有吉クイズ 【タカトシ緊張プレッシャーQ】[字]…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

有吉クイズ 【タカトシ緊張プレッシャーQ】[字]

有吉弘行も解答者&謎の私生活密着で禁断クイズも!

◇番組内容
解答者がプライベートを切り売りしたり、体を張ってクイズを出題

【クイズラインナップ】
誰がやる?オッズチャレンジ!
タカトシも大奮闘!時間制限ドミノ・幼児用パズル…クリアなるか!?
◇出演者
有吉弘行

タカアンドトシ
森田哲矢(さらば青春の光)
みちょぱ

野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組Twitter
 https://twitter.com/ariyoshiquiz

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/ariyoshiquiz/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. タカ
  2. トシ
  3. 森田
  4. 大丈夫
  5. 全然
  6. 一同
  7. ホント
  8. 余裕
  9. オッズ
  10. 頑張
  11. 時間
  12. お前
  13. ダメ
  14. チャレンジ
  15. 橋本
  16. 一回
  17. 欧米
  18. 失敗
  19. 絶対
  20. 全部

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ハゴロモ
¥1,349 (2022/08/18 14:27:06時点 Amazon調べ-詳細)

なんで お前に
教え請わなアカンねん ボケ!

〈2人が なぜ不仲になったのかは
TELASAでチェックしてね〉

『有吉クイズ』!

(拍手)

今回も こちらの皆さんで
お送り致します。

よろしくお願いします。

さあ それでは
本日最初のクイズは こちらです。

誰がやる?オッズチャレンジ!

(有吉)あらっ 久々。

〈これから
皆さんには いくつか出題〉

〈それぞれにオッズが設定され

解答者と 賭けるポイントを
決めて頂きます〉

〈初めの持ち点は
チームで5000点〉

〈最終的に獲得したポイントを
1点1円で山分けとなります〉

問題は こちらです。

何? それ…。

15ピース?
オッズは こちらです。

有吉さん 3

みちょぱさん 7!
7…。

タカさん 6 トシさん 4

森田さん 5
というふうになっています。

タカちゃん なめられたな…。

(トシ)確かに。 タカさん…
だいぶ なめられてますね。

ですね。
(みちょぱ)6ですよ。

いや 俺 子どもと
パズルやりますからね。

めちゃくちゃ
うちの子 早いんですよ。

もう 1回見たら 全部 バシャーッて
ぐちゃぐちゃにしても

全部 パパパパッて…。
すごいのよ。

ちなみに やって頂くのは
対象年齢3歳からの…。

なんだ~!
(タカ)じゃあ 大丈夫だ。

でも みちょぱ 7…。
みちょぱも 7!

なめられてますね かなり。

いけるだろう。
3歳からオッケーなのに

いけないと思われてるんだよ
みちょぱは。

みちょぱはね 緊張しちゃうのよ
意外と。

(みちょぱ)違うんですよ。
失敗したら…。

そうなの?
ホントに怖くて それが。

あの罵声 見てたら やりたいとも
なんとも思わないですよ。

あれ 橋本…。
(森田)橋本さんの。

橋本を罵倒してたら
ネットニュースになってた…。

(タカ)その記事は見ましたよ。

橋本が 唇が震えてる。

(トシ)ああ ああ。
(タカ)それ 見た 見た。

〈原稿を噛まずに
30秒以内に

読む事に
チャレンジした

銀シャリ 橋本さん
でしたが…〉

なんだよ バカ!

何やってんの?
なんちゅう顔してんの?

(長田)唇 どうしたんですか!

(せいや)あれ?
(長田)やばい やばい やばい!

いい加減にしてほしいよ
橋本には ホントに…。

許せないよ 橋本は。
(森田)まだ言うてるやん。

もういいでしょ。
(森田)おらん所で言うてるやん。

でも これ タカちゃん
かなりお得だと思うよ。

確かに。 ラッキーだ ラッキー。

めちゃくちゃ自信ありますよ。
40秒でしょ?

40秒はできるよ。
40秒って 結構長いよな。

タカちゃん 自信あるんだったら
タカちゃんでいきたいけど。

子どもがいると… よく
旅館にある積み木みたいなので

この形にしろ
みたいなやつじゃないですよね。

あんなの 3歳
できるわけねえじゃねえか。

3歳ができるんだから。

多分 『アンパンマン』とか そういう…。
(タカ)3歳ができるって

危険じゃないって事でしょ?

素材が危険じゃない

口の中に入れても大丈夫
みたいな…。

難しさもだよ。
作れるよっていう事だから。

ばりグズグズ言いますやん。

いや みちょぱのが
うつっちゃった。

タカちゃんで もう ホントは
5000賭けたいぐらいだけどね。

もう 全部ね。
(森田)そうですね。

でも 1000でしょ 最初は。

(みちょぱ)
とりあえず様子見ですね。

〈高倍率 6倍のタカさんが
1000点でチャレンジ〉

ちょっと待って。
俺 やった事あるかな?

(みちょぱ)大丈夫 大丈夫!
(トシ)お前 得意っつってた…。

タカちゃん。
(トシ)失敗する顔になってるって。

急に…。
頼むよ。

(みちょぱ)大丈夫 大丈夫。
(タカ)ちょっと待って…。

手前が台です。

で ちょっと こんもりしてるのが
パズルのピースです。

(タカ)ここ?
で こっちから こう取るの?

はい。 で 1枚ずつ…。
そりゃそうだろ。 そりゃそうだろ。

(タカ)俺 こっちのタイプ
苦手なんだよ。

こう 手前から こうやって…。

大丈夫 大丈夫。 15ピースだから。

はい わかりました。
では タカさんの挑戦です。

スタート。
いけ!

(みちょぱ)大丈夫!
余裕 余裕!

(みちょぱ)でかい!
(トシ)いける いける。

ガイドラインがあるから
いける いける。

(森田)うわうわうわ…。
(トシ)落ち着いて。

残り30秒。
(みちょぱ)トーマスだ トーマス。

ゆっくり ゆっくり…。
(トシ)角から 角からね まず。

(みちょぱ)
いける いける いける!

(森田)いける? 何秒?
残り20秒。

(森田)いける いける!
(みちょぱ)全然余裕 全然余裕。

頑張れ!
15秒前。

(タカ)ちょっと待って もう10秒?
(みちょぱ)頑張れ!

10 9 8 7 6…。

5秒前。
(トシ)いける! いける!

4 3…。
(森田)なんで 角 決まらんの?

終了!
(タカ)いやーっ!

何やってんだよ…。
残念! 失敗です。

(一同 笑い)
何してんの。

1000点 没収です。

(トシ)まず 枠の
真っすぐのとこから やるだろ。

(タカ)いや もう…
みんな 同じ顔してんだもん。

(一同 笑い)
(タカ)みんな 同じ顔してんだもん。

顔は見分けなくてもさ
角を まず 探すの。

形でって 難しいよ お前。

(トシ)いや 角を まず 探すだろ。
(タカ)角 いったじゃん だから。

(トシ)いや 角 決まってなかったよ
1個 全然。

角 決まってなかったね。
(みちょぱ)左下ね。

(タカ)絶対 やってないから
言えるんだよ。

(トシ)いやいや いけた いけたよ。
しょうがないよね。

もう… 責めたくもないよ
かわいそうで。

(一同 笑い)
いや ちょっと…。

ここは 増やすチャンス
でしたけれどもね。

大チャンスでしたよ。
(タカ)いや 難しいよ これ。

お前 もう 黙って座ってろ!

(一同 笑い)
(森田)唇 震わせて。

(みちょぱ)出た。
(一同 笑い)

続いての問題は こちらです。

サッカー?
(トシ)これは ちょっと きついな。

はい オッズは こちらです。

有吉さん 9 みちょぱさん 10

タカさん 3 トシさん 8

森田さん 4となっています。

タカの3なんて ウソだよ。

いや… 有吉さん。
10は さすがにできるだろ。

サッカーは 僕 やってましたから。
(みちょぱ)マジ?

最高は リフティング
もう ホントに

300回ぐらい 最高記録は。

(みちょぱ)ホントに?
ホント?

また震えて終わりだろ。
(一同 笑い)

いや そのボールにもよりますよ。
どんなボール 用意されてるのか。

いや サッカーボールでしょ?
サッカーボールです はい。

オーソドックスな…。
(タカ)ホントですか?

(一同 笑い)

トラウマに
なっちゃってんじゃねえかよ…。

でも 森田も ほら…。

僕も
サッカー部ではありますけど

中学だけなんで…。

そうか。
そんなに…。

リフティング
最高 何回できるの?

まあ その時は
多分 100回ぐらいは…。

(トシ)できるだろ。
(森田)腿 ありですか?

(トシ)もちろんでしょ?

えっ それ どういうスタイルから
始めるんですか?

腿から始めていいんですか?
(森田)そうですね。

タカさんなら
いけるんじゃないですかね。

腿からなら。
お前 ダメなの?

いけないんですか?
お前も いけるだろ?

タカちゃん 3だからね。
そうそう…。

3だからさ どんなに
全部やったってさ 低いだろ。

わかりました。
じゃあ まあ いきますわ。

(トシ)よっしゃ!
いける?

どれぐらいの確率でいける?
何パーセント?

う~ん… 普通は70パー。

何があるか
わかんないじゃないですか 腿も。

70パーなら 2000とかいきたいよ
ホントは。 4倍だし。

(トシ)確かにね。
じゃあ いきますか?

ちょっと待ってくださいね。
見せて ちょっと。

大丈夫か?
重いな なんか。

なんか ジーンズが…。
ちょっとゴワゴワしてるんだ。

2000いってもいい?
(トシ)いっていい?

いきますか。 まあ 多分
いけると思うんですよ。

頼むよ。
じゃあ 2000いくよ。

よしっ!
とにかく 落ちそうになったら

高く上げろよ。

タカちゃん やったら? じゃあ。
(森田)うるせえな…。

〈元サッカー部の
森田さんが

2000点を賭けて
チャレンジ〉

(トシ)大丈夫か? ベルトが
べろーんってなってるけど

お前 そんな…。
なんでベルトちゃんとやんないんだ

お前は。
(みちょぱ)ギュッてして!

(森田)何を?
ベルト ギュッとできないのかよ。

まだミスってもないのに
こんな言われるんですか?

(一同 笑い)
(森田)ねえ。

みんな欲しいのよ ポイントが。
2000円いってるからさ。

(みちょぱ)お願い。
頼む!

(みちょぱ)頑張って!
(トシ)自分のタイミングで。

さあ ここで
流れを変える事ができるのか?

森田さんで2000点ベットです。
どうぞ!

(息を吐く音)

いけ。
すげえ…。

待て待て。
1回やめろ 1回やめろ。

(タカ)ダメだろ 絶対!
ミスりそうだもん。

アハハハ…。
(トシ)なんで…。

(森田)腿上がらないんですよ。
(タカ)今上げろ! 今上げろ!

上げて 上げて。
(タカ)固まってんだよ。

そうだよ。
体 常に動かしとけって。

そうそう リラックスして。
そうそうそう。

(タカ)固まってたら無理だから。
(トシ)イメージを

ちゃんと よくして。
いけ。 絶対いける。

アハハハ…。

(息を吐く音)

いけ!
(みちょぱ)頑張れ! 大丈夫!

(みちょぱ)頑張れ! あっ!

残念。 7回。 失敗です。

なんだよ お前。
2000点 没収です。

雑魚だな。
(タカ)うわ~…。

雑魚…。

最初からダメだったもん。

(タカ)最初から もう
上に上がってなかった ボールが。

ひざが上がってなかった。

いや 練習より腿が重すぎて…。

いやあ
俺いっときゃよかったな…。

もう一回
やらせてもらえないですか?

もう一回だけ…
500でやってみる?

500円で。
タカちゃん。

いや 俺 もう 今の見たら

(タカ)あんな簡単だったか
そういえばって思い出したわ。

サッカー部の動きじゃ
なかったもん。

(森田)いや ちょっと 腿に…。
ひどいわ。

タカさん 腿に固執するの
やめた方がいいっすよ。

いやいや 腿でいいよ 全然。

(トシ)いける! いける!

〈先ほどのパズルでの失敗を
取り戻せるか?〉

終了!
いやーっ!

〈3倍のタカさんが
500点でチャレンジ〉

(トシ)そうか
これで1500点になるのか。

大丈夫 大丈夫。
10回なんか余裕。

サッとやろう タカちゃん。
サッと。

そうそう もういきましょう。
いきなりバッと始めて…

緊張する前にやっちゃおう。
体が覚えてるから。

(トシ)自分のペースでいこう。
いこう いこう。 すぐいっちゃえ。

(みちょぱ)頑張れ! 500だから。

それでは タカさんの挑戦です。
(トシ)やっちゃおう。

(トシ)はい オーケー!
(みちょぱ)すごーい!

(トシ)よいしょ よいしょ。
おい おい おい。

よいしょ よいしょ。

お見事 成功です!

すげえ!
(みちょぱ)ナイス!

(トシ)そうかあ。
お見事 成功です。

タカちゃんだった ほら。
1500点 獲得です!

イチバーン!

お前発信でやれよ。
いや 興奮した。

お前発信で…!
興奮した。

よかった。 全部 腿でね。

さあ タカさん 見事
ご自分で挽回されましたね。

ありがとうございます。

嬉しい…! めっちゃ喜んでる。

続いての問題は こちらです。

オッズは こちらです。

(森田)なんで 俺
そんなんなん…?

有吉さん 6 みちょぱさん 4

タカさん 7 トシさん 4

森田さん 3となっています。

これ ルールなんですけれども
まずは 60秒以内に50個並べます。

で そのあと ドミノを倒して

全部倒れれば成功
という事になります。

そうか
開きすぎててもダメなんだ。

おじさんは だから
手がね べとついてるんだよね

おじさんってね。
そうなんです 離れないんですよ。

だから 離れないのよ。

そういう意味では 女性の方が
サラッとはしてるから。

爪が長いのは どうですかね?
(みちょぱ)ネイルがあるとね

それが 邪魔しちゃうんじゃ
ないかなっていう。

1個だけ 触らせてもらうって事
できないかね?

どんなもんかね。
1個だけ。

ピースを じゃあ 1つ。
(トシ)どんな大きさなのか。

ちょっと その
手にべとつきがあるかどうかを。

(みちょぱ)
あっ でかい 思ったより。

ああ…
ちょっと やっぱ べたつくわ。

(みちょぱ)ウソだ。

いけそうじゃん。
(タカ)全然 持ててるじゃん。

いや これ でも
こうやって こうやって…。

速っ!
(森田)速っ!

(タカ)確かに 今のテンポだったら
絶対 間に合う。

やった事あるの?
(みちょぱ)ありますよ。

(タカ)あるんでしょ?
あるじゃん!

あるけど ゆっくり 慎重に
やるもんじゃないですか。

普通はね。
普通は。

タカちゃんに渡して。

タカさん
だってね 7ですよ オッズ。

いや 俺 でもね
やった事ないんだよ。

何? これ。 初めて触った。

あっ 無理だ。
べたべた べったべた。

(みちょぱ)ウソばっかじゃん。

ホントに。 離れが悪い。
(みちょぱ)そんな事ない。

あっ うまそう。
(みちょぱ)うん。

(タカ)うまそうじゃん。

(みちょぱ)すごい!
見ないでできてる。

(タカ)いけるよ。
(トシ)これが50個?

いけるよ。
(森田)いや いけそうやな。

いけるかな?
(森田)いけるんじゃないですか。

いける いける。 あっ 速っ!

速いよ。

(トシ)1個を
ただトントントンってやって

そりゃあ 速いよ。
そりゃあ みんな速いよ。

これは こうやってるだけだから。

トシちゃんでいきます。
(トシ)俺 いいですか?

(森田)いや 絶対…。
(タカ)4だもん。

さあ トシさんで

現在 3000点まで
きていますけれども。

2000いかせてください。
2000いきます?

2000?
(タカ)2000よ。

なんで そんなに
俺に賭けてるんですか?

4倍だから。
(トシ)4倍で2000… 8000?

うん。
しかも

ちゃんと目盛りがあるから
そこに置いていくだけだから。

だから 機械的な動きが
できるかどうかだよ。

欧米か! 欧米か!

(一同)欧米か! 欧米か!
欧米か! 欧米か!

(一同 笑い)
(トシ)ちゃんと間がある…。

〈オッズ4倍の
トシさんが

50個のドミノ並べに
チャレンジ〉

あっ あそこに?
ちゃんと… そうか。

そうなんです。
ラインがありますので。

(トシ)ラインが?
はい。

これ 立ってもいいし
座ってもいいし。

でも 上 白でいきたいんだよな。
決めてるからね ちゃんと。

(みちょぱ)絶対脱いだ方がいい…。
ファッションも大事だから。

悪くないか 大丈夫か。

いいよ 素敵よ。
スタイルがいいから。

えっ? 立ってじゃないんですか?

こっちの方がやりやすい…
いや…。

立っての方がやりやすい…。
(タカ)だってさ 後半 どう?

オレンジのところら辺まで
手 届く?

どうやって移動すんの? お前。
考えてる? 移動の時。

なんか
ちゃんと持っておいて 握って

こうやって置いていった方が
速いと思うんだけどな

こうやって 一気に…。

ああ
キャスター付きのイスの方が…。

移動できた方がいいよな。

1分…。

(タカ)ここは
どうしてもいってほしい。

いやあ…。

速いね いけると思うよ。
めっちゃ速いよ。

いや こんなリズムでいけないよ。

(タカ)なんで やったんだよ。
(トシ)移動ですよ…。

まあ そうですね…
これでいきましょうか じゃあ。

よし。
(タカ)頼むぞ。

いい態勢にしておいて
いいですか?

それはいいよ。
それはルールの範囲…。

(森田)いいの? あんな…。

(タカ)動いてる時に
それが邪魔になって

「ああっ!」みたいな。
(森田)確かに。

(タカ)それ そんな高く積んで
持てる? 一気に。

なんか でも
手に なじんできた感じする。

(森田)2列の方が…。

ほら ほら ほら!
(森田)よりカジノ感 出てるやん。

(タカ)しかも 一発で半分にしてる。

(森田)ハハハハ…!
(みちょぱ)いける いける!

いける!
よっしゃー!

スタート!

〈オッズ4倍の
トシさんが

50個のドミノ並べに
チャレンジ〉

スタート!

(みちょぱ)頑張れ!

速い!
(タカ)速いよ いいよ。

(森田)すげえ!
そんなやり方なん?

(みちょぱ)すげえ!
残り50秒。

(みちょぱ)全然 大丈夫
全然 大丈夫。

(タカ)全然 余裕。 10秒余ってる。
(みちょぱ)全然 余裕だ。

(タカ)あと 丁寧にね。
(みちょぱ)落ち着いて。

速い! トシちゃん すごいわ。
残り40秒。

(森田)間 大丈夫ですか?
素晴らしい。

(みちょぱ)いける いける。
これは 絶対倒れる。

(タカ)倒さないでね。
絶対 大丈夫だから。

(みちょぱ)時間 余裕ですよ。
(タカ)時間は余裕!

残り30秒。
(森田)あれ? あと半分や。

(みちょぱ)全然 間に合う…。
大丈夫 時間はある。

(タカ)そっち側にだけ
倒さないでね。

逆に倒れるのはいいけど。
(みちょぱ)いける いける…。

(タカ)そう ちゃんと押さえて。
残り20秒。

素晴らしい!
(みちょぱ)いけるよ いけるよ!

(タカ)慌てない 慌てない。
落とさない。 慌てなくていいよ。

焦らなくていいよ。
大丈夫 時間あるから。

10 9…。
ちょっと待って…。

(タカ)大丈夫! いける いける。
諦めるな!

ちょっと待ってよ!
残念!

4 3 2 1…。
(タカ)何やってんだよ!

(森田)最悪や!
終了!

急に…!
(タカ)急に焦ったじゃん!

(トシ)10秒で焦っちゃったよ。
(みちょぱ)もう少しなのに!

もうちょっとだったよ!
(トシ)マジかよ!

でも 明らかに
ペース落ちたんですよね。

黄色辺りから…。
(トシ)黄色辺りからね…。

「あれ? あれ? あれ?
余裕がなくなってきた」

と思ったら もう…。
(森田)いけましたね。

どこで焦った?
やっぱ 赤とかで…

赤を1個さ こぼしちゃった時から
ちょっと焦っちゃった?

そう。 もうね
30秒経過した辺りで

「やべっ! あれ? 全然余裕がない
時間が」と思っちゃったら

もう… もう覚えてない
そこから なんにも。

なんにも覚えてない。

もう一回やって
できるって事はない?

50は無理だね 我々…。
(みちょぱ)時間がね 足りない。

40で60秒は いけるんじゃない?

40… これでしょ?
(タカ)そこまでいってたじゃん。

ミスがなかったら
15秒ぐらい残ってたわけだから。

いってましたけどね。

(スタッフ)今の冷静に ちょっと…。

ああ そうね。

もう 大丈夫でしょ。
(みちょぱ)60秒だったらいける。

何がいけなかったか
自分の中で分析してごらん。

あのね 分析というかね

それ 致命的じゃねえかよ。

〈残り全額を
賭けて

トシさんの
再チャレンジ〉

まあ 大丈夫よ 大丈夫よ。 全然。
(トシ)いきますね。

トシさんが
オッズ8倍でチャレンジします。

スタート!

(みちょぱ)頑張れ!
速い!

(みちょぱ)いい いい いい…!
ゆっくりでいいんだから。

(みちょぱ)全然
時間余裕だから。

50秒前。
(みちょぱ)いいですよ。

いい いい! 全然いい!
(森田)速い 速い 速い。

(森田)冷静に! 冷静に。
(みちょぱ)大丈夫 大丈夫…。

(森田)全然いけます。
全然いけます。

(みちょぱ)全然 間に合う。
(森田)大丈夫!

間に合う。
トシちゃん 間に合う。

(タカ)間に合うから。
そんな顔するな。

(みちょぱ)あっ!
(タカ)ハハハハ!

(みちょぱ)逆からやろう。
逆から 逆から!

(タカ)諦めるなって!
(みちょぱ)逆からやろう。

(タカ)最初からやれよ。
大丈夫だから。 大丈夫…。

並べられるだけ並べよう。

20秒前。
大丈夫。 まだ時間あるから。

(タカ)まだ20秒あるから ほら。
(みちょぱ)全然いける…。

時間 余裕があるから。
15秒前。

ほら まだ余裕よ。
(森田)いけます いけます。

(タカ)とりあえず立てて。
大丈夫。

10秒前。 8 7…。
いける。

6 5 4 3…。

(みちょぱ)赤 赤…。
意外といけるよ。

終了。
よし!

これはどうですか?

これ どうですか?
(タカ)「これ どう」…。

いや 倒れりゃいいんだから。
(トシ)倒れりゃいいだろ!

(みちょぱ)倒れればいい。 そう。

(トシ)こんなの
あんた方が決めた幅だろう。

ええっ? 立てりゃいいって
聞いたよ こっちは。

(みちょぱ)倒れればいいから。
(トシ)そうでしょう?

(タカ)ハハハハハ…!
危ないよ。

(タカ)そんな顔するな。

(みちょぱ)あっ!
(タカ)ハハハハ!

(みちょぱ)逆からやろう。
逆から 逆から!

これ 倒れりゃいいんでしょ?
だって。

いいですか?

(トシ)それは だって 基準で こう
わかりやすくやらせてくれ…。

優しさですもんね これ 逆に
番組側の。

でも 俺は
俺なりのやり方でやってるから。

倒れりゃいいんだから。

赤なんか
そのまんま置いただけじゃない?

さあ それでは
ドミノ 40個 並べましたが

これが倒れるかどうか
という事になります。

では トシさん お願いします。

いきますよ。
皆さんの思いをのせて。

頼む! いけ!
(みちょぱ)いけ!

しゃーっ! しゃーっ!
ほらー!

どんなもんじゃい!

これは 審議 入りました。
審議 入りました。

(タカ)審議 入った。
倒れてるでしょ!

これは ちょっと 審議です。
(トシ)何がダメなんですか?

何がダメよ?
(みちょぱ)くっついちゃってる…。

(トシ)でも 倒れたでしょ これ。

(みちょぱ)角度がおかしいもん
なんか。

これは 審議の結果

ドミノの倒れ方ではない
という事で 失敗です!

なんでよ! ひどいよ!

詰まりすぎ…。

(みちょぱ)
黄色… 黄色がすごい…。

(森田)黄色なんか…
黄色 ほぼ倒れてないですから。

もう 頼むよ!

いや 難しい…
これは難しいですね。

ちょっと…
ホント 1週間ください 1週間。

1週間くれたら
なんとかしますので…。

いや 最悪だわ~。
うわ~ ちくしょう!

はい という事で
リベンジなりませんでした。

ダメだったか…。

始まって すぐ倒しちゃった時に
途中 諦めるじゃないですか。

ああいうとこ あるんですよ。

もう一回やらせてっつってた…。
ずるい…。 ハハハハ…。

悪い… ねっ なんか
ベテランの悪いとこ 出ましたね。

「一回 止めよう 一回。
違う違う違う…」。

悪いとこ 出たな。

〈このあと
タカアンドトシのお二人の

プライベートから
クイズを出題〉

あの店があるんだって
ちょっと驚いてる。

え~ わからん!

〈なんと この秋 『有吉クイズ』が

ゴールデンのレギュラーに!〉

あんな深夜から始まって…。
しかも なんか

倉庫みたいなとこから始まった
この番組が

まさかのゴールデンですよ。
(せいや)すごい。

もう十分ね
色んな駒はそろってるもんね。

ハハハハ…!
確かに。

いや 戦える駒 あります?
ゴールデンで。

わけわからん駒しかないですよ。

全部 見た事ない
変化球なんですよ。

U字工事のそば。 ねっ。

あれ いけるかな?
そばリベンジ。

野田クリスタルの
重いもの持つ…。

変わらないじゃないですか
内容。

全く一緒じゃないですか。

やっぱ せいやにも ちょっと
どっか出てもらわないとね。

僕 ずっと… 行きたいって
ずっと言ってるんですけど…。

有吉さんがロケしすぎて…。
そっか。

〈次週 タカアンドトシ2人の
プライベートに密着〉

(タカ)うわっ すげえ!

〈タカさんは
表参道のとあるお店に〉

(タカ)すげえ! うわっ…。
(トシ)え~!

めちゃくちゃかっこいい。

いや 知らなかったわ…。

〈さらに トシさんは

日常のひとコマから
クイズを出題〉

まあ 普段は見せないですけどね。
初披露という…。

こっちだって あれが
クイズになると思わないでしょ!

〈番組を
もう一度 ご覧になりたい方は

TELASA TVerで配信〉

座ってろ!
(一同 笑い)