ノブナカなんなん? 奇跡の瞬間を激写!巨大サメ大群VS水中写真ハンター[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ノブナカなんなん? 奇跡の瞬間を激写!巨大サメ大群VS水中写真ハンター[字]

世界的に有名な女性水中写真ハンターに密着!ウミガメ&イルカ&巨大サメ100匹大群…光とサンゴの超絶景を激撮▽見取り図VS爆食娘!40円パスタ&15円餅巾着…激安満腹グルメ

◇番組内容
世の中には思わず「なんなん?」と言いたくなる人がいませんか?そんな「なんなん?」な人々の人生を覗き見して千鳥ノブ&弘中綾香アナ&見取り図&河北麻友子が大大大ツッコミしていく新感覚ドキュメント番組!
◇番組内容2
▽女性水中激撮ハンターVS巨大サメ100匹大群…奇跡の瞬間を激撮!光とサンゴの絶景にノブも感動▽見取り図が激安グルメを爆食する女性を突撃!40円パスタ&15円餅巾着&70円唐揚げ&(秘)ラーメン…夢の激安満腹プレート絶賛
◇出演者
【MC】
ノブ(千鳥)
弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

【レギュラー】
盛山晋太郎(見取り図)
リリー(見取り図)
河北麻友子

【ゲスト】
中村アン
◇おしらせ
☆公式Instagram
 https://www.instagram.com/nobunaka_nannan/
☆公式Twitter
 https://twitter.com/nobunaka_nannan
☆公式YouTubeチャンネル
 https://www.youtube.com/channel/UCfAfgKWGaE3nKBpCzUZxFGQ
☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/nannan/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 盛山
  2. 河北
  3. 中村
  4. リリー
  5. アリス
  6. ハント
  7. ハンマーヘッドシャーク
  8. スタッフ
  9. ハンターアリス
  10. 一枚
  11. 奇跡
  12. イルカ
  13. ノブ
  14. プレート
  15. 今回
  16. 美味
  17. 完成
  18. 撮影
  19. 写真
  20. チャンス

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

今夜 『ノブナカなんなん?』で
奇跡が…。

ある巨大生物を狙う
最強の女ハンター。

命懸けの挑戦!

(ノブ)「すげえ すげえ!」
(中村)「見えたよね?」

(ノブ・中村)「うわーっ!」
(河北)「いっぱいいる!」

(盛山)やったー!
(河北)イエーイ!

(盛山)よいしょー!

まずは…。

(河北)
台所を見れば 人生がわかる。

とにかくクセの強い食生活を送る
爆食娘を

あの親子が
突撃取材をしてくれました。

なるほど。

「うわあ…」
(河北)「きたきた…」

はい 第2弾!

なんで なんで?

恐ろしいわあ。

「どんな人?」

(スタッフ)実は 今回の方はですね

そう 今 日本は…。

年内には

食品や生活必需品などの値上げが

2万品目を超えると予想され

我々の家計を直撃!

激安食材で
おなかいっぱいにする方法を

爆食娘から学びます。

(河北)「最高じゃないですか」
「そうね」

(あいこさん)はーい。
(盛山)すいません。 失礼します。

(河北)いや 知らないでしょ!

こちらは 爆食娘 あいこさん。

激安食材で 一体
どんな爆盛り料理を作るのか?

(盛山)むき出しやね 服とか。

(河北)「かっこいい かっこいい」

住んでいるのは
築38年の6畳ワンルーム。

家賃は5万円ちょっと。

(河北)
「ええ~ でも 5万円!」

早速 台所をチェック。

「おお~ あのやつね。
蚊取り線香みたいな」

これ… これだ。

コンロは この

IH時代の今では
珍しくなった代物。

(中村)「逆にすごいですね」
「シンプルに熱するのよ あれを」

そして 棚には
調味料がぎっしり。

「おかしいやろ」

(リリー)もう すぐ取れるように?
(あいこさん)そうです。

味 薄いなっていう時に
すぐ足せるように

ここに ちゃんと置いてる
っていう感じです。

ここで 盛ママ

これは? お鍋。

(あいこさん)
あっ そうなんですよ。 これ

(あいこさん)
40分ぐらい煮込んでて。

(盛山)煮込みすぎよ!

実は これ
あいこさん特製の超節約ラーメン。

その秘密とは 一体…。

今日は 弘中ちゃんじゃなく

河北ちゃんが
やってくれるんですね。

そうです。 弘中ちゃんは…。

違う 違う!
違うわ! 違う。

体調不良です。 体調不良。
あっ 違うんですか?

ホンマに
毒盛った可能性ありますよね。

怖っ!

本日の

を作ろうと思ってて。

爆盛りプレート?
そうです。

たくさん食べたいけど
節約しなきゃ…

という人 必見!

(リリー)「全部 美味しいんですよ」
(盛山)「そうなんです」

一体 どんな料理なのか?

いざ 調理スタート!

「40円ペペロンチーノ!」

まずは デカ肉節約ジャンボ唐揚げを
作りたいと思います。

(あいこさん)
〈さあ 用意したのは これ!〉

「ナレーションも あいこ?」
(盛山)「あいこ フル稼働」

(あいこさん)
一番安い肉なんですよ

鶏肉のむね肉っていうのは。

〈私の大好物!〉

〈1キロ 500円ちょっとの
激安むね肉〉

〈使うのは 125グラム 67円分〉

〈普通は ここで味付けして
油で揚げれば完成ですが…〉

〈私は ここで

ええーっ!

ここで問題です。

この鶏肉の食べ応えを出すために

あいこちゃんは
何をしたでしょうか?

(中村)「食べ応えを出すために…」

漬ける… もむ。

(中村)「違うか…」

「えっ?」

(リリー)えっ?
(盛山)たたくの?

「ぶん殴り?」

とにかく大きくしたい?
(あいこさん)はい。

「ボリューミーにしたいって事か」

えっ しょうゆ?

違う 違う。
これ

色んなもので たたく事 5分。

125グラムの小さなむね肉が…。

いいですね。

「すげえ」
(河北)「確かに」

これで

厚さは

わずか4ミリ。

(盛山)「薄っ!」
「薄いな」

〈極限まで お肉を薄くしたら

下味に しょうゆやニンニク

さらに
みりんなどで味を調え…〉

〈味の決め手は これ!〉

(盛山)ウーシャンフェン?

ジャッキー・チェンの同期みたいな
名前やな ホンマ。

ウーシャンフェン?

〈五香粉とは

八角やカショウなどの
5種類の香辛料を合わせた

中国の代表的な
ミックススパイス〉

〈これを使えば 誰でも簡単に

本格的な中華の味を
再現できるんです〉

(盛山)「結構 調味料
こだわってるんだ」

〈五香粉を加えたら

〈さらに 衣にも
しっかり追い五香粉!〉

〈お肉が見えなくなるまで
衣をドバーッ!〉

「わあ~ “ドバーッ"やな」

〈衣を たっぷり
つければつけるほど

食べ応えも たっぷり!〉

(盛山)あいこさん もう これ…。

「ハハハ… いや 今はな」

〈あとは 豪快に 油にダイブ!〉

(河北)「おお~
でも 美味しそう!」

〈薄いので
片面3分ずつでオッケー!〉

〈揚がるのを待ってる間に…〉

次は

餅巾着?
節約餅巾着?

餅巾着といえば 普通
油揚げの中にお餅を入れるが…。

餅の代わりに
あるものを入れる事で

1つあたり15円程度で
作れるという。

「餅の代わり?」
(河北)「餅の代わり?」

ここで問題です。

何がですか?

(河北)「えっ 私?」
(盛山)「河北さん」

(盛山)餅の食感ですよ。
餅の食感やって。

餅の食感? 餅。

いやいや…。
(河北)えっ 何? 何?

1玉34円の激安うどん。

これを
そのまま使うのではなく…。

(盛山)「僕 お餅より
好きかもしれないです」

(河北)「また これも?」
「また?」

「もう なんか買いいや
もっと大きいハンマー」

(盛山)うどんを平べったくして
お餅代わりにする?

(あいこさん)そうですね。

「打撃料理って
なんやねん」

〈うどんは
少し食感が残るぐらいにするのが

ポイント!〉

〈油揚げに
潰したうどんを入れて…〉

〈しょうゆや みりんなどで
甘辛く煮れば

うどんにも味が染み染み!〉

ここで
激薄ジャンボ唐揚げが完成。

「ちょっと油切ろうか」

「ちょっと…」
(盛山)「確かにね」

肉は薄くとも
分厚い衣のおかげで

食べ応え十分。

(河北)「いや 美味しそう」

ここまでで2品が完成。

一体 どんな爆盛りプレートが
出来上がるのか?

それにしても
なぜ あいこさんは

ここまで節約を
しなければならないのか?

「あいこ そうか
なんか見た事あると

ずっと思ってたんよ」

実は あいこさんは
ワタナベエンターテインメントの芸人さん。

(盛山)なんてこった…。

現在 芸人としての仕事は
ほぼゼロ。

節約しながら アルバイトで
なんとか生計を立てているという。

それでも食べるのが
大好きなあいこさん。

「黒いな」

安くて満足できる料理を
作っては食べている。

夢の激安爆盛りプレートも
まもなく完成。

続いては…。

「40円ペペロンチーノ
気になるよ」

(盛山)ペペロンチーノ?

〈作り方は簡単!〉

〈フライパンに
オリーブオイルを入れて

ニンニクと鷹の爪の香りが
立ったら

あとはパスタを入れれば
完成なんですが

私が使うのは…〉

(中村)
「ちょっと気になる」

これ。

(盛山)はあ~!

(盛山)麺じゃなくて?
(あいこさん)はい。

(盛山)もやし!?

(盛山)安いね。

(中村)「つまみですね」

〈盛ママ 味はどう?〉

(中村)「これは
ちょっとやってみたい」

(あいこさん)そうなんですよ。
(盛山)でも ペペロンチーノ

パスタには感じへん。

「ちょっと だから違和感あるか」

〈さらに 42円の激安カイワレと
ちくわで作ったサラダも

追加し…〉

〈最後に加えるのは

盛ママが 最初に発見した
インスタントラーメン!〉

(河北)「え~ 美味しそう」

〈実は これ
満足感を与えるために

1時間煮込んだ
特製ふやかしラーメン〉

「ふやかすって事だ」

(盛山)「量を多めにしてるんです」
「なるほど」

〈作ったのは計5品。
ご飯の上に

「結構 食うね」
(盛山)「すごいですよ」

(河北)「でも 美味しそう。
全部 美味しそう」

「めっちゃボリューミーな…
あっ すごいね」

〈激薄ジャンボ唐揚げをのせ…〉

〈最後に 1時間煮込んだ
ラーメンをトッピング〉

「これ いらんやろ もう」
(河北)「これ いらない」

これで 激安デカ盛りプレートの
完成でーす!

(盛山)これは
デカ盛りプレートやな。

さらに

あ~ あっ!
(河北)あーっ いた!

巨大生物を狙う
最強女ハンターに密着。

快挙の瞬間を見逃すな!

僕は 究極 一番金ない時は
貧乏メシというか

何も食わないっていうのを
やってて。

コツが 自分で
あったんですけど

寝るじゃないですか。

腹が減らないんですよ。

芸人としての給料 1128円の
女芸人 あいこが作る

夢の激安爆盛りプレートが
こちら!

これで 激安デカ盛りプレートの
完成でーす!

(盛山)これはデカ盛りプレートやな。
(リリー)超デカ盛り。

安い!

(盛山)こんなん見た事ないよ。
(リリー)見た事ないよ これは。

(盛山)何? これ。
このプレート 一体 何?

重量は なんと 1.2キロ!

「もう あれ食ったら
確実に1.2キロ太るって事や」

「恐ろしいね」

総カロリーは
2300キロカロリーオーバー!

果たして お味は?

(盛山)「箸は銀なんですよね」
「箸は銀… 韓国?」

(盛山)「そういうとこ
お金使うんです」

(リリー)なんやったら お餅よりも
麺やから味が染み込んで…。

俺 餅巾着 好きかも。
中まで ちゃんと味がする。

(盛山)「なんか もっと
メジャーになってもいいのに」

(盛山)で これ メインの。

(盛山)薄っ!

(盛山)薄っ…。

(河北)「美味しそう」

(リリー)美味しい。

(盛山)ほんで やっぱ あんだけ
小麦粉 片栗粉いってたら

(盛山)「マネしたくなりますね
五香粉」

そして 最後に
1時間煮込みラーメン。

気になるお味は?

フフフ…。

「笑ってるやん」

(盛山)麺で初めて
ペースト状のものを食べてる。

量は
すごい多くなってるんやけど。

(リリー)めっちゃいいように言ったら
大トロみたいな感じ。

(リリー)「溶けていくんです」
「トロトロ感いらんねん」

という事で ノブログは…。

激辛料理人 キム姉さんが
暫定1位の座をキープ。

そして いよいよ本題。

当番組では これまで…。

(河北)「そうだ そうだ!」
(盛山)「ドキドキした これ」

など 話題を呼んできた。

そして 今宵 ついに…。

ある巨大生物を狙う
女ハンターが

奇跡を起こす!

それは まさに

「すげえ すげえ!」
(中村)「見えたよね?」

(ノブ・中村)「うわーっ!」
(河北)「いっぱいいる!」

いや ちょっと…
感動ですよ これは。

その最強女ハンターがいたのは…。

(盛山)「田舎やね」
(中村)「そうですね」

「麦なんや これ」

そこへ やって来たのは…。

(盛山)「自転車カットイン多いですね」
「多いね」

(スタッフ)ハンターのアリス…!?
(アリスさん)はい。

怪しいいでたちで登場したのは

女ハンターアリス。

何をハントしているのか
予想しながらご覧ください。

「ちょっと待ってください
ちょっと待ってください」

こんなん 綾波レイやん
『エヴァンゲリオン』の…。

(盛山)『エヴァンゲリオン』の
要素もある。

アジアからいくと…。

日本 中国 韓国

フィリピン タイ マレーシア
シンガポール アメリカ カナダ

バハマ エクアドル 南アフリカ

あと モルディブ… あと インド。

(中村)「インド?」
「すごいね」

これまで 40カ国以上でハント。

『NATIONAL
GEOGRAPHIC』とは

全世界で 読者は850万人。

あらゆる地球の現象を特集する
権威ある雑誌。

その雑誌が開催したコンテストで
グランプリを獲得した日本人は

アリスただ一人。

そして ハンターだけに…。

(盛山)「安井 頑張れよ」

(河北)「1000ハント?」

大体ね。

チャリをぶっ飛ばし コンビニへ。

「日焼け止め。 どうだ?」

買ってきた。

その時は…。

今は 結構 安定して… 安定期?

だから 食べてもいいって事。

(ノブ・中村)ああ…。
(盛山)世界だったら…。

ノブさん そういうとこ
見るようになったんですか?

バカにすな!

だから なんか…。

ヒントを探りに
ハンターアリスのご自宅へ。

(スタッフ)なんか 広いっすね。

(スタッフ)ここ 部屋ですか?
(アリスさん)ここ 部屋です。

間取りは 4LDKの一軒家。

アリスは ここで一人暮らし。

(盛山)「一人暮らし?」
(河北)「えっ! 広い 広い」

壁一面には ズラリと並ぶ

(河北)
「これでわかるんじゃない?」

「“BEST ASIA"」
(盛山)「見ればよかった」

「文字 読めばよかった」
「ゾウだ ゾウだ」

(河北)「書いてないわ。
消してある 消してある」

(スタッフ)50万?
はい。

(スタッフ)1つ?
うん。

(中村)「焼き鳥?」
(河北)「おっ いいですね」

ハンターアリスの大好物は

ビールに
焼き鳥。

(中村)「すごい。
1人用の焼く…」

「あれいいのよ 1人用のやつ」

「あれ 最高。 あれの
たこ焼きバージョンとか

ホットプレートバージョンとか
色々ある」

(盛山)「ちょっと
待ってもらっていいですか?」

いや ちょっと 気になりまして…。
(一同 笑い)

(盛山)まだ言うとる…。
まだ焼き鳥器の話…。

実は アリス
かつて国立大を卒業後

半導体のエンジニアとして
就職したリケジョ。

やばい…。 やばい…。

(盛山)「ええわ 3回も。 4回!?」

この日は休日。

やって来たのは
行きつけの美容室 ラ・ヴァーム。

アリス

(アリスさん)邪魔なんですよ
結構 割と ハントに…。

色々着る時に
引っ掛かったりとかするから

後ろの方が邪魔なの。

(アリスさん)生きるか死ぬかの
きわっきわなの 刹那的な…。

命懸けで これまで1000ハント。

さあ

(盛山)ああ…。

(盛山)パール…?
パールね。

パールハントは
めちゃめちゃあるね。

トロフィーっていうか あの 盾に
ゾウあったじゃないですか。

(盛山)アカンよ 象牙は。

象牙ハンターを

ダメなんですか? あれ。
多分 これやから。

そして

ハンターアリスがいたのは
東京 竹芝桟橋。

(スタッフ)へえ~。 船?
はい。

伊豆諸島中部に位置する
御蔵島。

「御蔵島っていうの?」
(盛山)「御蔵島っていうんや」

イルカね。

「なんやろうな?」

(盛山)「あっ! イルカ?」
(中村)「やっぱ でも ダイビング」

「シュノーケルやね」
(盛山)「海女さん?」

(河北)「行きましたよ!」

すごい!
ウソだ~!

鳥肌立ちました すごい。
ねえ。

『ナショジオ』で
グランプリを獲得し

これまで1000ハント。

ハンターアリスの
正体とは?

今 ちょっと アンさんが
有力な情報を…。

ここでイルカと泳げる
っていうのを

昔 見て…。
へえ~!

(一同 笑い)
そんな…。

イルカは売らないで。
イルカの写真を撮って…。

海外からも
注文が入るっていうのがね…。

もしかして
ラッセンですか? この人。

(一同 笑い)
クリスチャン・ラッセン?

この人がラッセン?
こう飛ぶやつ?

それでは お待たせしました。

(盛山)「あっ 正解発表」
(河北)「きますよ! 正解発表」

(盛山)「あっ! イルカ?」
(中村)「やっぱ でも ダイビング」

「シュノーケルやね」
(盛山)「海女さん?」

(中村)「あっ やっぱ 写真?」
(河北)「なんか 持っていった」

「行きましたよ!」

(中村)「イルカ!?」
(河北)「イルカだ!」

(盛山)「ドンピシャで当てた!」
「イルカハントを…」

(中村)「そう
ここ行きたかったんですよ」

「大量のイルカがいる…」
(盛山)「めっちゃいるやん」

(河北)「えっ すごーい!」
(リリー)「めっちゃきれい」

(盛山・リリー)「うわーっ!」
(河北)「きれい!」

世界が認める

これまで
世界40カ国以上を渡り歩き

一年中ハントするアリス。

その代表作が…。

「色んな魚の…
うわっ すげえ!」

海の番人 ザトウクジラが

海面に浮上する一瞬を捉えた

大迫力の一枚や…。

(盛山)「えーっ!」
(河北)「すごーい!」

バハマで撮影された

海のギャング タイガーシャーク。

サメやクジラなどの
巨大生物相手に

恐れる事なく
群れに飛び込むアリス。

(盛山)「恐ろしい!」

(リリー)「うわっ! すごいな」
(河北)「すごい」

その大迫力の写真が
彼女の持ち味。

そんなアリスの名を
世界に知らしめたのが…。

河北さん お願いします。

(河北)「National Geographic

Travel Photographer
of the Year」

(盛山)「すごい!」

…っぽくしすぎて
何 言ってるか 全然わからん。

権威ある雑誌が開催した
コンテストの

グランプリ写真が こちら。

「うわっ! ザトウクジラ?」

ありえないほどの
至近距離と

力強い様を捉えた
その構図が評価され

1万3000点の頂点に!

(河北)「画が
もう すごいね ホントに」

動物の行動というか…。

浮上して 息継ぎをして 下がる
っていうところだったので…。

そんなアリスには

今回 どうしても狙いたい
ある獲物がいるという。

それが…。

「出た!」

「シュモクザメや」
(河北)「これだ!」

不格好な頭の両端に飛び出した目。

まさに 奇妙奇天烈なサメ。

「なんで これなん?」

ただ数だけを狙うなら

どこでもできるし
誰にでも撮れるんだけど

珊瑚の根とか 光が差したり…
それをですね コラボして…。

狙うは
ハンマーヘッドシャークの大群と

美しい珊瑚。

そこに光を加えた

こんな構図の大絶景の一枚。

もう こういうのを想像して
行くんだ。

アリスいわく

その構図で収められた写真は
いまだゼロ。

「なるほど!」
(盛山)「条件そろうのが難しい…」

ハントできる確率は…。

(アリスさん)簡単には撮れないですね
ハンマーの群れとは…。

しかし

あ~ あっ! いるやん!
(河北)あーっ いた!

1パーセントの奇跡をハント!

(ノブ・中村)「うわーっ!」
(河北)「いっぱいいる!」

こんな事あります?
1パーセントでしょ? 確率。

という事で

ハンターアリスの
ビッグプロジェクト

ハンマーヘッドシャーク

奇跡の一枚を狙う。

戦いの舞台は 伊豆半島の南

神子元島の海域。

(河北)「こんな所に
ハンマーヘッドシャークがいるの?」

協力してくれるのは…。

実は この方 神子元島の海に
1万回以上潜った

レジェンド中のレジェンド。

に成功。

どの時間帯に どの流れで

大体どのエリアに泳いでるか
っていうのは

もう 予測ついてます。

今日は 期待100パーセントで
いってもらって…。

(盛山)「条件そろってますか?」

そして 今回のハント

実は アリス
密着中 こんな事を…。

(アリスさん)自分 結構 あの…。

あと…。

ナスデーの…。
(スタッフ)ナスデーってなんですか?

という事で…。

「マジで? 行ってくれたん?
どっち?」

(中村)「『DCU』の曲が
かかってる…」

「この… この音楽は…」
(河北)「阿部さん?」

よろしくお願いします。

(都留)隆子も見てるらしい。

「そうだ そうだ 出てたんだ」

(中村)「そうそう
私 死んじゃったんです」

実は この男…。

水中における
アリスのフォローと撮影を担う。

(河北)中村さんも
ダイビングのライセンス…。

じゃあ あの…。

さらに…。

「エンケンさんや!」

「エンケン… 違うな」

「にぎやかし要員って言うな」

いざ出航!

果たして
奇跡の一枚は撮れるのか!?

「いや その“とうだい"ちゃう。
その“とうだい"じゃない…」

船を先導してくれるのは
この道30年のベテラン船長。

(盛山)
「あれ? ひろゆきさんもおるよ」

「後ろ… 後ろ ちょっと…」
「違う 違う 違う… 違う」

後ろ…
ひろゆきさん いましたよ 後ろ!

いない いない。
(盛山)ちゃう ホンマにいた!

ちゃう パリ…
パリやから あの人。

(盛山)ほら!
ひろゆきさん!

違う 違う。
パリ パリ。

(リリー)だって
いますもん 実際。

なんか 絶対 配信してるもん 今。

そう 助っ人3人目は…。

あっ…!
あっ!

(盛山)「いや ごめんね 先に。
ごめん ごめん」

「お前… おい!」

幅広い知識で 我々に
情報を与えてくれる…。

(河北)それはそうだ。
盛山さん…。

ガリベンズの矢野さんが。

幅広い知識で 我々に
情報を与えてくれる…。

(リリー)「怖いからな この人」

えっと…。

っていうの
あると思うんですけど

多分…。

「知ってるわ!」

特に 今回 行く…。

ひろゆきいわく

神子元島の海は
激流スポットとして知られ

黒潮の影響を受けるため
海水温が高い。

(河北)「あの波 すごそうだった」

その温暖な海を好む
ハンマーヘッドシャークもいるため

この周辺が
絶好のハントポイントだという。

高まる団結力!

早速
準備に取り掛かる。

「頑張れ 阿部さん」

今回 水中で

アリスのフォローと撮影を担う
都留は…。

こういう 何か

今後も こういうロケで…。

都留は
なんか持ってる男なんよな。

(中村)「結構スリリング」

(都留)絶対ハントだ!

♬~『Another Day Goes By』

(盛山)「あれ?」
(中村)「音楽も…」

「『DCU』?」
(中村)「思い出してきた」

正直 僕 芸歴5年目で

ちょっとだけ
阿部さんのモノマネで

ブレイクさせて頂いたんですけど

まだ やっぱ
モノマネの仕事しか来なくて。

同期だったアンゴラ村長が

みるみる間に
キングオブコント決勝 行って。

ラランドも いつの間にか
背中も見えなくなってきちゃって。

ホント 去年ぐらいですけど

解散しようかなっていう話には
なってました。

(河北)「頑張ってほしい」

「そうなんや」

(盛山)
「どういう目で見たらええねん」

モノマネ芸人を超えて
一個…。

「モノマネ芸人の方が
いいと思う…」

「ダイビング芸人って
あんまないから 仕事が」

…と ここで

(盛山)「頼むよ」

この海
ちょっと決まりがあって…。

(河崎さん)
えっとですね 神子元島は…。

「30回 ダイビングしに行く?」

(中村)「経験がないと
多分 ダメなんです」

(盛山)「おいおい…
“一旗揚げる"言うてたやん」

やっぱり 危険な海なので…
流れもあって。

もう~!

(中村)「確かに 陸で言える」

知ってたんですか?

スタッフさん 知ってたんでしょ?
さすがに。

(スタッフ)いや 河崎さんから…。

気を取り直し…。

(リリー)「関係ないやん」
「急きょ 釣りロケ」

では アリスの本題へ戻ろう。

頑張ります!
(矢野)ホント頑張ってくださいね。

じゃあ 行きましょう。
(ねんねん)いってらっしゃい!

いよいよ ハント1本目。

「いった!」
(リリー)「海 きれい」

(中村)「すごーい!」

まずは 船長と河崎さんが
潮の流れと水温から予測した

絶好のハントポイントへ。

ハンマーヘッドシャークは

水深200メートルもの深海に
現れる事もあり

見つけるだけで かなり難儀。

しかも
潮の流れが速い このエリアは

潜れる時間が
30分以内という決まり。

(河北)「短くないですか?」

発見してから撮影まで
スムーズに行わなければならない。

一体
いつ どこで姿を現すのか…。

アリスの勘を頼る!

「大丈夫なん?」

♬~

岩場の陰に潜み
カメラをスタンバイ。

(リリー)「色んな仕事があるな」

実は ここ

かつて ハンマーヘッドの大群が
目撃された

シークレットポイント。

岩につかまり
ハンマーヘッドを ひたすら待つ

いわゆる

「待たないと意味ないんだ」
(盛山)「そうか」

(河北)「そっか そっか そっか
静かにね」

(河北)「えっ “待つこと5分"?
もう?」

(中村)「見たい 見たい」
(リリー)「来てくれ」

…と その時!

(盛山)「どうなる?」

(ねんねん)きた きた きた…!
いけたよ これ!

「何?」

(盛山)「おい 釣りの方かい」

エンケンのさおに当たりが!

(河北)
「こっち どうでもいいんだけど」

(リリー)「めちゃくちゃ
珍しいやつかもしれん」

「めちゃくちゃ珍しいの
釣らんかな」

見て 見て 見て…!

「エンケンが ごっついの…
アコウか?」

ほら 見て 見て 見て…!

釣れたのは 高級魚 アカハタ。

(盛山)「ちょいちょい見るって
『ノブナカ』で アカハタ」

高級店で食べれば
数千円は くだらない

(盛山)「ひろゆきも!」
(中村)「おお~!」

ひろゆきもヒット!

まさかの

(中村)「いける いける!」
「アカハタフィーバー?」

意気消沈中の阿部寛にもヒット!

「アカハタ!」
(盛山)「ビッグボーナス!」

(河北)「ちょっと待って
ちょっと待って…」

(盛山)やったー!
(河北)皆さん…。

…と思って見てたので 今。
ギャン ギャン ギャンってな。

まさかの

(河北)「そうです そうです!
本題です 本題」

「おっ…」

ヤツが 近くにいる。

(中村)「えっ!」
「きた?」

ハンマーヘッドシャークを狙う
ハンターアリス。

1本目のハントは失敗。

(アリスさん)あっ はい。

(リリー)「嬉しかったんやな」
(盛山)「あれを見せたかったんや」

アリス。

しかし
ここぞとばかりに群がる3人。

(盛山)「そんな ええカメラで
撮らすな! アホ」

(盛山)
「めっちゃ ひろゆきの論破や」

「開き直るなよ…」

(中村)「アハハハ…」
(盛山)「ええわ この写真」

これが
本日の彼らのピーク。

(盛山)「すごいけどね
3連チャン」

その後
体にたまった窒素を抜くため

1時間 休憩。

(盛山)「こんなん あるんですか」
「1時間 休憩せなアカンねや」

実は 今回のハント

海に潜れるのは

1日 わずか3回まで。

残されたチャンスは2回。

果たして?

「あの画角!」

(河北)「あっ 別エリアに行くんだ」

こちら

「そんな細かくわかるんだ」

ここを ハンマーヘッドシャークが
回遊し

遭遇率は高いという。

「おっ いいやん」
(河北)「きた きた きた」

「じゃあ ここが本命?」

すると 突如

(河北)「近いんじゃない?」
「これも すごいやん」

目の前を優雅に踊るのは
日本固有種 タカベの群れ。

(盛山)「へえ~」
(リリー)「うわっ すごいな」

これほどまでの大群を
見られるのは

神子元島の海域ならでは!

(河北)「めちゃくちゃきれい」
(中村)「おお~ すごい!」

「魚群が出たという事はですよ」
(河北)「そうですよ」

(盛山)「激アツです」
「激アツです」

…と 普通に撮影しているように
見えるが

忘れてはならないのが
ここは水中。

(盛山)「そうですよね」
「確かに。 しんどいよな」

潮の流れが速い
激流地帯で

ポジショニングも体勢も
めちゃくちゃ大変。

そんな中 アリスが撮影した写真が
こちら。

(河北)「見たい」

「うわ~!」
(リリー)「十分 すごいよ」

美しい珊瑚も入れ込んだ
渾身の一枚。

(河北)
「こんなカラフルなんですね」

ただ 今回の狙いは
ハンマーヘッドシャーク。

(河北)「大物がいないな」

「まだ 一匹も現れてないからね」

「ちょっと厳しいんかもな」

(盛山)「だいぶ深そうですね ここ」

すると 突如
我々の前に姿を現したのは…。

(盛山)「魚影が…」
(リリー)「きてくれ」

「ハンマーヘッド… どうだ?」

(中村)「ええー!」
「うわっ すげえ!」

さらに
このあと 奇跡の瞬間が訪れる!

(ノブ・中村)うわーっ!
(リリー)見えた 見えた 見えた。

「すげえ すげえ!」
(中村)「見えたよね?」

(ノブ・中村)「うわーっ!」
(河北)「いっぱいいる!」

(盛山)僕たちは 世界に通用する
次世代スター料理人を発掘する

『CHEF-1グランプリ2022』…。

(リリー)全国の チャンスをつかみたい
夢をかなえたいという

若き料理人たち
461名の頂点が決まります。

この戦いの模様は

24日 日曜日
よる7時から放送です。

ぜひ ご覧ください。
(盛山)お願いします。

ハンターアリス!

ハンマーヘッドシャークを
捜索している間に…。

(河北)
中村アンさんは 最近

なんなん? と思う事は
ありますか?

いるじゃないですか。
わかります? 女性で。

(盛山)袖を通さずに…。
(河北)はい はい はい…。

(中村)通さずに。 で 絶対…。

(一同 笑い)

(盛山)動きやすさはね。
動きやすいと思います。

(河北)ええーっ!?
(盛山)あっ 嫌なんですね。

ここに掛けて 腕 出して
ここにカバン掛けてる…。

ちょっと かっこつけて

イキってる女性みたいな
イメージが。

(河北)
そういう人の例となる写真が…

それが こちらです。

もう そんな…。
(一同 笑い)

出ましたね!
もう…。

まんま やってるやん。
中カバンか。

「どっかで見た事あるな
リリーの今のやつ」と思ってたら

河北ちゃん…。
(リリー)こんな近くにいました。

河北ちゃんの
帰る時だ。

ハント2本目。

我々の前に姿を現したのは…。

「ハンマーヘッド… どうだ?」

「あっ! 何? あれ」

(河北)「あっ! ウミガメ?」
「ウミガメだ」

(河北)「かわいい~!」
「ありゃ~」

(河北)「めっちゃかわいい!」
「絶滅危惧種なんだ」

その姿を見られるのは 超貴重。

(河北)「おお~ かわいい」
(盛山)「こんな映像 よう撮れたな」

「縁起がいいですよ 今」

しかし ウミガメを捉えるも…。

「どんどん
いいのが出てきてる」

2本目のハント 失敗。

(河北)「いや 撮ってほしい」
(リリー)「頑張れ」

(矢野)最高の一枚を!

(ねんねん)いってらっしゃい!
(矢野)いってらっしゃい!

「いや ハンマーヘッドシャークが
出てきてもないからね」

(河北)「確かに。
そうなんですよね」

ポイントは 2本目と同様

ハンマー遭遇率が最も高いエリア。

美しい珊瑚が連なる
この場所で

奇跡の一枚を撮影する事は
できるのか?

「ここで決めよう… なんだ?」

(中村)「なんか
いけそうな気がするけど…」

「時間 少ないな~!」
(河北)「そう… 早い」

(河北)「やばいんだ…」

ハンマーが現れるのを
ひたすら待つしかない。

(河北)「なんにもいないよ」

(河北)「来ますように…」

(河北)「いないかな?」

「ずーっと待つだけやもんな」

刻一刻とタイムリミットは迫る。

(河北)「え~ もう残り10分?
早くない?」

「焦るやろな」

何かを感じたアリス
ポイントを変える。

「おっ? なんか
光の方向とかあるのか…」

これを逃せば
もう チャンスはない。

「どうだ?」
(河北)「頑張れ!」

そこにハンマーは現れるのか?

(河北)「お願いします」
「あと10分?」

「もう 神頼みだ」

♬~『ノンフィクション』

「あっ! 平井堅リーチだ!」

「平井堅リーチ… ちょっ
ちょっと待ってください!」

ちょっと待ってください。
きたんですよ 平井堅リーチ。

(リリー)一回 説明がね。

この歌が流れれば
激アツなんですよ。

おっ きた!
(河北)毎回 皆様…。

一度も 撮れてないですから。

(一同 笑い)
(リリー)あっ そっか。

あれ? 当たってなかったですか?
今まで。

いや~ そうなのよ。
3連敗なのよ 今。

いやいやいや
来るんじゃないですか?

だって 魚群が出て
ウミガメが来てるんでしょ?

これは もう 『海物語』やったら
完璧なんですよ。

もう完璧! めちゃめちゃいい台!

♬~『ノンフィクション』

(河北)「きた きた!」
(盛山)「これ これ!」

「“祈りは通じるのか" 赤文字。
それで回想リーチね」

(アリスさん)7年くらい前までは

普通の
サラリーマンだったんですね。

その時に 同僚というか
…が亡くなっていて。

別に 予定の寿命を全うしなくても
死んじゃう事って

自分の身にも
もちろん 起こりうるし…。

(アリスさん)定年後 長生きをして

全部 制覇しようみたいな事
思ってたけど

何年先って自分にあるのかな
というのが

ちょっと こう…
不透明になっちゃったというか…。

(盛山)「このね
人生の重いリーチね」

(アリスさん)好きな事やっても

いいんじゃないかな
っていうノリで…。

(アリスさん)水中の生物に会うために
旅を重ねていきましたね。

やっぱり 出会う生物っていうのは
特別な感動があって

その一瞬っていうのを
こう 残しておきたいなと思って。

ハンターアリス
奇跡は起こせるのか!?

(盛山)「金文字 きてる!」
「これは来るでしょ!」

すると

「えっ! 来た?」
(盛山)「ウソ? ウソ?」

「うわっ!」

(河北)「あーっ いた!」
「いるやん!」

「いる いる いる いる いる!」
(河北)「いる いる いる いる!」

アリスがカメラを構えた
その先にいたのは…。

「すげえ すげえ!」
(中村)「見えたよね?」

(ノブ・中村)「うわーっ!」

(河北)「いっぱいいる!」
(リリー)「予定どおりやん」

「光! 光! 光は?」
(盛山)「太陽! 太陽!」

(河北)「めちゃくちゃ
いっぱい いるじゃん!」

「めちゃめちゃいるやん!」

(盛山)「すげえ!
ハンマーヘッドシャークの群れや」

「めっちゃおる! めっちゃおる!」
(河北)「100匹以上!?」

(リリー)「えっ すげえ!」
「撮れたんちゃうか? 今回」

(盛山)「神秘的…」
(リリー)「感動するわ これ」

「初めて感動した 『ノブナカ』で」

ダイバーが憧れる 通称

(中村)「こんな事あります?」
「1パーセントでしょ? 確率」

(中村)「えっ?」
(盛山)「すっご!」

その光景を逃すまいと接近。

その距離 わずか5メートル。

(中村)「大きい!」
(盛山)「近っ!」

「怖いぐらい いたよ」
(リリー)「すごい!」

(河北)「チャンス チャンス
チャンス! カメラ替えて…」

「色んなカメラで撮るんか」
(リリー)「違うカメラで」

狙うは ハンマーヘッドシャークだけでなく

珊瑚と光を入れ込んだ
奇跡の一枚。

「もう どこか行っちゃう…」
(盛山)「あれ? この構図は…」

「おっ! 光も なんか ありそう」
(盛山)「ねえ」

(河北)「どう? どう?
どうですか? どうですか?」

(中村)「え~ ホントにすごい」
(リリー)「また 賞 いけるんちゃう?」

「ホンマやん」
(リリー)「これ すごい…」

ハンターアリス。

時間の許す限り…

無心でシャッターを切り続ける。

果たして

(都留)
うなずいてる うなずいてる!

(河北)「あっ オッケー!
すごい!」

よっしゃー! きたぞ!

アリスも納得の一枚。

それが こちら!

「うわあ~ すごい!」
(河北)「すごい!」

「予定より だいぶ多いやん」

(河北)「きれい!」
「すごいのが撮れたんだ」

優雅に泳ぐ
ハンマーヘッドシャークの大群。

そして 美しい珊瑚と太陽光を
見事に収めた奇跡の一枚。

(リリー)「すごいな」

これには ハンターアリスも

…でした。

いやいやいや 撮れましたよ!

(中村)すごい…
ホントに すごいですね。

いや ちょっと…
感動ですよ これは。

そうですよね。
ホントに…。

(中村)すごい!
ねえ。

(スタッフの笑い)
(盛山)いやいや…。

今までも成功ありましたから。
何回目や!

(盛山)確かに。

(中村)
私が出演するドラマ

『NICE FLIGHT!』が
始まります。

空を舞台にした
お仕事ラブストーリーです。

私は パイロットの方に
指示を出す

管制官を演じます。

働く大人の恋が
詰められるドラマなので

空を感じながら 一緒に
ワクワクしてください。

あさって よる
11時15分からスタートです。

次回 富士山が好きすぎて
山頂に暮らしちゃった

謎の女性に密着。

これ 映画 見てるぐらい
なんか ワクワクします。