証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

証言者バラエティ アンタウォッチマン![字]

“今、見たい実力派芸人”を取り上げ、彼らの時代を目撃した証人(=ウォッチマン)たちの証言から、“面白さの秘密”を分析していく“証言者バラエティ”!

◇出演者
【MC】アンタッチャブル、サンドウィッチマン
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/antawatchman/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 岩井
  2. 柴田
  3. 澤部
  4. 自分
  5. 本当
  6. 漫才
  7. ネタ
  8. 可愛
  9. 結構
  10. 相方
  11. ゲーム
  12. 芸人
  13. 面白
  14. ハライチ
  15. マスターズドリーム
  16. 原作
  17. 今回
  18. 才能
  19. 番組
  20. 富澤

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

今すぐ 「テラサ」で検索。
今すぐ お試し体験を!

〈エッセイや漫画原作など

今 お笑い以外の活躍で注目される
ハライチ岩井〉

〈その人生は
じゃない方芸人と言われた

屈辱の黒歴史〉

(一同 笑い)

〈しかし
ある出会いをきっかけに

自分らしい生き方を見付けた
男だった〉

今 楽しいでしょ?

めちゃくちゃ…。
めちゃくちゃいいじゃん それ。

〈2019年に出した
エッセイは

累計10万部を超え

更に 漫画やゲームの原作など

お笑い以外の分野で

作品を世に出している岩井〉

(伊達・富澤)『ヤンマガ』?
すげえじゃん!

〈そこで 今回 岩井は
なぜ お笑い以外で

才能を発揮できるのかを
探るべく…〉

〈すると 見えてきたのは

「苦手な事はしない」
「自分に正直に生きる」人生哲学〉

強いわ。
ただ でも

正直なだけなんですよね だから。
(柴田)そういう事よね。

そう そう…。
もう そうする事にしてます。

〈更に 岩井が
本当にやりたかった新ネタを

この番組のためだけに
作ってもらった〉

〈それでは スタート!〉

〈そもそも 岩井は なぜ
芸人になろうと思ったのか?〉

〈そのきっかけを作ったのは…〉

(柴田)「さあ
きっかけを作ったのは?」

(富澤)「澤部!」
「相方?」

〈幼なじみで相方の 澤部佑〉

〈どうしても 岩井と

お笑いをしたいと思っていた
澤部〉

〈それは 中学の頃に目撃した

岩井の 笑いを作る才能にあると
証言する〉

一番面白いのは岩井だよな
というのはあったので…。

中学の時の お楽しみ会みたいな…
学年集会みたいなので

なんか 一番面白い人を決めるぞ
みたいな大会があったんですよ

その うちらの学年で。

で 「やろう」っつって いろんな

で 優勝していくんですよ 岩井が。

そういう なんか やっぱ
ネタを書く能力とかね…。

ハハハ…!
やってましたね 確かに。

〈澤部は
岩井のフリップ芸を見て

一緒に芸人をやりたいと
思っていたが

一方で 岩井はというと…〉

〈岩井は

〈そんな

(山崎)「ああ そこで憧れたんだ」

本当にね…。

バラエティでいったら
澤部が面白いって言うものを…

何個かの中の1つを見てたとか
そういうレベルだったんですけど。

へえー!
でも 漫才を見た時は

なんか この
お笑いっていうよりは

なんか こう… みんなの前で

こういう漫才を発表するのを
やりたいなみたいな…。

ああ 発表みたいな感じなんだね。
漫才を知らないから。

でも 漫才じゃなくて
こっちやったんでしょ? 初めは。

ああ 中3の頃は
鉄拳さんとかに憧れてた…。

鉄拳か!
ああ 鉄拳さんね。

『エンタ』にいったんだね
じゃあ そのあとね。 ああー!

〈第1回目のM-1をきっかけに

漫才を披露してみたいと
思っていた岩井は…〉

〈もともと 岩井の才能に
惚れていたという澤部とともに

2006年
お笑いコンビ ハライチを結成〉

〈その3年後に
M-1で決勝に進出する〉

〈そこで 岩井が ひたすらボケる
ノリボケ漫才で

唯一無二の漫才を
世の中に提示した〉

出されたら困る料理って
ありますからね。

例えば 味のない料理とかね。
ああ それは困りますよ。

「味薄い」ぐらいだったら
いいんです。

ただ
「味のない」までいっちゃうと…。

そこは やっぱ 白メシとかも
合わなくなってきますから

それは そこまでいったら 俺も
ビシッと言いますわ それはね。

あと 黒焦げた料理とかね。
ああ ちょっと… やっぱり

見た目からいっちゃうから
それはね。

あと ひからびた料理ね。
うん なんだろう? ちょっと…

水 持ってきてもらえます?
ちょっと。

〈更に その翌年には
フジテレビのコント番組

『ピカルの定理』の
レギュラーに抜擢!〉

〈『めちゃイケ』から
始まる

若手芸人の
王道の売れ方に

ハマった
ハライチだったが…〉

「テブラーシカ。
見えちゃいけないやつね」

〈この時から 岩井と澤部には
真逆の感情が芽生えていた〉

そんな もう…。

と思います 多分。

〈しかし ここから
相方とは真逆の

岩井の腐り時代が始まる〉

「苦手なんだ」

「ふーん…」
「はあ…」

〈岩井が『ピカルの定理』で
もがいている様子を

当時のメンバーが
証言してくれた〉

「誰だ?」

(スタッフ)じゃあ 徳井さん
よろしくお願いします。

〈当時の岩井を
どう見ていたのか?〉

一番苦しそうでしたけどね。

でも その時の
ディレクターさんとか演出とかは

岩井の事も もちろん…
ハライチが好きで入れてるから

岩井にも目立ってほしい
っていって

岩井と すごい綿密な
打ち合わせをするんですよ。

で 岩井も岩井で
クリエイティブだから

「こんなのどうですか?」とか
「あんなのどうですか?」って

持っていくんですけど それが
もう ことごとくポシャって…。

うまくいってないって

岩井は思ってると思いますけどね
あの時は。

…みたいな話 ありましたけど。
ありました ありました。

あれはショックだよね。
いや 結構 なんか…。

みたいな… ちょっとだけ
膨らませてくれるんですよ。

(柴田)ぶっちゃけ でも
他にさ コント持ってくる人

あんまり いなかったでしょ?

そんな中 持っていってたのに
っていうところは あったろうね。

いや そうなんですよ。

〈無理やり明るく
振る舞えなかったという岩井を

相方 澤部は
そばで ずっと見ていた〉

笑えないんでしょうね やっぱ
本当に面白い事じゃないと。

なんとなく 空気で
笑うじゃないですか やっぱり。

そういう…
それが やっぱり バラエティ…。

なんか こう 空気作りって…

自然と
そうなっちゃってますけど

やっぱ こう
なんか あるんだと思います。

嘘をつきたくないという…

彼の中で
なんか 信念は。

顔にも出してましたし

態度とかには出てましたけどね。

やっぱ そこには 結構。

腐るべくして腐ったと。
そうですね。

なんか やっぱり
結局 どこ行っても

めちゃくちゃ若かったんで
一番後輩みたいな立ち位置…。

そうか。
それって…。

やっぱり それが
しんどくてしょうがなかった…。

どう思ってたの? ゲラゲラ笑う
サンドウィッチマンや 俺たち…。

いやいや 澤部君もそうでしょ?

でも うらやましいなって
思ってましたよ。

(柴田)ああ そう…。
なんか それに…。

笑う事に対して。
笑う事っていうか なんか その…。

今… なんか ちょっと
できるようになって。

その時は うらやましいなって…。
卑屈に思っちゃってた…。

そういう人が やっぱり
出てくるんだろうなと思って。

『いいとも!』いってたからね
もうね。

そうなんですよ。
これが でかかったですね。

〈そう 2012年には
相方の澤部だけが

『笑っていいとも!』の
レギュラーに抜擢〉

〈これがきっかけで

岩井の腐りは
どんどん増していったという〉

(スタッフの笑い)
(柴田)その時… 当時な。

なるほどね。 そこからか。
違和感はあったからね。

しかもね 出たてのコンビで
珍しいじゃない。

ベテランがね もう…
結構 ベテランで

ピンで出てるみたいなのって
全然あるけど。

もう…
確かに じゃない方っていうか

あんまり やっぱり こう…。

(柴田)「そりゃそうだろうな」

1回 ドッキリで

「岩井 この格差
どう思ってるの?」みたいな…

俺が聞くみたいな
ドッキリあって。

「全然 別に 突っ走った方が
いいと思うけどな」みたいな…

岩井が言ったんですけど。

もう とにかく…。

そうすれば 岩井は もう

自然と いるだろう 隣には
という気持ちでしたからね もう。

「へえー! どういう事?」

(柴田)「ああー なるほどね。
ツーショットでやってたら」

〈そう 自分ができない事を
相方の澤部に託した〉

〈そうする事で 岩井は
自分を偽らない方法で

バラエティで
居場所を見いだす〉

〈それが…〉

(富澤)「腐り芸人」

俺 杉山さんに言われた事
あるんだよな。

なんか もう 酔った勢いで…
なんか 説教の勢いで

「お前なんか 番組呼んでやんねえ」
みたいな事 言われた事あるのよ。

呼ばれる番組 これかよって
思っちゃったよ。

核心ついてくるんだよな
本当に。

〈この頃 思った事を
ストレートに言う

普段の岩井らしさが武器になると

いち早く教えてくれた
恩人がいた〉

お願いします。

〈坂下千里子。
岩井が恩人と語る人物〉

岩井さんが 「これ いいんですよ」
「面白いんですよ」って言う事が

もう 全て 人と
目の付けどころが違うというか。

「一番
理解してくれてるんじゃない?」

すごい感謝してまして。

誰も 何も 僕に対して
言ってくれなかった時に

前室みたいなとこで…
番組 一緒になった時に

「岩井君の

へえー!
その時に もう…。

(一同 笑い)

千里ちゃんのために
生きていこうと。

千里さんなんて
芸人じゃないから

スーッと入ってくるのも
あったんだね。

利害関係がないから。
そうなんですよ。

〈自分を曲げてまで テレビに
出なくてもいいという思いから

岩井の本音に磨きがかかり
唯一無二の武器が完成〉

「これは楽だな」

〈更に

〈2015年に 芥川賞を受賞した
羽田圭介が

プロの目から
岩井のエッセイを分析する〉

っていうところは
あると思いますね。

…っていう感じはしますね。

ハハハハ…!

本当に多くないですか?

なんか めちゃくちゃ
その人に文句言ったりとか

後輩とかを下げて下げて

最後 「でも いいヤツだからな」
みたいな ひと言で

回収しようとする人 なんか
結構 いるじゃないですか。

俺 それ イヤなんですよね
めちゃくちゃ。

なんか思う…。
ああー!

岩井は 「本音を言ってるだけ」って
言ってるけど 今 こう…

本音って言いづらいじゃない。
ああ そうかもしれない…。

そういうとこで
不安とかはないの?

ああ…。
でも なんか 自分で…。

結局 その なんか… 言った時に
なんか こう…。

批判してきたって事は
これこれ こう思ってるから

あなたは
汚い人間って事ですよね? とか。

なんか そういう言葉があるから
言えちゃうというか。

納得する事はないの? 「確かに
それもありますね」みたいな。

結構

お前…。

(柴田)
すごい想定してるね なんか。

ただ でも
正直なだけなんですよね だから。

(柴田)そういう事よね。
もう そうする事にしてます。

〈更に 岩井は
表現の幅を広げる〉

〈まずは 人気声優の声を使った
『コントCD』〉

「これ すごいな」

(柴田)「いや センスよ。 センス」

〈更に 漫画の原作や
ゲームの原作までも〉

(柴田)聞いた事ない。
ゲームの原作とかっていうの。

乙女ゲームっていって
女の子がやる

恋愛シミュレーションゲーム
みたいな。

イケメンが いっぱい
出てくるようなゲームなんですよ。

女の子がやるゲーム?
そうです そうです。

アニメとか もう めちゃくちゃ
いろんなジャンル見るんで…。

女の子向けの イケメンが
いっぱい出てるアニメも

めっちゃ好きだから。
ああ…! じゃあ

わかるんだ
そのキュンポイントみたいな。

知らないですよね。
(柴田)全然知らない。

才能あるなあ。
あるよね。

『ヤングマガジン』ですね。
(伊達・富澤)『ヤンマガ』?

ええ そうなんですよ。
漫画なんて もう だって

出尽くした感あるでしょ?
だって 設定みたいな。

でも 小学生が主人公の…。

結構 だから 自分の思った事を
ズバズバ言うような

小学生みたいな。
自分みたいな事?

…みたいなのを
主人公にしてたので。

なんか 日々の不満を
そこで ずっと書いてる…。

(柴田)小学生に置き換えて。
そうです そうです。

〈芸人 岩井が

お笑い以外の分野で
作品を世に出す理由とは?〉

〈楽しい事を仕事にしている
岩井に対して

澤部から
あるお願いがあるそうで…〉

「なんだろう?」

ネタ… そうですね ネタは
書き続けていただきたいのと…。

「ああ そうか。 結婚 まだか」

「ああ いいね」
「ねえ」

「“Fin." へえー!」

すごい。 いいですね 岩井物語。
ねえ。

あんな腐ったところから こんな
いいストーリーになるんだ。

よかったですわ。
(柴田)なるものだよ 本当に。

うん。
今 楽しいでしょ?

めちゃくちゃ…。
めちゃくちゃいいじゃん それ。

澤部は ずっと
漫才はね やりたいって…。

そうだね。
(柴田)書いてくださいって…。

俺も だから さっきも
なんか 書いてたように…。

面白いしね。
へえー!

「漫才」っていう 1個の考え方が
あるじゃないですか。

それを どこまで外せるか
みたいなところを

俺は なんか ずっとやりたいです。
むしろね。

コントだと
なんでも結構ありなんですけど

漫才だと ちょっと外したやつが
如実にわかりやすいから

俺は それが好きでやってます…。
外すの好きだもんな ハライチはな。

〈そんな岩井が 今回

やりたい事を詰め込んだ
新ネタを作ってくれた〉

〈実は これまで 数々のネタを
プロデュースしてきたのだが

今回は…〉

これ そもそも…。

子どもがやったら
一番 なんか 面白いし

すごい可愛くも
見えるから。

〈このあと 岩井が今まで
やりたくてもできなかった

子どもを使ったネタを披露!〉

「子どもがやるの?」

〈ネタの作成は もちろん

今回は
岩井自らオーディションを実施〉

やったの?
やりました やりました。

〈そして
付きっきりで演技指導も〉

「いや 大変!」

♬~『キスしてほしい』

あっ 出てきた。
(柴田)子どもだ 本当に。

ハハハハ…!
(柴田)なんでだよ!

〈岩井が
どうしてもやりたかった

子どもを使ったネタ 披露!〉

♬~『キスしてほしい』

あっ 出てきた。
(柴田)子どもだ 本当に。

可愛い。
(柴田)可愛い。

CMみてえだな。

ブルーハーツね。

ママに言ってるのかな?
めちゃくちゃ可愛いじゃん。

可愛いけどね…。

なんで?
おばあちゃんに頼るなあ おい。

可愛いんですよ めちゃくちゃ。
なんだ? このネタは これ。

ある ある ある。
すごいある これ。

行ってから乗りなさい 車は。
行っとけっていう感じですよね。

いや それはね
どこに含めりゃいいの? だって。

(柴田)これは やるのね 絶対。
「トゥー・トゥー・トゥー…」のこれ

絶対やる。
いいね。 パジャマがいいね また。

(柴田)この子も気に入って…。
いなくなっちゃったよ おい。

(拍手)
可愛いね。

確かに 子どもにフィットするね
なんか わかんないけど。

(柴田)奈央貴君 お疲れさま!

ありがとうございます。
お疲れちゃーん!

もう 完璧でしたね。
今日 本当にね。

〈岩井の本気の演出法が
明らかに!〉

♬~
<ひきたつ果実の新チューハイ!>

♬~

(長谷川) りんごーーー!

<サントリー「CRAFT-196℃」!>
りんごー!

(小栗)誕生
♬~<マスターズドリーム マスターズドリーム マスターズドリーム…>
(缶を開ける音)プシュ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<プレモルの最高峰 「マスターズドリーム」 新登場>
ワ~オ

〈番組を もう一度見たい方は
TVerをチェック!〉

〈見逃しを防ぐ
お気に入り登録も ぜひ!〉

岩井さんの動画を見て それで…。

一応 なんか 自分で 全部やって。
1回 自分で…。

いいですよ 俺バージョンは。

岩井バージョンなんて
見てらんねえわ。

都落ちという状態で。

あんま…。

〈次回は
お笑いグループ 大宮セブン〉

〈そのブレイクの秘密に迫る!〉

♬~「ポーポポーポー ポーポポポポー」
いよ~!