証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]

“今、見たい実力派芸人”を取り上げ、彼らの時代を目撃した証人(=ウォッチマン)たちの証言から、“面白さの秘密”を分析していく“証言者バラエティ”!

◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/antawatchman/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 男女コンビ
  2. ツッコミ
  3. ボケ
  4. 柴田
  5. 男女
  6. 面白
  7. コンビ
  8. 本当
  9. ハハハハ
  10. ブレイク
  11. お願い
  12. ネタ
  13. 蛙亭
  14. 結成
  15. 自分
  16. 戦略
  17. 南キャン
  18. 南海キャンディーズ
  19. ウケ
  20. 多分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

今すぐ 「テラサ」で検索。
今すぐ お試し体験を!

〈今 お笑い界が

男女コンビ戦国時代を
迎えているのを

ご存じだろうか?〉

(山崎)多いね 確かに。
(伊達)多いですね。

〈今回は 年代別に ブレイクした

男女コンビ3組に
スポットを当て…〉

〈結成秘話から
コンビとしての戦略

相方に対する思いなど

証言を集めた〉

〈すると 年代別で異なる
ブレイクの戦略と

男女コンビの進化の歴史が
見えてきた〉

男女コンビの
漫才師みたいなのとか

コント師っていました?
これはね

自分が子どもの頃
テレビ見てると

いわゆる 夫婦漫才っていう…。

そのあとに いったん
男女コンビなくなって。

新たに出てきた男女コンビは
男女コンビだからって

付き合ってるわけではない
っていう方が常識じゃん。

ああー 確かに。
そっちの方が主流ですよね。

にゃんこスターが付き合って
ビックリするっていう。

昔でいったら そっちが
当たり前なのにっていう。

〈まず
最初に証言してもらうのは

2004年にブレイクした
あの男女コンビ〉

ああー きた!
(柴田)きた!

お願いします。

ああー なるほど。 そうか。

ビジネスね。 付き合ってないか。
南キャンからか。

〈山里は しずちゃんという
最高のパートナーを生かすための

緻密な戦略を証言してくれた〉

コンビ組んだ きっかけは…。

それが もう
いよいよ 限界で

早くコンビ組まなきゃって
なった時に

真っ先に思ったのが

今から ライバルの多いとこに
戦いを挑みにいっても

しょうがないなと。

…と思った時に 周り見たら

ほとんど いなかったんですよ
男女コンビって。

だから 戦う数 少なく
上にいくには

どうしたらいいかっていう時に
真っ先に もう…。

へえー!
それで決めたのか。

それで ちゃんと…
しずちゃんを探したんだ。

戦略だよね 本当ね。
戦略家ですね。

いなかったね 本当 男女コンビ。
いなかったですね。

本当… 極端な話

大花師匠から
空いてるぐらいの…。

俺も そう思った。 思った 思った。

かつみ♥さゆりさん。
かつみ♥さゆりさんとか。

本当に もう 若手で
男女でやるって人は

全くいなかったっていう記憶です。

〈2000年頃までは

ビジネスパートナーの
男女コンビは

ほとんど いなかったそう〉

〈では 南キャンは 前例のない中
どのような戦略を立て

わずか結成2年目で
M-1準優勝を果たしたのか?〉

その当時の劇場が
やっぱり こう…

本当に 格好いい芸人さんとかが
多かったんだよね

あの時 baseよしもと。
で 来るお客さんの層が

女子中高生が主だったんですよ

オーディションに来るお客さんが。

そこに 今更
ブサイクと なんか…

可愛い子とか そういうので…。

でも 男女でやらなきゃいけない
っていうのがあったので。

どっちかっていうと
男女なんだけど

女子の方を

得体の知れない生き物
っていう存在にして

気持ち悪い人と 得体の知れない
想像もした事ない

会った事ない人と
っていう見せ方をしよう。

そこまで話してくれるの? 逆に。
すごいな。

手の内だもんね!
手の内そのものだよね。

ちょっと しゃべりたいなとは
思いましたね。

そうね。 最後…。

でも 本当に 僕の中では その…
トトロにしたかったので。

(柴田)ああー…。
しずちゃんを?

〈しかし

うん。 全然ウケなかったですね。
全くウケてないです それも。

(スタッフ)これ いける
あっ ウケてるってなった

きっかけっていうのは
あったりするんですか?

ああー そうですね。
(山里)それは もう 完全に

ツッコミをしようって
俺が思った時です。

僕が ツッコミに回ってからの

オーディションとか
劇場でのウケ方が

めちゃくちゃウケたんで。

気付いたのが
あっ 僕 この人が面白くて

自分の戦略の中では
ベストな人だって思って

面白い人と組んだのに
なんで 俺は この面白い人と

張り合おうとしているんだろうと。
ボケ ボケで。

いや シンプルに 面白いと
思った人に ツッコミがいて

自分の面白いと思った人が
輝く事が

コンビの原点だろうってなって…。

私は やっと ツッコミに
いってくれたのかと思いました。

言ってたね。

そうですね。 両方 ボケでやってて
全然ウケないし。

ツッコミにいってくれたら
いいのにと思ってたけど

なんか…。

少ないとこ 少ないとこに
いこうとしてたんです だから。

男女が まず 少ない。
更に少ないとこ いって

唯一無二になるしかない
っていったら

ボケ ボケなんですよね。
笑い飯さんがいましたけど

でも そことは また違うものが
男女としてできると。 見栄え的に。

でも…。

〈山里が ツッコミに徹する事で

笑いが生まれた
南海キャンディーズだが

しずちゃんをボケにする事には
1つ 課題があったという〉

うちの場合は
このトーンなんで…。

テンポが
ゆっくりじゃないですか。

やっぱり こう
漫才は 中に ボケの数が…

笑うポイントの数が多い方がいい
っていうのが主流だったんで

そしたら どうしたらいいか
っていうのは もう…。

この…。

その笑いが
収まったぐらいのところに

ツッコミっていう体をした俺が
ワードを入れるっていうので…。

なので その…
大ボケ こっちですけど

いったら ワードとかの…
なんていうんですか

ちょい足しっていうので
笑いをとるっていうのは…。

ワードツッコミって
いっていただけるようなやつは。

じゃないと
NON STYLEとかの

あのスピードあって面白い ボケ数
どんどん入ってくるとこには

全く… 到底及ばないし。

そう。 で やってましたけどね。

あんまり 強う抱き締めると わて

壊れおまっせ!

(観客の笑い)

酔ってる?

テキーラあおっちゃってる
ぐらいのテンションじゃない。

すごいですね。 すごいですね。
ねえ 設計図だよね 完全なね。

逆に なんで こんなに
しゃべってくれてるんだろう?

ありがとうね 山ちゃん 本当に。

(柴田)ありがとうございます。
助かるよ。

ちゃんと しずちゃんを選んだ
って事なんですね。

そうね。
笑いが合ったからとかじゃなくて

すごい人を探して しずちゃんに
たどり着いたっていう。

メイプル 同じパターンだよね。
メイプルは もともと

女子 女子のコンビだった
安藤なつが解散して…

ぷち観音っていうグループが
解散して

1人になってたところに

カズレーザーが
スカウトに行ったっつってたもん。

ああー! なるほど。
「君が欲しい」って言いに来たって。

もう 大物が 要はね 球団を…

フリーになってるわけですもんね。
そういう事 そういう事。

本人たち 意識してるかどうか
わからないけど

組み方としては 恐らく
南海キャンディーズと一緒で

男女間だから
恋愛コントをやるとか

そういう事じゃなくて

そのキャラクターの1つとして
女性であり

更に 他に強いキャラクターが
あってっていうのは

ちょっと 踏襲してるよね。
(柴田)確かにな。

サンドだと どうだろう?
同世代に男女のコンビ いた?

それこそ 南キャンとかに
なるんじゃないですかね?

ですね。
だって 俺 女性とやりたいって

思った事ないですからね 漫才を。
(柴田)確かに そう。

なんか 負けちゃう気が やっぱり
どこかしてたところは…。

あとは 気ぃ使いますよね。
まあまあ…。

単純に
男とやるもんだっていう考え…。

そうですね。
「男 男」「女性 女性」っていうのが

勝手に なんかね
刷り込まれてたもんね。

だから やっぱり
山ちゃん すごいですよね。

やっぱり あそこで
M-1 バーンっていったから。

意識してるかどうか
わかんないけどね

そういう事だよね。
それは すごいあるよね。

「これ いけるんだ」じゃないけど。

〈続いて 証言してくれるのは

2016年にブレイクした
男女コンビ〉

2016年か もう。

お願いします。
お願いします。

今ね

他の女の子と
目が合ったりするのもイヤだよ!

寄り目で過ごします。

目が合うのは
あなただけですから。

〈2016年のM-1で決勝に進出〉

〈それ以降 男女の恋愛ネタで
ブレイクした 相席スタート〉

〈結成のきっかけは

もともと 別のコンビだった
山崎と山添が

それぞれ 同時期に解散〉

〈その後 作家さんの勧めで
2013年にコンビを結成〉

恵まれたね。

〈当時の
男女コンビ事情はというと…〉

組んでる人がいなかったですね
本当に。

私たちと
ゆにばーすと メイプルさんは

ほぼほぼ同じぐらいの時期に
多分 コンビ結成してるんで

なんか こう 時代の流れ的に

ある程度 しかも 芸歴重ねてて

また ゼロから
やり始めるっていうのは

きついなと 5年やって思ってた
タイミングでの話だったんで

あっ そうか
そういう方向性があったのかとは

その時 正直 思いましたね。

まだ ここでも
目立つ部類だったんだ。

そうですね。
チャンスだったんだね。

ねえ。 南海キャンディーズしか
いないから。

〈男女の恋愛模様を
ネタに落とし込む漫才で

結成4年目でM-1決勝に進出した
相席スタート〉

(柴田)すごいね やっぱり。

悔しかったらさ
金稼ぐ努力すればいいじゃん。

あっ?
自分が無能なのを

女のせいにしないでくれる?

クゥー!

〈自分たちのスタイルを
確立する中で

偉大な男女コンビの存在が
あったという〉

(山添)
そうじゃないようなコンビは…

僕らで できるのは
どの関係性やろって探していった。

すごいね。 ちゃんと
考えているんだね 本当に。

計算してるんだよな。
偉いよね。

〈結成当時から
ネタを考えていた山添は

南海キャンディーズとかぶらない

相席スタートのスタイルを
考えていた〉

〈その中で見付けたのが

ケイさんが
前のコンビからやっていた

こんなお笑い〉

(2人)どうも! KBBYです。
お願いします。

急にどうした…?

ご本人でも
おっしゃってるんですけど…。

言いたい事を言う人。

それを
なんとか ボケに変換させないと

僕は ツッコミの役割がない
っていうような感じだったんで。

「私 よく ちょうどいいブスって
言われるのよ」から

前のコンビやったら
始めてはったのが それが

「急に なんなんですか?」しか
言う事が 例えば ないと。

それを 「ちょっと自慢していい?」
っていう上の句つけてもらって

「私 よく ちょうどいいブスって
言われるのよ」

って言ってもらったら
「それ 自慢ですか?」っていう

より ボケとツッコミに こう

くっきりしやすくなるっていう
作業からしていった感じですね。

ああー…。

ねえ 山添君の。
うん。

前のコンビの時に
やってたような事でも

ウケやすくなったなっていうのは
まあ あの…

最初の頃は
やっぱり 思ってました はい。

それにしては 結構
オーディション厳しかったですね。

ハハハハ…!

最初の頃
一番 ケイさんから言われたのは

「私じゃなくてもいいから」。
「私っぽくないし

南海キャンディーズさんが
やったら面白いと思うけど」。

だから それが 多分…。

やっぱり
南キャンがよぎるんだね。

やっぱり
何かしらの影響が出るんですね。

南キャンが出て

南キャンのスタイルがあるんだ
って思うんだけど

同じ事やっちゃダメで
やってないのは恋愛だみたいな。

戻ってくるんですね。
原点の方に戻っていくっていう。

また そこで
付き合ってないっていう

また なんか ハイブリッドな形が
生まれるみたいな。

そういう事だよね。
ねえ。

(柴田)続いてはですね 2020年代。
おおー! 最近だよ。

(柴田)2020年代にブレイクした
男女コンビの

証言VTRです。 どうぞ。

お願いします。
お願いします。

〈2012年結成の蛙亭〉

〈個性的なネタで 昨年
キングオブコント決勝に進出し

ブレイクした
こちらの男女コンビは

それぞれ1人で
大阪NSCに入学〉

〈2人ともコンビを組めず

余り者として なじめずにいた〉

あっ そうなのか。
なじめない…。

〈そんな中

答えて ちょっと
バッてウケたんですよ。

すごいなって感じで…。

なんか 結構…。

ぐらいで思ってたので。

それで なんか…。

…みたいな感じで来て。
なんですけど

「面白い」って 初めて
言ってもらったんで 同期に。

中野さんが
しゃべりかけてこなかったら

本当に 辞めてたというか…
だと思います。

「俺に」。
ハハハハ…!

〈こうして 余り者2人で
結成された 蛙亭は

結成10年後 中野の独特なキャラが
特徴のコントでブレイク〉

そうだ。 でも 僕
パスポート 持ってないんだ。

パスポート 貸してくれます?
貸せないですよね。

たとえ 貸してくれたとしても
僕… 僕しか行けないですもんね。

牛丼 残ってますよ。
もらっちゃいますね。

〈しかし

〈結成当時に
偉大な先輩をお手本にした事で

そのお手本にとらわれてしまい

男女コンビとして輝けずにいた〉

えっ 誰? あの2人?

当時は 完全に 僕が
結構 ツッコミな雰囲気でしたね。

ボケとツッコミで。
(イワクラ)その時に…。

最初に やっぱり 言われるんで。

やっぱり そこなんだよね。
そこ

…とか すごい言われましたね。

でも なんか 途中 ある時に

ああ… ちょっと こいつには
任せてられないなと思って。

…って思ったんで。

こいつに引っ張っていってもらう
みたいな形でやってたら

これ マジで終わるなと思って。

そこから もう 私が 「ごめん
ちょっと 全部ネタ書くわ」って

切り替えました。

ちょっと かかりすぎだな。

うるせえよ!
お前だよ。 お前が悪いんだよ…。

〈中野は山里になれないと
見切った イワクラは

更に大きな決断をする〉

〈漫才中心だった
蛙亭のスタイルを

コント中心に
シフトチェンジする事に決めた〉

「漫才って やっぱり
ツッコミとボケ」って

先生から言われた
っていうのもあって

それで 結構 ガチガチになって。

これ ないのやりたいなと思って
ツッコミとボケとか。

コントの中で

それで 劇場で
上位を 初めて とれて。

バトルイベントみたいな
あった時に。

もう がっつり コントに
切り替えようって思いましたね。

そこがターニングポイントかも。

初めて キングオブコント準決勝
いけたりとか… いろいろあって。

〈偉大な成功例

南海キャンディーズになれないと
気付いてから

ツッコミとボケにとらわれず

中野演じる濃いキャラを武器に

異様なシチュエーションを
面白がるコントで

ブレイクのきっかけをつかんだ〉

あそこら辺で めちゃくちゃ
僕が開き直れたと思います。

〈このあと 蛙亭のキャラコントが
開花した きっかけのネタ〉

ああー! これ面白かったな。

〈蛙亭の

(観客の笑い)

マッチングアプリの人!

どこ? マッチング…。

あっ いた! 美里さんでしょ?

お待たー! 俺 周平。

周平さん? いや
アイコンと違うんで 多分…。

フフフ…! その画像は
うちのバイト先の店長。

尊敬してるから
アイコンにしちゃったぜ!

ハハハハ…!

どうされました?
これ 今 前髪 伸ばし中なの。

ハハハハ…!

伸ばして 伸ばしてね
あごの下まで伸ばすの。

伸ばすんだ。 伸ばすんです。
伸ばすのよ。 伸ばすでごわす。

伸ばすでござる。 伸ばすでやんす。

どの俺が好き?
ハハハハ…!

すげえな。 面白えな。
やっぱり すげえな。

私たちがやってた頃と…

形が いろいろありすぎる…
あるから

別に 男女という意識なく
いるなっていうか。

やっぱり
「付き合ってるの?」とか

絶対 聞かれるような感じ
やったけど 昔は。

今は 多分 聞かれてないし
なんか…。

本当に思うのが

今の時代に
蛙亭とか あそこら辺の…

相席とかがいる世界線と
全く同じ同期だったら

俺… お笑い 男女でやろうって
なってなかったですもん。

だって…。

多分 売れる手段として 1つ
男女コンビっていうのは

私たちの時代は 1個 枠として…
女芸人もそうですけど

女芸人だから もらえる仕事
っていうのも当然あって。

男女コンビも ある意味
そういう枠みたいなものが

私たちの頃は
まだあったと思うんですけど…。

ここから どうなっていくのかな
って思いますね。

男女を生かしたネタをするんだ
っていう見え方も

下手したら
なくなってくるのかなと思って

それはメリットやなと思いますね。

ハハハハ…!

売れてないとかは
全部 自分のせいだと思って。

…って思って。

ここから。

うーん…。 あらららら…。

面白いですね。

中野君って蛭子さん的だね
なんかね。

ハハハハ…!
今までは

男と女が1人ずついるから
男って こういうもんだ

女って こういうもんだって
言い合いが

一番作りやすいネタだったの。
だけど 世の中的に

もう そういう世の中じゃないって
なった時に

この一番作りやすいって
いわれてたものが

一番作りにくくなると思う。
(柴田)ああー!

逆にいうと 才能がある人は

そこで バリエーションが
無限になるから。

ちょっと… 最後の方に
チラッと出てたけれども

もう 男女もクソもないような事に
なっていくのかしらっていう。

(柴田)確かにね。
いや 面白かった。

そうだよね。 それを
前面に押し出した男女コンビ

次 くるかもよ?

家のケンカの続きとか。
ハハハハ…!

もう 男女もクソもないような事に
なっていくのかしらっていう。

(柴田)確かにね。
それこそ また 原点に戻って

がっつり…。

夫婦… 夫婦漫才とか。
夫婦 今 あんまりいないでしょ?

サイクルが やっぱり
ありますもんね お笑いは。

大ヒントなんじゃない?
夫婦でもカップルでもいいけど

にゃんこスターも カップルを
前面には押し出さなかったじゃん。

実は付き合ってるっていう。
というのが俺は衝撃だっただけで。

それを前面に押し出した
男女コンビ 次 くるかもよ?

ハハハハ…!
(柴田)いいですね。

〈お笑い以外の分野でも活躍中の
岩井を深掘り〉

〈更に…〉

可愛いね。
(柴田)素晴らしかった。