それって!?実際どうなの課[字]【最強ウソ発見器!こぼれないお盆!?】【激セマ物件】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【最強ウソ発見器!こぼれないお盆!?】【激セマ物件】

気になるウワサを徹底検証!

【博多華丸・大吉×令和の最新技術】
【なぜか人気!“激セマ”な物件を徹底調査!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/やす子
番組内容
①【博多華丸・大吉×令和の最新技術】
進化し続ける最新技術を、博多華丸・大吉の2人がロケ調査。
昭和のおじさんが令和の最新技術を学び、実際どうなっているのかをレポート。
なんでも消し去るレーザーや、絶対にこぼれないお盆、最強の靴から超本格ウソ発見器まで、令和の最新技術は果たして本当に凄いのか2人が体を張って調査!今回も仰天の連発!
番組内容2
②【“激セマ”な物件って実際どうなのか?】
いま若者に人気だと言う激セマ物件を徹底調査。
たった3畳の部屋で暮らす若者は、どんな生活をしているのか?なぜ住んでいるのか?そして、家賃はいくらなのか?
イケメン住人の登場に、元自衛官芸人・やす子が怪しい行動を…一体何が!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森川
  2. 杉野
  3. 小松原
  4. ハハハ
  5. 大吉
  6. 本当
  7. 西原
  8. 大島
  9. 今回
  10. 豊嶋
  11. 華丸
  12. 激セマ
  13. ESAS
  14. スタッフ
  15. 関川
  16. 生瀬
  17. マジ
  18. レーザー
  19. 技術
  20. 失礼

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥1,200 (2022/08/18 14:14:10時点 Amazon調べ-詳細)

<皆さん 今…>

<我々が
以前 かけるだけで

どんなものでも
カチコチになるスプレーや>

<絶対に…>

(生瀬)私 買いました。

<そして…>

<技術の最新を お伝えしてきた>

<ということで 今回も

様々な最新技術が
実際どうなっているのかを…>

(華丸)主任。

(スタッフ)1年ぶりと
おっしゃいましたが

半年ぶりです。
(大吉)あ~っ そう?

あれよね?

違う違う それ ずいぶん前よ。

あれドラゴンボール芸人…。
そうそう…。

<おじさんになると
時間の早さは…>

<そんな ふたりが…>

それは もうね…

あれは もう令和だね。

はい。

村上さん。あ~っ そう。

(スタッフ)…してもらおうかなと。
もう でも…

ねぇ?
もう…

何を言ってるんですか?

ハハハ…[笑]

うわうわ…!

<今回も昭和の おじさん代表
ふたりが>

<令和の最新技術を
体を張って調査>

<ふたりを待ち受ける…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
どうぞ よろしくお願いします。

(一同)お願いします。

(華丸)まぁまぁ だから本当に…

(森川)ハハハ…[笑]

(大吉)だから 本当…

えっ?
(森川)ゾッとする?(大島)え~っ。

もう何か…

(森川)なに?(大島)え~っ!

怖いですよ 本当に。
怖いよ。

<まず最初の…>

<それを聞いて 昭和の…>

(スタッフ)サッサ?
うん…。

サッサ。
何回も使ったね。

うん。

「サッサ持ってきなさい」っていう。
そう。

<そんな ふたりの
想像を超える…>

お~っ なに?
おっ!

<現れたのは ふたりの男>

うわ~っ。
お~ お~っ。

なに?何か…。
(森川)小さい。

<こちらが
何でも消し去る装置>

<開発したのは

「東成エレクトロビーム株式会社」
技術部部長

西原さんと 弟子の黒羽さん>

<まずは その…>

(西原さん)じゃあ それでは まず…

こんな もう 年季 入ってるし。
(西原さん)はい。

元の色になる?
(西原さん)はい。

<それでは>

<イレーザー>

<起動>

(西原さん)じゃあレーザー出します。

すごいね!

うわ~っ。
え~っ!

どういう原理だよ?
これ。

(森川)うわっ!
何?これ。

(大島)すごい。

<あっという間に
頑固な汚れを消し飛ばした>

この色だったんだ。

こっちの色でも なかったんや…。
(西原さん)はい この色なんです。

へぇ~っ。
うわっ!

(西原さん)…の用途には なります。

<ということで大吉が…>

<今回 消すのは
家庭で見かける 鍋汚れ>

昭和だ 昭和。

<果たして 頑固汚れは
取れるのか?>

ここだ。
(西原さん)そこで上下…。

前後に動かして…。

<徐々に汚れが消え始めている>

<すると>

(西原さん)あ~っ そうです…。

うわっ いってる!
いや~!

(森川)えっ すごい!

(大島)レーザーが見える。

お~っ いってる いってる。

<汚れが あっという間に
消滅していく>

本当に?

うわ~っ 見える 見える。

<見事!>

<さらにイレーザーは…>

<水中に 油性マジックで
書いた文字が記された

鉄板を入れる>

<これを瓶の外から
消すことが できる>

いや!
うわ うわ…うわ~っ!

うわっ!
うわ~っ!

(森川)えっ 怖い。

すごい!

ハハハ…[笑]
喜んでる おじさん。

すごい!
いや すごい!

<まさに最新技術>

(森川)CGみたい。

(西原さん)原理はですね…

<簡単に説明すると

レーザーの熱によって
汚れを蒸発させ

さらにレーザーによって生じる
プラズマが爆発することで

汚れを取っているという>

<そして今回 おふたりに…>

<大吉おじさんが まだ
吉岡くんだった頃の

思い出の品>

ウチは もう…

(西原さん)全員分の汚れが。

<どんな色だったのか
イレーザーを使い

30年ぶりの ご対面を目指す>

(黒羽さん)じゃあレーザー出します。

<それでは…>

あ~っ きれいになった
もう一気に。

<球体のデコボコを
ものともせず

汚れを取っていく>

きれいになってるのがね。
うん。

(大島)あ~っ すごい…。
(森川)あ~っ キラキラ。

う~わ 入った!入り込むね。

あの あいだに。
レーザー入り込むわ やっぱ。

うわっ そこ 届く!かゆい所に。

<レーザーが
トロフィーの形にそって

汚れを消し飛ばす>

あの あいだに。
レーザー入り込むわ やっぱ。

<そして…>

<30年の時を経て…>

青春が戻ってくる 多分もう
もらった人の中で

一番きれいにしてる。
多分ね。

この きれいさ。

<続いての…>

<そして…>

<一見…>

いわゆる。
うんうん。

<そう こちらは
つま先を保護する…>

<たとえ 車に踏まれても
一切ケガをしない>

本当ね。
何?これ。

ビヨン ビヨンって感じ。

いやいや…

びっくりした!

<しかし…>

<その…>

<実は これ
今回のために用意した…>

<そう この靴は
どんな鋭利な物でも…>

<超最強シューズなのだ>

<まず一般的な靴だと
どうなのか?>

刺さってるし。

あ~あ~っ もう これ…

…みたいになるよね。

あ~っ そりゃ 出るわ
普通は こうよ。

<ならば…>

ちょっと怖いな。

<しかし大吉…>

うわっ 何か もう…

<大吉…>

<続いて…>

(森川)怖い怖い。

<大丈夫か?>

危ないよ。
あ~っ でも大丈夫か。

<靴が脱げるほど…>

うん そろそろ。

<その繊維というのが…>

<しかも 深く刺さっている>

もう全然 怖くない。

お前 マジで?

全然もう…。

はしゃがれんて!

ず~っと。

ほら。

刺さってる 刺さってる。
本当に。

痛くない。

<ちなみに 代わりに…>

<ご覧の通り
釘をも へし折る実力>

<まさに 超最強シューズ>

<ちなみに お値段は 何と…>

意外に安い。

<続いての…>

トレー?

<紹介してくれるのは

敏腕バイヤーの 関川さん>

最新の お盆。
(関川さん)はい。

いやいや…もう 見た見た。

<取り出したのは…>

<しかし>

(関川さん)はい。

これが…

<そう
これが お盆の進化形>

<まずは そのお盆に…>

<…セット>

(関川さん)いろんな振り方をしても。

何で くっついてるの?
うわうわ…!

怖い怖い…。

<これが
ティプシートレーの実力>

<コップの角度が急になっても

全く水が こぼれる気配がない>

ちょっと待って…

<普通の お盆は
コップの下から支えるため…>

<ティプシートレーの場合は
上から支えるため

コップが お盆に対して

離れようとしない力が生まれ

このような
超安定した状態になる>

<さらに>

(関川さん)こちらポリウレタンの
ゴムコーティングが

施されているので こぼれない
ようになっております。

車のダッシュボードとかに
置いて

小物が滑り落ちませんみたいな
そんな素材ね。

<ということで ふたりも早速…>

これ面白いな。

お~お~っ!

(大島)ハハハ…[笑]

<すると 大吉…>

はい 生!はい!

<しかし>

おいおい…!

一番やっちゃ
いけないこと…。

はしゃぐから。

なるほど ゼロじゃないのよ。

<そう
このティプシートレーでも

わざと こぼそうとしたり

大きい衝撃を与えたりすると…>

いいよ それは。

<つまり普通に していれば…>

<これぞ…>

<そして
本日最後の…>

(スタッフ)…で やりたいと思います。

殺風景な。
ねぇ。

ほぉ。
何でしょう?

(スタッフ)最後はですね。
はい。

<しかし この…>

<世界50か国を超える
国の警察や

誰もが耳にしたことのある
あの諜報機関も

使っているとか いないとか>

言ったら…

<一体…>

<早速 ご登場いただこう>

こんにちは。
どうも。

<現れたのは 株式会社
ESジャパン Mr.杉野>

この方が
もう ちょっと…。

ESAS?何ですか?

<アタッシェケースから
取り出したのは…>

改めて この…

(杉野さん)はい。

(杉野さん)場合によっては
そこから…

それね。
ふ~ん。

(スタッフ)つまり…

昔で言うね。

…昔と違ってね 多分ね。

<そう 嘘発見器といえば
皆さんが よく知るのは…>

<容疑者の…>

<…装置だが>

(杉野さん)…で 取れますので。

それこそ…

<そう 最新の嘘発見器は

声だけで嘘を見抜く>

<その正確さは 何と…>

そうなると…

(杉野さん)そうですね…。
あの 駆け引き ないってことは。

うん ないです。

そういうことですよね。

<この技術は もともと…>

<今までに52か国から

合計1000万件を超える
音声データを解析し

たどり着いた技術>

<そして日本でも
この技術が普及しており>

(杉野さん)分かりやすいところで
いくと やっぱり…

はいはい。

(杉野さん)…とかっていう ガイダンスが
よく流れると思うんですけども。

(杉野さん)そうです。

<しかし その感情を
正確に読み取るには…>

(杉野さん)それこそ…

<つまり ESASの性能を
発揮するには…>

<そこで我々が…>

あ~っ あったな。
あったね。

なるほど。

<ということで
おばたへの尋問を見ながら…>

<今回おばたには
ご覧のテーマで尋問を実施>

<その中で 強い反応が出た部分を
ご紹介しよう>

<皆さんも おばたの言動に
ご注目ください>

<まずは こちら>

(おばた)で その時間帯…

(おばた)え~っと…

いや でも…

<しかし…>

(杉野さん)実際…

(杉野さん)特に
「飯尾さんの」という言葉と

「廃墟」という言葉と

「飯尾さんが好き」という。

ハハハ…[笑]

<つまり この発言は>

(おばた)でも 飯尾さんの…。

<続いては こちら>

(おばた)いや 僕だから…

(おばた)まぁ
それが幸いしてというか。

そうですね はい。

まぁ でも…

(杉野さん)そうですね。

<こちらは おおむね…>

<しかし Mr.杉野は
ある点を指摘>

<それは>

(杉野さん)おそらく…

<おばたは
浮気は していないのだが

何かしらの動揺が見え

多少なりとも…>

<…が 出た>

(おばた)してないってば だから。

<つまり これは俗に言う…>

<すると…>

その浮気の どこまでか。

だから 一緒にね…

(杉野さん)はい
おっしゃるとおりです。

それが隠しきれなかったと
いうことであって。

これマジで…

そうやね。
よくない。

<ESASの性能が
分かったところで>

うん やろう やろう!

<実は このESASには

録音した音声を事後解析する
オフラインモードと

リアルタイムで音声を解析する

オンラインモードがある>

<今回 ふたりにはリアルタイムで
解析しつつ

ロケ後に オフラインモードでも
深く掘り下げ

ふたりの言葉の裏にある感情を

丸裸にする>

<それでは いこう!>

<今回 尋問を担当するのは

ESASを
知り尽くす男…>

<そして 容疑者は ふたり>

<華丸 52歳 男性と

大吉 51歳 男性>

<今回 取り調べるのは…>

<いざ…>

<華丸は
嘘をついているのか?>

(杉野さん)今のところは…

(森川)ハハハ…[笑]

そうなのか。

(森川)そんなの
出ちゃうの?

ハハハ…[笑]

<そして…>

ただただ…

私は もう言ってますよ。

(大島)ハハハ…[笑]

<大吉は
嘘をついているのか?>

おっ どうだろう?

(森川)あっ すごい。
正直。

<しかし
事後解析の結果は違った>

<この発言>

<…という解析結果>

<つまり本心では なく>

お~っ!
(森川)怖い もう。

リアル リアル。

<さすがESAS>

<ふたりの感情を
完璧に読み解いた>

そうめんを食わせろと。

<そこで我々は考えた>

<30年 連れ添い>

<今さら本音で語り合う
ことのない おふたりのために>

<お互いが本当は
どう思っているのか

この機会に
コンビ愛を確かめよう>

(杉野さん)…2つずつ
おっしゃって いただけますか?

<まずは大吉>

<華丸の大好きなところは?>

ハハハ…[笑]いいね
うれしいよね。

(大島)明るいところ。

<続いて…>

いいんですよ いいけど…

ハハハ…[笑]

マジで。

(杉野さん)今の…

あ~っ よかった…。

<続いて華丸>

<大吉の大好きなところは?>

2個じゃ足らん。
いるのに?

2個じゃ足らん[笑]
(大島)ハハハ…[笑]

2個だから。

マジで お前
いい加減にしろや 本当[笑]

何だ?それ。

あっ 逆なんだね。

ついてないって。

あとは…

(杉野さん)そうですね。

お風呂は入ってるって。

(杉野さん)2個目を
出してくださいって。

まぁまぁ まぁね。
まぁ でもねぇ こんな…

(杉野さん)いやいや…[笑]

<しかし…>

何でも うまい
て言う。

<嫌いなところを あげる際に

強い躊躇のサインが出ていた>

<つまり 華丸にとって…>

<…な 行為だったらしい>

<さすが…>

<そして…>

<皆さん 今 激セマ物件が
はやっているって知ってますか>

<実は ここ数年 居住スペースが
激セマい物件が…>

<ほとんどが満室状態で

キャンセル待ちをしている
物件も あるほど>

<しかし なぜ
狭いにも かかわらず

そこまで人気なのか?>

<そして その住人は
どんな生活をしているのか?>

<そこで今回 我々が…>

<現在 やす子は芸人仲間と
シェアをしており>

<10月には
退去しなければならないため

物件を探し中>

<住む人 目線で 調査していく>

<最初の物件は…>

<こちらが…>

(小松原さん)ハハハ…[笑]

(森川)モデルさんみたい。
すごいスタイル。

<それでは…>

(やす子)この建物に こんな…。

あっ ありがとうございます。
(小松原さん)どうぞ。

そうなんですよ。

(やす子)失礼します。

これ ベッド
上げられないよ?これ。

(やす子)失礼します あっ ドア。

<いざ 部屋へ 果たして…>

(やす子)すごい 真っ白ですね。
(小松原さん)そうなんですよ。

(やす子)そして 激セマです。

(やす子)あれ?

(やす子)え~っ。

(小松原さん)そうですね はい。

(やす子)そうか 激セマ物件って
収納が本当大事ですもんね。

(小松原さん)そうなんです。

(やす子)おっ ここも
ぎっしり食糧が入ってます。

(小松原さん)そうなんですよ。

(小松原さん)そうです[笑]

<となると…>

(やす子)3足だけですか?

(やす子)十分かな?

<さらに こちら…>

(やす子)え~っ!

じゃあ…

(やす子)あ~っ。

もう
コインランドリーがあるから

洗濯機 置くスペースは
ちょっと もう

収納に使っちゃおうということで。
(小松原さん)はい。

<そしてキッチンも当然 激セマ>

<なので>

(小松原さん)もう本当 焼くか煮るか
(やす子)ハハハ…[笑]

(小松原さん)本当に簡単なものしか。

凝った料理は…。

<しかし…>

(小松原さん)そうなんです。
(やす子)冷蔵庫も

これぐらいのサイズじゃないと
置けないですもんね。

<実は やす子…>

<そんな 彼女の…>

本当に?

<上京してからハマったという
家系ラーメンを…>

(森川)すごい。

(森川)豚骨[笑]

<…ご注意を>

<そして浴室は 湯船はなく
シャワーのみ>

(小松原さん)…ていう その…

(やす子)お部屋も
きれいなんですけど

意外と そういうところ…。
(小松原さん)そうです。

ちょっと がさつなところというか
ありますね[笑]

<そして…>

<すると>

(小松原さん)はい。

<そう 激セマなので
ソファを置くと

リビングが半分 埋まってしまう>

<しかし ここにも…>

(小松原さん)あっ そうです。

(やす子)ハハハ…[笑]

なるほど
ナイス激セマ ポイント。

<さらに やす子が…>

(小松原さん)はい 何か ちょっと…

(やす子)確かに…

(小松原さん)そうなんです。

(小松原さん)そうですね[笑]

(やす子)隠せれてるのかも
しれないですね。

(小松原さん)大事なとこは
隠れてると思います[笑]

<続いては…>

<そう 小松原さん…>

<すると>

(やす子)え~っ…。

(小松原さん)ハハハ…[笑]

いやいや ウケてない。

<それでは 気になる…>

<一体いくらなのか?>

(やす子)わっ いくらですか?

<風呂トイレ別なのと

繁華街に
歩いてアクセスできるのが

決め手だったという>

<さらに>

(小松原さん)でも やっぱ
そういうとこは…

(小松原さん)そうなんですよ はい。

(やす子)ハハハ…[笑]

<続いては 同じ新宿区>

<こちらが…>

<それでは早速…>

<果たして…>

(やす子)あ~っ…

<白を基調とした部屋で

洗濯機とハンガーが お出迎え>

(やす子)あっ 2足 入ってますね
しっかり。

ちゃんと靴が収納できています。

靴は縦置きなんですね。

(やす子)ないんだ。

(豊嶋さん)いや…

(豊嶋さん)入れてもらったりって
いうのは。

(やす子)ちょっと…

(豊嶋さん)ありがとうございます。

ありがとうございます
すいません[笑]

<すでに…>

(やす子)ちょっとな きょう…

<気を取り直して…>

(豊嶋さん)そうです そうです。

<ドアを開けると
廊下が塞がるのは

激セマあるある>

(やす子)えっ?

あっ 本当だ!

(豊嶋さん)ちょっと開けたまま

まぁ1人だから いいか
みたいな感じで。

<そして…>

(やす子)失礼します。

(豊嶋さん)はい。

(やす子)あ~っ 狭いですね。

(やす子)あっ なるほど。

もう全部リビングが。

いっぱい いっぱいです。

しかも…

<そして激セマがゆえに 既製品の
カーペットは入らないので

折り曲げて使用>

<さらに>

(豊嶋さん)やっぱり…

(やす子)へぇ~っ。

逆に
激セマ物件に住んだからこそ

こんなに きれいにすることも
できるのかなっていう…。

(豊嶋さん)そうかもしれないですね。

(やす子)なるほど。

<そしてロフトは
寝室兼 収納スペース>

<やす子が…>

<やす子…>

(サザエ)夏はシーフードでございます!

♬~

♬~

(男性)うめえ。

♬~ 夏はシーフード
<うふふ!>

<やす子…>

<どうやら ベッドで
男性と2人きりという状況に

動揺しているようだ>

<…の やす子であった>

<そして こちら…>

<…お家賃は?>

(やす子)8万円?(豊嶋さん)はい。
(やす子)うわ~っ。

(やす子)へぇ~っ。

あっ なるほど。

(豊嶋さん)はい すいません[笑]

(森川)今…

(森川)え~っ。

(森川)何か…

(森川)…て 思ってるんですけど
でも…

(森川)…て 思います。
(華丸)え~っ。

(杉野さん)そうすると…

(森川)敵対?

(森川)何かその 別に…

(森川)ハハハ…[笑]

(生瀬)そりゃ そうでしょ。
(大吉)いや そうでしょ。

そうでしょ。
質問がね。

<さらに事後解析の結果

口には出さないが
負けず嫌いの森川にとって

チャンは良きライバルと
思っているようだ>

あっ 世の中にこんな人いるんだ。

(森川)あ~っ。(大島)う~ん。

(杉野さん)…で お答えいただけて
いるかと思います。

で 逆に お伺いします。
はい。

<危ない質問に…>

(森川)へぇ~っ。(大島)あらら…。
(生瀬)います。

(杉野さん)お話しいただける範囲で。

基本その…

ちょっと…

(華丸)ハハハ…[笑]
(森川)ハハハ…[笑]気になる。

(杉野さん)ちなみに…

ちょっと待ってください
何を言ってるの?

(杉野さん)大変 失礼いたしました。
ちなみにって。

いや…[笑]

(大吉)この辺から いってます。
まず頭文字。

いや もうね…。

また何か…

(森川)嫌だ!嫌だ嫌だ…!
ちょっと待って。

これでテロップで名前とか
出てたら おかしいですよ。

もう本当に それは もう
やったなっていう感じの…。

(♪~)

(♪~)

<「どうなの課」に…>

<釣った魚を売って
一攫千金を狙う>

「どうなの課」って
こんなキツイんですね。