それって!?実際どうなの課[字]【釣りで一獲千金!!本物の木村拓哉って実際どうなのか!?】…の番組内容解析まとめ

出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【釣りで一獲千金!!本物の木村拓哉って実際どうなのか!?】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【生瀬の野望に超VIPゲスト!木村拓哉が参戦!!東京湾丸ごと釣った魚で一攫千金を狙うSP】

出演者
【MC】生瀬勝久

【スペシャルゲスト】木村拓哉

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)
番組内容
①【生瀬の野望に木村拓哉が参戦!釣った魚で一攫千金を狙う!】
番組MCの生瀬課長が、夢の別荘購入を目指し、世の中のウマイ話に便乗してお金を増やすこの企画。
今回は生瀬課長と数々の映画やドラマで共演してきた盟友・木村拓哉さんが初登場!東京湾丸ごとターゲット!!魚を釣って一攫千金を目指す
番組内容2
木村拓哉さんと言えば…数々の奇跡を起こしてきたスーパースター。しかし今回は予想だにしなかった展開が!?
『リアルドキュメントバラエティー』実際どうなの課で、実際の木村拓哉ってどうなのか!?是非ご覧ください!!
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 木村
  2. ハハハ
  3. 森川
  4. 本当
  5. 課長
  6. イナダ
  7. スタッフ
  8. 大島
  9. 生瀬
  10. アタリ
  11. ルアー
  12. 最後
  13. 頑張
  14. 大物
  15. マダイ
  16. ウソ
  17. タチウオ
  18. ドラゴン
  19. ナイス
  20. バレ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日テレサービス
¥1,200 (2022/08/19 14:14:15時点 Amazon調べ-詳細)

(生瀬)最終的に…

(森川)久しぶりだ。

<ここまで自前の

切手コレクションを売って作った
5000円を元手に>

<趣味でやる釣りで金儲けを
たくらむ課長>

<以前 女優 仲間 由紀恵さんや

俳優 藤木直人さんにも
協力してもらったものの>

<出費が かさみ現在の…>

<そこで今回 生瀬課長が
コネという コネを使い…>

<…を立てた>

<しかも その方は出演を

快諾してくれただけに
とどまらず

生瀬課長の…>

<釣り場 船までも
用意し…>

<やって来たのは
横浜の とある港>

明るいんですけど
まだ4時半ですから。

こんな4時半に…

(森川)えっ?
(華丸)ウソでしょ?

(森川)ウソでしょ?
本当に?

うわぁ~っ!
(大吉)えぇ~っ!

(大島)えぇ~?

<「どうなの課」
初登場…>

(大島)すごい!
(森川)そんなこと あるの?

<あの大スター 木村拓哉が

なぜ「どうなの課」に出るの?と

皆さん
驚きを隠せないでしょうが

何よりも一番…>

(森川)信じられない!
うわ 本当よ。

<全ては…>

<木村さんとは…>

<課長がオファーしたところ…>

<さらに木村さんは…>

<…するほど…>

(木村)…見てましたよ。
ハハハ…[笑]

<大スター 木村拓哉の
力を借りて

東京湾で大量釣果>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(華丸)すごい!

本当に びっくりしました。

いや もう本当に。
(大島)本当 本当。

(大島)もう いいです。
(森川)はい 十分です。

もう いらないでしょ?
いらないです。

スタジオでもね 今度 木村さんに
声 かけてくださいよとか

我々 軽口たたいてましたけど…

ハハハ…[笑]
この時間帯は 来ても。

だから こんな本物
出てこられると。

マジで今 見てるってことでしょ?

そうですね。

(森川)そうですね 確かに。
(大島)ハハハ…[笑]

<大スター 木村拓哉と
タッグを組み…>

(木村)ちなみに…

どうも はじめまして。
どうも おはようございます。

<今回 協力してくれるのは
木村さんが…>

東京湾の。
(木村)はい。

でもね ちょっと…

いや 違う[笑]
そういうことじゃない。

<木村さんは…>

<その答えは…>

(木村)…ていう話をして。

それで いろいろ…

いや 本当に 申し訳ない。

<ということで木村さんが
生瀬課長のために…>

<そして…>

(森川)早い。

(木村)昨日ですか?

(森川)早い!めちゃくちゃ
気合 入ってますね。

(スタッフ)調整
ばっちりじゃないですか。

ハハハ…[笑]

<一流は…>

(木村)きょうは まず…

なるほど。

えっ 東京湾でマダイ?

<近年…>

<そこで今回の…>

<…のが木村さんの作戦>

…話きて。

…て言ったら…

(木村)あと…

ハハハ…[笑]

<ということは

木村さんは…>

最初?

うん。

うん。

ハハハ…[笑]

おかしいね[笑]

<移動すること40分>

<まず狙うのは…>

<kg単価
1000円~1500円で

取引されている高級魚>

<釣り方はメタルジグという
重みのある疑似餌を使い

魚のいる場所まで落として

ゆっくりとした動きで

徐々に上へ上へと誘い込む>

<…ぐらいまでを めどに
釣りを行う>

(♪~)
<いよいよ…>

(♪~)
(遠藤さん)はい やってみましょう。

(♪~)

(♪~)
<船長さんが言う深さまで
糸を垂らし

(♪~)
竿を上下に動かしながら

(♪~)
糸を ゆっくり巻く>

(♪~)
<この動作を しゃくりと言う>

(♪~)
BGM困らんよ こんなドラマの。

(♪~)
本当だ。

<ただ しゃくっている
だけなのだが

ドラマ同様…>

<釣り企画にもかかわらず
海を撮らずに

ついつい アップだけを
狙ってしまう カメラマン>

ハハハ…[笑]

いやいや 全然いいよ。
全然 いける。

下からで いけるって相当よ。

きた?

えっ マジで?

(木村)切られた。

<だが…>

<いることは
分かっているのだが>

<2人の竿に…>

(遠藤さん)ちょっと走りますんでね
1回。

なかなかね。

<次の狙いは…>

<…などの青物>

<…という ルアーを
投げ入れる方法で挑む>

(木村)おぉ~!

おぉ~!

<魚が飛び跳ねて
水しぶきを あげている>

<これは…>

<あそこに目がけて
ルアーを落とせば

釣れる可能性が高い>

<つまり釣りにおいては…>

<ボイル目がけて
ルアーを投げ入れる2人>

<すると早くも>

先に釣った!
(森川)すごい!

OK。

OK!

<しなる竿 これは期待が持てる>

なんですか?

<バレてしまった>

フッキングが!

<別カメラから見ると

バレた瞬間が はっきりと分かる>

ちょっと待って 待って。

(木村)よし!

(♪~)
<木村さんの竿に食いついた>

(♪~)
ナイス!

(♪~)
さすが これはバレないでしょ。

(♪~)
(木村)よし やっと食ったよ。

(♪~)
<しかも かなり強い引き!>

(♪~)
<これは大物か?>

(♪~)

(♪~)
(木村)課長。

切れた!

いやいや!わぁ~!

<気を取り直して
ルアーを投げ入れる>

敵は取ってやる!

<すると>

<今度こそ釣り上げたい>

(遠藤さん)ゆっくり。

<どんどん糸が持っていかれる>

<これは大物の予感>

また切れた?

そんな難しいんだ。

出るね。

<すると>

<ボイルしているポイントを
発見>

<居ても立ってもいられない
木村さん>

<それも そのはず>

<波は穏やかで天候もよく
海の…>

<…そのもの!>

<ボイルポイントへ
何度も何度も

ルアーを投げ入れる>

(木村)おぉ~。

おぉ~!

(木村)えぇ~?

<なかなか魚は食いつかない>

(木村)クソ~。

(木村)あっ あっ!

(木村)イナダ!

<イナダが船に
近づいて来ている>

(木村)本当に…

<魚がいることは
分かっているのだが…>

<釣りまくる作戦だったのに>

そんなの言ったらいかん
そんなの言ったらいかん。

早いよ まだ2時間で。

<大海原の ど真ん中で>

[ルアーを投げ入れる音]

<ルアーの音だけが響き渡る>

<こうなると当然 課長は>

<無言になる>

いや そりゃ そうだよ。
お願いしますよ ちょっと。

つないでください。

<木村さんすら>

<しゃべらない>

こんな時間もあるでしょ。

<だが>

<絵力が半端ない>

<ずっと見ていられる>

ちょっとだけサングラス
外してください。

<ずっと見ていたいが

そろそろ魚も見たい>

<出港から5時間>

<2人は驚くべきことに

一度も休憩せずに
釣りをしている>

(スタッフ)そうですね。
(木村)いや まだ だって…

<ならば あの…>

<…を出すしかない>

(木村)やってみようよ。

<そう お魚クイズとは
過去 釣り企画で

尺稼ぎのために行い>

アタリ!
(仲間)えっ?

<なぜかクイズをきっかけに
魚が釣れだした…>

<これで…>

<ということで…>

(スタッフ)魚へんに
休むと書いて

何の魚でしょうか?

(木村)いや 違うな。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

<マジで きた!>

<竿の引きを見ると
アタリは でかい!>

<ついに
待望の1匹目と なるのか?>

うわっ 重い!
(木村)最高。

<スタッフたちも 息をのむ>

(森川)頑張れ いけ!

<この引き方は
イナダか ワラサか>

うわ~っ 怖いよ。
あ~っ 持っていかれてる。

そうなんだよ。
すごい!

(木村)すげぇ!
いやいや…。

<奮闘する課長>

<何としても 釣り上げたい>

<と その時>

≪あ~っ!

<海面 直前で バレてしまった>

何しよると!

(木村)ウソやん!

難しい。

もうちょっと ありました?

…何か もう。

俺…

あ~っ これは悲しい。
これは悲しい。

(森川)課長。

見たかったな。

(木村)そりゃ引きずるよ。

(木村)…とか そんな感じ。

(森川)それ キツイな。
生々しい たとえ。

<…木村さん>

<釣り開始から 6時間が経過>

<反応は あるものの…>

(木村)いや~っ!

<…向かい…>

<ちなみに…>

<指5本以上は
「ドラゴン」と呼ばれ

釣り人の あこがれ>

<何としても
ドラゴン級を釣って…>

<…を狙いたい!>

<きた!>

(木村)よしよし…。

ハハハ…[笑]待ちました!

待ってました。

<アタリは タチウオ>

<何としても
ドラゴンを釣り上げたい>

お願い 切れないで!

<そして ついに!>

<タチウオを釣り上げた!>

<その大きさは?>

やった!

(森川)なんで
そんなこと言うの?

それでも
うれしかったんだよ。

<しかし この1匹で
流れが変わったのか>

おっ これは
まあまあ あるね。

<何が釣れるのか?>

(木村)おぉ!サバあげた!
サバ!

<そして…>

<一発逆転を
目指し…>

うん 本当に。

<2人にとって
値段どうこうでは なく

もはや…>

<芸能界で 結果を出してきた
2人には

今 現在…>

<…ことは 分かっている>

<だからこそ 大物を釣って

何とか企画成立まで
持っていきたいのだ>

<ここでは タイラバという
仕掛けを使用し>

<底まで落とし 一定の位置まで

巻き上げを繰り返す
釣り方で 挑む>

(木村)さぁ。

ハハハ…[笑]

<すると早くも 課長にアタリが>

何か 掛かった。

うん 何だろう?

いや えっ?

<これで 有終の美を飾れる!>

<と 思いきや>

タチウオ?ほぉ。

<釣れたのは…>

ハハハ…[笑]

<そして…>

(木村)潔さ。

マジメに やった。

<そう 出港してから…>

<船の上で…>

<だが…>

そう!釣れましたけど。

(木村)…ていう。
そう。

<まさかの…>

<…に 突入!>

(木村)はい。
ちょっと…

昨日から 延々 釣り。

48時間目ということで。
(木村)48時間目です。

僕ちょっとね 今 シャワー浴びて
着替えてきた。

(木村)一度ね お部屋に。
はい 一度 ちょっと戻って。

ちょっとね 俺…

(木村)生瀬さんに…

(木村)…あるじゃないですか。
はいはい…。

(木村)…が あったんですけど。

(森川)え~っ!
(大島)え~っ。

(木村)きょう 持ってきてます。

<今回の2人は…>

(木村)そうしたら 課長が…

<午前5時 小雨が降る中 出港>

ハハハ…[笑]

いいね。
(木村)はい。

(木村)無いよね?
無い。

(スタッフ)無いです
無いです。

(木村)無いよね。

(スタッフ)いや 全然…!

<そう もはや これは
生瀬 木村の…>

いや 本当よく
付き合ってくれて。

<…しか ない!>

<いざ…>

(木村)お~ お~っ!
お~っ ちょっと ちょっと…!

(木村)お~っ!
お~っ!

<海面に…>

<これを狙って
大きな魚が寄ってくる>

<大量釣果の前触れか?>

<この企画のために買った
ルアーを取り付け>

<…が始まった>

(木村)すごいね。
今だよ 今。

<イワシは跳ねているものの

まだ大きな魚は
食いついて こない>

<とりあえず 1匹>

<とりあえず 1匹 釣りたい>

<すると…>

(木村)お~ お~ お~っ!ライズ。

あ~っ!

お~っ すごい!

<イナダの群れが イワシを狙いに
やって来た>

お~っ!でかい でかい。

<2人は この…>

きた!
(木村)ナイス!

<課長に アタリが>

上げるぞ!まずは。
(木村)ハハハ…[笑]

うわ~っ!
(森川)うわ~っ すごい!

<これは かつてないほどの引き>

すごいんですよ
青物って やっぱり。

うわ~っ!怖い 怖い…。
(森川)うわ~っ。

(木村)出ろ!
あ~っ 強いね。

<アタリからして 前回 逃した
イナダの可能性が高い>

<頼む 課長 釣り上げてくれ!>

<そして ついに その姿を現す>

うわっ!

うわ~っ!

頑張れ 頑張れ!
よ~し よし!

<見事 イナダを釣り上げた>

(木村)おぉ~っ!
イナダ。

ありがとうございます!

<なんと その重量…>

<すると
木村さんの竿にも 反応が>

(木村)あ~っ 外れた。

あっ 食ってるな。

きた きた…!

よし!木村さん お願いします!

<釣れたのは>

(木村)これは 小さい。

アジ。
おっ でかい!

(木村)でかい。

黄金アジです。
いや~っ すげぇ!

<高額が期待できる 立派な…>

何?それ。

<そんなことを
つぶやいていると>

<念願の イナダが掛かったのか>

<引きは 強い
果たして 釣れたのは?>

≪エソの でかいやつ。

でかい エソ。

<かまぼこの原料となる エソ>

<…また>

(木村)よし!

<釣れたのは>

(木村)でかい!

(木村)2匹目。

<そして 木村さんの…>

(木村)よし!ねぇ?

(木村)アジ!

<この勢いで…>

<目指すは…>

<海中に いる
ドラゴンの存在を…>

でた!
(大島)ハハハ…[笑]

<すると>

(木村)あっ!のった。

のった のった のった。

<しかも 引きが強い!>

<これは 大物の予感>

(森川)うわっ!
すごい引いてる。

<今まで見たことのない 引きに
ザワつく船上>

本当に。

お~っ 頑張って!

<慎重に糸を巻く>

(木村)うわっ すげぇ出るぜ。

<ついに その姿を現す>

≪スレ?
(木村)スレですね。

お~っ いい型だ!
(木村)でかい!

でかい!
(木村)うわっ!

うわ~っ!

(木村)はぁ。

ドラゴン!

<なんと…>

<…を釣り上げた!>

<サイズを測ると>

7本?

<…の 巨大タチウオ>

<それは ドラゴンでは なく…>

さすがに あんまり…

お~っ!

よかった!

(木村)5は 何本か ありますけど。

<しかし スターは…>

(木村)よし!

(木村)よし よし。

<そして 釣れたのは>

あっ!

(木村)ヒラメ。

すげぇな 何でも釣れるね 東京湾。

<そして ようやく課長にも>

(木村)おい~!

<釣れたのは?>

はい。
(木村)Yeah!

小っちゃいですけど。
(木村)Yeah!

あ~っ…あ~っ ヤバイ。

<あんみつで糖分を補給>

(森川)かわいい。

いただきます。
(木村)いただきます。

絵になるな。

ウマい。
(木村)うん。

あっ これ…

おみかんのところが。

(森川)平和。

よかった。

<1日目とは明らかに違う釣果>

<すると>

生瀬さん 食った!

<課長の竿に食いついた>

<この引きは イナダの予感>

こっちに きました。
(木村)ナイス!

おいっす。おいっす おいっす…。
(木村)ナイス ナイス…!

青物が来るな。

(木村)素晴らしい。

よいしょ~。
(木村)素晴らしい!

<大きいイナダを釣り上げた>

(木村)素晴らしい!

ハハハ…[笑]

<どうしても木村さんは…>

<さらにボイルは激しさを増す>

<すると>

(スタッフ)来た来た!木村さん きた!
(木村)やっとだよ。

<念願のイナダがHIT!>

(木村)やっと。

<とてつもない引き>

<これは かなりの大物?>

お~っ!イェ~イ イェ~イ…!

<これは何としても
釣り上げたい>

いいね!

<集中する木村さん>

<すると>

お~っ 出てる お~っ!

<釣られまいと
魚も必死に抵抗>

<体全体で 引き上げる>

頑張って。

あ~っ!
(森川)え~っ!

(藤岡)<U.F.O.モンスター焼そばパン>

♬~ U.F.O.モンスター
焼そばパーン!

♬~ U.F.O.モンスター
焼そばパーン!

<1 U.F.O.をパンに挟んで…>

フンッ!
<切る!>

<2 マヨネーズと青のりで…>
ハッ! ハッ! ハッ!

<完成! U.F.O.モンスター焼そばパン>

<ん~! なんてモンスターな
焼そばパンなんだ>

ん! うおぉぉぉ!

<濃い濃いソースだから
パンでもうまい‼>

<日清焼そばU.F.O.>

(スタッフ)木村さん きた!木村さん!
(木村)やっとだよ。

<念願のイナダがHIT>

<とてつもない引き>

<これは かなりの大物?>

<体全体で引き上げる>

(生瀬)頑張って。

<何としても釣り上げたい>

<が その時>

(木村)あ~っ!

<何と直前でバレてしまった>

(木村)外れた。

はぁ。

(木村)はい。
あ~っ 惜しい。

惜しい!
(木村)いや~ くそ!

<悔しさを にじませる>

こればっかりは…

(木村)ハハハ…[笑]

本当に。

ハハハ…[笑]

<すると これを きっかけに
ピタッと…>

(華丸)こういうもんか。

<ということで昼飯がてらに…>

<カツ丼を食べて…>

<すると びっくりするほど…>

(木村)やっときた。

<アタリがきた>

(木村)マゴチ。

マゴチ。

フグ!

<何とも珍しい
天然のトラフグを釣り上げた>

<すると課長の竿にもアタリが>

きた きた…。

<何を釣り上げたのか?>

はい~!

マゴチです。
(木村)マゴチ!

<高級魚…>

<見事…>

(木村)急に出たね。
いや~。

<その後も 課長は連続で>

(木村)コチだ。

<さらに木村さんも>

ヒラメ?
≪あっ ヒラメだ。

またヒラメだ。

<2匹目のヒラメを釣った>

<ここまで釣り上げた魚は
7種目>

<だが…>

<誰もが知る…>

(木村)本当ですよね。
うん。

<集中する2人>

<しかし 竿に反応は ない>

<…を 切った>

<ドラマなら最後の最後で
タイを釣り上げて

さすが木村拓哉!
と なるところだが

これは「実際どうなの課」>

<そんなに甘くは いか…>

(木村)よし!

<本当に きた!>

ちょっと!
(木村)よし。

<残り5分でヒット>

<しかし まだ…>

<しなる竿>

<残り5m
果たしてマダイなのか?>

(木村)3。
赤い?

≪赤いです。
赤い!赤い!

<水面にきらめく赤!>

(木村)よ~し!

(木村)よし!

<残り5分で釣り上げるという
奇跡>

(森川)スターすぎる。

あ~っ すげぇ!
(木村)危ない。

(大島)すごい。

最後の最後に。

≪いやいや…すごい。
お見事!

(木村)あ~っ。
ハハハ…[笑]

ハハハ…[笑]

リリースだねって言ってね。

ハハハ…[笑]

<どうやら…>

(大吉)ウソでしょ
もう…。

まだ いくんだ。

<それが…>

はい。

アディショナルタイム。

ハハハ…[笑]

≪やってみましょう。

<これが…>

<ここで我々はトップスター…>

<…を 目の当たりに
することとなる>

ウソだ。

(木村)よしよし…得点!

お~っ!よし!

あれ?出てる。

ゆっくり いきましょう。

木村さん ゆっくりいきましょう。
(木村)はい。

<先ほどより 引きが強い>

(大島)頑張れ。

(木村)う~ん…。

<固唾をのむスタッフたち>

(木村)はい。

う~わ~。

<これは…>

<何としても釣り上げてほしい>

<ここで我々はトップスター…>

<…を 目の当たりに
することとなる>

(木村)よしよし…得点!

(生瀬)お~っ!よし!

あれ?出てる。

<これは…>

<何としても釣り上げてほしい>

<すると ついに その姿を現す>

≪きたきた…!

<マダイだ!>

(大吉)早く網!早く!
早く網!

≪よし!

<これぞ…>

(木村)アディショナルタイム!

(華丸)でかいですよね。
(大島)すげぇ!

(木村)あ~っ。

≪すげぇ。

<最後の最後で見事
でかいマダイを釣り上げた>

(木村)きました。

ネットありがとうございます。

いや 本当にだよ これ…

1時半って言ってて
今 1時30…

もうアディショナルタイム10分。

おめでとうございます。
(木村)ありがとうございます。

≪すごい!本当すごい!
(木村)ありがとうございます。

ハハハ…[笑]
(木村)ハハハ…[笑]

<これにて…>

いや~ 大漁。

そう!

ハハハ…[笑]

(木村)もう みんな…。

よかった。

<それでは…>

<それでは…>

<査定していただくのは

港まで
出張 買取りをしてくれる…>

<まずは
木村さんが釣り上げた…>

(上田さん)1.36です。

こちらは…

(生瀬)はぁ~。

<黄金アジは買取り金額…>

<続いては
課長が釣り上げた 大きい…>

おっ 4.7。
(木村)4.7。

はい。

<大きいイナダは
3760円の値が付いた>

<そして…>

<エソは骨が多く
かまぼこの原料となるため

上田さんのところでは…>

これ0なんだ。

<続いては…>

(木村)4.7。

(上田さん)…で
取引されてるんですが…

<トラフグは
免許を持っていないと

扱ってはいけないため…>

<続いては 大物…>

ハハハ…[笑]

(木村)タチウオで…2.2。

お~っ!

<タチウオは買取り金額…>

<そして 木村さんが
最後の最後に釣った…>

(上田さん)きれいなマダイですね。

(木村)2.4。

お~っ!

<マダイは買取り金額 何と…>

<今回 木村拓哉と…>

すごい。
(木村)すげぇ。

すごい!

<…を たたき出した>

木村君…

(木村)いえいえ…もう。

こんな…

うん。

(スタッフ)6万円
船代に かかってるので。

(木村)そこは…

ハハハ…[笑]

<長きに渡る戦いは終わった>

<しかし まだまだ…>

あきれちゃいますよね。

(森川)まぁ でも魚としても

木村さんに
釣ってほしいですもんね。

(♪~)

(♪~)