かまいガチ 大好評!!節約下積みメシ▲新井恵理那&ずん飯尾の若手時代の極貧料理[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

かまいガチ 大好評!!節約下積みメシ▲新井恵理那&ずん飯尾の若手時代の極貧料理[字]

下積みメシ第3弾に新井恵理那&ずん飯尾&シソンヌ長谷川が参戦▼“ガチでそのとき面白いと思うこと”に挑戦するかまいたちの関東初冠レギュラー番組!

◇番組内容
売れていなかった若手時代の節約料理を披露する「オレの下積みメシ第3弾」▼今回はずん飯尾和樹、フリーアナウンサーの新井恵理那、シソンヌ長谷川忍が参戦!▼飯尾は超若手時代に作っていたというもやしを使ったアイデア料理を披露!そして同期キャイ~ンとの衝撃の極貧生活エピソードにスタジオ騒然…!!▼新井恵理那はコレで3食しのいでいたという得意の鍋を披露!…そしてフジテレビ面接時の過酷な裏話も!
◇番組内容2
▼シソンヌ長谷川はチョコレートプラネット松尾や長田、そしてパンサー向井らと過ごした青春時代を回顧!さらにキングオブコント翌日に起こったとんでもない出来事を暴露する!▼果たして第3回下積みメシ王に輝くのは一体誰なのか?
◇出演者
濱家隆一 山内健司(かまいたち)
飯尾和樹(ずん)
新井恵理那
長谷川忍(シソンヌ)
◇おしらせ
☆公式Twitter
 https://twitter.com/kamaigachi

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/kamaigachi/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 長谷川
  2. 飯尾
  3. 新井
  4. 下積
  5. バラバラ
  6. ホント
  7. 美味
  8. 一同
  9. メシ
  10. 当時
  11. 完成
  12. 最後
  13. 時間
  14. 時代
  15. サバ缶
  16. 一宝菜スター
  17. お米
  18. キムチ
  19. スタッフ
  20. パワー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,349 (2022/08/18 14:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

オレの下積みメシ!

(拍手)

〈今夜は お金がなかった
苦労時代に食べていた

アイデア料理を再現〉

(一同)えーっ!

〈さらに…〉

〈飯尾
ブレイクのきっかけになった

伝説のロケも!〉

♬~

♬~

飯尾さんは
下積みは長かったんですか?

そうですね。 だから ホントに
20代の頃なんか ホント

暇でゴロゴロしすぎて

(一同 笑い)
そんなにですか?

あとは 夜8時過ぎに

早く キャイ~ンが仕事終わって
電話かかってこないかなあとか…。

(長谷川)ああ~ なるほど。
(新井)待ってたんですね。

(一同 笑い)
(長谷川)いやいや 言い方…。

(一同 笑い)

〈まずは 芸歴31年 ずん飯尾が
下積みメシを披露〉

では 飯尾さん お願いします!
ハハハハ…!

「下積み時代だ」
(新井)「飯尾さん…」

(長谷川)「うわあ~ 作家さんに
間違えられそうですね」

どうも! ありがとうございます。

(新井)「誰?」
「Aもいました」

さあ 今回ですね えー

私が作る下積みメシは
こちらでございます。

光が差すまで…。

「みそラーやし?」
「みそラーやし…」

飯尾さん まず

25歳…。
ノリにのってる時ですね。

あの… キャイ~ンが
『いいとも!』2年目の時ですね。

ああ~ なるほど。

早速 調理 お願いします!
(飯尾)わかりました!

まずですね
ごま油を垂らしまして…。

「鍋に ごま油…」

(飯尾)ごま油ね…
サーッと こう 熱して…。

「キンキンに熱されてますね」

あっ すごいな。 あの…。

(長谷川)「パワーありますよ。
IH… 今のIHパワーある…」

パワーある パワーある。

そして これ もやし1袋ですね。

大体 あの当時でも 20円前後。

助かりますよね もやし
お腹いっぱいなるし。

15円 入れます!

いいですねえ!

まあ 軽く炒めますね。

(長谷川)「この鍋の感じに
もやし入ってると 下積みっぽい」

「確かにな」

(長谷川)ないですね 今。
普通はね。

(飯尾)これで もうね… 水。

だって この顔 見てください。

(長谷川)
「もやし顔と言われたら…」

「“ああ そうか"にならない…」
(飯尾)もやしでしょ!

(長谷川)「まあ もやし顔かって
言われたら 見えなくもない…」

(飯尾)ここで 水 入れましょう!
「納得しそうにもなりますけど」

(飯尾)水は
どこでも手に入るからね。

(長谷川)そうですね。

(飯尾)ああ いいですね。
そしたら 救世主!

バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ…。

バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ…。

出ました!

サッポロ一番 みそラーメンの素
ですね。

「スープ?」
はい。

これね…。

麺をね 2つ開けて…。
はい。

で スープ1個 余るんで
取っておくんですよ。

あっ なるほど。

それで 最後 これを…。

(長谷川)「そういう事… ああ~」
「なるほど」

(長谷川)「うまそう」
「もう間違いないわ」

(飯尾)いやあ~ 出ましたね!

(飯尾)新井ちゃん。

顔で あんま判断しないんですよ
麺あるなしは。

うわっ!
(飯尾)いやあ~!

(長谷川)「なるほど…」
「うわあ~!」

(長谷川)「なるほど。
麺なしの もやし…」

(飯尾)麺なし… ほらっ!

「みそラーメンじゃない…」
(新井)「ああ なるほど」

完成しました!

(新井)「ああ できちゃった…」

完成しちゃったな。
これは安いよ。

いいですか?
ちょっと それだけじゃ

物足りないなと思ってました。
いきましょう。

もう一品は こちらです!

一宝菜スター。
(飯尾)一宝菜スター。

「また もやしや!」
(長谷川)「もやし。 一宝ですから」

「一ですからね。
八宝菜ではないですもんね」

「もう このあと
投入は期待できないですよ」

いや 当時ね だから あの…
30円持って行って 肉屋さんに

「豚こま30円分ダメですか?」
って言ったら

ちょっと嫌な顔されて
そこから行けなくなっちゃった…。

(飯尾)中華スープの素みたいなの
入れましょう。

(長谷川)「うわ~ 美味しそう」

(飯尾)さあ そして 水ですね。
水はどこにでもあるから 日本。

「ちょっと待って」

「画変わり全くないんですけど
飯尾さん」

(飯尾)わかりました。

じゃあ ちょっと
派手めなバックでやりましょう。

(長谷川)
「そういう意味じゃないですよ」

「その派手さじゃないんですよね」

(飯尾)さあ! いやあ…
素晴らしい! ほら!

(長谷川)「とろっとしますから」
「ちょっと とろみついてきた」

(飯尾)とろみついてきた。
嬉しいね みんなね。

とろみついてきたよ。 あれ?

「あっ 救助ヘリの音」
「あっ あるんだ」

バラバラ バラバラ バラバラ
バラバラ バラバラ バラバラ…。

(長谷川)「あっ そっちか!」
「ああーっ!」

出ました!
(長谷川)「スターって そういう事か」

これは よくね…。

(飯尾)その時 ウドとかが…。

「なるほど」

これはうまそうっすね。

余っただけ。
「ぽい ぽい ぽい!」

(新井)「いいかも」
(長谷川)「これは うまそうっすね」

「上 薄味の方が 逆に いい…」
そうなんです!

(長谷川)「下の味が
もう しっかりしてるんで」

(飯尾)いや~!
「うわっ うまそうかも!」

(長谷川)「これ うまそうだな」
「これはうまいんじゃない?」

確かに。
(長谷川)ありそうですよね。

(飯尾)できました!

「こりゃいいわ」
「あっ いい!」

(飯尾)一宝菜スターの
完成でございます!

「これは…」
(長谷川)「これ マネしたくなる」

どんな感じでしたか? 当時は。

俺がね 実はね 母親の実家が

女きょうだいばっかで
嫁いじゃって。

俺が高2の時 じいさんばあさんも
亡くなっちゃったの。

お前 管理人代わりに住め
っていって

下積み時代から
3LDKに住んでるっていう…。

えーっ!
恵まれてる。

(新井)広々。
家賃は困らんかったって事ですね。

そう。 家賃は出してくれた。
(新井)それ いいですね。

だから もう 天野とか みんな

4畳半 風呂なし
共同トイレだったから

ネタ見せとか 大事なさ
オーディションとかの前は

絶対 風呂入って行きたいから

その時は 俺んちよく来てたね。
それで

追い炊きじゃなかったわけ
その時。

(長谷川)ああ 一回一回…。

みんなさ
一回一回抜くのよ 贅沢に。

アハハハ…!
普通 抜かないでしょ!

あと やすのアパートんとこ
泊まりいってる時に

やすんち 風呂ないから
明日ネタ見せだっていうと…。

頭だけ こうやって…。
えーっ!

洗いに行くの。
めちゃめちゃ下積み!

そしたら
いつも そこを使われてるね

そこをホームにしてる方が
こっち来て

やす 指さして…。

ほら やすは 頭皮ケアだったから
こう…。

(長谷川)頭皮ケアは
あとで やってくださいよ。

公園の水道で?
(飯尾)すいませんって言って…。

ああ これ。 見てよ!

あの車 アルファ ロメオ?

ウドが26の時だよ これ!

(長谷川)当時 もう
これ 乗ってたんですか?

イケイケですね。
スターやわ!

飯尾さん…。

そう…!
(長谷川)確かに。

ぺっこりしてますね。
若手の… もう この時から。

ホントなんだよ。 45度。

〈当時の気持ちになったところで
飯尾の下積みメシを頂きます〉

飯尾さんの下積みメシ
いただきます!

(一同)いただきます!
ラーやし。

表向き このぐらいだと
みそラーメンって感じしますよね。

確かに 見た目は。
(長谷川)もやし多めの。

あくまでも
麺 食べてる感じで…。

(長谷川)すするんですね。
(すする音)

(飯尾)で 空気も入ってきて
腹いっぱいになるから。

フフフフ…。

(長谷川)そうなんです。
めっちゃうまいです。

(飯尾)やっぱ すごいな。

めっちゃうまいし
めっちゃ安いですよね。

(すする音)

(飯尾)下積み 終わったの?
今日で終わります。

(飯尾)新井ちゃん
下積み 終わったんですか?

(スタッフの笑い)

久しぶりですか?
思い出す。

毎月22日 必ず これ食ってたから。
3日前。

72時間。
72時間。

かた焼きそば いきましょう。
楽しみ。

(長谷川)一宝菜スター。
(飯尾)一宝菜。

ホントは
8種類入れたいんだけど 野菜。

死ぬほど うまい。
(新井)再現されてます…?

(長谷川)うーん! うまっ!

(飯尾)どうですか? これ。
激うまです。

(スタッフの笑い)

美味しい!
これ 美味しいですね。

提案して うちで…
『かまいガチ』メシで。

お店とかもありましたか?
下積み時代に お世話になった…。

(飯尾)「これがね
あの… こちらですね」

「今はね 学芸大学にあるんだけど

水炊きと唐揚げとか
鶏料理専門店なんですけど…」

割ったらビックリで
ちょっと 見てください。

(飯尾)「双子なんですね。 二黄卵」
(新井)「すごい!」

(長谷川)「これ 毎回ですか?」
(飯尾)「毎回」

(長谷川・新井)「えっ!?」
(飯尾)「それが名物」

「まあ よく食べてたっていうか
お通しだから絶対出るんですけど」

「これがね やっぱ美味しい。
これも美味しい」

(長谷川)「黄身に これぐらい
火 入ってるのもいいですよね」

絶対 減らない焼酎をね…。

俺たちが
ひと瓶 これぐらい飲んでも

次の日 また行くと

優しい!

この… ご主人とおかみさんです。

(長谷川)泣けてきちゃいますね。

(飯尾)俺 多分…。

育てて頂きました。
ええ。

〈続いては 新井恵理那〉

〈フリーアナウンサーの
下積みメシとは?〉

それでは 新井さん お願いします。

(長谷川)「当時のね」
「かわいいな」

(長谷川)
「今と そんなに変わらない」

(新井)あっ いや…
モテてはないですけど これは…。

「いやあ… うわあ!」
(飯尾)「鍵!」

「鍵!」
(飯尾)「鍵!」

確かに。 なかなか長い鍵だったね。
(長谷川)ロックされて。

新井さん
下積みメシ 発表してください。

(新井)あっ はーい。 こちらです。

ええ~!
1日3食 同じの食べるって事?

やっぱり お金がないので
安いもので作りたいんですけど

美味しいものは食べたい
っていう気持ちはありまして。

ごま豆乳鍋の素を使います。

ミツカンのそれ
めっちゃうまいねん ホンマ。

「豆乳とかダシとか用意するより
あれ買った方が

安いし うまいし…」
(飯尾)「そうなんだよね」

(新井)そうなんですよ。

フフフフ…。

「すごいな」

(飯尾)「野菜も大きめに…」
「大きめですね」

(飯尾)「思い出が
そうさせてるのかな?」

(新井)まあ ざっくり…。

やっぱ いっぱい噛んだ方が
お腹いっぱいになるので

食材は 結構 大きめに…。

彼氏できたら 彼氏に
作ってあげたりもするんですか?

(新井)まあ
作ってあげたっていうよりも

私が 3食 これ食べてたので

じゃあ 食べる?
っていう感じで…。

(長谷川)「ちょっと その…」

フフフフ…。
ないですよ 闇は。

(長谷川)「あっ お肉」
「だから 一気にサッと作って

もう それを朝昼晩 食ってた
って事ですよね」

(長谷川)「一枚一枚
剥がさないですか? 普通」

「そのまま いきます?」

当時 ホントにね
ダラダラしてた…。

仕事もない…。

(長谷川)「剥がさないんですね」
「すごい入れ方!」

なんか いたな
こういうヤツ。

(新井)そうですね もう ホント

家に ずっとダラダラいて
朝 起きて… まあ 昼ですね。

(長谷川)「ハハハ… 確かに」

ここまでは まあ
一般的だと思うんですけど

ちょっと 仕掛けが
最後にありますので

楽しみにしててください。
「楽しみにしてます」

〈煮込む事 10分〉

「あっ いい感じ いい感じ」
「いい!」

(新井)ここに
特別に入れるものがあって…。

(長谷川)
「確かに 何を入れるんですか?」

「さっき言ってましたね」

(新井)こちらでーす! キムチ。

担々の部分は
これで担うんですね。

(新井)これは もう このまま…。

ガバッと…。 ワーオ!

(長谷川)「結構だ」
「ホンマ 全部 大味よね」

(新井)で ここに
すりごまを いっぱい かけて…。

(長谷川)「担々みを出すんですね」

(新井)はい。 担々感をプラスして
これで完成です!

「美味しそう!
では 戻ってきてください」

〈今年の上半期 女性部門

テレビ出演本数1位〉

〈一見 順風満帆な新井の
意外な下積みエピソードとは…〉

最初の給与明細が
全部…。

給料か歩合か
選べて…?

(新井)選べず 完全に
最初から歩合で。

で アルバイトもしちゃいけないと
思ってたので

やってなく…
辞めちゃってて。

それ やっていけます?
だって 6万で。

(新井)そうなんですよ。
で しかも…。

(飯尾)ウソでしょ!?
無理 無理 無理!

20平米ぐらいで

ワンルームのお家…。
(長谷川)意外と狭い。

で 30年以上
経ってましたね 築。

2人で20平米は狭いですね
お母ちゃんと2人では。

半分半分だったんですけど…。

(飯尾)それでも 半分 お母さん
ちゃんと 家賃納めてたの?

ああ そうですね。 でも
貯金切り崩しながらという感じで。

何? これ。

(新井)これ
当時の番組出演の衣装として

自分で
用意したものなんですけど…。

なんか 一生懸命集めてきました感
すごいですね。

ちょっと 上と下のテイスト
違いますもんね。

えっ バレちゃいます?
スタイリストがついてないなっていう…。

最後の方の組み合わせだろうな
みたいな。

そうなんですよ。

テレ朝とかフジとかも
受けたんですか?

4人ぐらいいたんですよ
最後。

その中で2人が残る
みたいになってて…。

あっ そんなシステムなんや。

2時間で結果が出るの?
(新井)はい。

近くのショッピングモールで
2時間 時間を使わなきゃ…。

近いけど。
フジテレビから近いけどな。

そしたら 2時間…。

最後の方とか 漫画読みながら
待ってたんですけど…。

(飯尾)かかってこないんだ。

うわ~ そうっすよね。
不合格電話もないんや。

もう ないだけなんや。
ないんです。

だから
もや~んとしながら終わって…。

今も

うわ~!

〈その当時の気持ちになって
下積みメシを頂きます〉

では いただきます!
(一同)いただきます!

いただきます。 どうぞ。

(長谷川)おお~ 美味しそう。
(飯尾)うまそう。

(新井)ポイントは キムチです。

あっ うまっ… うまっ!
(新井)いい味ですよね?

(長谷川)キムチのおかげで
全然 また…。

あっ うまいな。
(長谷川)うまい!

担々風になってますか?
なってます。

うまい!
うまい!

(長谷川)やっぱり その
ベースが豆乳だから

(新井)ありがとうございます!

あの時を思い出しちゃうので
最近 食べてなかったんですけど

やっぱ 美味しいですね。
つらかったんですね。

なんか 新井さん

(一同 笑い)
話 聞いてると。

バチーンいくきっかけ
なんやったんですか?

新井さんは。
下積みから抜け出すきっかけ。

『情報7days
ニュースキャスター』から

人生が
変わったような気がしてて…。

当時のプロデューサーさんが
どうしても会って

どうしてもやってほしい
というふうに言ってくださって…。

(長谷川)ふ~ん。
飯尾さん あるんですか?

これで バチッと風向きが変わった
みたいなのは。

テレ朝さんなんですけど
『シルシルミシル』って

くりぃむがやってて…。

その時のロケ…。

で その時のディレクターが

もう ガンガン 好きな事
やっちゃいましょうっつって。

よく言われたのが「スタジオでは
ドッカーン! 揺れました」。

…が多かったけど。
(一同 笑い)

サブ出しの帝王…。

さあ 飯尾さんが その
自由にロケをしていた時の映像…。

そんなんあるんすか?

(飯尾)「ホントに?」
「VTR 見ましょう」

「スタジオに向けて
やっていた…」

(長谷川)「放送されてない可能性が
あるやつなんだね」

キラン!

どうも どうも。
ずんの飯尾和樹ならぬ

きん 飯尾でございます!

どうですか? この…

やってしまった感が
ありますけども。

早速 1個 頂きましょう。

うん!

(長谷川)「いやいや…
これ ダメでしょ!」

絶対 今 やったら怒られますもん。
そうなんだよ。

〈削る前の鰹節の
リポートでは…〉

うん…。

「(一同 笑い)」
(新井)「ちょっと待って…」

(飯尾)「イワシね
これ 夜中から行って…」

「イワシ漁ですよ 船の上」

(飯尾)美味しそうな
イワシでございますよ!

(長谷川)「なんでよ!」
「(一同 笑い)」

もっと大きくなって帰ってこい
って事で

キャッチ&リリースを
勝手にしましたけども…。

すごいな!
こんなのばっかやってたんですよ。

ハードですね!
結構 攻めてたんですね。

今の飯尾さんからは
あんまり考えられないような

ボケ してましたね。
あんなのが大好きで。

楽しんでますね。

確かに。
(飯尾)だったら もう… 例えば

かまいたちとか長谷川とか
新井さんが見るっていうなら

「この4人を笑わせよう」とか
「笑ってくれるかな」で…。

そういう意味で
下積みを思い出すよな。

思い出すな。
もう一回 改めて

気を引き締めていかないと
っていう…。

〈続いて シソンヌ長谷川が作る
下積みメシは…〉

ジャン!

「グレイちゃん焼き?」
(飯尾)「灰色?」

「お願いします」
はい。

やっぱり
ホントに お金がなかったんで

まず 100円で買える
このサバ缶…。

「サバ缶?」
(長谷川)はい。

中の煮汁みたいなものは
捨てちゃいます。

使いません これは。

「オリーブオイルみたいな高さから
捨ててた」

「(一同 笑い)」

(長谷川)さあ そして お米を…。

お米も…。

「お米 食べられてたんですね」
って。 いやいや…。

どんだけ
下に見てるんですか?

お米 食べてる顔して…
食べてなさそうですか?

当時 炊飯器ないですので
電子レンジで…。

3パックぐらいで100円とか
2パックぐらいで…

あるじゃないですか。
(飯尾)「安い時あるんだよな」

(長谷川)あれでした
正直なとこ言うと。

サバをですね まあまあ こう…。

(新井)「もう のせるんですね」
「のせるんや そのまま」

「あまりにじゃない?」

(新井)「終わらないですよね?
これじゃあ」

「これじゃあ ねこまんまですもん。
えっ…」

「高いな 位置」
(新井)「高さだけ すごい」

「うわっ あんなに…」
(飯尾)「かけるな」

(長谷川)完成です!

「えーっ!?」
(飯尾)「えーっ! 待てよ!」

「ちょっと ちょっと…」
「なんなん? その簡単なやつ!」

(長谷川)いや 美味しいですから!

ここからは じゃあ ちょっと
実際にやってたアレンジ。

やっぱ ずっと これだと
飽きてきますので…。

ビックリした。
「完成です」って言うからさ…。

(新井)「えっ? 思わぬ展開」
「えっ 何してんの?」

(新井)「えっ?」
「いや…」

「いや 何? これ…」

(長谷川)あの… セメント
俺 混ぜてないです。

〈混ぜ合わせたご飯を
フライパンで焼き

コショウを振りかけ…〉

〈最後に 余熱で
チーズをとろけさせれば…〉

完成です!
(拍手)

いやいや スタッフさん 1人しか
拍手してくれないんですけど…。

そこで 朝まで
『ウイニングイレブン』やったりとか。

うわっ 一緒!
(飯尾)やってたね。

〈2014年 キングオブコント優勝〉

〈今や ライブのチケットも
即完する

シソンヌ長谷川の
下積み時代とは?〉

チョコレートプラネットも
同期だったんで

1年目なんかは
チョコプラの松尾の家が…。

妹と一緒に。
妹も専門学校 行ってて。

でも 妹は彼氏ができて

妹の部屋が
空いてるんですよ。

だから そこを もう ホントに
たまり場みたいにして

さっきの飯尾さんの家
みたいに。

家 行ったら 松尾が ご飯も
全部作ってくれるんで。

もう常に 俺だったり

もちろん
じろうもいましたし

パンサーの向井も
いましたし。

なんか あるよな。
でも たまる…

同期のたまり場みたいに
なるとこはね。

そこで 朝まで
『ウイニングイレブン』やったりとか。

うわっ 一緒!
(飯尾)やってたね。

チャンピオンになったの
いくつの時?

今から8年前なんで
35とかですかね。

下積み抜け出したんが
そのぐらいって事か じゃあ。

(長谷川)それぐらいです ホントに。
めっちゃ覚えてる。

キングオブコント…
あの優勝した時

俺らも行ってたよね? 現場に。
審査員として。

今 なんにもないです
みたいなのを言ってるのを

めっちゃ覚えてる。
(長谷川)言ってました。

仕事ください。
馬車馬のように働きます

仕事くださいって言ったら

(新井)そんな事あります?
こなかった?

(一同)えーっ!
マジか?

えーっ!
(長谷川)休みだから。

次の日なんか もう…。

なるじゃないですか。 俺らが
だから 特殊だったんですよ。

〈それでは 長谷川の下積みメシを
頂きます〉

さあ では 皆さん 頂きましょう。
いただきます。

(長谷川)頂いてください。
美味しいんで。

美味しいですから ホントに。

いや 山内さん。
(新井)先に…。

(長谷川)いやいやいや…。

いやいやいや… 飯尾さん!
飯尾さん お願いします。

食べてみてくださいって
ホントに。

まずくはないので ホントに。

(長谷川)そんな事ないです。

逆に なんか
伝統料理って感じするよね。

こういうもんなんだ
昔のおもてなしみたいな。

濱家さん どうですか?
濱家さん ちょっと響いてるかも。

(長谷川)ハハハ… ほら ほら!

うまいんすよ。

なんか 無言で
めっちゃ食ってるなと思ったら。

いや うちも
俺 家 貧しかったから

サバ缶めちゃくちゃ食べてたのよ
家で。

それがあるんかも やっぱり。

サバ缶に対する。
なるほどね。

ソウルフード。

〈山内が選ぶ
今回の下積みメシNo.1は?〉

飯尾さん!
あら!

嬉しい!
(長谷川)うわ~ 飯尾さんか。

どの辺りが?

やっぱり 下積み時代のVTRを
見させて頂いて

顔 金粉とかしてるのに…。

ありがとう! もやし農家の皆さん
やりました!

ゾクゾクするな 値段が。

〈次回 二宮和也を迎え

高級メシを賭けて ガチバトル!〉

俺は食べられたら
もう それでいい。

ハハハハ…!

〈ニノが まさかの企画放棄?〉

今後 ジャニーズタレントが
出なくても大丈夫って事?

えー 皆様 本日は
式典バラエティー