1億人の大質問!?笑ってコラえて![字] 吹奏楽の旅SP!自分たちの放送を観る…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

1億人の大質問!?笑ってコラえて![字] 吹奏楽の旅SP!自分たちの放送を観る

吹奏楽の旅SP①鹿児島『神村学園』18年ぶり全国への想い②熊本『玉名女子』自分たちの放送を観て大興奮&全員同じ髪形の秘密▼ダーツの旅で極上ステーキ&海の幸に舌鼓

出演者
【司会】所ジョージ、佐藤栞里
【ゲスト】紫吹淳、大久保佳代子、超特急(カイ・タカシ)
【ナレーター】花江夏樹
番組内容
吹奏楽の旅スペシャル①鹿児島の名門・神村学園!3年生30人の想い…18年ぶりに先生を全国に連れていきたい!ソロを演奏するのは!?いよいよ県大会の演奏順が決まる!②強豪・玉名女子の部員たちと一緒に放送を観る特別企画!初めて自分をテレビで観て大盛り上がり!先生の若かりし映像に大興奮!▼ダーツの旅は宮崎県へ!出荷されず命拾いした鶏がペットに!?極上ステーキ&海の幸▼超特急タカシがタイで野良犬から命拾い!?
監督・演出
【総監督】小澤龍太郎、渡辺春佳(日本テレビ)
【演出】矢坂義之(日企)、栗原憲也(極東電視台)
制作
【チーフプロデューサー】原司(日本テレビ)
【統轄プロデューサー】武末大作(日本テレビ)
【プロデューサー】久道恵(日本テレビ)、江尻直孝(日企)、柳川剛(日企)

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ディレクター
  2. 久木田先生
  3. 拍手
  4. 年生
  5. サバ
  6. 神村学園
  7. 先生
  8. ソロ
  9. 一同
  10. 歓声
  11. 米田先生
  12. 演奏
  13. 岩崎
  14. 玉名女子
  15. 部員
  16. スタジオ
  17. タカシ
  18. 県大会
  19. 紫吹
  20. 自分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/09 14:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

<毎年 秋
名古屋国際会議場で開かれる

全日本吹奏楽コンクール>

♪~

<全国の都道府県大会

支部大会を勝ち抜いた

30校だけが

この夢のステージに立てる>

(所) すごいよね この数。
(佐藤) いや~ ホントに。

♪~

<そんな晴れ舞台を目前に

悔し涙を流し続けている
学校がある>

♪~

<全国大会の1つ手前…>

<金は金でも
全国には出られない

通称 ダメ金で…>

♪~

<さらに 動きながら演奏する
マーチングでも

九州支部大会
5回連続ダメ金で…>

<この現状に岩崎りさ部長は…>

(ディレクター) すごい!
ちょっといいですか? 撮って。

(ディレクター) すごい!

すごい長文。

<中学時代に
ユーフォニウムを吹き始めた

久木田恵理子先生は…>

<28歳の時に
神村学園に入職し

8年目で座奏の全国大会出場を
成し遂げた>

<そんな
久木田先生にとっても…>

<そのためには

まず全国大会の手前の手前

7月末に控える鹿児島県大会を

勝ち進まなければならない>

<県大会まで2か月を切った
この日

3年生だけのミーティングが
初めて行われた>

<まずは 岩崎部長が
今の思いを切り出す>

(福永さん) …時期とかがあって。

(福永さん) …と思ってます。

何か…。
(笑い)

絶対…。

…ことかなって思って。

(笑い)

<という夢は…>

<…でもある>

(一同) はい。

(一同) はい。

(一同) ありがとうございました!

すごい。

♪~

<誰かの到着に慌てる部員たち>

<すると…>

≪せ~の!≫
(一同)♪~ ハッピーバースデー トゥーユー

♪~

<久木田先生の…>

(歓声と拍手)

(クラッカーの音)

(歓声と拍手)

<そして 毎年恒例 部員の…>

<…が描かれた冊子が
プレゼントされ

1枚1枚めくって行く>

(笑い)

(笑い)

(笑い)

<と燃えていた
岩崎りさ画伯の作品は…>

(笑いと拍手)

<…は強い>

♪~

<座奏の県大会に向けた
合奏練習が始まった>

<演奏しているのは
5つある課題曲の1つ…>

♪~

<この曲には 個人の技術力だけで
審査されないようにと

意図的に…>

<それに…>

<オーボエのソロを
1年生の磯貝さんが吹き…>

<ピッコロのソロを
奄美大島出身の1年生

川内さんが吹くなど
至る所にソロがある>

♪~

<そして クラリネットのソロを
任されているのは…>

♪~

♪~

♪~

♪~

(久木田先生) もうさ それが…。

<指名されたのは…>

♪~

もう一回 行くよ。

<毎日がオーディションの
神村学園では

その日の出来によって
ソリストが頻繁に入れ替わる>

♪~

<今日のクラリネットソロは
串岡さんに軍配が上がった>

♪~

(一同) ありがとうございました!

<中学時代 県大会までの
経験しかない岩崎部長に対して

串岡さんは
中学1年生の時に

全国大会で
金賞を取っている>

<彼女たちにとっては…>

<岩崎部長は ひたすら
ソロの練習を繰り返す>

♪~

<一方 串岡さんも…>

♪~

<どちらも絶対に
ソロを譲る気はないようだ>

<ということで
トランペットパートの同級生

高橋さんに聞いてもらう>

♪~

<このようにオフの日は
自分のことに集中できるが…>

<雑用を含め…>

<…を3年生が当番で行うなど

音楽以外の活動も多い>

<そして この部の部長は
久木田先生と部員のパイプ役>

<先生と連絡を密に取るため
部活中に…>

<そのため 気付けば電話>

<また電話>

<またまた電話>

(保留音)

<さらに…>

<…を行うとなれば>

<…と りさ祭りになる>

<そんな妹を見て

そっくり過ぎる双子の姉
ゆりなさんは…>

<そんな部長の仕事の中でも
特に大事なのは…>

<この日も昼休みに
スケジュールを報告すると

思ってもいない言葉が
先生から返って来た>

(久木田先生) すごく…。

<どうやら先日…>

<そのことで3年生のモチベーションが
下がっているのを

久木田先生は
気にしているようだ>

<その日の…>

<久木田先生の言葉は
いつにも増して厳しかった>

(久木田先生) なった?

<講師の先生に 1年生のほうが
表現力があると言われた…>

♪~

<評価が高かった1年生の1人

磯貝さんが吹く>

♪~

(久木田先生) その付点4分音符は
彼女がどうしてたか

…っていったら 歌って ちゃんと
次の8分音符が狙えてました。

付点4分音符の後の
16分音符がクリアでした。

ちゃんと そこが
きちんと明確でした。

ああ言われて…。

(磯貝さん) はい。

♪~

(久木田先生)
はい ワン ツー スリー。

♪~

(久木田先生) うん。

(ディレクター) そうっすよね。

<…は もっと強い>

<相思相愛だ>

<そう言って岩崎さんが
向かった先にいたのは

表現力が高いと言われた
1年生の1人

フルートの別府さんだ>

♪~

<先生から言われた通り

恥を忍んで
後輩のいい部分を盗み出す>

♪~

<そして…>

<岩崎さんが
その目標を達成できる日は

来るだろうか?>

<この日 先生の言葉に奮起した
上級生たちがパートの枠を超え

あちこちで後輩の演奏を
参考にしようとする姿があった>

<久木田先生は
姶良市文化会館にいた>

<この日 鹿児島県大会に出場する
各校の代表者が集い

演奏順を決めるための
抽選が行われる>

(ディレクター) ハハハ…!

<全国の吹奏楽部員には

朝早い出番は不利だと
信じられている>

<神村学園が出場する

大編成A部門は 2日間に分け…>

<役員でもある久木田先生は
抽選の進行を務めるため

神村学園のくじは もう1人の顧問
中原先生が引く>

<いよいよ
高校A部門の抽選が始まった>

<各校…>

(久木田先生) 17番 鹿屋高校。

(久木田先生) 20番 神村学園。

(中原先生) 開かない… 25番。

<今年は30校のうち

鹿児島県代表として

九州支部大会に進めるのは

わずか3校>

<そして 過去3回の代表校を
見ると

出水中央高校 神村学園

県立加治木高校 県立松陽高校の

4校が独占する状態と
なっている>

<続いては その中の1校
出水中央高校>

<さらに こちらもライバル校
加治木高校顧問の永井先生が

くじを引く>

(久木田先生) お~ 朝2?

<こうして
全団体の順番が出そろった>

<25番の神村学園は
2日目の昼食後という

理想的な位置に収まり

そして もう1つのライバル校
松陽高校は

初日の13番という
結果となった>

(ディレクター) あぁ そうっすよね。

(ディレクター) 逆に?

<学校に残っている部長の元に
先生からのメールが届いた>

(岩崎さん) で…。

(どよめき)

♪~

<県大会まで残り42日>

<18年ぶりの
全国大会出場を懸けた

神村学園の…>

<そして!>

<ここからは…>

♪~

<今年 番組が取材している…>

<座って吹く座奏のコンクール
全国大会で…>

<…を収める強豪校>

<そんな玉女サウンドを
作り上げているのが…>

<吹奏楽の旅は
そんな生徒たちや先生の

練習風景や生活ぶりを
密着取材する企画だが

今回は初の試み

そのオンエアを
当の生徒たちと一緒に見て

リアクションをカメラに収める>

<この日は…>

<大部分は寮生活の彼女たち>

<寮の食堂にもテレビはあるが

個人練習や勉強で忙しい
彼女たちにとっては

久しぶりの番組鑑賞>

<一体 どんな反応を
見せてくれるのか?>

(滝沢)
日本列島 吹奏楽の旅2022!

素晴らしい!

<この…>

(歓声と拍手)

(歓声と拍手)

<担当ディレクターが映るだけで
この盛り上がり>

(拍手)

(一同) わ~!
(拍手)

(ディレクター) こんにちは。

(ディレクター) 日本テレビの…。

(ディレクター)
『笑ってコラえて!』です。

(笑い)

(歓声)

(ディレクター)
このたび吹奏楽の旅で…。

(拍手)

(ディレクター) この人 人気者
みたいな方っていますか?

(ディレクター) 吉住さん?

(笑いと拍手)

(ディレクター) 何か こう 1つ

吹いてもらったりとかできます?

(ディレクター) 今の気持ちを。

(吉住さん) 今の気持ち?

♪~

(笑いと拍手)

<そして 次は
顧問 米田先生の登場シーン>

(ディレクター) 顧問の先生は
どなたになるんですか?

(笑い)

(ディレクター)
米田先生はどんな方ですか?

(笑いと拍手)

(ディレクター) あっ そうなんですか?
(米田先生) そうなんです。

<実は 今から12年前

番組は 女子高生の旅で
吹奏楽部を取材していた>

<こちらが当時の米田先生>

(歓声と拍手)

<さらに!>

<そんな玉名女子を率いる
米田真一先生は

中学時代 吹奏楽部に入り

ホルンに青春をささげた>

<その後 武蔵野音楽大学に入学>

<1992年
玉名女子に赴任して

今年で ちょうど30年>

<吹奏楽部顧問として
玉女サウンドを作り続けている>

<そんな玉名女子では
合奏練習の最後に必ず

コラール『誇りを胸に』を
演奏する>

<この日は
入学直後の1年生のみで

初めて演奏した>

♪~

<演奏後
パーカッションパートが

1人ずつ
どの人が良かったかを選ぶのも

玉女の伝統だ>

<すると…>

(部員) 泣いてる。

(米田先生) 誰?

ちょっと座って 座って。

(米田先生) 緊張して。

(笑いと拍手)

<その玉女サウンドは ほぼ毎日

屋上で行われる
全体基礎練習で作られている>

<まずは チューニングで

自分の出せる 一番いい音を出して
音を調える>

<次に低音の楽器から
順に音を出して

グループごとに音をそろえる
6グループチューニング>

♪~

<みんな自分の音に
耳は くぎ付け>

<そして…>

(拍手)

(笑い)

(笑い)

(笑いと拍手)

<このように
テレビを見るのが久々なほど

部活に熱心な
玉名女子での密着を通じ

スタッフが発見した
吹奏楽部員が自主的に行う

知られざる約束事をご紹介>

<TVerでは
ただ今ご覧の最新話を無料配信>

<見逃しを防ぐ
「お気に入り」登録も忘れずに>

<そして Huluでは

本日の放送も過去の放送も
配信中>

<ほとんどの部員が

寮生活を行う玉名女子では

SNSでのトラブルなどを防ぐため

学校にも寮生活にも

スマホの持ち込みは
禁止となっている>

(荒木さん) …と思います。

何か やっぱり…。

(高橋さん) これは…。

(高橋さん)
っていうふうにしていて…。

(ディレクター) えっ!

(笑い)

<突如発表された
メンバー決めのオーディション>

<コンクールの舞台に立てるのは
最大55人>

♪~

<熾烈なメンバー争いを
勝ち抜くのは誰だ?>

<乞うご期待!>

これは面白かったですね。
そうですね。

カイ君 どうですか?

眉毛を出すっていうので
ちょっと…。

僕なんて…。

(笑い)

出すの?
急に!

さぁ そしてね…。

紫吹さんは…。

(紫吹) 私は…。

…があるじゃないですか。

(紫吹) それを…。

…だったんですよ。

それ…。

やはり…。

例えば…。

えぇ~!
へぇ~!

(紫吹) それでまた 途中で…。

忙しい!

へぇ~!

えっ!
でも何か 結構…。

うわ~! カッコいい。

日本列島 ダーツの旅。

藁科ディレクター!
(藁科) はい。

いいね! 初ダーツ!
よろしくお願いします。

藁科君は飛んでった… ペシっ!

35番 宮崎。

ここ行こうよ 北浦町。

あっ はい 『鬼太郎』の。

(笑い)

北浦町に決定!

<宮崎県北部に位置する
北浦町は

2006年
近隣にある2つの町と共に

延岡市に編入され

現在は 延岡市北浦町として

その名を残している>

<港の近くを散策していると…>

<港の近くを散策していると…>

そうです そうです。

んで…。

ハハハ…!
所さん。

(スタジオ:佐藤) そっか 代官山。

<太平洋をのぞむ町の南側では

年間を通し 漁業が盛んで

イワシやアジ
メヒカリなどが取れる他…>

<…も盛んだ>

<一方 山あいに位置する
町の北側では

原木しいたけや
お茶などの栽培も盛んである>

<そんな海の幸と山の幸
どちらも楽しめる

欲張りな北浦町で聞いた>

お~!

1万3000!

<通常 生後ひと月半で

若鶏のまま
出荷されるブロイラーが

なぜニワトリに?>

(男性) どうしても…。

へぇ~!

<お父さんについて…>

この後。

(スタジオ:所)
産まなきゃ食べちゃうの?

あ~!

(スタッフ) あっ 見せてくださいよ。

こんにちは。

…言われて。

<町の駐車場に
変わった車を発見>

(二宮)
服のニオイ気にして色んなもの使ってない??

はい古い~!

今やニオイ専用これ1本で全部いけちゃいます

<史上初 全部無臭化洗浄>

「紫のNANOXニオイ専用」
<キャンペーン中!>

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

<町の駐車場に
変わった車を発見>

ガチャガチャで トゥクトゥク…。

はい。

(笑い)

はい。

あっ お兄さんが?
はい。

お兄さんは…。

あっ そうなんですね。

えっ?

あっ そうなんですね。

えっ すごい! ちなみに…。

<この方の出身大学である…>

<現在まで…>

<その卒業生には…>

<…など
著名な研究者が名を連ねる

すご~い大学なのだ>

(笑い)

<この男は 身の丈に合うことを信条として
生きている ごく普通の人間である>

<そんな彼の心の中に
新しい「家」の姿が生まれた>

(松坂)<その「家」は完璧でなくてもいい>
<…と思っている>

<自分と同じように>
<家族と一緒に作る 伸び代のある…>

<そんな「家」がいい>

<家は 生きる場所へ>

先ほど 命拾いしたっていう
トリさん いたじゃないですか。

タカシさんは…。

(タカシ)
ホテルの方に言われたのが…。

出ちゃダメだよと。
注意されていたんですよ。

でも その日 僕…。

帰って来たんですけど…。

(タカシ) その 注意されていた…。

おぉ!

ヤバい ヤバいと思って
走ってたら

いつの間にか…。

これ ダメだ!と思ったら…。

おい ちょっとやめろ!
みたいなこと言ったんですよ。

そしたら 一気に…。

へぇ~!

後々聞くと
その野良犬は野良犬じゃなくて…。

あっ ホテルの番犬だったのね!
(タカシ) そうなんですよ。

でも…。

(大久保) 命拾いっていうか

さっきのニワトリさんの
パターンじゃないんですけど

最近…。

うち…。

って音がしたから
何だろう?と思って 開けたら…。

すごい!
で それが…。

こんなとこ 飛んで来たの?
と思って

一瞬 まぁ いいかと思ったけど
「いや…」。

タッパー 持って来て
タッパーの中 入れて

下 下りてって 何か木?

だから 多分…。

(笑い)

怪しいよな。

<ここで生まれた…>

<…卸される>

<そして 成牛となり
4等級以上の格付けを得れば

大ブランド 宮崎牛となる>

<…のだが>

(笑い)

<残念無念!>

<と思っていたら
後日 連絡が…>

<お父さんが会長を務める
北浦和牛部会の

2か月に1度の
寄り合いがあるらしい>

あっ そうなんですね。

<この日いただくのは

生産者の元へ
見事 凱旋を果たした

宮崎牛の皆々様>

<まだ明るいうちから
牛飼いさんたちと

牛パーティーで ウッシッシ~!>

<登場したのは 宮崎牛のロース>

<200g以上はある
一枚もののステーキ>

<塩 コショウだけの味付けで
切らずに丸ごとガブっと行く>

(スタジオ:所)
「いただきま~す!」じゃないよ。

んっ!

(拍手)

<調子に乗ったスタッフは…>

<…のお父さんの紹介で
サバ漁師も訪ねた>

<早速 船に乗せてもらい
サバの養殖場へと向かう>

<港から5分ほどで
サバのいけすに到着>

<こちらでは
いけすから1匹ずつ

大切にサバを水揚げしている>

<中西さんが
船の上で締めているサバは

「ひむか本サバ」という
宮崎県認定のブランド魚>

<東京では ちょっと難しいが
宮崎近県なら

刺し身でも安心して いただける>

<取れたてのサバと
知り合いの料亭に直行>

<港に着くと 取れたてのサバと
知り合いの料亭に直行>

<まず
サバから丹念にウロコを取る>

<そして 頭と尾が外れないように
注意しながら

身を切り出して行く>

<身の間にある骨も
丁寧に取り除き

ひと口大にカットする>

<皿に盛り付けて 仕上げに

宮崎特産 皮が薄く果汁の多い
ヘベスを飾れば…>

<…の完成!>

<他にも ダシじょうゆに
2時間漬けて焼いた…>

<地元で取れた魚介類を
ふんだんに使った…>

<北浦の海の幸が
これでもかと並んだところで

本日のサバパーティー
サバサバっとスタート!>

<まずは 東京では
めったにお目にかかれない

ひむか本サバのお造り>

うん!

<続いては
甘じょっぱく漬かった漬け焼き>

(スタジオ:所)
食べに行ってんだもん こいつ。

うん!

(女性) ありがとうございます。

(笑い)

<今夜は…>