ぶらり途中下車の旅[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ぶらり途中下車の旅[解][字]

初登場!田中美佐子が日比谷線でぶらり旅▽新潟の絶品名物!妻有とんかつ▽炭焼き天ぷら▽子供が描いた思い出の絵の刺繍が入ったハンカチ制作▽ワッフル型のかわいい革小物

詳細情報
出演者
【旅人】田中美佐子
番組内容
初登場!田中美佐子が日比谷線でぶらり旅▽新潟の絶品名物味!妻有とんかつ▽炭焼き天ぷら!炭火焼きにこだわる料理店▽子供が描いた思い出の絵の刺繍が入ったハンカチ制作▽板チョコやワッフルのような型のかわいい革小物▽軽くておしゃれ!オーストリアの伝統の食器▽金魚の芸術!アートアクアリウム▽次回予告!キスマイ横尾渉が京急線でぶらり旅!ジブリ展&美味!アップルミートパイ
音楽
「青空ブランニュー」flumpool
制作
【制作協力】日テレ アックスオン

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. ヘルガ
  3. 炭焼
  4. チョコレート
  5. ワッフル
  6. ランチ
  7. ステキ
  8. 人形町
  9. ウソ
  10. お店
  11. デザイン
  12. 金魚
  13. 小峰
  14. 全部
  15. 和雄
  16. オーストリア
  17. キレイ
  18. トンカツ
  19. 井上
  20. 妻有ポーク

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥1,200 (2022/08/18 14:14:10時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<本日は 銀座4丁目の

三越で待ち合わせ>

<9階のテラスでって
約束したんですけど…>

<あら~? 緑がキレイ>

<いい所ですね ここ>

<で どこにいるのかな?>

(田中) 小日向さん!
<は~い!>

ヤッホ~!
<ヤッホ~!>

ご無沙汰しております!
<どうもです! 美佐子さん>

お元気ですか?
<おかげさまで>

おはようございます。
<おはようございます>

元気? こっひー。
<美佐子さ~ん>

私です。
<分かってますよ>

今日は よろしくお願いします。
<こちらこそ>

<で どうして
ここで待ち合わせ?>

今日はね あのね
三越の8階に すごくステキな

美術館が あるって聞いたので…。
<ええ>

そこに行ってみたいと思います。

チケット 買って来ました。
<ありがとうございます>

一緒に行きましょう。
<は~い>

さぁ マスクして。

うわ~。

美術館で のれんだよ。

おしゃれ!

おっ! ほら。

「ART AQUARIUM MUSEUM GINZA」。

見て 見て 見て!

のれん 金魚になってる
かわいい!

ここ 割っちゃえ えい!

こんにちは。
こんにちは。

チケット
確認してもよろしいでしょうか。

こちらから 足元 暗いので。

うわ~!

うわ~ キレイ!
<お~!>

あ~! 何て かわいいの!

金魚ちゃん!

見て! これ。
<本当 キレイですね>

うわ~!

すごい!

おっ! これは また…。

すごい!

これ 滝なんだ。

金魚は 金魚すくいのイメージしか
なかったんで。

完全な 芸術になっちゃって。

うわ~! ここは また これで。

ステキ!

動いてる 動いてる!
一生懸命 みんな頑張って。

みんな 来るね!
おなか すいてるの?

うわ~ かわいい!
(水音)

チャポチャポいってる! 元気。

ほら。

あ~ これも いい金魚。

うわ~ かわいい!
見て! おでこ これ。

ぼっこぼこに やられてる。
<アハハハ>

うわ~ 何種類ぐらい
いるんだろう? これ。

<金魚と光の
コラボレーションが楽しめる

アートアクアリウム美術館 GINZAは
今年5月にオープン>

<以前は 日本橋にあったものが
スケールアップして

ここに移転しました>

<今回の展示のテーマは

「百華繚乱 ~進化するアート~」>

<およそ70種類
5000匹の金魚が

水槽の中で舞い踊ります>

<猛暑を忘れる涼しげな世界>

<いつまでも見ていたい!
そんな感じですね>

ありがとうございました。

いや~ 小日向さん。
<はい>

癒やされましたね。
<本当ですね>

さて!
今回の『ぶらり旅』はですね

ここ 銀座から
地下鉄の日比谷線に乗って

私は 旅をしようと思っています。

行きますよ!
<はい!>

レッツ ギョ~!
<テンション高いなぁ!>

ピロピロピロピロ!

はい こっちですね。

<元気いっぱいの
田中美佐子さんと

初めての『ぶらり旅』>

<楽しみですね>

<中目黒と北千住を結ぶ
地下鉄日比谷線>

<今回は 北千住方面へ
向かいます>

<最初の途中下車は 築地>

(電子音)

うわ~ 築地なんて…。

初めて降りました。
<えっ? そうですか>

へぇ~ こういう町なんだ。

「築地三丁目北」。

初めて来たから
右も左も 分かんないんだけど。

取りあえず 歩いてて。

もう この先 橋で
築地 終わりそうでしょ。

ちょっと
変なとこ入ってみますかね。

こっち行ってみる?
<行ってみましょう>

うん?
<何か?>

あれ 何だろう?
「ひなた工房」って書いてある。

<ヒナタ?>
工房?

あっ! 何か 人いるよ! ほら。

あそこ 行ってみますか。
<はい>

え~! 何? 何?

「小さな天才 お絵描き刺繍」。

えっ! 刺繍屋さんなのかな。

「刺繍で残そう
たいせつな思い出」。

何だろう?
何をやってらっしゃるの?

ほら! ちょっと あそこに
ちょっと 恥ずかしいけど

道路 向いて ミシン…
縫ってる人がいる。

ちょっと 行ってみようかな
えい! 思い切っちゃおう。

こんにちは こんにちは!
大丈夫ですか? 今。

(泉さん) どうぞ。
お邪魔します。

こんにちは。
いらっしゃいませ。

ちょっと
ひなた工房 外観に引かれて

やって来ちゃいました。
ありがとうございます。

刺繍 やってらっしゃる?
外の看板にあったものが

こちらの 「小さな天才の
お絵描き刺繍」というものです。

お子さんが描いた
こういった原画を

リネンのハンカチでしたり
タオルハンカチ

あと レザーチャーム
トートバッグっていう形で

刺繍を
させていただいている形ですね。

これ テンション上がる!
本当ですか! よかったです。

紙のままで取っといてると

ぼろぼろになってしまったり…。
黄ばんでね。

何十年も置きっ放しにしちゃうと
色も あせて来るし。

それを
ハンカチとかにしていただいて

常に 身近に
持ってていただける面でも

すごくいいのかなと思って…。

すごいリアルな再現ですね。
そうなんです 細かいところまで。

これが 刺繍? 印刷じゃなく?
そうです。

これは 野球やってるお子さんが

全国大会 行きたいって描いた絵。
かわいい!

母の日のプレゼントでしたり
父の日のプレゼントでしたり

これからですと 敬老の日で

遠くに離れてる
おじいちゃん おばあちゃんに

お孫さんが描いた絵を
刺繍にして

プレゼントしたら いいと思って
今 やってるんです。

すごく優しい仕事ですね。

あとは こういうレザーチャーム
バッグとかに つけていただく。

かわいい! おじいちゃん
おばあちゃん 喜びそう。

ちょっとした形で すごくいい。
カバンとかに つけとくとかね。

あっ! これもだ。

一生 残りますね。
そうですね。

ず~っと使ってられる。
<いいですね>

他に 何か…。

このお店自体が
リメイクとリフォームを

メインにやっている
お店になりまして。

大切なお品物を違った形に

思い出を再生するような形で
リメイク…。

ユニホームを
クッションカバーにしたり。

本当だ! 今 気が付かなかった。

ここが 首になってるんですけど。

ちょっと これ 取ってみていい?
どうぞ どうぞ。

こちらが 野球のユニホーム。
最高じゃないですか!

お子さんの成長で
着れなくなっちゃったりして

取っといてるものとか
あるじゃないですか。

それを こういう形で
クッションカバーにしたり。

私 注文します。
ありがとうございます。

あれはね もう着れないから
困ってるんだけど… 本人も。

捨てられないですよね。
捨てられないんですよ。

こういうクッションカバーとかを
こちらでも作っていたり…。

ここは… 何で そこなの?

聞きたくなっちゃったんだけど。

外にいらっしゃるお客様に
見てもらえるように。

見てもらえるように!

今 ちょうど 作っていたのが
帯で作った…。

来た! 帯だ。
(渡さん
) バッグで。

キレイ! かわいい!

(渡さん
) フラットトートです。
かわいい!

(渡さん
) あとは 同じ生地で

ペンケース。
かわいい!

あと 冠婚葬祭で使うと
思うんですけど

ふくさですね。
はい はい はい。

私 お裁縫が大好きでね。
(泉さん) そうなんですか。

母がプロのお裁縫家だったんです。
<へぇ~>

教えてもらいたいなっていう頃に
もう 母がいなかったからね。

自分で覚えて
今 ちょっと 小物作りとか…。

娘の筆箱は 全部 私が作って。
へぇ~! いいじゃないですか。

そういうのって
作るほうも幸せになれるし

もらうほうも 大切にしてくれる。
思いが詰まってますからね。

だから
見ると 愛が詰まってるから

私は こういうの大好きなんです。

<ひなた工房 築地ステーションが
オープンしたのは

今年の3月>

<運営するのは
創業80年のシャツメーカー>

<着る機会がなくなってしまった
思い出の洋服や着物などを

形を変えて
傍らに置いてもらえる

かけがえのないものに
生まれ変わらせたいと考え

始めたそうです>

<さらに 子供が描いた絵を
刺繍した

ハンカチやレザーチャーム

そして トートバッグは
色あせない思い出として

ずっと
そばに置いておきたくなる一品>

<インターネットでも
注文できるそうですよ>

ありがとうございました。

絶対 ネットで注文しますから。
(泉さん) お待ちしてます。

ありがとうございました。
(泉さん) ありがとうございます。

私もね 何か
結構 いい年になったと思います。

だって ああいうものに

昔 あんまり
興味なかった気もするんだけど

今 ああいう 小さな子の絵を
一瞬でも見たら

きゅん!ってしちゃうから。

かわいい!って思っちゃうし

そういうものを残したいって
思うところのツボに入りましたね。

<いいアイデアですよね>

<家族に思いをはせながら
旅を続けましょう>

<次の途中下車は 人形町>

うわ~ 人形町。

私 歩くの初めてかも。
<へぇ~ 人形町も!?>

おっ! ラーメン屋さん 並んでる。

いい香りして来た!

おなか すくよね これ。
<お昼時ですからね>

そうよ! ランチ時だから
おなか すくのよ。

何か食べようかな。

あっち 何かあるかな?

こっち行ってみようか。
<は~い>

ちょっと 静かな所へ
入って来ましたよ。

何にもないね。

こっち行ってみようかなぁ。

うん?

何だろう? これ。

何屋さんかも分からない!

あっ! 何か… 「炭手前」。

炭手前って何だろう?
<何でしょう?>

で これ 何て読むんだろう?

これ お店の名前かな?
<僕も読めない>

<料理屋さん?>

メニュー あった。

あっ! ランチ やってる!
<よかったじゃない>

え~っと 炭手前…。

うん? 何とかランチ…
これが読めない。

「炭焼き天ぷら蕎麦御膳」。

炭焼き天ぷら… 炭焼き天ぷら?

炭焼きなのか 天ぷらなのか。

どっちなのかっていう。
<ねっ>

行ってみよう。
<行ってみよう>

こんにちは。
(小峰さん) いらっしゃいませ。

<人形町で見つけた
炭焼き天ぷらのお店>

こんにちは。
(小峰さん) いらっしゃいませ。

ランチ やってますか?
(小峰さん) 大丈夫ですよ。

(小峰さん) どうぞ こちらで。
お邪魔します じゃあ アルコール。

うち ランチ1種類で。
1種類!?

日替わりのランチ やってまして。
そうなんですか。

表 見たかもしれないですけど…。
ちょっと 意味が分からない…。

あれが分からなかった
ちょうちんに書いてある漢字。

うちのお店の名前ですか。
鶯みたいな 鷺みたいな。

結構 うち 鶯さんに
間違えられるんですけど

あれで ウソという名前ですね。

ウソ?
<えっ?>

ウソです。
どっち?

本当です ウソです。
<アハハハハ!>

鷽っていう鳥がいて…
あそこに飾ってあるのが鷽です。

あっ これが鷽?
はい。

色のキレイなのが 雄の鷽です。
あっ こっち。

天神様 祭ってる 神社さんで

鷽替えっていう神事が
あるんですけど。

今年は
あんま よくなかったとか

来年は
よくしたいなっていうことを…。

厄をウソにして 来年は
いい年にしましょう!という

神事があるんです。

仕事とかで ちょっと疲れて
入って来られて

帰りは楽しい気持ちで
帰っていただけたら…。

ここで 全部 厄 払って

帰ってくださいって。
そんな感じで。

ランチを用意してもらえますか。
早速 用意しましょうか。

(小峰さん) まず最初に

小鉢3品 いつも出してるんです。
え~!

(小峰さん) まず 真ん中 奥が
ウナギを使っております。

ウナギと
無農薬のタマネギですね。

こちらを うま煮といいますか

おダシをベースにして
さっぱりと炊き上げてます。

向かって右側にあるのが

飛騨高山の 無農薬のトマト
グリーントマトですね。

トマトをたっぷり使った
茶わん蒸し。

上には シラスですね。

鶏の脂と一緒に作った あんを
上から かけてます。

もう1点が 鹿児島県の

マルマメン工房という所の
大豆なんですけど。

5色の大豆を使ってます。

あと 岩手の短角牛の
牛すじを使って

少しピリ辛な煮物に
仕上げてます。

何か 前菜から ぜいたくですね。

<ご主人のこだわりが たっぷり
詰まった お店なんですね>

<あっ! これが 天ぷら?>

不思議! それ 天ぷらですか?
(小峰さん) はい。

1回 さっと揚げて
衣をまとわせてから

仕上げを
炭の熱で行うっていう方法です。

揚げたものを焼くことによって

周りについてる油とか水分を
ここで飛ばして行く形ですね。

で 蒸し焼き状態になるんで
中の素材は すごく ふわっと…。

うま味が逃げずに
ふわっと仕上がりますね。

おいしそう!
(切る音)

うわっ! 音が。

ザクザクザク!って。

うちのオリジナルのお料理ですね
炭焼き天ぷら。

本日は 長崎県の五島列島から
タイを頂きましたんで。

そちらと インゲンマメですね。

今 夏だからね 旬だから。

1度 天ぷらにしてから
炭で焼いてます。

どうぞ。

こちらが
手打ちのおそばなんですが。

宮崎県の椎葉村っていう
村があって

焼き畑で作ってる
おそばなんですね。

これを 全粒粉で ひいたものを
毎日 打ってます。

じゃあ いただきます。

マスク 外させてもらいます。

では 一番気になったところから
行きますね。

うわ~ おいしそう!

いただきま~す。

<タイの炭焼き天ぷら>

<いかがでしょう?>

違う。

はっ!

こんなに
タイが ふわっとしてて

外が
さくっとしてるんですけども

最後 炭の香りが ふわ~っと来て。
<へぇ~>

天ぷらじゃ ない! これ。

でも ザ 炭焼きでもないという。

油っぽいのが 全部 落ちてて

さっぱり いただけるんですよ。

おいしい!

うん!

うん。

これも さくさくだ! インゲン。

全然 油っぽくなくて。

逆に これ あぶることで
お野菜の味が はっきり分かって。

インゲンって
食べにくいんですけど 普通は。

これだと 全然 何本でも行ける。

おいしいです。

うわ~! うわ~!
<焼き畑で作った おそば>

いただきます。

うん! うん!
<うん? うん?>

うん!

<どうしたの?>

こんな おいしいの 初めて。
<そう>

口に入れる前から
そばの香りがして。

うわっ おいしい!

これ こっひー 絶対 好きなやつ。

<好きです! こういう おそば>

うん! うん! うん!

<うん?>

歯応え 最高ですよ。
<はぁ~>

味も… そばの味 すごい してる。

<へぇ~>

よし!

後で 前菜を食べるという。
<ハハハハ>

うわ~ 見て! これ。

おいしそう!

トマトの茶わん蒸しなんて
食べたことないもん。

うん!
<どう?>

はぁ~。

天才! 料理の天才。
<あ~!>

ご主人!
はい。

もう… 何だっけ?
炭焼き天ぷらです。

炭焼き天ぷら 最高でした。

おいし過ぎる!
ありがとうございます。

まさに 炭のポテンシャルって
どこまであるのかな?って。

もっと 炭を がんがん 前に出して
全部の料理に 炭を絡めて行く。

全部の料理に 炭を絡めて行く!?
っていう方法にしたいなと思って。

夜のコースとかでも
こういうのを使ってたんです。

ランチ やる時に うちならでは
って何だろう?と思った時に

これだなと思って。

それで お昼のお客さんにも
食べていただきたいなと思って

やるようになりましたね。

<2018年にオープンした

炭火焼きの専門店 炭手前 鷽>

<使っている炭は
鹿児島 霧島産の クヌギの炭>

<一般の炭より
パン!とはじけることが

少ないんだそうです>

<ランチは 日替わりメニューで
1種類のみ>

<おそば以外は
毎日 料理が替わります>

<夜のコース料理にも

全ての料理に炭を絡めたいという
ご主人の思いが詰まっています>

<肉は 脂が少なく

肉本来のうまさが特徴の短角牛>

<結晶塩で いただきます>

<野菜も 炭火の熱で蒸し焼きに>

<一緒に
アワビも蒸して行きます>

<アワビにつけるソースは

宮崎県 椎葉村の ソバの実を
使った 山ゴボウのピューレ>

<炭の中に入れたアルミホイルで
包み焼きにするのは

ほくほくしたズッキーニ>

<これを マナガツオとともに
いただきます>

<ウナギの炭焼き天ぷらには

薫製カボチャを乾燥させて作った
削り節を>

<その他にも

日本各地から直送されて来る
旬の食材を使い

炭火に こだわり

毎日 違うメニューを
考えているんだそうです>

はい。
ちょうどお預かりします。

ごちそうさまでした。
本当に ありがとうございます。

ごちそうさまでした!
よい旅を!

おいしかった!

ぜいたくなランチ!

最高だったなぁ。
<よかったですね>

<さらに 人形町を ぶら~り>

おっ!
ちょっと クジラ いますよ。

何のためにいるんだろう? これ。
<何のためにねぇ>

人形町。

人形町って
人形は ないんだね あんまり。

あっ? あっ!?

何? これ。

国旗がありました。

ほら。
<本当だ>

グ… グ… うん?

「グムンドナー陶器」。

陶器?
グムン… どこの国ですかね?

うわっ!

ちょっと 見て! これ。

これ 何?
<大きい!>

コーヒーじゃ 大きいよね これ!
すごいね! ちょっと入ってみる?

めっちゃ かわいくない?
<かわいい!>

行ってみますかね。
<はい>

こんにちは。
(ヘルガさん) こんにちは。

消毒。

(ヘルガさん) いらっしゃいませ。
はじめまして。

お店が
あまりにも かわいかったんで

立ち寄らせていただきました。
どうも ありがとうございます。

こちらの方ですか?
私 オーストリア人。

あの旗は オーストリアだ。
そう。

お名前を聞いても
よろしいですか?

小林ヘルガ。
ヘルガさん。

小林さんと ご結婚されて
小林になったんですね。

今 あそこの 表に
大きなカップあって そこにも。

これ
カップとソーサーとポット。

これ 一番 伝統の形とデザイン。

えっ? この 何だっけ?
名前が覚えにくいんだけど…。

グムンドナー…。
グムンドナー・ケラミック。

これ 町の名前 グムンドナー。

オーストリアの町の名前。

これ ほとんど みんな 家
1つぐらい持ってますね。

この柄 500年前ですね。

手描き。
<へぇ~>

じゃあ これ オーストリアの人は
みんな 普通に…。

みんな 持ってます。
当たり前に。

1つぐらい みんな 家ある。

私のおばあちゃん
この食器 使ってました。

店長さん どうぞ。
店長さん?

(ヘルガさん) 彼は 店長。
(和雄さん) こんにちは。

はじめまして お邪魔してます。

店長なんですけど
息子でございます。

お母さん!
(ヘルガさん) そう。

息子さん。
(和雄さん) 息子でございます。

(ヘルガさん) じゃあ これ…。
触っていいですか。

あっ 軽い!

うわっ 軽っ! これ。

これは いい。

食器って 軽いほうがいいですよね
でも 結構 厚み あるんですけど。

(ヘルガさん) 同じ形ですね。
本当だ。

(ヘルガさん) でも 柄 違う。
この柄に 意味はあるんですか?

(和雄さん)
実をいうと これ 炎なんです。

緑の炎。

じゃあ これ 赤い炎?
(和雄さん) そうでございます。

青い炎?
(和雄さん) そうでございます。

元々 グムンデンの村で

同じような炎の柄を
作ってたんです。

それが 15世紀。

それを ずっと作ってます。
すごい さかのぼるんですね。

オーストリア 行くと
このグリーンの柄を見たら

普通の人だったら
あ~!というふうに 誰もが…。

へぇ~!

これ 何 入れたらいい?
かわいい!

1個ずつ 全部 違うから
かわいいですね。

(和雄さん) これは
ちょっとしたチョコレートとか

オリーブオイルを入れたり。
塩とかね。

(和雄さん)
ディップディッシュっていったり。
そういうことね。

これは マグカップの小さいやつ。
(ヘルガさん) それ かわいいね。

お花 入れてもいいし。
お花とかさ 摘んだのを飾るのに。

これも かわいいの! ほら。

あっ これ 何?

お花が 1個ずつ 種類 違く
描いてある。

<お店で販売している食器を
作っているのは

オーストリアの
グムンデン地方にある

グムンドナー・ケラミック社>

<職人が 1枚ずつ描き上げる
伝統の模様は

500年以上の歴史があり

その伝統を
今も引き継いでいます>

<ヘルガさんは 1964年

オーストリアで
小林さんと出会い 結婚>

<日本で暮らすうちに

グムンドナー陶器が
日本にないことを知り

30年ほど前から
輸入販売を始めました>

<最初は わずか600の
カップ&ソーサーを持って

民族衣装で
全国の百貨店を回ったそうです>

<そして 7年前 人形町に
グムンドナー・ケラミック社の

日本総代理店として
お店を開きました>

<この陶器は 電子レンジ
オーブン 食洗機に入れても

大丈夫なように
工夫されています>

<伝統的な 炎の模様以外にも

小さな花柄も定番>

<ミルクピッチャーは
一輪挿しなどにも使えます>

<お家時間が楽しくなる
食器ですね>

私も どれか1つ お土産に
買って行きたいんですけど。

これが かわいいです!
(ヘルガさん) ブルー かわいいね。

この色 ないもんね なかなか。
(ヘルガさん) ないね。

これ 頂きます。
(ヘルガさん) どうも ありがとう。

<いいお土産ができましたね
美佐子さん>

ありがとうございました。
(ヘルガさん) ありがとう。

いっぱい お話 聞かせてもらえて
うれしかったです。

(ヘルガさん) どうも ありがとう。
<ヘルガさん お元気で!>

買っちゃった!
<食器も お話も ステキでした>

いいお母さんだったなぁ。
<ねぇ>

<再び 日比谷線に揺られ

次の途中下車は 仲御徒町>

(電子音)

来ましたよ! 仲御徒町。

うわ~ にぎやかだなぁ! ここ。

すごい!

こんなふうに
お菓子が 表に出てるお店

初めて見た!
<ねぇ>

安い!

へぇ~!

これ… こっち行ってみるか。

<そうしますか>

あれ!? ほら 駅。

ここにもある。
<何駅?>

「新御徒町駅」。

<あ~!>

また これ
違う電車が走ってるんだろうな。

<大江戸線とかね>

あっ これ 清洲橋通り。

これ 渡っちゃおうかな。
<は~い>

私 ここは
きっと走ってるんだな 車で。

こっち行ってみようかな。

あっ 「田中」。

うん? 「箔押所」かな これ。

同じ 田中さんですよ。

ちょっと 気になるよね。
<エヘヘヘヘ>

箔押所でいいのかな。

下に 田中箔押所って…
おじさんの顔がある。

<あれ!?>

<あっ!
ここ お邪魔したことあります>

えっ!? 本当に?
<すごいステキでしたよ>

ウソ ウソ!?

じゃあ ちょっと
第2弾 行ってみますか 私。

私は初めてだから。

<ご主人 いらっしゃいますかね>

あっ!

こんにちは!

(田中さん)
お客さん いらっしゃい。

<あっ ご無沙汰してます!>

今 箔押所っていう 看板 見て
入って来たんですけど。

うちは 箔押屋です。

箔押しっていうのが… すいません
どういうものか分からなくて。

せっかく来たから 見て行きます?
いいですか。

どうぞ。
お邪魔します。

では お借りします。

うちね 箔…。

あっ あっ あっ。

こういう箔を 革や何かに…。

どうなっちゃうの?
こういうふうに。

あ~ 見たことある。

貸してもらっていいですか。

知ってる!

あの~… 何つうのかな。

製品に箔を付ける。
はいはい。

無印のものが ブランドつけると
カッコよくなる。

そういう仕事なんですけどね。
すごい! これ 1個で。

うわ~ 面白い!

もしかして あの看板の
顔の方じゃないですか?

ハハハ! そうです。
今頃 気が付いた!

じゃあ ご主人ですか?
そうですね。

ご主人 一番 入り口の近くで
やってらっしゃる。

今日は たまたま
ローテーションが ここだった。

じゃあ ちょっと 珍しいもの
お見せしましょうか。

<すみません
ありがとうございます>

例えば これなんかだと

革に でこぼこをつける加工と
箔を付ける加工をやってます。

うわ~ これは…。

チョコレートみたいでしょ?
うん チョコレート?

チョコレートのデザインの
お財布になるんです。

<えっ? これが お財布に?>

例えば これなんかだと

革に でこぼこをつける加工と
箔を付ける加工をやってます。

うわ~ これは…。

チョコレートみたいでしょ?
うん チョコレート?

チョコレートのデザインの
お財布になるんです。

あ~ チョコレートの。

そういうデザイナーさんたちが
持って来た仕事を

うちで加工して
品物にして行くのが箔押しです。

押すところまでの作業をする。

その先は 縫製屋さんが。
縫う人がね。

デザイナーさんが
歩いて すぐの所に

いらっしゃるんです。
そうなんですか。

え~っとね… そこに
曲がって ちょっと行くと

昔 小学校だった所が
デザイナーズビレッジ になってますから。

そこに行って 見てみますか?
行ってみます!

じゃあ これのデザイナーさんに
電話をしましょうか。

お願いします。

すぐ近所にいらっしゃるんですね。
この辺は そういう町なんです。

(電子音)

今 そちらに 見学に行きたい方が
いるんですけど

今 よろしいですか。

つきましたか。
はい。

じゃあ 私の名刺の裏に

部屋番号 書いてあげます。

これも箔押し?
箔押しです。

うわ~ かわいい! 見て。

<お~!>

自分の顔を 自分でデザインして
箔押ししたんですか?

仲がいいデザイナーさんに
描いてもらった。

じゃあ いってきます。
はい。

ありがとうございました。
お気を付けて。

いってきます。
<ありがとうございました>

公園の向こうかな。

あっ あれ 小学校かな。

あれかな?

あっ あっ あっ… あった!

「Taito Designers Village」。

あ~ これだ! やっぱり。

ここ 入っちゃっていいのかな?

うん? う~んと…。

あっ! あった。

書いてくれてた。

(チャイム)
鳴った。

(インターホン:徳永さん) はい。
こんにちは。

田中箔押所さんから
ご紹介いただきました。

(インターホン:徳永さん)
どうぞ お入りください。
よろしいですか お邪魔します。

よかった!
<よかった よかった>

よいしょ。

うわ~ 小学校ですよ これ。

あれ?

(徳永さん) こんにちは。
はじめまして。

田中箔押さんから ご紹介…。
よろしくお願いします。

本当に小学校ですね これ。
そうなんですよ。

元々 小学校だったんですけど

台東デザイナーズビレッジって
ファッション系で起業した

クリエーターさんたちの
アトリエとして

活用してもらってる所です。
<へぇ~>

私の作品 紹介しますので どうぞ。
すいません。

<お邪魔します>

あ~! うわ~ 小学校!

元々 保健室だった場所です。
ここ 保健室だったの!?

あった!

ちょうど 展示会用に…
撮影する用に並べてたので

ご覧いただくのに
ちょうどよかったんです。

かわいい!

おいしそう!
<アハハハハ>

何となく こう…。

アルミを破いて
チョコをかじる感じのイメージが。

チョコレートを食べる時に
包み紙をむくじゃないですか。

ふわっと チョコの香りが
立ち上がるっていう

幸せな瞬間を表現したくて。
分かる!

ビリって破って…
決して真っすぐには破けない。

斜めになっちゃいますよね。
<ハハハハ>

じゃあ 触ってもいいですか?
どうぞ。

何か 溶けちゃいそうで触れない。
アハハ!

へぇ~!
一番チョコっぽい これとかさ。

うわ~!

香りがして来そうな… チョコの。
匂い 嗅がれる人も いるんです。

かわい~い! めっちゃ かわいい。
ありがとうございます。

機能性も見させていただいて…。
ぜひぜひ! 広げてみてください。

ほら! 便利よ これ。

左右 分かれて 小銭入れ 真ん中。
ポケットを いっぱい作りました。

小日向さん いっぱい お金 入る。
<ハハハハハ>

おいしそう!

匂い ありますかね?
革の匂いかなっていう感じ。

甘いですよ。
<本当!?>

この色も…。
ミントチョコっていう感じで。

ミントチョコ!
はい。

これも
やっぱり こだわりがあって

どうしても
この色のミントっていうことで

特別に 工場で染色して…
染めて 作ってもらってます。

うわ~!
すごくキレイな色ですよ これ。

確かに ミントの色です。
ありがとうございます。

じゃあ 他にも まだ何か?

甘いものつながりなんですけど
こちら ワッフル。

革のワッフルになります。
<お~!>

むしろ チョコより先に
こっちが生まれました。

まんま ワッフルじゃないですか!

お手に取って ご覧ください。
うわうわうわ!

気持ちいい! うわ~!
ふわふわな。

ワッフルと同じ感触。
<へぇ~!>

これ…。

食べる?
<はい! アハハハハ>

絶対 間違えて食べちゃうよね。
<いや~ 本当>

差し入れのとこに置いといたら。

<本当 食べちゃいそう!>

このね… 上の この感触が同じ!

これ どういうこと?

こちらが 大きい革なんですけど。

ワッフルのもと?
ワッフルのもとです。

いわゆる ピッグスエード。

型押ししちゃうと 起毛が
つぶれるけど ふわっとしたまま。

この状態でも
結構 ふわふわなんです。

あ~ ワッフル!

あ~ ワッフル! ハハハハ!
ハハハハ!

あの~… チョコレートといい
ワッフルといい

どんだけ
甘いもの 好きなんですか!?

私 下町に引っ越して来て…。

喫茶店巡りが
すごい好きなんですね。

喫茶店で やっぱり
甘いもの食べるじゃないですか。

そこから
いろいろ発想してるうちに

革でも 甘いもの
できたらいいと思って そこから。

もう 生き様が 甘いものだ。
甘いもの。

<グラフィックデザイナーである
徳永さんは

仕事で 革工場と関わる中

革の魅力を知り 自分にも
何か作れるんじゃないかと

思い立ったそうです>

<信頼する職人さんに
協力してもらい

最初に手掛けたのが
ワッフルの革小物>

<その後 板チョコ形の小物も
デザインするようになり

金箔や銀箔を付ける工程は

ご近所の田中箔押所さんの力を
借りて 制作しています>

<徳永さんいわく 誰もが見返し

思わず触りたくなり
甘い匂いも漂って来そうな

そんなデザインに
こだわっているそうです>

<この ミントの色も
本当 ステキですよね>

<チョコ好きならではの
大胆な発想と

遊び心いっぱいの革製品>

本当に楽しかったです。

ステキなもの見せていただいて。
こちらこそ楽しかったです。

新しいの待ってますよ。
ありがとうございます。

ありがとうございました
さようなら。

<これからも頑張ってくださいね
徳永さん>

あれはツボだったな。

ああいうの デザインする人に
悪い人は いないんです。

だって あの優しい目で
人柄が分かるというか…。

あの人自身が
とっても 幸せをくれたな 私に。

<それは よかった!>

<ものづくりの街で
人との出会いから

新しいものが
生まれて行くんですね>

<日比谷線は
地上に出て 隅田川を渡り

次の途中下車は 北千住>

北千住。

すっごい にぎやかなとこですね
ここ。

ここも 私 初めて。

初めてなことだらけで…。

どこ行っていいか分かんない。
<直感で行きましょう>

こっち行ってみますかね。
<はい!>

ディープな感じ フフフ。

うわ~ これ 飲み屋街かな。

あっ!
もう始めてるところもあります。

もう 一杯 やっちゃってる!
<へぇ~>

この 明るいうちに。
(店員) いらっしゃいませ。

こんにちは。

でも 本当…。

飲んでる人 こうやって見るとさ

いいなぁ うらやましいな。

酒の あて 大好きだよね 私もね。
<そう!>

えっ?
<どうしました?>

これ 何だろう… これ 何だろう?

和の感じで いい感じじゃない?
<どれ?>

ほら。

「良井名物 新潟県越後」。

ツマアリ産?

ツマアリトンカツ?

「発酵レモンキャベツ
特製塩辛ソース付き」だって。

これ おいしそう!

あっ ほら! やってるよ。
<本当だ>

ちょっと 行ってみますか? ここ。
<はい!>

行っちゃいますか
行っちゃいますか 行きますか。

お~!
<えっ?>

渋い。
<ディープ な世界 行っちゃいますか>

<北千住で見つけた
トンカツのお店>

こんばんは~ やってますか?

(井上さん) はい どうぞ。
よかった よかった!

ちょっと 消毒だけ やりましょ
お~ 出た。

(井上さん) こちら。
こっちに。

じゃあ お邪魔します。

びっくり! お若くて。
(前田さん)とんでもございません。

今ね 看板 見て 来たんですけど

「妻」に「有」… ツマアリトンカツ?

何ていうんですか?
妻有ポークです。

「妻」「有」って書いて 妻有ポーク。
妻有ポークって読むの!?

妻有豚という。
へぇ~!

何か 聞いたことないんですけど
どんな…。

オーナー様が詳しく。
オーナー様?

後ろに。
あっ いた!

オーナーさんですか!
はい。

どうも こんにちは。
こんにちは。

豚のこと分かんないんですけど
どんな豚なんですか?

僕が 元々 新潟県出身でして

新潟県のブランド豚の1つに
妻有ポークというのがあって。

妻有っていう所があるんですか?
越後妻有っていう地域があって。

十日町っていう新潟県の町の
近くにあるんですけども

そこで飼育されている。

まだ そこまでメジャーじゃ
ないのかもしれないですけど

僕が食した中では 一番おいしい
新潟のブランド豚。

あ~ そうなんですか!

どこが違うんだろう?

脂の融点っていわれる温度が…。

通常 大体38℃で
溶けるっていわれてるところが

32℃という
体温より低い温度で溶けるんで

脂が おいしいといわれている。
<ほぉ~>

うわ~ 楽しみです。

ひとつ いただいちゃいますか。
(前田さん) はい。

楽しみ~!

失礼いたします 前から。
来た~!

妻有ポークの
トンカツでございます。

<いやいや いやいや…!>
すごい!

もう どっから見ても おいしそう。

相当 分厚いですね。
(前田さん) そうですね。

低温で ゆっくりと。
ねっ!

えっ? ちょっと待って。

トンカツソースはございますか?
当店 なくてですね。

この思いは オーナーのほうから

お話しいただければと
僕は思うんですけど…。

オーナーの思いが?
(前田さん) 思いが詰まってます。

オーナー! ソースじゃないの?

ソースでなく召し上がれるように
仕上げてまして。

どうやってですか?
(井上さん) 添えてあるのが

すりたての本ワサビ あと 結晶塩。

お皿の上のものが
自家製の塩辛ソース。

こちらの3つで
召し上がっていただいてます。

これは 何か書いてあった…。

(井上さん)こちら 添えてあるのは
自家製の発酵レモンキャベツ。

発酵レモンキャベツ?

(井上さん)
口直し または つまみ的な形で。

一緒じゃなくてね
分かりました いただきます。

じゃあ これを…。

<これは間違いないでしょ!>

<新潟県の 妻有トンカツ
いただいてみましょう>

じゃあ これを…。

こんなんで いいのかな?

加減が分からないですけど。

うわ~! 絶対 おいしいに
決まってるでしょ これ。

いただきま~す。

<お~ ひと口!>

うん!

<どうでしょう?>

脂 うまい!
<やっぱり>

半端ない… おいしいですよ!

何の臭みもない! 脂に。

いったん 口直しで

発酵レモンキャベツ
いただきます。

爽やかです。

あっ 何か… 口の中にあった脂が
全部 か~っと なくなっちゃって。

じゃあ 次 これ 塩辛で。

これも自家製なのか
自家製の塩辛ですね。

う~わっ!

いただきます。

<トンカツに塩辛
どうなんでしょう?>

ウフフ!
<ウフフ?>

うん!
<うん?>

2回 食べれるね
2回 おいしいから。

で 塩辛のほうが

味が
全然 違うものになるというか。

トンカツを 2回 楽しめて いい!
<ほぉ~>

これで 最後 締めると
最高ですね。

このキャベツは 結構 何回でも。

もうちょっと欲しいぐらいですね。

<店主の井上さんが
今年2月にオープンした

和食居酒屋 良井>

<トンカツに使うのは
脂が おいしい

越後妻有地域のブランド豚
妻有ポーク>

<これを 130℃と160℃の
油で2度揚げし

外は カリっと
中は しっとりに仕上げます>

<ソースの代わりに使うのは

すりたてのワサビや 結晶塩>

<特製塩辛ソースは

オイスターソースや七味
塩こうじを加えて 仕上げます>

<これをのせると

お酒に合う
トンカツになるんだそうです>

<食材は
新潟だけに こだわらず

全国から取り寄せています>

<卵焼きに使われているのは
埼玉県深谷市のブランド卵>

<山形和牛のタルタルは

低温調理された牛肉と
タマネギ 土佐酢のジュレと

卵黄を混ぜ合わせて
いただきます>

<これも おいしそ~う>

<初めての『ぶらり旅』>

<おいしいものに出会い
ステキな人たちにも出会い

忘れられない一日になりましたね
美佐子さん>

<厳しい暑さが続く毎日でも

一瞬 す~っと吹き抜ける
涼しい風>

<今日も 心に いい風が入り込む
ステキな旅でした>