有吉クイズ 【ロバート秋山&ハリセン箕輪(秘)Q】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉クイズ 【ロバート秋山&ハリセン箕輪(秘)Q】[字]

有吉弘行も解答者&謎の私生活密着で禁断クイズも!

◇番組内容
解答者がプライベートを切り売りしたり、体を張ってクイズを出題

【クイズラインナップ】
①ロバート秋山『都か区か委託か?』公共施設で(秘)Q
②ハリセンボン箕輪 私生活7つのルール!
◇出演者
有吉弘行

小峠英二(バイきんぐ)
秋山竜次(ロバート)
箕輪はるか(ハリセンボン)
池田美優

野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組Twitter
 https://twitter.com/ariyoshiquiz

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/ariyoshiquiz/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 秋山
  2. 箕輪
  3. スタッフ
  4. 保科
  5. 有吉
  6. 一同
  7. 施設
  8. 木村
  9. 小峠
  10. 牛乳
  11. 民間
  12. 自販機
  13. 直系
  14. ブザー
  15. 先生
  16. 不正解
  17. エロ河童
  18. クイズ
  19. スケッチ
  20. ハハハハ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

〈更に TELASAでしか
見られない

『有吉クイズ』!

(拍手)

秋山さんは 以前 みちょぱさんと
日サロのロケへ行って頂いて…。

そうなんですよ。
お世話になりました。

(秋山)いや~ 嬉しかったです。
日焼けサロンをやってるところを

テレビに出せて 嬉しくて…。
(一同 笑い)

しかも 自分の「ワイルドキャット」
という愛するマシン。

(一同 笑い)
(秋山)そうなんです。

今日も 気合入れて
焼いてきたんですけど…。

(有吉)2人とも焼けてるね。
そうなんですよ。

ちょっと 私は もう
皮めくれがひどくて…。

うわ~ そうか。 やっぱり
お天道様だよね 結局は。

(一同 笑い)
違うの? やっぱり。

では 早速 クイズに参ります。

まずは ロバート 秋山さんからの
出題となります。

「クイズを作るべく

都内のある所にやって来た
秋山さん」

そしたら なんか…。

「それは 3月の放送で…」

ロバートの秋山が『TOKAKUKA』
っていう歌を歌ってて…。

(秋山)「よくご存じですね」
(みちょぱ)「その話になってた」

(秋山)「突然
これが流れたんですよ 見てて…」

「まさか有吉さんの口から…」

「(一同 笑い)」

(箕輪)「どういう表情で
歌ってる…」

「公共施設を 都か区か
どこがやっているのかという

秋山さんの歌を紹介」

好きなんだと思って 有吉さん。

それを考えて
多分 ライフスタイルを

過ごしてらっしゃると思うから…。

ちょっと 今日 この…。

そう…。

そんな 気にならない…。
区の施設 区の。

(秋山)これは区ですね。 渋谷…。

ねえ。

「渋谷区文化総合センター大和田」

(スタッフ)すごい大きな施設ですね。
(秋山)立派な施設でしょ? これ。

(みちょぱ)
「こんなのあったっけ?」

(秋山)もう 区役所 ここに 一緒に
移転してもいいぐらいの話が

あったんじゃない? とか
想像しながら…。

(スタッフ)でも 渋谷区って
名前ついてるんで

「区がやってる」で
終わりじゃないんですか?

いやいや いやいや
あのね そうそうそう…。

「なんで のってんだよ?」

♬~「文化総合センター大和田」

♬~「ドゥルドゥル ドゥルン」

(一同 笑い)
(みちょぱ)知らないもん だって。

有吉さんしか リアクションがないの
どういう事なんですか?

「今回 訪れたのは
渋谷駅西口から徒歩5分」

「年間来場者数100万人を誇る
大型施設」

「この施設の内部を
深掘りするそうです」

(秋山)「いや これは掘りますよ」

「早速 建物に入ると
案内してくださる館長が…」

ちなみに 区が…。

区の人間じゃないんだ?
…じゃないです はい。

(保科さん)はい。 …に近い。

直系じゃないです。
はあ~ なるほど。

なるほど なるほど…。

指定管理っていうシステムで

通常の業務委託とも
ちょっと違う…。

うわ~…。
ややこしいんですけど。

業務委託でもない? 指定管理?
はい。

はい。 私はですね

東急コミュニティーという
管理会社に所属してまして…。

(秋山)あっ 東急さん。

っていうグループで
今 管理をしてるんですが…。

(保科さん)3社で
この指定管理者として

管理をしているっていう…。

「施設の所有は渋谷区」

「その指定を受け

統括 各所運営 メンテナンスに特化した
3社による組織が

実際の運営を行っているそうです」

(一同 笑い)
なんだ? これ…。

そんな前のめりには見れないね。

(保科さん)そうなんです はい。
(秋山)うわあ… いいですね。

♬~「ドゥルドゥル ドゥルン」

民間なんだ。

「中には どんな施設があるか
見てみると…」

(秋山)うわっ! 何? これ。
えっ? これ この建物の中の?

(保科さん)そうなんです はい。
色んな施設が入ってまして。

(秋山)すごいね。 えっ?

図書館とかさ
学習センターとか。

やっぱ ホールあるんだ ホール。
(保科さん)そうですね はい。

(秋山)こういうとこ
ちょっと貸して

ちょっと落語とか やったりとか?

(保科さん)
まさに そうですね はい。

「他にも 薬局やカフェ

渋谷区医師会など
様々な施設があるようですが…」

これだけある…。

単純に 「あっ 区なんだ 全部区だ」
って思うの…。

「では それぞれの施設は
区がやっているのか

細かく見ていきます」

誰でもいいよ。

この際 ここで
はっきりしましょう。

(保科さん)では ちょうど1階に。
(秋山)どうも失礼致します。

区だ 区だ
区だ。

(保科さん)区民のための
がん検診だとか 検診だとか

区民の方が ここで検診を受ける。
(秋山)うわっ そうなんだ。

って事は これはどうなんだろう?

直営!

直営…?

お医者さんであるとかは
医師会も もちろん

一緒に協力をして…。
でも もちろん こちらは区の?

まさに そうですね。
(秋山)うわ~ すごい 直系ですよ。

俺が振るんで。
ハハハハ…!

♬~「都がやってる」

♬~「区がやってる」
そう 「区がやってる」。

(みちょぱ)「意外とうまい」

区か~!

(みちょぱ)「何やらせてんの?」

「区の直系の施設を
見つけたところで

続いて 秋山さんが気になったのは
最上階の12階」

(みちょぱ)
「何があるの?」

来ました 来ました 来ましたよ。
これ。

これだ。 プラネタリウムですよ。

コスモプラネタリウム。

(保科さん)はい 民間で…。
(秋山)民間がやってます。

(秋山)なるほど なるほど。

区ですね。
(保科さん)あくまで…。

「何回 聞かされるんだよ」

大体 そうなんだろ ここは。

「ちなみに
お値段は区の施設なので

格安の600円」
「行きたい」

(保科さん)
はい ありがとうございます。

勝手に 今のラストって言うの
やめてくださいよ。

(秋山)個展的な?

「それによって
渋谷を元気にしようという

区の事業なんです」

ねっ? 区がやってますもんね?

はい 渋谷区の事業です。
(保科さん)ただ…。

産 官 学 福 連携。

ものすごい連携して
ここをやってる。

♬~「複がやってる」
♬~「複がやってる」

(秋山)いいっすね。
(保科さん)さすが。

そこはいいじゃない。
なんとなくで。

しっかり
やってもらってるんだから。

意味が変わってきますから。

「その後も様々な施設を見て回った
秋山さんは ここで…」

(保科さん)どうぞ。 はい。

あっ 待って。 じゃあ

こういう自販機は もちろん

民間が勝手に持ってる
自販機なんですか?

区が置いてる?
(保科さん)はい。

民が置いた自販機もある。
あります。

「では ここで問題です」

「区と民間 それぞれの
自動販売機がある事に

目をつけた秋山さん」

「このあと
新たな事実が発覚します」

「それは なんでしょうか?
早押しです」

ええっ?
新たな事実?

いや ちょっと…。

集中力 切れてますよ 正直。

ちょっと
1個前ぐらいのブロックで

ここだろ終わりって
言ってましたよね?

(秋山)ならないんですか?
(小峠)うん なかなかならないよ。

あっ 箕輪さん。

違います。
(みちょぱ)ああ 違うんだ。

はい 有吉さん。
単純だから。

個… 個人。
(不正解のブザー)

違うんですね。
違う?

個が…
個人の自販機もいいですね。

「これ 誰の?」 みたいな。
「あっ 僕のです」って…。

(一同 笑い)
(小峠)何がいいんだよ。

(秋山)「個がやってる~!!」は
めちゃくちゃ…

個っていいですね。
ハハハハハッ…!

「一方の 民間が置いている
自動販売機も拝見」

(秋山)区じゃない自販機。

(秋山)ちょっと
見た目 同じじゃない。

あら やっぱり。
ちょっと見てごらん? ほら。

全く違うでしょ? これ。
見てください。

温度の話。

(スタッフ)もちろん こっち
ちょっとは時間経ちましたけど…。

(秋山)そう。 ちょっと
時間経ちましたけど冷たい。

うわ~。

「以上 秋山さんの

都か区か委託か?クイズでした」

(一同 笑い)

急降下ですか?
マジっすか。

ないですか?
なんか どこか施設行ったら

これ どこやってるの? みたいな。

これ 母体 ここなんだ。
この会社 母体 ここなんだとか。

頼むよ。
途中 区の直系が出てきた時は

ちょっと
テンション上がりましたよ。

そうだよ。

直系のなんか…
4店舗ぐらいしかないやつ…。

(一同 笑い)

さあ 続いては

ハリセンボン 箕輪さんからの
出題に参りたいと思います。

箕輪さんのプライベートに
密着させて頂きました。

謎は多い。

「この日
箕輪さんとの待ち合わせは

吉祥寺の繁華街」

「どこ行くの?」

(箕輪)あっ はい。

(スタッフ)わかりました。

「という事で
箕輪さんが最初に向かったのは

スーパーマーケット」

普段 はい こんな感じですね。

「そして 決まって購入するものが
あるとの事ですが…」

(店員)ありがとうございます。

「さあ ここで問題です」

「早押しです」

はい 有吉さん。
ニラ。

(不正解のブザー)
なんでですか?

元気出そうと思って…。
ハハハハハッ!

カルシウム やっぱ 大事なんで

(正解のチャイム)
正解です。

よく当たったな!

牛乳買ってんの?
牛乳です。

えーっと…。

(スタッフ)はい?
(箕輪)牛乳です。

(スタッフ)牛乳… 牛乳だけですか?
(箕輪)牛乳だけですね。

8本買いました。

(スタッフ)1リットル?
(箕輪)1リットル 8本ですね。

(スタッフ)箕輪さんが?
(箕輪)はい。

(秋山)
「めちゃくちゃ飲むやん 牛乳」

8本は すごい ちょうど入るので。

(みちょぱ)
「急に。 『セブンルール』?」

もうちょっと
入るっちゃ入るんですけど…。

(スタッフ)だいぶ ちょっと…。
(箕輪)はい。

「なんだ? これ…」
(小峠)「ハハハハ…!」

「ここからは

(秋山)「DJみたいな…」
(みちょぱ)「好きなんだ」

…というドイツのパンクバンドの
レコードなんですけど。

2回 見かけた事はあって。

(スタッフ)そのバンドのレコードを…。
(箕輪)そうなんですよ。

「もう終わったよ 吉祥寺」

(スタッフ)ホントに 普段やられて…?

これ やってますね。
(スタッフ)あっ そうなんですか。

「もう お年寄りじゃん」
(秋山)「ハハハハハ…!」

(みちょぱ)「フフッ…!」

(秋山)「ハハハハ…!」
(みちょぱ)「どこ行くの?」

「知らねえよ!」

なんだよ これ…。

(箕輪)あっ! おいしいです。

(みちょぱ)「えっ これだけ?」

(箕輪)ちょっと その…。

(スタッフ)あっ
閉店間際とか 夜になると…。

はい。 20パーセント引きとか
半額とかもあるんですけど。

「続いて訪れたのは

都心から離れた
郊外にある一軒家」

(スタッフ)ここ 今日…。

(箕輪)はい。

「ここで問題です」

はい 有吉さん。

(不正解のブザー)

めちゃくちゃ怖いじゃないですか。
(みちょぱ)勝手に入るの?

この時 箕輪さんは

どんな人か… ですね。

はい 有吉さん。
えっと…。

(不正解のブザー)

(チャイム)

(秋山)「普通の民家だよね これ」

こんにちは。
あっ こんにちは。

お久しぶりです!
ありがとうございます。

はい もちろんです!
(箕輪)ありがとうございます。

すいません。 お邪魔させて…。
あっ どうぞ。 はい。

「という事で 早速 中へ」

うわ~!
へえ~!

(箕輪)うわあ! すごい!

(みちょぱ)「うわ~!」
(小峠)「へえ~!」

(スタッフ)こちらの方?
(箕輪)はい。

画家の木村了子さんです。

(スタッフ)画家の先生で…。
(箕輪)はい。

「箕輪さんが憧れているという
日本画家 木村了子さん」

「直木賞作家 桐野夏生さんの
小説の装画や…」

「坂本冬美さんのCDジャケットを
手がけるなど

幅広く活躍されています」
「すごい人だね」

以前

(スタッフ)プライベートで
個展 先生の…?

そうなんですよ。
たまたま 先生がいらっしゃって。

他のお客さんが なんか

ワーッ! ってなってるのを
見て…。

(スタッフ)あっ そうか。
箕輪さん 作品しか知らなくて…。

そうなんですよ。

「2人の奥に見える屏風は

イケメンだらけの竜宮城を
イメージして描かれたそうで…」

(箕輪)
そうですね やっぱ こういう…

お尻とか ちょっといいですよね。

(木村)亀 私も好きなんですけど。

(箕輪)ポイントは

いいですよね。
そうですね。

(スタッフ)箕輪さん…。

(箕輪)私は
展覧会で 「美男におわす」に…

現場には
行けなかったんですけど。

それを こう
紹介しているものを見まして

その時に 木村さんの作品が
すごい気になって。

男体盛りの作品ありますか?
(木村)あっ あります。

ここのクッションですかね。
(箕輪)あっ これですね グッズ…。

(スタッフ)男体盛りって
そういう事ですか。

ああ すごいね。

(箕輪)
女体盛りの男性バージョン…。

(木村)そうですね はい。

男性の方が平坦なので…。

(箕輪)表情も
めちゃくちゃいいですよね これ。

(木村)ありがとうございます。
ちょっと…。

(箕輪)悔しい感じ。
(木村)悔しい感じ。

「こんな事されちゃって 俺…」
みたいな。

悔しいけど
ちょっと高揚しちゃってるかな

っていうのが ちょっと…。

(箕輪)あっ ホントだ!
高揚してる。

「そして

(箕輪)こちらが
ちょっと衝撃なんですけど

滝の前で 裸の…
青年ぐらいですかね?

(木村)そうですね。
(箕輪)…が ちょっと あの

川に向けて
おしっこしてるっていう。

これは あの

(木村)あの まあ 外で

なんか ちょっと
この辺でしな みたいな感じで。

排せつ物…。

「以上 箕輪さんの
7つのルールでした」

最後のやつだけで
よかったんじゃないですかね?

余計なルール いっぱい
教えられてしまったんですけど。

こんなに何も起こらないVも
珍しいですよね。

(一同 笑い)
さあ そして その最後のね

木村了子先生の
イケメン画だったんですが

実は ロケのあと
木村先生が忙しい合間を縫って

有吉さんと箕輪さんのお顔を

スケッチしてくださった
という事で。

ご厚意で描いてくださいました。
えっ!

ご紹介したいと思います。

有吉さんのお顔のスケッチが
こちらです。

めちゃめちゃ…

めちゃめちゃ
いいじゃないですか!

もう 自分で見てて

いい男…
興奮しちゃうわって感じ。

これ すごい!
(小峠)なんか 艶っぽいですよね。

なんか におい立つ色気
みたいなのが出てますね。

いや すごい いいですね。

(箕輪)これは 素晴らしいですね。
ねえ。

(箕輪)ホントに
なんか 繊細さみたいなものも

すごく感じ取れますもんね。

あそこのね…。

(小峠)テレ朝の
どこに飾るんですか? これ。

(一同 笑い)

(秋山)「なんの番組?」って
思われますよ。

さあ 続いて
こちらが 箕輪さんです。

うわっ!
(みちょぱ)えっ すごい!

いい!
素敵ですね。

めちゃめちゃいいじゃん!

なんか
ちょっと やっぱ あえて

歯も ちょっと
出してるとこがいいね。

あっ そうですね。
そこが やっぱり

チャームポイントだから。
全然 偽りなく。

エロ河童って感じが
よく出てますね。

エロ河童…。

それ 褒めてないですよね。

エロ河童のつもりでは
ないですけど…。

実は スタジオには
不在なんですが

こちらの方のスケッチも
描いてくださったそうです。

ジャン!
(みちょぱ)あら…。

出川…。

(一同 笑い)

先生をもってしても

ちょっと
笑ってしまいますけどもね。

そうですか。
(小峠)はあ~。

出川さんか…。

なんか嫌だな…。
なんか嫌だな。

嫌ですね。
(みちょぱ)絵でも嫌だ。

出川さんが やっぱり
嫌なんだな 根本的にはね。

嫌な顔してるんだなって
感じしますね。

さあ 続いては

ゴールデンスペシャルでも
好評でした

「有吉とメシ」の新作を
お送りして参りたいと思います。

うわっ いいですね。 いいわ。

これ ほら…。

〈次週は 「有吉とメシ」新作〉

(スタッフ)今回 食べたいものが…。

この線路ですね。 ガード下で。

〈お目当てのお店を目指す
有吉さんですが…〉

ケンカするしかないような
場所ですよね。

じじいの散歩じゃないですか
これ もう。

これ 斜めにするのは 相当…。

〈街中で気になるものが
たくさん〉

〈すると…〉

〈突然ですが

〈新展開が!〉

〈今週も
TELASA TVerで配信〉