鶴瓶の家族に乾杯「土屋太鳳が沖縄市へ!エイサー求めてぶっつけ本番旅!」[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

鶴瓶の家族に乾杯「土屋太鳳が沖縄市へ!エイサー求めてぶっつけ本番旅!」[解][字]

土屋太鳳が沖縄県沖縄市へ。小学生の頃、沖縄とエイサーを学び、修学旅行で訪れた思い出の地沖縄でぶっつけ本番旅に挑戦!エイサーの手がかりを求めて、海へと向かう。

番組内容
土屋太鳳が沖縄県沖縄市でぶっつけ本番旅へ。小学生の頃、沖縄とエイサーを学び、修学旅行で沖縄を訪れた思い出のある土屋は、「命のバトン」の話が忘れられないと語る。鶴瓶は、ロケの数日前、テレビで見た沖縄全戦没者追悼式での小学生の詩の朗読に感銘を受け、その児童に会いたいと市内の小学校を目指すことに。二人は、許可を得ようと校内へ。そこで、まさかの出会いに仰天!土屋は、エイサーの手がかりを求めて、海へ向かう。
出演者
【出演】土屋太鳳,【司会】笑福亭鶴瓶,小野文惠,【語り】常盤貴子,三宅民夫

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタジオ
  2. オーマイガー
  3. チャンカ
  4. 沖縄
  5. 自分
  6. 小学校
  7. 世田谷
  8. 先生
  9. エイサー
  10. 家族
  11. 今日
  12. 鶴瓶
  13. 土屋太鳳
  14. バレエ
  15. ベンツ
  16. 乾杯
  17. 給食
  18. 教頭
  19. 山内小学校
  20. 徳元穂菜

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



NHK
created by Rinker
¥780 (2022/08/18 00:20:28時点 楽天市場調べ-詳細)

うわ~ 着いた~!

今日は その~…

[ スタジオ ] ふ~ん。

(スタジオの笑い)

[ スタジオ ] 沖縄 選ばさせて頂きました。

[ スタジオ ] 出ました。 怪しい人。

[ スタジオ ] あれ?

(スタジオの笑い)

ほんとに暑かったですね。

やっぱ ちょっと…

[ スタジオ ] う~ん!

自然と海と…。

ここ? (スタッフ)はい そうですね。
え~。

太鳳ちゃん!

どこ? どっから?

アハハハ!

(スタジオの笑い)

(笑い声)

は~ やっと意味が分かったわ
「上って来れますか?」言うた。

アハッ! 分かりました?
分かった。

(スタジオの笑い)

♬~(「Birthday」)

♬「幸せをありがとう
ぬくもり届きました」

♬「なによりあなたが
元気でよかった」

♬「宝物をありがとう
思い出届きました」

♬「生まれてきて
よかった」

今回のゲストは 女優の土屋太鳳さんです。
ようこそ!

よろしくお願いいたしま~す!
(拍手)

デビューから15年だそうで
節目の年なんですね。

そうなんです。
15年で節目の年なので

何か 私 ずっと 「家族に乾杯」を
ず~っと見て育ってきたので…。

え~。
あの~ 今…

そう
そうですね。

あ そうか。 もう赤ちゃんの時から
で ず~っと憧れてた…。

よかったね 15年目にね。
はい。

(笑い)

<2人が旅をしているのは
沖縄県第二の都市 沖縄市。

海に程近い
公園からスタートです>

沖縄は…

…っていうのを
なぜなんですか?

あの~ 私の小学校が…

そうなんです。

で ひめゆりの塔とか あとは…

で その先生が こう…

だから多分
この お仕事も つながってるというか…

…というのはあって ちょっと あの…。
いやいやいや。 だから…

小学校
2年生やで。 すごい!

徳元穂菜さん…。
小学校2年生?

小学校2年やで。
うわ~。 でも…

踊るんやもんな。
そう。

ずっとやってたんや
そのあと。 やってたんです。

中学3ぐらいまで。
え~。

楽しい!
こっち…

エイサーの何かやってるところって
あるんちゃう? それは。 そう それを…

いや それじゃあ あれやな。

「徳元さんところ どこなの?」言うたら…

…書いてくれたメモが
あんのやけど。 お!

これ これ これ。

そうです。[ スタジオ ] もう鶴瓶さんって
マスクしてても

一瞬で分かりますよね もう。
何でや。 本当に。

(2人)こんにちは~!

いや 私は
近くっても…

え? え? え?
[ スタジオ ] え?

埼玉から移住しはってんの。
え~ そうなんですか。

ちょうど
いつだろ。

え 最近ですね。
そうなんです。

(笑い声)
ちょっと見て。

こんな見ることないですよ
マスク取ったら きれいな人。 あら~!

こんな人です ちょっと。 何で?
取ってあげて。

土屋太鳳と申します。

はい。
見た? 見た? 今の顔。

(スタジオの笑い)
いや~ でも…

ハハハハハ! うまいこと言うなぁ。
何やってはった? もともとは。

え~!

女房もいいなって言ってたの? はい。
え! ってことは…

ええ。

こちらに住んで
もう10年ぐらい たちまして そして

息子が こっちに来て…

そのうち もう病みつきに
なっちゃいまして もう やっぱり…

は~。
「負うた子に教えられ」や。
もう ほんま…

そうですね。
やっぱり…

女房は…

え!?
(笑い声)

すごいですね。

ホヤホヤですね。

ど頭で。

奥さんに よろしく。 今日 来はったら。
ありがとうございます。

妻 千恵子さんが
ロケの日の夜

無事到着されまして。
あ 来はったか。 はい。

お孫さんたちと 楽しく過ごして
いらっしゃいます。

文雄さん。

ねえ。 すてきな
夫婦やね これ。

アハハハハ!
え~っと…

まだ… だいぶある?
はいはい。 上にね。

20~30分。
そんなに かからんよ。

20分ぐらいだね。
20分かかんの?

すいませんな えらい。
すいません。

知り合いです。

あ 友達の
お孫さん。 友達の孫なの?

あの人 おばあちゃん?
おばあちゃん。

41…。

[ スタジオ ] おばあちゃんよ 41で。
若い!

(2人)え!?
え?

18で… で 産んで。 あの人もそう?
一緒ぐらいですね。

えっ!

すごいや やっぱり!
すごい!

2人。
え?

小学校から…。
小学校から一緒?

私ですか? はい。
旦那さんは いませんね。

(スタジオの笑い)

沖縄あるある?
え そうなんですか?

山へ しば刈りに行かして 再婚して…。

向こうは再婚しとるの?
再婚してる。

いやいや もうでも…。

子どもいてて 不思議じゃないよね 全然。

あ そう。 言うたあかんで。

それで 山へ しば刈りに行く人…。

それは。 しば刈らない人にして下さい。

(スタジオの笑い)
[ スタジオ ] うまいこと言うた。

ウフフフ…!
うまいなぁ。

エヘヘ。
パシッて。 パシッ!

そう。 エイサー すごい好きで
で エイサーを踊るために来たんですけど。

あ 沖縄に?
そう。

あ! 逆に ほんとに 山内小学校行ったら
山内青年会っていって…

え~!
[ スタジオ ] これ あの 男性だけなのは
「山里青年会」でした。

お~ めちゃくちゃ…。
ちょっと目ぇ輝いてる。

え~!

山内小学校 行かなあかんわ これ。
行こう。

それは喜んだら
いいのか…。

<早速…>

ここですよ。 山内小学校。
ここですね 山内小学校。 へ~!

まあ 一応…

そうですね。

[ スタジオ ] ディレクターのデジタルカメラのみで
入らせて頂きました。

子どもたちが いっぱいいる。

職員室…。

オーマイガー。

はい そうです。
あ… すいません。 オーマイガー。

オーマイ…。

土屋太鳳と
申します。

すごい! ちょっと…。

校長!?

[ スタジオ ] (鶴瓶 土屋)オーマイガー!
いやいやいや…。

いや…。

こんなことあります? いやいや こっちが
言いたいわ。

いやいや。 いや 違うんですよ。 こちらで
こないだ僕 テレビに出たら この方で…。

え~とね 今日はね…

はい はい はい。 僕は この方に
お会いするのとともに…

あ~ なるほど! お父さんや お母さんに。
なるほど!

そうね。 ほんとに…

え~ そうなんだ。

やっぱり そうやろうと思う。

あ! いや 名物教頭…。

名物校長じゃないです。
ちょっと…

待ってます。 ここで待ってます。
少々お待ち下さい。

大変なことになった!
え?

オーマイガーって!
ちょっと待ってぇや。

[ スタジオ ] ハハ ビックリしました。

(笑い声)
名物って…。

あれ 教頭先生?

オーマイガー!
オーマイガー!

[ スタジオ ] すごい明るい。

いや 違いますよ。
だから 教頭先生が ちょっとね…。

(森山)いや もう…。
ちゃんとしてますよ。

(スタジオの笑い)
映さなくていいです。

で…。 え?
これ また…

いやぁ ねえ。

ビックリしてます。 M-1に出なはれ。
毎日 楽しく。 はい。

ずっと沖縄…。
ずっと沖縄ですか?
(松田)いや。

え~!
で こっちに赴任してきはった?

そうですね はい。

はい。

広島か。
そうなんだ。

(森山)平和つながりで。

(森山)
ちょっと あの…。 オーマイガー。

所用で。 申し訳ないです。
校長先生 忙しいね。

多分ちょっと遅くなる。
ああ ほんだら まあ 行ってきて下さい。

教頭に お願いしたいと思います。
教頭…。

任していいですね? 教頭に。
はい。 もちろん。

はい。

[ スタジオ ] 楽しい校長先生。
なあ。 楽しい校長やんけ。

ありがとうございます。
ほなね。

[ スタジオ ] すごい沖縄だなって思いましたね。

[ スタジオ ] 沖縄や。 踊りながら…。

あれですか?

行っていいですか 鶴瓶と土屋太鳳さんが。
そうですね。 ちょっと連絡…。

会いたいやろ?
会いたい! 連絡…。

ほんだら連絡して ここで待ってます。
うん。 で お子さん…

いやいや。 2年生の子は
勉強しているでしょ?
今…

(2人)給食時間。
こんな時間やった。

はい。

はい。 なので えっと おうちは ちょっと
また おうち 私 今 電話しても…?

はい はい はい。
待っときます。

日陰で じゃあ…。

ええ人やな。
ええ方ですね。

え? 何? 何?
父母。 お父さん お母さん。

父母でも何でもええねん。
早く 早く 早く!

3年4組の。
3年4組の子。

宮城…。
いや ちょっと待って。
誰が らむねなの?

[ スタジオ ] かわいい名前。

フフフフ! はい。

4名いる。

(笑い声)

らむね らむね…。 何や。
そんな名前やろ? みんな。

(2人)闘士?
らむね 闘士。 はい。

(2人)星男。

聖矢。

え!?
武器を持たない男の子で…

え~!

らむねの お母さんです。 ああ 宮城さん。
らむねの お母さんですよ。

やってくれた。
すご~い。

[ スタジオ ]
あららら。 ああ そう。

それで今 ちょっと療養してる
ということで。 全然 大丈夫です。

おうちの方が ちょっと
厳しいということだったんで。 ただ…

オッケー。

ほんだら ちょっと その方 もう…

いや 今 食べてる途中です。
今 食べ始めたぐらいですけど。

今 食べ始めた。
はい。

(スタジオの笑い)
給食はですね 余るかどうか
分からないんですけど…。

[ スタジオ ] さすが鶴瓶さん。

そうですね。

ああ いやいや。
いやいや ほんとに払いますから。

私も全然 最近食べてない。

え~ そうなんだ。

ちょっと…

ありがとうございます。
うわ うれしい!

[ スタジオ ] え~!
きた きた!

オーマイガー!

こんにちは。 校長室 どこなんですか?
(松田)校長室 すぐ隣なんですけど。

すいません。 失礼します。
失礼します。 おじゃましま~す。

給食です。
わ!

はい どうぞ~。
これ… コッペパン。 コッペパンです。

[ スタジオ ] ほんで 自分も こうやって
横で食べてくれはんねや。

[ スタジオ ] もう優し~い!


教えてほしい。

クワッチー… クワッチーサビラ!

クワッチーサビラ!

広島弁は…

(笑い声)[ スタジオ ] 「いただきます」でしょ。
食べるで~。

食べるで~。[ スタジオ ]
「いただきます」やんな。

初めてや。

わ すごい!

えっ?

何?

[ スタジオ ] あ~ そう そう そう。
アルファベットなんですよね。

[ スタジオ ] 遊び心があって…。

ねっ!
あ ほんま。

うん!

おいしい おいしい。
何か この白いんげんが最高です。

この いや…

ハンバーグ!
ハンバーグ うまいやろ?

[ スタジオ ] おいしかった~。
めっちゃ おいしい! 何か…

(スタジオの笑い)

フフフフ…。
[ スタジオ ] 5個ぐらいほしい。

あ~。 先生って どんなふうに… 何したら
先生になれるのかな? って思って。

…と思って それで。

なんて…。 あ それ すごい
やっぱ

小学校の時の先生の影響で やっぱ
小学校の先生に ならはったんや。 はい。

(笑い声)

(笑い声)
めっちゃ うれしい 「イヤです」。

すてきな先生たちですね~。

突然 お邪魔したのに
給食まで…。

ほんと ありがたいですよね。
食べさして下さって。

225円 払いましたよ。

おごって頂きました。

(常盤)<突然ですが 穂菜さんを待つ間…>

ハ~イ!
アハハ! すごい!

ほんとに まさに…

今日は…

すごい!

<バラエティー豊かな沖縄市の給食。
その中から…>

<…を ご紹介します!>

(2人)ダダダダダ… ジャン!

ゴーヤーは 苦い食べ物なんですけど
とても ハッピーです! ハッピーです。

で お味も… オーマイガー!
ハハハハ…!

[ スタジオ ]
いいね~!
いい明るさ!

(2人)ダダダダダ… ジャ~ン!
これ 自分らで考えたやろ。

自分らで考えたやろ これ。
楽しそう。

クーブイリチーは 大根の干したものと
昆布が入っていて

栄養価が
オーマイガーなんですよ。

[ スタジオ ] え~。
第1位は?

ダダダダダ… ジャ~ン!

だんだん教頭が のってきてる。

イナムドゥチは
白みその おつゆです。

で お野菜が入っていたり
豚肉が入っていたり

かまぼこが
入っていたりします。

で そのバランスが
オーマイガーです。

♬「チャンカ
チャンカ チャンカ」

♬「チャンカ チャンカ チャンカ…」

(拍手)
♬「チャンカ チャンカ チャンカ…」

すばらしいよ! すばらしい!
なあ。

はい! でも お二人は
「こんなに出ちゃって

山内小学校に入ってくる生徒が
減ったら どうしよう」って

心配なさってたんです。
そんなことない。 すごいです。

むしろ行きたくなりますよね。
行きたくなるよね。

(笑い)

…ですよね。 改めて…

あ そう。 見れんのや。

<沖縄県では 毎年6月23日に
総理大臣 県知事などが参列して

「沖縄全戦没者追悼式」が行われます。

この式典で 今年 「平和の詩」を
朗読したのが 徳元穂菜さんです>

「911件の応募の中から
最優秀賞に選ばれました」。

(拍手)

あ そうそう。 その前に この
徳元さんに お会いするんですよ。 ねっ。

徳元さんに お会いして…。
どんな子やろな? あの…。
ねえ。

はい。

すいません!
は~い。 じゃあ…

あ 勝太先生も どうぞ。

穂菜ちゃん どうぞ。
はじめまして。

こんにちは。
はじめまして。

この前の スピーチ 分かる?
この前 自分が作文を読んだやつ。 あれ…

でも 上手やったよ。

その前に…

はい。

え~ すごいね!

この方が…。

徳元穂菜ちゃん。
徳元穂菜さん。

ねえ。
へ~。

緊張してる?
(笑い声)

[ スタジオ ] そりゃ びっくりしますよね
こんな急に。

[ スタジオ ] いろいろ 次々 質問されたら。

一番下やね。

「大きくなったら何になりたい?」って
よく聞かれるやろうけど…

(笑い声)

そろばんと…。
そろばんと…。

公文と…。

踊るバレエ。
踊るバレエって何?

あ~ バレエ!

おねえちゃんも踊るバレエやねん。
うん。

(笑い声)
遊びたいよね。 ありがとう。

ありがとう。 グー。

バイバイ。

かわいかったね。
すごく かわいかったですし

何か ああいうふうに こう…

そうやね。

野獣やった。
(笑い)

おじいさまの お加減が良くなる
タイミングを見計らって

スタッフが改めて
お宅を訪問してきました。

でも あの…。

知ってたの?
知ってたの?

あ 知ってたんだよね。
あ 知ってたんだ。

知ってたみたいです。
ごめんなさい。 (笑い声)

お母さま
かわいい方。

余計 緊張したやろ そら。

ハハハハハハ…。

関西弁の人 沖縄に
ぎょうさんおったら困るわな。

うわ 恥ずかしそうに…。

その 慰霊祭の状況 見せたり

そして 周辺の…

…と私は そう思ってんですよね。
いや すごいよ あの文章。

すごい!

…と願っておりますね。

え~!

フフフッ。

いやぁ ありがとうございました。
すてきな ご家族でしたね。 ねえ。

いやぁ でも うれしいですね 何か。
あの~…

やっぱ
「こわいをしる」って

すごく
大事だなと思って。

それを
知って受け継いで

で 伝えていくのかな
っていうふうに思って

何か私も 何かこう
伝えていきたいなって

改めて 何か
見てて感じました。

あれ自分で
書きやったんやからね。

「ああした方が いいんじゃないの」って…

自分が書いたとおりのものを
読むんだっていって…。 そりゃそうやて。

いやいや だから こっちも伝わったんよ。

そうですね。

自分でやらなあかんのやから これから。

(笑い声)

できる!

エイサー。
エイサーの人たちを…。

捕まえ…。
捕まえてっていうか

そういうところに
行きなさい。

はい 聞いてね。
うん 聞いて。

スタジオで。

こちらこそ!
ありがとう。 は~い。

バイバイ。

へ~!

[ スタジオ ] 困ってる。

アハハハハ! 海…。

[ スタジオ ] あれ?
同じやねん。

[ スタジオ ] やっぱり そうなるよね。
う~ん。

[ スタジオ ]
沖縄行ったら 海が見たい。
見たい!

♬~

お!
いらっしゃい!

どうも。

世田谷。 世田谷?

世田谷。

国頭村に?

世田谷から来てはんの?
ええ。 え?

み… 2日目です。 2日目。
はい。

一番上です。

そうか そうか。 そこは何?
東京から来てる人が…。

で 泊まって。
(2人)泊まって。

夫婦?
ご夫婦。

[ スタジオ ] へ~ 世田谷か。

いや まだ あそこで
食べてます。

国頭村の人やったんやね。

はい はい。
え?

(笑い声)

よろしくお願いします。

(笑い声)

着きました~!

[ スタジオ ] フフフ。 太鳳ちゃん ぴったりの
明るさやったな これ。

人は いないですね。

[ スタジオ ] フフフフ…。

あっついで これ。 暑かったと思うわ。

人いてんの?

気持ちいいな!

(スタジオの笑い)

こんにちは。

少しだけ。

あ 住んでる。
はい。

[ スタジオ ] ジャパニーズのNHK。
ハハハ…!

え?

男。
お兄ちゃん。

お~ ロング。
ロング。 へ~!

マイク。

いっぱい いろいろ…。

うん。 ローラースライド。

痛い! (笑い声)
痛いんだ。 あ あれか。

これだ!

楽しんで!

ありがとうございます!

あ はい。

(英一)ちょうど先ほど知り合って…。

あ そうなんですか。
そうそう 先ほど…。

あっち行こう。 あそこ。

これ NHKの番組じゃないですか?
そうやんか。

見たことある!
どうぞ どうぞ。

どう? どう?

最高やね。

こっちは そんな要らんわな。
ないです。

最初に 何で その…

ポルシェ?
え~と 最初は…

ベンツ。 で?
ベンツ買って…。 フェラーリ。

何? 何? フェラーリ。
フェラーリ。 はい。

ポルシェ。

ベンツ。 ベンツ。
ベンツ。

飽きっぽいです。
飽きっぽいんで…

[ スタジオ ] すごいで。 世田谷から。
え~!

運転するんです。
で この人は…

あ そやね。
乗れんの?

大好きなんです マニュアル。
俺もマニュアル好きや。

[ スタジオ ] やんちゃ…。

どこだ…?

(笑い声)

何だ?
何だっけ? あれ。

(スタジオの笑い)
絶対アカンやん。

こんにちは~。 「家族の乾杯」っていう
番組…。 あ 「家族の乾杯」じゃない!

「家族に乾杯」だ! …っていう番組で
鶴瓶さんの番組なんですけど。

すてきなのに。 (書人)「こんにちは」して。
こんにちは~。

[ スタジオ ] かわいいね。

あ そうですね。

何か今 あの~…

(書人)あ! え~とですね 一応 自分の…

あ ほんとですか?[ スタジオ ] 知ってんねや。
その青年会の方って…

たちばな せいやさん。 今もう…。

OBか。 でも OBでも
つながりは あるのかな? そうですね。

本当ですか? はい いいです。
ありがとう!

[ スタジオ ] いやいや すごいやん。
お~! そうなんですよ。

本当ですか?
はい。 どうしましょうか?

じゃあ ちょっと
お話しさせて頂いても…。

あ えっと 土屋太鳳と申します。

(スタジオの笑い)
あの~ 今 あの~…

是非…。 はい。

[ スタジオ ] あ!
あれ!?

あ! 今日 そこは めちゃくちゃ…

(せいや)今…

あ! ちょっと…

(スタジオの笑い)
せいやさんのとこに…

[ スタジオ ] 強引ですよね。

(せいや)ちょっと 友達の方に
代わってもらってもいいですか?

はい。 お願いします。 すいません。

もしもし?

(スタジオの笑い)

[ スタジオ ] もう とりあえず エイサー踊れるかも
しれないっていう はしゃぎで…。

[ スタジオ ] あ それの はしゃ…。 ハハハ!
はい。 ハハハハ!

懐かしくないですか? これ。

頑張る!

[ スタジオ ] 運動神経…。 いや~!

[ スタジオ ] やっぱり 体育会系やな。

ハハハハ…。
でも まさか ねえ

山里青年会のOBの方と
つながりがある方に

出会うなんて思ってなかったので。
一発目よ!

しかも 電話なさった
たちばな せいやさん。

話ししたのが 10年ぶり。

え!? いや だから 向こうも
けげんそうな…。

「はい。 はい。
やってますよ。 はい」。

ここまでが 旅の前半です。
そうか。

あ~ そっか そっか。
はい。 ここまでで。

で こっからですよ。
こっから。 後半の見どころは?

後半は 私は…

え~ 見たい! めちゃくちゃ見たい!
是非 見て頂きたい。

それでは 旅の後半も…。 せ~の!

(小野 土屋)お楽しみに~!

あ そんなん言うの?
(笑い)

♬~

(笑い)