徹子の部屋 鈴木福[解][字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 鈴木福[解][字]

~大人気子役が18歳“新成人”に成長!~鈴木福さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
今年18歳で新成人になった俳優・鈴木福さんが登場!赤ちゃんモデルとして1歳でデビュー。人気子役として話題になった7歳の時に『徹子の部屋』に初出演した懐かしい映像と共に成長を振り返る。また、これまで支えてくれた両親や周囲の人への感謝の想いも…。
◇番組内容
鈴木家4きょうだいの長男で、今年、一番下の妹・誉さんが小学1年生になり、最近は兄弟たちの成長を感じていると語る。休日は料理に挑戦していて、小豆を煮てイチから作った「おはぎ」を家族にふるまうと、みんな喜んでくれたという。子どもの頃からの夢は変わらず「仮面ライダーになること」で、初出演から10年ぶりに自作の変身ポーズをスタジオで披露する!お見逃しなく。
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 可愛
  2. 年生
  3. 出演
  4. 本当
  5. 自分
  6. 俳優
  7. フフフフ
  8. 仮面ライダー
  9. 結構
  10. 小学
  11. 子役
  12. 変身
  13. 野球
  14. GO
  15. ピザ
  16. 一緒
  17. 学校
  18. 頑張
  19. 高校
  20. 最近

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,485 (2022/08/09 14:14:27時点 Amazon調べ-詳細)

「歯が ちょっと
抜けているんだって? 今」

(鈴木)「はい」
「何本 抜けているの?」

「3… 4本」
「4本 抜けているの」

「少しは生えてきているの?」
「はい」

2012年に初出演。
この出演から10年経ちました。

今年 高校3年生に。
俳優の鈴木福さんです。

どうぞ お入りください。
よろしくお願い致します。

どうぞ こちらに。 こんにちは。
こんにちは。

大きくなりましたね。
そうですね。

どうも。
よろしくお願いします。

4月から法改正により

18歳で大人の仲間入りという事で

今日は成長ぶりなど
伺わせて頂きます。

『徹子の部屋』の最初の出演は
7歳の時でいらっしゃいました。

もう 10年… 11年前ですね。
そうですよね。 現在 18歳。

可愛い… 今 映っていますけど。
高校3年生で。

初出演の事
覚えていらっしゃいます?

そうですね。
この時は なんか 多分

すごい
緊張していたんじゃないかな。

ただ やっぱりね
何度か出させて頂いたりとか

他の番組でも この番組に
出演させて頂いた際の

VTRとかが出てくるのを
何度も見ているので

その時の様子は
しっかりと覚えています。

「ピザでGO!」ってやったの
覚えている?

そうです。 やっていましたね。
フフフフ…。

初出演の映像
ちょっと 皆さん ご覧ください。

「あなたの学校では
妖怪ごっこっていうのが

流行っているんだって?」
「はい」

「どういうの? それ」
「あの… 妖怪人間ごっこは…」

「うわー! って変身したりして…」
「じゃあ そういうのやって…」

「あと 学校で どういう遊びが
流行っているの? 今」

「学校で…」
「あっ 『仮面ライダー』」

「『仮面ライダー』は
僕の中で流行っています」

「あなたの中で流行っている。
じゃあ 『仮面ライダー』…」

「『仮面ライダー』 大好きで」

「僕 仮面ライダー 作って

仮面ライダーピザっていうのを
作りました」

「あなたが? じゃあ あなた
やってみて ちょっと それじゃあ」

「ピザでGO!」
「おおー わかりました」

「どうぞ お座りください。
ありがとうございました」

「熱演して頂きました」

どうですか? ご覧になって。
いや なんか 改めて…

今ね 弟が
小学3年生なんですけど

似ているなって思いますね。

やっている事が
あんまり変わらないので。

あんな感じ?
はい。

ちっちゃかったですね。
そう。

えっと… 「福さん」と
お呼びすればいい?

いや もう 本当に
呼び方は お任せ致します。

なんか 最近ね
「福さん」って呼んだらいいのか

「福君」って呼んだらいいのか
っていうふうにね

よく言われるんですけど。
僕は もう 本当に

「福君」って
呼んでもらいたいですし…。

じゃあ 「福君」にする。
もちろん。 はい。

じゃあ 「福君」に致しますね。

でも 今年は4月に
18歳が新成人になった。

はい。
それについては どうですか?

なんか よくね
「どうですか?」っていうふうに

聞かれる事あるんですけど。
ただ やっぱり 自分としては

そんなに今までと変わらない
というか。

急に 責任が すごくのしかかる
っていうわけでもなく。

やっちゃいけない事を
やっちゃいけないのは

今までどおり 変わらないですし。

ただ やれる事の幅が
広がるかなという感じで。

クレジットカードが作れたりとか。
おおー。

でも どうですかね?
大人になったっていう気分は。

うーん…。
なんか でも やっぱり ねえ

これから より
18歳っていう年齢が

成人として認められるためには

僕たち世代… 一番 若い世代…
当事者としての世代が

より… なんでしょう。
大人として認められる行動を

していかなきゃなのかなとも
思っているので。

その中で やっぱり テレビにね
出ているっていう部分は

より目に付きやすい部分だと
思うので

頑張っていかなきゃなというのは
思っています。

でも 何しろ 1歳から
デビューあそばせましてですね

芸歴17年という事ですから。

最初…。 あら 可愛い。
これ 一番最初?

多分 2歳…
1歳 2歳ぐらいだと思います。

可愛いわね。

あら 可愛い。

これは3歳ぐらい…。
でも ほとんど覚えていない?

この時は あんまり
覚えていないですね。

何やっていたんだろう?
でも 後ろに

お箏の柱のカバーがあるので

多分 どこかの演奏会に
行った時の写真だと思います。

おたくは皆さん
お箏なさるのよね。

そうです。 はい。
そうそうそう。

祖母とか母が お箏の先生として
やっているので。

この頃は
どういうお仕事だったの?

今みたいな時は。
この時は

赤ちゃんモデルみたいな形で
写真を撮られたりとか

なんか CM…
おむつのCMに出たりとか。

フフ…。 可愛いわね。
あとは 教育番組に出たりとか

そういった形で 色々
やらせてもらっていましたね。

あとは ドラマとかのエキストラで
後ろの方で…。

エキストラもやったの?
よくやっていました。

ずっと やっていました。
あっ そうなの。

たくさん オーディションも受けて
色々 落ちながら

出られる時は出られて
っていう感じで。

あっ そう。
やっていましたね。

6歳の時に
子役で出演したドラマで

芦田愛菜さんと一緒になって

それで 2人で大人気になった。
そうですね。

たくさん テレビに出演
させて頂けるようになりました。

愛菜ちゃんとは どうですか?
最近。

最近 でも 『博士ちゃん』っていう
テレビ朝日で

芦田愛菜ちゃんがやられている
番組に

僕がゲストで出させて頂いて
その時に お会いしました。

どうでした? 久しぶりに会って。

まあ あまり変わらずでは
あるけれども

やっぱりね 身長差とかは
ちょっと久しぶりだったので

僕の方が
だいぶ大きくなっていましたし

なんか すごく… なんでしょう。
不思議な…。

幼なじみなんだけど
テレビで見ているしみたいな。

だから ちょっと
不思議な感じでしたね。

何歳ぐらいの頃から
演技のお勉強はしましたか?

3歳ぐらいですかね。

それじゃあ もう
本当にデビューの頃から。

はい。 1歳 2歳の間は
リトミックみたいな形で

赤ちゃん向けのやつを受けていて。

そのあと 一応 幼稚部というか

幼稚園生以上の部門に
上がるタイミングで

レッスンを受け始めて
お芝居とかダンスとかの

レッスンを
やっていました。

そういうの嫌になる時は
ありませんでした?

でも 楽しくやっていましたね。

すごく お芝居とかダンスとかも
すごく好きだったので。

あっ そうなの。

小学1年生ぐらいまでで
結構 忙しくなっちゃったので

レッスンに行ける時間も
なくなっちゃったんですけど。

それ以前は 本当に楽しく

ほぼ毎週 行ける時は
行っていましたね。

あっ そう。
リトミックって 音楽に合わせて

こう 動いたりなんかするでしょ?
そうです。 それは…。

あれ 楽しいでしょ?
母と一緒に受けていましたね。

あっ そうなの。

3歳に お芝居とかね
色々な部門に上がるタイミングで

やめてもいいよっていうお話を
母からされていたみたいで。

でも その時に
「やりたい」っていうふうに

自分から言っていたみたいなので。
やめたくはなかったの。

すごく楽しんで お仕事も
そうやってレッスンとかも

やっていたのかなとは思います。
なるほどね。

中学生で
仕事について 色々 考えた?

そうですね。 なんか… やっぱり
バラエティー番組とかにも

たくさん出演させて頂けるように
なったっていうのもあるし

ドラマでの出演っていうのも
あったんですけど。

なんでしょう。 うーん…。

野球部でね やっていたので
野球も すごく楽しかったですし

学校も
もっともっと行けたらななんて

思っていた時もあったんですけど。
うーん… なんでしょう。

自覚が足りなかったといいますか。
フフフフ…。

俳優としてやりたいのか
タレントとしてやりたいのか。

ただ 野球も楽しいし…
今が楽しかったので。

そうですね。 将来についてとか
今あるお仕事に対しても

お仕事っていうよりかは
楽しいの延長みたいな。

子役から俳優へって
変わるっていうか

変わっていないっていうか…
そこら辺のところの

自覚を持ったのは
どうでしたか?

元々 子役なの? 俳優なの?
っていうのは

言われる時期になってきていて。
「どうなの?」って聞かれた時に

僕は 「皆さんが
子役って思われたら

子役でいいし
自分から俳優とか子役とか

決めたいとは思いません」って
思っていたんですけど。

『決算!忠臣蔵』という映画に
出演させて頂いた時に

監督の中村義洋監督から

「もう 子役じゃないんだから」
というふうに言わせてしまって。

で その時に 自分の甘さというか
…に気付きまして。

そこで やっぱり 俳優として

自分は これから
やりたいっていうのが

改めて 決心するタイミングでも
あったし

俳優として名乗ろうっていうか。

やっぱり 肩書としてね
「なんですか?」って言われた時に

俳優ですって言えるように
なりたいなって思ったのは

そこからですね。

でも 野球は やっていたいと
思ったんですって?

野球は大好きでしたね
今も大好きなんですけど。

プレーする方を ずっと…。
これ 中学の野球部ですね。

すごいわね。
あなた 大人っぽいわね。

そうですかね? この時
もう ずっと練習していて。

ポジションは なんなんですかね?
ピッチャーと外野…。

左利きだったので
できるポジションが限られていて。

でも ピッチャーと外野で
練習に参加していましたね。

これは試合の時だったかな。
そうみたいね。

真剣ね なんかね。
はい。 やっていました。

最近の 野球をしていらっしゃる
映像があるそうですので

ちょっと 拝見させて頂きますね。

ちょっと VTR見ます。

おおー。
ハハハハ…。

すごい すごい。
これ バッティング練習中…。

これ YouTubeの撮影で
やらせてもらったんですよ。

今 あなたが打ったんですか?
そうです。 はい。

遠くの方 行きましたね なんかね。

そうですね。 あの時は
結構 飛ばせましたね それなりに。

でも ああいうふうに
野球なんかやっていると

団結力みたいなものは
増してくるんですって?

そうですね。
本当に… なんでしょう。

周りの子たちが
すごくいい子たちで

本当に 野球部での仲間たちとの
出会いっていうのは

なんか 僕にとって
すごくいいものだったなと

今 思いますね。

高校ではね 野球部では
やれていないんですけど

今でも野球は好きで。

中学の友達とね
たまに会ったりとか…

野球部の友達と。

一緒にバッティングセンター
行ったりとかも

たまーに あって。
そうすると うれしい?

はい。 キャッチボールとかも
していると

なんか ちょっと
懐かしい感じがあって。

そうよね。
今後 大学生になったりとかね

時間に余裕ができたら
もっともっと やりたいなと

思っているんですけど。
うん。

でも あれですよね。

もう そうこうしているうちに
大学を受けるっていう

受験生になっちゃうんでしょ?
そうですね。

芸能活動を一回 休止して
勉強するっていう事も

一瞬 考えたんですけど。

ただ なんか それだと
一個一個 今 頂けるチャンスを

逃してしまうような気がして。

福君は 4人きょうだいの長男?
はい。

それで 妹や弟がいるんだけど
みんな すごく可愛い名前なのね。

そうですね。 はい。
フフフフ…。

あなたの下の長女が夢?
夢です。

夢さん。 ああー
ここに出ていますね。

これ 前回 出演させて頂いた時…。
随分大きいですね 夢ちゃんね。

一番右側が
あなたですよね。

今 高校1年生になりました 夢は。
あっ そうですか。

それから 楽しいと書いて
楽ちゃん。

楽さんは何年生ですかね?

今 小学3年生です。
小学校3年生?

それで 一番小さい
次女の女の子が

誉ちゃん。
はい。

誉れと書いて 誉ちゃん。
小学1年生になりました。

可愛いわね。 ちょっと
2019年の事なんですけど

VTR 見て頂きます。
はい。

「ごきょうだい4人で…

鈴木家一家で
演奏 お願い致しましょう」

「じゃあ どうぞ
よろしくお願いします」

「♬~(箏)」

♬~

「(拍手)」
「わあー すごーい」

一番下の妹さん
鼻に絆創膏を貼っていたの

あれは どうしたんですか?
あれ ケガしちゃったみたいで。

転んだかなんかで。
可愛いわね。

今は 全然大丈夫ですけど。

でも ああやって
おばあ様とお母様に教わって

みんなで お箏を。
そうですね。

今でも たまに…。

僕は 出演させて頂く際とか

演奏会があったりする時に

練習してっていう感じで。

下の子たちも同じような感じで
結構

ちょくちょく練習していますね。

あっ そう。
でも 4人で一緒にやる時は

なかなかないでしょ?
あまりないですね。 はい。

でも 4人でやる時は
楽しいですか?

そうですね。
みんな それぞれ なんか

頑張っている感じが出てね

いいなと思いますね 僕自身も。
そうですよね。

お父様は 和楽器の製作者で
おじい様は尺八…。

はい。 尺八です。
なさる?

祖父と あと おじも
尺八の奏者でやっています。

おじ様も尺八奏者?
そういうのをやっていると

きょうだいの成長を感じる時
ありますか?

ああー やっぱり 僕より
多分 今 妹の方が

練習量も多いですし。

あっ そう。
一生懸命 頑張って

お箏もやっていたりするので。

僕より うまかったりするので。
夢さん? うん。

あと 誉と楽も結構 お箏 好きで

やってる時あるので
ちょっとしたら

すぐ抜かされちゃうんじゃ
ないかななんて思いますね。

誉ちゃんは
小学1年生になったの?

はい。 小学1年生になって。
フフフフ…。

なんか 学校 楽しいけど

朝が眠いって言って行ってますね。
フフフフ…。 そう。

兄離れっていうのは
みんな しているようですか?

そんなにないですね。

なんか… もちろん 夢…
2番目の夢は 高校1年生なので

そんなに
ベタベタしたくはないというか…。

まあね そんな…
仲いいは 仲いいんですけど

別に
ずっと一緒にいるわけでもなく。

ただ 下の楽と誉は
なんか ギューッて

僕が… 僕から行きますね いつも。
あっ そう。

可愛くなっちゃうの?
可愛いから。 はい。

ただね 帰ってきた時に

「おかえり」って言って
ギューしてくれる時とかもあって。

あっ そうなの。
そういう時は幸せですね。

そうね。 小さい弟や妹がいると
可愛いわね。

はい。 この間も
修学旅行に行ってきたんですけど。

あなたがね。
その間 3日間ぐらい いなくて

その間に
ちょっと寂しかったみたいで。

なんか
寂しかったよっていう手紙を

誉が書いて
置いていてくれていて。

可愛いわね。
それが もう すごく可愛くて。

可愛いわね。
うれしかったです。

うれしかったでしょう。 そうなの。

でも あなた
お料理が好きなものですから

ごきょうだいに色々作って…
みんなに。

はい。 みんなに
食べてもらってっていう感じで。

どんなもの? 例えば。

これは もう ずっと前に作った
オムレツですけど。

こういうオムレツとかも
もうちょっと

レベル上がってますけど
作れるようになってますし。

あとは パスタとかもやりますし

チャーハンとか…
簡単なものですけど。

色々やってますね。

で みんな
おいしいって言うの?

はい。 おいしいって
言ってくれます。

あと これは
自家製のおはぎで。

おいしそう。
これ 僕 小豆から煮まして。

小豆からやって?
はい。 全部 自分で…。

で お米も炊いて
それを ちょっと

潰してっていう感じで。
偉い。

全部 自分で
やってみたんです。

で これができました。
どこのとこが

一番大変でした?
これ 作る時。

結構 小豆を煮てる間に

アクも取らなきゃ
いけないですし

あとは 結構 待つから

どれぐらい煮たらいいのか。
そうよね。

どれぐらい煮たら

ちょうどいい硬さに
なるのかっていうのが

難しかったですね。
そう。 時間もね

それ 自分で計らないと
いけないからね。

ただ 初めてにしては
すごく上手にできたかなと…。

あっ そうなの。 これね
見るからに おいしそうですよね。

はい。
これは なんです?

これは
小学5年生ぐらいの時ですかね。

自由研究で 世界の郷土料理…

世界の小麦粉料理かな?

…について作った
水ギョーザですね。

なんか 色々作ったんですけど。
このお皿は どこのお家のお皿?

これ 僕のお家のです。
よくありましたね こんな福って。

頂いたのかな?
福っていうのがね あったので

これに やりました。
なかなか いいですよね。

パンケーキとか なんか 色々…。
これ パンケーキ? おいしそう。

今でもね 色々 作っていますね。

今度 挑戦したいお料理って
何かあります?

挑戦したい…。
でも ずっとやってみたいのが

中華鍋を使って
チャーハンを作りたい

っていうのとか
あと 最近 挑戦したいのが

料理というか
ラテアートをやりたくて。

カフェラテを作りながら
奇麗な模様を作るっていうのを…。

ああー あれね。 表面に色んな…。
そうです そうです。

あれをやりたいなって
ずっと思っています。

時々 お店でね パンダなんて
作ってくれたりしてね

可愛いわよ。
なんかね ああいうの

できるようになりたいななんて
思ってます。

いいですよね。
妹やなんかも喜ぶしね。

そうですね。 はい。

でも 現在は
コメンテーターとしてもご活躍で。

やっぱり 政治やなんか
随分勉強しています?

はい。 やっぱり
そういうふうなね 番組に

呼んで頂けるように
なったからこそ

より勉強しなきゃなっていう
気持ちで

常にニュースとかも見ますし。
それで 環境問題とかね。

あっ そうですね。
それも そうですし

より深く知るために

携帯で調べたりとか
やっていますね。

そうですか。
結構 大変なんですけど。

そうですよね。
やっぱり 時間の中で

うまくしゃべるのが
すごく難しいなと思いながら。

ただ 自分にできるならと思って

呼んで頂く限りはと思って
やっています。

でも 小さい時から
やっていらっしゃると

割と時間の観念はあるでしょ?
あっ そうですね。

短くコメントをまとめる能力は

だんだんついてきました。
そうですよね。

でも 環境問題に

関心を持っていらっしゃる
っていうのは

いいと思いますけどね。
ありがとうございます。

SDGsとかもね
すごく興味を持って…。

なるほど。
はい。 見ていますね。

SDGsって
この頃 みんな 使うけども

皆さんに「SDGsって 何?」って
聞かれたら

どんなふうに説明します?
難しいですね。 ハハ…。

短く説明すると難しいですけど。

でも 世界中で
すごく問題になっている

重要な17個の目標を

みんなで よりよくするために
達成する目標。

世界中で目指すべき目標
っていう言い方ですかね。

それ みんなが持つという事。
…だと思います。

だそうですよ。
ハハハハ…。

その中で 実践している事
ありますか?

実践している事は…。
でも 環境的な事で言ったら

エコバッグを持つとか

ペットボトルとかも
ラベルと分別してとか

ゴミの分別とかも
もちろん そうなんですけど。

ただ なんか 一番 僕の中で
すごく重要視しているのが

より知る事が
大切かなと思っています。

でも 新成人になって

人に または両親に伝えたい事って
ありますか?

今まで こうやってね
小学1年生ぐらいから

色んな方に
見て頂けるようになってから

もう12年ぐらい経ちますけど。

それだけの間
色々な方々に出会って

本当に色々な方々に支えて頂いて。
特に両親だったり

マネジャーさんだったり
友達だったり。

本当に それだけじゃなくて
多くの人たちのおかげで

今 成り立ってると思うので

ありがとうございますというのを
伝えたいですね。

さて 今年9月に
舞台にお出になるんですけど

舞台の仕事は どうですか?
楽しい?

舞台 すごく楽しいなと
思いながら…。

なんか やっぱり 僕自身
映像のお芝居が すごく多いので

今まで。
今まではね。

今回 初めてのストレートプレーに
挑戦するんですけど。

より… なんでしょう。

お芝居の質というのが
問われるかなと思って

自分自身 ちょっと緊張しながら

成長できる場所なのかなと思って
今 頑張ろうと…。

去年 映画の
『スーパーヒーロー戦記』

っていうのを やったんですって?

そうです。 はい。
『仮面ライダー』と

『スーパー戦隊』の映画に
出演させて頂きました。

そうすると 念願の?
はい そうです。

変身シーンは あったんですか?
変身できなかったんですよ。

ただ…。
できなかったの?

石ノ森章太郎先生の役を
やらせて頂きまして。

あっ そう。
なので

原作者として出演したので
本当に びっくりでしたね。

そうですよね。 いい役ね 随分ね。
そうです。

いつかは変身できるように
頑張りたいなと思って…。

小さい頃
変身やってくださった…

さっき ちょっと見たけど。
これですね。

「ピザでGO!」って…。
そう。

仮面ライダーピザ
やっていましたね。

そうでしたね。
この夢に変化はありますか?

いや…。 仮面ライダーピザに

なりたいとは
思っていないんですけど。

仮面ライダーとして
いつか 1年間というか まあね

ドラマで放送している間
やりたいなっていうのは

僕の中の ずっと 心の…
一番高い志にある夢ですね。

そう。 なんか進化した変身って
あります?

進化した変身?
フフフフ…。

進化した変身はないですけど
ちょっと…

僕自身が進化したとして
「ピザでGO!」を…。

やってください。
お願いできます?

10年経った「ピザでGO!」を…。
フフフフ…。

じゃあ… でかくなったな。
いきます。

ピザでGO!
ああ いい格好だ。

ありがとうございます。
(拍手)

やったー。
いや これ 今でもね やっぱり

『仮面ライダー』
好きな方々だったりとか

結構 色んな人が
ピザライダーを知ってくれていて。

フフフフ…。
はい。 ちょっと テレビ

見てくださっている方の中で

喜んでくださっている方がいれば
いいなと思っていますけど。

そうですよね。
よかったと思いますよ。

随分 ああいうの
子供の時と違うもんね

大人になったらね。
そうですね。 はい。

ありがとうございます。
俳優とね 両方やれればね

本当にいいですよね。
お祈りしています。

ありがとうございます。
本当に ありがとうございました。

ありがとうございました。

『徹子の部屋』は