ジャンクSPORTS【日本の宝!大谷翔平&佐々木朗希を徹底分析!伝説が続々】[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ジャンクSPORTS【日本の宝!大谷翔平&佐々木朗希を徹底分析!伝説が続々】[字][デ]

大谷翔平&佐々木朗希…日本の宝を徹底分析!大谷の母校で伝説探し!暮らした寮に怪物の痕跡を発見!佐々木の完全試合全アウト&大谷今シーズンHR全て見せます

ご案内
放送中、データ放送に参加するとQUOカードが当たるチャンスが!
▽オフィシャルホームページ 
http://www.fujitv.co.jp/junksports/index.html  
▽番組Twitterもぜひご覧下さい!
番組内容
『ジャンクSPORTS』は、MCの浜田雅功と、各界で活躍する一流のアスリートたちとのクロストークが大きな見どころ。
今回は「大谷翔平・佐々木朗希 日本の宝を徹底分析SP」と題して、日本球界を代表する2人をスタジオゲストが徹底分析!「チーム大谷」には、日本ハム時代に大谷をコーチとして指導した白井一幸、大谷が出場する試合を数多く解説している多村仁志、
番組内容2
ジャニーズNo.1の野球少年・髙橋優斗(HiHi Jets)、野球キャスターを務め、メジャー好き女子の山本萩子が参戦。
「チーム佐々木」には捕手目線から佐々木を分析する谷繁元信、佐々木が所属する千葉ロッテかつてのエース黒木知宏、高校野球ファンとして高校時代から佐々木を追い続けていたという伊集院光、『S-PARK』のキャスターとして佐々木の完全試合の偉業達成の瞬間を見守った佐久間みなみアナウンサーが
番組内容3
参戦する。
今年プロ野球界28年ぶりに完全試合を達成し、今シーズンの日本野球界を盛り上げている佐々木と、今シーズンもメジャーでさらなる進化を遂げている大谷の偉業達成の瞬間や今シーズンの全ホームラン、さらに2人のルーツにも迫っていく。
出演者
【MC】
浜田雅功(ダウンタウン) 

【進行】
三宅正治(フジテレビアナウンサー)、永島優美(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト】
伊集院光 
黒木知宏 
佐久間みなみ(フジテレビアナウンサー) 
白井一幸 
髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.) 
谷繁元信 
多村仁志 
山本萩子 
※五十音順
スタッフ
【総合演出】
當麻晋三 
【チーフプロデューサー】
蜜谷浩弥 
【プロデューサー】
滝澤美衣奈、池田拓也 
【スポーツプロデューサー】
本間学、宮下正孝 
【スポーツディレクター】
齋藤拓也 
【制作】
フジテレビ 第二制作部、スポーツ部

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 三宅
  2. 大谷
  3. 尾形
  4. 朗希
  5. 藤田
  6. 佐久間
  7. キロ
  8. 完全試合
  9. 三振
  10. 試合
  11. 翔平
  12. ヤバ
  13. 伊集院
  14. 今シーズン
  15. 大谷選手
  16. 谷繁
  17. 多村
  18. アウト
  19. ホームラン
  20. 記録

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/09 14:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

大谷 翔平 佐々木 朗希
日本の宝を徹底分析SP!

[日本球界 いや
世界のベースボールの宝ともいえる

この2人を…]

[分かれて 徹底分析!]

[さらに…]

[全て見せます!]

[まずは 令和の怪物
佐々木 朗希を徹底解剖です!]

谷繁さん どうですか?

もう それしかないです。

へえ~ そうですか。

マジで?

そして 伊集院さんと
佐久間アナウンサーは…。

たまたまオフで
プロ野球 見たくて。

あっ 佐々木 投げるんだと思って
行ったら

目の前で完全試合ですよ。
えっ!

完全に。

いたんですか?
(佐久間)そうなんですよ。

私 キャスター就任して
初めての野球取材が

佐々木 朗希投手の完全試合
だったんです。

(佐久間)思いながら見てました。

ホントに うらやましすぎる。
そう あなたね。

年間300試合は見てるのに。

ちなみに 山本さん
どこで この試合 見てた?

テレビの前で…。

(三宅)さあ 佐々木 朗希が
完全試合をしました

4月10日のオリックス戦
全27アウトを

全て生実況で
お見せいたしましょう。

(三宅)今シーズン3度目の
マウンドに上がった

3年目の佐々木 朗希。

(三宅)この試合で
いくつもの偉大な記録が

達成されることになります。

ちなみに この日 偶然にも
『S-PARK』の取材で

藤川 球児さんと
佐久間アナウンサーが観戦。

何にも分からへんのにおんねん。
(佐久間)すいません。

(三宅)注目の立ち上がり。
まずは先頭の後藤を…。

(三宅)セカンドゴロ。

(三宅)2番 バレラを…。

(三宅)ファーストゴロに打ち取り
簡単にツーアウトを取ると

オリックスの主砲
吉田に対しては…。

(三宅)何と…。

(三宅)上々の立ち上がり。

すると ここから 佐々木 朗希
圧巻の奪三振ショーが始まります。

2回 ラベロ。

福田。

そして 西村と 圧巻の…。

(三宅)バットとボールが
こんなに離れています。

さらに 奪三振ショーは続き

紅林を…。

(三宅)福永も…。

(三宅)宜保に対しては…。

(三宅)自己最速 164キロの
ストレートで空振り三振。

受けてる方も気持ちええやろね。

(三宅)気付けば これで…。

(三宅)すごいぞ 朗希!

これには 藤川さんも!

(三宅)注目の…。

(三宅)打席には…。

(三宅)ここも147キロの
高速フォークで8連続。

そして バレラ。

(三宅)163キロの直球で
見逃し三振。

これで 日本記録に並ぶと

記録更新がかかる 次の打者は

今 プロ野球で
最も三振をしない男…。

(三宅)注目の初球。

(三宅)続く 2球目。

(三宅)これまたカーブで
空振り。

これでツーストライクと
追い込むと 3球目は…。

ファウル。

(三宅)そして 4球目。

(三宅)空振り三振。 実に…。

(三宅)これで終わらないのが
佐々木 朗希。

ここから いったい どこまで
奪三振記録を伸ばすのか?

5回 先頭のラベロ。

福田。

そして 西村と
5回を終え 何と…。

(橋)初めて見た。

「参りましたか」!?
(佐久間)すいません…。

(三宅)5回が終わり
全15アウトのうち

何と 13が三振という
とんでもないことに。

すごい すごすぎるぞ 朗希!

さあ
記録は どこまで伸びるのか?

6回は 紅林から。

頑張れ 紅林! 打てよ!

(三宅)佐々木 投げました。

打った! 外野に飛んだぞ!
どうだ?

ここは センターフライで

惜しくも連続奪三振は
途絶えましたが

これまでの記録を
大幅に塗り替える 13連続奪三振。

(三宅)驚くべき
日本記録を打ち立てました。

(三宅)さあ この辺りから…。

(三宅)期待が高まります。

(三宅)続く 福永は…。

(三宅)キャッチャーフライ。

宜保は…。

(三宅)空振り三振で…。

(三宅)ところが 7回に
この試合…。

(三宅)先頭の後藤に対して。

後藤 見ろ見ろ。 球 見ろ。

(三宅)何と 3連続ボール。

(三宅)完全試合に向けて
大ピンチの佐々木。

注目の第4球。
見ろ 見ろよ。 見ろ。

ちゃんと見ろ。
ボールかも分からんぞ。

あ~ ストライク。

(三宅)ストライク。

(三宅)スリーボール
ワンストライクからの5球目。

まだ見れるよ… 何しとんねん。

(三宅)打ち上げた! どうだ?

(三宅)見事 ライトフライに
打ち取って

ピンチを脱した佐々木。

(三宅)本人も投げた後 この表情。

(三宅)続く バレラを…。

(三宅)セカンドゴロ。

吉田を…。

(三宅)163キロの直球で
見逃し三振にきってとり

いよいよ…。

(三宅)そして 迎えた8回。
佐々木は ここでも…。

(三宅)4番 ラベロを…。

(三宅)この日 16個目の三振。

そして 5番 福田。

(三宅)さらには 6番 渡部と

主軸相手に…。

(三宅)いよいよ 完全試合まで
あと アウト3つ!

(三宅)大偉業 完全試合!
何で 一茂がおんねん。

(三宅)その瞬間を 観客も
固唾をのんで見守ります。

さあ 佐々木 朗希
完全試合をかけて…。

(三宅)最後の攻撃…。

(三宅)先頭 中川。

(三宅)これでワンナウト。

完全試合まで あとアウト2つ。

(三宅)続くバッターも
代打 山足。 その初球。

(三宅)ショートゴロに打ち取り

完全試合達成まで
いよいよ アウト1つ。

ヤバいヤバいヤバい… 頑張れ!

(三宅)打席には ラオウこと…。

杉本いけよ。

何しとんねん。
(三宅)初球は

146キロのフォークで空振り。
見ろ 見ろ 見ろ。 球 見ろ。

(三宅)2球目も
フォークを落として

ツーストライク。
ヤバいヤバいヤバい…。

(三宅)いよいよ
完全試合達成まで

あとストライク一つ。
守備陣にも緊張が走ります。

緊張せえ 緊張せえ。

(三宅)そして
その瞬間は訪れました!

(三宅)
やりました 佐々木 朗希…。

(三宅)しかも…。

(三宅)弱冠20歳 プロ3年目で

完全試合という大偉業を
成し遂げた佐々木 朗希。

私たちに…。

正治 よく頑張りました。

(永島)
さあ 皆さん どうでしたか?

あらためて 完全試合 見て。

あ~ まあ そうか。
初めて見たんですけど

「見えねえよ」って
なっちゃうから 売り子さんが

こんなに低い姿勢で
ずっと ビール…。

邪魔になるからね。

(佐久間)いや でも 確かに
おっしゃるとおり…。

感じましたね。

「盛り上がってきましたか」
みたいなこと おっしゃって…。

「盛り上がってきましたか」

確かに
藤川さんの「参りました」が…。

「参りました」って言うたら
「参りましたか」って言うてた。

野球好きで
ずっと見てますけど

あんだけ毎日練習してても
当たらんもんですか?

(谷繁)さすがに…。

思いながら 見てましたよ。

でも 19個 三振取る中でも
やっぱり 吉田選手に

3つ目の三振取ったとき
すごかったですね。

(黒木)左サイドに ぐっと強い球が
投げられたんですよね。

このボールは おそらく 吉田選手
見えなかったんじゃないかなと

思うぐらい すごいボールでした。

(多村)報道されましたね。

[そして この試合で
佐々木と共に注目されたのが…]

この若いバッテリー すごいなと
思った瞬間というか。

先日…。

松川捕手は
カーブのサイン出してるんです。

(伊集院)だけど 投げたのが
160キロの直球なんです。

≪危ない 危ない!

(伊集院)120キロ 130キロの
カーブを待ってるとこですから。

思いっきり…
首元 見てください これ。

160キロが首元いってるんです。
これは…。

(伊集院)これ 明らかに
ムッとしてますよね 松川捕手は。

(伊集院)一方の佐々木選手は
俺 間違った? みたいな。

間違いなく。

(谷繁)ピッチャーに対してね。

(三宅)橋さんは…。

(橋)そうなんです。

これ… スイング!

見てください これ。
≪カワイイ。

何か みんな こうするやん。
バン! 指さして。

指… 皆さん ガッって…
スイング! って指すんですけど

松川選手だけは
こうやって もう…。

ちょっと プロ野球界でも
ベイスターズの今永選手とかも

最近 これ やり始めてて。
へえ~。

(橋)そうなんですよ
はやり始めてるんで。

そんな… 言い方が。

(実況)ショウヘイ キュンデス!

[今年は何発?]

[そして 大谷 翔平が
暮らした部屋に

怪物の痕跡を発見!]

[いよいよ
大谷 翔平のターンです]

連敗を14で止めた試合はですね
まさに二刀流が炸裂しました。

その試合 私 三宅が
生実況させていただきます。

正治! 頑張って!

もちろん
ここまでの大谷のホームランも

全てお見せしましょう。
それでは三宅 いってまいります!

(三宅)今シーズン 大谷が所属する
エンゼルスは

長いトンネルの中にいました。

(三宅)そのさなかには
大谷の二刀流の良き理解者…。

(三宅)もう これ以上の連敗は
許されない…。

(三宅)出場した大谷。

序盤 両チームとも無得点で進む
緊迫した試合。

(三宅)大谷 最初のピンチは…。

(三宅)すると ここで。

(三宅)今シーズン最速となる
163キロのストレートで三振。

そして 気迫の雄叫び「イエス!」

いやいやいや ホンマ?
ホンマに?

(三宅)しかし 5回
ノーアウト 一塁三塁から

犠牲フライで
先制を許してしまいます。

(三宅)ですが この日の
オオタニサンは気合が違います。

先制されたすぐ その裏。
バットで みせます。

(三宅)点を取られたら
自ら取り返す…。

(三宅)そして 再び雄叫びです
「イエス!」

いやいや だから…。
ホンマかいな。

言うてないと思うねんけど。

(三宅)その後も ピッチャーとして
三振を取るたび

「イエース!」
もうええから。 もうええって。

(三宅)結局 この日は
ピッチャーとして…。

(三宅)打っては逆転の
ツーランを含む…。

(三宅)見事
連敗ストッパーとなりました。

すごいぞ オオタニサン!

(三宅)さあ ここからは
大谷 翔平…。

(三宅)ショータイム スタート!

開幕当初 なかなか
当たりが出なかった大谷。

(三宅)打撃よ 蘇れとばかりに

バットに人工呼吸をする様子も。

(三宅)そんな状況の中
待望の第1号は

開幕から8試合目。

(三宅)すると 2発目は
同じ試合で飛び出しました。

これ だいぶ
日本語 勉強しとんな。

(三宅)そして 第3号は その翌日。

(三宅)ホームランを打った
バッターは

白いカウボーイハットを
かぶるのが

今シーズンの
エンゼルスのお約束。

(三宅)続いて 第4号。

(三宅)そして…。

(三宅)この日 メジャー初観戦を
していたのが 佐久間アナウンサー。

そこで オオタニサンが
大爆発します!

(三宅)まずは6回。

これも見てたんや。

(三宅)さらに7回。
満塁の場面です。

(三宅)記念すべき
このホームランを

佐久間アナウンサーが
撮影した

携帯カメラの映像で
ご覧ください。

(佐久間)ぶれぶれですが。
(谷繁)こんなとこで見てたの!?

(佐久間)はい。

すごいね!

(三宅)この満塁弾で…。

(三宅)
100号のメモリアルアーチは

5月14日に飛び出しました。

(三宅)
8本目のホームランは…。

今シーズン最長
129.5mの特大弾は

スタンドのファンが
ナイスキャッチ!

(三宅)しかし 第9号は
さらに上回る超特大の一発…。

(三宅)10号 11号は
2打席連続で飛び出しました。

いや すごい 見に行ってたら
気持ちいいやろうな。

(三宅)そして 12号は
先ほどの連敗を止める

逆転ツーラン。

(打球音)

(伊集院)音がすげえ。
ちょっと 質違う音します。

(三宅)そして 14号 15号は
同じ日に出ました。

(三宅)
打った瞬間 それと分かる

強烈なスリーラン。

(三宅)さらに 9回には。

(三宅)土壇場で同点に追い付く
スリーラン。

この日は…。

(三宅)大暴れしたのでした。

そして 16号は…。

(打球音)

(伊集院)訳分かんない音します。
(谷繁)音が違う。

(三宅)
何と 打球速度190キロ近く

飛距離 今シーズン最長の
140.8mを記録しました。

(三宅)そして 17号は
逆方向に鮮やかな一発。

7月最初の一発 18号は…。

(三宅)ライトスタンド上段に
突き刺さる 特大アーチ!

今シーズン
どこまで記録を伸ばすのか?

まだまだ ホームランを連発してくれ
オオタニサン!

正治 ご苦労さまです。

佐々木と大谷
同じ日は やめましょう。

14連敗を止めた試合の気合
すごかったですよね。

彼はね…。

(白井)もし 彼がね…。

ただ やっぱ…。

腹立つ。

大谷って…。

佐久間が
言わなあかんことやんな!?

そうです。

腹立つわ。

またイライラしてる。

山本さん
経験の差を見せましょう。

あります もちろん。
ファンにも もちろん大人気の

大谷選手なんですけれども…。

ご覧いただきたいんですが。

[こちらが…]

こちら
守備の名手 ベラスケス選手

仲良しなんです。 これ。

大谷選手 ホームラン打って
帰ってきたら

こうやってバックハグしちゃう
っていう。

見てもらいたいのが
ベラスケス選手 目が…。

(山本)
それぐらいメロメロなんです。

いい情報 いい情報。
そういうのくれないと。

はい 佐久間 くれ。

(橋)いや でも 浜田さん

大谷選手は
アメリカで愛されてますけど

ベイスターズファンの
僕からすると…。

キューバ?
WBC第一回戦の決勝で

キューバ戦で活躍した
多村さんは…。

そのくらいの影響力…
写真 これなんですけど。

今 メジャーで活躍してる
グリエルですね。

もう 多村さんに
肩組んでもらって

こんなに笑顔なんですよ。
ちゃう ちゃう…。

多村に言わされてるよ。

[ここからは…]

[それぞれの地元で
少年時代の伝説探し]

[まずは…]

今日はですね 何と…。

[大谷 翔平の母校…]

[2人のメジャーリーガーを生んだ
この学校にやって来たのは…]

[同じく 東北の名門…]

行きましょう!

[ここ 花巻東高校で
尾形の…]

[スタート!]

(尾形)伝説というか
そういうのってないですか 何か?

(松本)ちょうどですね
大谷…。

(尾形)机と椅子? あっ これ?

(松本)はい。
(尾形)でかいわ。

[こちらが 身長193cmの
大谷のためだけに つくられた…]

[普通の机と椅子では
座れなかったため

脚の部分を溶接して
大谷サイズに伸ばしたという]

[続いて 尾形は野球部の寮へ]

[大谷も ここで
3年間 仲間と寝食を共にした]

[まずは 大谷が暮らしていた
部屋へと向かう]

[実は その部屋
大谷が使う前まで

菊池 雄星が使っていたという

2人のメジャーリーガーを生んだ
まさに出世部屋]

(尾形)これ!? ここだ ほら!

うわ~!

それでは メジャーリーガー
大谷 翔平選手 菊池 雄星選手…。

(尾形)いきますよ! ど~ん!

うわ~!
普通やろって。

(尾形)あっ ここだ!

(尾形)右側。 こっち。
(先生)はい。

[壁には
高校2年の大会で負けた後に

大谷が書いた目標が 今でも
貼られたままになっている]

奇麗な字。

(尾形)「見返したいと思う」

(尾形)これは目標ですか?
(先生)そうです。

(尾形)163出すぞと。

(尾形)どんな感じなんですか?

[続いては 寮の食堂で
当時 大谷が大好きだったメニュー

カレーライスを
特別に食べさせてもらうことに]

熱っ…。

(尾形)
めちゃくちゃうまいな これ。

やっぱ この食材のうまみが
全部こう ルーに…。

(高橋)そうですね これ もう
ジャワカレー 100%で。

(尾形)ジャワカレーなの!? これ。
(高橋)はい そうです。

[続いて 尾形が訪ねたのは
高校のすぐ近くにある整骨院]

[こちら 小菅 智美さんは
野球部のトレーナーで

高校時代の大谷を
最も近くで見てきた人物]

(尾形)大谷選手の…。

(尾形)臭い?
(小菅)においが。

(尾形)えぇ!?
(小菅)どういうわけか。

(尾形)伝説ですよ。 大谷選手は
練習してきても臭くない。

すごいな それ。

[この後も 大谷の母校で
伝説ざくざく発見!]

[さらに 佐々木 朗希の
出身中学で 恩師を直撃]

[尾形は さらなる 大谷…]

(尾形)サンキュー! どうも!
サンキュー!

[練習をしていたのは…]

(尾形)すごいよ!
すごいよ やっぱり!

[大谷の活躍が きっかけで
野球をやりたい女子が急増し

2年前に誕生した女子野球部]

[わずか…]

(尾形)くれた? あれ?
大谷 翔平が?

[ちなみに 男子野球部には

野球道具を収納するための
プレハブを寄贈]

[せっかくなので
大谷からのプレゼント

ピッチングマシンの威力を…]

[さあ 大谷がプレゼントした
マシンが 投げた]

[尾形 打った!]

[鋭い打球 センター前!
尾形 走る!]

[一塁 ヘッドスライディング!
セーフ!]

いや 余裕やって。

やりました!

[尾形が…]

[隣のグラウンドで
練習をしていた…]

(尾形)おおっ!

(柱谷)何やってんの?

何やってんの?
(尾形)え~ うれしい!

(柱谷)久しぶり 久しぶり。
(尾形)どうもどうも…。

(尾形)あっ ごめんなさい
すいません。

[サッカー部を率いるのは…]

[4年前に就任し 今年 チームを
初のインターハイ出場に導いた]

[なぜ 花巻東は
大谷や菊池といった世界的スターを

次々と輩出することが
できるのか?]

(尾形)へえ~!

[文武両道の花巻東高校]

[テストで 平均点を
70点以上取るのがノルマ]

[大谷は
常に平均点が80点を超えるほど

勉強の成績も優秀だったという]

[花巻東での3年間が

メジャーで活躍する大谷の
礎を築いたのだった]

よく取り上げられてる
大谷選手が ごみを拾うシーン

グラウンドの。 あれは…。

でも… ごみ落ちてるかどうか

グラウンドで必ず見る
っていうことは

あそこがイレギュラーバウンド
しそうだみたいなことにも

ちゃんと
目線がいくようになるから

理論的にも合ってる。
へえ~!

[探すため…]

[やって来たのは
少年時代を過ごした…]

出た!

[まずは 佐々木 朗希が
愛用していると話題になった…]

[…を製造販売している
おしょうゆ屋さんで伝説探し]

(藤田)どうも すみません。

(男性)それを
飾ってるだけなんですけど。

(藤田)これ 伝説ですよ。
ヤバくないっすか?

[この 酢の素
佐々木 朗希が愛用していると

新聞に掲載されると…]

[令和の怪物が 小さなころから
口にしてきた酢の素]

[果たして そのお味は?]

あ~!

(せき)

[続いて 向かったのは
佐々木 朗希が通った…]

[こちらが中学時代の副担任で

体育を教えていた 平先生]

(藤田)さすが。

(平)リングにタッチするぐらいの。

(藤田)えっ? あれって
相当 高いですよね。

ジャンプ力でタッチできた?

(平)あと バレーだと
スパイク 真下にね。

(藤田)直角スパイクね。
ズドンってやつですよね。

あれも できてて?

[当時から運動神経抜群だった
佐々木 朗希だが…]

(藤田)脇でコーラスを?
(平)はい コーラス隊で。

(藤田)当時から
おっきかったですよね?

(平)大きくて
目立ってはいたんですけど。

(藤田)内面はシャイで?
(平)はい。

(戸田)<男は葛藤していた 春巻き 唐揚げ
エビカツ>

<こいつぁ飲みたい ぐいーーっと飲みたーい

でも控えるんだった
カラダのことも気にしなきゃ!>

(戸田)でしょ?
(沢村)そうです…

だったらこれ!

(泡の音)シュワー
(戸田)<その葛藤にどんぴしゃ 金麦のオフ>

♬~ どこかに元気を落っことしても

(吉高)おっ ラスイチ
♬~ コロッケひとつと 「トリス」にソーダ

おぉ 新ラベル

(泡の音) シュワー
♬~ 変わらない街並みが 妙に やさしいよ

<人間っていいナ。
新しい「トリス」>

[佐々木 朗希伝説を求め…]

(藤田)こんにちは。
≪いらっしゃい。

(藤田)ありますよ! これ…。

(新沼)そうですね。

[ガソリンスタンドなのに

佐々木 朗希のお宝グッズが
たくさん]

[いったい なぜ?]

(藤田)
コーチやられてるんですか。

[そんな新沼さんは…]

(藤田)あっ!

[神棚に飾られた…]

[左から…]

[よく見ると…]

(藤田)書いてもらってるときに…。

(藤田)「サイン変えたの?」

(藤田)おっと これ完全に…。

外国人に意識 持たすために
サインを変えた。

これは伝説ですよ。

[ネットを越え…]

(新沼)やっぱり ピッチングの方に
意識があったからじゃないですか。

(藤田)聞きました!?

本人 やっぱり
ちょっと 行く気はある?

(多村)ちょっと調べてみると…。

佐々木投手の直球の
平均急速は

MLBに入っても
6位に入るんですよね。

6位といっても
10位以内はクローザーとか

セットアップマンが
大半を占めてる。

MLBのクローザーや
セットアップマンが

短いイニングを全力で投げて
この数字なんで…。

(多村)っていうのは
これで分かると思いますね。

そして 佐々木投手…。

岩手まで。

やっぱ 打つ…。

浜田さん 一個いいですか?
はい。

これ 今…。

谷繁さん 打ってらっしゃって…。

また 言わされてるやん!

(橋)素晴らしい!
(谷繁)まあまあ…。

ええわ もう!
呂 明賜ですよ!

そして 黒木さん
佐々木投手の…。

お前 偉そうに言うな!
[骨端線って いったい 何?]

[次回は…]

[大谷 翔平と佐々木 朗希]

[2人の宝の将来を見据え

球団は特別な育成をしていた]

[まず 佐々木の場合は…]

お前 偉そうに言うな!
(橋)骨端線ですよ?

お前 知ってるか?

ちょっと待ってください
浜田さん。

見てないよ! 分からん分からん。

ご存じない浜田さんに
ちょっと 写真を…。

左が骨端線があるんですけど
右がありません。

左 骨端線あるのって
線が見えると思うんですけど

これって成長の過程で まだ
しっかりとした骨になってない。

大人の骨になってないような
状況なんですよね。

右側の方は ある程度 成長して

問題ないでしょっていうような
骨になっているので

体に少々 無理がきくような
状況になってきている。

情報が入ってきて。

すいません
この人 ポカンとしてましたけど。

そして 大谷選手のような逸材を
18歳で預かって

育成されるっていうので
何か大変なことありました?

大谷 翔平に関してはですね
全然 大変じゃなかったです。

もうね われわれ
見てるだけですから。

勝手に自分で考えて
勝手に練習して

勝手に成長していきますからね。

出番ないですから。

だから ジョニーなんかは
コーチやってたと言ってるけど…。

どうなんすか?

栗山監督とか
白井さんもヘッドコーチで…。

(黒木)何してるか分かんないから
目 切るなよって

ず~っと言ってましたね。

ほっとくと やっちゃうから。
なるほど なるほど。

それぐらい ホントに自分で
色々やってしまうっていう…。

そうなんや。
佐久間 これで合ってんの?

(佐久間)合ってます はい。

ここまで 日本の宝である
2人を見てまいりましたけど

橋君 来年 全野球ファンが
期待してることがあるんですよね。

そうなんです
WBCがあるんですよ。

やっぱ ヘッドコーチも
いらっしゃいますし

この2人が侍ジャパンに
揃うところを見たいなっていう。

例えばですね 佐々木 朗希投手が
先発をして

大谷 翔平が抑えをしてる。

ちょっと夢ですね これね。

見てみたいでしょ 皆さん。
そりゃそうですよ。

そして…。

そうそうそうそう
私ね この番組で…。

(白井)いつも言ってたでしょ?
でね…。

何やねんな それ!
あの2人から…。

…って呼ばれるのが 私の夢。
もうええわ!

終了!