火曜は全力!華大さんと千鳥くん[字]【ワンピースアテレコに挑戦!大悟が怒られた?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜は全力!華大さんと千鳥くん[字]【ワンピースアテレコに挑戦!大悟が怒られた?】

映画「ONE PIECE FILM RED」のアテレコ挑戦!審査するのは田中真弓ら超豪華声優陣!半沢俳優のアンジャ児嶋の演技に一同爆笑?大悟が怒られた!?

番組内容
ケンドーコバヤシとアンジャッシュ・児嶋一哉が参戦!「6連単!ぴったり当てたら100万円」
映画「ONE PIECE FILM RED」の関係者30人が選ぶ「声優として活躍できるのは誰?」ランキングでは、メンバーが実際のキャラクターであるウソップとトニートニー・チョッパーのアテレコに挑戦!映画「ONE PIECE FILM GOLD」で声優経験のあるケンコバ、最近映画の吹き替えで声優を経験した
番組内容2
かまいたち・山内健司、そして、数々の有名作品に俳優として出演してきた児嶋など、超ハイレベルな戦いが繰り広げられる!そしてその出来栄えを、モンキー・D・ルフィ役の声優・田中真弓や、ウソップ役の山口勝平、チョッパー役の大谷育江、ウタ役の名塚佳織という超豪華声優陣が審査する!果たして一位に輝くのは一体誰だ?
街ゆく男女30人が選ぶ「親友も恋人も平気で裏切りそうなのは誰?」ランキングでは
番組内容3
「俺をつるし上げるだけのランキング」と山内が絶叫!そして、児嶋は一連の騒動についていじられる!
「名前間違いツッコミスピード」ランキングでは、ニセ取材で名前を間違えられツッコむまでの時間を計測しランキングにする。名前間違いは、「本職」と話す児嶋が上位を主張する!今回も大混乱のスタジオです!
出演者
【MC】
博多華丸・大吉(博多華丸、博多大吉)
千鳥(大悟、ノブ)
【準レギュラー】
かまいたち(山内健司、濱家隆一)
【ゲスト】
ケンドーコバヤシ
児嶋一哉(アンジャッシュ)
【ナレーション】
遠藤綾
スタッフ
【チーフプロデューサー】
前洋平
【総合演出】
高橋諒太
【演出】
渡辺将司
【プロデューサー】
近藤照代
帯川航
工藤翔平
加茂忠夫
【チーフディレクター】
田村育
小石重蔵
【ディレクター】
藤田豊平
長谷川祐貴
新谷洋介
工藤千賀
宮川剛史
久富久伸

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ケンコバ
  2. 山内
  3. 児嶋
  4. 濱家
  5. 華丸
  6. コバ
  7. 大悟
  8. スタッフ
  9. お願い
  10. 大吉
  11. 裏切
  12. ゲスト
  13. 今回
  14. 挑戦者
  15. カンカンカンカン
  16. ノブ
  17. ハイタ
  18. 自分
  19. 本日
  20. Live

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥1,483 (2022/08/09 14:14:16時点 Amazon調べ-詳細)

(ノブ)6連単
ぴったり当てたら100万円!

(拍手)

お願いしま~す。
(ケンコバ)頂きましょう。

今回のゲストは
ケンドーコバヤシさん

アンジャッシュ児嶋さんです。
お願いしま~す。

(児嶋)お願いしま~す。

(ケンコバ)…の2人。
(山内)へえ~。

そっか。

(大悟)
懐かしい話が あるわけではない。

(ナレーション)<今夜の…。>

<同期のお二人を迎えて

6連単3本立て。>

<最初のお題は?>

(拍手)

<人気アニメ「ONE PIECE」の

劇場版最新作が

いよいよ8月6日から公開。>

< という事で今回は…。>

< それを。>

「海賊王に おれはなる!!」。

<「ONE PIECE」の
豪華声優陣を含む

映画関係者30人が審査!>

< そのランキングを…>

(大吉)どうでした? 皆さん…

(ケンコバ)ちょっと…

えっ 何でです?
(ケンコバ)だって

今回「FILM RED」やけど…

マジですか!?
(児嶋)そうだ。

< その映像がこちら。>

(ケンコバ)これ
まず聴いてくれ。

(山内)ドMの強いやつ。

(大悟)「気持てぃー」?

(濱家)うま~。
(山内)うまい。

…行かされんのか。

1回 合格してたの?
(ケンコバ)1回 合格したのに。

あのオーディション
何やったんですかっていう。

最近。

…を今回。

(濱家)しかも
バズの次ぐらいの役ですよ。

ええ~!

何でなんすか。
(濱家)マイナスプロモーション。

観に行ってくださいよ。

(児嶋)
あっ それで言ったら まあ もう…

「半沢役者」!?
あれもアフレコでしょ?

「やっちゃれ やっちゃれ」も。
(児嶋)あれはCMなんだよ。

「やったれ やったれ」
これ CMだよ。

(ケンコバ)あれは 単に だから…

(児嶋)違う違う。

<今回アテレコするのは

初めて
公衆の面前でライブを開催する

歌姫ウタに…>

< その実際のシーンがこちら!>

<最初の
挑戦者は
濱家くん。>

やっべぇ!

これのアテレコ?

すっげぇな これ。 マジ!?

(スタジオからのトーク)
(濱家)[僕 「ONE PIECE」
大好きなんで]

(ケンコバ)[番組もね
「ONE PIECE」の]

本物のやつっすよね?

(スタッフ)はははは。
(児嶋)[ははは 撮るな撮るな]

(山内)[おお~ お~お~]

(スタッフ)ははははは。

まあまあ。
まあまあ まあまあ。

<続いての
挑戦者は
山内くん。>

(スタッフ)…のワンシーン。
おお~っ。

(ケンコバ)
[シャンクスの娘やもんね今回]

(スタッフ)はははは。

(山内)[見といてください]

(ケンコバ)[うまい]
(濱家)[声優さんです]

[そらそうです]
(ケンコバ)[ああ これプロか]

(山内)[うまい]

(児嶋)[そこまでか?]

自分的には…

ちゃんと…

…かなと思いますね。 うん。

<続いての
挑戦者は

華丸さん。>

うわ すごっ。 分厚っ。

(山内)
[これが テンション上がるんです]

(濱家)[はははは]

(濱家)[「ラブ・ストーリーは突然に」]
(華丸)それ以来。

何かよかったな。

<続いての
挑戦者は

大悟くん。>

ワシ…

[ウソップやってますからね]
(濱家)[あっ ほんまや]

[字が
ちょっと読めないのよね]

[下手]

(児嶋)[はははは]

「おれおれ~」。

(ケンコバ)言えてなかったね。

<続いての
挑戦者は
ケンコバさん。>

[さあ どうだ
コバさん]

(スタッフ)はははは。

[コバさん 太いもんね 声が]

(スタッフ)今回
レギュラーメンバー プラス…

あっ コジ。
(スタッフ)…も参加してます。

(児嶋)
[素人じゃない。 誰が素人だ!]

…人ですからね。

[何もしてないのに
勝手に好感度上がった男]

(山内)ああ うまい。

いや どうだ?

(児嶋)
安定感がある。

<最後の
挑戦者は

アンジャッシュ
児嶋さん>

やっぱね…

(児嶋)[また言ってる]

(濱家)[しがんで しがんで
言ってるじゃないすか]

(ケンコバ)[そうか
朝ドラ 大河も出てる]

「初めてファンの前でやる
ライブだからねえ~」。

(児嶋)[いや これね緊張した]

僕は…

ははははっ。

[抑えてたな「半沢」も]

(ケンコバ)[「半沢」の時 確かに
最初 何 考えてんのかわからん

みたいなね]
(児嶋)[そうそうそう]

<以上6人のアテレコ映像を

映画関係者が審査。>

< その順位を8人で予想します。>

< なお アテレコ映像は

番組公式Twitterで
公開しているので

是非 スマホ片手にご覧ください。>

では 個人予想を見てみましょう。
こちらです。

(ケンコバ)あれっ。
はいはい はいはい。

ケンコバさんが やっぱ
上になるんですね。

華丸さんは やっぱ。

と コバさんちゃう? Aクラスが。

(濱家)A Bは 分かれてますね。

何か…

はいはい はいはい。
ワシも…

(ケンコバ)いや 俺 でも

コジが よかったような気するなぁ。

(児嶋)うれしい。

なるほど なるほど。

児嶋さん 華丸さんは やっぱ。

と コバさんちゃう? Aクラスが。

(濱家)A Bは 分かれてますね。

(ケンコバ)自分で自分1位にしてんの

コジだけやけど。

(華丸)いや 俺 でも 大悟くん…。
大悟が 入ってますやん。

(ケンコバ)ニャロメ。
ニャロメとかやったら。

今回は ちょっと あれだったけど。
(華丸)そうそう

これに合うかではない。
才能として。

お前…。

っていう部分を ちょっと。
でも 確かに…

これ…

(ケンコバ)あっ そうか。
もう1回 ちょっと 大悟を。

1回 大悟の ちょっと見てみます?
(児嶋)ちょっと確認したい。

(ケンコバ)これ。
(児嶋)ビリだよ ほんと。

はははは。
最下位です。

ワシ いちばん何もなかったんが

濱家やと思うねん。

だから
結構みんな下に濱家をしてますね。

(ケンコバ)誰の感想も出てけぇへん。

(児嶋)って話を
ある人から聞いた事があって。

…と 芝居も。
おお~っ。

(児嶋)ってなった時に…

…感じがしたの。
(ケンコバ)なるほど。

「芝居のキー」。

児嶋さん 結構…

外してねぇわ!
ビタ~ッ!ハマるわ 俺。

外れてる。

でかすぎます。
あんなに怒るような事じゃない。

ねえ。 キー高っ。
もう1回 濱家くんの見る?

濱家の見ましょう。
はい ちょっと1回…。

(ケンコバ)[あっ わかった]

(笑い)

みんな…

(山内)…なパターンだと思います。
せやろ だから

ワシか濱家やと思うねんな。

…だと思ってんでしょ? ご自身は。

ちょっと 待って。 山内…。

(大悟・ケンコバ)自分で2位にしてる。

(濱家)2位はないよ お前。

ははははっ。

全くビビってないです。
コバさん よかったです。

とりあえず分けます? AとB。
Aブロック Bブロック。

大悟さんの笑ってんのを
どう捉えるか。

(山内)普通にいったら…。
まあ 普通にいったら最下位か。

1位を まず…。
(山内)コバさんじゃないすか?

(ケンコバ)マジっすか?
ちょっと コバさんのもう1回。

コバさんの見よう。

(濱家)ああ~ でも やっぱいい。
(山内)いい。

華丸さんも 見る?
(児嶋)あっ 華丸さん 見たい。

(ケンコバ)華丸さん… そう
華丸さん もう1回確認したい。

(山内)[はははっ]

(ケンコバ)「タツノコプロ」か。

やっぱ華丸さん
いいんじゃないっすか? これ。

(児嶋)これ
自分で言うのも あれだけど…

(山内)いや 割り込めない。
(児嶋)何か

いけそうな気がするんだけど。
いや ちょっと やっぱ その…

(華丸)初めて。
(児嶋)ええっ!?

抑え過ぎてたから 「半沢」の時も。
あっ そう?

(山内)1回 座ってみて…。

1回 座ってみて
替えていきましょうか。

コバさんと華丸さんが
むずいっすね。

(ケンコバ)どうします?

そうね。
華丸さん コバさんじゃない?

(ケンコバ)はい。
にしときます?

…じゃないですか?
ああ~。

(山内)前回…

やってるんやもんな。
そうか。

座長が…。

って言ってくれてるから。
ありゃ。 ありゃりゃりゃりゃ。

じゃ 替わる。
ええっ 替わります?

えっ 替わる? そこ。

(ケンコバ)今の これで
いけんちゃうかなと思うんやけど。

じゃあ いきますか ちょっと。
(ケンコバ)いきましょうよ。

まあ ワシは多分 このままか…。

(濱家)
まあ そうっすね確かに それは。

(ケンコバ)それちゃう?

(濱家)ちょっと
入れ替わりましょうか これは。

この中で…

って事ですよ。
(山内)でも…。

(山内)と考えると…

(山内)って思っちゃうんすけど。
もう1回 見れますよ。

(山内)もう1回 見ます?
もう1回 大悟の。

大悟の
もう1回 見してください。

(濱家)[これは いいねんな]

そうなんよ。

(華丸)そうよね。
大悟くんの…。

ちょっと 濱家…。

(笑い)

(濱家)いや 僕が 今 あがいて

あがいて 「俺4位でしょ」
とか言ってたら

見るのわかりますけど 俺…

(児嶋)確かに 確かに。
いけっ 頼む。

さあ
それでは よろしいでしょうか。

これで
確定させていただきますよ。

まずは 華丸さんが いけ。
(ケンコバ)そう。

それでは
結果を見てみましょう。

100万円獲得なるのでしょうか?

VTRどうぞ。
う~ん。

(山内)[こい]

「海賊王に おれはなる!!」。
(濱家)[わあ~!]

モンキー・D・ルフィ役の

田中真弓です。

<他にも「ドラゴンボール」の

クリリン役を演じるなど

日本を代表する声優

田中真弓さん。>

「おれ おれ~!!」。

ふふふふっ。

はい。

おおっ! 座長は それ もう
言うてくれましたもん。

つまり…

ひどくやればですよ。

っていう事なんですけど。

(ケンコバ)[いや うれしい]

あっ!
最下位 大悟。

面白かったんですけど。

っていう感じです。
[ほら やっぱ こうなんねん]

お前
やる気ねぇだろ。

(山内)いや すごい!

「スタジオにいる8人の戦士たちよ

お前らを
俺様の部下にしてやろう~!

キャプテ~ン ウソップ様だ~!」。

ええ~ 山口勝平です。

1位は…

いいぞ!
(ケンコバ)やった やった!

ウソップ やる時は…

華丸さん ちょっと こう…

印象が。

めちゃくちゃ
テクニカルなところを。

ごめんなさい。

ええ~っ!?
(濱家)抑え過ぎなんですよ。

(ケンコバ)[ほら]

ははははっ。
(ケンコバ)[何やねん 抑える演技]

「俺の名前は トニートニー・チョッパー。

世界で いちばん偉大な医者が

くれた名前だ」。

「ONE PIECE」で

トニートニー・チョッパー役を
やっています

大谷育江です。

(ケンコバ)いいんちゃいます? これ。

っていう この…

って思いました。

「私は新時代をつくる女 ウタ」。

というわけで
ウタ役の

名塚佳織です。

よろしくお願いします。

ええ~。

(ケンコバ)[華丸さん
ほら 1位ですよ これ]

後半に向かって
「おれ おれ~!!」って

盛り上がっていく
感じとか。

ごめんなさい。

え~っ ちょっと待ってよ。
(濱家)抑え過ぎなんですよ。

何でですか?

(児嶋)
[抑える芝居]

…事が
結構多いんですよ。

「半沢癖」…。

(スタッフ)声優として
活躍できるのは誰ですか?

えっと~。

(ケンコバ)[華丸さん
ぶっちぎり]

華丸さんは…

…というふうに思いました。

(濱家)わ~っ!
きたよ。

(児嶋)マジ きますよ これ。

(ケンコバ)ははっ。
あんなに出たいのに。

(濱家)
[初代プロデューサーから]

(ケンコバ)
[トップからダメを食らった]

…かな?と思うんで。

1位は…。

ありがとうございます。
これ 当たるぞ。

なので…

(ケンコバ)[山内
何にも出てきてへんな]

1位は…

1票 入った? いるのよ。
プロデューサー?

[プロデューサー
お願いします]

その点で言うと 大悟さんは
すごく努力されてたというか

そこに…

…のは すごい感じれたので。

[いい方に捉えてくれる人
いるのよ]

俺!?

(山内)[失礼な]

(山内)[何で
そこまで言うねん]

< このあと いよいよ…>

山内! 山内!

<8月16日は。>

<世間の答えをマップタツに
する事はできるのか!?>

<更に その翌週は…>

<豪華ご褒美を懸けて…。>

ああ~ 怖い! 怖いよ。

(濱家)きたぞ これ。
(山内)これ あるぞ。

< それでは いよいよ
最終結果の発表です。>

<見事 ランキングを制したのは?>

(華丸)これ 当たるんじゃない?

(濱家)
1位2位が固まってるんすよ。

華丸さんで合ってるやろ。
(山内)これ あるぞ。

(ケンコバ)華丸さん
ぶっちぎりや これ。

(ケンコバ)はい。

(濱家)あるぞ これ。
(ケンコバ)濱家!?

(児嶋)よし!

(ケンコバ)はい。

(ケンコバ)やばい。
やばいな。

ハマが1個 入った。
(ケンコバ)やばい。

(ケンコバ)ああ ちょっと
いき過ぎる いき過ぎる。

(山内)でも いい!
(濱家)華丸さん。

山内!

山内 1個いるぞ。

山内!

(山内)山内 1個でいいよ!
(濱家)山内 来い!

(山内)山内! 山内!

山…。
コバさんか?

(山内)俺 ディズニーしてんねんぞ!

< という事で 結果は?>

ディズニーに迷惑のかかる結果。

(山内)ああ~。 う~わっ。

ああ~っ!

< ご覧の順位になりました。>

(ケンコバ)数 一緒やったんや。
という事で…

うわっ
意外に むずいな これ。

コバヤシくんと華丸さん
同票で。
もう同票だったんですね。

(ケンコバ)ほんで2位の数…。
すごいなぁ。

(ケンコバ)コジ ほんまの…

(児嶋)ははははっ。

ほんまに
2人に集まってたんだ。

続いての6連単は…

嫌だ嫌だ。
(児嶋)何だ このランキング。

<20代 30代の
男女15人ずつ 計30人に

この6人の中で

いちばん平気で 大事な人を
裏切りそうなのは誰か 調査。>

< そのランキングを…>

こっちがいいって事やね。
(濱家)そっちがいいという事です。

さあ では個人予想
見てみましょう こちらです。

はい すごいっすね。

こういう事になりますよね。

(山内)こんなもんな…。

(笑い)

どういうつもりで
このアンケート取っとんねん!

この並びでな
このアンケート取って

俺以外が
どないして1位になんねん!

吊るし上げたろ
思とるやないか! スタッフが。

自分でも1位です。
(濱家)ほんまに。

あと…

ノブも上がっとるな。
こういうランキングって

絶対 裏がある人を上げるんすよ。
(ケンコバ)そうか。

大吉先生が わからへんな 確かに。

僕は 多分「あいつ裏切るよ
あんな顔して」。

いやいや いやいや。
(山内)いや~

誠実なイメージだと思いますよ。
誠実ですよ。

コバヤシくんと大悟くんが もう。

いや
僕は あれがあるじゃないすか。

(児嶋)いやいや…

(児嶋)好感度は高いから。

…がありますから。

大悟は そこも…。

(山内)ああ~ なるほどな。

そうそう。
俺 だから2位にしたの。

増やすな。 自分で増やすな。

(笑い)

児嶋さんが ようわからんな。
(ケンコバ)いや わからん。

俺は だから…

結構 あんな事
なるんちゃうかなと思ったんです。

ええ~っ!? あっそう?

僕は
ああいう事になった あとの…

(ケンコバ)「白黒」。

(ケンコバ)
「白黒」の怒り ラジオの涙。

はい。 ああいうので誠実に

相方を思って。

卑怯じゃない。 卑怯ではない。

卑怯と取るやつも
でも いますからね そら。

卑怯!? あれが 卑怯!?

相方が 家で おとなしく おる時に
やっぱ こうやってたら。

(児嶋)やってないです。
(ケンコバ)「やっちゃえ」
言ってたから。

(児嶋)
「やっちゃえ」じゃない。
「やったれ やったれ」。

あれは CM。

コバヤシくんと僕 向こう行こう。
(ケンコバ)わかりました。

うわぁ 難しいな。

大悟 児嶋さん…。
大悟 児嶋さん。

3位 4位。
ノブ 大悟 児嶋問題。

これを Aブロックか
どっちかを聞けば

出てくる。
聞きましょう。

< この問題では
ヒントを1回 使用可能。>

<1位~3位をAクラス
4位~6位をBクラスとし

どちらかを選択すると

そのクラスに入っている
メンバーを

ランダムに1人だけ発表します。>

A 聞いときますか。
ああ でも…。

(山内)Aでしょう。

そうそう そうそう。 そやろ?
映画とかドラマで 最後に

「お前 犯人やったんか」系ね。
(濱家)…的な感じは。

「真犯人は大吉先生」が

いちばんおもろいもんな。
(ケンコバ)富澤パターンね 富澤パターン。

A 聞いて
僕が映ったら行けばいいのね。

(山内)
大悟さんだと思うんですけどね。

(濱家)まあ 何か…

…が入りそう。
何かね。

A 聞きますか。
(華丸)A 聞いて。

(濱家)さあ それでは発表します。

♬~

俺が映ったら
どういう事になるんや。

あっ。

(笑い)

(濱家)かわいそう。
裏切る。

ええっ!?
(ケンコバ)全然予想してなかったんや。

(児嶋)びっくりした。
完全に油断してた。

じゃあ ワシが でいいんか?

(山内)誰が落ちます?

ノブくんって
そんな裏切るイメージ?

いやいや
「裏切ると思います」って何や。

何 何 何?
何で… 何で俺が裏切った?

結婚式 僕 する時に…

はいはい。

(山内)ノブさんから…

って言われました。

それ 裏切りなんかな。

そうそう。

(笑い)

(児嶋)「ウッチャンは太い事件」。

妻… 裏切ったわけじゃない。
(ケンコバ)妻 オンリー。

(華丸)まあ でも浮気っていうのは
恋人もっていう… 含めだから

やっぱり…

そうか。

「お姉ちゃんに
15人 聞いとるんじゃろ!

じゃ ワシがここじゃろ」って…

セルシオ
回さしてますやん。

これでいく?
いきますか。

コバさんな~。
大吉さん コバさんね。

(山内)
大吉さんな気するんですけどね。

(ケンコバ)俺も そんな気がする。

っていう
その変な 一点だけ。

裏 あるんですか?

真犯人
やった。

し し… 真犯人やった。

あるよ~。

絶対 ここ チェンジと思う。
(児嶋)そうだよね。

コバヤシさんは
女の子が何票か入れるかな。

(ケンコバ)いいんじゃないすか。
いいんじゃないすか。

大悟は1位はないやろう。
山内は テッパンやろうね。

(山内)ちょっと待って。 俺…。

今 当たり前のように座ってたけど。

(濱家)何にもしてないもんね。

いやいや そら…。
何にもしてないのに。

(山内)ないでしょ! 何か
当たり前のように座ってるけど。

この人
2回もしてるんですよ。

確かに
山内 裏切りエピソードないか。

あれ!?って 今 思いましたよ。

でも イメージやから。

さあ それでは
結果を見てみましょう。

ちなみに…

(濱家)果たして100万円獲得
なるのでしょうか。

VTR どうぞ。

(スタッフ)親友も恋人も…

私は…

女子ね。
(ケンコバ)女子が真っ先に。

イメージが すごい強いので。

[でも 奥さん
大事にするからね]

僕は…

うわっ ほら。 ねっ。

[そうなのよ]

(山内)[マジで これ やばいな]

(スタッフ)親友も恋人も…

僕も…

何でなん?

例えば…

そんな場面…。

おい~。

って言ってるのに…

って言いながら

そ~っと何か…

(スタッフ)親友も恋人も…

(山内)[呼び捨て]

(ケンコバ)おっ きた。

[こういうのね]
(ケンコバ)[こういうの]

(山内)[いいですね 今のとこ]

え~っと…

(児嶋)[えっ?]

してない してない してない。

< それでは
最終結果の発表です。>

早っ!
<親友も恋人も

平気で裏切りそうなのは誰?
ランキングを制したのは。>

いいんじゃないすか。

大悟 走るなよ。

山内 走れ。
(山内)はいはい。

ノブ もう1個走れ。

はい。 コバさんは
そこで ステイですよ。

はい! ノブが走ってる。

(山内)大悟さん
もうちょっと こないと。

(ケンコバ)山内 いけるね。
いけるいける。

山内が走ってる。 いいぞ。
(山内)ちょっと多いな。

あれっ いいんじゃない?
あれっ このまま?

いいぞ!
(ケンコバ)1位2位 いいよ。

(山内)山内 多いな。 ある!

児嶋さんが もっと 来んと…。
児嶋さんも いいんよな?

(児嶋)俺 でも ここだもんね。
(ケンコバ)俺が あと1個。

コバヤシくんが
あと1個出れば。

コバさん あと1個。
(山内)当たってんちゃう? これ。

コバさん あと1個。

(山内)コバさん。
コバさん あと1個。

(山内)コバさん!
(児嶋)ケンコバ!

えっ? あっ きたんちゃう?

でもいいんじゃない?

< という事で 結果は?>

最後が大吉さんなら
当たってます。

(ケンコバ)どういう事?
どうなるの?

(児嶋)やった~!
当たってる!

(ケンコバ)これ いいの?
どうなるん?

<大吉さんとケンコバさんが
ともに1票。>

はい。
スーパーリーチ。

< というわけで…。>

<決選投票を行います。>

<最終結果は?>

(ケンコバ)どういう事?
どうなるの?

(児嶋)やった~!
当たってる!

(ケンコバ)これ いいの?
どうなるん?

<大吉さんとケンコバさんが
ともに1票。>

はい。
スーパーリーチ。

< というわけで…。>

<決選投票を行います。>

<先ほどの30人に

2番目に裏切りそうな人を
選んでいただき

その票数を集計。>

<票数が多い方が
上位となります。>

いや それはないぞ。

<大吉さんと
ケンコバさんを…>

< それでは決選投票スタート。>

(山内)コバさん。
(児嶋)ケンコバがくればいいのね。

(山内)よし。
ケンコバさん きた!

ケンコバさん。
よっしゃ!

大吉さんかな。
(ケンコバ)うそやん。

ケンコバさん。
(山内)よし。

大吉さん。

ケンコバさん。
(児嶋)
もう1票。

ケンコバさん。

(ケンコバ)きた!

2位はケンコバさん。

(山内)やった~! 決まった!

ケンコバさん。

(山内・児嶋)やった~!
(ケンコバ)決まった?

< という事で…。>

久々に?

(一同)やった~!

(山内)久しぶり~!

(濱家)というわけで
6連単 見事的中

100万円獲得で~す!
(一同)やった~!

いや~ 久しぶり。

(山内)すっげぇ!

いや 気持ちいい これ。
最後 替えたんが
でかかったんだ。

そういう事ですね。
(山内)よかった。

女性票が入るから俺には。
そうですね。

(濱家)さあ という事で
1位の山内さん。

(山内)はい!
うれしんで?

(山内)はいはいはい はい。
何もしてないのに。

これ系の問題の時は
俺に任せとけ!

ぶっちぎりや。
(濱家)頼もしいな。

続いての6連単は…

今回は…

< そのPR番組が沖縄テレビで
放送されるという設定で…。>

<事前にメンバーを呼び出し…>

<アナウンサーが
名前を間違えてから

ツッコむまでの時間が
速い順を予想します。>

今回…

…を用意してますので
ご覧ください。

(スタッフ)本番5秒前 4 3 2…。

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

関西テレビの人気番組
「華大さんと千鳥くん」が

沖縄ロケSPを
行うという事で

「OTV Live News イット!」にも

この方が
遊びに来てくださいました。

どうも~。
本日のゲストは

かまいたちの…

あっ すみません
間違えました。

全然大丈夫です。
失礼しました。

「はい! OKです」?

あっ そうか リアルに

リアルに間違えたと思ってるん?

本日のゲストは
かまいたちの…

<名前を間違われてから。>

<ツッコみ終わるまでの時間。>

< その短かった順番を
予想してください。>

「何とかじゃねぇよ
何とかなんだから

間違えないでくださいよ」
って言うたら そこまでと。

(山内)そこまでになるんすよね。

だから…

僕なんか もう はい。

(山内)「とっても訂正した」。

ただ僕は もう…。
職業やからね。

そうですよね。
(ケンコバ)名前訂正は。

(児嶋)さすがに。
(山内)さすがに。

コバさんは。
ボケてる可能性もあるよな。

何か わかんないけど。
(濱家)確かに。

ツッコんでない。

って言われたとしたら絶対に…

って普通にやってると思うねん。
そうやねん。

はははっ。 まあ あの~
今回は抜きにして

ほんと…

じゃあ 6位じゃないですか。
これ コバさん 6位な気が。

(ケンコバ)多分 俺も。
(濱家)6位っすね。

(ケンコバ)こういう時
大吉さん どうしはるんですか?

(一同)ああ~。
(山内)ちょっと待ってください。

これ コバさん寄りだ。

俺は…

だから もう…

そのまま もう。
(ケンコバ)速いやん ほんなら。

2文字やからな
もともとの名前が。

ああ~ 可能性はあるな。
(華丸)濱家は?

僕は…

あら。

(華丸)じゃあ これ
Aクラス Bクラスだな。

でも そんな
めっちゃスルーしたかなっていう。

でも僕も そんな長い事
ノってないよ。

でも僕 ノってないんすよ。
(山内)そこやな。

(笑い)

今ちょっと わかりにくかった。

かまいたち 確かに
こういう漫才やるからな。

ど どういう意味?
どういう意味?

(山内)いや だから…

(濱家)何を…。

(児嶋)かまいたちで
何をしゃべってんの。

大吉さんは でも…

そう。

だからもう ほんまに
そこで 4位5位ちゃう?

(山内)4位5位ですね。
と 2位3位?

いや 俺はね…

(濱家)ええっ?
(華丸)なるほど。

ゆっくり おっきい声で
こう いくじゃないですか。

(児嶋)いかねぇよ これ。
「児嶋だよ」とか
やった事ねぇよ。

俺のイメージ
これしかねぇのか お前は。

ちょっと1回…

もろうていいですか?

児嶋だよ!

実験ですから。

児嶋だよ!!

いや それは別に。
シンプルに。

ただ 「児嶋だよ!」が
聞きたいだけなんで。

「こじまだよ」。
(ケンコバ)ああ~ ノブやわ。

いってみましょうか。
この情報 聞いたら。

じゃあ これで決定で。
はい 200万獲ろう 初めての。

(山内)それでは
結果を見てみましょう。 どうぞ。

< このあと
大吉さん渾身のノリツッコミ 炸裂!>

いい~。
お見事。

<8月16日は。>

この先 誰一人として

自分の話を聞いてもらえない。

もう
この先 ずっと雨。

それが…。

<更に その翌週は…>

<豪華ご褒美を
懸けて

沖縄の海で さまざまなチャレンジ!>

(一同)ああ~。

<最初の挑戦者は…。>
[あっ 濱家くん]

< かまいたち濱家くん。>

(ケンコバ)[気合い 入ってんなぁ]

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

関西テレビの人気番組
「華大さんと千鳥くん」が…。

(華丸)[ここ撮られてる]

(濱家)
[ここ撮られてるの嫌やな]

(後間)
「OTV Live News イット!」にも

この方が遊びに
来てくださいました。
どうぞ。

(濱家)お願いします。
(後間)お願いします。

本日の
ゲストは…

お願いしま~す。

[あっ 遅い]

(後間)沖縄で
やりたい事は ありますか?

(後間)かま家さん。

≪カンカンカンカン!
(終了の合図)

いいとこやね~。
(山内)いいんじゃない?

(スタッフ)ふふふふ。

嫌なドッキリしてるわ~。

何か ちょっと違うなって
一瞬 思ったんですけど…。

…みたいな。
(スタッフ)はははは!

ははははっ。

<続いての
挑戦者は
大吉さん。>

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

「OTV Live News イット!」にも

この方が遊びに
来てくださいました。
どうぞ。

ハイタ~イ!
博多大吉です。

本日の
ゲストは…

おお~。

≪カンカンカンカン!

いい~。 合ってる。

いい いい いい いい。

<続いての
挑戦者は
華丸さん。>

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

「OTV Live News イット!」にも

この方が遊びに
来てくださいました。
どうぞ。

(華丸)
どうも こんにちは。

本日の
ゲストは…

「二重丸」。

≪カンカンカンカン!
(山内)[速い]

そうなのよ。
いちばん速いかも。

<続いての
挑戦者は

アンジャッシュ
児嶋さん。>

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

「OTV Live News イット!」の特集

沖縄のいいところ
100個教えて!に

この方が遊びに
来てくださいました。
どうぞ。

(児嶋)お願いします。
(後間)お願いします。

本日の
ゲストは…

≪カンカンカンカン!
(山内)[うわ~]

いや~ どうだ?
どう?

(華丸)どう? これ。

<残るは…>

<連続正解で…>

(ルフィ)だって こいつ
シャンクスの娘だもん。

<ルフィ シャンクス
その娘 歌姫ウタの 3人の物語。>

<是非 劇場で お見逃しなく。>

≪カンカンカンカン!
(スタッフ)はい! OKです。

<名前間違い
ツッコミスピードランキング。>

「二重丸」。

≪カンカンカンカン!
(山内)[速い]

≪カンカンカンカン!
(山内)[うわ~]

<残るは…>

< まずは
ケンコバさん
から。>

[何してるんだろう]

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

「OTV Live News イット!」の特集
沖縄のいいところ…。

[ここ 見られたくない]
[ゲストが あんな隅]

(濱家)[だいぶ
隅っこにおるなぁ]

(ケンコバ)
[だいぶ隅っこやで]

(後間)お願いします。
本日のゲストは…

どうも。

(後間)お願いします ジュードーさん。

早速ですが

沖縄のいいところを
教えてください。

逆に聞かせてくださいよ
沖縄の悪いところを。

(ケンコバ)という事は…

(児嶋)
ジュードーで広げちゃってるよ。

エイサーの思い出はね…。

…やったんで その時は。

[いいぞ。
もう いってるか 濱家より]

発祥の地
じゃないですか 空手道の。

≪カンカンカンカン!

いいです いいです。
もう いけるよ。

<ラストは
1位予想の
ノブくん。>

ハイタ~イ! 後間秋穂です。

「OTV Live News イット!」にも

この方が
来てくださいました。
どうぞ。

お願いします~。
どうも どうも~。

本日の
ゲストは…

≪カンカンカンカン!

まあな
カウンターやな。

結構
パンッ!パンッ!で
いきましたよね。

…ぐらい
出てたような

気はしますけどね。

さあ どうだ?
< という事で 結果は?>

いや ここ 間違いないやろ。

(山内)どうだろう。 きて!

あるよ。 まだ 全然あるよ。

(濱家)よしよし よしよし。

ある!

うわっ ええ~!

(児嶋)うわ…。

(山内)うわっ そうなんだ。

< ご覧の順位になりました。>

(山内)という事で…

(児嶋)

(華丸)今 思えばね。
今 思えば。

(山内)コバさん…

ドンピシャ!
でも…。

(濱家)ジュードーギャグ
してましたね~。

<8月16日は。>

この先 誰一人として

自分の話を
聞いてもらえない。

もう
この先 ずっと雨。

それが…。

<更に…>

前歯 残り6。

<世間の答えをマップタツに
する事はできるのか!?>