秘密のケンミンSHOW極!横浜中華街のカレーが熱い!?京都の絶品わらび餅[字][デ]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

秘密のケンミンSHOW極!横浜中華街のカレーが熱い!?京都の絶品わらび餅[字][デ]

横浜中華街のカレーを徹底調査!牛バラ&玉ねぎ超シンプル具材に中華スパイスで大変身
▽衝撃!京都のわらび餅は超伸びる!▽香川木綿でも絹ごしでもない第三の豆腐!?

詳細情報
出演者
【司会】
久本雅美
田中裕二(爆笑問題)
【ゲスト】
ほしのディスコ(パーパー)[群馬]
HAN-KUN(湘南乃風)[神奈川]
あいなぷぅ(パーパー)[愛知]
チャンカワイ(Wエンジン)[三重]
奥野史子[京都]
ケンドーコバヤシ[大阪]
新納慎也[兵庫]
高畑淳子[香川]
柏木由紀(AKB48)[鹿児島]
番組内容
久本雅美、田中裕二(爆笑問題)がMCを務めるディスカバリーエンターテインメント番組!日本全国の激うまグルメや衝撃の習慣を徹底調査!あなたの知らない日本が明らかに!?お楽しみに!▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!
制作
ytv
番組ホームページ
●番組HP
https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. カレー
  3. ソフト
  4. 茶色
  5. ソフト豆腐
  6. 奥野
  7. 中華
  8. 中華街
  9. 木綿
  10. ケンコバ
  11. ホント
  12. 牛バラ肉
  13. 豆腐
  14. 名店
  15. HAN
  16. KUN
  17. 県民
  18. 黒蜜
  19. 保昌
  20. HAN

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥800 (2022/08/09 14:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

でも 1万700円やから
500円ぐらい くれへん?

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための…>

(田中)さあ お待たせしました。

今夜も 県民をディスカバリーする
お時間です。

(久本)
はい。今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございま~す。

ありがとうございま~す。
ようこそ!

さあ まずは初登場ですね。
俳優の新納慎也さんは

兵庫県民で~す!
はい 新納慎也です。
よろしくお願いします。

僕…。

あ~ そうか。神戸 パンだから。

(笑い)

さあ まずはですね
あのケンミンスターの

持ち込み企画からいきましょう。
今夜もいくぞ!

<いつも全国を飛び回っている
番組スタッフは

珍しく 東京屈指の繁華街
六本木にいた>

<実は…>

<馳せ参じた先は…>

<我々を待ち構えていたのは…>

(スタッフ)すいません…。

すいません。

<HAN-KUNといえば…>

もうホント…。

ありがとうございます。
(HAN-KUN)ホントに…。

<さらに…>

(スタッフ)はいはいはい。

(スタッフ)え!?
いらっしゃったんですか?
はい。

<もはや運命さえ感じるが
そんなHAN-KUNの…>

こないだ…。

(スタッフ)はいはい…。

(スタッフ)ホントですか?

<衣が特徴的な 高知県民熱愛

「いも天」を教えていただいたのは
記憶に新しいが>

どうですか?
(スタッフ)あ~ あんまり。

(スタッフ)そうですね。

(スタッフ)中華街…はい。

<なに?>

(スタッフ)ホントですか?
はい。

<ということで…>

<早速 東京の隣
神奈川県横浜市へ>

うん。
(スタッフ)ネクストブレイク!?

うん。

うん。

…中華街。

<調べてみると…>

<…あることが判明>

<とはいえ 他県民には…>

<ひとまず…>

(スタッフ)昨日も食べちゃった?

(スタッフ)保昌?
はい。

<ということで 中華街の
メインストリートから

一本入った
路地裏にある こちら。

県民激推しの中華料理店
保昌さんへ>

<店内は カレーの「カ」の字も
感じさせない

正統派の
ザ・中華料理店といった雰囲気>

<メニューも横浜中華の代表
焼売をはじめ

高級中華の王道メニュー
フカヒレなど

広東料理ベースの本格中華という
ラインナップだが>

<なんと 中華料理店で
カレーのオーダーの嵐!>

<メニューを確認してみると

チャーハンやパイコー飯と

中華の定番料理にまぎれ

牛バラ肉カレーご飯が表記>

<すると…>

<出てきたのは…おお!
これが噂の中華カレーですか>

<どこが中華なのかは
さておき

とにかく牛バラ肉が
めっちゃうまそう!>

<県民たちは 他の中華料理には
一切目もくれず

まるで ここがカレー専門店だと
言わんばかりの勢いで

バクバクと謎に包まれた
中華カレーを頬張っている>

(スタッフ)はいはい…そうですよね。
大体ね。

(スタッフ)あ 目が覚めました?

(スタッフ)もともと まかない!?

<そこで ハマっ子を虜にする…>

<まずは 中華鍋に紹興酒を注ぎ

メインの具材
牛バラ肉を香りづけ>

<続いて 油通しした玉ねぎと
牛バラ肉を炒め

そこに中華の要
鶏ガラの旨味が凝縮した

上湯スープを
投入!

…と ここまでは完全に
中華の王道レシピだが>

<すると…お!
ようやく来ました…>

<やっとカレーっぽく
なってきたなと思っていると

再び中華の辛味 豆板醤が
カレーにダイブ!>

<ダメ押しに
中華の餡かけよろしく

水溶き片栗粉で とろみをつけ
ご飯の上にたっぷりとかければ

どこまでも中華推し!
HAN-KUNが熱烈にプッシュする

中華のカレー 牛バラ肉
カレーご飯が完成するのだ!>

<引き続き…>

(スタッフ)あ ホントですか?
うん。

いろんな料理ありますから。
多分…。

<ということで 中華街の玄関口
朝陽門の脇に構える

北京料理の名店 創業67年の
北京飯店さんへ>

<すると…>

<なんと!北京料理の名店でも
カレーがニーハオ!>

<こちらは 大ぶりの玉ねぎと
牛ヒレ肉たっぷりの

具材ゴロゴロ贅沢カレー!>

<そして県民たちは 中華街を
代表する北京料理の名店で

またしても平然とカレーを
頬張っている。うまそうだ>

≪食べた時の…≫

<そんな…>

<牛ヒレ肉と玉ねぎに
カレー粉を加え

<秘伝の…>

<強火で一気に炒めたら

なんと わずか2分弱!
圧巻のスピードで完成!>

<中華の火力で 一気に仕上げ

カレーの風味と食感をいかすのが
北京飯店スタイル>

<さらに!創業から63年の
四川料理の名店

重慶飯店さんの飲茶専門店
重慶茶では…>

<牛バラだけでなく ナスや
カボチャなど 夏野菜たっぷり>

<味付けは 唐辛子の辛さが利いた
これぞ四川風カレー>

<続いて こちらは広東料理の名店
同發さん。こちらでは…>

<続いて こちらは広東料理の名店
同發さん。こちらでは…>

<豚のスペアリブの唐揚げ…>

<まさに
中華版カツカレーだった>

<では なぜハマっ子たちは
横浜中華街で

わざわざ カレーを
食べるようになったのか!?

横浜中華街コンシェルジュを
務めている

北京飯店の王子さんに
お話を聞いてみた>

<そう…>

<中華街では…>

<引き続き
先程の北京飯店さんで

牛ヒレ肉カレーの
取材をしていると…>

<ランチでカレー中の

おっと!これはこれは…>

<なんと カレーの本場
スリランカからやってきた

横浜在住39年の
ベテラン県民に遭遇!>

(スタッフ)シンプルでウマい。

<HAN-KUNも びっくりの
見事な食リポ…>

中華街で カレーを食べよう
って発想が正直。
なかった。

正直 中華街にカレーがあるのも
知らなかった。
ねえ!

保昌ってね
あそこは やっぱり。

大好き。
拍手してたもん。
はい ほんと止まんないです。

へえ~。
(HAN-KUN)ただその…。

へえ~。

何でなんだろうと思って
VTRにもあったんですけど

まかない発信というところが
たぶん。
そうですよね 確かに。

北京飯店のカレーもまた
ちょっとね 違いましたけどね。
素晴らしい。

そうですね 僕…。

昨日 行ったの?
行ったな 昨日!昨日か。

ほんとに まさにほんと…。

ほんと酢豚って
おっしゃってましたけど

ほんとにそんな感じで もちろん
牛ヒレも おいしいんですけど…。

へえ~。

なしで行ったの。

牛バラ肉カレーが人気の
中華料理店

保昌さんでは こちら…。

え~!
これもヤバいね。

これ ヤバいね!
ねえ HAN-KUN
これは食べたことありますか?

ラーメンと
めちゃくちゃ合ってるんだ。
めちゃくちゃ合ってますね。

(ケンコバ)サイズがね。
(新納)でも やっぱり…。

そうそう…ほんとにそう。

わかる~!わかるわ~!

いやもう びっくりしてるけど
おいしいんだろうなと思う。

大体…。

おうちでも 煮込む。

ほんとあっという間に出来ちゃう。
チャチャッと炒めてなんか

スープみたいなのかけて。
でもね おいしい。

そうなのよ!聞いてよ!
聞いてくれる?

私 このあとね…。

前の 前回のとき。

(笑い)
今日は…。

今日ね 今日も
どういうこと これ?

奥野さん ねえ!

私これ 今日カレー…。

奥野さん 見習って…。

さあ チャンカワイ お前…。

それは うれしいです。

やっぱり…。

謝甜記っていう…。

そこで 僕は
唐揚げが好きやから

唐揚げ頼んだら
そうなんですよ。

え~!
カレーの味の唐揚げ。

(笑い)
HAN-KUNもそれは知ってる?

(チャン)はい。

え~ すごい!

素晴らしい。

<神奈川県民
HAN-KUN激推し

横浜中華街のカレー
今回は 保昌さんの

牛バラ肉カレーご飯を
いただきます>

いや~ おいしそう。
見るからに おいしそう。

肉がもう
がっつり入ってるのが見えて。

いや~ いただきま~す!

(ケンコバ)うわっ うまそう!

う~ん!
う~ん!

いやもう
みんな好きな味だよ これ。
(ケンコバ)へえ~。

ほんとに ほんとに庶民的な。

お肉も豪快で
やわらかくて おいしい!
あっ!

う~ん!
あっ!

でもやっぱり
スパイスの感じが やっぱり。

(高畑)後からね くるけど。
めっちゃ うまい!
うまい!

う~ん!うまっ!
ちゃんとスパイシーがいんのにね。

(笑い)

いやほんとに こうやって
皆さんで こうやって…。

カレーだけ食べに行って…。

…と思いました。
ありがとうございます。

いいね!ちょうどいい!

あ 言えてる~!
と 思うぐらい…。

パーパーは どうですか?
はい 私あの…。

たまにいるよね。
いるよね いる。

なんですけど…。

(ケンコバ)お母さんのせいやな。

わたくしごとなんですけど…。

(ほしのディスコ)
はい それから ちょっと…。

そうですよ。

(笑い)
すみません!

<今回のテーマは…>

<わらび餅といえば 透明の
ルックスが なんとも涼しげな

黒蜜ときなこを
かけていただく…>

<とはいえ…>

<どうやら都民は そもそも
わらび餅に興味がない様子>

<和菓子の本場に住む
京都府民は…>

<早速…>

<八坂の塔の近くにいた…>

食べてる。
食べるな。

朝ご飯を食べた後。

<何やら京都府民…>

<さらに…>

<何!?>

<早速 園にある

わらび餅が人気の甘味処へ
行ってみると

おぉ!
ぎょうさん並んではる>

<さらに その奥にも

気温30度オーバーの中
わらび餅目当ての…>

<上品な暖簾をくぐると

さすがは京都
なんとも雅な雰囲気>

お待たせいたしました。

<あら 素敵な器。

って!中央には砕いた氷>

<そのまわりには透明ではなく

確かに茶色いわらび餅>

<そして 梅をかたどった
上品な形のきなこと

朱色の器に入った黒蜜を従え…>

<すると京マダム
黒蜜も きなこも掛けず

いきなり箸でつかんだ>

<げげ!>
≪うわ~!≫

<京マダム
黒蜜も きなこも掛けず

いきなり箸でつかんだ>

<げげ!めっちゃ伸びてる>

<何なんだ このわらび餅は>

<我々の知るわらび餅と

色も形も全く違う
謎の茶色いわらび餅を

皆さん ビロンビロンに
伸ばしながら

きなこと黒蜜を絡めて
平然とご堪能>

う~ん!

<ん!?>

<本わらび粉とは

山菜のわらびの根を原料とする

わらび粉100%の粉のこと>

<掘り出した わらびの根を洗い

潰すことで
デンプンを抽出し 精製>

<徳屋さんの
本わらび餅で使うのは

なんと 本わらび粉と
砂糖のみ>

<これを水で溶き

銅鍋の中で 10分間
根気よく混ぜていく>

<すると おぉ~!
ネバネバで なめらかな

茶色いわらび餅に
トランスフォーム>

<我々が知るわらび餅は…>

<一方 本場 京都の
本わらび餅の場合は…>

<色が茶色く
驚異の粘りを誇るのだ>

<また京都では 夏に限らず
1年を通して

わらび餅を提供するお店も
珍しくなく

そのため 他県に比べ
わらび餅が圧倒的に身近>

<とはいえ 本わらび餅の多くが
1, 000円超えと高級のため

府民は ここぞという時に

自分へのご褒美として
食べたり…>

<ご贔屓のお店などで

少々お高めの
本わらび餅を買い

おもたせとして
使ったりと

本わらび餅は…>

<続いて 北野天満宮近くにある
和菓子屋さんへ>

<洋風な店構えだが

しっかり
「わらびもち」レコメンド>

<店内のショーケースを
見てみると

こちらは なんと!

6個入り400円と お手頃価格>

<しかも 茶色は茶色だが

あれ?全然…>

<実は こちら
本わらび粉以外にも

甘藷デンプンをミックス>

<そのお手軽さから
京都府民の家庭では

本わらび粉100%の

本わらび餅ではなく
このミックスタイプで

カジュアルに わらび餅ライフを
楽しんでいるのだ>

<なぜ 京都府民は
わらび餅を熱愛し

また 茶色いわらび餅が
定番になったのか

京都産業大学の
笹部准教授に伺った>

まず…。

万葉の時代 つまり…。

…というような記録は
ございます。

<わらびからできる…>

<次第に…>

(笹部さん)…が あったりする
ということがあるので

この黒みがかった…。

ですから…。

<さすが千年の都は違うな~と
思いつつ

こちらの菓子処を訪れると>

お待たせいたしました。

<何!?これが わらび餅?>

<なんと常時
5種類の味を販売し

京都の食べ歩きにもってこいの
今時スタイル>

<さらに 山科区にある
和菓子屋さんでは…>

<はい?珈琲わらび!?>

<わらび餅に 珈琲味が合わさり

傍らには ちゃっかり…>

<互いの いいとこ取りで

珈琲ゼリーに真っ向勝負!>

<続いて 創業100年越え

老舗和菓子屋さんが営む
カフェに行ってみると>

お待たせいたしました。

<続いて 創業100年越え

老舗和菓子屋さんが営む
カフェに行ってみると>

お待たせいたしました。

<何!?ティラミス?>

<本わらび餅と
マスカルポーネチーズの

京都イタリアの
和洋折衷コラボ>

<京の都で わらび餅は
さらなる進化を遂げていた>

(拍手)

うん。
ただ…。

…ね ケンコバ。
ああいうね…。

ないね~。

わらび餅は やっぱり茶色い?
茶色ですね。

言い方ちょっと喧嘩売ってるで。
(奥野)いや すいません。

いやいや でもね…。

普通に。

はい。
(奥野)あれも…。

確かに。
でも ちょっと…。

確かに。

≪あ 確かに≫

あ~ ちゃんと絡まんねや。
そうなんですよ。

(笑い)
そんなん言わんといて。

さあ お隣 兵庫。
新納さん どうですか?

マジか?
ほんと?
はい。

兵庫県は わらび餅 食べへんの?
(新納)でもね 食べます。

…って言われちゃうやつですよ。
(笑い)

でも ああいうの
食べたことあります?

ですよね。
はい。
(高畑)私は もう…。

大好き。
それでね お芝居の時とか

食べられない時
あるじゃないですか。

なるほど。
(高畑)体の維持に…。

常備食。
(チャン)確かに…。

(チャン)ただ…。

≪そうか≫

ほお。
餅。

(笑い)

(柏木)私…。

よかった 由紀ちゃん。
最近 よく…。

(柏木)
「私 わらび餅 好きです」って
載せてるぐらい大好きで。

そしたら その…。

…っていう。
やっぱ きた?

そうだろね。
いやいや。

これ見て思い出して。

(笑い)
これだ!と思って。

(笑い)

<京都府民熱愛のわらび餅>

<今回は ぎおん徳屋さんの
本わらび餅をいただきます!>

やっぱ この
きなことね…はい。蜜はね。

この感じ!
テンション上がるわ~。
(笑い)

いただきます。

んん~…。

この 喉越し。

これが本物の わらび餅?
(奥野)はい。

すごいわ!
やっぱ 実力が凄い!

ヤバい!これは おいしいわ!
これを ちょっと食べてたら

ほかの わらび餅は
ちょっと もう

鼻で笑っちゃうのは わかるわ。
≪そんなに違うんだ?≫

うん。

(奥野)
これ全然 朝ごはんで いける。
朝ごはん。

(新納)
まあ 確かに。ちょっと今の時期
良いかもですね 朝ごはんに これ。

んん~っ!

いや おいしかったな~ これ。

おいしかった これ。
ちょっと…。

いやいや…全然 全然。
ホント 皆さんに

よう 食べていただいて
よかったです。ホンマに。

並んでるから。
(奥野)ホンマに。

あら~ 細かいな~。

(笑い)
(奥野)これ100%なんで。

本物…いただきました。
おいしかったです。

(ケンコバ)
いや やっぱり 久々に
食べさせて頂きましたけど…。

うまいね!
(ケンコバ)あの~…。

はい!

(笑い)

そうなんですよ。
はい。

<今回は
香川県民の小さな秘密>

<それは!
我々 日本人の食卓には

欠かすことのできない…>

<なめらかな食感で
冷奴には最高の

「絹ごし豆腐」と

煮崩れしにくく
鍋料理に持ってこいな

「木綿豆腐」は まさに
豆腐界の二大巨頭!>

<一体…>

<高松市で県民の
お豆腐に対する認識を調査!>

はい。

(スタッフ)あります?
はい。

(スタッフ)えっ ソフト?
はい。

<なに?>

(スタッフ)白いお豆腐?

(スタッフ)大豆の?
はい。

聞いたこと…アッハハハ。

多分…皆 知ってます。

<そこで「ソフト豆腐」を求め
ゆめタウン高松さんへ>

<充実の お豆腐コーナーを
覗いてみると…>

<「木綿」や「絹」など
定番のお豆腐が並ぶ中…

うん?な…なに!?>

<お豆腐売り場では
まったく 見慣れぬ

「ソフト」が堂々表記!>

<どうやら これが
県民たちの言っていた

第三の豆腐らしい>

<確認のため もう1軒
県内のこちらのスーパーの

ずらりと並ぶ
お豆腐の中で…おっと!

いきなり発見
「ソフト」の文字!>

<「絹」や「木綿」なんて
相手じゃない!とばかりに

その お隣も「ソフト」!

さらに
その お隣にも「ソフト」!

その お隣の
お隣にも「ソフト」と!>

<お豆腐界の二大巨頭を抑え

なんと売り場の7割を
「ソフト」が大量占拠!>

<続いて
真打・お豆腐屋さんへ

…って そっちの
「ソフト」もあるんですね!>

<そちらは
あとで いただくとして

店内の売り場を見てみると

お豆腐屋さんでも やっぱり
「ソフト」が平然と鎮座!>

<この…>

<お店の人に聞いてみた>

簡単に言いますと…。

簡単に言いますと…。

…って感じですね。

(スタッフ)そうなんですか?
はい。

(スタッフ)間?
はい。

<…に位置するという
この「ソフト豆腐」

そのビジュアルを
よく観察すると

確かに表面は「絹」のように
つるつるスベスベではなく

「木綿」のように
マットでザラザラとしている>

<割って その中身を
確認してみると

「木綿」特有のゴツゴツ感はなく

「絹」よりな
なめらかな質感といった様子>

<さらに 食品の やわらかさ
などを測定できる

専用のマシンで
実際に この3つの…>

<その やわらかさを
科学的に検証!>

<数値が低いほど
弱い力で噛み切れ

「やわらかい」という事なのだが

「木綿」と「絹」では倍近く
やわらかさが違うことが判明>

<そして
「ソフト豆腐」はというと

なんと本当に「絹」と「木綿」の
中間の やわらかさだった!>

<「絹」と「木綿」の中間という
なんとも不思議な…>

<そもそも「絹ごし豆腐」は…>

<「木綿豆腐」が
一度 固めた…>

<「ソフト豆腐」は…>

<その作り方まで「絹」と「木綿」の
ハイブリットな お豆腐なのだ>

<しかし…>

<豆腐ライフに
問題はないはずだが…?>

やっぱ…。

なんか こう…。

<そう。「ソフト豆腐」を使えば!

崩れる心配 ご無用!なのに
なめらか!絶品 冷奴に!>

<料理のプロは どうなのか?

こちらの
中華屋さんへ伺うと

料理中の ご主人が取り出した
こちらの お豆腐は?>

(スタッフ)ソフト豆腐?
はい。

(スタッフ)今 何を作ろうとして
らっしゃったんですか?

今…。

<では なぜ「ソフト豆腐」が

第三の豆腐として 香川県民に
根付いていったのか?>

<観音寺市の豆腐メーカー
カンショクの社長で

四国豆腐連合会の代表理事

秋山さんに お話を伺った>

…だったと思います。

(スタッフ)分からない?
はい。

<ソフトにお茶を濁された>

<最後に いつもの…>

<ソフトなリアクション>

(笑い)

(笑い)

(拍手)
いや 久本さん
ソフト豆腐ってのは

初めて聞きましたね。
いや 初めて聞いた。

ビックリ!でも なんか

ちょうど
いい感じがしますけどね。
うん。

私ね…。

知らなかった?
あ~ 知らなかった。
はじめて。

さっきの さっき…。

あんた…。

うん…。

言うて 言うとったですわ。
へぇ~。

一般的に
そんな…あとなんですかね?

そのときは。

多分ね。
(笑い)

いや ホントに
ちょうどいいな~って

いうふうに
VTR見てて思ったし…。

(笑い)

ピーナッツ豆腐って
いうのがあって。
ピーナッツ豆腐?

はい。
えっ!

これ…。

(笑い)
取られちゃう。
取られちゃうよ!

豆腐愛というところで…。

お魚が いっぱい獲れる…。

伊勢ひりょうず
っていうのがあって

これが もう
プリフワ食感の…。

ちょっと みんな…。

(笑い)
やりづらいわ。やりづらいわ。

<もう一度 ご覧になりたい方は
TVerへ!

お気に入り登録 お願いします!>