夏の超特大さんま御殿!浴衣女が火花バチバチ&激アツ家族集合SP[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

夏の超特大さんま御殿!浴衣女が火花バチバチ&激アツ家族集合SP[字]

宇宙飛行士・野口聡一がJAXA退社後初のバラエティー番組参戦!ゴクミ&アレジの息子は初登場でイジられまくり!?大河ドラマで話題の坂東彌十郎が息子とテレビ初共演!

出演者
明石家さんま/坂東彌十郎、坂東新悟、原晋、原美穂、中岡創一、中岡きみ子、菊田竜大、和泉杏、イワクラ、岩倉清志、ゆうちゃみ、ゆいちゃみ/犬飼貴丈、岡副麻希、上國料萌衣、高野麻里佳、小林陵侑、JP、ジュリアーノ・アレジ、高橋茂雄、滝沢カレン、野口聡一、ヒコロヒー、モグライダー/青木美奈実、浅田美代子、大久保佳代子、花乃まりあ、坂口佳穂、渋谷凪咲、鷲見玲奈、生見愛瑠、野口啓代、星乃夢奈、丸山礼、美村里江
番組内容
宇宙遊泳中はオムツだった!野口聡一が明かす壮絶な宇宙生活とは?北京五輪金メダルの小林陵侑がレジェンド葛西のモノマネ披露&JPはアノ人のモノマネでお笑い怪獣と奇跡の共演!?美村里江が忘れられない超ムカついた男とは?青学・原監督のダメな一面を妻が大暴露!イワクラの父がゆうちゃみ姉妹に大コーフン!?何かバレた?犬飼貴丈が突然の電話に動揺!渋谷凪咲は未だに親と川の字で寝ている!?話題の美しすぎる地方アナ初登場!

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 高橋
  2. 中岡
  3. 野口
  4. お前
  5. 今日
  6. ホント
  7. JP
  8. 自分
  9. ヒコロヒー
  10. 菊田
  11. お父さん
  12. 全部
  13. 彌十郎
  14. 一緒
  15. お願い
  16. お母さん
  17. マネジャー
  18. 宇宙
  19. イワクラ
  20. サチコ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/09 14:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

<『さんま御殿‼』…>

<総勢37名の超豪華ゲストが
夢の共演!>

<さらに!>

(笑い)

<まず 1組目は…>

<そして…>

♬~

(さんま) よろしくお願いいたします。

(拍手)

もう アカンよな。

歌舞伎の世界と お前らが
一緒に映ったらアカンねん。

何の これ 比べ合いやねん これ。

どうも すいませんね。

息子さんは おいくつで
いらっしゃるんですか?

僕が 今 31歳で。
貫禄あるな。

中岡 お前 いくつになった?
(中岡) 今年 45です。

うわ!

日焼けして
ロケばっかり行きやがって。

(中岡) 一年中 皮 めくれてます。
せやろな。

日焼けのせいで?

いや そんなことはないですよ
そんなことないです。

何?
ちゃんと お辞儀せぇよ お前。

どうも すいません。

(笑い)

絶対 頭頂 見せないんですよ。

それで お母さん
5年ぶりらしいんですけども。

お父さんは
何回か出ていただいて。

クッション中岡は 元気?

(中岡) よく覚えてはりますね!
当たり前やがな。

オトンが よう出させてもらってて
ねぇ あだ名が クッション中岡。

ちょっと 話が こうなって来たな
と思うと「クッション」って言うて。

話のクッションに
使ってたんですよ。

その後 親戚中から もう 正月の
集まりは クッションって呼ばれて。

お母さんは おいくつで
いらっしゃるんですか?

(きみ子さん) 13になりました。
えっ?

13に。
あっ ボケました。

ボケましたので 「13」っていう
ボケですね おもしろいですね~!

おもしろない!
(菊田) おもしろいかな?

(中岡) 今日ね 何か知らんけど
やる気満々なんですよ。

背中 背もたれに
つけてないんですよ。

臨戦態勢なんですよ。
(菊田) 若手芸人じゃないですか。

若手の やる気満々や。

お母さん すいません 次からは
25~26にしていただけますか?

前 出させていただいたのは
さんまちゃんの還暦の時に…。

そうか。
出させていただいて。

私は もう 60…
還暦から13年たちました。

あぁ~ そういうことで 「13」。

複雑なボケでしたね~。

お母さん 無理はなさらないで。

そして 坂東さんのとこは
え~ もう 初めて 息子さんが。

もう 結婚は
してらっしゃるんですか?

(新悟) まだです。
あっ まだ。

まぁね 子供ができたら
どうせ 歌舞伎の世界…。

え~… あっ 入れたくない?

そうですね 僕は まぁ どう…
大変なので。

すいません 男の子で
入ってない人もいるんですか?

歌舞伎の世界って。
(彌十郎) います います。

あっ そう はぁ~。

(彌十郎) 聞いたんですよ
やるか やらないかって。

彼は 「やる」。
(彌十郎) 「やる」って言った。

でも 息子には させたくない?

まぁ そうですね 僕が どこまで
サポートできるか分からないので。

はぁ~ そうか
そういう世界やもんね。

われわれ 分からない大変さが
あるやろうけどもな。

そして 原夫妻 奥さんは
この番組 初めてなんだ?

初めてです。
やっぱり 2年ぶりの優勝

うれしかったでしょ ちょっと…。

(原) ずっと勝ってる時は
当たり前のように

だんだん なって来るんですけども
負けて 勝つ時の この喜びは。

また違う?
違います それも2回目なんです。

4連勝して 負けて 勝って
負けて また勝ったんでですね。

たった でも2回だけなんでしょ?
監督やってから負けたのは。

勝つまで
11年は かかってるんですよ。

ホントは
11年 勝ってなかったんだ。

就任11年目に勝って
4連勝して

負けて で 勝って

また負けて また勝ったという。
はぁ~!

カスタネットみたいな
やり方なんだ。

≪リズム リズム≫

打って 休んで 打って 休んで。

打って 打って 打って
休んでやから。

はぁ~ 奥さん やっぱり
横で ずっと見てらっしゃって。

(美穂さん) はい。
どう? つらかった? やっぱり。

つらいとかは
あんまり ないんですけど。

何じゃ それ。

まぁ なるようになるさ
って感じなんで。

こういう奥さんやから…
ですよね。

いろんな子供たちを
見て来られてるんですもんね。

あんなんが来るんでしょ?
あんなんが。

(ゆうちゃみ)ギャル いいです めっちゃ
ギャル いいです。

君らぐらいの年代のヤツが
来んねんからやね。

いえいえ もう 面接でアウトです。
アウト!

何で?
おかしい おかしい おかしい!

当たり前や
アウトに決まってるやろ!

どこでセーフになろうと
してんねん。

女子マネジャーが
今年 もう 15人も

応募 来てくれましてですね。
はぁ~。

そこを大体 2~3人に
絞って行くんですけども。

彼女ら2人が来ると もう アウト。

アウト~! アウト~!
(ゆうちゃみ) 何で?

当たり前やないか お前。
何で? ギャル かわいいのに。

そして 菊田のところは
え~ ご夫婦で。

ありがとうございます。
今日 奥さん 衣装が

ちょっと
ホワイティー過ぎないですか?

(和泉) ありがとうございます。

おしゃれにして
来られたんじゃないの? 今日。

(和泉) そうなんです
爽やか夫婦を演じるために。

「爽やか夫婦」。

でも 白と白で かぶってしまって
すみません。

かぶってへんちゅうてんねん。

奥さん もともと芸人やもんね
今も芸人か。

(和泉) そうです 今 ちょっと
子育てメインになってますけど

芸人で。
相方は待ってくれてるわけだ。

(和泉) 相方は
3か月の赤ちゃんがいます。

あっ 2人とも 産休に入ってるの。
はい。

はぁ~ そうか そうか
ほんで いつカムバックするの?

ど~れぐらいですかね?

誰に聞いてんねん!
(笑い)

寮母さんに。

いろんな技… 技 覚えて来たね
いろんな技。

菊田 お前…。
腕 上げてます。

お前が やれ それを!
お前が やる気ないからやねんな。

僕の腕は ずっと変わらないです。

そして イワクラ… あぁ そうか
イワクラというのは本名やから。

そうです。
お父さんも 岩倉。

おもしろそうな。
(中岡) いいですね。

さんまさん 大好物。

見た目は大好物。
(笑い)

お父さん 今日は どちらから
来ていただいたんですか?

(清志さん) 宮崎ですね。
はぁ~ 宮崎から。

4時に起きて。

いや 知らんけども。
(中岡) 「知らんけども」じゃ ない。

4時に起きて
来てくださったんですよ。

いやいや 4時に起きんでも
ええやろ ほいで。

何時の飛行機ですか?

飛行機は~… 10時。

ほんだら 9時でええやろ!
(笑い)

4時に起きたって
みんなに言ってて

すごい 何か 自慢してるんです。
空港に行くまでに…。

そんな かかりますの?
(清志さん) かかります。

バスで2時間半。
ウソやん。

そうです そうです。
マジで?

バス1時間なのに
ちょっと盛ってるんです。

≪何で盛るんですか お父さん≫
変な盛り方。

クッションとは
ちょっと違うタイプや。

盛るの 下手ですね。

「盛るの 下手ですね」
言うてる場合ちゃうねん。

さぁ このテーマからです どうぞ。

(父) うん?

(母) ねぇ。

(母) 何?

(父) うん。
(カメラのセルフタイマーの音)

(カメラのシャッター音)

まぁ 写真自体が
もう 時代が違い過ぎてるから。

俺ら 貴重な1枚やったからな
俺らの時代。

そうですよね?
(彌十郎) そうですね。

フィルム もったいないからって。
ミスが許されない。

今や もう 何万枚って あれ
保存できんのやろ? ケータイな。

あっ そやわな。
はい 私も 写真のフォルダー

10万枚あります。
ケータイに?

それは見ないやろ?
見ます。

思い出をこうやって見て
「懐かしいな~」みたいなのが

今のZ世代です。
Z世代なのか。

はっ すごい 10万枚も。

消したらええやんか
もう 見ない…。

消せないんですよ ホントに。

皆 そう言うねんけど
何で消せないの?

例えば 元彼の写真とか
絶対 消さないです。

何で?

(ゆいちゃみさん)
思い出は やっぱ 残しときたい。

また会いたいなとは
思わないのやろ?

(ゆうちゃみ) ならないです。
なぁ。

男は なんねん。
アハハ。

なぁ 中岡。

(中岡) ちょっとだけね
ちょっとだけですよ。

イワクラは?
(イワクラ) うわ… 残してます。

元彼とかは残してます。

(ゆうちゃみ) ギャルだ。
ギャルだ。

1回 削除のボタン 押すんですけど。
(ゆいちゃみさん) あぁ~!

(笑い)
(中岡) ギャルなん ギャルなん。

1回 削除の ゴミ箱みたいの
押すけど…。

えっ 何? お前ら
何をそう のたうち回ってんの?

何が?

写真 消去するんですよ 1回は
別れてから。

でも 最近の消去したところから
復元しちゃうんです。

えっ?
(イワクラ) すげぇ ホントに…。

消去して復元できるの?
(ゆうちゃみ) 復元できます 今。

「うん うん」って
知ってらっしゃいます?

知らないんですか?
知らん おぉ!

知ってるんですか!?
(彌十郎) 知ってますよ。

(中岡) じゃあ 1回 消したやつは
ホンマは残ってんの?

ということや。
(中岡) ホンマは残ってんの!?

さんまさん ヤバいですよ!
(ゆうちゃみ) 気を付けてください。

俺 今 ドキドキしてんねん。

(中岡) 1回 消したのに。

お父さん
もちろん 知らないですよね?

そんな 復元できるって。

削除も… えっ? えっ?

(笑い)

今 何 紹介しようとした?

(中岡) ギャルに テンション
上がった おじさんみたいな。

あっ ギャルは やっぱり
あんまりね 田舎には…。

いないです。
いないから 珍しいから

質問してんのに…。

(笑い)
(中岡) 「珍しいもん見た!」。

「あれを見ろ」じゃないんですよ
俺 質問してるんですよ。

あの 見てて
何の話 してたか 忘れました。

そうか。
(清志さん) 何の話なんですか?

えっ?
何の話?

何の話? 空港で遅れた話。

(笑い)
(中岡) そんな話 ちゃいますよ。

まずは 原さんからだ
お願いします。

業務上の立場や ルールを

家庭に持ち込むと
必ずケンカになるんですよ。

まぁ われわれ夫婦は
監督であり 寮監であり。

寮監であり。
で 妻は寮母なんですね。

同じ屋根の下で 学生40人と

入り口 一緒で 共同生活してます。
はい。

入って すぐ左側が 扉1枚で
われわれの夫婦の家なんですね。

はぁ~! そうか
たった 薄い え~…。

あっ 「薄い」言うたら
失礼ですけど。

(原)
開けた瞬間に もう 家ですから。

出たら 監督 家に帰ったら 旦那。
(原) そうです。

で 威張って その勢いよく
ミーティングなんかでも

このルールで行くぞ!とか
お前たち こうしろ!って言って

終わって 帰って
その勢いで 家に帰って

「美穂 お前も こう やれよ!」
って言った途端に

「あなたね ここ 家だから
部じゃないよ」と。

「私は あなたの下なんかじゃ
ありませんからね」。

そうか! うわ~!

だって 外で あんだけ
威張らせてあげてんだから。

「威張らせてあげてる」。
何か 外でも威張ってるから

うちでも威張りたいっていうのが
もう ありありと出てるんで。

「ありありと出てる」。
そうはさせないぞ みたいな。

さすがやな
で まぁ 時代もあるし。

昔の男はね お母さん
やっぱ 威張りたい。

会社 退職で。
一応 うちの… 社長なんですよ。

もちろん もちろん。
はい。

もう クッションは もう うちでは
もう 下のほうです。

ハハハ ホンマのクッションに
なっちゃったんですね。

尻に敷かれてるんだ。

いや ホントに ホント
家 帰った瞬間 オカンに

「足 洗って来い!」って
風呂場に行かされます。

社長が?
(中岡) 社長が。

お前のとこの奥さん
強いねんもんな。

でも 何か 『キングオブコント』
優勝して 売れて

後輩たちにも やっと 胸
張れるようになったからなのか

家に帰って来ても
「ちょっと ごはん

お代わりもらおうかな?」
とか言うんですよ。

いつも 「すまん ごはん」
って言うてんのに

「まぁ
ごはんでも もらおうかな?」。

これは まぁ 女の人が強いほうが
家庭は円満やとかいうけども。

どうですか? 息子さんから見て。

うちも 結構 昭和な感じで。
はい。

(新悟) 僕が子供の頃とかは
結構 すごく厳しくて。

僕が ちゃんとしてないと
もう 母に

「お前が ちゃんと教えないから」。
あっ そんな

もう 絵に描いたような
昭和のおっさんなんだ。

はぁ~ 今は変わって来て?
(彌十郎) 今は もう あの

「お代わりしてもいいかな?」。
(笑い)

お父さんのところは どうですか?
田舎やから やっぱ 亭主関白の

引きずってるんじゃないですか?

う~ん どうなんですかね。

それ 聞いてるんですよ。

小学校の時に
もう 離婚しちゃったんです。

えっ!
私 小1の時に。

もう離婚してるの。
はい 離婚してるんですけど。

お父さん1人で
そっから 娘を育てたの?

(清志さん) そうです。
あっ。

2人。
妹がいるので。

うわ すごいな!
(清志さん) ですよね。

偉いですよね。
そんなこと…。

何を… 自分で言っちゃダメです
「すごいですよね」。

大変だったでしょ
女2人を育てるって。

(清志さん) 大変ですね
「ウザい 男はウザい 男はウザい」。

一生懸命やってんのに…
ごはんは どうしてたの?

ごはんは お父さんが
鮮魚コーナーで働いてたんで

お魚 持って帰って来て。
スーパーにいましたから。

う~わ~! これは お父さん
やっぱ 苦労して来て。

お父さん1人やったら
大変やろ 君ら。

(ゆうちゃみ) 絶対 大変です
私たちの家系が ママだけなんで。

ママだけでも大変なんで。
ママだけなのか 君のとこは。

はい ママと おばあちゃんだけで。
そうなんです。

ママ1人で 2人 育てて来たんだ。
(ゆうちゃみ) そうなんです はい。

ママと お父さん
結婚したらええのんちゃう?

お願いします。
(中岡) 喜んじゃった。

お父さん 喜んじゃった。

どう? 息子さん ああいう…。

環境には いないでしょ?
あなたの。

(新悟) はい どこ見ていいのか
ちょっと よく分かんない。

嫌ですよね?
こんなの来たらね 梨園に。

嫌じゃないですよ。
(ゆいちゃみさん:ゆうちゃみ) イエ~イ!

(中岡)「イエ~イ!」じゃないねん。
(菊田)ギャルだな~。

お前 もう 歌舞伎に謝れ お前ら。
すいません。

「いや いいと思いますよ」
「イエ~イ!」。

(笑い)

「チュっ チュっ」て。
やってたんですか?

やってました。
その顔で?

「顔で」って。

「何だって」って!

坂東さん 彌十郎さん
お願いいたします。

子供たちが小さい頃
出掛ける時 必ず

玄関まで送りに来てもらって。

ビズっていいまして。
はい。

ほっぺたに… キス。

それをビズっていうんですか?
歌舞伎の世界では。

違います
ちょうど その頃 ヨーロッパで

猿翁さんのオペラの演出助手で
1か月とか2か月。

そうか 猿翁さんと…
前の猿之助さんですよね。

(彌十郎)
で 向こうのスタッフとかと

みんな 別れ際とか
「おはよう」とか みんな 普通に

「チュっ チュっ」て。
やってたんですか?

やってました
それを子供たちに…。

その顔で?

(中岡) 顔は何でもいいんですよ。

「顔で」って。
(中岡)顔は何だっていいんですよ。

「何だって」って
どういうことですか?

「何だって」って!

ビズが似合わない雰囲気やからな
はっはぁ~ それを要するに

日本でも スキンシップが
必要だということで

家庭に持ち込んだんだ。
はい。

確かに 日本 スキンシップ

少な過ぎますよね。
そうですね。

スキンシップ とってらっしゃいますか?
お2人 ちゃんと。

(美穂さん) ないね。
(原) 寮ですからね。

出掛ける前に 1枚のドアの前で

「いってらっしゃい
チュっ」て言うて。

もう ひとの顔も見ないで
出掛けちゃいますから。

うわ~。
(原) そんなことないよ。

ダメな男やな~。

やっぱり 出がけのチュ~は
奥さん 欲しいですよね?

それは いらないですけど。

クッションとは どうですか?
ホントに もうね

「いってきます」 「ただいま」も
言わないです うちは。

知らんうちに お父さん出て行って
知らんうちに帰って来てるね。

あぁ~ キャリアが そうさすんだ。

キャリアっていうか
出て行く目的が後ろめたいから。

誰が?
2人とも…。

何を言うてんねん!

何を後ろめたいことがあんねん
家 出んのに。

お父さんが 出る時に
後ろめたいから 何も言わずに…。

後ろめたいんじゃないですか?
(笑い)

いや もう
寮で イチャイチャしたら

学生40人の目がありますから。

でも
ドアを閉めて チュ~ぐらいは。

この年で?

年 関係ないですよね?
(彌十郎) 関係ないです。

今も やってるんでしょ? ビズは。
はい。

奥さんと… えっ?
母とはキスを。

≪えぇ~≫
(菊田) すてき!

子供たちには ビズで。

子供たちは
もう やらなくなりました。

今は ほな 奥様とキスだけ。
はい。

偉いな いや これは必要やね。

たぶん やらないと
機嫌が悪くなっちゃうんで。

なので
みんな 渋々 玄関まで行って。

あっ それ やらんと
機嫌悪くなるんだ。

(新悟)
ずっと玄関で待ってるんですよ。

勝手に そっと後ろめたい気持ちで
出て行きゃええのに。

後ろめたい気持ちが
ないですから!

だから お父さんも
「後ろめたい」とか

そんな気持ちになりたいですよね
再婚してらっしゃらないんでしょ。

してないですね。
どういうタイプがお好きなんですか?

う~ん。

どんなタイプですかね?
どういうタイプ?

知らんけどもやね。

ホントは もう
喫茶店やったら聞かないですよ。

本番中やから聞いてるだけで。

どんなタイプが
お好きでいらっしゃるんですか?

近くでいったら こういう。

(和泉) あぁ~!
菊田 菊田。

(和泉) あぁ そうですか。
菊田 ご指名。

清楚なタイプが。

誰が清楚やねん!
顔がタイプなんですか?

(清志さん) 何か こう…。

うん? スタイル?
スタイル?

スタイルやと
あのへんは いいですよ。

イエ~イ。
じゃあ 向こうにします。

(笑い)

(菊田) 何か 気分悪いですよ。

「じゃあ あっちで」
じゃないんですよ。

適当!

ゆうちゃみ お願いします。
私 ママと 結構 毎日のように

LINEするんですけど ママからの
返信を3分以内で返さないと

スタ連と 鬼の鬼電が
止まんなくて ヤバいんですよ。

で 3分以内に返さないと

帰った時に
「お前 しばくぞ」って言われて。

冷蔵庫に 鬼の反省文 書かされて
貼られるんですよ。

あぁ それなりに
やっぱ 心配してはるんだ。

そう 心配性なんです。

たぶん ママが今まで
ギャルやって来たんで

その生い立ちをたぶん
私たちに やってほしくないのか。

あっ ほな ちょっと 男とか
うるさいのか ちょっと。

そうです 彼氏 1回 ママに
見せないといけないんですよ。

ウソやん。
ママからのOK出ないと

付き合えないんです 私たち。

ほな お母さんがOKした人としか
付き合っていないのか?

付き合ってないです 今まで。
そうです。

ウソやん!
会わさなきゃええやんか。

いや でも
隠し事 絶対NGなんですよ。

いや 隠し事しても…
隠したらええやんか。

隠せないんです。
バレるんです。

何で?
LINEとかも

iPadっていう iPadがあって
ママが持ってるんですね。

「iPadっていう iPad」?

あの すいません 年寄り いるけど
iPadで分かります。

(ゆうちゃみ) 私のLINEを
そこに連携してるんです。

だから 見れるんですよ いつでも。

えっ そうしてんの?
ゆうちゃみ それで ええの?

嫌です でも 見せないと
東京に行かしてもらえなくて。

はぁ~ ほんなら
東京で遊んだりできないんだ。

できないです なかなか。

でも 東京に出て来たら
遊びたいやろ?

いや 全然そんなことないです。
真面目なんです。

いや でも 遊びたいやんか。

大阪から 俺らも出て来た時
もう 東京の夜の街

どっか行きたいとか あったで。

そうでしょ お父さん
東京って 憧れがあるでしょ?

何か 今日 銀座 歩いたんですよ。
何で?

(笑い)

(イワクラ) 銀座ぐらい
ちょっと 歩かせてください。

これ 収録まで 時間があったんだ。
(清志さん) はいはいはい。

ほいで
銀座を歩いてみようと思って。

歩いたら 何か 女の人が
みんな 奇麗なんですよ。

いや 分かる 東京の女性
奇麗に見えますよね あの。

歩き方が上品なんですよね。
あっ そう。

どういうふうに
歩く感じなんですか? お父さん。

何かですね この~
田舎の女の人は…。

田舎の女の人は。
こうじゃないですか。

(笑い)
(菊田) そうですか?

せやな 田んぼ道とかやから
こうして歩くけど

東京の女性は?

東京 何か こう… 何か 真っすぐ。

ハンドバッグ 持って こういう。
(清志さん) そうです そうです。

はぁ~ いや 分かります。

ほいで 今 ちょっと暑かったから
ノースリーブのワンピースとか。

色っぽく見えるんだ。
はい。

今日 終わってからは
どっか飲みに行かないんですか?

一緒に
ちょっと おすし屋さんに はい。

そっから お前 ちょっと
夜の店 連れて行ってあげろよ。

えぇ~。
いや お父さんも憧れやと思う。

中目黒ですか?

中目黒ちゃうわ!
(イワクラ) まだ分かんなくて。

六本木か 銀座や!
(イワクラ) 六本木か 銀座。

いや お父さん ぜひ!
ほんで 明日 帰られるんでしょ?

はい。
いや これは

連れて行ってあげてほしいわ
イワクラ。

銀座 はい。

(中岡) お店に行って
「朝4時に起きたんや」言うて。

(笑い)
(中岡) そのトークから。

(二宮)
服のニオイ気にして色んなもの使ってない??

はい古い~!

今やニオイ専用これ1本で全部いけちゃいます

<史上初 全部無臭化洗浄>

「紫のNANOXニオイ専用」
<キャンペーン中!>

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイをつけても

(男性)臭くない!
「ソフラン ウルトラゼロ」

菊田 お願いします。
はい うちのルールは

どっちかが
息を大きく吸い込んだら

ス~って。

もう片方が引き寄せられて
チュ~しなきゃいけないという

ルールがあります。

まぁまぁ
かわいらしいルールやな。

菊田は邪魔くさいねやろ? それ。
僕も楽しんでやってます。

えっ 一回一回 ス~っていうたら
近づいて来んのやろ?

どっちからもするもんね。
はい やります やります。

奥さん 今 吸うたら
どうなります?

私が ス~。

何してんねん おい!
(笑い)

ホンマにせんでええねん!
俺も吸うぞ そんなことしたら。

(笑い)

あ~ そういう…
それは ええことやな。

仲直りの時とかも。
そうか。

(菊田)
仲直りのきっかけになるんです。

奥さん 今の 参考に。

いや 新婚でしょ?

3年… でも 付き合って7年で
10年とかなんで。

5年したら なくなりますよ。
違う 違う!

(菊田) 嫌なこと言うなぁ。

吸うてあげなはれ 奥さん!
今日から それ ルール適用ね。

だから お母さんも ホンマ
そういうルールってええと思うわ。

いやいや うちは手つないでるのも
全く見たことないですよ。

お母さん そういうのも たまには
やっぱ 女やし いつまでも。

いや…。
嫌?

こちらは キスなさってるんですよ
出がけには。

あっ それ やんなはれや ス~。

今日 やってみます。

歌舞伎の 歌舞伎の ス~。
ス~。

いい いい それ
もう一遍やってください。

ス~!
お~!

(笑い)

いい いい。

うちもやろうかな それ。
やるか。

歌舞伎で 六方がええわ。

今度 お稽古に来てください。
(菊田) ありがとうございます。

奥さんだけ。
奥さんだけね!

今日 店でやったらあきまへんで。

ずっと 誰も知らんのに ずっと

ス~ ス~。
(中岡) 息吸うてるおっさん。

息吸うてるおっさんが
来たんですけど。

いやいや ホントに そうやわ
これは ルールで決めてるんだ。

そうですね。
いつの間にかね。

とてもええことやね
いつまでもやっとく?

そうですね やっぱ
キスって いいもんですよ。

知らんがな アホ。

(菊田) さんまさん これは。
(中岡) 何か ムカつくな。

え~ 原さんの奥様 美穂様
お願いします。

うちの監督が
B級グルメが大好きで。

あっ 一緒やな 分かる。
で もう 1週間に一遍

お好み焼きか ピザか。

必ず?
食べたいなって言いだすんですよ。

また?って思うんですけど。

自分も一緒に仕事してるから
疲れるじゃないですか。

夜は もう 作りたくないなと…。
そうやよね。

お好み焼きも
買って来るんじゃないんだ。

俺が作ってやるって
言うんですけど

私が全部 切って
後片付けも全部 私がやって。

それで 自分が作ったみたいに。
そうそうそう!

俺の魔法を見ろとか言いながら
ひっくり返したり CMみたいに。

喜んで いっつも
一緒に食べてくれてるんですよ。

今 監督 冷凍で
かなり おいしいですよ。

もう 私が作ったお好み焼き
誰にも負けませんから。

そこら辺の店で食べるよりも
私が作ったほうが うまいです。

どこが違うんですか?
他のお好み焼きと。

僕は やっぱり 広島風なんで
キャベツをのっけるんですね。

はいはいはい 広島風か。

キャベツの甘みを出す
テクニシャンなんですよ。

なるほど ゆうちゃみも関西やから
お好み焼きは?

大好きです
自分で焼いちゃいます。

自分で切って? キャベツ切って?

ばあちゃんに切ってもらって
私 焼きます。

皆 やっぱ 関西人は好きですよね。

監督 関西じゃないですよね。
僕 広島なんです。

だから
広島風と関西風は 違いで

お好み焼きは
広島が お好み焼きなんですよ。

これ ケンカになりまっせ。

お好み焼きは広島なんです。
いや お好み焼きは関西でしょ。

やから 「広島風」って
付いてるやないかい!

「風」を付けちゃダメなんですよ!
(笑い)

「関西風」なんですよ。
広島の人からしたら。

「広島風」でしょ?
こっちは「風」書いてませんからね。

(中岡) うん
最初から なかったですもんね。

ないない お好み焼きいうたら
関西のもんやから。

でも お好み焼きは広島だよね。
広島だよね。

広島はね!
(彌十郎) まぁまぁまぁ…。

(中岡) ありがとうございます。
まぁまぁ。

(中岡)
いいですね いい「まぁまぁ」。

だから 私の家には
ソースが もう

3種類も4種類も
myソース たくさんあります。

お好み焼きソースいう
専用ソースもありますしね。

カープソースというの ありますし
オタフクソースありますし

てっちゃんソースというのも
あります。

てっちゃんソースは
大阪ですよね?

私のふるさとの三原に
あるんです。

てっちゃんソース?
てっちゃんソース。

オタフクソースなんですよ。
全国に展開してます 広島です。

いやいや
大阪なんですよ オタフクソース。

いやいや!
オタフクソースは広島。

いやいや 発祥は…。
(清志さん) まぁまぁまぁ!

違う 違う こっち こっち。

(笑い)
(彌十郎) ごめん ごめん。

今 ためてはったんですよ。

(彌十郎) ちょっと まだ早かった。
早いね! すいません 素人が。

「お… 俺の出番だ!
まぁまぁまぁ!」。

(中岡) ナイスファイト
ナイスファイト!

え~ このブロックの最後か
中岡 お願いします。

はい うちのお母さん
ちょっと 家事全般 苦手で。

ほんで 洗濯が一番苦手だと
思うんですけど。

お母さん あんなもん 洗濯機に
入れるだけじゃないですか。

そうなんですよ 洗濯
入れるまではしてくれるんですよ。

ほんで ポチって押して
脱水まで行くじゃないですか。

脱水 終わったら 取らないんです。
何でや?

ずっと 周りに へびりついて
これが これが…。

僕 朝 起きて

こびりついた…
脱水機に こびりついてるやつを。

…から 靴下 朝 取って

ドライヤーで。

あっ その靴下しかないから。
(中岡) ドライヤーで バ~っと

口ん中 入れちゃって バ~って
んで 湯気 バ~って出て来てね。

遅刻ギリギリですよ ホント。

もう 早く乾け 早く乾け!です。

ちゃう お前んとこ 金持ちやから
靴下の替えもあるやろ?

買うのも たぶん 面倒くさいから
ないねんな あんまり。

お金ないわけじゃないんですけど
ホントに苦手みたいです。

苦手。
苦手は苦手みたいです。

ほな 洗濯物
回さなきゃいいじゃないですか。

一応 水 入れて 洗剤 入れて
シュっと こう。

「あと 知~らない」。

母の仕事は脱水まで。

朝 起きて 歯 磨いて
こびりついてる!いうやつ。

朝 こびりついてるやつ 取って
同じ長さのやつ見つけて

で 乾かして はいて
根元 乾かないんですよね。

ここ 湿ったまま
学校 僕 行くんですよ。

ほんで 昼間ぐらいに乾いて来たら
ス~っと落ちて行く。

(笑い)

料理とかは
お手伝いさんが やってはる?

お母さんもやります。
「お母さんもやります」って。

お母さん やります やります
やりますけど めちゃくちゃです。

お味噌汁も 大根を切って入れる
火 付けるまでですね。

だから 1日目のお味噌汁は
めちゃめちゃ 大根 硬いんですよ。

全然 煮てないから。

で よく みんなが言う カレーが
2日目 うまいとか言うでしょ。

うちは お味噌汁が
2日目 うまいんですよ。

味 染みてるから。

すごいな お母さん。

そりゃ
こんな明るく育つはずやわ。

ゲラゲラ笑うてるで おい。

お母さん 料理 うまいの?
(ゆうちゃみ)おいしいです 唐揚げとか。

唐揚げだけ?
でも 妹が めちゃめちゃうまくて。

妹 料理できんの?
はい できます。

スイーツ 結構 作ります。
ウソやん。

ホンマですよ。
(笑い)

どういうスイーツ作れんの 君は。

チーズケーキとかです。
めっちゃ本格的です。

妹のほうが料理とか才能あるんだ。

そうなんです 洗濯 家事
全部やってくれます ホントに。

今 大阪から東京に
私のホテルに来てくれてるんで。

そこで 洗濯機とかも全部あるんで
全部やってくれます。

そういう係なんだ。
(ゆうちゃみ) 何もできないんで。

お母さん 「嫁に欲しいな」みたいな
顔してらっしゃいますけど。

(中岡) 無理よ オカン
あのギャルは 俺は無理よ。

(ゆうちゃみ) 何でですか!
(中岡) 無理よ。

向こうが無理や! お前 何 先に
断ってんねん アホんだら!

そうか 中岡が早く結婚して

嫁さんが おいしいもの
作ってくれたらいいんだ。

言うたってください。
何を?

早くしろと。
結婚をね。

いつも会うたびに 「結婚は?」って
聞いてるんですけどね

「まだなんです」とか
もう一歩 踏み出せないねんな。

そうなんですよ 1回 生放送で

「結婚してください」みたいの
やったんですよ。

すぐ メール返って来て
「時間をください」って。

向こうが?
(中岡)向こうが「時間をください」。

今 時間 与えてる状態です。

これ しゃあないね
お母さん これは しゃあない。

でも 嫁さんに きつく当たれない
ですよね 何にもできないから。

もう かわいがりますよ。
ねっ。

奥さんは 気楽で いいなと思って。
そういうことやよな。

(和泉) たぶん ちょっと
同じタイプだよね。

菊田のお母さんが?

(和泉) すごい
ひょうきんな方なんです。

隣の部屋に行って
帰って来る時に

シンクロナイズドスイミングで
帰って来る。

(菊田) そうなんですよ!
(和泉) すごい ひょうきんな…。

お母さん 確かに
お米とぎに行ったなと思ったら

こうやって帰って来たんですよ
びっくりした あれは。

シンクロナイズドで
そんな技 持ってはるのか。

お米とぎに行く時だけ
ひょうきんなんですよ。

(笑い)

もう テーマ変えます どうぞ。

あ~。

うん。

バランス崩れたでしょ。

そうそう 最近は たばこ吸うのを
嫌う世の中になって来た。

菊田 たばこ吸わない?
(菊田) たばこ吸います。

奥さんは?
(和泉) 私は 吸わなくて

やめてほしいって お願いして
やめてくれたんですよ。

気付いたら こっそり 再開してて
それを2回 繰り返して

もう信用できなくなりました。
3回ね。

3回かい。
関係ないやろ それ。

何やねん そのネタは。

「3回かい」言うて
プロみたいなツッコミして。

あっ プロ プロ プロ…。

ゆうちゃみは もう…。
(ゆうちゃみ) 私たちは吸ってないです。

男 吸っても大丈夫?
大丈夫です 全然。

ママがヘビースモーカーなんで
全然 行けます。

あっ ママ イケイケやねんな。

かなりイケイケです。
たばこ 1日2箱ぐらい吸うよな。

「もう電話すんな アホんだら」
とか言うて。

(菊田) 怖いな。
そんなもんやな。

イワクラ お願いします。
はい 最近 何か お父さんが

勝手に名刺を作って。
えっ?

自分の名刺を作って
岩倉清志って名前なんですけど。

岩倉清志って名刺を作ってて
その名刺の裏側に

蛙亭の
宣材写真みたいなの載せて

「蛙亭・イワクラの父です」って
言って いろんな居酒屋とか

どこそこで配って歩いてて
もう それが すごく嫌で。

うれしいねんで お前 お父さんは
売れて来て うれしいねん。

今日 僕に頂いた名刺
あれ そうなんですか?

(清志さん) あれ 違います。
あれ 誰の名刺?

あれ 何か 酒屋の…。

(イワクラ) 全然 お父さん… それも
意味分かんないんですけど

酒屋さんの。
友達の酒屋の。

何で それ 僕にくれたんですか?
(菊田) 不思議だな。

友達の酒屋の名刺…
俺 どうしたらいいの? あの名刺。

その焼酎 持って来てるんですよ。

焼酎 持って来ていただいてるんだ
それ渡さずに 名刺だけ…。

酒 先に持って来いっちゅうねん!
酒を!

でもな これは お父さんの気持ち
分からんではないのよな。

すごい言われるんですけど
「お父さんも うれしいんだよ」

みたいな 周りの人が
言ってくださるんですけど。

宮崎の小林市っていうとこの
出身なんですけど

そこの市長に 市役所まで行って

勝手に 何か 「イワクラの父」
入り込んで 市役所まで。

市長と会った時に渡しゃ
まだ分かるけど

わざわざ 市役所 行って。

恥ずかしくて
ホントに やめてほしい。

そやから 俺もな 自分の親が
やったら嫌やねんけど

他の人が やったら
「うれしいねんで」って言えんねん。

これは でも お母さん

息子が売れた時は やっぱ
うれしかったでしょ?

うん 売れてますか?
売れてますよ。

BIG3ですよ。
(中岡) えっ BIG3!?

どこがやねん! アホ
勝手に入って来んな お前。

誰と誰と誰ですか?
俺と たけしさんと お前。

(中岡) やった!

お前んとこ お母さん
喜んではんのか? そしたら。

めちゃめちゃ喜んでくれてます
特に おばあちゃんとかは

毎日 私とかが出る番組
全部 録画してくれて

毎日 見てくれてます。

何回も見はんのか。
何回も見て 1人で笑ってくれて。

他の人とかは あんまり笑わずに
お前らが しゃべった時 「ギャ~!」。

めっちゃ うれしいです ホントに
大好きって言ってくれてるんです。

ほな これも見てはるのか。
(ゆうちゃみ) はい 大好きで。

おばあちゃん さんまちゃん大好き
って ずっと言ってて

ホンマに好きなんです。
おばあちゃん 名前 何ちゅうの?

フルエです。
フルエ!? フルエ!?

(ゆうちゃみ) フルちゃんです。
フルちゃん!

絶対 喜ぶ!
(中岡) めちゃめちゃ うれしいな。

自分の歌ってる『マイ・ウェイ』に
感動して 歌いながら泣く。

「船出が… アァ~!」。

(新悟) さすがに それは ちょっと
やめてほしいなって。

(戸田)<男は葛藤していた 春巻き 唐揚げ
エビカツ>

<こいつぁ飲みたい ぐいーーっと飲みたーい

でも控えるんだった
カラダのことも気にしなきゃ!>

(戸田)でしょ?
(沢村)そうです…

だったらこれ!

(泡の音)シュワー
(戸田)<その葛藤にどんぴしゃ 金麦のオフ>

<「ほろよい」飲んで なにしよう?>

♬~

<サントリー 「ほろよい」>

坂東さん お願いします。
うちの父はですね 歌舞伎界でも

「泣きの彌十郎」っていう異名が
あるぐらい

もう 感激屋で
すぐ泣いちゃうって有名。

芝居で 泣きの彌十郎 違うんだ。

プライベートで いろんなことに
感動して すぐ泣いちゃう。

例えば 他のご家庭で 子供が
生まれたりっていうのでも

もう何か「おめでとう」って言って。
はぁ~。

極め付きが カラオケの おはこが
『マイ・ウェイ』っていう。

ハハハハ!
『マイ・ウェイ』を歌って?

(新悟) 酔っぱらうと
『マイ・ウェイ』を入れて その

自分の歌ってる『マイ・ウェイ』に
感動して 歌いながら泣く。

(彌十郎)
違う! それは違いますよ。

いやいや 「船出が… アァ~!」。

(新悟) さすがに それは ちょっと
やめてほしいなって。

自分の歌で泣くのはな ちょっと
ナルシシスト過ぎるよな はぁ~。

でも ちょっとしたことに…
子供 生まれた時は

そういう症状に
なるじゃないですか。

でも 今も ずっと
感受性が強いままで?

まぁ そうですかね。

箱根駅伝とか もう。
(彌十郎)もう今年は感動しました。

やっぱり泣きましたね。
泣いて。

突然 花が咲いたりしても
泣いてしまうんでしょ?

そうですね
花 見て 泣くことあります。

でしょ?
(一同) え~!

あんねん 年取ると。
(彌十郎) 「年取ると」って。

「年取ると」って…。
花鳥風月や これ順番や 年寄りの。

風景 月に行ったら終わりや。

もう終わりやな…。

(笑い)
(ゆいちゃみさん) 「もう終わりやな」。

月 奇麗と思う?
月 奇麗。

どうも ご愁傷さまでございます。

おばあちゃんと孫が
手をつないで歩いてると。

(彌十郎) あぁ もう何か こう
うわ~ってなりますよね。

なるでしょ?
ええ。

お孫さん 1人 いらっしゃる
お姉さんの子供。

はい。
かわいいでしょ。

もう メロッメロですね。

だから お父さん 孫だと
イワクラ。

うわ~ ちょっと
まだ全然 予定にないので。

結婚願望がないねやろ 今のとこ。
(イワクラ) ないです 全然ないので。

どっか 孫 売ってないんですかね。
えっ? えっ?

孫って売ってないんですか?

売ってないです。

(笑い)

え~ あっ
奥さん 原さん お願いします。

ごはんの時とか
よく しゃべってるんですけど。

何か 私が ずっと話をしてたら

つじつまが合わなくなって
来るんですよ だんだん。

何 言ってんのかなと思ったら
いつの間にか自分の話になってる。

えっ 普通
逆バージョンなんですけどね。

女性が それ多いねんけども
あっ 監督が そうなんだ。

われわれのコミュニケーションは
夕飯の晩酌なんですね。

その時間だけが楽しみなんだ。
(原) 夕食で

いろんなコミュニケーション
会話をしてるんですけども。

いつの間にか 自分の話に
すり替わるんですよね。

それは注意するんでしょ
もちろん。

あっ 酒 飲んでるし。
(原) そうですね。

お酒 飲んでなくても そうだよね。
いやいや。

こういう指導者 すごい人は
ひとの話 聞かないんだ。

もう 自分のことしか
興味がないので。

だから ああいう指導できるんだ
逆にいうと。

そやね
ひとのこと 気ぃ使ったら…。

やっぱり 自分の保守本流のことを
ダ~っと話して行きますからね。

そうですよね そうしか 駒は
動かないですもんね 選手たち。

はい やっぱり さんまさんも
そうですけど自分大好きですよね。

ちょっと待ってください
あなただけにしてください。

今日の この番組も
ビデオとって 見るんですけど

自分が しゃべってるとこだけ
見ます。

ほな ゆうちゃみとか
こうなってるんだ。

(笑い)

ほな あの親父も こんなん
「まぁまぁまぁ!」。

(笑い)

中岡 どうしてる? 自分のビデオ。
(中岡) 僕は全体的に見ますけど

やっぱ 自分のとこは
多いかもしれないですね。

ウケた時は特に。
はい。

お母さんとか笑ってくれはるの?

あっ 一番おもしろいです。

頭おかしなってるわ。
(笑い)

正常 正常 正常 正常。

「うちの息子が一番おもしろい」。

悔しい!
中岡家に負けてしまった!

僕に負けて悔しないでしょ
さんまさん。

ゆいちゃみや 今度は ゆいちゃみ。
(中岡) 妹さん。

はい 私たちの家系って

ギャルの縦社会で
できてるんですね。

優先順位が ママ

その次に お姉ちゃん
その次に私なんですよ。

例えば
車の助手席あるじゃないですか。

私 乗りたいんですけど
絶対 お姉ちゃんに譲るし。

ゲームのリモコンの
1P 2Pあるじゃないですか。

それも 1P 2Pやし。
すいません。

ゲームのキャラクターも
マリオとルイージ。

しゃあないやないかい!

さらに 私たちの すきぴが
かぶった時に…。

スキピ?
(ゆいちゃみさん) はい 好きな人です。

好きなピープルや。
あ~。

好きな人が かぶったら?

お姉ちゃんに譲るっていうのが
ありました。

(ゆうちゃみ)三角関係になったんですよ
この前。

ほんなら それは
実力で勝負したらええやないか。

いや でも 妹が
去り際に言ったのが

「男は星の数ほどおるから いいよ」
って言って 譲ってくれたんです。

ブルゾンゆいちゃみです。

だから そうやって
ボケをかまして来るんですけど

私は よく分かってないです
すいません 何か。

with B! 懐かしいわ。

(笑い)

はぁ~ いやいや
星の数ほどいるから いい。

やりらふぃーにモテるんですよ
やりらふぃーに。

それな おいらも… やりらふぃー。
(中岡) これは難解やな。

何なの それは。

地元でモテモテなんです
やりらふぃーに。

(笑い)

(ゆうちゃみ) イケイケ男子。
やりらふぃーにモテモテ?

何がや!? お前ら 何 言うてんの!?

イケイケ男子っていう
意味なんですよ やりらふぃー。

それにモテモテって
数が多いのか 登録者。

いや イケイケ男子っていう分類に
モテるんですよ 妹が モテモテ。

スポーツマンにモテるとかいう意味?
(ゆうちゃみ) そうです そうです。

で 好きなタイプが お互い
やりらふぃーが好きなんですね。

イケイケ男子が好きなんですよ。
同じなんですよ タイプが。

お前 やっぱり
イケイケ男子が好きなのか。

最高 マジで。

あれやろ 何か
靴とか あんねやろ 決まりが。

蛍光黄色が最高。

(笑い)

(ゆうちゃみ) デニムとかも ピチピチで
ちょっとダメージあるのが好き。

ピッチピチのデニムをはいて
上は?

上は ピチピチの白の この 何?
Tシャツ。

ほいで 帽子とかいらんの?
(ゆうちゃみ) 帽子は グッチの帽子。

グッチの帽子に。

ピチピチのTシャツに
デニムです。

あんまり言うな
俺 明日 着てしまうから。

(笑い)

イエ~イとか言わんでもええの?
何かないの?

何か キャパっていう言葉が
今 やりらふぃーで流行ってて。

「お前 今日 キャパいな」みたいな
言うほうが 結構 モテます。

何が? キャパいなって
どういうことなの?

ヤバいなみたいな。
キャパオーバーしてる。

「お前 ええ女でキャパいな」。

「キャッパ」みたいな。
そうです 何でも使えます。

キャッパ?
キャッパ。

スポーツ選手で 野球だったら
打つ人がいいとか

走る人がいいとかじゃなしに

キャパがいいわけ?
キャパがいいです はい。

(原) それがいいの?
はい そうなんです。

マネジャーには なれない。

(笑い)
いいじゃないですか! 元気を!

あんなんも入れてみたら
どうですか?

新しい風が吹きますよ。

だから 若い女の子に向かって
「キャパい」って言うたらええのか。

(ゆうちゃみ) 最高です モテます
ギャルの流行語大賞1位です。

(中岡) えっ!
マジで?

マジっす ガチっす。
ガチです。

どこ調べなの?

ギャル調べです。
ギャル調べ。

信用ならないな ギャル調べか。
そう ギャル調べ。

出たかったんですか?

(野口聡一)
むちゃくちゃ出たかったんです。

おもしろいので
まぜてもらいたいな。

中岡 お願いします。
うちの母は…。

キャパ。

最高 最高!
それ めっちゃいいです!

お父さんと そんなに仲いい感じを
僕の前で見せたことがなくて。

昔のな ご夫婦はな。

(きみ子さん) 昔?
昔やんか!

キャパ。

カッパ。
誰がカッパやねん。

違うんだ ほいで ほいで?

あんまり 仲いい感じとか

お父さんに頼ってる感じも
あんま なくて

クールな関係やなと
思ってたんですけど

お父さんが病気して 手術して

ある部分 摘出したんですね
手術で。

ほんで その摘出した部分を
お医者さんが 僕らに

お父さんの摘出した部分ですって
僕らに見せたんですよ。

ほんで その摘出した部分を
お母さんが見て

「お父さ~ん!」って言うて
泣いたんですよ。

(笑い)

生きてはんのやろ?
(中岡) 手術室のお父さんに

言うんやったら分かるんですけど
この部位を見て 泣きながら

「お父さ~ん!」。

まぁ やっぱ お父さん
頼ってたんやなみたいな。

ねっ やっぱり その時に
あっ やっぱり夫婦だなと思って。

思いました 思いました
頼ってんねんなと思って。

昔の時代の夫婦なんて
イチャイチャするとかね。

昔?
昔でしょ?

現代です。
えっ!?

キャパ。

キャパいな。

キャパいい!
「キャパいい」でええの?

「キャパい」です。
覚えましたね?

(彌十郎) キャパ。

合うてる?
(ゆうちゃみ) ちょっと間違えちゃった。

キャッパ~みたいな
いろんな言い方ある。

キャッパ~。

それそれ 最高です!

キャッパ~。

それ カッパ。

お父さん キャッパ~。
(清志さん) キャッパ~。

これじゃ ないです
上げてかないと。

(イワクラ)
こんなん 今 出てた? こんなの。

上ですね アゲのほうなんで。
上げるんですよ。

キャッパ~。
最高です 最高です。

キャッパ~。
キャッパ~ ハハハ。

お父さん ナイスファイト!

(笑い)

<2組目は この夏 アツい…>

<そして>

(高野) 学生時代に…。

<さらに>

(小林) こうやって。
うんうん… うん。

(小林) こうです。

<スタート>

すごいメンバーで まぁまぁ。

野口さんが えぇ 何か
初バラエティー。

JAXA卒業して 初のバラエティーに
『御殿‼』ということで。

(ヒコロヒー) すごい。

バラエティーに出ちゃダメだ
っていうことだったんですか?

JAXAは 結構 真面目なので

あんま ここで
おもしろい話 しちゃうと

イメージが崩れるから
出してもらえなかった。

やっぱり そう。

辞めて やっと バラエティーに。

(野口) やっと 卒業して
やっと バラエティーデビュー。

もともと出たかったんですか?
むちゃくちゃ出たかったんです。

あぁ そう。
(ヒコロヒー) めっちゃ前のめりやん。

(高橋) これから ガンガン
出るつもりなんですか?

(野口) おもしろそう…
見てて 拝見してて

すごい トークが おもしろいので
まぜてもらいたいなと思って。

(高橋)
宇宙から見られてるんですよ。

(笑い)

これからは どういうお仕事で。
(野口) 何ていうのかな。

宇宙の楽しさみたいのを
子供たちとかに

お伝えするようなね
お仕事したいなと思ってます。

ほいで テレビも オファーが
あれば ちょこちょこと。

『御殿‼』を中心に 出ようかと…。
ありがとうございます。

(ともしげ) うわ すげぇ。
(芝) そんなこと言えないですよ。

(高橋) …ってことは 今日 相当
爪痕を残そうとされてるんですね。

今日… もう 今日が
正念場だと思って はい。

初めての方を
先に 紹介せなアカンな。

ジュリアーノ・アレジさんです
はじめまして。

はじめまして
何で 僕から始まるの?

いや 今
野口さんから始めたでしょ?

えぇ~
日本語が半分ぐらいらしいね。

そう でも やっぱり さっきから
2%しか分かってないと思う。

ウソ!
(滝沢) えぇ~。

日本語 しゃべらないから。
俺な 大阪弁やから。

どつくぞ お前は。
分からない。

ほんで 今 日本のチームと
契約してるの?

(アレジ) そうです。

今 どのレースに
出てるんですか?

スーパーGTと
スーパーフォーミュラ。

あっ フォーミュラにも…
はぁ~ すごいな。

こっから
「F1」に行きたいの?

まぁ 「F1」 まだ 遠いから
取りあえず

日本だけに集中してます。
今は レーサーとして

日本で集中しようと。
そうです。

うわ~ よう 2%で
こんな 会話 続いたな。

(高橋) 全然 理解してるやんか。

(ヒコロヒー)
めっちゃ しゃべれてるけどな。

岡副の旦那さんは レーサー?

スーパーGTに 同じ あの…。

スーパー耐久っていう
レースがあって

アレジ君も出てて
グリッドで会った時に

「来週ぐらい 一緒だね」みたいな
話をしてたら アレジ君が

「あっ さんまのね」みたいな。

「さんまのね」って
呼び捨てにしたん?

はぁ~ ナメたヤツやなぁ。

そして あっ そうか
モグライダー 初めてか。

(芝) そうなんです
『さんま御殿‼』は初です。

(ともしげ) お願いします。
これだけ会ってるのに。

結婚したの
何で この間 言わなかった?

(ともしげ) いや… つい最近
け… け… 結婚しまして。

な… な… 何て?
今 何か けけけけ…。

結婚いたしました。
(高橋) 何て? 何て?

おめでとうございます。

(笑い)

さんまさんに憧れて
僕は 芸人になったんですよ。

憧れて 芸人になったんですよ
それは

お母さんが
さんまさんが大好きで

それこそ 『さんま御殿‼』とかを
見せてくれて

英才教育が
ず~っと行き届いてたから

さんまさんみたいに
ならなきゃなって思ったんですよ。

この『御殿‼』を見せてたわけか。
(芝) バラエティー あんまり

見してもらえなかったらしいけど
さんまさんの…。

…だけは OKだったんですよ。
そういう家で。

ほんで『御殿‼』で いろいろ笑いを
吸収して 出来上がりが これ?

(ともしげ) これです はい。
えぇ~。

『さんま御殿‼』の究極系です
僕が。

(高橋)
『さんま御殿‼』の究極系なの?

(芝) 『さんま御殿‼』が生んだ
怪物です。

だから 最近 結婚もして

『さんま御殿‼』にも
出してもらったのは

親孝行できてるなって
ちょっと思っていて。

今日は ほな 頑張って
よろしくお願いします。

ほんで 上國料さん 萌衣ちゃん。

お願いします
アンジュルムの上國料萌衣です。

アイドルグループですよね?
そうです。

さんまさん 今日
はじめましてじゃないんですよ。

(高橋) あら。

ラジオで 2回ぐらい ご一緒
させていただいたんですけど

ほぼ いない状態で。
あぁ そうか。

覚えてもらえてるかなって思って
今日 来たんですけど たぶん

覚えてらっしゃらなかったみたい。
いやいや あの…。

キャラクターとしては
覚えてないのやけど

この漢字で覚えてる。
あっ ホントですか?

ややこしいヤツ
来よったな思うたのよ。

えぇ~ 本名なんで。
上國料萌衣。

(高橋) あんまり聞かないですね。
どこに多い お名前なんですか?

鹿児島に 30人ぐらいっていう。
はぁ~。

…っていう会話も
したことあるんですけど。

したことあって。
やってますよ! これ。

はっきり覚えてるよ~。
(高橋)覚えてないじゃないですか。

えぇ~ そして
高野麻里佳ちゃん。

(高野) はい~。
あぁ~ 『ウマ娘』。

サイレンススズカ役で そうなんです。
サイレンススズカのほうやったら

名馬を担当してるんだ。
そうなんです。

これね われわれ世代の馬が
多いんですよ あれ。

(高野)
あっ ホントですか うれしい。

60超えた おっさんらが
好きだった馬が

やたらメインで走ってるっていう。

(高橋) 『ウマ娘』まで
押さえてるんすか?

怖いな もう。

違う 押さえてはいないねん
押さえてはいないけど

この声 誰がやっとんねん?とか

俺らは やっぱり
ちょっとカチンと来るわけよ。

オグリキャップ?
お前 ナメたこと…。

かわいらしい声やんか
っていう感じで。

あっ JPも 初…
あっ JP? お前 JP?

えっ ちゃうやん
今日はね わざわざ

松本人志さんに
来ていただきました。

ま… 松本。

(アレジ) ほとんど変わらないじゃん。
いやいや…。

悪いとこ出てるぞ あいつ。

(笑い)

取っても一緒やもんな
取っても 行けるぞ それ。

あっ 取っても 行けます?
取っても 行けるわ。

松本。

もう 何か ねっ…。

あっ 違うわ やっぱり。

(高橋) 何らかのやつで用意してる
眼鏡 2個 落としてんで。

その眼鏡は 誰の時やったっけ?

あっ これは ちょっと あの…
新ネタで

芝さんのネタやろうと…。

(芝) 俺ですか?
芝 できんの?

うるせぇ お前 違ぇだろ それ
お前 お黙り案件だよ バカタレ。

いや それは いらんわ。

ウソ!
(ともしげ)何か ちょっと こっちが…。

いらんわ… ちょっと
ふてくされた香取慎吾。

いや ホントに
ウケなくて ごめんなさい。

(ともしげ) それですよ。
(芝) それだよ。

(ともしげ)
何で こっち やったんですか?

そして最後 紹介したい 小林さん。
(小林) はい。

どうも ご苦労さまでございます。
よろしくお願いします。

素晴らしい…
まだ 25歳やから。

(ヒコロヒー) 若い。

もちろん
次のオリンピックも目指して。

そうですね その次も 目指して。

(高橋) 次も その次も。
えっ? 次の次?

(小林) はい。
すごい 行けるもんな。

33やったら
ジャンパーとしては行けるのか。

そうですね
僕の師匠が 今 50歳で

まだまだ飛ぶぞって言ってるので。
誰?

紀明さんです 葛西紀明さん。
あっ!

そうか レジェンド。

(小林) もう 50歳なんですよ。
50迎えはった。

はい。
楽しみやな。

あれは でも どこの筋肉
鍛えたら 強くなんの? あれ。

分かれへんねん その 風向きとか
いろいろ言わはるやんか。

何だろうな まぁ でも
トータルのバランスですね こう。

それは もう 説明しにくいのか?
われわれには。

やってみたら分かると思います。
怖いわ。

(ヒコロヒー) すごい勧め方やな
さんまさんに。

これは すごい ほいで また
ハンサムで カッコいいし。

今日は カッコいいのが…
あっ 犬飼も来たか 久々に。

(犬飼) お邪魔します。

お前 色 白くなってない?
そうなんです 外 出てないので。

外 出ないの?
はい。

インドアで このコロナの期間中に
外に出なさ過ぎて

めっちゃ白くなっちゃいました。
ハハハハ!

(ヒコロヒー) そんなことある?
気が付いたら。

今日は まぁ
バラエティーに富んで なぁ。

ばらけた番組になるやろな これ。
(笑い)

VTR どうぞ。

(男性) じゃあ…。

(客) ビール お代わりで。

人それぞれの
フェロモンがあったり。

まぁ 加齢というな。

野口さん 今 おいくつで
いらっしゃるんですか?

57です。
57。

加齢臭が 出る人と出ない人が
いるみたいですけども。

僕は 全然 におわないですね。
あっ… えっ 奥さんも?

…と 信じてますけど
娘に ちょっと聞いてみます。

いや 聞かないほうが
いいと思いますよ 恐ろしいよな。

最初の男 ヒコロヒーも ダメ?

いや ちょっと嫌ですね。

「すいません」が
ちゃんと言えない男性ですよね?

「すいません 生 ください」とか

もう 一発で通してほしいし
あんな感じで一発で通らないの…。

でも 好きな人は いるはずやぞ
ああいう男。

カレンちゃんは どう?

「すいません」って
言えちゃうほうが嫌で。

何か 欲を丸出しじゃないですか。

(笑い)

欲を丸出し…。

(ヒコロヒー) そんな
欲どうしいことしてへん。

「すいません」って
言ってるだけやから。

だから 謙虚な男の人のほうが。
(滝沢) 言えないぐらいで

ちょっと
「じゃあ 一緒に言おう」みたいな。

せ~ので言えたほうが。
(高橋) せ~ので すいません?

(ヒコロヒー:高橋) せ~の すいません。

変やって どんな客やねん。
仲のええカップルやな それ。

(内田)夏は緑茶より
麦茶じゃないですか?

(大吉)僕も思った

(飲む音)ゴクッ ゴクッ ゴクッ…

夏の「伊右衛門」 アリ! アリ!
(芦田)アリ! (本木)アリ!

<夏もおいしい
淹れたて緑へ 「伊右衛門」>

(缶を開ける音)プシュッ
(店員)カツカレー大!

(ビールを注ぐ音)

(おじさん)おばちゃん カツカレー

<「金麦ザ・ラガー」の新!>

まずは
野口さんから お願いします。

ストレスっていう意味では…。

宇宙遊泳するじゃないですか
宇宙の外に出る時。

あれ 1回 宇宙服 着ると

大体ね 10時間ぐらい
トイレ行けないんですよ。

(一同) えぇ~。

(野口) それだと大変なので
オムツしてるんです。

そやろな。

年齢的にも ねっ 頻尿 残尿の。

あっ そうそう そうそう。
そうなって来る。

お前らも そうなって来んねん
残尿のほうが多い時あんねんから。

地球をバックに
こう 何か 手を振って

子供たちに夢をみたいに言ってる
ああいう時

100% オムツしてる。
(一同) えぇ~。

(ともしげ) 知らなかった。

いやいや 絶対 そうやと思うわ。
(野口) 絶対 してないと。

宇宙から戻って来て
服 脱いだ時に

自分の おしっこのにおいで
臭くて嫌なんですよ。

こもっちゃうので。

慌てて トイレに行って
オムツ外すっていう。

そうすると やっと
無事に帰って来たなって感じ。

ウソ…
そこで やっとこさ 思うんだ。

(野口) 打ち上げの時もね
やっぱり 10時間ぐらい

トイレ行けない時に
オムツしたままになる。

行った場合は 取るんですか?
取ります。

宇宙ステーションには
ちゃんと トイレがあるので。

トイレ どうなるんですか? あれ。
そのまま しちゃうとね

ホントに こうなっちゃうので…
掃除機あるじゃないですか 管。

あれに向けて
小を うまく出すように。

ちゃんとね 宇宙に行く前にね
訓練するんですよ。

吸うてくれるんだ。
吸ってくれる。

はぁ~ いや すごい。

これは あんまりね
答えていただけないし

あんまり 質問も
失礼やから できないけども

そういうふうな仕組みに
なってるんですか。

JAXA中に これ 言ったら
もう クビですよね こんな話。

そんなことはない。
いやいや… 「そんなことない」。

(笑い)

レーサーは レース中は?

僕は 1回 やりそうだったけど。

1回 やりそうだったけど?
おしっこ。

でも できなかった。

あっ 出なかった。
(アレジ) 出なかった。

狭いポジション 座ってるから
できなかったの。

でも やっぱり その後
メカニックとか喜んでた。

何を?
車の中 おしっこしてないで。

タッ!
(アレジ) 何回も ドライブあるから。

そやろね。
そう ある いっぱいある。

たぶん そやろな。

(高橋) 止まって
行ってる場合やないですもんね。

大変な商売やな 皆。

まぁ こっちは行けんねな
上で あんねんな たぶん。

(小林) 行けます はい。
ただ 寒いから

どんどん 尿意 催すやろ?

僕は あんまり
しないかもしれないですね。

(野口)
若いから まだ 若いからね。

そうそう。
レジェンドに聞いたほうがいい。

あぁ そやわ。

まだ大丈夫か?
(高橋) 僕は全くないですね。

今 いくつやったっけ?
46です。

46やったら まだか。
(野口) まだ もうちょっとね。

もうちょっと。

何か 迫り来る それ 嫌やな。

いやいや 人が通る道やから
仕方がないねん。

老眼も まだか。
(高橋) まだです。

あぁ もうちょっとやな。
(野口) もうちょっとだね。

もうちょっとだね。

何で 僕だけ そんな
リーチかかってるみたいな…。

えぇ~ あぁ 犬飼 お願いします。
(犬飼) はい。

僕が ちょっとした
ストレスを感じるのは

マネジャーさんからの
LINEじゃなくて

不意の電話が

すごくドキっとして。
何でや?

緊急のことがあったのか。
電話って 最近 そやな。

(高橋)
かかって来ないですもんね。

朝方の電話とか 怖い怖い 分かる。

それとも 何か バレたのかとか

いろいろ考えて…。
バレた?

バレた?
(犬飼) 何か その

ダメだよって言われてることとか。
…が バレた。

バレたのかもと思って
ドキドキしちゃうので。

何か やってるってことですか?
やってないです 例えばの話です。

(芝) ちゃんと
言ったほうがいいかもしれない。

(犬飼) サングラスを掛けるなって
言われてるんですよ。

えっ あっ 事務所から。
(犬飼) はい。

サングラスは
スターが掛けるものだから

スターになるまでは掛けるな
っていうふうに言われてて。

昔の人やねんな そのマネジャー。

それを 何か
掛けてると怒られるので。

最近は カラーレンズっていって
ちょっと色付きの眼鏡。

あるあるある うん。

あれを 徐々に 長いスパンを
かけて 色を濃くして行って。

(笑い)

(高橋) だまされへんわ
そんなもん 気付くで。

(犬飼) それが バレたのかなと
思って ドキっとしたりとか。

それは 何やったの?
夜中に突然の電話。

イエスかノーかで答えれる 「明日
あれなんだけど 空いてる?」とか。

あぁ なるほど
LINEでもよかったのに

その人は電話なんだ。
(犬飼) はい。

あっ 年齢もあんのよな
電話 好きな人は やっぱり うん。

電話しかアカンっていう人も
いるしな。

LINEでは 届いてんのかどうか
分からないとか。

(高橋) だから きよし師匠とかは
すぐ電話かけて来られるんですね。

そう。
(高橋) 何か テレビで

きよし師匠の名前出しただけで…。
そやねん。

西川きよしって出て来ると…
あっ!

「高橋君 昨日 僕のこと
テレビで言うてくれてたね。

ホンマに ありがとう
元気ですか?」。

たぶん これ言うたら また
かかって来るんですけどね。

だから その話 俺
広げようとしてないやろ 今。

やっぱり… かかって来るから。

これは 先輩からとか マネジャー。

ヒコロヒーは やっぱり マネジャーと
相性もあるやろうけども。

そうですね 私のマネジャー
ちょっと前のマネジャーなんですけど。

昼飯を買って来てほしい
っていうふうな

お願いを
したことがあったんですけど。

その時
マネジャーが買って来たのが

シベリアって分かりますかね?
シベリアって 何や?

シベリア 三角の サンドイッチ
みたいになってるんですけど

真ん中に
あんこが挟まってある。

逆に
どこで見つけて来た?みたいな。

シベリアを 2個 買うて来られて
仕事前ですよ。

ちょっと笑わそう思うとんねんて
マネジャー。

いや あの それが 腹立つねん
何か ノッてくれるとか。

(高橋) 吉本のマネジャーでも
何か いろんな人いるから。

だから 僕 ず~っと前ついた
マネジャー

キジマっていうヤツ
おったんですけど。

楽屋で ちょっと 時間あるから

「『FRIDAY』と『プレイボーイ』
買って来て」って言って

1時間半ぐらい
帰って来なかったんです。

「何で こんな遅いねん」
って言って

「買ってまいりました」って言って
渡されたら

『FRIDAY』は 普通の『FRIDAY』
やったんですけど 『プレイボーイ』 が

エリック・クラプトンが表紙の
本場のやつやったんです。

(ヒコロヒー) どこで買えるんすか?
それ すごいな。

(高橋) 本場のやつ
どこで探して来てん お前。

お前ら マネジャーは大丈夫?
(芝) 僕らは

すごい優秀な人が
女性マネジャーですけど。

だから 優秀な分
たぶん こいつに めちゃくちゃ

イラついたりとかするんですよ。
あぁ そうか そうか。

タクシーとか 3人で乗ってて
会話してても

会話になんないというか。

この人がワクチン
打ったばっかの時があったんです。

「昨日 ワクチン打ちました」とか
言って。

「そうですか どっち
打ったんですか?」みたいな。

モデルナか ファイザーか…
そしたら こいつが

「左です」 それで マネジャーが

「いや… あぁ そうですか」
みたいな。

カレンちゃん
マネジャーは 大丈夫?

はい 私のマネジャーさんは
何か

荷物を多いと笑われる
マネジャーで。

何の? 荷物が多いと笑われる?

何か 例えば スーパーとか
行くじゃないですか 皆さん。

そして 行ったとして
袋を 2袋とか持って来ると

「フッ そんな買ったんですね」
みたいな感じで

絶対に笑って来る人がいて。

(笑い)

(ヒコロヒー)
どういうツボのマネジャー?

葛西さんのクセって どんな?
飛ぶ前とか あるやんか?

(小林) こうです。

分かるか!

(指原)そんなに こぼします?
(澤部)いやいや 子どもは食べこぼしの
天才なのよ~。

も~ 何よ このベタベタ…。

いや もう ホント取るの大変!

えっ それ 取れますよ!
えっ!?

「クイックル」の
♬「『ストロング』で 良くない?」

あっ 何これ!
そうなんです!

すげ~ 一気じゃん!
こんなラクでいいんかい!

こっちも行っちゃうよ~!
ゴ―ゴ―!

ベタベタ拭き取り力 パワーアップ!
サッパリ!

新「クイックルワイパー ストロング」!
ラクチン!
「リフレッシュ レモン」も!

カレンちゃん お願いします。
はい サチコの話に

また なっちゃうんですけど。
サチコって 親友のね。

もう 皆さんも
知って来たと思うんですけど。

素人で
あんな有名なヤツいないよ。

うん サチコが?
(滝沢) 大親友 サチコと

お出掛けをしようって
なったんですね。

そうなった時に
車で行こうってなったんですね。

そしたら
サチコには旦那さんがいて。

えっ?
旦那さんがいて。

結婚したもんね 去年 一昨年か。
(滝沢) そうです そうです。

何で知ってんねん 俺が。
(高橋) サチコの結婚まで。

その時に じゃあ運転してもらおう
ということになって。

サチコが 前の席の左。
助手席で。

その前に 旦那さんが
運転をしてくれたんですね。

私が 後ろに
なっちゃうじゃないですか。

そうやって ブ~ンって行ってたら
いつの間にかに

曲を鳴らし始めたんですよ。
ええやないか うん。

(滝沢) サチコが。
サチコが… サチコが

曲を流し始めた。
(滝沢) ブ~ンって行ってたら

この曲 知ってる!
みたいになって。

これ ホントに私たちの時代だよね
って 中学の話をしてた。

してたら。
そうです そしたら ちょうど

♪~ フンフンフンフン

プスって
次の曲に行ったんですよ。

えっ 何で?
ホントに そうですよね。

何が?

(高橋)
「ホントに そうですよね」って…。

俺 何か 事件に巻き込まれてる?

ホント そのとおりで
えっ 何で?ってなったんですよ。

もう 超 みんなで
盛り上がれるとこじゃないですか。

何の曲だったの? それは。
全部 言うと…。

全部 言うと?
大塚 愛さんの『さくらんぼ』。

『さくらんぼ』 あっ。

♪~ あたし さくらんぼ

もう1回!の後ぐらいだ。

もっともっと もっともっと前。
ごめんなさい。

(ヒコロヒー) ヤバい 捕まった。
もっともっと… もっともっと前。

(滝沢) えっ ここからじゃん
みたいな感じで。

でも まぁ
サチコ 隣に座ってるし

ここは まぁ その人の 何だ?
優先権じゃないですか。

だから みんなで 歌うたでしょ?
(滝沢) そうです。

♪~ 笑顔咲ク
その前まで行ってたんですよ。

その前? 「笑顔咲ク」の前か
かなり前半やな。

そうです そこで
ポチって 横マーク押しちゃって。

そしたら また 次 大塚 愛さんの
『Happy Days』っていう。

♪~ Happy Days
Happy Days

その時も
私が一番好きだったから

これは 絶対に
聴かしていただこうと思って。

みんなで
これは ホントに あの時

好きな人の音だったんだ
みたいな話 してて。

そんな話をしてたから
サビに乗り遅れちゃって。

えっ?
(滝沢) サビに乗り遅れちゃって。

「ほいでな この時 懐かしい…
あぁ サビに乗り遅れた」。

(高橋) Happy Days
言うてもうた後。

話の途中でも
サビ乗ったら どうですか?

そうですよね。
そうですよね ごめんなさいね。

そしたら ちょうど
♪~ Happy Days

…のあたりで また
プチって 横に行ったんですよ。

私 気付いちゃって。
何を?

それ ダメだと思って。

私 何か 丸々
その時に 思い出して来たのが

おじいちゃんの
記憶だったんですけど。

えっ 何や? 大塚 愛ちゃんの
『Happy Days』で

おじいちゃん思い出すの? 何で?

私 おじいちゃんが
家で テレビを見てる時に

ず~っと チャンネルを カチカチ
カチカチしてる人だったんですね。

みんなが見てるのに
チャンネルをカチカチ。

うん それは いるいるいる うん。

だから 1個も 何の番組が
やってるか分からないテレビが…。

お前 サチコの話から
じいさんに切り替えた? お前。

お前のが カチカチ動かしてんねん
チャンネルを。

トークのチャンネルを
いや 「うまい」じゃ ないのよ。

「うまい」じゃ ないのよ。
(滝沢) それを思い出した時に。

おじいちゃん 思い出して
しもうたんだ その行動で。

すごいストレスだったんですね
その時に。

だから その時に
サチコに また バンって戻って。

サチコが その時に 10曲ぐらい
いいとこで 全部を

次へ次へ 次へ次へ 次へ次へ…
ってやっちゃって。

言うたらええやん
ここ 聴きたいんだって。

言いました 言いましたけど
これが 私のやり方だって言って。

(高橋) 強いな サチコ。

これが私のやり方じゃ~い!って
そんなこと言うの?

それが もう ずっと
ストレスだなと思って。

そや あの その人と付き合うん
やめたら どうですか?

(高橋) それが サチコのやり方なん?
って ならば もう やめとき。

はぁ~ えっ 試合前に
聴いたりする曲あるんですか?

結構 ヒップホップ 好きで
聴いてますね。

俺らは いつも
俺が エミネム好きなんで

舞台前にな エミネムをかけて。

何か ごりごりの時代劇なんですよ
舞台が。

それなのに エミネムを
ごりごりに かけて

「俺は エミネムや」言うて
舞台に出て行くっていう。

(笑い)
≪カッコいい≫

(高橋)
「俺は エミネムや~」言うて?

JPは お前 曲 聴いたりとか
覚えなアカンから いっぱい。

流行ってる曲を聴かないと
いけないじゃないですか。

商売的にはな。

そうなんですよ でも 僕 やっぱ
『ONE PIECE』とか好きなんで

『ONE PIECE』の曲とか聴いて
テンション上げたいんですけど

あんま 女性の声 出ないんで

自分のレパートリーの声で
出せるような。

あっ 誰で できんの?

GACKTとかで歌ったりとか。
どうなんの? GACKT。

♪~ ありったけの夢をかき集め

あぁ~! あぁ すごい。

お前 あと 歌ネタ 誰で行けんの?
武田鉄矢さんで歌えたりとか。

その『ウィーアー!』を?
『ウィーアー!』を。

♪~ ポケットのコイン、それと
You wanna be my Friend?

アハハ すごいな。

誰か ものまねできるんですか?

ものまね…。

≪怖い… 怖い ふりだ≫
(高橋) 断っていいよ。

一応 引き出し
開けようとしなくていいんですよ。

いやいや できるはずや こいつ
何かあんねん ホンマは。

ジャンプのまねとかはするんだ
個人個人

クセのあるジャンパーの人とか。
はい。

その形態模写は やるでしょ?
はい。

葛西さんなんか できるの?
(小林) できますね。

葛西さんのクセって どんな?
飛ぶ前とか あるやんか?

(小林) こうやって。
うん そうや。

(小林) こうやって。
うんうん… うん。

(小林) こうです。

分かるか!

(高橋) それ 葛西さん?
こうなんです。

(高橋) でも ジャンプ界は
爆笑なんでしょう。

いやいや これは 皆
おのおの あると思うわ。

だから 岡副なんか
他のアナウンサーの口調とかも

ちょっと まねたりして
笑わしたりすんのやろ?

声を それこそ 夜のニュース
読んでる方みたいにしたくて

低く出してる時
あったんですけど

全然 似ないから
どうしたらいいですかね?

知らんがな!
(笑い)

レースもあるの? レーサーも
ハンドルさばきのやり方とか。

うん まぁ あるよ
レーサーによるけど。

君なんか運転してると お父さんと
似てるねって言われる?

いや あんまり言われない。
あっ 言われない。

撤退しま~す。

撤退しました。

もう 持って生まれた
アニメ声なんだ。

そう言われるのも 何か
すごいストレスなんですけど。

(ヒコロヒー) さんまさん
ストレス 与えないでください。

高野さん お願いします。
はい 学生時代に 男の子と…。

これ 普段の声が そうなの?
(高野) 普段の声 はい。

今 この声が 普段なの?
普段の声です。

ウソ。

もう 持って生まれた
アニメ声なんだ。

そう言われるのも 何か
すごいストレスなんですけど。

ごめんなさい…。

(笑い)
うわ もう出た。

イラついてた。
今 イラつかれました。

さんまさん
ストレス 与えないでください。

ごめんなさい そんな…。

まさか… 俺は MCとして
よかれと思って言うたことやねん。

(高野) すいません。
ほいで その声で。

声のストレスもあるんですけど
実は トラウマがありまして。

トラウマ?
(高野) そうなんです。

学生時代に
男の子と目が合った時に

すごい こう 近づいて来られて
じ~っと顔を見られて

「お前 眉毛 つながってんぞ」
って言われたんです。

声優さん? 相手も
「お前 眉毛 つながってんぞ」。

≪役に入ってるかのような
言い方でしたね≫

シャンクスで言うてあげ。

(JP:シャンクスのものまね)
この帽子をお前に預ける
眉毛 つながってるぞ。

(高野) ヤダ! ショック。

あっ お前 眉毛… つながってる人
井上何とかちゃんも そったよね。

(高橋) 井上咲楽ちゃん。
眉毛 つながってんの?

学生時代の話なんですけど
でも その頃 ショック過ぎて

次の日 全そりにして。

あぁ~ 嫌やもんな 女の子
そういうこと言われたら。

いじられるのもヤダし
つながってるって

また言われるのもヤダから
全部 そって行ったら

誰からも
話し掛けられなくなりました。

そらそやろ。
(高橋) 怖いもん。

それがトラウマになっちゃって

今も 眉毛は つながらないように
気を付けようって思ってます。

脱毛したらええやんか。
脱毛できるんですか? ここ。

できるよな?
(上國料) できます。

どうしてるの? 彼女は。

私も 顔脱毛とか やってます。
やってるよな。

はい できます ここも。

メークのりとかも
めちゃくちゃ よくなるので。

あぁ そういうもんなの。

そやから ケガせんように
毛とか そるんでしょ?

スキーは やらないの?
ジャンプは。

僕は ただただ 脱毛してます。

≪ただただ≫
それは何で?

いや 何か
ないほうがいいかなと思って。

そやよな
俺も たまに そう思うねん。

毛って 邪魔やよな。
(高橋) 僕も してます。

ウソやん! お前 全部 行ったん?
(高橋) 行きました 全部。

うぇっ!?

全部 行きました
全部 行きました。

お前は 何で やったん?
大きく見せるために?

いや 違います そんな
見えのために やってない。

見えのために やってないです。

千鳥のノブが 「やったら めっちゃ
よかったですよ」って言って。

「高橋さんも
やったほうがいいですよ」って

ノブに紹介してもらって。

「ほんなら行ってみるわ」
っていって 行ったんですよ。

でも 行ったら 受付で

あの~ 「今日は VIOですか?」
って聞かれたんですよ。

VIOって
場所のことなんですけど

その時 僕
よく分からんかったから

「いや ノブの紹介です」って。

VIPの違うやつ思うたん?

VIPの 何か そういうのんの
脱毛バージョン みたいなことなんかな。

脱毛は どうなんですか?

ダッソウって…。
ダッソウで?

えっ? あっ 分からない
日本語で ください。

OK え~ 脱毛…
いや 言うてるやないか!

犬飼 やってんの?
(犬飼) いや 僕は やってなくて。

でも やっぱ 俳優をしていると
例えば ヒゲ面の役だったりとか。

あっ そうか そうか そうか。
(高橋) あぁ いるもんね。

そうか そうか。
役が来た時に 全部ないと

ちょっと 面倒くさいことに
なるなと思って

僕は してないですね。
あぁ そうか そうか。

ヒゲ生やさなアカンし
体毛が多い役もあるもんな。

いや ないんじゃないですか?
それは。

(笑い)

あるわ!

え~ このブロックの最後
芝 お願いします。

僕 ず~っと

個人経営の 小っちゃい
カラオケ屋さんで働いてたんですよ。

あっ そう。
(芝) はい そこで

昼間の時間帯って その近所の

おじいちゃん おばあちゃんで
部屋が満室になるんですよ。

おぉ カラオケ大会しはるんやな。
(芝) はい 早い時間は。

おじいちゃん おばあちゃんたち
結構 みんなが

好き勝手 ガンガン言って来る。

部屋も みんな カラオケの文字が
見えないから もう。

「窓がある明るい部屋にしてくれ」
って みんな言って

そこを取り合いとかになるんです。

「飲食 持ち込みダメです」
って言ってるんですけど

平気で 弁当 出して
食ったりするんです。

「ダメダメ ダメダメ!
腹へってんだったら

焼きそばとか メニューあるから」
「それ ちょうだい」って言うから

作って 持ってって。

そしたら また 電話が鳴って
「言い忘れたけども

歯が少ないから
キャベツだけ 別で 湯がいて

軟らかくしてから出してくれ」
とか言うんです。

そういうのが乱発するんです。

あぁ 年を取ると
わがままになるしな 人間。

(芝)
別に悪気はないんでしょうけど。

それを全部 1人で やんなきゃ
いけないのが すごいストレスで。

難儀やな 年寄りって…
まぁ まぁ 仕方がないよな。

仕方がないんですけど。
大変やねんな。

(ともしげ) バイトはね
頑張んなきゃいけないからね。

(野口) 話 聞いてて そのカラオケ屋
行きたくなりました 僕。

そういうの
聞いてくれるほうがいいから。

あっ そうか そうか。

だから 地球に戻って最初のカラオケは
そのカラオケ屋に行きます。

まだ カラオケ行ってないんですか?
まだ行ってない。

カラオケは
何をお歌いになるんですか?

サザンとか 茅ヶ崎なので。

サザン世代なんだ。
(野口) サザン世代。

こんな おっさんが
サザン歌うんだ。

(ヒコロヒー)
もうちょっと言い方ありますよ。

嫌なカラオケやぞ。

「胸さわぎの腰つき」って
言うねんで。

で キャベツは
キャベツは軟らかめに。

(ヒコロヒー) 歯 悪くないでしょ。
あるでしょうに 歯も。

ともしげは 何 歌うの? お前。
(ともしげ) 僕は 『笑顔のまんま』です。

さんまさんの やっぱ
この曲が好きなんです ホントに。

(芝) うらやましいです
芸人さんで 歌 出してる人って

みんなで 何か 忘年会とか
カラオケとかに行っても

最後 それ歌ったら
締まるじゃないですか。

そうやねんな みんな 入れよるわ
俺 歌 下手やから あれやけども。

一応 入れるから
最後に歌わなアカンねん。

あれ うらやましい。
最高です。

お前らも もうすぐ
CDの話とか来るぞ。

ホントですかね。

お前 どんな歌を歌いたいの?
演歌なのか ロックなのか。

でも ハッピーな曲がね
やっぱ ハッピーな曲。

(芝) ジャンル。
(ともしげ) ジャンルは ハッピーな。

(高橋) 聞いたことない
ジャンル ハッピー。

誰か サザンに
書いてもらいたいとかやな。

(ともしげ) そんなこと
できないじゃないですか。

いやいや テレビで言うとけって。

見てはったら
「書こうか」になんねん 意外と。

えっ!
誰に書いてほしいねん? 曲。

Mr.Childrenさんとかに…。
(笑い)

大きく出ましたね。
(高橋) 厚かましいで。

厚かましいわ アホ!
(ともしげ) お願いします。

野口さんは 誰も やってないぞ。

どこまで捉えた?

テーマ 変えます どうぞ。

よし。

あぁ そういえば スズキ
営業 慣れたか?

まだまだですね。

はい。

えっ?

ヒコロヒー
えらい うなずいてたけども。

偉いですね
やっぱ 飲んでたりとかしても

何か 飲んで1時間目と
飲んで3時間目と

全く同じ話を全く同じテンションで
言わはる先輩方とか

やっぱり いるじゃないですか。
過去の栄光とかな。

でも お前 「俺が育ててあげた」
とか言うヤツ いるやろ。

います めちゃくちゃ いますね。

JPあるやろ
もう出て来てるやろ。

僕も めちゃくちゃ いますね
僕 いますし

あの~ 内藤剛志さん…。
おぉ 内藤さん。

この間 現場で 一緒だった時に
ずっと

「俺 お笑い 好きやねん
めちゃくちゃ お笑い 好きで」。

待て お前
ものまねしたいだけやろ お前。

違う 違う…。

お前 会うてないのやろ
内藤さんと。

お会いしてます! 何で
ウソの情報 全国で言うんですか。

そんなんアカンで お前
会うた人 ものまねすんの。

そのJPから お願いします。

僕が戦ってることは
今 ちょっと 新ネタを…。

あっ この間も言うてたな。

やっぱ 松本さんで バッと
出させていただいたので

もう どこ行っても 新ネタ
新ネタ 新ネタって言われるので。

あぁ 取り合いやしな。

誰かがヒットさせたら
それ できないしな。

(JP) そうなんですよ
ってなってたら ホンマに もう

現場調達するとか。

例えば ヒコロヒーさんとか
しゃべってはる時に もう…。

クセを見抜くのか。
えっ!

どんなん? ヒコロヒー。

(JP:ヒコロヒーのものまね)
飲みの席なんですけど。

必ず 頭に「飲みの席なんですけど」
って枕が入る。

今日の話が たまたま
それやっただけですよ。

わし いっつも
「飲みの席なんですけど」って

どんな設定の芸人なんですか。

野口さんは 誰も やってないぞ。

≪野口さん 見たことない≫

今日 見た感じでは
どこまで捉えた?

(JP:野口聡一のものまね)
えっと あの ホンマ あの
宇宙から帰って来たら…。

それ 南海キャンディーズの
しずちゃんのほうやんか。

しずちゃん どんなや?
しずちゃん。

ホンマ あの~ 抱きたいわ 自分。

(笑いと拍手)

うまい うまい!

求められるんで こういうことを。
(高橋) すごいな。

皆 そうらしいぞ。

流行りの人が もうね 多数
出てくれたらええねんけども

1人か2人やんか その年
先に やって…。

なぁ。
取り合い 取り合いで もう。

古賀シュウなんか ブワ~ 強引に
取って行きよんねんな。

古賀さんは もう
勢いで取って来るんで

やると 「JP 先 やってるから」。

(高橋) そんなん あんの?
そんなん あんねんて。

「先 やってるから」っていうの
あるんですか。

こんな屈強な男が
「先 やってるから」。

はぁ~ やっぱり もう
新しいもの 新しいものなのか。

せやから 野口さん 誰も
やってらっしゃらないですよね。

私 あげます やってもらって。

僕と小林君 2人一遍にやるとか。
一遍に?

(JP) 何? 何を?

野口さんに 「何?」ってないやろ
先輩に対して お前 「何?」って。

何を言うてるんですか?って
何を言うてはるのか。

(高橋)アドバイスしてくれてはる。
アドバイスしてる。

アドバイスや そやから
ジャンプの小林と 野口さん。

ジャンプする野口さんや。

ジャンプする…。

(高橋) そのまま 宇宙に。
そうそうそう。

おい しずちゃん 撃ったれ。

(JP:山崎静代のものまね)
いや ホンマ… バ~ン。

(笑い)
(小林) ヤベェ。

アレジさん 今 日本の芸人の
ものまねなんか分からないでしょ。

分からない でも 笑ってる。
あっ 雰囲気で。

みんな笑ってるから
笑わなきゃダメ。

(笑い)

ものまねとか そや
分からへんもんね。

日本に来て どれぐらいですか?

まぁ 去年? 去年から そう。

モグライダーとか
知らなかったんだ 今日まで。

ごめんなさい 知らなかったです。
それが正しいと思います。

カレンちゃんは?

カレンちゃんは知ってた。
おぉ~。

マガジンで 『Tarzan』で見て。
ありがとうございます。

(高橋) 雑誌で。
そうです。

そう 美しいと思った。

(滝沢) ありがとうございます
フフっ フフフ。

(笑い)
≪何だ 何だ?≫

小林さん お願いします。

僕が ひそかに戦ってることは

家の汚さと戦ってますね。

片付けられないのか。

基本的に
怠けグセがあるんですけど

それに加えて ほとんど
遠征とかで 家に いないので

どんどん 物だけ増えてって

そのまま 汚いっていう。
あぁ~。

これは でも 男1人… 今 25歳。

これは仕方がないな
こんだけ忙しかったら。

邪魔くさいよな
家に帰って 片付けるって。

(高橋) そうですね
さんまさん 自分でやられてる…?

自分で 意外と 自分で やんねん。
(一同) へぇ~。

俺 ちょっとした潔癖性や
ちょっとした。

奇麗にしてはるんですね。
余計 アカンねん。

コロコロが もう
夜中に やってる時あるわ。

(一同) えぇ~。
高橋 お前も そうやろ?

いや 僕は 家の掃除とか
全部 やってもらってますね。

あっ…
誰に やってもろうてるの?

フィリピンのおばさんに。
(笑い)

(芝) そういう会社の
業者さんってことですよね。

また変な話かと。

そう 言い方 悪かったですね。
(芝) その方がフィリピン人。

ハウスキーパーの方が
フィリピンのおばさんなんです。

あぁ いや… JP 1人?
(JP) 僕 1人です。

掃除とか大変やろ?
(JP) 僕も 結構 潔癖なんで。

カツラとか めっちゃ かぶるんで
むちゃくちゃ におうんですよね。

あっ そうか そうか。
(JP) はい。

いきなり 世に出たものですから
カツラが松本さん1個しかなくて。

毎回 かぶってるから
めちゃくちゃ臭くなる。

剣道の防具みたいな…。
(笑い)

(JP) それをこうやりながら
かぶらないといけない。

本番中やから
余計 頭に 汗かくしな。

そうなんですよ だから
いろんなスプレーやったら

訳分からん においになりながら
毎回 かぶって。

今日は 松本のカツラだけ?
今日 これだけですね。

こうやって かぶって
やるんですけど。

(JP:松本人志のものまね)
たまに 浜田の屁みたいな
においするんですよ。

今日は 松本一本で
行こうと思ったのか。

(JP:松本人志のものまね)
そうなんですよ でも 早い段階で
さんまさんに崩されてもうたから。

球種が多いから
さんまさんは もう。

だから 後半やる
モグライダーの芝も

先に やられてもうたから
アハハハ。

自らやな。
そういうことだったんだ。

(JP:松本人志のものまね)
まぁまぁ
こっから仕上げて行ければな。

(芝) 後半だったら
もっと似てたってことなの?

そういうことや どんなや?
後半にやったら モグライダー・芝。

(JP:芝 大輔のものまね)
うるせぇ バカ野郎!

似てない。
(芝) 似てねえじゃねぇか!

(ヒコロヒー)
びっくりするぐらい似てない。

下 降りてるのに
上に上がるぐらい。

≪そんなことあるんですか≫
あるか!

カレンちゃん お願いします。
はい 私は

エレベーターに一緒に乗ることを
避けることに

戦ってるんですけども。

あぁ 分からんではないけども
俺は乗ってしまうわ。

乗ってますよね。
(笑い)

(高橋)
何か ちょっと あきれた感じ。

ほいで?

例えば 『さんま御殿‼』さん
とかの日の帰りとかだと

誰かが まず エレベーターを
待ってたとしたら

必ず もう 遠くにいるんですよ。

あっ もう 嫌なのか。

(滝沢) そう もう なるべく
誰かと一緒…。

例えば 私の後から来た
グループの方がいたとしても

それの方に 「先に どうぞ」って
言われないように

こっちは こっちで 「先に どうぞ」
って言って そしたら

「先に待ってたじゃないですか」
って言われるじゃないですか。

その時に 「私 上に行くんです」
って言うようにしてるんです。

ハハハ…。

(高橋)
ウソついて 乗りたくないから。

何で? ええやん 皆 こうして
生きてんねんからやな。

何で ウソまでついて 嫌なの?

ウソって
小ウソになるんですけど。

大ウソじゃなくて 小ウソ
初めて聞いた。

ほいで?
(滝沢) それは なぜかというと

このエレベーターという
箱の中の時に

何か 気まずいじゃないですか。

しかも 何か でも
気まずいのも申し訳ない。

でも 楽しませるのもな~
とか思って。

(高橋) そんな期待してないで。

エレベーター あんまり
楽しませられへんで。

あんまりな 「うわ ボタンやな」
言うぐらいやから。

1回 でも さんまさんと

ホントに どうしようもなく
一緒になっちゃった時があって。

(高橋) 逃れられへんかったんや。
この間な この間な。

もう入ってて もう 私には 目が
もう 前にしか見えなかった時

その時に バババババっと

さんまさんの団体が
いらっしゃって。

でも 奥にいたから
出れるに出れないじゃないですか。

(高橋) そやな。
まずい!と思って でも その時…。

「まずい!」って おかしい。

でも その時に
すごいと思ったのが

さんまさん
あのエレベーターの数秒でも

笑いを起こしてるんですよ。

「カレンちゃん こうやな」
って言うただけやないかい。

でも ツッコミも やっぱり
ちょっと小っちゃい声に

なるじゃないですか
エレベーターって どうしたって。

でも その小声なのに その
さんまさんの あの言葉で…。

たぶん 何か この番組のことを

結構
引っ張ってたじゃないですか。

そう その流れで
カレンちゃんに言うてんけどな。

今日 この流れで
どうのこうのやなって言うた。

それが その小声で
バンって言っただけなのに

フワっ!て 何か ホントに

下 降りてるのに
上に上がるぐらい。

(笑い)
≪えっ!?≫

ウケ過ぎて 上昇気流。

≪そんなことあるんですか≫
あるか!

(ともしげ) えっ!?
あるか!

もう それは 宇宙ですよ 宇宙。

宇宙!?
(野口) それが宇宙。

俺が 笑いの宇宙飛行士なんだ。
≪すごい≫

すごかったんです
それを経験してしまったので

余計に
ひととのエレベーターって

こんなに数秒でも
楽しませてもらった。

ちゃう カレンちゃんやから。

俺も 知らん人とばっかりやったら
黙ってるよ。

そんなん いちいち
「あのね…」とか言わないよ。

女の子なんか やっぱり ちょっと
嫌なのか おっさんとかと一緒に。

そんなことはないですけど。

長いものには巻かれるタイプ
といいますか

みんなで乗ると ちょっと 列を
乱しちゃいけないなと思って

ついて行く方式は
とるかなって思います。

どう? 彼女なんかは。

さんまさんと2人だったら
「先に行ってください」って

私も言うかもしれないです。
何でや。

緊張しちゃうから。
俺が何すると思ってるの?

でも 今 カレンさんの話 聞いて
一緒に上に上がりたいなって。

(高橋) 上昇気流を生み出すぐらい
エレベーターで。

≪すごいよ≫
乗ってみたい。

≪宇宙なんだから≫

汐留の宇宙を経験したくない?
≪すごい!≫

え~ 野口さん お願いします。
(野口) はい。

日本に戻って来て 3か月ぐらい…
ずっと アメリカにいたので。

アメリカにいると あんまり
日本人に会わないので。

でも 帰って来て こう
電車に乗るとかの時に

バレちゃうと嫌なので
恥ずかしいので

何か こう バレないように
したいんですけど。

ですから タレントさんとか
きっと 上手だと思うんだけど。

帽子かぶったりとか
サングラスとかすると

かえって 怪しい人になっちゃって
目立ったりするので

何か いい隠れ方がないかなと
思って

今 一生懸命 ひそかに戦ってる。

これね 作業服です。
あっ 作業服。

俺は よく 週刊誌に
追い掛けられて もう 毎日

5台ぐらい ついて来たような
時代の人間やから。

一番バレないのは 作業着です。
(野口) 作業着 あぁ~。

作業着屋さんで買って
上下の 帽子と。

「工務店」とか書いてあるやつ。
≪へぇ~!≫

それで タオルやったら まぁ
1回もバレてない。

(野口)
それ いい それ 採用します。

もう 明日から それで。

「野口」でいいじゃないですか。
いやいや いやいや…。

皆も会いたいやろうし
サインも欲しいやろうし。

明日から 作業着と 工具箱 持って
電車に乗る。

もう100%です。
(野口) 100%。

(高橋) でも 万が一 バレた時
倍 恥ずかしくないですか。

≪そこまでやってもバレたら≫

どうしてんの? バレないように。
(高橋) 僕 まぁ

帽子かぶるぐらいですね。
ぐらいか。

犬飼 どうしてんの?
バレないようにするためには。

僕 外に出ないんで
バレないですね。

≪そうか≫

ヒコロヒーは どうしてんの?
隠れんのは。

私は変装してないです 一切。
もう そのままで。

はい そのままで やってますけど。

カレンちゃんは? ちなみに。
(滝沢) 私はマスクだけです。

今 もう いいやと思って。

もう仕方がない 俺みたいな
考えになってるんでしょ。

これは… もう 野口さん
俺も そのままのほうが。

会いたいと思うしな
サインも欲しいとか思うし。

座右の銘とか書かれるんですか?

「希望の未来圏へ」って書きますね。

最初に 宇宙に行った時に…。

宮沢賢治さんの言葉で 「未来圏」
っていうのがあるんですけど。

それで 何か 希望の宇宙へ
みたいなので。

未来の未来… 「けん」は?

(野口) 首都圏とかの「圏」。

未来の圏。
(野口) 未来の圏。

これから 未来ゾーンに行くぞ
みたいな意味で。

宇宙は 未来が いっぱいの

楽しいとこだっていう感じで
「未来圏へ」って。

もう 野口さんしか書けない。

それ 欲しい人
いっぱい いますよ。

(岡副) 欲しい!
えっ?

私の麻希の「希」が 希望の「希」で
だから…。

(野口) じゃあ ちょうど ねっ
宇宙の希望。

ひと文字やないか。
(笑い)

え~ ともしげ お願いします。
(ともしげ) はい。

僕が三四郎の小宮君と
全部が同期なんです。

お笑い 始めた…。
お前 小宮と同期なのか。

完全なる同期で すごく古く
仲よくて 家も近くて。

結構 前から 僕
ライバルだって言ってて。

ライバル
三四郎とはライバル 小宮とは。

ライバルだよって
言ってたんですけども

小宮のほうが
爆発的に売れちゃって。

もう 最近とかは ずっと
おごってもらってたんですよ。

300万ぐらい
おごってもらってるし。

トータルすると 300万ぐらい。

(ともしげ) そうなって来ちゃって
心 折れちゃって

もう辞めようかなぐらいの時
あったんですよ。

その時に 小宮が めちゃめちゃ…。

いつも怒んないんですけど
その時は怒って

「ライバルだって言ってたんだから
勝手に辞めるなよ」って…。

あっ カッコいい。
(ともしげ) 続けられたんで

これは 小宮に恩返しするまでは
辞められないなって

ずっと戦ってる。
あぁ ええやん。

「お前 俺のこと
ライバルだって言ってたろ。

そういうヤツが辞めるなよ」
って言うたん?

言われてて はい。
はぁ~! お前 座右の銘は それ?

座右の銘… そうですね。
違うやろ!

(芝) どれになるの? それ。

ともしげ
お前の座右の銘は何なの?

僕は 「ゆっくり寝る」です。

(笑い)

(芝) ゆっくり寝る?

ぐっすり寝るとかじゃなくて
ゆっくり寝る。

「ゆっくり寝る」って
それは 要するに あれやろ?

布団の中で ず~っと
長時間いるということか?

寝てる時間 やっぱ 楽しいんでね
やっぱ その時間をゆっくり…。

要するに
まどろむ時間が欲しいのか。

そうですね。
違うやろ!

いや でも…。

(高橋) 何や もう
面倒くさなってるのか。

小宮が頑張ってくれたから
頑張れたんやろな。

そういうの あるの? やっぱり。

(JP:小宮浩信のものまね)
そう そう だから もう1回…。

小宮だ! 小宮!

(JP:小宮浩信のものまね)
一緒に頑張ろうよって
言ったじゃないか。

口 爆発して 死ね。

それ しずちゃんや言うてんねん。

(JP:山崎静代のものまね)
爆発して バ~ン。

(ヒコロヒー) ミックスし過ぎ。
(高橋) まざってもうてるやん。

<3組目は…>

<さらに

意外にも…>

(拍手)

もう 何なの? あの
600万回数超えとかいうのは。

(大久保) 『SPY×FAMILY』
っていう漫画 知ってます?

今 アニメ…。
そう 一番流行ってて

その中に 女の子で
アーニャっていう女の子がいて。

いる いる 何か
変な しゃべり方する子やな。

「父 母」って言う。
「父 母」 せや せや せや。

(大久保) で そのコスプレをして
カヨーニャ カヨーニャって

もじって言ってたんですよ
カヨーニャだから。

そしたら 「カヨーニャじゃねえよ
バーニャだよ」っつって

バーニャ バーニャ
言われだして。

はぁ~。
で バズりだしたんですよ バーニャで。

いや そういうので
人気になるのか すごいよな。

初めての方が 意外と
たくさん いらっしゃって。

美村さん。
(美村) よろしくお願いします。

片仮名のミムラから変えたんだ。
はい 変えました 名字名前に。

なぜ 変えたんですか?

大河ドラマに出てる時に
クレジットで出てて

やっぱり 漢字の名前に
戻りたい気持ちになり。

そうか 大河ドラマのロールとか
流れると 片仮名が嫌なんだ。

何となく ちょっと
落ち着かない気持ちになって。

ただ 呼び名が変わると
面倒くさいので

名字に そのままスライドして

下だけ
自分の本名を持って来ました。

いろいろ あるんですね 美しい村。
(美村) ありがとうございます。

里の江。
江 はい 里の江。

どうやねんという。
(笑い)

そして 青木さん。
(青木) はい。

愛媛から来ました 今日。
ありがとうございます。

愛媛から じゃこ天 持って。
(青木) はい じゃこ天が お好き。

俺が じゃこ天 好きだというのを
知っていただいてて。

(青木) 飛行機
乗り遅れそうだったんですけど

じゃこ天だけは いると思って
買って来ました。

これは さんまに
持って行かなアカン!思って。

今日 君が じゃこ天 持って来た
おかげで これ 終わってから

俺 キャベツ買いに行って
一緒に炒めなアカンねんからね。

お願いします。
ほんで 局のアナウンサーでしょ。

そうです 何で この場にいるのか
というのが私も分かってないです。

豪華なメンバーの中に… そして
いつか フリーになろうと?

いや 考えてないです 今のところ。
そういう人しか ここ 座らないよ。

こちらに
フリーの先輩がいるからね。

(鷲見) 後で
連絡先 聞いてもいいですか。

ホンマ?
(鷲見)聞いて来いって言われてる。

(大久保) え~ 引き抜き。
いや せやろな。

たまたま 青木さんが テレビで
しゃべってるのを見て

「この子 どうですか?」って
事務所の人に言ってたんですよ。

ウソ! どう どう どう?

何か 今 手が震えてます。
セント・フォースに入るか

バスケットボール選手と
結婚するか どっちかやぞ。

どっちかですか?

びっくりするからね フジテレビの
久慈アナというアナウンサーが

フリーになって セント・フォース
入んのかな思ったら

バスケットボール選手と結婚して。

何か インスタに 「ロスの休日」
とかいって 載せてた。

はぁ?って言うて。

そして 花乃 花乃まりあさん。

おいくつでいらっしゃるんですか。
29歳です。

宝塚でしょ?
(花乃) はい 元宝塚です。

早々 退団したんだ。

そうですね
25歳で退団しました。

えっ
何で そんな早く 退団したの?

もう トップ娘役に
就任させていただいて。

25で もう トップになったん?
はい 23歳で就任しました。

何があって
そんな早く トップになれるの?

(花乃) いや えっ そうですね…。
才能やな 才能や。

才能や 間違いない 23で…
そして もう すぐ辞めようと?

いろんな役を
演じさせていただいたので