ザワつく!金曜日 とろける極上スイーツ争奪戦!「工場&職業クイズ」で白熱対決![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ザワつく!金曜日 とろける極上スイーツ争奪戦!「工場&職業クイズ」で白熱対決![字]

長嶋一茂&石原良純&高嶋ちさ子のなんでもややこしくしちゃう3人が好き勝手に喋りまくる!愉快!痛快!言いたい放題バラエティー!

◇番組内容
正解者のみが食べられる“ごほうびグルメ”を巡り白熱バトル!
今回は…極上の口溶け!とろけるスイーツが登場。
一茂&ちさ子は空腹気味(!?)一問目から“ぼやき”が出始めて…?
さらに、ある“女性”の仕事風景を見て職業を当てる問題も出題。
粘って答えを言い続ける一茂に、ちさ子がプレッシャーをかける!?
◇番組内容2
7月某日、スタジオに恐る恐る入る良純&高橋。
そのワケは…ちさ子から“緊急招集”がかかったから!
ちさ子の傍には、何やら見覚えがある“モノ”が!?
良純&高橋が思わず絶叫(!?)ちさ子が告げた“重大発表”とは…?
◇出演者
MC:石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子
司会進行:高橋茂雄
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/zawatsukufriday/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 茂雄
  2. 宮本
  3. スタッフ
  4. 一茂
  5. ハハハハ
  6. 水族館
  7. ピザ
  8. 拍手
  9. 八木
  10. 本当
  11. シャチ
  12. 克典
  13. 生地
  14. 正解
  15. 中山
  16. 今日
  17. 良純
  18. センチ
  19. パン
  20. 今回

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

今回も 正解した方に 今話題の
絶品グルメ ご用意しております。

2問中1問でも正解できれば
食べる事ができますので。

それでは 本日のごほうびグルメ
ご紹介しましょう。 こちらです。

〈今回のごほうびグルメは…〉

とろ生…。

〈日本最大級の
お取り寄せサイトや

楽天市場で1位を獲得〉

〈と 大絶賛されているのが…〉

〈こちら…〉

〈濃厚さの中に 爽やかさと
香ばしさを閉じ込めた

〈酸味や 味の濃さが異なる

2種類の
北海道産クリームチーズに

後味を引くサワークリームと…〉

(茂雄)うわー!
おいしそう。

(茂雄)うわー! 生クリームを…。

〈自家製の
焦がしキャラメルクリームで…〉

へえー! こうやって作るんだ。

〈香ばしさと
コク深い甘さをアクセントに〉

〈そして

〈お湯を張り オーブンで
じっくりと火を入れる事で

蒸気を通して
熱が生地に ゆっくり伝わり

表面は しっとり〉

〈その中は…〉

〈とろ生食感の
チーズケーキに〉

これ うまそうだな。

〈口に入れると
スッと消えていく口溶け〉

〈クイズに正解した方だけに
お召し上がりいただきます〉

いいね!
なるほどね。

さあ 頑張って答えていただいて
食べていただきたいと思います。

(茂雄)さあ 早押し問題です。

この工場は 一体
何を作っているのでしょうか?

わかったところでボタンを押して
お答えください。

うん…。
(茂雄)さあ まずは…。

まずは 定番の…。
小麦粉。

(茂雄)小麦粉です。

砂糖。
(茂雄)砂糖 イースト 水などを…。

またパン系だよ これ。
パンになるかな?

膨らむよ これ。

膨らむ系だよ これ。
(茂雄)きました。

あれ? 形が…。

(茂雄)さあ 小分けにして丸めて…
はい。

あっ やられた。

肉まん。
肉まん。

違います。
あっ… よし。

忘れてた 俺…。
はい 一茂さん。

今のでしょ?
はい。

(スタッフの笑い)

あんまん?
あんまん… 肉まん あんまん。

何がおかしいの?
いやいやいや…。

あんまん 違います。
違うの?

はい。
ピザまん。

嘘!
違います。 はい。

花巻。
はな… えっ?

あの 中華の?
中華の。 なんにも入ってないやつ。

違います。
ただの白いパン。

違います。 なんか あの…

ちょっと なんか詰めて
食べたりするやつですよね?

そうそうそう。
違います。

いいでしょうか?
はい ちさ子さん。

おやき。
おやき。

違います。 さあ いいですか?
続きをご覧ください。

(茂雄)小分けにして
丸めていっております。

あんまん 肉まんじゃない? これ。
やめて これ。 パンだよ。

(茂雄)さあ…。
またなの?

うん?
発酵するわな。 パンだよね。

そうだよね。 パンだよ。
絶対 パン。

(茂雄)さあ… まだ押さない。

えっ?
(茂雄)どうだ?

あれ? 潰したの? これ。

(茂雄)さあ…。

えっ?
えっ?

はいはいはい。 きました。
まずは 良純さん。

言ったよね? ピザ。
ピザ 言ったよ さっき。

言ってない。
言ってません。

えっ?
ピザ 正解!

どう見てもピザじゃん。
「ピザまん」って言ったの さっき。

「ピザまん」って…。
そう 俺 「ピザまん」って言ったの。

あっ ピザね。
薄く延ばしてたからね。

つまんない問題だな おい。
本当 つまんない。

だって 今の 丸いので

多分 パンちゃうん? って

皆さん なってたじゃないですか?
パン系だよ。

それを こう バーン! って
押し潰した瞬間に

一気に
ピザになったじゃないですか。

確かにね。
めちゃくちゃおもろいですやん。

ハハハハ…!
どうしたんですか?

とりあえず 続きをご覧ください。
はい 続きね。

あんなに延びちゃうんだ。
(茂雄)ほら ほら ほら。

(茂雄)そして…。

(茂雄)表面
実は 穴を開けていたという。

そうだよ。

♬~

(茂雄)260度の温度で
焼き上げて…。

〈続いては 別の工場で…〉

♬~

(茂雄)これは 手でトマトソースを
塗っていくんですね。

♬~

(茂雄)そして
具材をトッピングして。

〈正解は ピザでした〉

ハハハハ…!
うまそうだったでしょ?

今 なんか うまそうに見えた。
あのサラミ 食いたくなった。

腹 減ってるんですよ。
そうか わかった。 高橋 ごめん。

そうですよ 多分。
多分な。

良純さん 見事 ピザ 正解で
ごほうびゲットでございます。

よし。
もう1問当てたら食えるんだな。

〈早押し問題〉

〈こちらの女性の職業は

一体 なんでしょうか?〉

〈わかったところで
ボタンを押して

お答えください〉

〈千穂さんが住んでいるのは
兵庫県神戸市〉

(スタッフ)
今 8時過ぎぐらいですけど…。

(毛塚さん)夜も 職場に
行かなきゃいけない事があったり

お休みの日にも ちょっと

出ていかなきゃいけない事が
あったりとかするので

なるべく近い方がいいかなと
思いまして。

大きいものでしたら 本当
3メーターぐらいあるものから

小さいものですと
このぐらいですかね。

5センチぐらいのものを
扱う事もありますね。

(茂雄)ここでわかったら
すごいです。

5センチから3メーター?
(茂雄)はい。 扱っているものは

5センチのものから
3メートルのものも…

あっと きました! 一茂さん。
あれ なんつうんだっけ?

あの… あれ。 神社に…。

神社の…?
神社のしめ縄 取り扱ってる。

しめ縄屋さんって事ですか?
しめ縄屋さん。

しめ縄屋さん 違います。
違うね。 はい。

5センチのは ないね しめ縄。
3センチから…。

さあ いきましょうか。
で 緊急事態に呼ばれるんだよね。

休みの日にも
呼ばれる事があるという。

非常にいい問題です。
これでは わかんないでしょ?

いやいやいや!

あっ 俺… いい? いい?
いい… どうぞ。

ヘビ屋 ヘビ屋。
ヘビ屋さん?

ヘビを扱ってる?
そう。

爬虫類?
違います。

良純さん 何言ってるの?
どうしたの? 急に。

あっ 急にね。

…から これ?
そうそう。

5メートルのヘビを扱ってる?
3メートルぐらいあるんでしょ?

はい はい はい。 違います。

良純さんらしくないね 今ね。
なんか まさか…。

いやいや いやいや
ちゃんと考えての…。

このくらいから
このくらいでしょ? だって。

いい問題なんですよ これ。
本当?

ここでわかる人はわかるんですよ。
えっ!

わかる人はわかるかもしれない。

これ… この職業だったら

5センチから3メートルだねって
こうなる?

うん なりますね。
これ以外の職業は もう

これ ないの? 5センチから
3メートルっていうのは。

いや それは ジャンルによって

サイズ いろいろ扱う仕事も
あるんでしょうけど… うん。

いい問題ですよ。
続きをご覧いただきましょう。

(毛塚さん)はい。 フフフ…!

(スタッフ)これ 仕事着?
(毛塚さん)はい。

(スタッフ)長靴を履かれてるんですね。
(毛塚さん)はい。

はい きました。
これは…。

これは…。
はい。 これは?

長靴ですよね?
はい。

これは… 神戸でしたよね?
ほう!

海が近い。
うん。

そうすると 水関係。
ほうほう!

水族館?
うん? いや…。

(チャイム)
ちょっ ちょっ… ちょっと待って。

ちょっ ちょっ…
ちょっと待って 待って 待って。

ちょっと待って ちょっと待って。

なんか すげえ 変な…
ちょっと 俺 まだ残ってるよ。

今 残ってるよね?
今 俺の時間でしょ?

水族館?
だから 水族館の…。

職業を言ってくださいね。

わかりますよ。
はい。

水族館で…。

はい ちさ子さん。
だから…!

ちょっと… ちょっと待って。
ちょっと ちょっと ちょっと…。

水族館の 要するに
飼育員というか お医者様。

動物のお医者様。 水族館の…。

正解!

やべえ! 取られるとこだった!
ハハハハ…!

恐ろしい! 今 なんか

脇腹 ガバッて噛まれた感じした
ちさ子ちゃんに。

もうね なんかね…。

いやいや だから
俺 近かったでしょ?

近かったですよ。
近かったでしょ?

だから 生き物だと思ったのよ。
あっ 近いわ!

でしょ? だから
ヘビだって笑ったけど…。

でも ヘビ いたかもしれないよ。
なんか こんな…

こうなって こうあるなって…。
生き物っていうのが…。

近い! さすが!
やばっ!

だって そうだよ。 俺

いや 俺 良純さん なんで

こんな バカな事 言う人なんだと
思ったのよ。

ヘビとか…。
近かったでしょ?

すごいと思いました。 生き物…。

獣医さんって事?
そういう事です。

獣医さん。
危ない…。

もう 完全に
ヒントをいただいた感じですよね。

水族館で…。
水族館で…。

最初 餌やる人かなと
思ったんだけども まあ…。

獣医さんなんです。
危ない。 取られるとこだった。

〈千穂さんが働いている
須磨海浜水族園は…〉

行った 行った。

〈ペンギンや

サメ

熱帯魚といった
海の生物だけでなく

リクガメやカピバラなど

水辺で生活する生物も〉

〈400種8000匹の動物や
魚たちの姿を楽しめる

人気の水族館〉

(茂雄)すごっ!

〈今年で創立から35年目の
須磨海浜水族園で

千穂さんは 初の女性獣医師〉

〈ひと口に獣医師といっても
水族館の生き物はさまざま〉

〈ペンギンは鳥の仲間で

カメは爬虫類〉

あっ そうか。

〈イルカやアザラシは哺乳類と

生態もバラバラ〉

(茂雄)確かに そうか。

〈そんな多種多様な
生き物たちを相手に…〉

お待たせしました。

お願いします。

いきます。

〈血液検査をしたり…〉

(毛塚さん)
細胞をカウントするような検査。

〈爪切りをしたり…〉

オーケー。
(飼育員)偉いね!

〈体温を測ったり…〉

〈何か異常があれば

どんな生き物だろうと
すぐに診察〉

ちょっと赤い。 赤い。

(飼育員)大丈夫?
(毛塚さん)はい。

やりがいがあるお仕事だなと
思っています。

さあ という事で

正解は 水族館で働く
獣医さんでございました。

一茂さん
ごほうびグルメ ゲットです。

(拍手)

やっと取れた。 やっと取れた。

ちさ子さん 行かれた事…?
あります。

うちはね
もう 全国の水族館 行ってます。

へえー!
うちの長男が 水族館 大好きで

将来の夢が
水族館の館長さんになる事で。

へえー!
ダメだったら 副館長さん。

ハハハハ…!
…って言ってたぐらい。

シャチが好きだったから。
はあ…! ちなみに…。

そりゃあ 鴨川シーワールド。
あっ シャチのとこね。

だって 唯一 シャチと一緒に
人間が潜れる所。

あのシャチのショーって…。
そう。 うち だから 子どもが…

長男が
シャチが好きだっていうんで

私は…。

ええー!

それは こっちから
アプローチしたんですか?

シャチの曲…。
うん。

なんか
子どもを寝かしつける時に…。

私 「日本作り話」っていうのが
すごい得意で。

昔話 あんまり
ちゃんと覚えてないから

自分で作り話を作るのが得意で。

兄弟が仲良くなってほしいから

2人の兄弟が助け合う作り話を
いつも してて。

そこから なんか 派生して
曲とか作って

それで 売り込んで

シャチが演技する時の曲に
使ってもらったの。

〈ちさ子さんとシャチの
コラボレーション〉

〈その貴重映像が こちら〉

♬~(ヴァイオリン)

♬~

(二宮)
服のニオイ気にして色んなもの使ってない??

はい古い~!

今やニオイ専用これ1本で全部いけちゃいます

<史上初 全部無臭化洗浄>

「紫のNANOXニオイ専用」
<キャンペーン中!>

♬~ (相葉)「ソフラン」はニオイを消すだけじゃなく

そもそも生ませない こんなニオイも

実証済!このニオイも

あのニオイも
(お父さん)え!?

100のニオイ ぜーんぶ実証!
(3人)ホントだ!

「ソフラン プレミアム消臭」

うち だから 子どもが… 長男が
シャチが好きだっていうんで

私は…。

(茂雄)ええー!

〈ちさ子さんとシャチの
コラボレーション〉

〈その貴重映像が こちら〉

♬~(ヴァイオリン)

♬~

(歓声と拍手)

♬~

♬~

(歓声と拍手)

♬~

(歓声と拍手)

♬~

だから
子どもを喜ばすためやったら…。

なんでもやる。
自分のママが

シャチと共演してたら
そりゃ うれしいですよね。

けど なんか 結局
うちの夫いわく…

「喜んでた?」って聞いたら
「ずっと 模型 こうやってたよ」。

そりゃ しょうがない。
そりゃ しょうがないよ それは。

ふざけんなよと思って。
それは しょうがないって。

さあ という事で 正解された
良純さんと一茂さんに

ごほうびグルメ
とろ生チーズケーキ

お召し上がりいただきましょう。
またかい!

これは すごいね。

本当に なんか 豆腐みたいな…。

確かに。 なんだ? それは。
ホンマですね。 チーズみたいな。

こんな色のチーズケーキ
あんま見た事ない…。

ないですよね。
だいぶ 白いよね。

さあ 良純さんが…。

うん? うん…。

なんか
すごい トロン トロンとしてる。

何? これ。
これ ケーキじゃないよ。

ハハハハ…! ケーキなんですよ。

チーズクリーム。

クリームよりも
やわらかいかもしれない…。

これは うまいわ。
ええー! うまい?

チーズの酸味とかが
ちゃんと のっかってて

チーズのうまみも のっかってて
なおかつ ちゃんとした甘み。

これ カスタードの甘みだよね。
ねえ。

あと レモンの酸味か。
レモンもあるね。

これ レモンの酸味もあるのか。
チーズの ちょっと

酸っぱい感もある。
これは 最高ですね。

はあ…!
これ 贅沢な食べ物だね。

すごい 贅沢な…。
3980円。

これ だって 今 置いてるだけでも
溶けてきてるよ もう すでに。

ちょっと 甘すぎるとかない…?
いや あのね

酸味が 結構あるから
甘みが こう 抑えられてて…。

甘いんだけど…。

これ いい赤いワインか
ブランデーだな。

出た。
ちさ子さん…。

「やっほ」? あれ?
やっほ!

どうぞ こちらへ。

なんか 怖い。
ジャーン! こちらへ。

何? 何?
どうも どうも。

こんにちは。 お疲れさまでした。

えらいもんで 経験が長いから

スッと アクリルのここが
立ち位置ってわかりますね。

まあ 近付くとダメだし
カメラ回ってるし… 何?

なんとなくわかります?
これ なんか 思い出あります?

ちょっと待って。 えっ? 嘘…!
あっ! えっ!

2人に 重大発表がございます。
なんですか?

いくよ!
何? 何?

ええー!
ジャジャーン!

「祝!デビュー25周年
高嶋ちさ子のザワつく!音楽会」

いやいや… えっ?

「大阪城ホール」って書いてある。
えっ!

「国立代々木競技場 第一体育館」?

もう あゆ あゆ…
あゆレベル あゆレベル。

これ… これって すごく
また大きいよね? これも。

武道館と一緒ぐらいですか?
もっと全然大きい。

僕らが
このポスターの両サイドを

助さん格さん的に固めてますけど。

そう。
「一茂さんは

他のイベントと
重なってしまった事と

コンサートの重圧に
耐え切れないので不参加」

マジ?

一茂さんは ちょっと やっぱり…
ねっ?

傷ついたのかな
っていうところもあったし。

だけど お二人 意外と意欲的で

一応 良純さんは だって

あれから トロンボーン
やっておられるんですもんね。

やってるよ。 今さ あれさ もうさ
クーラーつけないとできないけど

俺 クーラーかけないからさ
汗だくになりながら

15分だけ吹いてるよ。
すごい! 偉い!

めちゃくちゃ
前向きじゃないですか。

だって せっかく…
忘れちゃうから

毎日じゃないけど
プープー 音は出してるよ。

けど 今年 あの… ねえ?

書いてあるのよ
「スペシャルゲスト」って。

1 2。

どなたか知りたいですか?
知りたいけど 誰?

知りたいっていうか
可哀想な人なんでしょ?

この人たち… 結局は。

プロじゃないでしょ? だって。
プロが来るわけないでしょ?

もちろん もちろん。
私に選ばれちゃった人。

可哀想な人ね。
そうなんです はい。

スペシャルゲスト… えっ マジ?

ヒント1。
あっ 男だな これは。

全く見覚えない鼻やな。

男…?
もう1個 いきましょうか?

はい。
これは わかるでしょ?

えっ? ホンマにわかんないです。
嘘!

キャスターっぽいな。
いきますよ。

それでは
登場していただきましょう!

(拍手)

(茂雄)いやいや いやいや…!

えっ ヒデさん!
(拍手)

よろしくお願いします。
中山秀征さんです。

どうも。
(茂雄)ヒデさんですか?

〈1人目のスペシャルゲストは
中山秀征さん〉

あのね…。

同級生で。
同級生。

もう 家族で… 高嶋家には
お世話になってまして。

いや こちらこそ お世話になって。
特に うちの妻が

いつもお世話になって。
お世話になっております。

(スタッフの笑い)

で…? やるの?
だって ほら…。

(茂雄)あります。 だって 言ったら
音楽もやられてましたし。

『かくし芸』もあれだけやってたし。
(茂雄)歌も歌えるし。

あっ できるな。
(中山)いや 『かくし芸』も

本当に 何十年も
やらせてもらったんですけども…。

って言われているんですね。

だから そう思って 今回はですね
何がいいかなって…。

聞き出して 決めました 勝手に。
(茂雄)何? なんですか?

〈更に…〉

(茂雄)もう1人いるんや。
いきましょうか?

犠牲者2。 犠牲者2。

(茂雄)えっ?
これ 女性?

いきましょうか?

あっ 男だ。 えっ 男だよね?

それでは
登場していただきましょう!

この方です。
(中山)おっ!

聞き出して 決めました 勝手に。
(茂雄)何? なんですか?

(茂雄)クラリネット?
(中山)はい。 あの…

2人でLINEで決めるの
やめていただけますか?

(スタッフの笑い)
(茂雄)クラリネット…。

妻にですね
「あなた クラリネット」って

言われたんですよ。

しかも 奥様が昔やってたから。

そうなんですね。
吹奏楽かなんかで…。

そう!
だから 教えられるっていう事で。

奥さんが教えてくれるなら…。
(茂雄)ヒデさん ずるいな。

それは 結構大きいですよ。
いや でも 家のコーチ…。

めっちゃ怖いよね。
怖いです。

(茂雄)でも すごい。 ヒデさんが
来てくれるだなんて。

心強いでしょ?
(茂雄)はい。

ない ない ない! だって もう…

だって ポスター
もう できちゃってる。

(中山)これ ポスターなんですか?
そうそう。

もう1人 もう1人 もう1人。
(茂雄)もう1人いるんや。

いきましょうか?
犠牲者2。

(茂雄)上から。
犠牲者2。

(茂雄)えっ?
これ 女性? 今度は。

どうでしょうね。
(茂雄)えっ?

いきましょうか?

あっ 男だ。 えっ 男だよね?

相当 格好いい方やなっていう
イメージは。

これ見たら もう…
これ見たら わかっちゃう。

(茂雄)ええー!
おおー!

それでは
登場していただきましょう!

この方です。
(中山)おっ!

やったー! 高橋克典さんです。
(茂雄)おはようございます。

あれ?
(茂雄)すごいな。

マジでスペシャルゲストですね。

〈2人目のスペシャルゲストは
高橋克典さん〉

あれ? でも 克典さんは…。

いや… 一応ね。
そう! そうそう そうそう!

あっ 1個か。
ハハハハ…!

じゃあ 結構…。
そうそう! もう なんでもできる。

いやいや とんでもない。
だって 音楽…。

(中山)克典さんは できますよね。
(克典)いやいや…。

ちょっと待って。 なんでよ?
いや できるよ。

(茂雄)克典さん できます。

だって 俺らも
ハメられて来てるだけだから。

(克典)本当ですか? でもね…
ものによるかもしれない。

(克典)ギターとか あとは…。

やってたんですか?
やってた。

だから 金管は
ちょっとできるかもしれない。

ちょっとね 悪いんだけど

LINEで
「楽器 何ができますか?」

っつったら やっぱり
できるものを書いちゃうのよね。

そしたら 当然 それ 省くでしょ?

ハハハハ…!
(茂雄)鬼… 鬼ですね。

本当だよね。

それで まあ この並びだと
やっぱり…。

それで 「ヴァイオリンかチェロ」
って言ったら…。

なので…。

(茂雄)という事は…。

チェロです!
(茂雄)チェロ!

(拍手)
(茂雄)すごっ!

〈楽器が決まったところで
次は演奏する課題曲〉

〈ちなみに 昨年は…〉

♬~『ボレロ』

〈『ボレロ』でしたが…〉

俺は 別に…。

(中山)毎年?
いやいやいや…。

今年は もうちょっと明るく
盛大に こう…。

それでは 今回の課題曲を
発表したいと思います。

こちらです。
(茂雄)何? 何?

えっ?
(克典)編成になってる。

先生たちがいる。
(茂雄)この編成でやるって事や。

♬~(演奏)

♬~

♬~

♬~

♬~

(拍手)

という事で 今回はですね
エルガーの『威風堂々』を

皆さんに弾いていただきたいと
思います。

(スタッフの笑い)
(茂雄)えっ…。

いや だからね

このレベルは。
本当?

(中山)俺も 『かくし芸』を
何十年もやってきましたから

これをやるためには
どのぐらいかかるか 大体…

大体わかります。

(一同 笑い)
(茂雄)トータルね。

(中山)トータル。
このレベルをやるなら…。

でも 先生は…。

はい。
やる やる。

(一同 笑い)
(茂雄)あれ? 克典さん。

克典さん 克典さん…。
(克典)やる やる。

そんなキャラ?
大事でしょ そういうの。

それでは 皆さん
練習してきてください。

(拍手)

〈一方 一茂さんにも

負けられない戦いが〉

〈これまで…〉

(茂雄)いかがでしょうか?
うん…。

(茂雄)ハハハハ…!

(茂雄)ハハハハ…!

〈今度こそ 自分が打ったそばで
うまいと言わせたい!〉

〈そのために…〉

〈そのかいあって…〉

(あまこさん)うん!

〈そば打ちの基本 水回し〉

〈これまでは…〉

バチャーン! って入れちゃった。

〈水の入れ方が雑で
生地が指にベッタリと付き

ムラの原因になっていた〉

〈それが…〉

今日は大丈夫。 付いてない ほら。
全然付いてない 前より。

〈更に 生地は

体重をかけ
スピーディーに練る〉

俺… なんとなく
水も ちょうどいいかなと。

(あまこさん)うんうん。
滑らかになってきました。

〈こうする事で

歯切れの良い
コシのあるそばに仕上がる〉

〈そして…〉

これ いいかもね。 よし 食べよう。

〈一茂さんのそばが完成〉

♬~

うん! うん!

(あまこさん)ええー! すごい!

ちょっと 先生も食べて。
どう思うかだけ ちょっと…。

うん! うん! フフフフ… うん!

おいしい! すごい!

お店の味がする?
はい。

(あまこさん)
ねっ ズルズルいく。

少し

〈という事で…〉

この間も ちょっと自主練して…。

はい。
また…。

おおー! 高橋
ずっと食べてるもんね 俺の。

僕 食べてます。
しかも 今日は 僕 あの…。

何?

(スタッフの笑い)

そして なんと…。
はい。

スペシャルゲストに
来ていただいてます。

もしかしたら…。
(茂雄)はい。

もしかしたら…。
(茂雄)うれしい…。

もしかしたら 今日は…。

待ってくれてますので
呼びましょう。

うん?
ああー! ハハハハ…!

(宮本)ちょっと…。

(茂雄)ありがとうございます。
宮本さんが…。

〈巨人時代からの一茂さんの先輩
宮本和知さん〉

〈現役時代は

〈胴上げ投手に
3度もなった事がある

記憶に残る左腕の実力者〉

本当? 本当?
宮本さんより前のゲスト

マキさんとか
年末 新庄君も含めて…。

ああー 見ましたよ!
BIGBOSSの。

ここまで…。

もしかしたら 今日は
まあ それなりに…。

(茂雄)ベストなそばが。
頑張れるかなという感じは…。

ちょうど タイミング的には
最高の時に来たっていう事?

最高ですよ 宮本さん。

そういう事です。
(茂雄)…っていう事になってます。

もう 宮本さん うれしいですね。
今 聞いた?

「旬の一茂」。
(茂雄)言ってました。

〈それでは

(宮本)これは二八なの?
今日 作ってるの。

これ 二八そばです。

(茂雄)宮本さんのズボンに
付くぐらい…。

(宮本)もう 全然いいです。
(茂雄)いいですか? すみません。

いやいや そんな事ないでしょ。

いやいや してるんですよ。
(スタッフの笑い)

(茂雄)宮本さん 見てないです。
宮本さん 見てないですわ。

そう。
槙原君と僕 一緒なんですよ。

(茂雄)いつも… 槙原さん

何回か 来ていただいたり
してるんですけど

槙原さんは
食う前に 弁当食うんですよ。

だから
コンディション悪い状態で…。

(宮本)コンディション悪いね
それね。

(茂雄)宮本さん 弁当って…。
(宮本)食べた。

(茂雄)食べたんだ。
(スタッフの笑い)

女房との事だと思うんですけど

あとで… ちょっと
あとで ゆっくり話しますね。

ちょっと 今 できないです。
ハハハハ…!

〈手に

ああ わかりました。
やっぱり 力ね

力 やっぱり いるから これ。

僕 でも 焼き鳥やるから
焼き鳥やる時に…。

(茂雄)「焼き鳥やる」って
どういう事ですか?

僕 家で焼き鳥やるんですよ。
一茂君が 今 そばにハマって

僕は焼き鳥にハマってるんですよ。
(茂雄)焼き鳥にハマってるんですか。

それ
誰かに振る舞ってるんですか?

井上康生監督とかね。
(茂雄)ええー!

五郎丸選手とかね。
(茂雄)ええー!

(宮本)あの辺りで もう
焼き鳥 宮ちゃんっていうね。

(茂雄)焼き鳥 宮ちゃん
肉は どこで仕入れるんですか?

もう 刺してるやつ。
(茂雄)なるほど なるほど。

(宮本)そうそう そうそう…。
(茂雄)刺してるやつ…。

(茂雄)おっ いい…
いい感じちゃいます?

よし。
(茂雄)おおー! タネができた。

〈…と 2人には
褒められていますが

自主練の時より だいぶ
練る時間が長くなっている〉

〈これが そばの仕上がりに
どう影響するのか?〉

(茂雄)これが
いわゆる打ち粉ですわ。

(宮本)これ 打ち粉っていうの?
ああ 打ち粉。

この打ち粉?
はい。

ですよね? だから…。

ピッチャーが ピュッて こう…。
(茂雄)はい はい はい あの白い。

宮本さん そのとおり。

(茂雄)でも いいですよ。
なんか…。

だって
一番最初にやった時なんか

もっと こう
こねる時 力入れて…。

(茂雄)
それが なんか 全然変わった。

おお… 丸めるの?

(宮本)うわあ…。

(茂雄)いい感じちゃいます?

おお おお おお おお…!

(宮本)うわあ
なんか 本当 すごい…。

〈とは言うものの

自主練の時よりも

生地が やや厚めのようですが…〉

さあ きました。

いやあ なんか…。

(茂雄)繊細な。

いや こういうの やっぱり…
やっぱり 職人さん…。

(茂雄)ハハハハ…!
先輩… 先輩ですよ 一茂さん。

それ 邪魔だった。
大丈夫です。

(茂雄)おおー!
(宮本)おおー!

(拍手)

(茂雄)優しい先輩…
優しい先輩やわ。

(茂雄)
これ 一茂さん どうですか?

いや ちょっと 手際も含めて

ちょっと
前回と また変わっちゃった。

〈さあ 今日の

お願いします。
じゃあ いただきますね。

(茂雄)いいですよ いいですよ…。
(宮本)おおー いいんじゃないの?

(茂雄)
確かに ちょっと太めですね。

これ 今回 太めになっちゃったね。
ちょっと変わると

太くなっちゃう…。
宮本さん 食い方いいですね。

うん!
(茂雄)どうですか? 宮本さん。

〈巨人時代からの先輩
宮本さんのために打った

一茂さん特製のそば〉

〈果たして その味は?〉

じゃあ 宮本さん お願いします。
じゃあ いただきますね。

(茂雄)いいですよ いいですよ…。
(宮本)おおー いいんじゃないの?

ちょっと太めだけど。

(茂雄)
確かに ちょっと太めですね。

これ 今回 太めになっちゃったね。
ちょっと変わると

太くなっちゃう…。
宮本さん 食い方いいですね。

うん!
(茂雄)どうですか? 宮本さん。

(宮本)うん ちょっと…。

(茂雄)あんま聞かないですよね
そばで「硬め」。

大体 そばって

2~3回かめば
ツルッて入っていくけど…。

うっ! っていう。

(茂雄)ああー!

うん。

コシ強すぎるか。

ああ…。

これ 大失敗。
はい 下げてください。

(茂雄)ええー!
これ ダメ。

〈その原因は…〉

〈水の入れ方も悪く

手に生地がベッタリ付いて
ムラになってしまった〉

〈そして 練る工程では…〉

〈自主練では
1分程度だったものの

この日は 3分近く〉

〈練りすぎて 硬い食感に〉

〈更に 延ばす工程でも…〉

〈自主練と 生地の大きさを
比べてみると

下に敷いた板は同じなのに

生地が明らかに小さい〉

〈つまり 生地が分厚くなり

結果
そばが太くなってしまったのだ〉

(茂雄)これは だから やっぱり…。

その だから…。

あとは そこです。 そこですよ。
(茂雄)そうですね 宮本さん。

(茂雄)一茂さん
大先輩がおっしゃってます。

小さい! 声 小さい!
(茂雄)小さい声で。

〈すると…〉

〈自分が

〈そんな 一茂さんの
思いのこもった自主練を

宮本さんと高橋さんも
結局 見守る事に〉

〈一番大事な水回しは…〉

〈先ほどは やりすぎて
硬くなってしまった

練りの作業は…〉

〈生地も 先ほどよりも

はるかに薄く延ばす事が
できている〉

〈そして いよいよ 生地を切る〉

♬~

きた。

(茂雄)おおー!

(拍手)
食べましょう。

〈さあ

(宮本)やっと出会えたぞ!
おっ…。

(すする音)
(茂雄)おおー! 音がちゃう。

うわー!

うわー! きた?

おめでとう!
きた?

(茂雄)おおー!
やっと きた?

これ オーバーフェンスです。
きました?

150メートル弾。

これは うまい。

うん!

(茂雄)おいしい。

うん。

(茂雄)おおー!

(拍手)

(宮本)見た目の…
色つやも違うもんね。

(茂雄)同じ人がやったとは
思えないですよ さっきの…。

よかった。 ちょっと やっと
一本打てたわ。

いやあ こうやって

(スタッフの笑い)

だから もう1回やろっか。
(茂雄)やりましょう。

やりましょう
やりましょう。

(宮本)
ごちそうさまでした。

〈以前 『ザワつく!』で…〉

〈食べたものの絵日記を
32年間 描き続ける

サラリーマンを紹介した時…〉

えっ 手帳に?
(茂雄)なんか…。

「最近 太ってきた」って
書いてて…。

…って書いてたんですよ。

次の日から 食べるものが
全部 卵になったんですよ。

卵しか食わないんですよ。

…って 6日後に

「やばい 目がかすんできた」って
書いてて…。

ハハハハ…!

〈確かめるために…〉

やっと 初共演?

相方が。
早く出してあげなよ もっと。

ガチの家の近く?

高橋 わかる? これ どこか。
(茂雄)実家の近所…。

(茂雄)八木さんのギャグが
今 全くウケませんでした。

〈京都駅から車で40分ほどの
井手町という のどかな町〉

〈『ザワつく!』初登場
という事もあり

力が入る八木さんだが

なんで こんな所まで
来たのかというと…〉

(茂雄)全部 ナレーションベースに
ギャグやないか。

(茂雄)全文字 かんでるやん。

結構 量あるんで。

〈こちらが

なんか また 立派な。
本当 すごい。

〈手入れされた庭園が趣のある
なかなかの豪邸〉

(八木)お父さん。 お母さんですね。

で お兄ちゃん。
お兄ちゃんの奥さんという。

これ 八木ファミリーです。

今日はね もう
スタッフさん 来られてね

来客 来られて せーの…。

(茂雄)ギャグを一緒に…。

〈日記は 2階にある
八木さんのお部屋に〉

昔からキレイにしてくれてんだ
まだ 実家も。

(八木)そうですね。

(スタッフ)すごい量ありますね これ。
(八木)そうなんですよ。

〈その数 なんと…〉

すごい人だ。

そうですね。 だから 当然

相方と
コンビとか組む前の話ですね。

(スタッフ)…から
日記をつけてるんですか?

日記つけてます はい。

「なんで」という事はないんですよ。
結構…。

ルーティン入ったら。

今もつけてる?
今もつけてるんですよ。

毎日?
毎日。

〈ちなみに

昨日 ちょっと…。

〈では 高橋さんが語っていた

これや。 あっ これです。

ありました?
ありました。 これですね。

〈1997年5月 22歳の時の日記〉

〈八木さんが 数日間にわたって
卵だけを食べて過ごす記録が〉

5月14日 水曜日が
「毎日が楽しい」。

「毎日 自分の好きなことに
努力できてるのは良いことだ」

「たまご以外の物 食べたい
もう限界だ」

(茂雄)ハハハハ…!
そりゃそうだろ。

「5月15日」

「目がかすんできた 体が動かない」

「たまごダイエット
今日で終わりにしよう」

フフフフ…!

1回…。

だから…。

(茂雄)目的 しょうもなっ!

〈こんなものも〉

それ なんですか?
そのちっちゃいの。

(八木)これは 自分で考えた
オリジナルの生物…。

(スタッフ)「メニーアイ」

(八木)「たくさんの目を持つ」

「上下どちらでもいける」って
書いてますね。

〈そして こちらは…〉

なんか こういう詩集とか。
(スタッフ)えっ?

えっ? 「エッセイ」? 「詩集」…。
(八木)エッセイ 詩集とかですね。

(スタッフ)「一人であるという
コンセプト」

「トレーニング」「茶店で休む」

「マウンテンバイク」「挑戦」

「合理性」「恐怖心」「勝負」

「今は すごく
この気持ちが幸せなのである」

(八木)これは ちょっと
僕もね 今

(茂雄)理解できへんって。

何冊か こう…
持って帰ってきてくれたんですよ。

そんなにあるの?

僕は 知ってるやつと
知らんやつあるんで…。

今 衝撃の…。

だから これを書いたの
1996年なんですよ。

僕らがデビューしたの
1995年なんですよ。

1ページ目 見てください。

「サバンナは
遊びで いきぬきである」

おい おい おい!
おい おい おい!

「仕事ではない」って書いてあるよ。

おい おい おい!

「仕事では」…。
いや だから

八木さんって その…
二十歳ぐらいまで ホンマに

空手で生きていこうとした
思想があったんで。

彼は極真やってたんでしょ?
(茂雄)だから これ見たら

「まず 極真空手家をじかくして
稽古をする」

「サバンナは遊びである」
おい おい!