロップのついた
こちらのセット>

<麹から手作りした
やさしい甘酒ですよ>

えぇ~! かき氷に甘酒?

冷たい甘酒 おいしいもんね。

ホントに うまいんだよ
お米の匂いがしてね。

ホントに お米の匂いがするんだよ
それ うまいよ。

いただきます。

ん~。

かなり やさしいよね。

あと 氷が一気になくなるでしょ。
はい!

きな粉 びっくりするよ
ホントに おいしいよ。

ホント。

うまいよね。

おいしいよね。
きな粉シロップ…。

きな粉の…。

これ 氷が うまいんだって。

これ 最高な組み合わせですね。

日本の和のおいしいところ
全部 入れた感じ。

いや でも これ全部一緒に
なったら どうなるかなって。

アハハ いただきます。

あと 今日はね あそこに…。

うちのお袋 智江っていうんだけど
智江ちゃんが行ってたと思うと

あいつ 遊んでたな~と思って。

あいつも 「これ うまい」とかって
言えよ 俺によ。

それは聞いてなかったんですね。
一切 こんなこと言わないんだよ。

<引き続き 小鹿野町で
聞き込みをすると

町の魅力が まだまだ>

<ということで

知られざる小鹿野町の名物を
ランキングで発表>

<まずは 第3位>

(小野)
ちょっと やり過ぎちゃった。

(女性)ちょっと やり過ぎた。

<今や秩父名物という
わらじカツ丼>

<その元祖が
こちらのお店なんだそう>

<…ができる 人気の名物が

こちら>

<病みつきになる逸品です>

<第2位は>

(小野)温泉も いいんですか?

(小野)あっ そうなんですか
お相撲さんですか。

<早速 その温泉宿に
行ってみると>

(宮本さん)いらっしゃいませ。
(小野)よろしくお願いいたします。

(宮本さん)そうです はい 私が…。

<実は この方 大相撲…>

<…とは 同期だったことから

宿泊にも訪れる
旧知の仲なんです>

<それでは 宮本さん…>

(宮本さん)こちらの旅館は
唯一無二 力士の宿でございます。

夕食では 本場 ちゃんこ鍋が
食べられます。

有名観光地 秩父市や 長町に
負けないくらいの温泉と

本場 ちゃんこ鍋がありますので

ぜひ 宮本家にお越しください
どすこい!

美肌効果。
今の…。

ねっ きれいでしたね。
行ってみたいです。

<栄えある第1位は>

(小野)すいません こんにちは。

(女性たち)こんにちは。

え~?

…かもしれないです。

<ということで
こちらのカフェで作っている

国産は超珍しい 甘~い逸品を>

<所さんお届けモノで~す!>

何だろうな。
国産の。

ちょっと
これ 珍しいんですけども。

超貴重な 甘い逸品ですかね。

国産が珍しいっていう
話だったので…。

とか どうですか?
あ~。

あ~ ちょっと違います。
えっ 甘いもので?

開けてみますか。
はいはい 開けましょう。

あら?

シロップ。
そうです。

メープルか!

説明書によりますと こちらは

小鹿野町にあるカフェ
MAPLE BASEが

製造 販売している…。

<小鹿野町がある 秩父地方では

7種類のカエデから

樹液を採取するため

香り豊かで 深い味わいに>

<手間暇かけて作った…>

<今回は 食パンに かけて
いただきましょう>

たっぷり かけていいですよ。

あっ でも 意外と これ
煮詰めてあるね。

思ったより さらさらしてます。
あぁ どうぞ。

うん。

やっぱ この香りが
国産の香りですよね。

うまい。

うまっ。

後引くよね。
うまいよ これ。

ハハハハ。

私が一番で早起きだから
早く起きるじゃん。

そうすると
このイギリスパン焼くじゃん。

今 バター塗って ホントに
メープルかけてるから 朝みたい。

確かに…。

…っていう感じしてきます。

ないけど。
ある人みたいな。

世田谷ベースじゃない…。

多賀谷ベースかな?

いや~ おいしかったですね
今日の隣町。

今日の隣町 おいしかったですね
感想 おかしいだろ。

所さんも 多賀谷ベースに ぜひ。
何が?

帰ってみてくださいよ
多賀谷ベースに。

今日は 世田谷ベースじゃなくて

多賀谷ベースに帰ってきちゃった
って。

多賀谷さんが…。

今 1人だけだよ 茶の間で
ウ~!っつってんのは。